後払い決済とは|仕組み・種類・市場規模・メリットと手数料・EC通販におすすめサービス比較5選

最終更新日:
2020/02/16

後払い決済とは

後払い決済とはECサイトなどで商品を購入し受け取り完了後に、代金を支払う決済方法です。後払い決済ではコンビニや郵便局で代金を支払うことができるため、商品を購入する際に代金を持ち合わせていなくても購入することが可能です。

言葉とおりの意味合いですが、これから後払い決済の導入を検討しているEC事業者もいるのではないでしょうか。

今回は後払い決済の仕組みや種類・メリットに加えて市場規模など解説し、おすすめ決済サービスの手数料を比較しながら紹介していきます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bgt です

後払い決済の仕組み

後払い決済は消費者が商品を購入者後に、EC事業者が発送を行います。その際にEC事業者には売上が立ちませんが、決済代行会社が商品の代金や与信確認・立て替え入金をします。

商品を受け取り後に購入者はコンビニや郵便局で商品の代金を支払い、決済代行会社に代金の清算を行います。

BtoCとBtoBで異なる種類・後払いと掛け払いの違い・手数料と費用相場

同じような言葉で「後払い」と「掛け払い」がありますが、基本的には両者ともに、代金の支払がいが決済後になるという点では同じですが、業界によって少し意味合いがことなります。

一般的にはBtoC業界では後払いと呼び、法人間取引であるBtoBでは掛け払いと呼ばれています。

BtoCとBtoBでは手数料や費用などの違いがあります。後払い(BtoC)の表のように1回購入をしたら代金を支払う必要があります。

一方、掛け払いでは請求書が月1回となっており、まとめて支払うことが可能です。また支払いサイクルや利用上限などが大きく異なっているのが特徴です。月額費用も後払いでは最大48,000円ですが、掛け払いでは無料が多いです。

コンビニ払いで増加する後払い決済の市場規模・注目される理由

2020年には7,000億の市場規模へ、利用者が拡大する後払い

近年はコンビニ払いも徐々に一般的になりカードビジネス年間によると、後払い決済の市場規模は拡大し2020年には7,000億の市場規模になると予測されています。

EC通販サイトが浸透してきつつありますが、同時にさまざまな電子決済を導入する店舗が増加しています。

日本ではクレジットカード払いが6割を占めていますが、購入時の入力の手間やクレジットを持たない若年層もいます。前払いを手段として選択できない顧客層をターゲットにできるのが後払いの強みでもあります。

EC通販の決済でセキュリティ不安を感じる消費者の心理

キャッシュレスやモバイル決済が徐々に浸透しつつある中で後払いが注目される理由は、上記の若年層に加えて、セキュリティに不安を感じているユーザーの獲得です。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの調査結果によると、EC通販を利用しない人の30.8%はセキュリティに不安を感じているというアンケート結果もあります。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング – キャッシュレス決済の多様化の動向整理

またクレジットカード決済しか導入していないEC通販サイトもあり、7.7%のユーザーがクレジットカードを持っていないことが理由で利用をしていないという結果が出ています。

このようにEC通販サイトの市場規模が拡大化している一方で、決済方法への不安があるのが現状なのです。

ネット決済で利用の多いコンビニ後払い

総務省の調査によるとクレジット支払いについで、コンビニ決済の利用が多いことがわかります。

総務省 – 平成28年通信利用動向調査(世帯編)

ECサイトでの購入する際はオンライン決済の比率が高い一方で、不正リスクを排除することができるため、コンビニでの後払いを選ぶ消費者もお多いのです。

ユーザー・消費者の後払い決済利用メリット

商品を確認後に支払いができる

後払い決済では商品を確認後に支払いを行うため、商品が届かないといった不正リスクを排除してネットショッピングの利用が可能です。

購入した商品が届かないといった詐欺事件もよく聞く話ですから、消費者は安心して利用できます。

カード情報の入力不要、年齢・収入を問わず利用

消費者がEC通販サイトを利用しない理由として「セキュリティに不安を感じている」という人が多いということを上記で紹介しました。

クレジット情報が漏洩してしまうリスクを感じて離脱しているのが実態ですが、年齢や収入を問わずに広いターゲットに利用してもらえます。

ポイントがたまり、コンビニで24時間支払い可能

後払い決済でもポイントがたまることに加えて、24時間営業であるコンビニで自由な時間に支払いが可能です。

多くの店舗をもつコンビニであれば、クレジットのリスクを天秤にかけた際に、いつでも支払いができることは大きなメリットといえます。

EC通販サイトの後払い決済のメリット

カードを持たない客層を集客・CVRの改善

後払い決済はクレジットカードを持たない客層を集客ができるため、販売機会を減らすことなく売上増加につながります。

また、後払い決済の場合はクレジット情報の入力も不要なため入力の手間を省くことができます。加えて上記で紹介したように不正リスクを排除して利用ができるため、CVRの改善も期待ができます。

未回収リスクの軽減・コストの削減

後払いの場合は未回収につながることも想定されますが、後払いに特化した決済代行会社も存在します。

後払い代行会社では請求の立替えや代金の回収までを一貫して代行するため、請求管理や事務処理といった手間も効率化が可能です。

EC・通販サイトにおすすめの後払い決済サービス手数料比較5選

平均売上20%アップ「後払い.com」

  • 後払いの未払いリスク100%保証
  • 代金回収業務は一切不要
  • 導入実績20,000店舗以上

後払い.comでは4種類のプランから選択することが可能です。後払いの未払いリスク100%保証しており、代金回収業務は一切不要なので業務の負担を減らすことが可能です。導入実績20,000店舗以上あるため、信頼して契約を行うことができます。

月額費用手数料請求書発行料金
0円~45,000円2.8%~4.8%169円/1取引

初期・月額無料の後払い.comの詳細はこちら

NP後払い

  • 導入41,500企業以上の実績
  • 後払いニーズに対応で売上UP
  • 代金未回収リスクを100%保証

NP後払いは導入41,500企業以上の実績があります。4つのプランから選ぶことが可能で、ニーズに合わせたプランを選択することが可能です。後払い決済を導入することで後払いニーズに対応で売上UPすることができます。代金未回収リスクを100%保証しているため、安心して契約できます。

月額費用手数料請求書発行料金
0円~48,000円2,9%~5%190円/1取引

詳細はこちら:https://www.netprotections.com/

GMO後払い

  • リアルタイム与信が可能なAPI
  • 2種類の選べる請求書
  • 業界最低水準の料金

GMO後払いはリアルタイム与信が可能なAPIを導入しています。2種類の請求書から選択することが可能で、業界最低水準の料金で契約をすることができます。手数料も4.0%と低く、導入実績も多いため、検討してみては如何でしょうか。

月額費用手数料請求書発行料金
1,000円4.0%封筒型:180円/1取引
はがき型:150円/1取引

詳細はこちら:https://www.gmo-ps.com/service/

クロネコ代金後払いサービス

  • 代金立替で未回収リスクゼロ
  • 3種類の決済窓口
  • 請求書発行を一任可能

クロネコ代金後払いサービスでは代金立替で未回収リスクゼロです。2種類の請求書から選択することが可能で、コンビニ・郵便局・auかんたん決済の3種類の決済窓口から選ぶことができるため、顧客に合わせた選択をすることができます。

月額費用手数料請求書発行料金
0円~48,000円2,9%~5%封筒型:190円/1取引
はがき型:160円/1取引

詳細はこちら:http://www.yamato-credit-finance.co.jp/service/deferred.html

ZEUS 後払いサービス

  • 低コストでの導入・運用可能
  • お客様に安心した支払い方法を提供
  • 持ち戻りやキャンセルのリスクを軽減

ZEUS 後払いサービスでは低コストでの導入・運用可能です。お客様に安心した支払い方法を提供しており、無料で利用することも可能です。また持ち戻りやキャンセルのリスクを軽減することが可能で、契約を検討してみてください。

月額費用手数料請求書発行料金
0円~45,000円2,7%~4.7%封筒型:190円/1取引
はがき型:169円/1取引

詳細はこちら:https://www.cardservice.co.jp/service/atobarai/

後払い決済サービスの選び方・2つのポイント

代金未払い保証の有無

後払い決済サービスを導入する上で代金未払い保証の有無はとても重要です。保証がなければ、万が一代金未払いが発生した場合に回収業務や、コストがかかります。

代金未払い保証があるかは事前に確認しましょう。

取引額に応じた料金プランがあるか

上記で紹介した後払い決済サービスでは無料プランから最大48,000円のプランまでさまざまなプランがあります。

小規模のビジネスの場合は取引額が少なくなるため、費用を抑えることにつながります。変動型の料金プランがあるかも確認しておきましょう。

この記事にはタグがありません。