※この記事には一部PRが含まれます。
キャンペーン

クレジットカード機械・決済処理端末機比較9選|製品ランキング&おすすめメーカー10選・使い方

クレジットカード機械・決済処理端末機比較9選|製品ランキング&おすすめメーカー10選・使い方のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする
クレジットカード機械・決済処理端末機とは
クレジットカード機械・決済処理端末機の3つの種類・主要メーカー製品比較表
クレジットカード機械・決済処理端末機3種類の特徴 – 持ち運び・レンタル可能・おすすめ業界
クレジットカード機械・決済処理端末機の使い方・決済手数料・料金相場・機能表
クレジットカード機械・決済処理端末機の使い方 –  IC・磁気クレジットの売上処理方法
クレジットカード機械・決済処理端末機の入金サイクル・支払い方法・価格相場・料金表
主要クレジット決済端末機6社の初期・月額費用・手数料・対応決済比較表一覧
クレジットカード機械・決済処理端末機の導入6つのメリット・店舗に必要な理由
(1)政府も推進するキャッシュレス決済
(2)クレカ決済利用率約70% – 多くのキャッシュレス層を獲得し売上アップ
(3)20%の売上損失?顧客単価の上昇・機会の損失防止につながる
(4)継続・定期課金も可能で集客業務の効率化
(5)初期費用・月額費用が無料で導入できる場合が多い
(6)即日導入・短期でのレンタルも可能
クレジットカード機械・決済処理端末機の製品ランキングTOP5・対応決済・価格・手数料比較
1位:UT-P10(マルチ決済端末)- 株式会社トランザクション メディア ネットワークス
2位:PAYGATE(R) Station(マルチ決済端末)- 株式会社ロイヤルゲート
3位:オフィスペイ(キャッシュレス決済端末) – GMOフィナンシャルゲート株式会社
4位:APOS A8(マルチ決済端 – アルファノート株式会社
5位: ME-10シリーズ(電子決済端末)- 株式会社日本コンラックス
クレジットカード機械・決済処理端末機メーカー・トップシェアランキング5社比較
パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社 ※SMBC×GMO sterapack
NECプラットフォームズ株式会社
東芝テック株式会社
JR東日本メカトロニクス(JREM)
セイコーインツル株式会社 – CREPiCO
無料導入でおすすクレジットカード機械・決済処理端末機の費用・手数料比較9選
Square決済 – 個人おすすめ最短翌日入金/4つの費用が0円/月額無料/屋外決済対応
stera pack SMBC×GMO/初期月額0円/手数料2.7%~個人おすすめ入金6回/30種決済対応
EPARKペイメントサービス – 業界最安値水準/飲食店向けキャッシュレス決済システム
スマレジ・PAYGATE – 今なら端末0円/持ち運び/プリンタ内蔵/QR/電マネ/POS連携
PayCAS Mobile あらゆる決済を端末1台に/決済手数料2.8%〜/持ち運び可能/レシートプリンター搭載
CASHIER PAYMENT – 初期&月額0円オールインワン決済/POS連携/アナログレジも可
Square Terminal 30日返品OK/個人おすすめ翌日入金/月額0円/持ち運び&プリンタ内蔵
Square Reader – 30日返品OK/翌日入金で個人おすすめ/スマホ簡単接続/無料POSレジ
​Airペイ 振込手数料・月額固定費・初期費用※0円/QR/電マネ/最大月6回入金/POS連携
クレジットカード機械・決済処理端末機の選び方・導入時の5つの注意点
(1)クレジットカード機械・決済端末処理機の導入費用・手数料の確認
(2)入金サイクル・導入までの期間の確認
(3)端末機が対応している決済種別・手法の確認
(4)複数店舗単位での集計・売上管理が可能か
(5)目的やターゲットに合わせた端末機の選定・目的の整理
用途や業界に合わせたキャッシュレス・クレジットカード機械・決済処理端末を導入しよう
屋外決済・移動販売・持ち運び決済ならポータブル型マルチ決済端末がおすすめ
大型スーパー・施設ならレジ横決済の据置型端末がおすすめ

クレジットカード機械・決済処理端末機とは

クレジットカード機械・決済処理端末機とは、店頭でクレジットや電子マネーなどの電子決済を行うための専用端末です。

日本のキャッシュレス決済比率は先進国と比較すると、利用率は低いと言われており政府が推進していることもあり店舗への導入キャンペーンも多く実施されています。

今回はキャッシュレスの中でも利用率がもっとも高い、クレジットカード決済機械・決済処理端末の種類や機能・使い方を解説しながら、製品ランキング・トップシェアメーカーについて触れながらおすすめの決済端末を紹介していきます。

サービス特徴・ポイントキャンペーン
Square 決済の全てを1台で
レジ横以外の屋外タッチ決済対応
入金最短「翌営業日」振込で個人おすすめ
振込手数料/解約費用「0円」
POSレジ/在庫管理/スタッフ管理も「0円」
開封後でも30日以内返品OK
電子マネー/タッチ決済/PayPay/持ち運び
月額固定費「0円」
払戻し/振込手数料「0円」
オンライン決済導入も「0円」
決済端末:今なら30日返品可能

SMBC×GMO提供
初期0円オールイン決済はstera pack

決済手数料2.7%~の最安水準
初期コスト0円/30種以上の決済対応
プリンタ内蔵で周辺機器不要(無料)
最大6回/月入金で個人もおすすめ
電子サイン対応で紙伝票不要
30種類以上の決済手段に一台で対応
クレジット/QR/電マネ全て対応
集客/販促アプリも無料インストール
決済×レジ機能をこれ一台で
オールインワン決済端末 スマレジ・ペイゲート
主要決済ブランド(30種)で幅広い決済手段に対応
初めてでも安心充実サポート!お電話窓口で365日対応
SIM内臓で持ち運びOK(ワイヤレス、プリンター内蔵)
場所を選ばずどこでも決済可能
初期費用「0円」
端末代金30,800円が0円」
決済手数料3.24%~がさらにお得に
※この記事には一部PRが含まれています

クレジットカード機械・決済処理端末機の3つの種類・主要メーカー製品比較表

決済処理端末は大きく3つの種類にわかれており、それぞれ対応している電子決済の種類もことなります。

決済処理端末タイプ対応決済メーカー主要製品
据置型決済端末各種クレジットカードPanasonic
東芝TEC株式会社
JT-06・07シリーズ
CT-5100
モバイル型決済端末
ポータブル/マルチ決済)
各種クレジットカード
電子マネー決済
QRコード決済
Castle Technology
セイコーソリューションズ
寺岡精工
株式会社ロイヤルゲート
stera pack/Square Terminal
Payoss Verifoneシリーズ
PAYGATE Station
スマホ型決済端末
(タブレット)
クレジットカード決済
電子マネー決済
タッチ型決済
スマレジ/ユニエイム
Square決済 
スマレジ・ペイメント
Tabレジ 6800UA
Square Reader

据置型はスーパーや大手チェーンなどでPOSレジと連動し常設されている決済端末です。

機能性が高く様々な決済端末に対応できますが、コードにつながっているため持ち運びができないため、大型店舗に向いています。主なメーカーとしては、Panasonicや東芝TEC株式会社など大規模な基幹システムを取り扱う企業が提供しています。

モバイル型はWi-Fiや4G回線を活用して屋外やテーブル会計など端末の持ち運んで決済が可能なです。主な製品としてはCastle Technologyが提供するVEGA3000・セイコーソリューションズのCREPiCOなどがあります。

スマホ型決済はスマホやタブレットに機器を設置することで決済システムとして活用できるものです。スマホやタブレットを活用できるため導入費用を抑えて利用できます。提供企業としてはスマレジやSquare決済などがあります。

クレジットカード機械・決済処理端末機3種類の特徴 – 持ち運び・レンタル可能・おすすめ業界

ご紹介した3つの決済処理端末機それぞれの特徴とおすすめの業界をご紹介します。

 据置型決済モバイル型決済スマホ・タブレット決済型
対応カードブランドVisa/Mastercard
JCB/AMEX/Diner
Discover
Visa/Mastercard
JCB/AMEX/Diner
Discover
Visa/Mastercard
JCB/AMEX/Diner
Discover
対応電子マネーiD/Edy/交通系ICカードiD/Edy/交通系ICカード
WAON/PiTaPaなど
iD/Edy/交通系ICカード
対応QRコード決済LINE Pay/d払い
PayPay/R Pay
au PAYなど
LINE Pay/d払い
PayPay/R Pay
au PAYなど
通信方法有線LANWi-Fi/4GWi-Fi/4G
対応OSAndroidAndroid/iOSAndroid/iOS
特徴・利用業界レジ一体型
POSシステム連動
大型スーパー/量販店
レジ横以外の持ち運び決済
4G回線があれば接続可能
豊富な決済に対応
中小規模店舗・移動販売
POSレジ連携・屋外決済
4G回線があれば接続可能
スマホにカードリーダー接続で利用
小規模店舗

3つの決済端末で対応できる決済手法は大きく異なりませんが、スマホ決済型は端末によってはQRコード決済には対応してないことがあります。

据置型はレジ横に設置し、POSシステムとの連動もできるため大型スーパーやアパレルなどで利用するのがおすすめです。

また現在主流となっているモバイル型端末に関しては、QR・電子マネー・クレジットなどマルチ決済に対応し、持ち運びもできるためテーブル会計を行いたい飲食店や移動販売などにおすすめです。

クレジットカード機械・決済処理端末機の使い方・決済手数料・料金相場・機能表

クレジット決済端末処理機の使い方はカードの種類で少し異なります。そこで続いて、カードの種類による使い方の違いや費用の相場などをご紹介します。

クレジットカード機械・決済処理端末機の使い方 –  IC・磁気クレジットの売上処理方法

クレジットカード決済端末にはIC型・磁気型の2種類があります。

IC型売上処理磁気型売上処理
ステップ1クレジット→売上を選択  クレジット→売上を選択  
ステップ2クレジットカードをセットクレジットカードを
カードリーダーに通す
ステップ3売上金額を入力売上金額を入力
ステップ4支払い方法を選択支払い方法を選択
ステップ5暗証番号入力お客様にサインをいただく
ステップ6売上票とカードの返却売上票とカードの返却

IC型売上処理の場合は情報を読み取るためにカードを差し込み、お客様に暗証番号を入力してもらうことで決済を進めることが出来ます。

一方磁気型の場合はカードを差し込むのではなく磁気テープをカードリーダーで読み込み、お客様に売上票にサインをしてもらうことで決済が完了します。

クレジットカード機械・決済処理端末機の入金サイクル・支払い方法・価格相場・料金表

項目料金・手数料相場
初期費用0円~
月額費用0円~
端末代金0~3万円
レシートプリンター2~5万円
トランザクション費用0円~5円
クレジットカード決済手数料3.24%~
電子マネー決済手数料2.90%~
QRコード決済手数料2.00%~
支払い方法一括・リボ・1~~2回払い
入金サイクル2~6回/月

クレジットカード決済処理端末の費用は初期費用・月額費用はかからず決済手数料のみがかかる場合が多いです。

クレジットカードブランド毎に決済手数料は異なりますが、3.24%~3.74%が相場です。支払い方法は柔軟に対応でき1回、リボ払いやボーナス一括払いなどが対応できます。また、入金サイクルは月2~6回までを選択できるため自社のキャッシュフローと合わせて調整可能です。

主要クレジット決済端末機6社の初期・月額費用・手数料・対応決済比較表一覧

下記はTVCMなどでも認知度の高い持ち運びが可能なポータブル型クレジット決済端末5社の比較表です。初期・月額費用はキャッシュレス・消費者還元事業もあり無料で利用できるものが一般的です。

小規模店舗の場合はキャッシュフロー安定のためにも、入金スピード・回数は早い方がおすすめです。対応決済手法や入金サイクルは各社で異なり、Square決済が一番早く最短翌日入金、次いでSTORES決済が1週間前後とサービス毎に違いがあります。

またSMBC・GMOが提供する初期0円のオールインワン決済端末stera packも月6回の入金が可能です。

サービス名初期費用月額費用周辺機器入金サイクル導入目安決済手数料電子マネーQRコード対応OS屋外決済
Square決済4,980円(30日返品OK)0円 ※無料タブレット:不要最短翌日最短翌日3.25%~
※手数料引下げ
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/ID
Qucik Pay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
Square Terminal無料~
※30日返品OK
0円 ※無料タブレット不要
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応

電子レシート発行
最短翌日最短翌日3.25%~
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/ID
Qucik Pay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
stera pack0円 ※無料お試し:0円 1年無料
スタンダード:3,000円
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応
月6回or月2回1ヶ月~お試し:3.24%
スタンダード:2.7%
ID/楽天Edy
Nanaco/Waon
交通系ICカード
タッチ決済
LINE Pay/Rpay
d払い/PayPay メルペイ
auPay/ゆうちょPay
iOS
Android
EPARKペイメントサービス0円
端末代金・初期費用無料
お問合せネット環境(Wi-fi・有線LAN)
がない場合でも利用可能な
端末もあり
【月1回払】
1~末日の売上:翌月末日払
【月2回払】
1~15日の売上:当月末日払
16~末日の売上:翌月15日払
お問合せ2%台~クレジット/デビット/
プリペイド/電子マネー/
交通系電子マネー
お問合せお問合せ
スマレジ・PAYGATE0円 ※無料
通常 28,000円
プレミアム:5,500円(税込み)
※その他プランあり
不要
レシートプリンター内蔵
【月2回】
※末締め翌15日
15日締め当月末払い
1~1.5か月3.24%
からさらに引き下げ
※割引キャンペーン中
ID/WAON/nanaco
楽天Edy/QUICPay
交通系ICカード
PayPay/楽天Pay/au PAY
メルペイ/LINE Pay/D払い
Wechat Pay/ALIPAY
Android
PayCAS Mobile0円※無料 
通常 78,800円 
1,980円~(通信費含む)
※通常4,000円〜
不要
レシートプリンター内蔵

Android™ OS採用で業務アプリ搭載可能
【月2回】
※15日締め当月末払い
当月末締め翌月15日払い
1カ月PayPay2.8%、カード決済2.8%〜3.24%
※PayPayからお申込みの方限定
特別セットプラン
交通系電子マネー/
楽天Edy/ nanaco/Waon/Apple Pay/iD/
Google Pay/QucikPay
PayPay/au Pay/d払い/メルペイ/楽天ペイ/J-Coin Pay/ AliPay/WeChat Pay/
銀聯QR/ JKOPAY
iOS
Android
Airペイ(エアペイ)0円 無料
※通常19,800円
0円 ※無料iPad:0円
カードリーダー:0円
※条件を満たすと0円
レシートプリンター:別売
※2万円~
月3回or月6回 1週間~1ヶ月3.24%交通系ICカード
Apple Pay/ID
Qucik Pay
ポイント系等36種
d払/PayPay
LINE Pay/au Pay
J Coin/WeChat Pay
union Pay/Ali Pay
iOS

※申請時に書類必要
楽天ペイ0円※無料
通常 約20,000円
0円 ※無料タブレット:不要
レシートプリンター:別売
最短翌日3週間~1ヵ月2.95%〜3.24%クレジット決済
楽天Edy/WAON
Apple Pay/iD
QUICPay/nanaco
交通系ICカード

お問合せiOS
Android
※無料キャンペーンは各企業で期間が設けられている場合があるため詳細は公式ページをご確認ください。

クレジットカード機械・決済処理端末機の導入6つのメリット・店舗に必要な理由

なぜ今クレジットカード決済端末の導入が求められるのか、6つのメリット、必要な理由をご紹介します。

(1)政府も推進するキャッシュレス決済

1点目は政府がキャッシュレス決済を推進している背景があります。

出典:経済産業省 – キャッシュレス決済の中小店舗への普及促進に向けた環境整備検討会

現在日本は海外の中でもキャッシュレスの決済比率が低い中、2025年までには世界基準である40%を目指しています。

このようにキャッシュレスを推進するために国から補助金を出す「キャッシュレス・消費者還元事業」を実施しており、消費者・事業者側ともにキャンペーンを打ち出し、利用促進をはかっています。

(2)クレカ決済利用率約70% – 多くのキャッシュレス層を獲得し売上アップ

2021年の決済方法利用率ランキング・シェアのグラフ

2点目はクレジットカードの利用率の高さです。MMD研究所が行った調査によると、日本のキャッシュレス決済の利用率はクレジットカード最も多い結果となっています。

現在QR決済などの決済手法が増えていますが、主流のクレジットカードへの対応することで多くのキャッシュレス層を獲得し、売上げアップに期待ができます。

(3)20%の売上損失?顧客単価の上昇・機会の損失防止につながる

また顧客単価の上昇や販売機会増加につながるというデータもあります。

出典:Square株式会社 – クレジットカード非対応がもたらす機会損失に関する調査2014

キャッシュレス決済端末を提供するSquare社が行った調査によるとクレジットカードを1ヶ月に1回以上利用している人の18%が事前にクレジットカードが利用できるかどうかを確認し、使えない場合は別の店を選んだ経験があると答えています。

また、クレジットカード非対応で困った事があると答えた人が17%です。レジットカード対応をしていないことにより販売機会を逃さないためにもクレジットカード対応は重要といえます。

(4)継続・定期課金も可能で集客業務の効率化

加えてクレジットカードを活用すれば、継続・定期課金を行うことも可能なため、消費購入の場合だけでなく会員性サイト・ネットショップでも継続課金の決済にも対応しています。

例えばSquareの場合は決済端末だけでなく、POSレジや請求書管理も提供しているためクレジットカードの登録情報をもとに、請求書を自動送付が可能です。

(5)初期費用・月額費用が無料で導入できる場合が多い

現在クレジットカード端末機はSTORES決済Square決済のように初期・月額が0円で導入できるキャンペーンを実施している企業も多くあります。

またサービスにより入金サイクル・導入も早くSquare決済は最短当日、STORES決済は最短2日など導入までのスピードが短いサービスもあります。

加えてSTORSやSquareは決済端末だけでなく、予約システムやPOSレジ・ネットショップ開業サービスも展開しているため、オンライン販売や在庫管理も可能です。

(6)即日導入・短期でのレンタルも可能

6点目は即日からの導入や短期間でのレンタルができるということです。導入開始を検討してから時差がなく導入が可能で、イベント開催中だけなど短期間だけでもレンタルもできるため、ビジネス状況に応じた柔軟な対応ができるということです。

クレジットカード機械・決済処理端末機の製品ランキングTOP5・対応決済・価格・手数料比較

具体的なポータブル決済端末機をご紹介します。製品ランキングトップ5をご紹介します。

※出典:ipros – 更新日:2021年03月03日 集計期間:2021年2月3日〜2021年3月2日をもとに掲載

1位:UT-P10(マルチ決済端末)- 株式会社トランザクション メディア ネットワークス

  • 電子マネー、クレジット、銀聯など様々な決済に対応
  • ソフト式PIN入力
  • クレジットカード情報非保持化対応

UT-P10はトランザクション・メディア・ネットワークスが提供しているマルチ決済端末です。端末一台で電子マネー、クレジット、QRコードなど様々な決済手段に対応できます。また、POSレジとも連動が可能であり、今後変化していくた決済市場に対応も可能です。

月額費用初期導入価格手数料対応決済・各種連携
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ電子マネー/クレジット/銀聯/
QRコード決済/非接触IC

詳細はこちら:https://www.tm-nets.com/

2位:PAYGATE(R) Station(マルチ決済端末)- 株式会社ロイヤルゲート

  • マルチ決済対応可能
  • Androidベースに開発され、拡張性が高い
  • お手軽に導入可能

PAYGATEは、マルチ決済対応の決済端末です。Androidベースの端末のため、POSレジ連動や決済種別など拡張性があります。また、利用料金も低価格なため、手軽に導入できます。

月額費用初期導入価格手数料対応決済・各種連携
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ電子マネー/クレジット/銀聯/
QRコード決済/非接触IC

詳細はこちら:https://www.royalgate.co.jp/service/pg/#paygateStation

3位:オフィスペイ(キャッシュレス決済端末) – GMOフィナンシャルゲート株式会社

  • 社員証で簡単に決済
  • 特典導入など福利厚生として運用可能
  • 財布不要で買い物ができる

オフィスペイとは、社員証で簡単に決済ができるための端末です。食堂や自動販売機などオフィスで設置できます。補給等は業者に任せればいいため総務は余計な負担もありません。また、社員も小銭や財布がなくても簡単に利用でき、福利厚生としても運用可能です。

詳細はこちら:https://officepay.jp/

月額費用初期導入価格手数料対応決済・各種連携
無料無料無料社員証

4位:APOS A8(マルチ決済端 – アルファノート株式会社

  • クレジットカード・QRコードに対応可能
  • バッテリー内蔵で外でも中でも利用可能
  • 継続課金にも対応可能

APOS A8はバッテリー内蔵の決済端末機です。バッテリーは最長24時間持ち運び可能なため、店舗の内外やイベントでも利用可能です。またクレジットカード・QRコード決済や中国サービスも対応しており訪日外国人にも対応しています。

月額費用初期導入価格手数料対応決済・各種連携
お問い合わせ0円(キャンペーン期間中)お問い合わせクレジットカード/PayPay/
LINE PayのQRコード決済

詳細はこちら:https://www.alpha-note.co.jp/LP/A8_vend/index.html

5位: ME-10シリーズ(電子決済端末)- 株式会社日本コンラックス

  • 主要電子マネー6種が利用可能
  • 端末価格をおさえ、低価格を実現
  • 導入から精算までワンストップで対応

ME-10は、シンクライアント型電子決済端末です。交通系、iDなど6種の電子マネーに対応しております。また、端末価格を抑えているため、低価格で導入可能です。

月額費用初期導入価格手数料対応決済・各種連携
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ交通系ICカード/iD/楽天Edy/
QUICPay/WAON/nanaco  

詳細はこちら:https://www.conlux.co.jp/products/145/

クレジットカード機械・決済処理端末機メーカー・トップシェアランキング5社比較

クレジット決済端末処理機のトップシェアメーカーをご紹介します。

出典:株式会社 日本カードネットワーク – メーカー別機能比較一覧

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社 ※SMBC×GMO sterapack

  • 1台でクレジットカード・電子マネーQRコード決済など25種以上の決済手段に対応
  • 4型タッチパネルで暗証番号入力や電子サインなどが可能
  • SMBC×GMO提供のstera terminalは初期0円・決済手数料2.8%~利用可能
  • 入金サイクル月6回で個人事業主・小規模店舗にもおすすめ

Panasonic(パナソニック)が提供するJT-C60シリーズ(stera terminal)はQRコード・電子マネー決済など25種以上の豊富な支払い方法に対応しており、レシートプリンター内蔵型で周辺機器も不要なオールインワン決済端末です。

タッチパネル操作で暗証番号入力・電子サインにも対応しており、プリンタ一体型のため3~5万円ほど発生する費用もなく利用ができます。

販売はSMBC・GMOの合同企業であるSMBC GMO PAYMENT株式会社が提供しており通常7万ほどの端末代金0円・決済手数料も一般的には3.25~3.74%ですが業界最安水準の2.8%~と低価格での導入ができます。

stera pack - 個人店舗・複数店舗おすすめ・最大6回の入金サイクル・振込手数料0円

加えて振込手数料は0円(三井住友口座)・入金サイクルも6回/月のため個人・小規模店舗にもおすすめのオールインワンキャッシュレス端末です。

初期費用月額費用決済手数料入金サイクルクレジット電子マネーQRコード
78,000円
※stera packでは0円
3,000円〜2.8%〜月6回(2営業日後払い)
月2回(15日/2営業日後払い)
Visa
Mastercard
※タッチ決済対応
ID / 楽天Edy
Nanaco / Waon
交通系ICカード
LINE Pay / Rpay / d払い
PayPay / メルカリペイ
auPay / ゆうちょPay

NECプラットフォームズ株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-04-16.35.01-1024x498.png です
  • 優れた操作を実現
  • スタイリッシュなデザイン
  • 設置場所を選ばないコンパクトボディ

NECプラットフォームは、優れた操作性と設置場所を選ばないコンパクトなボディが特徴です。スタイリッシュなデザインでコンパクトなボディなため、様々な店舗、シーンで適用可能です。また、優れた操作性を実現しており、あらゆる業務に対応できます。

端末タイプ対応回線POS連携電子マネー対応
 据置型 LAN – ○

詳細はこちら:https://www.necplatforms.co.jp/product/debit.html

東芝テック株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-04-16.35.15.png です
  • 高度なセキュリティーの実現
  • POS連動で業務を効率化
  • フルフラットでタッチパネルを採用

東芝テックはフルフラットなタッチパネルを採用しておりスマートなデザインを作成しています。また、POS連動で顧客のデータを蓄積して、分析を行うことで業務の改善などのムダを省くことことが可能です。さらに高度なセキュリティ性で安心して導入できます。

端末タイプ対応回線POS連携電子マネー対応
 据置型 LAN ○ ○

詳細はこちら:https://www.toshibatec.co.jp/products/jet_s_ct_5100.html

JR東日本メカトロニクス(JREM)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-04-16.35.33.png です
  • 導入から運用までワンストップで提供
  • 店舗内装とマッチするデザイン
  • タッチパネルや高速プリンターを採用

JR東日本メカトロニクス(JREM)は、機器の端末からだけでなく運用までをワンストップで提供氏エイルサービスです。クレジットカードはもちろん各種電子マネーに対応します。また、タッチパネルや高速プリンタも採用しているため様々な業務で対応可能です。

端末タイプ対応回線POS連携電子マネー対応
 据置型 LAN ○ ○

詳細はこちら:https://www.jrem.co.jp/product/

セイコーインツル株式会社 – CREPiCO

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-04-16.35.52-1024x469.png です
  • 短納期・低コストを提供
  • 決済サービスを一元提供
  • ソフトやサーバなどの新規開発いらず

セイコーインツル株式会社は短納期・低コストでサービスを提供してくれる企業です。決済データの処理や中継するサーバ設置、ソフトの新規開発等が不要であり、決済サービスも一元で提供してくれるため管理がしやすいです。そのため小規模な店舗におすすめです。

端末タイプ対応回線POS連携電子マネー対応
 据置型 LAN – ○

詳細はこちら:https://www.sii.co.jp/jp/news/release/2012/02/16/3934/

無料導入でおすすクレジットカード機械・決済処理端末機の費用・手数料比較9選

サービス名初期費用月額費用周辺機器入金サイクル導入目安決済手数料電子マネーQRコード対応OS屋外決済
Square決済4,980円(30日返品OK)0円 ※無料タブレット:不要最短翌日最短翌日3.25%~
※手数料引下げ
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/ID
Qucik Pay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
Square Terminal無料~
※30日返品OK
0円 ※無料タブレット不要
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応

電子レシート発行
最短翌日最短翌日3.25%~
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/ID
Qucik Pay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
stera pack0円 ※無料お試し:0円 1年無料
スタンダード:3,000円
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応
月6回or月2回1ヶ月~お試し:3.24%
スタンダード:2.7%
ID/楽天Edy
Nanaco/Waon
交通系ICカード
タッチ決済
LINE Pay/Rpay
d払い/PayPay メルペイ
auPay/ゆうちょPay
iOS
Android
EPARKペイメントサービス0円
端末代金・初期費用無料
お問合せネット環境(Wi-fi・有線LAN)
がない場合でも利用可能な
端末もあり
【月1回払】
1~末日の売上:翌月末日払
【月2回払】
1~15日の売上:当月末日払
16~末日の売上:翌月15日払
お問合せ2%台~クレジット/デビット/
プリペイド/電子マネー/
交通系電子マネー
お問合せお問合せ
スマレジ・PAYGATE0円 ※無料
通常 28,000円
プレミアム:5,500円(税込み)
※その他プランあり
不要
レシートプリンター内蔵
【月2回】
※末締め翌15日
15日締め当月末払い
1~1.5か月3.24%
からさらに引き下げ
※割引キャンペーン中
ID/WAON/nanaco
楽天Edy/QUICPay
交通系ICカード
PayPay/楽天Pay/au PAY
メルペイ/LINE Pay/D払い
Wechat Pay/ALIPAY
Android
PayCAS Mobile0円※無料 
通常 78,800円 
1,980円~(通信費含む)
※通常4,000円〜
不要
レシートプリンター内蔵

Android™ OS採用で業務アプリ搭載可能
【月2回】
※15日締め当月末払い
当月末締め翌月15日払い
1カ月PayPay2.8%、カード決済2.8%〜3.24%
※PayPayからお申込みの方限定
特別セットプラン
交通系電子マネー/
楽天Edy/ nanaco/Waon/Apple Pay/iD/
Google Pay/QucikPay
PayPay/au Pay/d払い/メルペイ/楽天ペイ/J-Coin Pay/ AliPay/WeChat Pay/
銀聯QR/ JKOPAY
iOS
Android
Airペイ(エアペイ)0円 無料
※通常19,800円
0円 ※無料iPad:0円
カードリーダー:0円
※条件を満たすと0円
レシートプリンター:別売
※2万円~
月3回or月6回 1週間~1ヶ月3.24%交通系ICカード
Apple Pay/ID
Qucik Pay
ポイント系等36種
d払/PayPay
LINE Pay/au Pay
J Coin/WeChat Pay
union Pay/Ali Pay
iOS

※申請時に書類必要
楽天ペイ0円※無料
通常 約20,000円
0円 ※無料タブレット:不要
レシートプリンター:別売
最短翌日3週間~1ヵ月2.95%〜3.24%クレジット決済
楽天Edy/WAON
Apple Pay/iD
QUICPay/nanaco
交通系ICカード

お問合せiOS
Android
※無料キャンペーンは各企業で期間が設けられている場合があるため詳細は公式ページをご確認ください。

Square決済 – 個人おすすめ最短翌日入金/4つの費用が0円/月額無料/屋外決済対応

  • 4つの無料:月額・振込/払戻し/チャージバック手数料が0円
  • クレジット/QR/電子マネー対応・店頭やイベントなど屋外も場所を問わず決済が可能
  • アカウント1つで無料POSレジ・ネットショップ・事前決済継続課金を1つに
  • スマホ1つで簡単キャッシュレス・最短翌日入金

Square(スクエア)は初期費用は決済端末のみ(30日返品OK)。月額が無料に加えて各種手数料も0円で、簡単に始められて・お得なキャッシュレス決済です。

コンパクトな端末でテーブル決済や移動販売の屋外決済など場所を問わず利用でき、利用者の多いPayPay・電子マネー・タッチ決済と幅広い決済に対応しています。

また個人事業主や小規模事業者にもおすすめなポイントとしてはキャッシュフローの安定で重要となる入金の早さで、業界最短の最短翌日入金・振込手数料0円・月額・解約費用など面倒な費用は全て無料。

2月1日〜2月14日端末代金値下げキャンペーン実施中!
squareスタンド本体価格29,980円→値引き6,000円(23,980円)
squareターミナル本体価格39,980円→値引き8,000円(31,980円)

無料で使えるPOSによってデータを一元管理でき、決済種類ごとや製品ごとの売上を簡単に見られるなど、データの面からも忙しい事業主の経営判断をサポートしてくれます。また飲食業と小売業に特化したPOSレジも活用できます。

加えてSquareではPOSレジだけでなく在庫&売上管理・ネットショップ作成・請求書アプリ・予約管理も提供しており、アカウント1つで決済~オンライン販売まですべてを完結できるのが大きな特徴です。

飲食店のテイクアウト事前決済・店舗決済だけでなく、小売業界の実店舗と連動したネットショップ販売もできるようになります。

すぐに始められ、初期費用も抑えられることからリスクフリーに試すことができ、業種・事業サイズに関わらず売上アップを見込めるおすすめのキャッシュレス決済端末です。

初期費用月額費用振込・払戻し手数料POSレジアプリ決済手数料
4,980円(30日返品OK)無料無料無料3.25%~
決済手数料が引下げ:JCB 3.95% → 3.25%・QUICPay 3.75% → 3.25%

stera pack SMBC×GMO/初期月額0円/手数料2.7%~個人おすすめ入金6回/30種決済対応

  • 初期月額0円でQRコード/電子マネー/クレジットなど30種の決済手段を1台で
  • 業界最安水準の決済手数料2.7%~/周辺機器が不要のオールインワン端末
  • 販促アプリでクーポン配布・Webプッシュを標準搭載・店舗集客まで完結
  • 個人おすすめ最大入金6回/月&振込手数料0円/飲食/美容/小売の複数店舗も利用
  • レシートプリンタ内蔵/電子サインで紙伝票が不要/VISA世界水準のセキュリティ

stera pack三井住友カード・GMO・VISAといった大手金融・決済企業が提供する、手数料2.7%の業界最安水準・QRコード/電子マネー/クレジットなど30種の決済手法に対応した初期0円のオールインワン決済端末です。

レシートプリンター内蔵型のため通常初期費用として必要になる決済端末代金(3~5万円)・プリンター(2~5万円)といった周辺機器も全てそろって初期0円で導入できます。

またタッチパネルでの電子サインにも対応しているためこれまで紙で管理していた伝票もなくすことができます。

多言語にも対応しており、2025年の大阪万博・毎年増加傾向にある海外からのインバウンド観光客がきても支払いできます。

加えて振込手数料は0円(三井住友口座)・入金サイクルも6回/月のため個人・小規模店舗にもおすすめのオールインワンキャッシュレス端末です。

stera pack - 個人店舗・複数店舗おすすめ・最大6回の入金サイクル・振込手数料0円

また店舗運営に必要な集客ツール(クーポン発行・スタンプカード・会員証・メール自動配信・セグメント配信)も標準搭載されており無料で利用できます。

stera pack - 集客・販促・POS・オーダーシステム連携アプリ一覧

POSレジやセルフオーダー・予約管理システムもアプリマーケットから追加し、美容室・飲食店・アパレルなど業界に合わせて、自由にカスタマイズできます。※標準アプリ以外は一部別途見積

また1年間月額料金が0円になるお試しプランも提供しているため、ぜひこの機会にオールイン決済端末にお申込しましょう。

初期費用月額費用決済手数料入金サイクルクレジット電子マネーQRコード
0円 ※無料お試し:0円 ※1年無料
スタンダード:3,000円~
お試し:3.25%~
スタンダード:2.8%~
月6回(2営業日後払い)
月2回(15日/2営業日後払い)
Visa
Mastercard
※タッチ決済対応
ID/楽天Edy
Nanaco/ Waon
交通系ICカード
LINE Pay/Rpay/d払い
PayPay/メルカリペイ
auPay/ゆうちょPay

EPARKペイメントサービス – 業界最安値水準/飲食店向けキャッシュレス決済システム

  • 決済手数料が「2%台~」の業界最安値水準にて提案!
  • 導入費用については、一切いただきません!0円で導入ができます!
  • 年間365日、年中無休で万全のサポートを受けられます!
  • 審査から運用サポートまでを弊社で全て対応
  • カードだけではなく、電子マネーでのお支払い方法も可能なマルチ決済

EPARKペイメントサービスは、実店舗様向けに対面型マルチ決済サービスを提供する決済サービスとなります。カード会社や各事業関連会社の間に当社が入ることで、「審査~運用サポート」まで一気通貫で対応いたします。EPARKペイメントサービスを通じて、決済導入に関わるコストダウンをお手伝いさせていただきます。

EPARKペイメントサービスは決済手数料を2%台~で提供しております。この手数料割合については、業界最安値水準となり、お客様の毎月の費用負担についてかなり軽減できるものとなります。導入費用については一切費用をいただかないため0円で提供できますし、何かお困りのことがございましたら、年中無休365日で万全のサポートを受けることも可能です。

EPARKペイメントサービスで対応可能なキャッシュレス決済は、クレジット・デビット・プリペイドカードならびに電子マネー(交通系の電子マネーも可)となります。
導入を希望される場合は、飲食店様に合わせた端末や手数料率をご提案させていただき、カード会社審査を実施後、端末をご用意いたします。
また、端末の固定費については一部の端末を除いて無料となります。

初期費用月額費用手数料・オプション無料トライアル
  0円
  端末代金
  初期費用無料
   お問合わせ   2%台~  お問合わせ

スマレジ・PAYGATE – 今なら端末0円/持ち運び/プリンタ内蔵/QR/電マネ/POS連携

※キャンペーン内容は変更の場合があるため公式HPよりごお問合せください
  • 今なら端末代金0円&決済手数料3.24%が安くなるキャンペーン中
  • クレカ/QR/電子マネー対応・プリンタ内蔵型のオールインワンで周辺機器不要
  • テーブル決済/移動販売/デリバリー/イベントも可能・持ち運び式で個人おすすめ
  • スマレジPOS連携で端末から金額入力で二度打ち不要/売上集計/レジ作業も1台で
  • POS/在庫連携で飲食店以外の雑貨・アパレルなど小売業界もおすすめ

スマレジ・PAYGATE端末初期0円でPOSレジメーカーのスマレジが提供するプリンタ内蔵型・タッチパネル操作が可能で、周辺機器が不要なオールインワン決済端末です。

POSレジ連携で端末から金額を直接入力・売上集計ができ、持ち運び式のため移動販売やテーブル・イベント・屋外決済も可能なため、個人事業主の方にもおすすめです。

一般的な決済端末は専用の優先LAN接続で電源やプリンターを使用する場合が多いですが、Android搭載・4G回線で通信が可能ため回線エリアならいつでも会計が可能です。

加えてクレカ・QR・電子マネーなど主要決済ブランドにも対応しており、様々な顧客のニーズに対応でき販売機会の拡大に繋がります。

期間限定で端末代金0円・決済手数料が安くなるキャンペーンも行っており、スマレジPOSを利用中の方・新規契約の方ともに適用となり、クリニック・医療店舗ではさらに手数料が低くなります。

お問い合わせも項目が少なく簡単1分で完了し、キャッシュレス導入はキャンペーン期間のお申込みがお得なためぜひこの機会に無料相談をしてみましょう。

端末代金月額費用決済手数料クレジット電子マネーQR決済
28,000円
※限定0円
プレミアム:5,500円(税込み)
※その他プランあり
3.24%~
※割引キャンペーン中
VISA/Mastercard/Discover
American Express/JCB
Diners Club/UnionPay
ID/WAON/nanaco
楽天Edy/QUICPay
交通系ICカード
PayPay/楽天Pay/au PAY
メルペイ/LINE Pay/D払い
Wechat Pay/ALIPAY
※キャンペーン内容は変更の場合があるため公式HPよりごお問合せください

PayCAS Mobile あらゆる決済を端末1台に/決済手数料2.8%〜/持ち運び可能/レシートプリンター搭載

  • 端末1台で、クレジット・QRコード・電子マネーに対応可能なマルチ決済端末
  • 特別セットプランで端末費用0円、月額費用1,980円~、決済手数料2.8%〜
  • 大画面タッチパネルだからスマホ感覚で操作ができる
  • SIM対応・大容量バッテリー搭載でどこでも持ち運び決済可能
  • POS・モバイルオーダー・勤怠管理などの業務アプリ搭載可能
  • PayPay加盟店向け資料はこちら

PayCAS Mobileは、クレジット・電子マネー・QRコード決済など、あらゆる決済に1台で対応可能なマルチ決済端末です。 決済方法ごとに端末を使い分ける必要がないため、店舗オペレーションがスムーズになります。端末はコンパクトサイズの上プリンターも内蔵されているため、複数の機器を置く必要がなく、レジ周りの省スペース化にも有効です。

また、大容量バッテリー内蔵で、持ち運び可能。屋外での決済やテーブル決済などレジオペレーションの自由度が高まります。

お申込みから導入まで最短1か月のスピード導入可能

単独でご契約するよりもPayPayが提供する特別セットプランのお申込みで、端末費用0円、月額費用1,980円~、決済手数料2.8%〜のおトクな条件が適用されます。

決済お預かり金のご精算は、月2回。当月15日締め当月末振込、当月末締め翌月15日振込です。

※振込手数料無料 ※価格はすべて税別 ※精算はSBペイメントサービス(株)がご対応します。※端末には4年間の保証が付いています。4年未満で解約を希望される場合は、違約金が発生いたします。詳細はお問い合わせください。

現金を持ち歩かない人が増加し、さらにはインバウンドが戻っていきた今、あらゆる決済に対応していることで売上の機会損失を防ぐことができます。

AndroidOS採用することによりさまざまな業務アプリ(POS・モバイルオーダー・勤怠管理など)を追加搭載可能です。※さらに連動可能アプリを追加予定

PayCAS Mobileなら、各決済事業者との契約や入金を一本化できるため、導入にかかる期間・費用・手続きが大幅に短縮されます。

下記はPayPayが提供する特別セットプランのお申込みにて適用されます。

端末費用月額費用手数料対応決済特長
無料
※端末保障4年付き。
※4年未満でご解約される場合、
違約金が発生いたします。
1,980円(税別) ~
オプションで
電子マネー利用可能
2.8%(税別)~QRコード決済
クレジット
タッチ決済
電子マネー
交通系電子マネー
コードレス端末
プリンター内蔵
業務アプリ連動可能

※すでにマルチ決済端末を導入済の場合は、お申込みを受付できない場合があるためお電話(0800-919-5661)にてお問い合わせください

CASHIER PAYMENT – 初期&月額0円オールインワン決済/POS連携/アナログレジも可

  • 端末費用(初期費用)も月額利用料も0円でマルチ決済端末を利用可能
  • CASHIER POSレジ/セルフレジ/タッチパネル券売機との連携が可能 
  • キャッシュレス環境を構築して販売機会を失わず、売上拡大に繋がる 
  • ポータブル型ならレジカウンターのみならず、テーブル決済やイベント・野外での利用も 
  • レシートプリンター内蔵のオールインワン端末だからその他周辺機器が不要 

CASHIER PAYMENTは初期費用も月額利用料も0円で、POSレジメーカーのCASHIERが提供するオールインワンのマルチ決済端末です。CASHIER PAYMENTを導入すれば無料で店舗のキャッシュレス環境を実現できます。 

CASHIER PAYMENTは、通常のレジカウンターのみならず、テーブルやテラスでの決済やイベントや野外での キャッシュレス環境を構築が可能です。(ポータブル型の利用時含む) 

店舗のオペレーションがスムーズになり、より効率的な店舗運営を実現します。 

CASHIER PAYMENTとCASHIERのオリジナルハードウェアと連携すれば、店舗運営がさらにスムーズに。POSレジ、セルフレジ、タッチパネル型券売機などの最新の販売環境もご提案、構築します。 

初期費用月額費用決済手数料クレジット交通系IC 電子マネー
0円0円3.24%~ VISA/Mastercard/JCB/ 
American Express/ 
Diners Club 
Suica/PASMO/Kitaca/ 
manaca/ICOCA/toica/ 
SUGOCA/nimoca/はやかけん 
ID/WAON/nanaco/ 
楽天Edy 

エアペイの手数料・評判・対応決済・料金一覧表はこちらで徹底解説しています。

Square Terminal 30日返品OK/個人おすすめ翌日入金/月額0円/持ち運び&プリンタ内蔵

  • レシートプリンタ一体型/周辺機器不要で初期費用が安い/月額/解約/振込手数料0円
  • 持ち運び可能でレジ横以外の座席・屋外・移動販売での決済にもおすすめ
  • タッチパネルでPOSレジの操作も電子レシートの発行も可能
  • PayPay/電子マネー/クレジット/タッチ決済対応/9月20日まで限定20%OFF※9,480円
  • 開封後も30日以内返品OK・個人おすめ最短翌日入金&即日利用開始

Square Terminal(スクエアターミナル)はレシートプリンターが一体となった、暗証番号入力も可能なオールインワン決済端末です。

クレジットカード・PayPay・交通系電子マネー・Apple Payなど様々な支払いに対応しています。1日充電が持つためテーブル決済や屋外決済にもおすすめで、タッチパネルでPOSレジの操作や、電子レシートの送付も可能です。

月額・初期費用が0円表記のサービスはありますが、実際は端末代金に加えてレシートプリンター・スマホやタブレットなどの周辺機器が必要なため別途導入費用が発生する場合もあります。

Square1台でPOS操作/レシート印刷(電子レシート発行)/電子マネー/タッチ決済/ICカード/電子サインも対応、シンプルな料金体系で不要なオプション/手数料は無く30日間は返品も可能です。

2月1日〜2月14日端末代金値下げキャンペーン実施中!
本体価格39,980円→値引き8,000円(31,980円)

また持ち運びが可能なためテーブル/屋外決済/イベント/移動販売にもおすすめで、飲食店や小売・アパレル・フィットネスクラブなど様々な業界で利用されています。

個人事業主/小規模店舗ではキャッシュフロー安定が重要ですがSquareは最短翌日入金・手数料も業界や規模は問わず一律3.25%~の低手数料とわかりやすい料金体系です。

加えてPOSレジ/請求書発行/顧客管理/ショップ作成も無料で使えるため、店舗運営に必要な機能がアカウント1つで全て網羅ができます。

月額・初期0円のSquare決済への無料登録を行い、購入後30日以内なら返品も可能なためぜひ高機能なキャッシュレス決済の無料登録を試してみましょう。

端末代金月額対応決済各種手数料特徴
無料~
Square登録無料

※30日返品可能
0円ICカード
電子マネー
タッチ決済
クレジット
QRコード決済
決済手数料:3.25%~
振込手数料:0円
払い戻し手数料:0円

解約費用:0円
屋外決済/移動販売
最短翌日入金

無料でPOSレジ/在庫管理
請求書発行/継続課金
決済手数料が引下げ:JCB 3.95% → 3.25%・QUICPay 3.75% → 3.25%

Square Reader – 30日返品OK/翌日入金で個人おすすめ/スマホ簡単接続/無料POSレジ

Square Reader(スクエアリーダー)
  • 最短翌日入金で個人事業主にもおすすめ30日返品OK
  • ICカード・電子マネー・タッチ決済など豊富な支払い方法に対応
  • 月額0円・振込・販売手数料は0円/スマホで簡単に利用可能
  • EMVおよびPCI準拠の基準をクリアしてセキュリティ面も安心
  • 1アカウントで無料ネットショップ・POSレジ・Web請求書も利用

Square Reader(スクエアリーダー)月額0円でスマホ・タブレットに接続するだけで簡単に利用可能なマルチ決済端末です。EMVおよびPCI準拠の基準をクリアしているのでセキュリティ面も安心です。

入金も最短翌日に可能なため個人事業主でもキャッシュフロー観点でおすすめ、ICカード・タッチ決済など豊富な支払い方法にも対応し多くの顧客層を獲得ができます。

またスクエアでは無料でPOSレジ・在庫&売上管理・ネットショップ作成・請求書アプリも提供しており、アカウント1つで決済~オンライン販売まですべてを完結できるのが大きな特徴です。

テイクアウト事前決済・店舗決済だけでなく、小売業界の実店舗と連動したネットショップ販売もできるようになります。

また個人事業主や小規模事業者にもおすすめなポイントとしては、最短翌日入金振込手数料0円月額・解約費用など面倒な費用は全て無料。明確でわかりやすい料金体系も特徴です。

今だけの特別キャンペーン実施中!
誰でも今すぐキャッシュレス決済の受付をはじめられ、売上の入金は最短翌営業日、余計な費用もないSquare リーダーを定価価格より37%割引で購入できるキャンペーンを実施中です。

初期費用・端末代金月額費用各種手数料 対応決済・連携システム
4,980円(30日返品OK)0円決済手数料:3.25%~
振込手数料:0円
払い戻し手数料:0円
クレジットカード・電子マネー対応
無料POSレジ・ネットショップ作成ソフト
※2023年4月28日より決済手数料が引下げ:JCB 3.95% → 3.25%・QUICPay 3.75% → 3.25%

Androidスマートフォンがあればタッチ決済ができる Tap to Payの申し込みはこちら
※手数料3.25%
申し込みから最短翌日営業日で使用可能

​Airペイ 振込手数料・月額固定費・初期費用※0円/QR/電マネ/最大月6回入金/POS連携

※キャンペーン条件を必ずご確認ください。詳しくはこちら。
  • 初期費用&月額固定費0円・iPadとカードリーダーの無償貸与キャンペーン実施中
  • QRコード/電子マネー/クレジット/タッチ決済など36種以上の支払いに対応
  • 個人/小規模店舗おすすめ振込手数料0円/月に最大6回入金でキャッシュフロー安定
  • 持ち運びも可能で移動販売/屋外&テーブル決済/決済手数料は業界最安水準
  • 無料POSレジアプリ”Airレジ”インストールで注文~売上管理もひとつで完結

Airペイ(エアペイ)初期費用/月額固定費0円で利用開始ができQRコード/電子マネーなど36種以上の決済に対応したマルチ決済端末で、振込手数料0円/月に最大6回入金と個人や小規模店舗におすすめです。

またキャッシュレス0円キャンペーンも実施中で店舗に必要なiPadやカードリーダーが無料で導入でき、たくさんの決済方法に対応することが可能です。

加えて決済手数料は3.24%または3.74%で店舗の規模や業界・業種を問わず業界最安水準で利用ができ、1台のカードリーダーで様々な決済に対応し、持ち運びも可能なためテーブルや屋外決済/移動販売でも活用できます。

また無償貸与となるiPadににAirレジのアプリ(無料)をインストールすれば、キャッシュレスと合わせてPOSレジもセットで無料導入ができ注文から決済・売上管理も1つにまとめて管理ができます。

無料キャンペーン中のためキャッシュレス導入を検討の方は、ぜひ無料申し込みを行いましょう。

初期費用月額固定費決済手数料クレジット電子マネーQR決済
0円 ※無料0円 ※無料3.24%~VISA/Mastercard
American Express
JCB/Diner/Discover
交通系ICカード
ID/Apple Pay
Quic Pay
d払/PayPay
LINE Pay/au Pay
J Coin/WeChat Pay
union Pay/Ali Pay

クレジットカード機械・決済処理端末機の選び方・導入時の5つの注意点

クレジット決済端末処理機をご紹介してきましたが、実際に導入する際はどのようなポイントで選定すればいいのでしょうか?5つの選定ポイントをご紹介します。

【2021年】スマホ決済サービス大手10社の手数料・料金・シェア一覧比較表

(1)クレジットカード機械・決済端末処理機の導入費用・手数料の確認

1点目はクレジットカード機械の導入で発生する費用や手数料です。導入する機材やサービスにより、決済の際にかかる手数料が多くかわります。

クレジットカード読み取り機であるCAT端末などでは、業種によって手数料が異なる場合もありますが、スマホ決済端末では、3%台が相場です。また、それ以外にキャンペーンなどに伴い初期手数料も変わるためどのようなキャンペーンが行われているのかも確認しましょう。

(2)入金サイクル・導入までの期間の確認

2点目は入金サイクルや導入までの期間です。店舗において重要なのがキャッシュフローです。そのために重要になるのが入金サイクルです。

たとえば、サービスによっては入金サイクルが月1回ということも珍しくありません。手元への資金の確保のためにも入金サイクルをしっかり確認しましょう。

また、同じく検討してから導入までの期間も2~3ヶ月かかるものから1週間前後のものもあります。販売機会の損失などをなくすためにも早めに導入できる場所を探しましょう。

(3)端末機が対応している決済種別・手法の確認

3点目はどのような決済手段に対応しているかの確認です。自店舗のユーザーニーズなども含めて、どういった顧客層が多いのか検討し決済手段に対応しているのかを確認しておきましょう。

例えば若年層が多い場合は電子マネー・キャリア決済などのスマホ決済の利用が多く、クレジットカード決済は40代以上の高年齢層にも利用されています。

(4)複数店舗単位での集計・売上管理が可能か

4点目は複数店舗での集計や売上管理が可能かです。事業者によっては他店舗経営をされている方も多いかと思います。

端末機によっては利用する場所(店舗住所)が同じの場合は、複数アカウントを利用できない場合もあります。

ただし下記のように複数店舗での利用が可能な条件を提示している場合もあります。(STORES決済サポートより)

・契約者(代表者)は同じだが、「会社名 / 会社住所」の異なる複数事業を展開している

・事業者は同じだが、「店舗名 / 店舗住所」が異なる複数店舗を展開している

STORES 決済 |よくあるご質問 複数店舗の申し込みはこちら

決済端末には売上管理機能がついているものも多いですが店舗毎の管理になってしまうことが多いです。そのため、複数店舗を管理するためにはPOSレジとの連動が必要です。サービスによりPOSレジとの連動が可能かも確認しましょう。

(5)目的やターゲットに合わせた端末機の選定・目的の整理

5点目は目的やターゲットに合わせた端末機の選定です。例えば、若年層がターゲットにしている場合クレジットカードしか対応できなければ利用される可能性が低くなります。

このように店舗のターゲットや目的などを吟味した上で端末機を選ぶようにしましょう。

用途や業界に合わせたキャッシュレス・クレジットカード機械・決済処理端末を導入しよう

自店鋪の用途などを整理した上でキャッシュレス・クレジットカードの決済処理端末を検討します。

屋外決済・移動販売・持ち運び決済ならポータブル型マルチ決済端末がおすすめ

例えば、屋外販売や移動販売やテーブルでの会計を行うなど持ち運びで利用するニーズが有る場合などは、どこでも持ち運びが可能なポータブル型マルチ決済端末がおすすめです。

大型スーパー・施設ならレジ横決済の据置型端末がおすすめ

大型スーパーやアパレル、施設などレジ横でしか決済を行わない場合は、LANでの接続を行い、機能を安定的に使えたり、POSレジとの連携なども可能な据置型端末がおすすめです。自社にあった決済端末を選びましょう。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

クレジットカード機械・決済処理端末機比較9選|製品ランキング&おすすめメーカー10選・使い方のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved