個人事業主おすすめオンライン決済サービス&送金アプリ無料24選|種類・導入メリット・手数料比較

この記事のURLとタイトルをコピーする

INDEX

個人事業主おすすめオンライン決済代行サービス&送金アプリとは|種類・導入方法

オンライン決済代行サービスとはネット上で商品購入やサービス利用の支払いができる決済手法の総称を指し、Web決済には前払い・後払い・毎月一定金額の支払いを行う定期払いなどがあります。

こうした総合決済代行サービスは個人事業主でも豊富な決済方法を一括導入が可能ですが、近年はさまざま決済手法が登場しており決済URLの発行で簡単に支払い受付が出来るメールリンク決済・金融機関を介さずアプリ上で送金やポイント交換が可能な個人間送金アプリも最新トレンドといえます。

今回は個人事業主におすすめのオンライン決済代行サービス・送金アプリの種類や特徴・それぞれ違いを比較しながら、導入メリット・選び方を解説していきます。

また後半では個人・フリーランスにおすすめの決済代行サービスや海外送金も可能なアプリを紹介していきます。

オンライン決済代行サービス・個人間送金アプリ&システムの違い

ご紹介したように個人事業主の入金に活用できるシステムに、オンライン決済代行サービス・個人間送金アプリがあります。それぞれの特徴や活用シーンを比較しながら違いみていきます。

オンライン決済代行サービスはクレジットカードを中心に電子マネーや口座振替後払い決済などさまざまな決済手法を一括導入できるサービスです。

クレジットカードの活用などもあるため申し込み審査が必要ですが、ECサイトだけでなくやレッスン教室の会費徴収・小売業界の後払い決済などにもおすすめです。

 申込審査特長/メリット対応決済/送金手法活用シーン
オンライン決済代行必要クレジットを中心に電子マネー/口座振替
多様なネット決済方法を一度に導入可能
クレジット/電子マネー/代引き
口座振替/後払い/キャリア決済
継続課金/コンビニ決済
ネットショップ/SNS販売
レッスン教室の会費徴収
個人間送金アプリ不要金融機関を介さずスマホ/PC上で
リンクを発行し24時間利用
アプリ間のみ利用だが手数料が安い
本人確認が必要な資金移動型
前払い式電子マネー/ポイント送金
電子決済による口座出金/送金
個人イベント/クラブの集金
飲み会での割り勘
企業から従業員への経費精算
ポイント交換など

一方個人送金アプリは金融機関を介さずリンクを経由して個人間で送金が可能なアプリです。基本は同一アプリ内でしか利用できないのがデメリットですが、送金手数料が安いのが特長です。

また利用時の申込審査がない場合も多く本人確認を行うだけで利用でき、個人イベントや会社からの経費精算・ポイント交換などにも活用できます。

個人事業主向けオンライン決済代行サービス導入の4つの種類&方法/主要サービス比較

まずは個人事業主向けのオンライン決済代行サービスの種類や導入方法をご紹介します。

種類導入方法利用業界/活用シーン主要サービス/アプリ
オンライン決済決済代行会社へ申込みECサイト/飲食や小売の決済端末
レッスン教室の会費・集金
Veritras4G/GMOイプシロン
SBペイメント/PayPal/Stripe
メールリンク決済無料アカウント登録個人ショップやSNS販売Squareリンク決済 
STORES請求書決済 
GMOイプシロン メールリンク
Web請求書/決済フォーム無料アカウント登録請求書作成~オンライン決済/支払い受付
個人事業主/フリーランスの請求管理
Square請求書/Misoca
MF請求書/freee請求書
個人間送金アプリアプリダウンロード
無料登録
個人イベント/クラブの集金/飲み会の割り勘
企業から従業員への経費精算/ポイント交換
プリン/kyash/PayPal/LINE
Pay PayPay/楽天Pay/Money Tap

オンライン決済には大きく4つの種類があり、オンライン決済代行サービス・メールリンク決済・Web請求書/決済フォーム・個人間送金アプリに区分でき、それぞれ導入方法が異なります。

