POSシステムとは|仕組みと機能・種類別クラウドレジの価格比較10選・5つのメリット

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2019/10/19

POSシステムとは

POSシステムとはPOSレジを中心とした売上集計・分析・在庫管理などが可能な、店舗の販売情報の集計を行うシステムの総称を指します。そのため会計処理を行うレジだけでなく、オーダーエントリーシステムセルフオーダーといった売上プロセスに関わる周辺機器も含みます。

POSはPoint of saleの略で、販売時点情報管理を意味します。ネットワークを経由してタイムリーに情報の集計を行い、店舗経営にすぐに反映させることができるシステムです。

今回はPOSシステムの仕組みや機能、メリットを解説しながら、おすすめのクラウド型POSレジを紹介します。

POSレジの詳細はこちら。

POSシステムの仕組み – 本部・店舗の一元管理で経営戦略

冒頭で紹介したとおりレジ以外の部分も含むPOSシステムの仕組みは、次のようなフローとなります。

  • (1)POSシステムが搭載されたレジ(以下POSレジ)でバーコード情報が読み込まれると、その情報が速やかにクラウドサーバーに送信
  • (2)バーコード情報に沿った商品の名称や価格が、レジ端末に送り返され表示
  • (3)クラウドサーバーに送られた売上情報(顧客の年齢や性別、売れ筋の商品、売れた時期など)がデータベース化
  • (4)売上情報に基づいた販売データが企業に送られ、商品発注や企画に反映

POSシステムを利用することで単に売上情報を集計し、在庫管理が可能になるだけでなく、顧客情報なども分析する仕組みの構築が可能です。

そのため単なる会計だけでなく、さまざまな情報を活用したマーケティング戦略にも活用ができます。

POSシステムの種類を比較

POSシステムを実際に導入するにあたり、種類を把握しておくことは非常に重要です。4種類のPOSシステムをご紹介します。

種類初期費用月額費用保守・メンテナンス
パソコン型POS0~50万円5千~3万円0~2万円
ターミナル型POS50~100万1千円~
タブレット型POS3万~20万円0~2万円0~1万円
  • ターミナルPOS

ターミナルPOSは、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで一般的に使用されているPOSシステムです。

パソコン型のものからハンディ型のものまで、幅広いサイズがそろっています。専門的な機器なため、導入や維持にコストがかかります。専門端末のため、操作性や耐久性に優れており、多少の費用もまかなっていける大型店舗への導入が向いています。

  • パソコンPOS

パソコンPOSとは、パソコンにPOSシステムをインストールして、レジとして使用するものです。普段はパソコンとして使用できますし、すでにパソコンを保有していれば、大きな費用をかけずに導入することが特徴です。

またパソコンが壊れてしまっても、また別のパソコンにシステムをインストールすれば使用が可能ですので、長く同じシステムを使い続けられます。

  • ハンディーターミナルPOS

ハンディーターミナルPOSとは、片手で持てるサイズの端末を利用したPOSシステムです。

発注作業などで動き回る必要のある店舗での利用に適しています。また、逆に店舗が狭く、大きなPOSシステムを設置できない場所でも多く利用されています。小型でバッテリーの持ちもよく、屋外で使用することも可能です。

  • タブレット・モバイル型POS

タブレットPOSは、タブレットやスマートフォンにPOSシステムをインストールして使用するものです。

iPadなど市販の端末によって利用できるPOSレジのアプリは異なります。導入費用が安価で、いつも使用している端末での操作が可能なためPOSレジ初心者でも使いやすく、従業員への教育も短時間で済みます。

タブレット型POSレジのメリット、商品一覧はこちら。

POSシステムの主な5つの機能

POSシステムには具体的にどういった機能が備わっているのでしょうか。商品情報を読み込んでデーターベース化するだけでなく、店舗に必要なさまざま管理機能がPOSシステムにはあります。

売上管理・分析

POSシステムを利用することによって、会計全体の処理をより簡単に行うことが可能です。単にその日の売り上げを計算するだけでなく、支出の管理機能が備わっているPOSシステムもあります。

加えて、店舗毎の売上をリアルタイムに本部で確認することが可能なため、複数店舗運営しているフランチャイズや多店舗展開企業にもおすすめです。

商品・在庫管理

商品情報を読み込むことで、商品の名前・ジャンル・価格を登録し、商品を管理もPOSシステムでは簡単に実現できます。

商品をデータベース化し、常に売り上げと在庫のチェックが可能となるので、売れ筋商品の品切れを起こすことなく仕入れを調整できます。

顧客・オーダー予約管理

どの顧客がどういった商品を購入し、どういった支払いを選択し、またどういった頻度で来店するのかといった顧客情報の管理も可能です。

顧客の好みに合わせたダイレクトメールやクーポンの発行をして、売り上げにつなげることができます。また顧客の好みやに合わせた接客で、顧客の満足度向上に加えて、予約管理システムとの連動、顧客の予約情報管理が簡単できます。

勤怠・シフト管理

POSシステムでは勤怠・シフト管理の機能を有しているものもあり、タイムカードの利用が不要となるのでコスト削減につながります。

スケジュール・出勤管理状況もデータベース化されるので、店舗に行かなくても店舗の代表者が従業員の勤怠を確認できます。

ECサイト連携

ECサイトとレジが連携することで、ネットショップも展開している場合には、売上が実店舗のPOSシステムに反映されます。

また在庫の管理も同様で、ネットショップでの在庫と実店舗での在庫が一括で管理できるため、手間が省けると同時にそれぞれの売上の特徴の分析ができます。

新たな商品展開やO2Oオムニチャネルといったマーケティング施策の検討にもつながります。

POSシステムの5つのメリット

POSシステムの具体的な機能や、利用できる端末などについてご紹介してきましたが、実際にPOSシステムを導入することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからは、多方面にわたるPOSシステムのメリットをご紹介します。

売上集計・レジ会計業務の効率化によるコスト削減

POSシステムがなかった時には、売上の集計を手作業で行わなければなりませんでした。会計の集計は一番大切ですので、人員を配置して2人がかりで行うなど、人手をかける必要がありました。

しかしPOSシステムを利用すれば、バーコードやオーダーエントリーシステムで自動的にレジデータが集計されるため、大幅なコスト削減につながります。

レジ担当者の不正・誤入力防止

POSシステムでは、バーコードを読み込めば売り上げ情報がすべて集計できます。レジ担当者が誤った金額を入力すること基本的にははなくなり、売り上げを不正に調整し、金額の一部を懐に収めるといったことも防止できます。

複数店舗のデータ一元管理

POSシステムによって、本部から各店舗の売り上げや在庫の状況を、リアルタイムに確認できます。店舗からの日報も不要で、在庫の過剰や不足を防ぐことにつながります。

複数店舗の管理を統合的に行う店舗管理システムの詳細はこちら。

顧客・売上のリアルタイム把握と分析

顧客が商品を購入した瞬間から、その顧客の好みや購買傾向を把握できます。商品の購入情報をPOSシステムによって管理することで、常に顧客の最新の動向を確認することが可能です。

顧客データを分析することで、最適なマーケティング施策をいち早くマーケットに反映できるのです。

データ分析によるマーケティングの最適化

POSシステムを用いて、どの商品が売れているのか、在庫の不足や余りが起こりそうな商品はどれか、といったことを徹底的に分析し、事実に基づいた効率の良いマーケティング管理が可能できます。

POSシステムの3つのトレンド

POSシステムの導入には、かつては大企業などコストをかけられる店舗に限らていました。現在はより手軽に導入できる環境が整い利用される場面は増え、技術は日々ニーズに合わせて進化を遂げます。

(1)スマホ普及によるモバイル決済の連携

総務省 – 我が国の情報通信機器の保有状況の推移

近年は急激なスマホ・タブレット端末の普及により、決済方法も変化しています。

こうした背景に合わせて、スマートデバイスや決済サービスとの連携が可能な場合が多いです。今後の日本の労働環境における課題としても、人出不足が深刻なことから会計での効率化は非常に重要です。

モバイル決済などの手段がより浸透することで、会計業務の効率化だけでなく、ポイントやクーポン発行といったデータ活用も今後は期待されます。

(2)低価格が売りのタブレット型POS

上記のタブレット端末の普及に伴い、タブレット型POSも店舗で目にする機会が増えてきました。タブレットPOSの導入は端末とアプリダウンロードで利用開始できるため、簡単で低価格なのが特徴です。

ただし、レジプリンタといった接続端末の準備など、周辺環境を整える必要はあります。

(3)予約~売上を管理 – データ活用によるオムニチャネル戦略

店舗やネットだけでなく、SNSやコールセンターなどあらゆるチャネルで顧客と接点をもつことをオムニチャネルといいます。

POSシステムを使えばさまざまなチャネルを導線として、来店する顧客の流入経路やポイント・購買データの一元管理が可能です。

実店舗での購入情報を受けて、ネットショップではその顧客の好むブランドのクーポンを発行したり、ネットの店舗と実店舗でポイントを連動して管理したりといったサービスを提供できます。

オムニチャネルのメリット・事例詳細はこちら。

おすすめのPOSレジ・システム比較10選

スマレジ

●特徴

  • クラウド型POSシステムで、すぐに利用を始められる
  • 圧倒的な高機能
  • 安全・安心の充実したサポート体制

スマレジは、アカウントを作成するだけですぐにPOSシステムを導入できる、シンプルな利用設定が魅力です。無料で利用できるプランもあるのに、販売から在庫管理まで幅広い機能を、常に最新へとアップデートしているシステムです。

初期費用月額費用無料トライアル
0円~0円~あり

詳細はこちら:https://smaregi.jp/

ユビレジ

●特徴

  • 売り上げ向上に役立つ機能が豊富
  • 導入前後のサポート体制
  • 豊富なシステム連携

ユビレジは、売り上げ向上のために、売り上げ分析を徹底して「経営の見える化」を実現してくれます。また、担当コンサルタントが導入までサポートし、導入後も相談できる環境が整っています。予約システムなどとの豊富なシステム連携も魅力です。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合せ1,500円~あり

詳細はこちら:https://ubiregi.com/

エアレジ

●特徴

  • レジ機能が0円から利用可能
  • 操作が簡単
  • どこにいても売り上げの確認ができる

エアレジでは、レジ機能を0円から利用することが可能で、iPadなどの端末があればすぐに始められます。誰でも簡単に使える操作性を実現し、ミスや無駄を省いた機能となっています。また、在庫の確認がいつでも可能で、売り上げ機会の損失を防ぎます。

初期費用月額費用無料トライアル
0円0円あり

詳細はこちら:https://airregi.jp/

NECモバイルPOS

●特徴

  • 飲食業、小売業、サービス業に対応可能
  • 周辺機器と連動することで販売管理と売り上げ集計を行う
  • 各種外部サービスとの連携が容易

NECモバイルPOSは、各業種での利用が可能で、iPad対応アプリに機能を集約して低価格を実現しています。プリンタなどの周辺機器との連携で、販売・売上の自動集計が可能で、APIを利用すれば電子マネー決済などの新しいサービスを簡単に導入できます。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合せ要問合せあり

詳細はこちら:https://jpn.nec.com/mobile-pos/index.html

USEN Register(Uレジ)

●特徴

  • 多機能×低価格なタブレットPOSレジ
  • スマートなデザインと直感的な操作性
  • 全国にサポート拠点あり

USEN Registerは、タブレットPOSレジとハンディPOSレジを低価格で提供してくれます。iPadならではの直感的な操作性で、初心者でも簡単に利用が開始できます。また、専用ヘルプデスクが365日年中無休でサポートしてくれるので安心です。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合せ要問合せ要問合せ

詳細はこちら:https://usen-pos.com/uregi/

マジレジ

●特徴

  • 必要な機能だけを豊富に取り揃えている
  • シンプルな操作性
  • 導入コストが抑えられる

マジレジは開発30年のノウハウを生かし、不要な機能を排除したPOSシステムを提供しています。一体型なので周辺機器は必要なく、導入コストを抑えることができます。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合せ1,500円~要問合せ

詳細はこちら:https://www.pcpos.co.jp/maji-regi/

はんじょうPOSレジ

●特徴

  • 飲食店経営者の監修で、他社のPOSとは違う特色
  • 不正を徹底的に排除するレジづくり
  • 365日どこにいてもサポートされる

はんじょうPOSレジはタイムカード機能の搭載に加えて、打刻時に写真を撮るなど、飲食店経営者による独自の視点から開発されたシステムが特徴的です。

従業員の不正を防ぐための工夫が細かく設定されています。いつでもサポートセンターへの相談が可能なのも安心です。

初期費用月額費用無料トライアル
298,000円〜10,000円~なし

詳細はこちら:https://www.hanjou-posregi.com/

tenposAir(テンポスエアー)

●特徴

  • スピードのある操作性
  • 多層階店舗にも対応
  • 本部システムサービスもあり、複数店舗の管理が可能

テンポスエアーは店舗に200種類のメニューがあっても、スピードのある操作が可能です。テンキー入力機能もあり、さまざまなシチュエーションに対応しています。

本部システムとの連携機能もあり、店舗数が多いフランチャイズチェーン企業にも利用しやすいPOSシステムです。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合せ10,000円~なし

詳細はこちら:https://tenposair.com/

Tabレジ

●特徴

  • 直感的な画面レイアウト
  • オフラインでも会計が可能
  • シンプルな機器構成

TabレジはこれまでのPOSシステムが苦手と感じていた方にも簡単に使えるように、スマートフォンを使うような感覚になる画面のレイアウトが魅力です。

オフラインでの利用も可能で、非常時にも安心です。AndoroidOS搭載の独自ハードウェアを開発し、余計な機器接続は不要なPOSシステムです。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合せ要問合せなし

詳細はこちら:https://uniaim.co.jp/tabregi/

ブレインレジスター

●特徴

  • 飲食店専用のPOSレジ
  • 月額料金は0円から
  • 万全のサポート体制

ブレインレジスターは飲食店専用のPOSレジです。0円からの月額利用で、必要な機能がすべて利用可能です。電話だけでなく、現地サポート(別途費用あり)も行われているため、口頭では解決が難しいこと内容でも相談できます。

初期費用月額費用無料トライアル
0円~4,900円~あり

詳細はこちら:https://www.blayn.com/

オムニチャネル戦略で重要になるPOSシステム

今後の小売市場におけるオムニチャネルでは、POSシステムが重要な役割を果たします。

顧客に寄り添った接客・商品の提供を行うには、POSシステムをこれからも効率的に利用し、最高のサービスの提供に努め続けなければなりません。

実店舗と同様にそれ以上の買い物をさまざまなチャネルを通し実現できれば、より顧客の満足度が上がります。

また、それぞれのチャネルにおける顧客情報を統合した顧客管理も、POSシステムは可能です。ネットで調べて実店舗で買う、あるいはその逆で、試着をして帰宅後にネットで買うといった、さまざまな購入ルートが考えられる時代です。

全てのチャネルをPOSシステムをとおして一元的に管理し、顧客に最適なメニューオファーやクーポンメルマガの配信を実施し、店舗売上を伸ばしましょう。

この記事にはタグがありません。