クラウドPOSシステムとは|業界別おすすめレジ比較21選・IT導入補助金で注目のメリット・種類・機能

この記事のURLとタイトルをコピーする

INDEX

クラウドPOSシステムとは|POSレジの違い/導入費用/種類比較/機能一覧

通常のPOSシステムとクラウドPOSシステムの違いは、販売情報の保存先です。POSシステムが端末に保存するのに対し、クラウドPOSシステムはクラウド上に保存します。

また“POSレジ”と“POSシステム”は厳密にいうと下記の通り異なります。

  • POSレジ:販売情報をリアルタイムに把握、管理する機能を有したレジ
  • POSシステム:レジ以外も含む端末を指し、販売情報を管理する仕組み

クラウドPOSを理解するために、上記の違いを把握しておきましょう。

各種POSレジはIT導入補助金の対象であり、制度が拡大されたことで注目を集めています。今回はクラウドPOSレジの導入を検討している人に向けて、クラウドPOSのシステムや費用、導入のメリット・デメリットなどを紹介します。

サービス特徴・ポイント強み・おすすめ業界
簡単なのに高機能なクラウドレジ
初期/月額0円~ スマレジ
高機能なのにシンプルなUI/UX
売上/在庫の見える化でデータ経営
モバイルオーダー/決済端末/会計ソフト連携
30日間は全ての機能が無料で利用可能
導入コストは0円~
全国113,000店舗以上の導入実績
選べる5つのプラン
365日のトラブル対応体制
※この記事には一部PRが含まれています

クラウドPOSとPOSレジの違い – システム・導入費用

まずは通常のPOSレジとクラウドPOSレジの違いから見ていきましょう。

<POSレジ>

POSレジとはPOSシステム(販売時点情報管理)が搭載されたレジを指し、使用するにはインターネットに接続する必要があります。

機能面ではレジスターより優れますがサイズ感が大きく設置場所を必要とすること、導入費用が高額になるところが懸念点と言えます。

<クラウドPOSレジ>

クラウドPOSレジはタブレット端末やスマホにアプリケーションをインストールしレジとして使用するものです。

データはすべてクラウドサーバー上に保存されるため、大きなレジを設置する必要はありません。クラウドPOSレジは手持ちのタブレット・スマホ端末を使用するため、導入費用を抑えられるのがメリットです。

クラウドPOSレジの主要機能一覧

クラウドPOSレジにはオーダーと会計以外に、主に8つの機能があります。

  • 商品管理:価格・原価の登録、価格の変更、限定メニューの登録
  • 在庫管理:在庫数のリアルタイム確認、仕入れ数の変更
  • 売上管理:店舗別の売上状況の確認、曜日・時間ごとの売上分析、帳票作成
  • 顧客情報管理:顧客情報の確認・検索、来店・予約情報の一元管理
  • 勤怠管理:出退勤の記録、シフト作成、残業時間の計算
  • 座席管理:空席の確認、注文内容とテーブルの紐づけ
  • キャッシュレス決済:クレジットカード・QRコード決済・電子マネーとの連携
  • 各種システム連携:ポイントカード・LINE・会計ソフトなど既存システムとの連携

POSレジはこれら機能を一元管理できるため、店舗運営にかかわる業務を端末一つで行えます。

なお、POSシステムの仕組みや各種機能の詳細はこちらの記事で紹介しています。

POSレジの導入費用 – 種類別比較一覧

POSレジにはターミナル型・パソコン型・タブレット型(クラウドPOS)の3種類があります。種類別の導入費用や主要システムは次の通りです。

種類初期費用月額費用保守費用主要システム
ターミナル型50~100万1万円~1,000円~タッチターミナル RZ-A21DWILLPOS-Unity/TWINPOS
パソコン型0~50万円5,000~3万円0~2万円PCPOS/WeBee/FOODレジPC-POS MATE/PiPiRE
タブレット型
クラウドPOS
0~20万円0~2万円0円 無料スマレジ/Air レジユビレジ/Square POS/POS+

業界/業種別 – POSレジの比較一覧

業界・業種によって、適したPOSレジの機能や種類は異なります。飲食・小売・美容室・病院ごとの比較表は次の通りです。

業種機能主要システム名
飲食店/居酒屋ハンディ/QRオーダーシステム
レシートプリンター/テーブル管理
商品管理/セルフレジ/決済端末連携
スマレジ/Air レジ/ユビレジ
Square POS/POS+フード/ブレインPOS
小売/アパレル顧客管理/会員ランク/在庫管理
商品管理/複数店舗管理
決済端末連携/キャンペーン分析
スマレジ/Air レジ/ユビレジ
Square POS/POS+リテール
BCPOS/Orange POS/パワクラ
美容室/サロン売上/顧客/予約管理/電子カルテ管理
来店履歴/クーポン/メルマガ配信
施術メニュー分析/スタッフページ
Bionly/パワーナレッジ/Reservia POS
POS+ビューティー/BeSALO/SOSIA POS SALON
病院/クリニック電子カルテ/レセコン連携/自動釣銭機
セルフレジ連携/バーコード読込
商品/本部管理/キャッシュレス端末連携
NOMOCA-Stand/POSCO/ハヤレジ
Progress-I/NOMOCA Reji/ビジコム

飲食店・美容室/サロンが抱える3つの課題 | クラウドPOSで効率化

飲食店では売上管理やオーダー・会計にかかる手間・時間、美容室・サロンでは業務過多が課題として挙げられます。

ここでは飲食店と美容室・サロンが抱える3つの課題と、クラウドPOS導入による解決策を紹介します。

課題1. 売上アップ – 約60%の飲食店経営者が抱える経営課題

次のデータは2021年6月にホットペッパーグルメ外食総研が行った「飲食店経営者のDXに対する興味・関心と導入状況の実態調査」です。

出典:ホットペッパーグルメ外食総研 – 飲食店経営者のDXに対する興味・関心と導入状況の実態調査

調査結果によるとコロナ禍における経営課題のTOP3が次のように示されています。

  • 売上アップ:63.3%
  • 利益(率)アップ:39.9%
  • 顧客満足度向上:25.0%

また、今後デジタルツールで解決したい経営課題として回答が多かったものは次の通りです。

  • 売上アップ:23.7%
  • 利益(率)アップ:12.4%

次のデータはホットペッパーグルメ外食総研が行ったデジタルツールに関する調査結果です。

出典:ホットペッパーグルメ外食総研 – 飲食店経営者のDXに対する興味・関心と導入状況・効果の調査

一方、2022年3月にホットペッパーグルメ外食総研が行った「飲食店経営者のDXに対する興味・関心と導入状況・効果の調査」では、80.6%の経営者が「デジタルツール導入で何らかの効果を感じている」と答えています。

特に高い効果を感じている個別ツールの第1位はハンディ(95.0%)で、第2位がPOSレジ(89.7%)でした。

POSシステムは業務の効率化はもちろんのこと、顧客分析や集客などにも役立てられます。多くの飲食店が課題として上げる売上アップや、顧客満足度の向上につながるでしょう。

課題2. スムーズな対応 – オーダー/会計の手間と時間

飲食店ではオーダーや会計にかかる手間・時間が課題として挙がることもあります。紙の伝票を使っている店舗ではオーダーを手書きし、伝票を厨房に運ぶ手間がかかります。

また手書きゆえに書き間違いや伝達ミスといったヒューマンエラーが起こることもあるでしょう。オーダーのミスは会計にも影響するため、未然に防ぎたいところです。

これらの課題を解決に導くのがクラウドPOSレジの導入とオーダーシステムとの連携です。顧客のスマホからも注文を受けるようにすれば、スタッフがオーダーを取りに行く機会が減少します。

作業効率がアップさせ、オーダー時のミスも防止にもつながることでしょう。

またハンディ機能を利用すると受けた注文は厨房やレジ本体に自動的に反映されます。入力した注文情報は伝票に反映されるため、会計時の打ちミスを防止できます。

課題3. 作業の効率化 – サロンワークの業務過多

美容室・サロンでは業務過多が課題として挙げられます。開店作業から始まり、接客・施術の合間に予約受付・管理・会計業務を行い、閉店後にはレジ締め・在庫管理と、スタッフのやるべき仕事は多岐にわたります。

美容室・サロンがPOSレジを導入すると会計や在庫管理を始め、予約・顧客管理や電子カルテの作成・管理などを端末一つで行うことが可能です。

サロンワークの業務過多が解消されることで施術に集中できれば、顧客満足度の向上に期待できるでしょう。

クラウドPOSシステムが注目される背景・市場/トレンド

POSレジは、世界の市場規模が拡大することが予想されていることも相まって注目が集まっています。ここではクラウドPOSが注目される理由として、シェア・市場規模の拡大や補助金制度、飲食・美容室で必要とされる意味などを紹介します。

シェア・市場規模 – 310億米ドル、年次平均22%成長率で拡大

アメリカの会社「Research Nester Private Limited」が行った調査結果(※1)によると、POSレジの世界における市場規模は拡大していくと予想されています。※出典1:Research Nester Private Limited「世界の需要分析と機会の見通し2027」

<世界の市場規模(予想)>

  • 2018~2027年の間:約22%の年平均成長率で拡大する
  • 2027年まで:310億米ドルの市場規模に達する

また2017年にはNECによる「国内におけるモバイルPOSの認知度に関するインターネット調査(※2)」が行われました。

※出典2:NEC「【調査レポート】大手企業でモバイルPOSが拡大する兆し」

<モバイルPOSの認知度>

  • 10店舗以下の企業:64.0%
  • 11店舗以上の企業:77.6%

企業の規模によってモバイルPOSの認知度に大きな差はありませんが、関心度や導入意向では大きな差が見られました。

<モバイルPOSの導入意向>

  • 10店舗以下の企業:20.1%
  • 11店舗以上の企業:65.5%

この結果から、国内では店舗数が多い企業ほどモバイルPOSの導入を前向きに検討していることがうかがえます。

なおPOSシステムの販売推移を業態別に見てみると、百貨店やショッピングモール、スーパーマーケットでの導入・シェア率が伸びているようです。

POSレジのシェアや市場規模、おすすめサービスなどの詳細はこちらで解説しています。

IT導入補助金 – 制度の拡大、対象額は最大2年分まで引き上げ

「IT導入補助金2022」の「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)」が、新たにPOSレジ関連のハード機器も対象になりサービス利用料の対象額が最大2年分まで引き上げられました。

対象額5万円~350万円のうち、補助率は3/4または2/3です。まさに、POSレジ導入の絶好の機会と言えるでしょう。

<対象になるもの>

  • POSレジ本体機器
  • カスタマーディスプレイ
  • キャッシュドロア
  • レシートプリンター
  • 自動釣銭機
  • バーコードリーダー
  • Wi-Fiルーター
  • 配送設置費
  • クラウド利用料

飲食店 − 約30%がデリバリー/テイクアウト開始、コロナ前後比2倍の売上

次のデータは2021年8月に「ホットペッパーグルメ外食総研」が行った調査結果(※1)です。

※出典1:ホットペッパーグルメ外食総研 – 外食店によるデリバリー・テイクアウトの取り組みと店内飲食利用意向

コロナ禍以降「利用したことがなかった」外食店からのデリバリー・テイクアウトの利用者は32.5%、「知らなかった」外食店からデリバリー・テイクアウト利用後に「店内飲食でも利用したいと思った」人は72.5%と増えていることが分かります。

この結果から飲食店ではデリバリー・テイクアウトは新規顧客の開拓に有効な手段だといえます。

次にポスタスの調査結果(※2)によると、テイクアウト・デリバリーの売上はコロナ前の2倍とのこと。1店舗あたりの平均売上は次のように上昇しています。

  • 2020年2月:15万円
  • 2021年5月:33万円

POSレジを導入しテイクアウトもできるモバイルオーダーやデリバリーサイトと連携することで、売上アップに期待ができます。

※2出典:テーブルチェック/ポスタス調べ

美容サロン – 約40%がキャッシュレス決済を対応を望んでいる

下記のデータは2019年7月にホットペッパービューティーアカデミーが行った「美容サロンでのキャッシュレス決済に関する意識調査」の結果を示したものです。

出典:ホットペッパービューティーアカデミー – 美容サロンでのキャッシュレス決済に関する意識調査

「キャッシュレス決済ができず、不便に感じたことがある」と回答した利用者が最も多かったのはネイルサロンで約5割にものぼります。

美容室・ヘアサロンでは「よくある」と回答したのは11.9%、「たまにある」は20.9%でした。

出典:ホットペッパービューティーアカデミー – 美容サロンでのキャッシュレス決済に関する意識調査

また同調査で行われた「美容サロンでキャッシュレス決済が利用できるようになれば、もっと物販の購入やメニューの追加がしやすくなると思いますか?」という質問に対し、美容室・ヘアサロン利用者の14.5%が「とてもそう思う」と、25.1%が「ややそう思う」と回答しています。

このように美容室・サロン利用者の多くがキャッシュレス決済を望んでいます。クラウドPOSシステムとキャッシュレス決済機能を連携させることで、新規顧客開拓やリピーター獲得、物販の販売などに期待ができるでしょう。

クラウドPOSシステムの4つのメリット

クラウドPOSが多くの店舗で導入されているのは、それだけのメリットがあるからです。ここではクラウドPOSのメリットとして、システム連携・データ分析・クラウド上に一元管理・低コスト&省スペースの4つを紹介します。

1. システム連携 – 店舗に合わせた機能拡張ができる

クラウドPOSは、他システムと連携ができるのが強みです。

<モバイルオーダー>

モバイルオーダーは顧客自身がスマホから注文ができるシステムです。注文情報はPOSに反映されるため、会計ミスを防止できます。

<セルフレジ/セルフ会計>

顧客が商品のバーコードを読み取り、そのまま会計までセルフで完結できる機能です。非接触ですので、感染症の予防に効果的と言えます。

<デリバリー注文>

Uber Eatsや出前館などのデリバリーサイトと連携することで、注文数アップに期待できます。注文内容は厨房に直接送信されるため、店舗の業務効率化につながります。

<LINE連携>

デジタル会員カードやポイント運用・LINEのメッセージ・クーポン配信などが可能です。アフターフォローまですることで、リピーター獲得につながるでしょう。

<会計ソフト>

毎日の売上データは会計ソフト連携によりが自動で収集ができます。そのデータをもとに決算書作りを簡単に行えます。

2. データの分析 – グラフや可視化で簡単に売上分析・販売戦略の改善ができる

POSシステムでは顧客の個人情報や販売情報を一元管理できます。販売戦略を考える際は、自社で扱う商品の売れ行きや売れるタイミングなどの詳細を把握しておくことが重要です。

またなかには販売情報をグラフ化する機能が備わっているPOSレジもあります。図表で確認できることで、数字や機械が苦手な人でも分析をしやすいでしょう。

3. クラウド上に一元管理 – 店舗の状況をリアルタイムで把握できる

冒頭で紹介した通り、クラウドPOSシステムはクラウド上に情報を蓄積します。つまり、販売状況や在庫状況などをどこからでもリアルタイムで確認が可能です。

複数店舗を運営している場合は、自分がいない店舗の在庫状況も確認できます。例えば小売店の場合、自分がいる店舗で品薄になったセール品が近隣店舗にいくつ残っているか確認し、必要に応じて店舗間で移動させるといったことも可能です。

店舗の状況をリアルタイムで把握して品薄や欠品を防げれば、自ずと顧客満足度が向上するでしょう。

4. 低コスト&省スペース導入 – 無料アプリのインストールのみで始められる

クラウドPOSはタブレット・スマホに無料アプリをインストールするだけで利用できるため、他のPOSレジよりも低コストで利用できます。

またターミナル型・パソコン型よりも端末がコンパクトですので、レジを設置するスペースを必要としません。

クラウドPOSシステムの3つのデメリット

ここまでクラウドPOSの必要性やメリットなどを見てきましたが、一方で導入前に知っておきたいデメリットも存在します。ここではクラウドPOSのデメリットとして、破損と盗難・環境整備・システムトラブルの3つを紹介します。

1. 破損・盗難 – 持ち運べるからこそのリスク

クラウドPOSはスマホ・タブレットを利用する分、破損と盗難のリスクがあります。

<破損>

置き型のレジとは違い、クラウドPOSレジは持ち運びが可能で、店内でも店外でもオーダーを取れる利便性が魅力です。しかし、持ち運べるゆえにスタッフが落として端末が破損する恐れがあります。

<盗難>

顧客の手の届く場所にスマホ・タブレットを置いておくと、盗難被害に遭うリスクも否定できません。盗難被害に遭うと、端末費用のみならず各種情報が漏洩する恐れもあります。

万が一に備えて、セキュリティに関する設定を必ずしておきましょう。その他、鍵が付いたワイヤー(盗難防止アクセサリ)を使う方法もあります。

なお、破損・盗難時に使える端末がないと店舗運営に支障が出るため、念のため予備の端末を用意しておくと安心です。

2. 環境整備 – インターネット回線の導入が必要

クラウドPOSレジはスマホ・タブレットを利用するため、ネットワーク環境が必須です。インターネット回線が引かれていない店舗では、導入の手間・費用が発生します。

インターネット回線は停電などのトラブルがあると使えなくなるので、モバイルWi-Fiやテザリングなど、別の対策を講じておきましょう。

3. システムトラブル – クラウド不具合の発生の可能性

クラウドPOSシステムは、サーバーのトラブルが発生すると利用できないことがあります。他に、システムのアップデートやメンテナンス中も同様です。

クラウドPOSレジを導入する際は、トラブル時の代替案を持っておくと良いでしょう。

個人事業主&全業界おすすめ無料クラウドPOSレジ初期/月額比較6選

サービス名初期費用月額費用対応OSサポート決済システム連携会計ソフト連携
スマレジ0円 ※無料スタンダード:0円
プレミアム:4,400円
プレミアムプラス:7,700円
フードビジネス:11,000円
リテールビジネス:13,200
iOS電話(有料)
メール
Square
STORES 決済
楽天ペイ
スマレジペイメント
ペイメント・マイスター
おてがるPay
StarPay
Mfクラウド会計
弥生会計
freee会計
Air レジ0円 ※無料
※iPad 37,790円
(別売)
0円iOSメール
チャット
Square
Airペイ
Mfクラウド会計
弥生会計
freee会計
ユビレジ0円 ※無料
※周辺機器別売り

フリー:0円(制限あり)
プレミアム:6,900円
飲食店向け:8,400円
小売向け:11,400円
iOS
ipadのみ
電話(有料)
メール
Square
STORES 決済
楽天ペイ
食べログPay
StarPay
オムニカード・ペイメント
おてがるPay
Mfクラウド会計
弥生会計
freee会計
Square POS0円
※squareターミナル46,980円
0円iOS
Android
電話
メール
SquareMfクラウド会計
freee会計
CASHIER0円~0円※周辺機器別売りAndroid電話Square
Spayd
StarPay
お問合せ
Padpos0円 ※無料フリー:0円
ライト:1,900円
Padpos:3,800円
AndroidメールSTORES 決済お問合せ
POSレジ導入費用比較表

スマレジ – 初期/月額0円/30日無料/レジ機能から店舗管理までこなすクラウドPOSレジ

  • 初期/月額0円・高機能なのにシンプルな管理画面で使いやすい
  • モバイル(テーブル)オーダー/決済端末/会計ソフト連携で効率化
  • 無料お試し30日間は全ての機能/電話での導入サポートを無料で利用可能
  • iPad・iPhoneで使える無料POSレジ/在庫管理/リアルタイム売上集計
  • 利用店舗数115,000店舗突破・個人飲食店から小売など幅広い業種で利用実績

スマレジ初期/月額0円で利用ができスマホやタブレットがあれば、基本的な機能を無料で利用できるクラウド型POSレジで高機能な専門機器は必要ありません。

店舗経営にあると便利なモバイルオーダー・キャッシュレス決済連携・免税対応など豊富な高機能が備わっており、直感的に使いやすいUI/UXなので勤務経験が浅くノウハウがないスタッフでもすぐに使用できます。

スマレジは業種・業態・規模を問わず1店舗から600店舗以上を運営する事業者まで、幅広い客層で利用されています。

また売上・在庫の見える化で店舗経営の課題を解決でき、最新の売上・在庫情報が常に把握ができます。売上情報を細かく分析するだけでなく、在庫の入荷時期も把握することで店舗のデータ経営が実現可能です。

加えて店舗に必要な機能をカスタマイズできモバイルオーダー・決済端末・会計ソフトなど連携可能な機能が多彩です。

スピーディーでスムーズなレジ会計・オーダーミスの解消・リアルタイムのニーズに応える店舗経営・感染症対策…など導入するだけで店舗経営が変わります。

資料ダウンロード・お問合せも1分で完了するため、まずは営業担当者に相談してみましょう。

初期費用月額費用主要機能無料トライアル
0円0円売上分析/予算管理/本部管理/顧客管理
セルフレジ/免税対応/タイムカード
セルフオーダー/キャッシュレス決済
オーダーエントリー/API/外部システム連携
あり
※30日間は全ての機能が利用可能

Square POSレジ – 無料でレジ&キャッシュレス導入

  • 最短翌日入金のスピード振込
  • POSレジ・キャッシュレス・ネットショップ作成も1アカウント
  • 小規模店舗・移動販売・複数店舗にも対応
  • レシートプリンター内蔵型POS・決済端末

Square POSレジは月額・初期0円で利用できるタブレットPOSシステムです。アカウント1つでキャッシュレス決済(Square決済)・POSレジ・ネットショップ作成(Squareオンラインビジネス)が可能です。

1アカウントで全てが完結するため、店舗のシフト管理・売上管理・キャッシュレス決済・ネットショップ販売も全てが実現でき、実店舗とネットショップの在庫も一元管理ができます。

またレシートプリンター内蔵型の決済端末「Squareターミナルを利用すれば、タッチパネルでPOSレジ操作・電子マネー・屋外決済など豊富な支払い方法に対応できます。

端末代金は46,980円ですが、通常10万円程度かかる周辺機器が不要なため他のPOSレジ・決済端末の初期費用よりも大幅安い価格で導入ができます。

またSquare登録は無料で購入後30日以内なら返品も可能なため、ぜひ高機能キャッシュレス機能を備えたPOSレジを無料で体験してみましょう。

初期費用月額対応決済各種手数料会計ソフト連携
0円
Squareターミナル
46,980円
0円ICカード
電子マネー
タッチ決済
クレジット
決済:3.25~3.95%
振込手数料:0円
払い戻し手数料:0円
Mfクラウド会計
freee会計

CASHIER – 0円ではじめよう!使いやすいクラウドPOSレジ(小売・アパレル・飲食店)

  • 初期費用or月額利用料が0円でスタートできる
  • 高機能なのに、初心者の方でもカンタン・使いやすい
  • 今注目のセルフレジ/セミセルフレジ/タッチパネル券売機との連携も可能
  • ハンディ/スマホ・テーブルオーダーなど、飲食向けソリューションも充実
  • 導入前〜運用中も徹底的なサポートを保証

CASHIERは初期費用or月額利用料が0円で導入できるクラウドPOSレジです。POSを中心に、ご利用の店舗の規模や業種に最適なオリジナルハードウェアを組み合わせることが可能です。

また、店舗の経営分析に必要なさまざまなデータを管理できる豊富な高機能が備わっていながら、初心者の方でも使いやすいUI/UX設計なので、安心してご利用いただけます。

CASHIERは、店舗の業種や規模に適したハードウェアと管理機能のセレクトが可能のため、自由自在に販売環境が設計可能です。お店の成長とともに機能を拡充したり、販売方法を追加したり等、店舗経営の発展を支援することができるPOSレジサービスです。

CASHIERでは、導入前のご相談から運用中のお悩み相談までを徹底的にサポートいたします。POSレジを提供するだけでなく、皆様が安心して営業できるよう店舗の一員としてサポートするということを心がけております。

初期費用月額費用主要機能販売連携
0円~0円~多彩なレジ機能/顧客管理機能
/在庫管理/本部管理機能/
大規模複数店舗管理/
発注・仕入れ管理機能/その他
セルフレジ/セミセルフレジ/ハンディ/
スマホレジ/タッチパネル券売機/
スマホ・テーブルオーダー/
モバイル・テイクアウトオーダー

無料利用・導入店舗数No.1のエアレジ

  • 設定変更はいつでも可能
  • レジ機能はずっと無料
  • 簡単操作でレジ締め時間を短縮

エアレジはリクルート社がサービス提供を始めたもので、初期費用、月額費用などは今でも無料で利用が可能です。iPadやiPhoneとインターネット環境さえあれば、誰でも基本のレジ機能を無料で導入することのできるPOSアプリです。

レシートプリンターやキャッシュドロア、カードリーダーなどの周辺機器は有料ですが、補助金対象であるため安く導入しやすい点も人気の理由だといえます。

0円利用・導入店舗数No.1エアレジに無料登録

ユビレジ

  • 世界初のiPad専用のタブレットPOSレジで世界中に実績がある
  • 売上向上のための豊富な機能を提供
  • 導入前から専任のコンサルタントのサポートを受けられる

ユビレジはiPadが発売された年にリリースされ、登録店舗数も30,000を超え、業種を問わず人気のタブレットPOSです。ポイント連携機能もあり、楽天ポイントカードなどの処理がレジ操作で簡単に行えるようになってます。

多店舗経営においてもリアルタイムで各店舗の売り上げを確認ができるなど、利便性の高さが支持される理由といえます。お試しプランは無料で1ヶ月利用できるため試験導入も可能です。

詳細はこちら:https://ubiregi.com/

Padpos – androidレジアプリ

●特徴

  • アンドロイドアプリなのでiOSユーザーでなくても取り入れられる
  • 機種が豊富で安価な端末を使えばコストダウンできる
  • 多彩なオプションが用意されている

iPad、iPhone専用のPOSレジアプリが多い中、Padposは、Android対応のレジアプリです。残念ながら現在は開発を中止しているため、Android6.0以降での動作確認ができていないため、導入を検討する際はサポートを受けられるかを確認する必要があるかもしれません。

詳細はこちら:https://www.padpos.jp

飲食店/居酒屋おすすめクラウドPOSレジ初期/月額比較5選

ブレインレジスター

●特徴

  • レシートや領収書が印刷可能な会計機能
  • 商品管理だけでなく部門管理もできる管理機能

ブレインレジスターは月額0円から使えるタブレット型POSレジです。機能に優れた専用端末と高性能で高速印刷が可能なレシートプリンターは、見た目もスマートで場所を取りません。決済だけでなく商品管理や部門管理まで効率化がはかれるでしょう。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合わせ0円〜9,800円あり

詳細はこちら:https://www.blayn.com/

POS+food(ポスタスフード)

●特徴

  • オフラインでの利用が可能
  • 多様な店舗形態でも対応可能

POS+foodは多彩な視点での分析や、多様な店舗形態に合わせることができる柔軟さを持ったPOSレジシステムです。セルフオーダーや他言語機能も搭載されている為、外国人観光客が多い地域での店舗経営にも最適なPOSレジといえます。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合わせ要問合わせ要問合わせ

詳細はこちら:https://www.persol-pt.co.jp/postas/food.html

はんじょうPOSレジ

●特徴

  • 飲食店の経営を支えるPOSレジ
  • 収支を見える化
  • 不正防止機能が豊富
  • 給与の自動化に特化

はんじょうPOSレジでは、ハンディとPOSレジ、タブレットからなる3つのプランから選択することができます。お店の雰囲気や形態に合わせたオーダーシステムの導入が可能なので、効率よく集客効果へつなげることが可能です。

初期費用月額費用無料トライアル
298,000円〜10,000円〜

詳細はこちら:https://www.hanjou-posregi.com/

Poscube(ポスキューブ)

●特徴

  • セルフオーダーシステムを搭載した注文機能
  • 自動釣銭機連携が可能な会計機能
  • 質の高い商品管理
  • 店舗経営に役立つデータ分析機能搭載

Poscubeはセルフオーダーにも対応しているPOSレジで、会計処理に関して機能性が高いことで注目されています。

自動釣に釣銭が出される機能を搭載しているので、POSレジによる現金化不足を0にさせることが可能です。その他にも管理機能も充実していて、商品管理や経営に役立つデータ分析の機能が搭載されています。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合わせ要問合わせ要問合わせ

詳細はこちら:https://pos-cube.com/

でん票くん

●特徴

  • マルチOS・マルチデバイスでの利用が可能
  • クラウド型なのでインストール不要
  • 既存POSからのデータ移行が簡単

でん票くんはマルチOS・マルチデバイスに対応したクラウド型POSです。クラウド型なのでインストール作業が不要でWeb上へアクセスするだけで利用できます。

また既存POSからのデータ移行が非常に簡単で、初心者でも乗換作業をスムーズに行うことが可能です。

初期費用月額費用無料トライアル
10,000円〜5,000円〜なし

詳細はこちら:https://denpyo-kun.com/

美容室/サロンおすすめクラウドPOSレジ初期/月額比較5選

Bionly(ビオンリー)

●特徴

  • お客様をファンにさせるロジック
  • 顧客管理・POS・コミュニケーション・予約を1つのシステムに
  • 誕生日メールとごぶさたメール

Bionlyは顧客をファンにさせるロジックを確立させ、顧客管理を始めとしたツールを使ってリピーター獲得が可能なPOSレジです。誕生日メールだけでなく、しばらく来店がなかった顧客にたいして「ごぶさたメール」配信を行う機能を搭載。

初期費用月額費用無料トライアル
無料29,000円要問合わせ

詳細はこちら:https://bionly.jp/

パワーナレッジ POS

●特徴

  • おしゃれでコンパクトなデザインPOSレジ
  • サロン経営に特化した機能が豊富
  • 消費電力をカットした省電力設計

パワーナレッジPOSは従来のPOSレジの印象を大きく変えたデザインです。おしゃれでコンパクトなパワーナレッジPOSは、サロン経営に特化した機能が充実していて円滑な店舗経営が実現します。消費電力も少ない設計なので、光熱費の削減にもつながります。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合わせ要問合わせ要問合わせ

詳細はこちら:https://www.power-k.jp/

Reservia POS 「リザポス」

●特徴

  • 大手ポータルサイトと連携し予約一元管理が可能
  • iPadで直感的な簡単操作
  • グラフィカルなデザインで見やすいレポートと分析結果

リザポスは大手のポータルサイトとも連携可能で、予約の一元管理を始めとした多彩な機能拡張を図ることができます。iPadで簡単な操作も可能で、システムアレルギーを持っている従業員でも安心して使えます。管理画面もグラフィカルで分かりやすいので、レポートや分析結果を店舗経営に役立てることが可能です。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合わせ0円〜要問合わせ

詳細はこちら:https://www.re-rise.biz/smart-recept/

POS+beauty(ポスタスビューティー)

●特徴

  • タブレット1つで予約管理やスタイリストの目標設定が可能
  • 電子カルテを始めとした顧客管理
  • 通常の会計処理だけでなく予算実績の管理も可能

「POS+beauty」は、タブレットへアプリをインストールするだけで予約管理やスタイリストの目標設定が可能になるサロン向けPOSシステムです。

電子カルテを使った顧客管理も可能で、顧客満足度を意識した店舗経営を意識し続けることが可能です。会計処理に関しても、通常の決済から予算実績の管理まで幅広く対応しています。

初期費用月額費用無料トライアル
350,000円〜要問合わせ要問合わせ

詳細はこちら:https://www.persol-pt.co.jp/postas/beauty.html

Store Touch

●特徴

  • 顧客管理やカルテ管理ができるiPadPOSレジ
  • 写真付きの情報で顧客管理
  • 導入コストが低い

「Store Touch」は、サロン向けのPOSシステムで顧客管理やカルテ管理に特化しています。特に顧客管理に関しては写真付きの電子カルテを作成し、従業員が顔を覚えることでリピーターを増やすことが可能です。導入コストも低いので、小規模サロンでも積極的に導入することができます。

初期費用月額費用無料トライアル
無料7,000円あり

詳細はこちら:https://www.storetouch.com/

小売業界おすすめクラウドPOSレジ初期/月額比較5選

BCPOS

●特徴

  • さまざまなな業種に対応したPOSレジ製品が豊富
  • Windowsタブレットにもしっかり対応
  • 365日対応の有料サポートあり

BCPOSはさまざまな業種に対応したPOSレジシステムで、デザインも豊富に用意されています。レジ本体だけでなくWindowsタブレットにもしっかり対応。

スマートな店舗経営が可能な環境を作り上げることができます。有料オプションでは、365日対応のサポート体制もあるので安心して使うことが可能です。

初期費用月額費用無料トライアル
222,000円〜5,000円〜要問合わせ

詳細はこちら:https://www.bcpos.jp/

Tabレジ

●特徴

  • シンプルな機器構成で直感的に使える
  • さまざまなな角度からの売り上げ分析が可能
  • 自動釣銭機に対応した製品あり

シンプルな機器構成で運用可能なTabレジは、直感的に使える画面デザインで従業員のストレスを軽減してくれます。管理面においても品質が高く、多角的な売り上げ分析が可能です。また自動釣銭機に対応したPOSレジ製品も用意されています。

初期費用月額費用無料トライアル
0円〜12,800円〜あり

詳細はこちら:https://uniaim.co.jp/tabregi/

Orange POS

●特徴

  • 直感的でスムーズな会計処理
  • ドロア・プリンターのワイヤレス対応
  • 在庫管理や入庫棚卸し機能も搭載

Orange POSは直感的でスムーズな会計処理が可能で、ドロア・プリンターのワイヤレスにも対応しています。在庫管理や、入庫管理・棚卸し管理機能も搭載されているので、アパレル関連の業種にも最適なPOSシステムです。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合わせ9,800円〜要問合わせ

詳細はこちら:http://orange-tablet.jp/merit/

Free POS

●特徴

  • 注文・会計管理
  • 勤怠管理
  • 売り上げ管理
  • 在庫管理
  • 座席管理
  • WEB予約システム搭載

Free POSでは注文や会計機能に加えて、勤怠管理や売り上げ管理にも特化した機能性の高いシステムです。あらかじめ座席数を設定しておくことで、来店した顧客管理と合わせて空席把握などの座席管理も行います。

WEB予約システムに空席情報を反映させて、集客高価をUPさせることも可能です。

初期費用月額費用無料トライアル
要問合わせ4,000円〜要問合わせ

詳細はこちら:https://www.free-pos.jp/

POS+ retail(ポスタスリテール)

●特徴

  • 小売店に特化した機能が満載
  • 入庫、棚卸し、在庫照会機能が充実
  • グラフィカルな分析画面で店舗経営

小売業に特化した「POS+ retail」は、主に仕入れや棚卸しに関する在庫管理機能が充実しています。売り上げ分析機能においても質が高く。グラフィカルな表示で店舗経営に貢献できます。

初期費用月額費用無料トライアル
370,000円〜要問合わせ要問合わせ

詳細はこちら:https://www.persol-pt.co.jp/postas/retail.html

【選び方】クラウドPOSシステムの比較3つのポイント

自社に合うクラウドPOSを選ぶコツは、機能・サポート体制・費用に着目することです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.自店舗に合う機能が備わっているか

クラウドPOSは、自店舗に必要な機能があるものを選ぶことが大切です。使わない機能が複数あるとレジをうまく扱えず、作業効率が低下するかもしれません。

クラウドPOSを選ぶ際は、業界・業種や規模に合う機能があるか確認しましょう。

<飲食店にあると便利な機能>

  • 予約管理システム
  • 顧客管理・分析機能
  • クレジットカード決済
  • オーダーシステム連携
  • セルフレジ連携

<サロンにあると便利な機能>

  • 予約管理機能
  • 顧客管理機能
  • 電子カルテ連携
  • LINE連携
  • キャッシュレス決済

<小売店にあると便利な機能>

  • 在庫管理機能
  • 顧客管理機能
  • 売上分析機能

2.安心できるサポート体制があるか

導入直後やトラブル時のことを考えると、サポート体制もチェックしたいポイントです。

サポートを受けられる方法は、電話・メール・チャット・訪問など。料金が発生するか、窓口が空いている時間帯は何時ごろか、詳細部分もしっかり確認しておきましょう。

3.機能/利便性と費用が見合っているか

クラウドPOSレジを選ぶ際は、機能面に加え利便性も考慮したいところ。その上で、初期費用や月額費用などが予算内に収まっているか、機能と費用が見合っているか確認しましょう。

ただ、機能性や利便性は実際に使ってみないと分からない部分もあるため、まずは無料プランから始めてみるのもおすすめです。

クラウドPOSシステムの導入で業務効率の向上を

スマホまたはタブレットにインストールして利用するクラウドPOS。導入コストを抑えられ、インストール後にすぐ使えるところが魅力です。飲食店や美容室・サロン、小売店などでクラウドPOSを利用すれば、会計以外の業務効率も向上するでしょう。補助金制度がある今のうちに、クラウドPOSを導入してはいかがでしょうか。