※この記事には一部PRが含まれます。
キャンペーン

オーダーエントリーシステム(OES)とは|比較20選・種類・飲食店おすすめ導入メリット・選び方

オーダーエントリーシステム(OES)とは|比較20選・種類・飲食店おすすめ導入メリット・選び方のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする
オーダーエントリーシステム(OES)とは
手書き伝票の課題・問題点
オーダーエントリーシステムで実現できる課題解決
オーダーエントリーシステムの主な機能
飲食店を効率化するオーダー・テーブル管理
注文から売上データまでを繋ぐ会計・レジ連動
来店履歴から売上・店舗管理まで各種分析・管理
各種システム連携
オーダーエントリーシステム導4つのメリット
注文受付・会計業務の効率化
店舗オペレーションの効率化
オーダーミスの防止
来店促進・リピーター獲得の施策強化
オーダーエントリーシステムの種類・選び方
POSレジ一体型タイプ
モバイル・アプリ型タイプ
タブレット端末型タイプ
オーダーエントリーシステム比較検討時のポイント
セルフオーダーシステムの場合は操作性
メニューやオーダー設定が重名に変更できるか
セルフレジが付帯しているか
オフライン時の製品挙動はどうなっているか
無料おすすめオーダーエントリーシステム月額&初期価格比較12選
かんたん注文 月額0円/無料お試し/スマホQRコード注文&テイクアウト/POSレジ付き
CloudMenu 初期0円&30日無料/どこよりも安く簡単開始のLINE×QRモバイルオーダー
テイクイーツ 初期/月額0円でスマホQR注文/テイクアウト&デリバリー管理/複数店対応
CASHIER – 店舗の成長を支援する高機能クラウドPOSレジ/オーダーシステム
Squareセルフオーダー 初期&月額0円/QRコードで事前注文/POSレジも無料+自動連携
スマレジ・ウェイター
Orange Handy
tenposAir
FlickOrder
Order4U
Easy Booklet
FoodFrontia(フードフロンティア)
POSレジ付随型で自動連携・おすすめオーダーエントリーシステム月額&初期比較8選
かんたん注文 月額0円/無料お試し/スマホQRコード注文&テイクアウト/POSレジ付き
CloudMenu 初期0円&30日無料/どこよりも安く簡単開始のLINE×QRモバイルオーダー
テイクイーツ 初期/月額0円でスマホQR注文/テイクアウト&デリバリー管理/複数店対応
CASHIER – 店舗の成長を支援する高機能クラウドPOSレジ/オーダーシステム
Squareセルフオーダー 初期&月額0円/QRコードで事前注文/POSレジも無料+自動連携
ユビレジ
Okage レジ
Orange Operation
オーダーエントリーシステムで店舗の注文管理を効率化

オーダーエントリーシステム(OES)とは

オーダーエントリーシステム(OES)とは、伝票など手書きで行われていた注文や連絡をデータ化するシステムです。POSレジ・システムや会計ソフトと連動しリアルタイムに情報を更新することで、売上集計や在庫管理の効率化が実現できます。

今回はオーダーエントリーシステムの機能や種類、メリットについて解説しながら、おすすめのオーダーシステムを紹介します。

手書き伝票の課題・問題点

手書き伝票にはいくつかの課題や問題点があります。手書きである以上、顧客から受けた注文を書き間違える可能性はないと言い切れません。

伝票自体もホールからキッチンへ届けなければならないため、その間のタイムラグなど作業効率も落ちます。会計時においても、伝票を見ながらのレジ打ちが発生するため、打ち間違う可能性も出てしまいます。

手書き伝票であるというだけで、各工程でのリスクをはらんでしまうことになり、繁忙期に入るにしたがってミスの可能性は高くなってしまいます。

オーダーエントリーシステムで実現できる課題解決

オーダーエントリーシステムであればハンディーターミナルやスマホ注文端末で情報を読み取る・入力するだけで注文情報はすぐにキッチンに共有されます。

入力されたデータは最終的には会計データや在庫データとしても蓄積されます。オーダーエントリーシステムは、一度の注文受付で全てのデータへ反映するため、データの一括管理が期待できます。

またハンディで注文されたデータはPOSシステムに連携が可能で、会計時には自動的に処理が可能です。

また近年ではタブレット端末をテーブルに設置し、顧客自身で直接メニューを入力するセルフオーダーシステムも増えています。

顧客が直接入力することで、店員へ伝える手間が省けるだけでなく、店側による注文の受付間違いが発生しません。注文を待たされ焦りもなくなるため、顧客側にもメリットがあるといえます。

また近年ではタブレット端末をテーブルに設置し、顧客自身で直接メニューを入力するセルフオーダーシステムも増えています。

顧客が直接入力することで、店員へ伝える手間が省けるだけでなく、店側による注文の受付間違いが発生しません。注文を待たされる焦りもなくなるため、顧客側にもメリットがあるといえます。

オーダーエントリーシステムの主な機能

オーダーエントリーシステムには、注文を受けるだけでなくデータをもとにした、さまざまな機能が搭載されています。どのような機能があるのかを詳しく解説していきます。

飲食店を効率化するオーダー・テーブル管理

  • リアルタイムに注文状況の把握 
  • セルフオーダー

飲食店を効率化させるためには、オーダーを徹底的に管理する必要があります。

どのテーブルでどんなオーダーが通っているか?注文前か?注文後なのか?をきちんを把握して、その情報がリアルタイムで共有されていることが重要です。

メニューの品切れ設定やおすすめ商品といった、店舗の運営管理業務も行うことも可能です。

注文から売上データまでを繋ぐ会計・レジ連動

  • 販売・注文のレジ管理
  • クレジット・オンライン決済対応
  • 税率設定機能
  • レシート・プリンター

オーダーエントリーシステムでは、注文を受付したと同時に販売情報としてデータ蓄積します。注文の都度レジの管理下へデータが移行するため、集計することなくそのまま会計処理へ持っていくことが可能です。

クレジットやオンライン決済でも、あらめて金額を入力する必要がないため人的なミスも防ぐことができます。

来店履歴から売上・店舗管理まで各種分析・管理

  • 来店履歴・ポイント管理
  • 複数店舗の権限管理
  • スタッフ管理・在庫管理
  • 予算・予実管理
  • 売上分析

システムを導入することで顧客管理も可能です。会員登録してもらうことで、来店履歴データを蓄積することもできます。

来店履歴によって「どれぐらいの頻度で来店しているか?」「どの時間帯か?」「何を注文しているか?」などのデータを分析し売上につなげることができます。

また来店が集中する時間帯があれば、人員を厚くするなどの店舗管理にも生かすことが可能です。来店履歴1つをとっても、見る視点によっては店舗経営全体のヒントになることが考えられます。

加えて注文データは会計・POSシステムと連動するためリアルタイムに売上や予実分析も可能です。

各種システム連携

  • 各種会計ソフト連携
  • API機能によるERP連携
  • API機能によるCRM連携

単に店側だけのシステムに止まらず、他のシステムとの連携が図れるのもオーダーエントリーシステムの魅力です。

APIと呼ばれるシステム間の接続ロジックを使い、他の基幹システムや顧客管理システムとの連携が図れます。

システム連携を行うことで売上、購買データなどさまざまなデータを組み合わせて分析を行うことで、高度なマーケティング施策も実施が可能になります。

オーダーエントリーシステム導4つのメリット

注文受付・会計業務の効率化

オーダーエントリーシステム(OES)導入による1つ目のメリットは注文受付・会計業務の効率化につながる点です。

顧客自身がメニューを注文するセルフオーダーシステムの場合は、スタッフが注文を聞きに行く必要がありません。そのためスタッフがホールで顧客の注文をまたず他の業務に集中ができます。

またオーダーエントリーシステム(OES)では上述で触れたように会計データは自動的にPOSシステムに情報が送信されるため、伝票をもとにレジ打ちの必要もなく時間短縮になります。

店舗オペレーションの効率化

オーダーエントリーシステム(OES)では入力された情報が性格にキッチンにデータが届くため、注文ミスや時間も短縮できます。

ラストオーダーの取り忘れ防止や数量限定メニューがある場合もツール上で残数の管理も可能です。

またハンディ端末でメニュー情報が確認できるため、メニューを覚えていない新人スタッフでもスマホ端末などで初日から注文受付業務ができるようになり、教育コストも削減できます。

オーダーミスの防止

注文はシステムで取るため、店員のオーダーミスを限りなく無くすことができます。

セルフオーダー(設置型)の場合は注文自体を顧客自身で行うため、間違いと言う概念がなくなり、外国人スタッフの場合に懸念する調理ミスも減ることでしょう。

来店促進・リピーター獲得の施策強化

加えて顧客自身がスマホで注文を行うタイプのオーダーエントリーシステムの場合は、顧客属性データ(年齢・性別・地域など)も取得が可能で、データ分析もできるようになります。

そのためメニュー表の出し分け・クーポン配信など既存顧客向けのリピーター獲得施策としてもデータ活用ができます。

頻出のメニューの分析を行うことで顧客ニーズに合わせた新規メニューの開発や、ステータス別の再来店促進のメール送付といった販促施策も検討ができます。

オーダーエントリーシステムの種類・選び方

POSレジ一体型タイプ

POSレジ一体型のオーダーエントリーシステムは商品の売上・販売数などのデータをリアルタイムでPOSレジに送信することができます。

会計業務・売上管理・データ収集を一元化することで、注文に伴う業務の効率化につながります。

またクラウド型システムの製品が多く、端末や設置工事にかかるコストも抑えて導入ができます。

モバイル・アプリ型タイプ

モバイル・アプリ型タイプのオーダーエントリーシステムはモバイルオーダーQRオーダーシステムとも呼ばれ、初期費用や月額費用を抑えてオーダー業務を効率化ができます。

導入コストもアプリ型のため、通常のハンディーターミナルと比べると安価で、アプリインストールで簡単に導入できるのが特徴です。

またモバイル・アプリ型タイプの場合は顧客自身がスマホで注文を行うため、端末のメンテナンスなども不要です。

スマホなどのモバイル端末での注文に抵抗がない若年層やグループ客をターゲットにしている店舗では有効といえます。またSNS集客やクーポン配信といったモバイルを活用した施策を検討している方や、テイクアウトで店外から注文受付をしたいといった店舗にもおすすめです。

