※この記事には一部PRが含まれます。
楽天ペイターミナル

キャッシュレス決済端末の手数料や支払方法を比較!売上アップにつながる端末の選び方

キャッシュレス決済端末の手数料や支払方法を比較!売上アップにつながる端末の選び方のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする
キャッシュレス決済端末とは
キャッシュレス決済の現状
年代別のキャッシュレス決済の利用比率
4種類のキャッシュレス決済
1. クレジットカード・デビットカード
2. 電子マネー
3. QRコード決済
4. キャリア決済
キャッシュレス決済端末の種類
1. カードリーダー型
2. オールインワン型
キャッシュレス決済端末を導入する7つのメリット
1. レジ会計業務の効率化
2. 不正・防犯対策につながる
3. 非接触で衛生的な会計業務
4. 顧客単価が高くなる可能性がある
5. 訪日外国人・インバウンド顧客の囲い込み
6. 1つの端末でさまざまなキャッシュレス決済に対応
7. POSシステムとの連携で顧客情報の蓄積
キャッシュレス決済端末を導入するデメリット・注意点
スタッフに操作方法を覚えてもらう必要がある
現金管理・決済手数料は店舗負担になる
売上は即時入金されないことが多い
キャッシュレス決済端末の3つの比較ポイント
決済端末の形式
導入・運用費用
決済手数料
対応している決済方法
キャッシュレス決済端末にあると便利な付帯機能
POSレジ
定期課金(サブスク)
オンライン決済
ネットショップ
予約の受付・管理
キャッシュレス端末の主要5社を比較
Square
stera pack
STORES決済
Airペイ
スマレジ・PAYGATE
キャッシュレス決済端末11選の導入費用・手数料を比較
Square決済 - 個人おすすめ最短翌日入金/4つの費用が0円/月額無料/屋外決済対応
stera pack - SMBC×GMO/初期月額0円/手数料2.70%~個人おすすめ入金最大6回/30種以上で決済対応
楽天ペイ ターミナル - いまなら端末0円/決済手数料2.95%~/一体型マルチ決済
スマレジ・PAYGATE - 今なら端末0円/持ち運び/プリンタ内蔵/QR/電マネ/POS連携
PayCAS Mobile - あらゆる決済を端末1台に/決済手数料2.8%〜/持ち運び可能/レシートプリンター搭載
JMSおまかせサービス Webプラン - 安全・安心のキャッシュレス決済/最安水準の手数料率/導入費用0円
CASHIER PAYMENT - 初期&月額0円オールインワン決済/POS連携/アナログレジも可
Squareターミナル - 30日返品OK/個人おすすめ翌日入金/月額0円/持ち運び&プリンタ内蔵
Square リーダー - 30日返品OK/翌日入金で個人おすすめ/スマホ簡単接続/無料POSレジ
Airペイ - 振込手数料・月額固定費・初期費用※0円/QR/電マネ/最大月6回入金/POS連携
QRコード・スマホ決済端末おすすめ2選の導入費用・手数料を比較
stera pack - SMBC×GMO/初期月額0円/手数料2.70%~個人おすすめ入金最大6回/30種以上で決済対応
PayCAS Mobile - あらゆる決済を端末1台に/決済手数料2.8%〜/持ち運び可能/レシートプリンター搭載
キャッシュレス端末は自店の客層や目的軸に選ぼう

キャッシュレス決済端末とは

キャッシュレス決済端末とは、クレジットカード決済や電子マネー決済、QRコード決済など現金以外のさまざまな決済方法に対応した端末を指します。釣銭の授受がなく支払いが簡単なこと、ポイントが付くことなど、利用客にとってのメリットが多いです。外国人観光客が増えたこともあり、導入することで集客や客単価アップなどの効果を期待できます。

かつて政府によりキャッシュレス化が推進されたこともあり、中~大規模のチェーン店だけでなく個人経営の飲食店や小売店などを含む、多くの業界で利用されるようになりました。

今回はキャッシュレス決済端末の中でも、店舗におすすめの決済端末を紹介していきます。

サービス特徴・ポイントキャンペーン
Square 決済の全てを1台で
レジ横以外の屋外タッチ決済対応
入金最短「翌営業日」振込で個人おすすめ
振込手数料/解約費用「0円」
POSレジ/在庫管理/スタッフ管理「0円」
開封後でも30日以内返品OK
電子マネー/タッチ決済/PayPay/持ち運び
月額固定費「0円」
払戻し/振込手数料「0円」
オンライン決済導入も「0円」
決済端末:今なら30日返品可能

決済×レジ機能をこれ一台で
オールインワン決済端末
スマレジ・ペイゲート
主要決済ブランド(30種)に対応
初めてでも安心充実サポート!
お電話窓口で365日対応

ワイヤレス/プリンター内蔵で持ち運びOK
場所を選ばずどこでも決済可能
初期費用「0円」
端末代金39,600円が0円」
決済手数料3.24%~がさらにお得に
お得なキャンペーン実施中!

SMBC×GMO提供
初期0円オールイン決済はstera pack

決済手数料2.70%~の最安水準
初期コスト0円/30種以上の決済対応
プリンタ内蔵で周辺機器不要(無料)
最大6回/月入金で個人もおすすめ
電子サイン対応で紙伝票不要
30種類以上の決済手段も一台で対応
クレジット/QR/電マネ全て対応
集客/販促アプリも無料
※この記事には一部PRが含まれています

おすすめの関連記事はこちら

Air PAY(エアペイ)×Squareの評判・導入費用・手数料を徹底比較(スクエア)

キャッシュレス決済の現状

NIRA総合研究開発機構の「キャッシュレス決済実態調査2023(速報)」によると、日本のキャッシュレス決済は、7割以上を占めることがわかりました。

個人の消費支出額におけるキャッシュレス決済比率は、70.6%であることが明らかになった。5年前の2018年に実施した同調査と比べると、19.3%ポイント増加している。

キャッシュレス決済実態調査2023(速報)

このようにキャッシュレス決済は、店舗においては対応必須の状況といえます。

年代別のキャッシュレス決済の利用比率

年代別のキャッシュレス決済の利用比率
出典:NIRA総合研究開発機構-キャッシュレス決済実態調査2023(速報)

次に年代別のキャッシュレス決済の利用比率を見ていきます。

クレジットカードの利用比率については、18~29歳が他の年齢層よりも低いですが、30代以上では8割を超えています。30代以上の年齢層で利用比率が高いのは、一度クレジットカードを利用し始めると利便性のよさから利用を継続するためと考えらます。

 プリペイド式電子マネーの利用比率についても同様の傾向があり、18~29歳よりも30代以上の利用比率が高いです。スーパーなどをよく利用する主婦層の利用が多いと考えられます。

 一方、QRコード・バーコード決済の利用比率は逆の傾向がみられます。18~29歳で利用している人の割合が最も多く、30代以上は徐々に利用比率が下がっています。比較的新しいキャッシュレス手段であるQRコード・バーコード決済は、若い世代が利用しやすいと考えられます。

このように、各年齢層によってキャッシュレス手段の利用率が異なるため、店舗をよく利用する年代に合わせたキャッシュレス決済端末を導入するのが良いでしょう

4種類のキャッシュレス決済

キャッシュレス決済端末には大きく分けて4つの決済方法があります。

  • クレジットカード・デビットカード
  • 電子マネー
  • QRコード
  • キャリア決済(スマホ決済)

キャッシュレス決済端末としては、これまではCAT端末が一般的な決済端末でした。

しかし、現在は電子マネーやキャリア決済・モバイル決済といった電子決済も徐々に増え、さまざまな決済手法に対応できるマルチ決済端末もあります。

1. クレジットカード・デビットカード

デビットカードとは、ものやサービスの支払いごとに、預金口座から引き落とされる即時払い方式です。一方クレジットカードとは、ものやサービスの支払いを毎月1回決まったタイミングでまとめて彦雄とされる後払い方式です。

デビットカードは一括払いのみですが、クレジットカードは分割払いやリボ払い、ボーナス払いなど複数の支払い方法があるのが特徴です。

また、クレジットカードはものやサービスの支払い時に預金口座にお金がなくても、支払いを済ませることができるのがメリットですが使い過ぎてしまいやすいのがデメリットです。ついつい使い過ぎてしまうような方には残高以上のお金を使う心配がないデビットカードがおすすめです。

クレジットカードには以下の二つの決済方法があります。

1-1. ICカード決済

ICカード決済とは、ICチップを搭載したクレジットカードでカードを決裁危機に差し込んだりスライドさせるなどしてできる決済方法のことです。I決済の際には、暗証番号にて本人確認を行うことができ、利用時にサインの必要がないため、安全性だけでなく利便性が高いという利点もあります。

1-2. タッチ決済

タッチ決済とは、クレジットカードを決済端末に近づけるだけで支払いができる決済方法のことです。カードを決済機器に差し込んだりスライドさせたりといった従来の方法とは異なり、端末にカードを近づけるだけで支払いが完了します。

クレジットカード決済端末についてはこちら

2. 電子マネー

電子マネー決済とは情報通信技術を用いられた決済サービスのことです。もともとはプリペイドカードのように事前にお金をチャージして決済を行うサービスで、現金の代わりにICカードやスマートフォンを決済端末にかざすことで決済が完了します。近年はスマートフォンのアプリやICカードとクレジットカードの情報を紐づけておくことが可能です。

電子マネー決済は、交通系電子マネー決済、流通系電子マネー決済の大きく二つに分類できます。

2-1. 交通系電子マネー

交通系電子マネーは、SuicaやPASMOなどの交通機関が発行するICカードです。事前に現金をチャージした限度額の範囲内で使うプリペイド型が多く、少額決済に向いています。電車やバスなどの運賃の支払いだけでなく、自動販売機や駅ナカにある売店などの買い物にも利用できます。近年では、アプリをインストールしてスマートフォンと連動させることで、カードを持っていなくてもスマートフォンをかざすだけで決済することも可能になっています。

2-2. 流通系電子マネー

流通系電子マネーは、WAONやnanacoなどスーパーやコンビニなどの流通系企業が店舗や通販などでの利用を前提として発行する電子マネーです。

キャッシュレスで買い物ができるだけでなく、グループや系列店で買い物をするとポイントが付与されたりと、お得な特典を受けられることが特徴です。貯まったポイントは買い物の代金支払いに充当できます。

3. QRコード決済

QRコード決済は、スマートフォンのQRコード決済専用アプリでQRコードやバーコードを使って支払う決済手段です。QRコードやバーコードの読み取りは、店舗側または顧客側のどちらかが行います。QRコードアプリとクレジットカードを連携させておくことで、お得に活用することができます。代表的なものとしてはPayPayや楽天Pay、LINE Payなどがあります。

QR・バーコード決済端末についてはこちら

4. キャリア決済

キャリア決済とは、商品代金を各キャリアの携帯電話料金や通信料金とまとめて支払うことができる決済サービスです。キャリア決済は、支払う際にクレジットカード情報の入力を必要としないため、クレジットカードを持っていない方や、インターネット上でのクレジットカード決済に不安な方におすすめです。

キャッシュレス決済端末の種類

キャッシュレス決済端末には大きく分けて、カード情報を読み取る機能を備えたカードリーダー型決済端末と、レシートプリンタまで付いたオールインワン型決済端末の2種類があります。

1. カードリーダー型

カードリーダー型の決済端末は、決済情報を読み取るカードリーダーの機能だけを持たせた端末です。インターネット回線につながれたスマートフォンまたはタブレットとBluetoothで接続し、キャッシュレス決済を行います。安価かつ小型な端末が多い一方で、利用できるキャッシュレス決済の種類が限られるという欠点があります。

2. オールインワン型

オールインワン型の決済端末は決済端末本体にOSが搭載されており、これ1台で完結するキャッシュレス決済端末です。プリンター内蔵型であれば、別途スマートフォンまたはタブレットを用意する必要がなく、Wi-Fiや4Gなどのインターネット回線が利用できる所ならどこでも決済可能です。オールインワン型の中にも据置型とモバイル型の2種類があります。

オールインワン決済端末についてはこちら

2-1. 据置型

据置型決済端末とは、大型スーパーや商業施設などでPOSシステムと連動したレジ横に設置されている決済端末です。有線LANで接続されているため、通信が安定していますが、持ち運びできないという特徴があります。

2-2. モバイル型

モバイル型決済端末とは、携帯会社が提供する4G回線を利用して、決済処理を行います。そのため持ち運びが可能です。レジ横以外の屋外・座席決済・移動販売店舗などで導入されることが多いです。

キャッシュレス決済端末を導入する7つのメリット

キャッシュレス決済端末導入するのにはいくつかのメリットがあります。

  1. レジ会計業務の効率化
  2. 不正・防犯対策につながる
  3. 非接触で衛生的な会計業務
  4. 顧客単価が高くなる可能性がある
  5. 訪日外国人・インバウンド顧客の囲い込み
  6. 1つの端末でさまざまなキャッシュレス決済に対応
  7. POSシステムとの連携で顧客情報の蓄積

それぞれのメリットについて、解説します。

1. レジ会計業務の効率化

現金のみで支払いを行う店舗の場合は釣銭の用意や計算・お釣りの手渡しといった業務が発生します。

キャッシュレス決済端末を導入すればQRコードやICカードをかざすだけでタッチ決済ができたり、クレジットカード決済にも対応しているため会計業務を短縮できます。

そのためスタッフの業務負担が減少することでほかの業務に時間を割けるようになり、会計スピードも早くなることで顧客満足度の向上にもつながります。

2. 不正・防犯対策につながる

キャッシュレス決済端末を導入すれば現金で決済を行う必要がなくなるため、店舗で現金を扱う機会も少なくなります。

そのため仮に強盗が入ったとしても被害にあう金額は大きく減らせることができるでしょう。また店舗スタッフが現金を不正に持ち出すリスクも軽減できます。

現金の盗難や横領などのリスクも下げることができるため、キャッシュレス決済端末の導入は防犯対策の一環にもなるでしょう。

3. 非接触で衛生的な会計業務

コロナ禍により非接触の支払い方法が普及しました。2023年3月には政府によるマスク不要の呼びかけもあり、コロナ禍は実質終息したといえますが、現金で支払いを行う場合はお札や小銭に直接触れることになり、今でも少し不安だという人はいるでしょう。

キャッシュレス決済端末で支払いができれば顧客との金銭の受け渡しは発生しないため、衛生的なレジ会計業務の実現ができ、感染症対策にもつながるでしょう。

4. 顧客単価が高くなる可能性がある

キャッシュレス決済の場合は現金と比較して顧客単価が上がりやすいともいわれています。手元に現金がなければ商品を購入することはできませんが、キャッシュレスの場合は現金不要で購入ができるため購買意欲が高まりやすいといえます。人間には「将来の支出を過小評価する」という心理があり、これも客単価が高くなる理由です。

5. 訪日外国人・インバウンド顧客の囲い込み

キャッシュレス決済端末を導入することで、日本人だけでなく訪日外国人の顧客を囲い込むことも可能です。海外向けのECサイトを運営している越境ECと掛け合わせてO2Oにも効果的です。