オンライン決済は決済代行会社への申込みを行い、ECサイトだけでなく飲食/小売など店舗向けの決済端末など提供している企業もあります。

メールリンク決済やWeb請求書/決済付きフォームは無料アカウントを登録するだけで導入でき、個人ネットショップやSNS販売・フリーランスの請求管理などにおすすめです。

また個人間送金アプリはアプリをダンロードし、本人確認・無料登録するだけで利用ができるようになっています。

個人事業主のオンライン決済代行サービス&個人間送金アプリ導入の6つのメリット

(1)126兆円にキャッシュレス市場は成長/2025年の大阪万博へ訪日外国人も増加予測

次のグラフは矢野経済研究所によるキャッシュレス決済市場の規模・推移予測レポートです。

キャッシュレス市場は大きく拡大が予測されており、2018年時点で82兆円でしたが、2023年には126兆円までの水準に成長すると言われています。

矢野経済研究所-国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施_2019年
出典:矢野経済研究所-国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施_2019年

先進主要国の2016年時点のキャッシュレス利用率は40~50%前後に対して、日本は20%を下回り主要国よりも遅れている状態でしたが、オリンピック2020での外国人観光客による経済インパクトを高めるには水準上昇は必須要件ともいえます。

こうした背景もあり政府によるキャッシュレス推進・ロードマップが策定され、2019年~2020年にはキャッシュレス還元事業によるポイント還元・決済システム導入に関する事業者への補助金も出され、結果として多くの事業者の市場参入を促しキャッシュレス市場も上昇が予測されています。

またコロナ禍で現在は渡航が禁止されていますが、2025年の大阪万博(日本国際博覧会)に向けて、インバウンド観光客の増加も予想されています。

出典:観光庁 – 明日の日本を支える観光ビジョン

上述のとおり主要先進国では一般的になっているため、訪日外国人・インバウンド需要への対応としてもキャッシュレス決済導入は店舗・ECサイトの売上げアップに非常に重要といえます。

(2)70%以上のシェアを占めるクレジット決済導入で販売機会増加につながる

次のデータはMMD総研が2021年に行った決済方法の利用率に関するアンケート調査データで、ネット決済の利用方法は現状約7割がクレジットカードによる決済と言われています。

決済手法の利用実態を細かく見ると最も利用されているのがクレジットカード決済で、2倍以上の差を開いてコンビニ払い・代金引換とつづきます。

一般的なオンライン決済代行・決済端末ではクレジット決済に対応しており、キャッシュレス対応は消費者のニーズにこたえ販売機会の拡大にもつながります。

(3)現金比較で最大2.5倍、顧客単価アップが期待できる

加えてクレジット決済への対応は、顧客単価の上昇につながるというデータもあります。

出典:Square株式会社 – クレジットカード非対応がもたらす機会損失に関する調査2014

キャッシュレス決済端末を提供するSquare社が行った調査によると、クレジットカードを1ヶ月に1回以上利用している人の18%が事前にクレジットカードが利用できるかどうかを確認し、使えない場合は別の店を選んだ経験があると答えています。

またクレジットカード非対応で困った事があると答えた人が17%おり、クレジットカード決済に対応することで販売機会のロスを避けることにもつながります。

(4)継続支払い・定期課金も可能で月謝集金や会費徴収を効率化

また通常の単発商品の購入だけでなく、会員制サイト・ネットショップなどの継続課金の決済にも対応しています。

例えばSquareの場合は決済端末だけでなく、POSレジや請求書管理も提供しているためクレジットカードの登録情報をもとに、請求書を自動送付が可能です。

そのため月次での会費徴徴収が必要になるレッスンスクール・エステ予約管理月謝管理や家賃など毎月の定期的な請求がある場合などにも月1回の引き落としなど継続課金も可能です。

(5)店舗/ECサイトも豊富な支払い方法を一括導入・売上/請求管理も可能

店舗向けの決済システムはCAT端末と呼ばれるクレジットカードリーダーが通常でしたが、さまざまな支払い方法に対応したマルチ決済端末が普及し、持ち運びも可能なため座席/屋外決済もできるポータブル型が一般的になっています。

また近年のトレンドとしてはレシートプリンター内蔵型で周辺機器が不要なオールインワン決済端末も登場し、これまでは別途でプリンターやカードリーダーの購入が必要でしたが1台で完結します。

SMBC×GMOが提供するstera packでは30種類以上・楽天ペイではクレジットだけでなく、QRコード・キャリア決済・電子マネーにも対応し、POSレジや会計ソフトとも連携できるため売上集計も効率化ができます。

EC・ネットショップでもGMOイプシロン・Veritrans4Gといった総合決済代行サービスを利用することで、クレジット/電子マネー/口座振替/スマホ決済/後払いなど豊富な支払い方法を一度に導入が可能で、様々な決済手法での入金・請求を一括管理できます。

(6)送金アプリは手数料が低く、海外送金/企業の経費精算/電子マネー支払いも可能

送金アプリは金融機関を介さないため、送金を行っても振込手数料や時間外手数料などがかからずに低い手数料で利用することが出来ます。

また送金アプリ・代行サービスによっては国内だけでなく海外送金や法人の経費精算にも対応でき、スピーディーな取引が可能です。

企業側からの個人へ送金する際の利用シーンとしては、採用活動時の交通費・従業員の経費精算や電子マネー・ポイント交換も可能なため、従業員への社内インセンティブとしても活用できます。

個人事業主のオンライン決済代行サービスの選び方/個人間送金アプリ導入時の5つの注意点

(1)クレジット/QRコード/後払い/代引きなど多様な決済手法に対応しているか

紹介してきたように支払い方法は様々な手段が登場し、消費者側にも最適な決済方法は異なるため豊富な決済に対応しているかは重要なポイントです。

クレジットカード・電子マネー・QRコード決済(国内外)などをあわせると30種類以上の手法があります。導入時には取り扱っている種類・自社で必要な支払い方法に対応している決済端末・代行会社を選ぶことをおすすめします。

(2)課金方式の種類・業界適した支払い方法への対応があるか

2つ目のポイントは自社の目的・用途に適した課金方式を取り扱っているかどうかです。上述のようににエステサロンやレッスンスクールでは月謝管理・会員型ビジネスでは継続課金はマスト要件となり、テイクアウトなどの場合は事前決済が必要です。

このように自社のビジネスにあわせた課金方式があるのか確認しましょう。

(3)決済手数料の相場・個人事業主は入金サイクル/回数の確認

EC向けのオンライン決済サービスの決済手数料相場は3~5%前後(決済手法により異なる)・店舗向けの決済端末では3~3.8%が一般的な費用感ですが、支払いサイクルの変更など別途オプションによる手数料の場合もあります。

手数料は1%変わるだけでも年間で大きな利益差がでてくることになるめ、事前に手数料は細かくチェックしましょう。

また個人事業主の場合は特にキャッシュフローの安定が重要なポイントとなります。そのため入金・振込までのサイクルや月間の入金回数なども事前に確認するべきでしょう。

SMBC×GMOが提供するstera packSquareの場合は最短翌日入金・月6回の振込といったサービスもあるため、機能やその他の価格と合わせて検討ポイントにしましょう。

(4)個人間送金は同一アプリに限定され本格的なビジネスで活用しづらい

送金アプリの場合は個人間送金は送金側と受け取り側が同一アプリを使っている場合でしか利用できません。

複数のアプリを利用していることで解決する場合もありますが、お金の管理が煩雑になってしまいビジネスの利用に向いていないとも言えます。

もしビジネス利用として利用する場合は、メールやSMSによる決済付きフォーム(リンク型決済)・簡単に請求書作成・入金管理が可能なWeb請求書発行システムの利用がおすすめです。