タブレット端末型タイプ

タブレット端末型のタイプは一般的にはセルフオーダー・テーブルオーダーシステムと呼ばれ、座席にタブレット端末を設置し顧客自身でメニュー注文を行うものです。

紙のメニュー表を端末にそのまま取り込むことができ、利用しているグランドメニューも継続して使用ができるためセルフオーダー用に新しく作る必要もありません。

一方でモバイル型とは異なり端末の設置費用が初期コストとして発生する点は、検討のポイントといえます。

オーダーエントリーシステム比較検討時のポイント

セルフオーダーシステムの場合は操作性

オーダーエントリーシステムでセルフオーダー型のシステムを検討する場合は、顧客側がストレスなく注文できる操作性が重要です。

たとえば上述で触れたようにQRオーダーシステムであれば、テーブルに設置されているQRコードを読み込むとメニュー表が表示され注文ができるようになります。また注文画面からそのまま決済画面に移ることもできるため、スマホ内で注文から会計までを完結ができます。

メニューやオーダー設定が重名に変更できるか

また、店舗運営に合わせてメニュー表やオーダー設定が柔軟に変更できるかも確認しておきましょう。

例えば飲み放題の時間管理・店舗毎のメニュー変更・テイクアウト・コース料理の設定や、金額を下げたハーフサイズオプションなど細かな設定に対応しているかも重要です。

ランチ・ディナーメニューで切り替えができる製品もあるため、比較検討の際は確認するようにしましょう。

セルフレジが付帯しているか

注文から支払いまでを顧客自身・完全セルフサービスで運営したい場合は、セルフレジ機能が付帯しているかも確認しましょう。

セルフレジを併用して利用することで顧客に対して会計用QRコードを表示させ、伝票の読込み・会計処理までを完全に顧客自身で行ってもらうことができる製品もあります。

また券売機などを設置すれば前払い式でレジ会計を効率化することも可能で、POSレジとも連動させることもできます。

オフライン時の製品挙動はどうなっているか

モバイル型・タブレット端末の場合はWi-Fiなどインターネット回線が必要となりますが、災害時や通信障害の場合は利用できない可能性もあるため、オフライン時の動作についても確認しましょう。

製品によってはインターネットが接続できなくても、通常通りに営業ができるオプションプランが用意されている場合もあります。

無料おすすめオーダーエントリーシステム月額&初期価格比較12選

システム/アプリ名初期費用月額費用無料お試し決済手数料注文手数料SNS連携QRコード決済テイクアウト
かんたん注文お問合せ0円~
キャンペーン価格をご提案中
あり
セルフオーダーを無料でお試し
1.98~3.74%~0%
テイクイーツ0円 ※無料0円 ※無料完全無料3.6%
※店頭決済は無料
クレカ決済時のみ
8%お問合せ
Cloud Menu0円 ※無料4,800円~あり
30日無料
Squareセルフオーダー0円 ※無料0円 ※無料完全無料3.6%
※クレカ決済時のみ
0円 ※無料
O:der Tableお問合せお問合せなしお問合せお問合せ
Okage Go0円1,100円なし2.59~3.3%3%
リピッテTAKEOUT&DELIVERY9,800円
※SNSシェアで無料
2,980円
※初月無料
1ヶ月お問合せ0円
poscube モバイルオーダーお問合せお問合せなしお問合せお問合せ
Linktoモバイルオーダーお問合せお問合せなしお問合せお問合せ
SMASEL(スマセル)0円お問合せなしお問合せお問合せ
モバイルオーダーシステムの比較表

かんたん注文 月額0円/無料お試し/スマホQRコード注文&テイクアウト/POSレジ付き

  • 個人店舗おすすめ月額0円から利用可能なQRコード注文+POSレジセット導入
  • QRコードでのセルフオーダーとタブレットでのセルフオーダーどちらも対応可能
  • セルフオーダー/ハンディ/テイクアウト/デリバリーにも対応

かんたん注文タブレットオーダー月額0円から利用が可能で、iPhone・androidどちらにも対応しておりアプリを入れれば操作できるため小規模店舗におすすめです。また導入にも日数はかからず最短2週間で導入が可能です。

また様々な機能が備わっており販促用のプッシュ通知・個別会計・豊富な決済手段(PayPay・クレジットカード決済・電子マネー)にも対応しており、チェーン店で利用頻度の多いタブレットオーダーも選択可能で圧倒的安価で導入できます。

加えて店舗運営に必要な大盛りオプション・セット販売などオプション設定が豊富で様々な業態で導入が可能です。

〈セルフオーダー機能を導入されたお店のメリット〉

1.客単価のUPに貢献

頼みたいときに頼めるのでオーダー数がUPし客単価がUPします。レコメンド機能でのオーダー数UPも期待できます。

2.オーダーをお客様が行うのでホール人員を削減できます

最大ホール人件費30%減らせた事例もあり。

3.少人数で忙しさに負けることなく売上を最大化できます

オーダーに追われることなく調理やドリンクの提供を最大化できます。

(当社導入店舗の実績)

初期費用月額費用手数料・オプションなど無料トライアル
お問合せ0円手数料なしセルフオーダー機能のトライアルあり

CloudMenu 初期0円&30日無料/どこよりも安く簡単開始のLINE×QRモバイルオーダー

  • 注文はタブレット/スマホで確認・明細もLINE通知でスマホアプリ感覚で簡単操作
  • 初期0円・30日無料で特別な機器購入も不要最低期間も違約金もなし
  • 来店者がスマホでQRコード読み取りスマホでメニュー表示・注文受付

CloudMenu(クラウドメニュー)初期費用は0円で手持ちのタブレットやスマホに商品を登録し、QRコードを印刷するだけですぐに開始できる店内でのモバイルオーダー注文システムです。そのため専用端末は不要で初めて導入される店舗におすすめです

導入は無料で始められ、HP上からすぐにアカウント登録して利用開始できます。またモバイルオーダーに特化し機能がシンプルに絞られており他サービスより使いやすく、利用期間の制限がないのも店舗に嬉しいポイントです。

シンプルさが魅力ですが細かな設定や機能も利用が可能で、例えば居酒屋での飲み放題・焼肉店の食べ放題のような放題メニューに対応しており、食べ放題・飲み放題を注文すると客が0円で注文することができます。

またLINEと連携してトークやグループに注文通知や、デザインも5種類から選択が可能です。(5種類以外の任意のカラーに設定も可能)。

大きな特徴は料金の安さでプランは注文機能の有無で2つあり、月額4,800円から利用可能で見積りも不要な明確な料金プランなので、初めてでも安心して使うことができます。

利用ハードルも低く30日間の無料体験が付いているため、まずは無料申込みがおすすめです。また利用期間の制限もないため、いつでもプラン変更や退会が可能なためコスト・リスクを抑えて手軽にモバイルオーダーを始めることができます。

初期費用月額費用手数料・オプションなど無料トライアル
0円4,800円~最低利用期間・解約金なし(いつでも退会可能)30日間無料

初期0円/LINE連携/期間制限なし・安くて簡単導入 – CloudMenuに無料申込み

テイクイーツ 初期/月額0円でスマホQR注文/テイクアウト&デリバリー管理/複数店対応

  • 初期/月額0円/手数料のみスマホQR注文/事前決済&データ活用でリピーター獲得
  • テイクアウト予約/QRコードで注文受付/自社デリバリーを一括管理
  • 個人/小規模店舗おすすめ/QRオーダー/テイクアウト&デリバリーを最短即日開始
  • 28種の豊富な機能独自クーポン発行/事前決済/注文管理店頭払い/限定商品
  • 複数店舗の一元管理・本部/店舗権限の発行可能でチェーン店利用も最適

テイクイーツ初期/月額0円で手数料のみで利用できるQRコード注文/テイクアウト予約/デリバリー受付が可能な注文プラットフォームです。

1つの管理画面でQRオーダー/テイクアウト/デリバリーの一括管理が可能で、本社/複数店舗管理もできるためチェーン店での導入にもおすすめです。

テイクアウト予約だけでなく自社デリバリーの選択が可能で、一般的なグルメサイトでは手数料が30%ほど発生しますが8%~と高い利益率でオンライン注文受付が可能です。

個人事業主・小規模店舗もおすすめでQRコードを発行し店内やベンチ/看板に設置すればスマホQR注文・テイクアウトも直ぐにスタートできます。

加えて28種の豊富な機能が搭載されており、独自クーポン発行機能や商品毎の在庫設定/SNS連携QRコード発行/事前決済対応でサイト開設から集客・管理まで実現できます。

初期/月額は無料で登録でき複数店舗向けのプランもあるためぜひ営業担当に無料相談してみましょう。

初期費用月額費用手数料機能/オプション無料トライアル
0円
※無料
0円
※無料
注文手数料:8%
決済手数料:3.6%
※クレカ決済時のみ発生
事前決済/独自クーポン/QRコード発行
受付時間/販売期間設定/複数店舗/在庫管理
自社デリバリー/限定商品
なし
※無料開設

CASHIER – 店舗の成長を支援する高機能クラウドPOSレジ/オーダーシステム

  • 初期費用0円 or 月額費用0円で導入可能な最新システム
  • 店舗の規模や業種に最適なオリジナルハードウェアを組み合わせることが可能
  • セルフレジやタッチパネル型券売機などニーズの高い機器が豊富
  • 店舗のあらゆる業務の一元管理が可能となり、データ管理運営を効率化
  • アンドロイド型だから達成できる圧倒的な動作の安定性

CASHIERは、POSを中心にご利用の店舗の規模や業種に最適な、オリジナルハードウェアを組み合わせることが可能です。

店舗の業種や規模に適したハードウェアと管理機能を選択し、自由自在に販売環境の設計が可能です。また、小売業の店舗様に重宝される高度な在庫管理機能を搭載。

煩雑になりがちな在庫管理業務を一気通貫で行うことが可能です。発注や仕入れ、棚卸しなどの機能を活用し、高度な在庫管理を実現します。

【飲食業向けの特徴】
飲食店の注文から会計をデジタル化できる専用のオーダー機能の種類が豊富のため、業態や規模に応じて自由に組み合わせが可能です。

店舗スタッフの業務負担を軽減し、店舗運営スタッフの人数を最適化することで、人材不足や人件費高騰などの課題解決にも繋がります。またテーブルオーダーなどお客様自身のタイミングで好きな時に注文ができることで、客単価アップも期待ができます。

CASHIERは店舗導入実績2,000台、イベントでは年間延べ10,000台が稼動している安定性とスピーディな動作の専用ハードウェア+POSレジアプリで営業中のトラブルを減少いたします。

また、導入前のご相談から運用中のお悩み相談までを徹底的にサポートいたします。POSレジを提供するだけでなく、皆様が安心して営業できるよう店舗の一員としてサポートするということを心がけております。

初期費用月額費用主要機能販売連携
0円~0円~多彩なレジ/顧客管理
/在庫管理/本部管理/
大規模複数店舗管理/
発注・仕入れ管理/その他
セルフレジ/セミセルフレジ/ハンディ/
スマホレジ/タッチパネル券売機/
スマホ・テーブルオーダー/
モバイル・テイクアウトオーダー

Squareセルフオーダー 初期&月額0円/QRコードで事前注文/POSレジも無料+自動連携

  • 月額・初期・注文手数料0円で無料導入
  • 最短翌日入金・振込手数料0円QRコード設置だけで簡単に事前注文受付
  • アカウント1つでPOSレジ・キャッシュレス決済も無料利用
  • 自動でPOSレジ連携・オーダーシートも発行でテーブル会計を効率化

Square セルフオーダーはQRコードを設置するだけで飲食店・レストランのテーブル注文やレジ会計を効率化できるPOSレジ連動型の無料セルフオーダーシステムです。

SquareではPOSレジ・キャッシュレス決済・テイクアウトサイト作成ツールも提供しており、1つのアカウントでネット・店内注文の受付から会計・決済・売上までをすべて管理できます。

また個人・小規模飲食店には嬉しい最短翌日のスピード入金・振込手数料も0円で不明確な料金は一切なく、店舗経営も安定させることができます。

Squareセルフオーダー-無料QRコード・店内スマホ注文システム導入の3つのステップ

アカウント登録後は管理画面からQRコードを発行し、テーブルや看板に設置することで店内のレジ会計・店舗に立ち寄った人のテイクアウト受付も可能になります。注文情報は無料提供のPOSレジに自動送信され、オーダーシート・テーブル番号を発行できます。

一般的なテーブルオーダーシステムの場合は初期費用や月額固定費が2~10万円程度発生しますが、QRコード設置のみのため0円導入が可能です。

またモバイルオーダーシステム(スマホ注文)は決済手数料3%前後に加えて注文手数料が3~5%ほど掛かりますが、こちらも無料で提供されています。

QRコードはリアル店舗だけでなく、自社ホームページ・LINEやInstagramといったSNS上でも活用できるため、オンライン上でテイクアウト予約も注文受付ができるようになります。

初期費用月額費用決済手数料振込・販売手数料入金サイクル
0円0円3.25%~0円最短翌日入金

翌日入金で個人飲食店におすすめ – POSレジ連携のSquareセルフオーダーを無料導入

スマレジ・ウェイター

●特徴

  • 無料から利用可能
  • メニュー登録ではカスタムオーダーの設定も可能
  • 注文入力ではランチとディナーに自動切り替え

豊富な機能とシンプルな操作で無料から使える「スマレジ・ウェイター」は、クラウドを利用した画期的なシステムです。メニュー登録から注文入力に対応し、テーブル管理まで機能が揃っています。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
無料0円〜10,000円あり

詳細はこちら:https://waiter.smaregi.jp/

Orange Handy

●特徴

  • 商品や在庫管理も可能
  • レシート印字プリンタへワイヤレス接続が可能
  • オフラインでも利用可能

タブレットを最大限に利用した「Orange Handy」では、注文受付など基本機能に加えて商品や在庫の管理まで行うことができます。

レシートの印字に関してもワイヤレスでのプリントが可能なため、すっきりした店舗内となります。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
要問い合わせ9,800円〜あり

詳細はこちら:http://orange-tablet.jp/oes/

tenposAir

●特徴

  • オプション付きオーダー機能
  • セレクト機能
  • 端末ごとの多言語切り替え機能
  • オフライン利用可能

安心安全設計のtenposAirは、飲食店専用のiPadPOSとして抜群の操作性を誇っています。

多言語にも対応しているため、外国人が多い店舗でも十分に活用することが可能です。また万が一インターネットに繋がらなくなっても、オフライン環境でも利用できるため、店舗内のデータ連携には支障が出ません。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
380,000円〜10,000円なし

詳細はこちら:https://tenposair.com

FlickOrder

●特徴

  • スマホとタブレットのみの運用が可能
  • 安心の無料トライアルあり
  • ユビレジアカウントに登録しての利用開始

FlickOrderはスマホとタブレットだけで、注文受付からの一連の流れを確立させることができるシステムです。テーブル利用状況の把握や注文受付をスマホで行い、会計や注文伝票の送信は全てタブレットのみで行うことができます。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
無料3,500円あり

詳細はこちら:https://www.flickorder.com/

Order4U

●特徴

  • 直感的でシンプル操作
  • 注文情報をデータ化
  • 拡張性は高いがコストは低い

Order4Uは、直感的でシンプルな操作性が特徴です。注文情報をデータ化し、さまざまな視点で分析し店舗経営に役立てることができます。

加えて他のシステムとの連携や拡張性が高く、状況に合わせて幅広いデバイスで利用可能です。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
50,000円〜8,000円〜なし

詳細はこちら:https://order4u.4uapplications.com/

Easy Booklet

●特徴

  • 業界初のブックレット型ハンディターミナル採用
  • ハンディターミナルのボタンを大型化できる
  • テーブル状況を確認するためのリマインダー機能搭載

CASIOが提供する「Easy Booklet」は、ブックレット型のハンディターミナルを利用した簡単操作のシステムです。

本のようにページをめくってメニュー選択することができるため、場所に迷ったりすることがありません。新人スタッフでも安心して操作方法を覚えることができる操作性に優れたオーダーシステムです。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

詳細はこちら:http://arch.casio.jp/ecr/products/oes/qf-r10/

FoodFrontia(フードフロンティア)

●特徴

  • セルフ会計POSシステムが使える
  • セルフオーダーシステムが使える
  • 1つのパッケージでどんな業種でも対応可能

NECが提供するFoodFrontiaは、オーダーエントリーシステムと経営支援システムをトータルで連携させています。どのような業種運用でも対応可能で、売り上げアップとCS向上にも特化したサービス提供が可能です。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

詳細はこちら:https://www.necplatforms.co.jp/solution/food/foodfrontia/index.html

POSレジ付随型で自動連携・おすすめオーダーエントリーシステム月額&初期比較8選

システム/アプリ名初期費用月額費用無料お試し決済手数料注文手数料SNS連携QRコード決済テイクアウト
かんたん注文お問合せ0円~
キャンペーン価格をご提案中
あり
セルフオーダーを無料でお試し
1.98~3.74%~0%
テイクイーツ0円 ※無料0円 ※無料完全無料3.6%
※店頭決済は無料
クレカ決済時のみ
8%お問合せ
Cloud Menu0円 ※無料4,800円~あり
30日無料
Squareセルフオーダー0円 ※無料0円 ※無料完全無料3.6%
※クレカ決済時のみ
0円 ※無料
O:der Tableお問合せお問合せなしお問合せお問合せ
Okage Go0円1,100円なし2.59~3.3%3%
リピッテTAKEOUT&DELIVERY9,800円
※SNSシェアで無料
2,980円
※初月無料
1ヶ月お問合せ0円
poscube モバイルオーダーお問合せお問合せなしお問合せお問合せ
Linktoモバイルオーダーお問合せお問合せなしお問合せお問合せ
SMASEL(スマセル)0円お問合せなしお問合せお問合せ
モバイルオーダーシステムの比較表

POSレジ付随型のオーダーエントリーシステムは、注文データとの連携によって会計処理の効率化やクレカ決済の導入にも役立ちます。

ここではPOSレジとセット・連携可能なオーダーエントリーシステムについてを紹介します。

かんたん注文 月額0円/無料お試し/スマホQRコード注文&テイクアウト/POSレジ付き

  • 個人店舗おすすめ月額0円から利用可能なQRコード注文+POSレジセット導入
  • QRコードでのセルフオーダーとタブレットでのセルフオーダーどちらも対応可能
  • セルフオーダー/ハンディ/テイクアウト/デリバリーにも対応

かんたん注文タブレットオーダー月額0円から利用が可能で、iPhone・androidどちらにも対応しておりアプリを入れれば操作できるため小規模店舗におすすめです。また導入にも日数はかからず最短2週間で導入が可能です。

また様々な機能が備わっており販促用のプッシュ通知・個別会計・豊富な決済手段(PayPay・クレジットカード決済・電子マネー)にも対応しており、チェーン店で利用頻度の多いタブレットオーダーも選択可能で圧倒的安価で導入できます。

加えて店舗運営に必要な大盛りオプション・セット販売などオプション設定が豊富で様々な業態で導入が可能です。

〈セルフオーダー機能を導入されたお店のメリット〉

1.客単価のUPに貢献

頼みたいときに頼めるのでオーダー数がUPし客単価がUPします。レコメンド機能でのオーダー数UPも期待できます。

2.オーダーをお客様が行うのでホール人員を削減できます

最大ホール人件費30%減らせた事例もあり。

3.少人数で忙しさに負けることなく売上を最大化できます

オーダーに追われることなく調理やドリンクの提供を最大化できます。

(当社導入店舗の実績)

初期費用月額費用手数料・オプションなど無料トライアル
お問合せ0円手数料なしセルフオーダー機能のトライアルあり

CloudMenu 初期0円&30日無料/どこよりも安く簡単開始のLINE×QRモバイルオーダー

  • 注文はタブレット/スマホで確認・明細もLINE通知でスマホアプリ感覚で簡単操作
  • 初期0円・30日無料で特別な機器購入も不要最低期間も違約金もなし
  • 来店者がスマホでQRコード読み取りスマホでメニュー表示・注文受付

CloudMenu(クラウドメニュー)初期費用は0円で手持ちのタブレットやスマホに商品を登録し、QRコードを印刷するだけですぐに開始できる店内でのモバイルオーダー注文システムです。そのため専用端末は不要で初めて導入される店舗におすすめです

導入は無料で始められ、HP上からすぐにアカウント登録して利用開始できます。またモバイルオーダーに特化し機能がシンプルに絞られており他サービスより使いやすく、利用期間の制限がないのも店舗に嬉しいポイントです。

シンプルさが魅力ですが細かな設定や機能も利用が可能で、例えば居酒屋での飲み放題・焼肉店の食べ放題のような放題メニューに対応しており、食べ放題・飲み放題を注文すると客が0円で注文することができます。

またLINEと連携してトークやグループに注文通知や、デザインも5種類から選択が可能です。(5種類以外の任意のカラーに設定も可能)。

大きな特徴は料金の安さでプランは注文機能の有無で2つあり、月額4,800円から利用可能で見積りも不要な明確な料金プランなので、初めてでも安心して使うことができます。

利用ハードルも低く30日間の無料体験が付いているため、まずは無料申込みがおすすめです。また利用期間の制限もないため、いつでもプラン変更や退会が可能なためコスト・リスクを抑えて手軽にモバイルオーダーを始めることができます。

初期費用月額費用手数料・オプションなど無料トライアル
0円4,800円~最低利用期間・解約金なし(いつでも退会可能)30日間無料

初期0円/LINE連携/期間制限なし・安くて簡単導入 – CloudMenuに無料申込み

テイクイーツ 初期/月額0円でスマホQR注文/テイクアウト&デリバリー管理/複数店対応

  • 初期/月額0円/手数料のみスマホQR注文/事前決済&データ活用でリピーター獲得
  • テイクアウト予約/QRコードで注文受付/自社デリバリーを一括管理
  • 個人/小規模店舗おすすめ/QRオーダー/テイクアウト&デリバリーを最短即日開始
  • 28種の豊富な機能独自クーポン発行/事前決済/注文管理店頭払い/限定商品
  • 複数店舗の一元管理・本部/店舗権限の発行可能でチェーン店利用も最適

テイクイーツ初期/月額0円で手数料のみで利用できるQRコード注文/テイクアウト予約/デリバリー受付が可能な注文プラットフォームです。

1つの管理画面でQRオーダー/テイクアウト/デリバリーの一括管理が可能で、本社/複数店舗管理もできるためチェーン店での導入にもおすすめです。

テイクアウト予約だけでなく自社デリバリーの選択が可能で、一般的なグルメサイトでは手数料が30%ほど発生しますが8%~と高い利益率でオンライン注文受付が可能です。

個人事業主・小規模店舗もおすすめでQRコードを発行し店内やベンチ/看板に設置すればスマホQR注文・テイクアウトも直ぐにスタートできます。

加えて28種の豊富な機能が搭載されており、独自クーポン発行機能や商品毎の在庫設定/SNS連携QRコード発行/事前決済対応でサイト開設から集客・管理まで実現できます。

初期/月額は無料で登録でき複数店舗向けのプランもあるためぜひ営業担当に無料相談してみましょう。

初期費用月額費用手数料機能/オプション無料トライアル
0円
※無料
0円
※無料
注文手数料:8%
決済手数料:3.6%
※クレカ決済時のみ発生
事前決済/独自クーポン/QRコード発行
受付時間/販売期間設定/複数店舗/在庫管理
自社デリバリー/限定商品
なし
※無料開設

CASHIER – 店舗の成長を支援する高機能クラウドPOSレジ/オーダーシステム

  • 初期費用0円 or 月額費用0円で導入可能な最新システム
  • 店舗の規模や業種に最適なオリジナルハードウェアを組み合わせることが可能
  • セルフレジやタッチパネル型券売機などニーズの高い機器が豊富
  • 店舗のあらゆる業務の一元管理が可能となり、データ管理運営を効率化
  • アンドロイド型だから達成できる圧倒的な動作の安定性

CASHIERは、POSを中心にご利用の店舗の規模や業種に最適な、オリジナルハードウェアを組み合わせることが可能です。

店舗の業種や規模に適したハードウェアと管理機能を選択し、自由自在に販売環境の設計が可能です。また、小売業の店舗様に重宝される高度な在庫管理機能を搭載。

煩雑になりがちな在庫管理業務を一気通貫で行うことが可能です。発注や仕入れ、棚卸しなどの機能を活用し、高度な在庫管理を実現します。

【飲食業向けの特徴】
飲食店の注文から会計をデジタル化できる専用のオーダー機能の種類が豊富のため、業態や規模に応じて自由に組み合わせが可能です。

店舗スタッフの業務負担を軽減し、店舗運営スタッフの人数を最適化することで、人材不足や人件費高騰などの課題解決にも繋がります。またテーブルオーダーなどお客様自身のタイミングで好きな時に注文ができることで、客単価アップも期待ができます。

CASHIERは店舗導入実績2,000台、イベントでは年間延べ10,000台が稼動している安定性とスピーディな動作の専用ハードウェア+POSレジアプリで営業中のトラブルを減少いたします。

また、導入前のご相談から運用中のお悩み相談までを徹底的にサポートいたします。POSレジを提供するだけでなく、皆様が安心して営業できるよう店舗の一員としてサポートするということを心がけております。

初期費用月額費用主要機能販売連携
0円~0円~多彩なレジ/顧客管理
/在庫管理/本部管理/
大規模複数店舗管理/
発注・仕入れ管理/その他
セルフレジ/セミセルフレジ/ハンディ/
スマホレジ/タッチパネル券売機/
スマホ・テーブルオーダー/
モバイル・テイクアウトオーダー

Squareセルフオーダー 初期&月額0円/QRコードで事前注文/POSレジも無料+自動連携

  • 月額・初期・注文手数料0円で無料導入
  • 最短翌日入金・振込手数料0円QRコード設置だけで簡単に事前注文受付
  • アカウント1つでPOSレジ・キャッシュレス決済も無料利用
  • 自動でPOSレジ連携・オーダーシートも発行でテーブル会計を効率化

Square セルフオーダーはQRコードを設置するだけで飲食店・レストランのテーブル注文やレジ会計を効率化できるPOSレジ連動型の無料セルフオーダーシステムです。

SquareではPOSレジ・キャッシュレス決済・テイクアウトサイト作成ツールも提供しており、1つのアカウントでネット・店内注文の受付から会計・決済・売上までをすべて管理できます。

また個人・小規模飲食店には嬉しい最短翌日のスピード入金・振込手数料も0円で不明確な料金は一切なく、店舗経営も安定させることができます。

Squareセルフオーダー-無料QRコード・店内スマホ注文システム導入の3つのステップ

アカウント登録後は管理画面からQRコードを発行し、テーブルや看板に設置することで店内のレジ会計・店舗に立ち寄った人のテイクアウト受付も可能になります。注文情報は無料提供のPOSレジに自動送信され、オーダーシート・テーブル番号を発行できます。

一般的なテーブルオーダーシステムの場合は初期費用や月額固定費が2~10万円程度発生しますが、QRコード設置のみのため0円導入が可能です。

またモバイルオーダーシステム(スマホ注文)は決済手数料3%前後に加えて注文手数料が3~5%ほど掛かりますが、こちらも無料で提供されています。

QRコードはリアル店舗だけでなく、自社ホームページ・LINEやInstagramといったSNS上でも活用できるため、オンライン上でテイクアウト予約も注文受付ができるようになります。

初期費用月額費用決済手数料振込・販売手数料入金サイクル
0円0円3.25%~0円最短翌日入金

翌日入金で個人飲食店におすすめ – POSレジ連携のSquareセルフオーダーを無料導入

ユビレジ

●特徴

  • POSレジによる商品管理と在庫管理の自動化
  • さまざまなキャッシュレス決済が連携可能
  • 勤怠管理や予実管理もできる

ユビレジはPOSレジ導入によって注文管理だけでなく、商品管理や在庫管理など経営に関する全てのサポートを行います。人員稼働に関わる勤怠管理に加え、予実管理も可能で店舗経営には最適な管理会計が可能です。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
無料6,900円あり

詳細はこちら:https://ubiregi.jp/

Okage レジ

●特徴

  • 全端末リアルタイム連動
  • ハンディ端末で会計ができる
  • 直感的な操作が可能

スマホタブレットを駆使した「Okage レジ」は、クイック操作で直感的に使えるPOSシステムです。契約ごとにクラウドデータベースが設置されているため、基幹システムとの連携も容易にできます。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
無料5,000円〜あり

詳細はこちら:https://okagekk.com

Orange Operation

●特徴

  • 高次元な機能カスタマイズ
  • 台数が多いほどコスパが良くなる料金体系
  • 豊富なPOSアプリ機能と緻密な管理機能搭載

「Orange Operation」は、基本的なPOSシステムの機能に加えて「生産・点検・受注管理・会員管理」などの豊富な機能を搭載しています。

外部サービスとの連携も可能で、基幹システムや決済システム導入がスムーズに行えます。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

詳細はこちら:https://orange-pos.jp

オーダーエントリーシステムで店舗の注文管理を効率化

オーダーエントリーシステムを使えば、オペレーションが煩雑になっている店舗でも円滑に回すことができます。

飲食店においてはホールがどれだけ余裕を持って接客し、キッチン側へ指示を出せるかが店舗経営のポイントといえます。

店舗の状況を常に把握して、ただ業務に追われるだけの経営から脱出するきっかけに、ぜひ導入検討をしてみてはいかがでしょうか。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

オーダーエントリーシステム(OES)とは|比較20選・種類・飲食店おすすめ導入メリット・選び方のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved