店舗・飲食店向け無料Wi-Fi比較7選|公衆無線LANの導入申込み方法・価格・設置メリット・事例

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2020/06/28

店舗・飲食店向け無料Wi-Fi(公衆無線LAN)とは

店舗・飲食店でも無料Wi-Fiの利用が増えてきました。生活の中でスマートフォンが欠かせなくなっている毎日の中で、お客様の満足度向上のために無料Wi-Fiの導入が欠かせなくなってきています。

しかし、無料Wi-Fiを導入するにしてもどうすればいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

店舗・飲食店向け無料Wi-Fi(公衆無線LAN)導入の4つの選定ポイント

それでは、店舗・飲食店向けの無料Wi-Fiの導入ポイントをご紹介します。

  • 導入設置の料金
  • 通信速度
  • 同時接続の台数
  • セキュリティ

無料Wi-Fiを導入するためのポイントは大きく4点あります。導入設置のための初期費用、通信速度、同時接続の台数、セキュリティです。

通信速度や同時接続台数などせっかく導入したのに使い勝手が悪くお客様からの不満につながってしまう可能性もあります。店舗の状況を把握した上で最適なサービスを導入しましょう。

店舗・飲食店に無料Wi-Fi(公衆無線LAN)が必要な理由

なぜ、店舗・飲食店に無料Wi-Fiが必要になっているのでしょうか。その背景をご紹介します。

7,000万人が利用、無料Wi-Fi(公衆無線LAN)の利用者数・市場規模

ICT総研の調査によると無料Wi-FIの利用は2018年時点で5,700万人から、2021年までに22%増加の7,000万人に増加するといわれています。

内訳は個人利用者が3,800万人、ビジネス利用者450万人、訪日外国人が1,500万人となっています。パケット代を抑えるために利用しているケースが多いようです。また利用場所を調査したところ、50%以上がカフェや飲食店の利用です。

外国人観光客の困ったランキング2位は”無料LAN・Wi-Fi環境”

訪日外国人観光客に旅行中に困ったことのランキングでは、施設とのコミュニケーションがとれないという点についで、無料LAN・Wi-Fi環境が第2位となっています。

回答者の中の16.5%は実際に利用したかったが、対応店舗数の少なさや利用登録が煩雑などの理由で不満になっています。

ネット環境の整備でSNSシェアで集客ができる

ネット環境を整備することはお客様の満足度を高めるだけではありません。訪日外国人はネット環境があることにより、食べているものやお店の様子をFacebook、InstagramなどのSNSにアップしてくれます。

SNSにアップされることでこれから訪日する外国人にもシェアされ今後の集客にもつながる可能性があります。

おすすめ店舗・飲食店向け無料Wi-Fi(公衆無線LAN)の料金比較7選

それでは、ここから実際の無料Wi-Fiサービスをご紹介します。

ギガらくWi-Fi 

  • 接続が簡単ですぐ使える
  • お店のPRができる
  • 導入・運用までのトータルサポート

ギガらくWi-FIはNTT東日本が提供する無料Wi-Fiサービスです。アクセスポイント装置に電源コードとLANケーブルを挿すだけで簡単に使用できます。また、Facebook-WiFiサービスで、FacebookでいいねすることでWi-Fiを利用する設定です。このようにSNSと連携することでお店のPRにもつながります。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
0円3,630円〜1.3Gbps最大50台

詳細はこちら:https://business.ntt-east.co.jp/service/gigarakuwifi/

Wi2 Freeキット

  • 6言語の多言語対応
  • リーズナブルな価格から利用可能
  • 365日のサービス体制

Wi2Freeキットは、Wi2が提供する無料Wi-Fiサービスです。英語、タイ語、中国語も含めた6言語対応で訪日外国人のお客様にも対応できます。また、月額費用が500円から利用できリーズナブルに利用可能です。同時接続台数は最大100台と中小規模店舗なら余裕を持って利用できます。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
29,800円500円IEEE802.11acを含む最大100台

詳細はこちら:https://wi2.co.jp/jp/business/wi2freekit/

DoSPOT

  • 集客につながる
  • お店のPRが可能
  • 西日本エリアNo1の導入率

NTTメディアサプライ社が提供しているのがDoSPOTです。DoSPOTを導入することでNTT西日本のホームページにも掲載されるので集客につながります。また、NTT光に契約している人であれば、月額費用550円〜使用できるため低価格で利用できます。西日本エリアの店舗であればおすすめのサービスです。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
無料550円〜最大1300Mbps最大122台

詳細はこちら:https://flets-w.com/opt/dospot/

Wi-FiNex

  • 店舗に合わせたバリエーション
  • 新規顧客開拓や販促に活用可能
  • 4ヶ国語対応

ファイバーゲートが提供しているサービスがWi-Fi Nexです。商業施設、ホテルなど導入実績は6,000件以上超えています。また、自動販売機など通信がつながっていない場所でも設置できる豊富なバリエーションを取り揃えています。訪日外国人にも対応できる4ヶ国語対応です。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
お問合せお問合せお問合せお問合せ

詳細はこちら:https://www.wifinex.com/

Fonショップ Wi-Fi

  • グローバルでの高い知名度
  • 初期費用だけで始められる安心価格
  • 誰でも簡単に設置可能

Fonは全世界3億人が利用するWi-Fiサービスです。全世界で多くの方が利用しているため、訪日外国人へのニーズも高いです。また初期費用だけで利用できる安心価格です。今別のWi-Fiサービスを使っていても設置するだけで利用可能です。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
16,280円〜0円866Mbps最大30台〜

詳細はこちら:https://shopwifi.fonjapan.co.jp/

FREE SPOT

  • 5ヶ国語対応
  • 接続設定がかんたん
  • 複数台設置可能

FREESPOTは初期費用の設置費用だけで利用できるWi-Fiサービスです。指定ポートにケーブルをさすだけで簡単に設置できます。また、部屋をまたいだり、階をまたいで複数設置することも可能です。5ヶ国語対応しているため、訪日外国人のニーズにも答えられます。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
23,800円〜0円866Mbps64台〜

詳細はこちら:https://www.freespot.com/owners/flow.html

USEN SPOT

  • メールやSNS認証などを必要としない簡単接続
  • 業務機器とのネットワークを完全分離できる最適なセキュリティ
  • 24時間365日のトータルサポート

USEN SPOTは、USENを提供する無料Wi-Fiスポットサービスです。IPv6搭載!ストレスフリーで快適な通信が可能です。また、設置工事から電波チェックなども含めた充実なサポート体制を確立しています。現在キャンペーンを実施中で、初期費用実質無料、月額費用2,480円から開始できます。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
20,000円3,480円Max 867Mbps最大126台

詳細はこちら:https://www.usen.com/portal/support/uspot/

店舗・飲食店向け無料Wi-Fi(公衆無線LAN)の3つの注意点

実際に無線Wi-Fiを導入するときの3つの注意点をご紹介します。

LAN環境のパスワード設定

まず1点目は、パスワード設定です。LAN環境のパスワード設定をしなければ店舗外の人など誰でも利用可能になります。そのため、パスワードを必ず設定しておくことで店舗内のお客様鹿利用できないようにしましょう。

長時間滞在防止・利用時間の制限

2点目は、利用時間制限です。Wi-Fiの便利さから長期間滞在につながり、店舗内に回転率が悪くなる可能性があります。このようなことを避けるために1時間のみ利用可能など利用時間制限をするのを忘れずに行いましょう。

店舗・顧客側で回線を分ける

3点目は店舗側の回線と顧客側の回線を分けることです。店舗側と顧客側の回線をわけることによりセキュリティが強固になるなどのメリットがあります。

店舗・飲食店向け無料Wi-Fi(公衆無線LAN)の導入設置事例

最後に無料Wi-Fiを導入設置した活用事例に関してご紹介します。

飲食店・カフェでの無料Wi-Fi(公衆無線LAN)の設置事例

あるカフェでは、日本人だけでなく、外国人の利用も多くお客様がより過ごしやすくなるために無料Wi-Fiを設置しました。外国人対応に向けて多言語対応、入力も簡単にし、店員が説明する必要なく利用できます。また、利用制限時間を設けているため、長時間滞在の心配もありません。

居酒屋での無料Wi-Fi(公衆無線LAN)の設置事例

ある居酒屋では、接客や調理などのスタッフの教育をマニュアルだけでなく、動画も活用しています。しかし、動画を閲覧するのにネット環境が整っていないと効果が半減することもあり、Wi-Fiを導入しました。その結果、スタッフは通信料を気にせずに動画を閲覧することができ、サービス向上につながっています。

この記事にはタグがありません。