上記のサービスは基本的には初期・月額費用は無料で利用でき、決済手数料のみとなるため小規模・個人事業主の方でも簡単に支払い受付けができるようになります。

(5)1日/1回あたりの送金限度額があり大きな金額の取引には不向き

送金アプリでは個人間での送金を想定しているため、送金の限度額を設定されている場合が多いです。

送金限度額はサービスにより異なりますが、10万円から100万円と幅は広いです。しかしビジネスなどにおいて大きな金額・取引を行う可能性がある場合には向いていないでしょう。

個人事業主/フリーランスおすすめ無料オンライン決済代行サービス初期/月額/手数料比較8選

SBペイメント – 取扱高4兆円/個人おすすめ豊富な決済を一括導入/不正検知&集客支援

  • 取扱高4兆円越えで30種以上の豊富な決済を一括導入
  • 個人事業主も利用OKでHP不要のメールリンク/スマホ/後払い/国際決済も対応
  • 中堅~大手もおすすめ不正検知&高いセキュリティ性で漏洩対策
  • 継続課金/月謝管理/事前決済も可能でテイクアウト/レッスン教室もおすすめ

SBペイメント(SB Payment Service)は大手企業ソフトバンク株式会社が100%出資の総合オンライン決済代行サービスで、飲食店・小売・EC通販に必要な30種以上の豊富な決済を一括導入が可能です。

クレジット決済を中心として後払い・コンビニ払い・継続課金(会費徴収)・スマホ・キャリア・国際決済など多様なニーズに対応しており、個人事業主から中堅・大手EC事業者にもおすすめです。

事前決済/会費徴収に対応しておりEC通販サイトだけでなく飲食店のテイクアウト/デリバリー・オンライン診療の精算、レッスン教室の月謝管理・小売・修繕サービス/訪問販売などその場で支払いが可能なリンク決済も提供しています。

またビジネス加速・リスク対策に必要な決済ソリューションも提供し、中堅~大手企業のセキュリティ要件にも対応しています。

※一部サービスは個人事業主さまは利用できない場合があります

高いセキュリティ性に加えて大手企業ならではの販促PR・集客支援も行っており、決済だけでなくリリース配信・SNSマーケティングで認知度向上による売上アップも期待できます。

リリース配信(NEWSCAST)に必要な21万円相当が3カ月無料商品口コミ×インフルエンサーマーケティング(asagake)が5回分無料(15万円相当で利用でき安く集客・PRが可能です。

自社にあった決済ソリューションを提案も無料相談ができるため、まずはお問い合わせ・資料請求をしてみましょう。

初期費用月額費用対応決済/セキュリティオプション
お問合せお問合せ口座振込/スマホ/キャリア/後払い/国際決済/事前決済/継続課金
AI不正検知/3Dセキュア/カード情報非保持化/トークン機能
SNSマーケティング
プレス配信
※総額36万円無料

GMOイプシロン株式会社 

  • コンビニ決済や電子マネー決済など多数な決済手法を提供
  • 課金サイクルを自由の設定可能
  • 初期手数料無料で導入可能

イプシロンは、GMOが提供する決済代行や代金回収代行などを提供するサービスです。継続課金だけでなく、コンビニ決済など多様な決済サービスに対応しています。初期手数料は無料なためローコストで利用可能です。また、課金周期も毎月・2ヶ月・3ヶ月・半年・1年などと設定可能なため、、柔軟な対応が可能です。

初期費用料金プラン/月決済手数料無料プラン
無料  3,000円〜3.6%~5%なし

詳細はこちら: https://www.epsilon.jp/

株式会社ROBOT PAYMENT

  • 導入実績12,000件以上
  • お試し期間1日単位など柔軟な課金日設定
  • 決済手数料2.65%と手頃

ロボットペイメントは、サブスクリプションサービスやオンラインビジネスへのキャッシュレスシステムを提供している決済サービスです。12,000件以上の導入実績があり、サブスクリプションサービスNo1をうたっております。完全自動で決済を運用できるため、決済にかかる手間も削減できます。

初期費用料金プラン/月決済手数料無料プラン
お問い合わせ  お問い合わせ2.65%-なし

詳細はこちら: https://www.robotpayment.co.jp/

株式会社ゼウス

  • 専任営業がしっかりサポート
  • 設立25年以上の歴史
  • 24時間365日サポート

株式会社ゼウスは、ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービスNo1に選べられたサービスです。設立から25年以上の歴史があり、専任営業がしっかりサポートしてくれるため安心して導入可能です。SBIグループにも導入されており確かな実績があります。

初期費用月額費用決済手数料対応決済
0円3,000円3.5% (売上処理費用30円)クレジットカード・PayPay・スマホ決済など

詳細はこちら:https://www.cardservice.co.jp/ad/ad_450ils/

株式会社ペイジェント

  • 最短5営業日で入金
  • NTT Date×三菱UFJニコスが提供
  • 豊富な決済対応・高いセキュリティ性

株式会社ペイメントはNTT Date・三菱UFJニコスの国内大手企業2社の合弁会社で、クレジット決済を中心に口座振替・コンビニ決済・後払い・スマホ決済など豊富な支払い手法に対応した決済代行会社です。

大手2社の合弁企業のためセキュリティ性も高く、国際セキュリティ基準に完全準拠(PCI DSS)・情報セキュリティマネジメントの国際認証「ISMS」 も取得しており、セキュリティ要件がきになる中堅~大手企業向けにおすすめの決済代行サービスです。

初期費用月額費用決済手数料対応決済
 0円 ※無料 お問合せ 4.2%~
トランザクション処理費:0円
クレジット決済/口座振替/後払い/コンビニ
スマホ決済/ネットバンキング/キャリア決済

詳細はこちら:https://www.paygent.co.jp/lp/payment_service.html 

アナザーレーン株式会社

  • 20,000件以上の実績
  • 即日審査で最短2営業日で導入
  • 実店舗でのCAT決済からオンライン決済まで幅広いラインアップ

アナザーレーン株式会社は16年の歴史があり、20,000件以上の実績があるキャッシュレス代行サービスです。導入までスピーディーであり、申し込みして即日審査で最短2営業日で導入可能です。またニーズに合わせて柔軟に対応できるプランもあります。

初期費用月額費用決済手数料対応決済
お問い合わせお問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://www.alij.ne.jp/

ソニーペイメントサービス株式会社

  • 独自認証で安心・安全を実現
  • 様々な決済代行・ECカート用決済を実現可能
  • 大手カード会社も出資する信頼性

ソニーペイメントサービス株式会社は、大手カード会社も出資しているキャッシュレス代行サービスです。クレジットカード、PayPay、メルカリペイなどの電子決済など幅広い決済手法に対応可能です。また独自認証で安心・安全なセキュリティーを実現しています。

初期費用月額費用決済手数料対応決済
お問い合わせお問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://www.sonypaymentservices.jp/

個人ネット販売/会費集金おすすめ無料メールリンク&オンライン決済代行サービス初期/月額/手数料比較7選

サービス名初期費用月額費用決済手数料QRコードSMS送信継続課金
Squareメールリンク決済0円 ※無料0円 ※無料3.6%~
※販売手数料0円
STORES 請求書決済0円 ※無料0円 ※無料3.24%~3.74%
カラーミーペイメント0円 ※無料個人:10,000円
法人:8,000円
3.8%~
VeriTrans4Gお問合せお問合せお問合せ
PayPal0円 ※無料0円 ※無料3.6%~
Stripe0円 ※無料0円 ※無料3.6%~
※継続課金:0.5%~
※VeriTrans4Gは個人事業主様への提供は行っていません

Squareオンラインチェック – 月額/初期/販売手数料0円/月謝集金も対応のリンク決済

  • WEBサイト不要でInstagram・TwitterなどSNSでも販売可能
  • 月額・初期費用・販売手数料0円
  • 月謝管理・クレジットカードの自動継続課金にも対応
  • 購入ボタンの埋込み・カスタマイズも無料で使える

Squareオンラインチェックアウトは、Squareが提供するメールリンク型のオンライン決済サービスです。月額・初期費用・販売手数料無料で利用でき、Webサイトも不要なためSNSなどで販売を検討している個人のハンドメイドやアパレルなどにも活用できます。

また決済リンクのURL発行だけでなく、QRコードを印刷物やウェブサイトに掲載・購入ボタンの作成・埋込みも誰でも簡単に作成ができます。

こちらも無料で使うことができカラー・テキスト内容も自由にカスタマイズができるため、商品の販売だけでなく月額課金サービス・寄付金集めなどNPOや公共団体でも活用できます。

初期費用月額費用販売・振込手数料決済手数料
0円0円0円通常:3.6%~
継続課金:3.75%

SBペイメントリンク決済 – 個人おすすめ月謝集金/教室/修理&見積商材もその場で販売

  • 個人おすすめHP不要のメール決済・QRコード・SMS(ショートメール)対応
  • 中堅/大手企業おすすめ本人認証/カード情報の非保持化でセキュリティ性も強み
  • IVR決済で通販会社の電話注文もコールセンターに代わって自動化
  • 継続課金・月謝集金も対応でレッスン教室/学習塾/不動産/保険業界おすすめ
  • 注文後に価格決定の見積商材/修繕サービス/訪問販売も簡単支払い受付

SBペイメント メールリンク決済は大手企業ソフトバンク株式会社が100%出資している取扱高4兆円・総合オンライン決済代行サービスが提供するECサイトが不要で販売が可能なリンク型決済です。

通常はリンク決済のみの対応が多いですが総合決済会社の強みを活かして、QRコード型請求書・SMS(ショートメッセージ)配信も可能で未払い督促・本人認証機能でセキュアな支払いが可能です。

リンク型決済は様々シーンで利用ができ個人のSNS販売・修繕・見積商材・訪問販売などでもメールやQRコードで簡単に支払いが可能です。

またIVR決済も提供しており大手通販企業でのコールセンターの電話注文も、音声ガイダンスで顧客側が入力のためクレジット情報の非保持化にも対応し、電話対応も自動化につながります。

また総合決済サービスならではの強みとして決済管理ツールと事業者側の会員DBとAPI連携が可能で請求メール送付・SMS配信なども自動化、都度課金・継続課金など柔軟な請求方法の選択ができます。

初期費用月額費用対応決済手法セキュリティ
お問合せお問合せメールリンク/SMS/QRコード決済
API型/IVR決済(自動音声)
AI不正検知/3Dセキュア
カード情報非保持化
トークン機能

STORES 請求書決済 – 初期&月額0円/継続課金対応/SNS×決済ページで簡単ネット販売

  • サイト不要で個人のInstagram・Twitterなどネット販売おすすめ
  • 月額・初期費用0円・簡単3ステップで決済URLを作成
  • 多言語対応・デザインカスタマイズも自由自在
  • API機能でカートシステムともシームレスに連携

STORES請求書決済は誰でも簡単に3ステップ決済用URLリンクを作成できる、決済URL作成サービスです。月額・初期費用も0円で利用が可能でSTORES決済の機能として提供しているため、店舗のクレジット決済・継続課金も可能です。

サイトを持たない個人のInstagramなどSNSの投稿画像・フォロワー・プロフィール欄に決済リンク設置・DMで決済URLを送るだけで無料でオンライン販売の開始ができます。

ECサイトでの利用だけでなく、飲食店や美容室といった店舗ビジネスでもテイクアウト販売・SNSフォロワーに向けたコスメ・アパレル・動画/画像などデジタルコンテンツ販売も可能です。

STORESシリーズでは「EC作成・決済端末・予約システム・POS」といった店舗・ECビジネスを横断的に支援しているため、レジ会計回りやネットショップ作成ソフトとの連携も可能なため、オンライン販売を検討している個人・小規模店舗におすすめです。

初期費用月額費用販売手数料決済手数料
0円0円0円3.24%

個人おすすめ・月額/初期費用0円で簡単SNS&ネット販売 – STORES請求書決済に無料登録

GMOイプシロン株式会社 – メールリンクサービス

  • 特別なシステム設定不要
  • メールを自由にカスタマイズ可能
  • メール・SMS・QRコードの3つの案内方法

GMOイプシロンは、ECショップ向けオンライン決済サービスを提供している企業です。メールリンクサービスは特別なシステム設定もいりません。また、案内方法もメール、SMS、QRコードなど3つの方法があります。初期費用もいらず、月額費用だけで利用できるため、安価で利用可能です。

初期費用月額費用決済・送信手数料
0円2,000円0円

詳細はこちら:https://www.epsilon.jp/service/option/mail_link.html 

GMOこんど払い – 初期/月額0円/SMS&メール送付で後払い/月額課金サイトおすすめ

  • 東証上場企業のGMOグループ提供・月額/初期0円の簡単後払い決済サービス
  • アプリ登録・事前チャージ不要/メール&SMS送付で全スマホユーザーが利用可能
  • 入力数は最小項目・スマホ上で決済完結するため離脱軽減&CVRの改善
  • 即時支払/翌月末の一括支払いの選択が可能/都度ではなく月1回のみの手数料負担
  • ゲームアプリ/デジタルコンテンツ販売/寄付金集金や会費型ビジネスもおすすめ

GMOこんど払いはメールや携帯番号(SMS)を通じてスマホ上でコンビニ後払いが完結する、月額・初期費用が0円のコンビニ後払い決済サービスです。

アプリダウンロード・事前チャージは一切不要で購入者は翌月末にまとめて一括支払いができるため、購入ハードルを下げ売上げアップが期待できます。

そのためデジタルコンテンツ販売・月額サイトなどの会費型ビジネス・寄付金集金などにもおすすめです。

またSMS・メール送付で入力項目は必要最小限のため、決済プロセスで離脱していたユーザーを取りこぼさずに支払いが完了するため、CVRの改善にもつながります。

クレジットカードを持てない若年層の集客が可能になることに加えて、コンビニ支払いのため購入者はいつでも、都合のタイミングで決済が可能です。

支払いは翌月末の一括支払いOKに加えて一般的な決済手数料は3~4%前後ですが、手数料は都度ではなく月1回分のみ(300~500円)となるため、利用者の必要負担を抑えることで購入率・CVRの上昇が期待できます。

初期費用月額費用手数料購入者手数料
0円 ※無料0円 ※無料商材に応じてご相談5万円/月未満:300円
5万円/月 以上:500円

月額/初期0円・スマホ1つで簡単後払いでCVR改善 – GMO後払いの詳細はこちら

PayPal(ペイパル)- メールで支払い・請求書作成も可能なオンライン決済サービス

  • Webサイトがなくても決済が可能
  • 請求書作成など請求業務を効率化
  • 電話やFAX注文にも対応可能

PayPalは、アメリカをはじめ絵画でも活用されている決済サービスです。PayPalのメール決済サービスでは、ウェブサイト実装を必要なく利用できます。 また、請求書作成なども管理できるため、請求業務を効率化することができます。また、メールアドレスが確認できれば、電話やFAXからの注文に対応できます。

初期費用月額費用決済・送信手数料
0円0円3.6%

詳細はこちら:https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/merchant/solutions/invoicing 

Pay.JP – シンプル機能でクレジット・Apple Payなどにも対応

  • クレジットカード・ApplePay等に対応
  • 国際基準のセキュリティで安心して利用可能
  • EC、SaaS、マーケットプレイスなど様々な導入実績あり。

Pay.JPは、スマートのAPIで簡単に決済機能を導入できるサービスです。クレジットカードだけでなく、ApplePayにも対応しています。また国際基準のセキュリティに準拠しているため安心して利用可能です。ECだけにとどまらずSaaSやマーケットプレイス、エクササイズなど多様な業種で導入されています。

初期費用月額費用決済・送信手数料
0円ベーシック:0円
プロ:10,000円
ベーシック:3.0%~
プロ:2.59%~  

詳細はこちら:https://pay.jp/ 

Stripe Payment Links – Webサイト不要でどこでもオンライン決済フォーム受付

  • WEBサイト不要で決済可能
  • 使った分だけの手数料が発生
  • コーディングが不要で導入できる

Stripe Payment Linksは、WEBサイトがなくてもオンライン決済可能なサービスです。WEBサイト不要のため、コーディングもいらず手間なく決済が可能です。また利用料もわかりやすく、所為費用・月額費用なく使った分しか手数料がかかりません。

初期費用月額費用決済・送信手数料
0円0円3.6%

詳細はこちら:https://stripe.com/jp/payments/payment-links

海外/法人からの送金も可能・無料おすすめ個人間送金アプリ&サービス初期/月額/手数料比較7選

業務用プリン

  • 24時間365日いつでも送金可能
  • 電話番号だけで送金可能
  • 銀行への送金も可能

業務用プリンは、法人から個人に簡単に送金可能な送金アプリサービスです。24時間365日送付可能であり、振込手数料も50円からで振込手数料も大幅に削減出来ます。また、口座を知らなくても電話番号だけで送付することが可能です。

初期費用月額費用送金手数料送金限度額
0円0円50円100万円

詳細はこちら:https://www.pring.jp/business/ 

Paypal

paypalは200を超える国で利用されており、2500万以上の事業者が利用しています。様々な受け取り方法から選べるため、クライアントの状況により選択可能です。売りて保護も可能であり、確かなセキュリティを確保しています。

初期費用月額費用送金手数料送金限度額
0円0円250円100万円

詳細はこちら:https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal/send-request-money

楽天ペイ

  • 約1億人の楽天会員が利用可能
  • 楽天ポイントも貯まる
  • 全国ECサイトで導入

楽天ペイは、シンプルなUIで楽天IDで簡単に支払いができる送金サービスです。全国ECサイトで導入されています。クレジットカード情報を入力する必要がなく利用可能です。また、利用すると楽天ポイントも貯まるため、楽天会員も利用できます。

初期費用月額費用送金手数料送金限度額
0円0円出金金額の10%1回10万円 1ヶ月100万円

詳細はこちら:https://pay.rakuten.co.jp/detail/?l-id=int_top_detail  

Kyash

  • スマホで利用上限などコントロール可能
  • プリペイドカードを発行
  • 送金手数料無料

Kyashは審査・書類不要で利用開始できる決済サービスです。登録するだけでプリペイドカードが無料発行されるため、ネットバンキングにも利用できます。また、送金手数料も無料です。

初期費用月額費用送金手数料送金限度額
0円0円0円10万円

詳細はこちら:https://www.kyash.co/ 

Money Tap

  • 24時間365日を送金可能
  • 指紋認証などで簡単に送金可能
  • 店舗でのQRコードでの支払い可能

MoneyTapは、24時間365日を送金可能アプリです。指紋認証だけで簡単に送金することが可能です。また、店舗のQRコードでの支払いも可能です。現在送金可能の口座は、愛媛銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、筑邦銀行で利用可能です。

初期費用月額費用送金手数料送金限度額
0円0円0円1回3万 1日10万

詳細はこちら:https://moneytap.jp/ 

J-Coin Pay

  • 全国各地の銀行と連携可能
  • ファミマやミニストップなど多数の店舗で利用可能です。
  • サービス手数料0円

J−CoinPayは、お店で支払いしたり、送金したり、入出金をすることができる送金サービスです。全国各地の銀行と連携しており様々な口座で送金可能です。また支払いにも使え、ファミマやミニストップなど多数の店舗で利用することができます。

初期費用月額費用送金手数料送金限度額
0円0円0円 

詳細はこちら:https://j-coin.jp/ 

PayPay

  • 4200万以上の登録ユーザー
  • 7000億円想定のPayPay残高ポテンシャル
  • 24時間監視で常時不正監視

PayPayは4200万以上の登録ユーザーを誇る決済サービスです。現在思い浮かぶキャッシュレス決済方法がNo1を記録しています。PayPay残高が7000億円近くあり、売上向上のポテンシャルがあります。

初期費用月額費用送金手数料送金限度額
0円0円0円24時間で10万円 1ヶ月100万円

詳細はこちら:https://paypay.ne.jp/guide/send/