キャッシュレス・モバイル決済端末比較15選|補助金で導入無料の理由・おすすめメーカーと種類・価格

最終更新日:
2020/02/17

キャッシュレス決済端末とは

キャッシュレス決済端末とはクレジットカード決済や電子マネー決済などさまざまな決済方法に対応した端末を指します。さまざまな業界で利用されており、日本は海外と比較するとキャッシュレス化が遅いですが、政府もキャッシュレス化を推進しています。

今回はキャッシュレス・モバイル決済端末が補助金などで無料になる理由、店舗におすすめの決済端末を紹介していきます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 000000021041.png です

キャッシュレス決済端末の4つの種類

キャッシュレス決済端末には大きく4つの決済の種類があります。

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済
  • アプリ決済
  • キャリア決済

日本ではクレジットカード決済が約5割を占めており、これまではCAT端末が一般的な決済端末でした。

しかし現在は電子マネーやキャリア決済・モバイル決済といった電子決済も徐々に増え、さまざまな決済手法に対応できるマルチ決済端末もあります。

キャッシュレス決済端末の5つのメリット

  • 1つの端末でさまざまなキャッシュレス決済に対応
  • 訪日外国人・インバウンド顧客の囲い込み
  • レジ会計業務の効率化・人件費の削減
  • POSシステムとの連携で顧客情報の蓄積
  • リピーター獲得によるマーケティング施策の展開

キャッシュレス決済端末を導入することで上記のような5つのメリットを受けることが可能です。キャッシュレス決済端末には、クレジットカード決済や電子マネー決済など複数の決済方法を1つで済ませることが可能です。

またキャッシュレス決済端末を導入することで、日本人だけではなく訪日外国人の顧客を囲い込むことも可能です。海外向けのECサイトを運営している越境ECと掛け合わせてO2Oにも効果的です。

またキャッシュレス決済端末はレジ会計業務の効率化が可能で人件費も削減することができます。さらにPOSレジPOSシステムと連携をすることで顧客のデータを元に分析を行い、店舗の集客にもつながります。

キャッシュレス決済端末が導入補助金で無料の理由

ここではキャッシュレス決済端末を導入する際に補助金で無料になる理由について紹介をします。現在、キャッシュレス決済端末を導入しようか悩んでいる方はこの機会に導入をしてみてはいかがでしょうか。

政府も推進するキャッシュレス対応

キャッシュレス決済端末が導入補助金で無料の理由ですが、日本は海外に比べるとキャッシュレス化が遅れています。しかし政府は2025年度までにキャッシュレス決済の比率を40%まで上昇させるとしています。

その際にキャッシュレス決済端末を導入しようと考えている事業者には、キャッシュレス消費者還元事業という方策があり、2020年の4月まで初期費用や月額費用が無料になり、決済手数料が下がるなどさまざまな支援が行われています。

2020年4月まで延長、キャッシュレス・消費者還元事業

政府が推進しているキャッシュレス化ですが、中小規模の消費者還元事業の支援内容は以下のようになっています。

  • 実質2.16%以下に決済手数料が下がる
  • 決済端末と設置費用は無料
  • 消費者還元ポイント5%

キャッシュレス化に対応することで、顧客が店舗で購入する機会が増加し売上を上昇させることも可能です。

さらにリピーターを増やすことも可能になるため、導入をするメリットは豊富にあります。本来であれば費用のかかる決済端末ですが、今であれば無料で設置をすることも可能ですので、是非この機会に導入してみてください。

おすすめキャッシュレス決済端末の価格・手数料比較10選

ここではキャッシュレス決済端末の価格・手数料を比較しながら紹介をします。特徴や対応している決済方法なども異なるため、導入する際には確認をしてください。

Air PAY(エアペイ) – 株式会社リクルートライフスタイル

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-28-18.34.40-1024x523.png です
  • 全ての決済方法を1台のカードリーダーで対応
  • 導入・運用費用が無料
  • 消費者還元事業者登録で実質2.16%

Air PAY(エアペイ)は全ての決済方法を1台のカードリーダーで対応をしています。対応している決済方法はクレジットカード決済、アプリ決済、電子マネー決済の3種類で、初期費用や月額費用は無料です。本来の決済手数料は3.24%~3.74%ですが消費者還元事業者登録で実質2.16%まで下がります。

初期費用月額費用決済手数料
無料無料3.24%~3.74%
対応決済方法クレジットカード決済、アプリ決済、電子マネー決済

Air PAYの無料申し込みはこちら

Square(スクエア) – Square株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-08-20.10.35-1024x496.png です
  • シンプルな決済端末
  • 登録・入金が直ぐ
  • 誰でも使える料金体系

 Square(スクエア)は無料で導入することが可能です。シンプルな決済端末で簡単に操作することが可能です。登録や入金がすぐに対応されるため、最短で当日から運用することが可能です。売上の入金も最短で翌日に行われます。

初期費用月額費用決済手数料
無料無料3.25%~

今なら実質0円のSquareの無料登録はこちら

Times PAY(タイムズペイ) – パーク24株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-28-18.36.08-1024x570.png です
  • 還元事業登録で機器3点が無料
  • 振込手数料無料
  • 年中無休のコールセンター

Times PAY(タイムズペイ)では35,000円する機器ですが、還元事業登録で機器3点が無料です。月額費用は無料で決済手数料は3.24%~3.74%ですが、消費者還元事業者登録をすることで下がります。対応している決済方法はクレジットカード決済、電子マネー決済の2種類です。

初期費用月額費用決済手数料
35,000円(今だけ0円)無料3.24%~3.74%
対応決済方法クレジットカード決済、電子マネー決済

初期費用0円のTimes PAYの申し込みはこちら

マルチ電子マネーサービス – ヤマトフィナンシャル株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は マルチ電子マネーサービス-ヤマトフィナンシャル株式会社-1024x609.png です
  • レンタルで利用したい方におすすめ0
  • 契約1つで各電子マネーを導入可能
  • イベントなどさまざまな場所で利用可能

マルチ電子マネーサービスは初期費用や月額費用などを問い合わせる必要があります。端末だけあれば外でも利用することが可能なため、レンタルで利用したい方におすすめでイベントなどさまざまな場所で利用することが可能です。契約1つで各電子マネーを導入することが可能です。

初期費用月額費用決済手数料
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ
対応決済方法電子マネー決済

詳細はこちら:https://www.yamatofinancial.jp/emoney_rental01/

Coiney(コイニー) – コイニー株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-28-18.34.51-1024x452.png です
  • 事業の申請をCoineyだけで可能
  • 決済端末を無償提供
  • 消費者還元事業者登録で実質2.16%

Coiney(コイニー)は初期費用が19,800円かかりますが、今だけ決済端末を無償提供してもらうことが可能です。事業の申請をCoineyだけで済ませることが可能で、対応している決済方法はクレジットカード決済、交通系電子マネー決済の2種類があります。

初期費用月額費用決済手数料
19,800円(今だけ0円)無料3.24%~3.74%
対応決済方法クレジットカード決済、交通系電子マネー決済

詳細はこちら:https://coiney.com/

PAYGATE Station – 株式会社ロイヤルゲート

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-28-18.36.21-1024x517.png です
  • 安全なカード決済
  • 拡張性のある決済端末
  • 多様な連携API

PAYGATE Stationは費用や決済手数料は問い合わせる必要がありますが、クレジットカード決済では暗号化されるため、店舗側と顧客側の両方が安心して利用することができます。また拡張性があるため、必要な機能を取り入れたり、システムと連携を結ぶことでデータ分析を行うことも可能です。

初期費用月額費用決済手数料
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ
対応決済方法クレジットカード決済、電子マネー決済、アプリ決済、QRコード決済

詳細はこちら:https://www.paygate.ne.jp/station/

SB Payment Service – SBペイメントサービス株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-28-18.36.42-1024x512.png です
  • 選ばれ続ける安心の実績
  • 豊富な決済サービス
  • 万全のセキュリティ&サポート

SB Payment Serviceの特徴は初期費用や月額費用は決済端末によって異なりますが、決済手数料が低いです。また対応している決済方法もクレジットカード決済、電子マネー決済、アプリ決済、QRコード決済と多く、セキュリティやサポートも万全なのでおすすめです。

初期費用月額費用決済手数料
0円~30,000円0円~20,000円2.0%~
対応決済方法クレジットカード決済、電子マネー決済、アプリ決済、QRコード決済

詳細はこちら:https://www.sbpayment.jp/service/device/

R Pay(楽天ペイ) – 楽天ペイメント株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-12-28-18.35.31-1024x437.png です
  • 主要ブランドに対応
  • お申込みキャンペーンが豊富
  • 対応機種が多い

R Pay(楽天ペイ)の特徴は主要ブランドに対応をしており、申し込みキャンペーンが豊富なので事業によっておすすめのキャンペーンが異なります。また対応している機種が多いのが魅力です。初期費用や月額費用は問い合わせる必要があります。

初期費用月額費用決済手数料
お問い合わせお問い合わせ3.24%~3.74%
対応決済方法クレジットカード決済、アプリ決済、電子マネー決済

詳細はこちら:https://smartpay.rakuten.co.jp/

マルチ決済サービスe-ゲート – 株式会社アプラス

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-05-1.06.56.png です
  • 実績に基づいた確かな信頼
  • 一貫して任せられる
  • 万全のセキュリティ体制

マルチ決済サービスe-ゲートの特徴は、対応している決済方法が他の決済サービス会社よりも多いという点です。国内の決済方法だけではなく中国の訪日外国人の決済方法にも対応をしており、セキュリティ体制も万全で実績も多いため、安心して任せることが可能です。

初期費用月額費用決済手数料
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ
対応決済方法クレジットカード決済、電子マネー決済、
ウォレット決済、プリペイドカード決済、
キャリア決済、コンビニ決済、中国向け決済

詳細はこちら:https://syukin.aplus.co.jp/multi-settlement

iRITSpay(アイ・リッツペイ) – 株式会社アイティフォー

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-05-1.07.18.png です
  • マルチなキャッシュレス決済を1台で実現
  • キャッシュレス決済で必要な多機能を1台に搭載
  • バッテリー搭載モデルで「面前決済」を実現

iRITSpay(アイ・リッツペイ)の特徴はマルチなキャッシュレス決済を1台で実現しており、クレジットカード決済、デビットカード決済、QRコード決済、電子マネー決済に対応をしています。またキャッシュレス決済に必要な機能が搭載されているため、検討してみてください。

初期費用月額費用決済手数料
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ
対応決済方法クレジットカード決済、デビットカード決済、QRコード決済、電子マネー決済

詳細はこちら:https://www.itfor.co.jp/rits/iRITSpay_terminal.html

ポータブルマルチ決済端末 – アルファノート株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-05-1.07.35-1024x475.png です
  • 管理画面で一元管理入金も一括
  • ポータブルだから屋外でも決済可能
  • 多様な決済方法に対応

ポータブルマルチ決済端末の特徴は初期費用が74,800円しますが今だけ無料で提供してもらうことが可能です。管理画面で一元管理することができて、入金も一括して行われるため、おすすめです。多様な決済方法に対応しており、ポータブルだから屋外でも決済することも可能です。

初期費用月額費用決済手数料
74,800円(今だけ0円)お問い合わせ3.24%~
対応決済方法クレジットカード決済、QRコード決済、プリペイドカード決済

詳細はこちら:https://www.alpha-note.co.jp/LP/A8_store/

おすすめのQRコード決済アプリの価格・手数料比較5選

ここではQRコード決済アプリの価格・手数料を5選で比較して紹介します。クレジットカード決済や電子マネー決済の次に多くなっているアプリを使った決済方法を利用する顧客も増加しているため、導入を検討してみてください。

TakeMe Pay – 日本美食株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-05-1.08.46-1024x484.png です
  • 19の決済方法で支払い可能
  • 新たなアプリをダウンロードが不要
  • 一括管理が可能

TakeMe Payの特徴は対応している決済方法が全部で19種類あります。また新たなアプリをダウンロードをする必要がないため、顧客も利用しやすいのが魅力です。さらに一括管理が可能なため、売上を見やすく、確認作業の手間を削減することができます。

初期費用月額費用決済手数料
無料無料3.0%
対応決済方法PayPay、LINE Pay、PayPal、ALIPAY

初期・月額0円のTakeMe Payの詳細はこちら

Cloud Pay(クラウドペイ) – 株式会社デジタルガレージ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-05-1.07.58-1024x278.png です
  • 加盟店での運用の手間を削減
  • 経理業務の省力化
  • 機器導入不要

Cloud Pay(クラウドペイ)の特徴は初期費用や月額費用は無料で対応している決済方法は5種類あります。加盟店での運用の手間を削減することが可能で、経理業務の省力化が可能です。機器を導入する必要がないため、すぐに決済方法を導入することができます。

初期費用月額費用決済手数料
無料無料3.24%
対応決済方法d払い、Alipay connect、支付宝、hk支付宝、その他

詳細はこちら:https://cloud-pay.jp/mpm/

OkuloPay – 株式会社マックスサポート

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-05-1.08.06-1024x441.png です
  • 1つのアプリで多彩なモバイル決済サービスを利用可能
  • 購入機会損失の削減と回転率が向上
  • 中国の情報サイトに店舗情報が掲載

OkuloPayは決済手数料が3%となっており、1つのアプリで多彩なモバイル決済サービスを利用することが可能です。アプリ決済を導入することで購入機会損失の削減と回転率が向上することができます。さらに中国の情報サイトに店舗情報が掲載されるため、売上を上昇させることが可能です。

初期費用月額費用決済手数料
無料無料3%
対応決済方法ALIPAY、WechatPay、UnionPay(銀聨)、アップルペイ(中国版)、paypal

詳細はこちら:http://www.mobile.yayapay.jp/

StarPay – 株式会社ネットスターズ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-05-1.08.22-1024x313.png です
  • 端末を問わないマルチゲートウェイ
  • 決済ブランドの自動識別
  • 複数ブランドの一括契約・一括管理

StarPayの特徴は端末を問わないマルチゲートウェイです。さまざまな端末で決済を行うことができるため、顧客にとっても利用しやすいのが魅力的です。また対応している決済方法も豊富で、決済ブランドの自動識別してくれるため、手間もかかりません。

初期費用月額費用決済手数料
38,000円お問い合わせお問い合わせ
対応決済方法LINE Pay、d払い、PayPay、R Pay、
au PAY、merpay、Origami Pay、
ゆうちょPay、J-Coin Pay、
WeChat Pay、ALIPAY、VIA

詳細はこちら:https://www.netstars.co.jp/starpay/

DigiCash – STAGE株式会社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-05-1.08.37-1024x561.png です
  • 顧客の来店データの分析可能
  • 効果的なプロモーションも可能
  • クーポンやポイントなどの販売促進が売上向上

DigiCashの特徴は費用や決済手数料が全て無料で利用することが可能です。対応している決済方法はお問い合わせる必要がありますが、顧客の来店データを蓄積し、分析することも可能です。またクーポンやポイントなどの販売促進が売上向上をすることもできます。

初期費用月額費用決済手数料
無料無料0%
対応決済方法お問い合わせ

詳細はこちら:https://digicash.jp/company/

端末が実質無料の今がおすすめのキャッシュレス対応

キャッシュレス化は今後も拡大していくことが予想されており、2020年の6月には東京オリンピックが開催されます。その際には訪日する外国人も増加するため、事業の売上を大きく伸ばすチャンスでもあります。

期間を過ぎてしまうと初期費用が高くなり、端末代もかかってしまう可能性が高くなります。店舗のキャッシュレス化で販売機会の拡大を目指しましょう。

この記事にはタグがありません。