6. 1つの端末でさまざまなキャッシュレス決済に対応

キャッシュレス決済端末の場合、クレジットカード決済や電子マネー決済など複数の決済方法をひとつの端末で済ませられます。

7. POSシステムとの連携で顧客情報の蓄積

さらにPOSレジPOSシステムと連携をすることで顧客のデータを元に分析を行い、店舗の集客にもつながります。

キャッシュレス決済端末を導入するデメリット・注意点

キャッシュレス決済端末を導入するのにはさまざまなメリットがある反面、デメリットや注意点があるのも事実です。

スタッフに操作方法を覚えてもらう必要がある

キャッシュレス決済端末を導入する場合は操作方法を覚えてもらう必要もあり、それぞれの支払い方法に合わせた操作方法を理解してもらう必要があります。

スタッフによっては決済端末の操作方法を覚えるのも時間がかかるため、事前にマニュアルなども整備し従業員が理解できる状態を作っておきましょう。

現金管理・決済手数料は店舗負担になる

キャッシュレス決済端末の導入を行うと現金管理だけでなくキャッシュレスの管理も行う必要が出てきます。入金サイクルも支払い方法によって異なるため、現金とは別でキャッシュレス決済の管理も行う必要があり、やや手間が増えてしまうかもしれません。

またキャッシュレス決済端末の導入には初期費用だけでなく、決済手数料(2~3.5%前後)が発生します。この決済手数料は店舗側の負担となるため、店舗利益に影響します。

月間の売上がいくらでどれくらいの手数料が発生するのかは、事前に想定しておきましょう。

売上は即時入金されないことが多い

キャッシュレス決済で支払いを行った場合には現金とは異なり、売上は即日反映はされません。

一般的な入金サイクルは月に2回前後、サービスによっては翌日入金といった場合もありますが、資金がないと店舗側の支払いが滞る可能性もあります。

そのためキャッシュフローの流れは正確に把握するようにしておきましょう。

キャッシュレス決済端末の3つの比較ポイント

決済端末の選び方

キャッシュレス決済端末の導入を検討している方は決済端末の形式、導入・運用費用、決済手数料、対応している決済方法の4点を確認しましょう。

決済端末の形式

前述のとおり、キャッシュレス決済端末には大きく分けてカードリーダー型とオールインワン型の2種類があります。また、オールインワン型の中にも店舗に設置するタイプの据置型と、持ち運びができるモバイル型の2種類があります。

安価かつ小型がよい場合はカードリーダー型、移動の必要がない店舗の場合はオールインワン型の中でも据置型、キッチンカーやイベント会場など持ち運びをしたい場合はモバイル型、というように各端末の形式を把握して店舗に合ったものを導入するのが良いでしょう。

導入・運用費用

費用の種類概要
初期費用サービス導入時に発生する費用
月額料金決済サービス・システムの利用にかかる月額料金
決済手数料決済利用時の取引額に応じて発生する費用取引額の数%ほどであることが多く、支払い方法ごとに割合が決まっている
トランザクション費用決済データ処理を行う際に発生する費用で、取引回数ごとに発生
振込手数料クレジットカード決済による売上が、クレジット会社や決済代行会社から自社口座に振り込まれる際にかかる手数料
キャッシュレス決済の導入・運用費用の内訳

固定の初期費用や運用費用だけでなく、決済のたびにかかる手数料にも注目することが大切です。特に、キャッシュレス決済の受付回数が多くなるほど手数料がかさむため注意が必要です。

決済手数料

決済方法クレジットカード決済電子マネー決済QRコード決済キャリア決済
決済手数料3~5%3~4%0~3%5~10%
キャッシュレス決済の各決済方法の決済手数料の相場

上述でも触れたようにクレジットカード決済と同様にキャッシュレス決済も利用する度に、購入金額に応じて店舗側が手数料を負担することになります。

決済手数料は提供している企業によって異なる場合もあるため、各社の手数料は比較しながら検討を進めましょう。

対応している決済方法

決済方法利用者の状況導入におすすめな店舗
クレジットカード決済30代以上の
富裕層
クレジットカード決済になじみのある世代をターゲットとした小売店、客単価の高い飲食店、美容室
交通系電子マネー決済電車・バスをよく利用する10~20代客単価が低い駅近くのコンビニなどの小売店
流通系電子マネー決済30~50代の主婦層スーパーやコンビニなどの日用品を取り扱う小売店、ショッピングモール内の店舗
QRコード決済18~29歳の若者・学生客単価が比較的低い若者向けの飲食店、美容室
キャリア決済クレジットカードを持たない10~20代無形商品を取り扱うネットショップ
各決済方法の利用者層と導入におすすめの店舗

通勤経路やオフィス街の店舗であれば交通系電子マネー、ショッピングモール内の店舗、スーパー、日用品などを扱うお店などであれば流通系電子マネーに対応しているものにするなど、店舗の顧客層を見ながらどの決済方法に対応しているのが良いかを考えることが重要です。決済端末の中には、クレジットカードやICカード・QRコード決済などさまざまな決済方法に対応しているマルチ決済端末もあります。対応している決済方法が多いほどターゲットにできる顧客層は広がるため、事前にどのような決済方法に対応しているかを確認しておきましょう。

キャッシュレス決済端末にあると便利な付帯機能

ここでは、キャッシュレス端末にあると便利な付帯機能をご紹介します。

POSレジ

POSレジとはPOS機能を備えたレジのことであり、会計作業と同時に在庫管理、オーダーエントリーシステムとの連携を行うことができます。

POSレジ機能のメリットは、POSレジの販売金額を決済端末へスムーズに受け渡しができることです。
金額情報の二度打ちで煩雑であったレジの会計業務が早くなるだけでなく、金額の打ち間違いを防ぎ、正確に効率良く会計処理を行うことができます。

定期課金(サブスク)

定期課金(サブスク)とは、月額制のサービスや定期購入などの定額プランの引き落としなど、一定間隔で継続的に発生する料金の徴収に利用する決済方法のことです。この機能があると、顧客がお店に訪れた際にクレジットカード決済端末機で初回決済(クレジットカード決済の登録)を行ってもらうことで、2回目以降は店舗側の作業のみで継続的な課金ができます。定期的に商品サービスを販売したい店舗、月謝制のお教室や会員制サービスなどの集金をしたい店舗におすすめです。

オンライン決済

オンライン決済は、キャッシュレス決済の一つでECサイト等でクレジットカード情報を入力したり様々な決済を選択できます。電話などで注文を受けて商品を発送する場合にこの機能があると便利です。

ネットショップ

実店舗での商品やサービスの販売だけでなく、ネットショップやECサイトで自社商品の販売を考えている場合は、ネットショップでの決済も一緒に管理できる決済端末が便利です。

予約の受付・管理

飲食店・美容院などのサロンや、音楽や塾などの教室の場合、予約の受付・管理機能があると便利です。キャッシュレス決済サービス会社によっては、アカウントひとつで予約システムも構築できるキャッシュレス決済サービスもあります。

キャッシュレス端末の主要5社を比較

ここでは、主要なキャッシュレス決済端末5社それぞれの特徴をピックアップしてご紹介します。

Square

  • 決済の入金は最短翌営業日!入金サイクルが短い
  • 月額固定費・振込手数料が無料
  • 最短​当日から​利用開始可能

Squareの決済サービスはSquare決済と呼び、店舗決済を中心とするキャッシュレス決済のサービスです。Squareは初期費用は​0円で固定費も​かからないため導入コストを​極力抑えて手軽に​始めることができます。

stera pack

  • キャッシュレス決済方法30種類以上に対応
  • 無料プランとスタンダードプランの選択が可能
  • 会員証アプリでお客様のリピート来訪を促進可能

stera packはstera terminalという決済端末を利用したキャッシュレス決済サービスです。決済種類は30種類以上あるので、希望の決済手段に対応することが出来ます。VISAとMasterCardのクレジットカードの決済手数料はこの5社の中で最も安いです。ただし月額利用料が3,300円かかります。

STORES決済

  • 医療、理容室・床屋、クリーニング等一部業種はクレジットカード決済が特別料率に
  • 初期費用・固定費0円
  • 自動入金または売上10万円以上で入金時の振込手数料が無料

STORES決済は、業界最安水準の決済手数料でキャッシュレス決済が利用可能です。特に交通系ICカードの決済手数料が業界最安水準である1.98%です。また、一部の業種は専用フォームから申請するとクレジットカード決済が特別料率で利用できます。

Airペイ

  • 3.24%の手数料
  • Apple Payにも対応
  • 振込手数料はどの銀行でも0円

Airペイはさまざまな決済をiPadまたはiPhoneとカードリーダー1台で決済可能です。また、決済手数料は業界最安水準の3.24%、かつ月額固定費・振込手数料は0円です。この五社の中では唯一Apple Payにも対応しています。

スマレジ・PAYGATE

  • プリンター内蔵のためプリンターが不要
  • 充電式でコードレスのため端末の持ち運びが可能
  • iPad、iPhoneのクラウドPOS連携でレジ金額の二度打ち不要

スマレジ・PAYGATEは端末一台のみでキャッシュレスに対応可能です。スマホのような簡単な操作のためレジでのオペレーション作業もスムーズになります。現在は、通常30,800円の決済端末機器が0円になるキャンペーンが開催されています。

キャッシュレス決済端末11選の導入費用・手数料を比較

ここではキャッシュレス決済端末の導入費用・手数料を比較します。特徴や対応している決済方法なども異なるため、導入する際には確認をしてください。

サービス名イメージ初期費用月額費用周辺機器入金サイクル導入目安決済手数料電子マネーQRコード対応OS屋外決済
Square決済(スマホでタッチ決済)無料~
0円 ※無料お持ちのスマートフォンで
(iPhone・android)
最短翌日最短翌日【期間限定】飲食業の新
規のお客様は1か月0円

3.25%~
※手数料引下げ
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/iD
QUICPay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
Square Terminal無料~
※30日返品OK
0円 ※無料タブレット不要
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応

電子レシート発行
最短翌日最短翌日【期間限定】飲食業の新
規のお客様は1か月0円

3.25%~
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/iD
QUICPay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
stera pack0円 ※無料お試し:0円 13か月目まで無料
※14か月目以降スタン
ダードプランに切替
スタンダード:3,300円(税込)
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応
最大月6回or月2回1ヶ月~お試し:3.24%
スタンダード:2.70%
iD/楽天Edy
nanaco/WAON
QuicPay/交通系ICカード
タッチ決済
楽天Pay/d払い
PayPay/メルペイ
auPAY/ゆうちょPay
iOS
Android
スマレジ・PAYGATE0円 ※無料
通常 39,600円
プレミアム:5,500円(税込み)
※その他プランあり
不要
レシートプリンター内蔵
【月2回】
※末締め翌15日
15日締め当月末払い
1~1.5か月3.24%
からさらに引き下げ
※割引キャンペーン中はこちら
iD/WAON/nanaco
楽天Edy/QUICPay
交通系ICカード
PayPay/楽天Pay
au PAY/メルペイ
LINE Pay/D払い
Wechat Pay/ALIPAY
Android
楽天ペイターミナル34,800円→0円
※無料キャンペーン中
0円 ※無料レシートプリンター内蔵
電子サイン対応
最短翌日自動入金
※入金先が楽天銀行の場合
最短6日2.95%~交通系ICカード
Apple Pay
主要6ブランドの
クレジットカード
Qucik Pay/楽天Edy
nanaco/WAON
楽天ペイ
auPAY
Android
PayCAS Mobile0円※無料 
通常 78,800円 
1,980円~(通信費含む)
※通常4,000円〜
不要
レシートプリンター内蔵

Android™ OS採用で
業務アプリ搭載可能
【月2回】
※15日締め当月末払い
当月末締め翌月15日払い
1カ月PayPay:2.8%
カード決済:2.8%〜3.24%
※PayPayからお申込み限定
特別セットプラン
交通系電子マネー
楽天Edy/nanaco
Waon/Apple Pay
iD/Google Pay
QUICPay
PayPay/au Pay
d払い
メルペイ/楽天ペイ
J-Coin Pay
AliPay/WeChat Pay
銀聯QR/JKOPAY
iOS
Android
squareレジスター端末費用のみ0円※無料
POSレジ内蔵
スタッフ用とお客様用の2画面
最短翌営業日最短即日【期間限定】
飲食業の新
規のお客様は1か月0円

3.25%
iD3.75%
交通系ICカード(PiTaPaを除く)
およびQUICPayによる決済
PayPayiOS
Android
×
JMS おまかせサービス Webプラン0円 ※無料0円 ※無料
※端末機により
異なる
タブレット:不要・月2回
無料
・月6回
198円(税込)/振込毎
約4~6週間3.24%~交通系ICカード
Apple Pay/Google Pay
ID/QUIC Pay
nanaco/WAON
楽天Edy/タッチ決済
PayPay/d払い
楽天ペイ
Alipay+
WeChat Pay
Smart code
iOS(J-Mups II Pocket)
CASHIER PAYMENT A9200円2,000円ドロアー
クレードル
無線スキャナー
自動釣銭機(新紙幣対応)
2.8%~Suica/PASMO/Kitaca/
manaca/ICOCA/toica/
SUGOCA/nimoca/
はやかけん/iD/
WAON/EDY/nanaco
d払い/PayPay/
R PAY/au PAY/
m PAY/ゆうちょPay/ALIPAY/
We Chat Pay
Android
Airペイ(エアペイ)0円 無料
※通常19,800円
0円 ※無料iPad:0円
カードリーダー:0円
※条件を満たすと0円
レシートプリンター:別売
※2万円~
月3回or月6回1週間~1ヶ月3.24%交通系ICカード
Apple Pay/iD
QUICPay
ポイント系等36種
d払い/PayPay
LINE Pay
au Pay/J-Coin Pay
WeChat Pay
union Pay/Ali Pay
iOS
※申請時に書類必要
※無料キャンペーンは各企業で期間が設けられている場合があるため詳細は公式ページをご確認ください。

Square決済

個人おすすめ最短翌日入金/4つの費用が0円/月額無料/屋外決済対応
Square決済紹介画像の1枚目
  • 4つの無料:月額・振込/払戻し/チャージバック手数料が0円
  • クレジット/QR/電子マネー対応・店頭やイベントなど屋外も場所を問わず決済が可能
  • アカウント1つで無料POSレジ・ネットショップ・事前決済継続課金を1つに
  • スマホ1つで簡単キャッシュレス・最短翌日入金
  • 今なら1か月間手数料が無料になるキャンペーンを実施中!
初期費用月額費用手数料内容

4,980円

※30日返品OK

無料

振込・払戻し手数料:無料

決済手数料:3.25%~

POSレジアプリは無料で利用可能です。

決済手数料が引下げ

JCB 3.95% → 3.25%・QUICPay 3.75% → 3.25%

stera pack

SMBC×GMO/初期月額0円/手数料2.70%~個人おすすめ入金最大6回/30種以上で決済対応
stera pack紹介画像の1枚目
  • 初期月額0円でQRコード/電子マネー/クレジットなど30種以上の決済手段を1台で
  • 業界最安水準の決済手数料2.70%~/周辺機器が不要のオールインワン端末
  • 販促アプリでクーポン配布・Webプッシュを標準搭載・店舗集客まで完結
  • 個人おすすめ最大入金6回/月&振込手数料0円/飲食/美容/小売の複数店舗も利用
  • レシートプリンター内蔵/電子サインで紙伝票が不要/VISA世界水準のセキュリティ
プラン名初期費用月額費用手数料内容
お試しプラン

0円

0円

※1年無料

決済手数料

3.25%~

■入金サイクル

月6回(2営業日後払い)

月2回(15日/2営業日後払い)

■クレジットカード

Visa・Mastercard ※タッチ決済対応

■電子マネー

ID/楽天Edy/Nanaco/Waon/交通系ICカード

■QRコード

LINE Pay/Rpay/d払い/PayPay/メルカリペイ/auPay/ゆうちょPay

スタンダード

0円

3,000円~

決済手数料

2.70%~

上記と同様

楽天ペイ ターミナル

いまなら端末0円/決済手数料2.95%~/一体型マルチ決済
楽天ペイ ターミナル紹介画像の1枚目
  • 楽天ペイアプリは顧客満足度No.1(QRコード決済業種主要6指標全てで1位)
  • QRコード決済利用者&楽天ペイユーザー増加中
  • 様々な決済方法を一度に導入可能!さらに決済手数料2.95%~
  • 新規楽天ポイントカードパートナー初期費用0円キャンペーン中
  • 別途のプリンター接続不要!スムーズにレシートをお渡しすることが可能!
初期費用月額費用手数料内容

34,800円

※今だけ0円(無料)

0円 ※無料

2.95%~

レシートプリンター内蔵

モバイル通信(4G LTE)・Wi-Fi対応

楽天ポイントパートナー加盟可

スマレジ・PAYGATE

今なら端末0円/持ち運び/プリンタ内蔵/QR/電マネ/POS連携
スマレジ・PAYGATE紹介画像の1枚目
  • 今なら端末代金0円&決済手数料3.24%が安くなるキャンペーン中※
  • クレカ/QR/電子マネー対応・プリンタ内蔵型のオールインワンで周辺機器不要
  • テーブル決済/移動販売/デリバリー/イベントも可能・持ち運び式で個人おすすめ
  • スマレジPOS連携で端末から金額入力で二度打ち不要/売上集計/レジ作業も1台で
  • POS/在庫連携で飲食店以外の雑貨・アパレルなど小売業界もおすすめ
初期費用月額費用手数料内容

・端末費用

39,600円(税込)

※限定0円

プレミアム5,500円

※その他プランあり

3.24%~

※割引キャンペーン中

・クレジット

VISA/Mastercard/Discover

American Express/JCB

Diners Club/UnionPay

・対応電子マネー

ID/WAON/nanaco

楽天Edy/QUICPay

交通系ICカード

・QRコード

PayPay/楽天Pay/au PAY

メルペイ/LINE Pay/D払い

Wechat Pay/ALIPAY

PayCAS Mobile

あらゆる決済を端末1台に/決済手数料2.8%〜/持ち運び可能/レシートプリンター搭載
PayCAS Mobile紹介画像の1枚目
  • 端末1台で、クレジット・QRコード・電子マネーに対応可能なマルチ決済端末
  • 特別セットプランで端末費用0円、月額費用1,980円~、決済手数料2.8%〜
  • 大画面タッチパネルだからスマホ感覚で操作ができる
  • SIM対応・大容量バッテリー搭載でどこでも持ち運び決済可能
  • POS・モバイルオーダー・勤怠管理などの業務アプリ搭載可能
  • PayPay加盟店向け資料はこちら
初期費用月額費用手数料内容

無料(端末無料)

1,980円(税別) ~

2.8%(税別)~

■対応決済
QRコード決済
クレジット
タッチ決済
電子マネー
交通系電子マネー
■特徴
コードレス端末
プリンター内蔵
業務アプリ連動可能

JMSおまかせサービス Webプラン

安全・安心のキャッシュレス決済/最安水準の手数料率/導入費用0円
JMSおまかせサービス Webプラン紹介画像の1枚目

  • 手数料率が最安水準
  • お店にあわせて選べる端末機、初期費用0円(無料)端末あり
  • サポート体制充実(対面/電話)
  • インバウンドにも対応できる71種類の決済ブランド
  • POSレジとの連動も可能
初期費用月額費用手数料内容

0円 ※無料

0円 ※無料
※端末機により異なる

3.24%~

・VEGA3000
決済から売上票印字までオールインワン
・J-MupsⅡPocket
iPad・iPhoneと接続して利用

CASHIER PAYMENT

初期&月額0円オールインワン決済/POS連携/アナログレジも可
CASHIER PAYMENT紹介画像の1枚目
  • 端末費用(初期費用)も月額利用料も0円でマルチ決済端末を利用可能
  • CASHIER POSレジ/セルフレジ/タッチパネル券売機との連携が可能 
  • キャッシュレス環境を構築して販売機会を失わず、売上拡大に繋がる 
  • ポータブル型ならレジカウンターのみならず、テーブル決済イベント・野外での利用も 
  • レシートプリンター内蔵のオールインワン端末だからその他周辺機器が不要
初期費用月額費用手数料

0円~

0円~

3.24%~

Squareターミナル

30日返品OK/個人おすすめ翌日入金/月額0円/持ち運び&プリンタ内蔵
Squareターミナル紹介画像の1枚目
  • レシートプリンタ一体型/周辺機器不要で初期費用が安い/月額・解約・振込手数料0円
  • 持ち運び可能でレジ横以外の座席・屋外・移動販売での決済にもおすすめ
  • タッチパネルでPOSレジの操作も電子レシートの発行も可能
  • PayPay/電子マネー/クレジット/タッチ決済対応
  • 開封後も30日以内返品OK・個人おすめ最短翌日入金&即日利用開始
  • 今なら1か月間手数料が0円になるキャンペーンを実施中!
初期費用月額費用手数料内容

無料~

※Square登録無料

※30日返品可能

0円

決済手数料:3.25%~

振込手数料:0円

払い戻し手数料:0円

解約費用:0円

■対応決済

ICカード・電子マネー

タッチ決済・クレジット

QRコード決済

■特徴

屋外決済/移動販売

最短翌日入金

無料でPOSレジ/在庫管理

請求書発行/継続課金

Square リーダー

30日返品OK/翌日入金で個人おすすめ/スマホ簡単接続/無料POSレジ
Square リーダー紹介画像の1枚目
  • 最短翌日入金で個人事業主にもおすすめ・30日返品OK
  • ICカード・電子マネー・タッチ決済など豊富な支払い方法に対応
  • 月額0円・振込・販売手数料は0円/スマホで簡単に利用可能
  • EMVおよびPCI準拠の基準をクリアしてセキュリティ面も安心
  • 1アカウントで無料ネットショップ・POSレジ・Web請求書も利用
  • 今なら1か月間手数料が0円になるキャンペーンを実施中!
初期費用月額費用手数料内容

4,980円(30日返品OK)

0円

決済手数料:3.25%~

振込手数料:0円

払い戻し手数料:0円

■対応決済・連携システム

クレジットカード

電子マネー対応

無料POSレジ

ネットショップ作成ソフト

Airペイ

振込手数料・月額固定費・初期費用※0円/QR/電マネ/最大月6回入金/POS連携
Airペイ紹介画像の1枚目
  • 初期費用&月額固定費0円・iPadとカードリーダーの無償貸与キャンペーン実施中
  • QRコード/電子マネー/クレジット/タッチ決済など36種以上の支払いに対応
  • 個人/小規模店舗おすすめ振込手数料0円/月に最大6回入金でキャッシュフロー安定
  • 持ち運びも可能で移動販売/屋外&テーブル決済/決済手数料は業界最安水準
  • 無料POSレジアプリ”Airレジ”インストールで注文~売上管理もひとつで完結
初期費用月額費用手数料内容

0円 ※無料

0円 ※無料

3.24%~

■クレジット

VISA/Mastercard/American Express/JCB/Diner/Discover

■電子マネー

交通系ICカード/ID/Apple Pay/Quic Pay

■QR決済

d払/PayPay/LINE Pay/au Pay/WeChat Pay/union Pay/Ali Pay

QRコード・スマホ決済端末おすすめ2選の導入費用・手数料を比較

ここではQRコード決済アプリの導入費用・手数料をで比較して紹介します。クレジットカード決済や電子マネー決済の次に多くなっているアプリを使った決済方法を利用する顧客も増加しているため、導入を検討してみてください。

stera pack

SMBC×GMO/初期月額0円/手数料2.70%~個人おすすめ入金最大6回/30種以上で決済対応
stera pack紹介画像の1枚目
  • 初期月額0円でQRコード/電子マネー/クレジットなど30種以上の決済手段を1台で
  • 業界最安水準の決済手数料2.70%~/周辺機器が不要のオールインワン端末
  • 販促アプリでクーポン配布・Webプッシュを標準搭載・店舗集客まで完結
  • 個人おすすめ最大入金6回/月&振込手数料0円/飲食/美容/小売の複数店舗も利用
  • レシートプリンター内蔵/電子サインで紙伝票が不要/VISA世界水準のセキュリティ
プラン名初期費用月額費用手数料内容
お試しプラン

0円

0円

※1年無料

決済手数料

3.25%~

■入金サイクル

月6回(2営業日後払い)

月2回(15日/2営業日後払い)

■クレジットカード

Visa・Mastercard ※タッチ決済対応

■電子マネー

ID/楽天Edy/Nanaco/Waon/交通系ICカード

■QRコード

LINE Pay/Rpay/d払い/PayPay/メルカリペイ/auPay/ゆうちょPay

スタンダード

0円

3,000円~

決済手数料

2.70%~

上記と同様

PayCAS Mobile

あらゆる決済を端末1台に/決済手数料2.8%〜/持ち運び可能/レシートプリンター搭載
PayCAS Mobile紹介画像の1枚目
  • 端末1台で、クレジット・QRコード・電子マネーに対応可能なマルチ決済端末
  • 特別セットプランで端末費用0円、月額費用1,980円~、決済手数料2.8%〜
  • 大画面タッチパネルだからスマホ感覚で操作ができる
  • SIM対応・大容量バッテリー搭載でどこでも持ち運び決済可能
  • POS・モバイルオーダー・勤怠管理などの業務アプリ搭載可能
  • PayPay加盟店向け資料はこちら
初期費用月額費用手数料内容

無料(端末無料)

1,980円(税別) ~

2.8%(税別)~

■対応決済
QRコード決済
クレジット
タッチ決済
電子マネー
交通系電子マネー
■特徴
コードレス端末
プリンター内蔵
業務アプリ連動可能

キャッシュレス端末は自店の客層や目的軸に選ぼう

2021年の東京オリンピックやコロナ禍などにより、日本でもキャッシュレス決済が急速に普及・定着しました。

現在は、新型コロナウィルスの感染拡大がやや落ち着きをみせ、海外からの観光客数もコロナ前の水準まで復活してきました。キャッシュレス決済は、インバウンド需要で今後も拡大していくことが予想されています。

これから導入するという方は、自店の客層、自店で獲得したい客層を明確にし、それに合ったキャッシュレス端末を選ぶのが良いでしょう。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

キャッシュレス決済端末の手数料や支払方法を比較!売上アップにつながる端末の選び方のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved