※この記事には一部PRが含まれます。

店舗管理システム比較16選|業種別ツールのメリット・複数店舗のクラウド管理で本部と店長業務の効率化

店舗管理システム比較16選|業種別ツールのメリット・複数店舗のクラウド管理で本部と店長業務の効率化のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

店舗管理システムとは

店舗管理システムとは飲食店や小売店などの店舗ビジネスの経営状況を把握し、複数店舗の統括管理を行うことを指します。効率的な店舗経営・設備管理を実施することで、売上向上もはかることが可能です。

店舗管理システムとは多店舗展開を行っている複数店舗の売上管理や注文状況・仕入れ・在庫管理・勤怠管理など店舗運営に必要な業務を一元管理し、本社と店舗の業務効率化を目的としたシステムです。

システムの導入により効率化が広く知られていますがまだ実践していない店舗もあるでしょう。

本記事では店舗管理システムのメリットやどのような提供会社があるのかを紹介します。

店舗管理の業務

店舗管理の具体的な業務としては次のような業務があげられます。

  • 店舗別の売上管理
  • 仕入れ・在庫管理
  • スタッフ・従業員管理

これらの管理全てを1人で行なっているケースは少ないと思いますが、少数かつシステム利用などをしていない場合は一人ひとりの負担が大きいでしょう。

最悪の場合、店舗管理の作業で時間や労働力を割かれてしまい全体の効率が落ちているかもしれません。

複数店舗で店舗管理システムが必要な理由

では具体的になぜ店舗管理システムが必要とされているのでしょうか?

いくつか理由が挙げられますので確認していきましょう。

本部課題:店舗状態の把握

まずは店舗の本部側の課題が理由として挙げられます。

  • 各店舗の状況を把握できていない
  • ミスが多く数字が違う
  • 店舗数が多く作業指揮系統などが整っていない

他にもいくつかありますが主な理由は上記のものとなります。

とくに店舗数が多い場合に発生しやすいことですので自身の店舗がいくつか当てはまっていないか注意が必要です。

またこれらは人的なミスが最も多い原因となりますので、システムの導入により改善が期待できるでしょう。

店舗課題:各種本部への報告業務

また多店舗展開を行っている場合は、店舗側にも課題が生じます。

  • 各店舗の店長などが管理に慣れていない
  • 報告することが多く漏れがある
  • 多忙により報告ができていない

とくに店舗数や来店者数が多い都内などが当てはまる企業も多いのではないでしょうか。

多忙により報告できないことはしばしばあるかもしれませんが、店長が管理に慣れていない場合は効率化するためシステムの導入は必須となります。

またシステムを導入することで売上や仕入れ状況の報告は、店長が行わなくても可視化することが可能なため、負担も軽減できるでしょう。

店舗管理システムの機能・6つのメリット

システムが必要だというのはわかったが具体的な機能やメリットは何があるの?という方がいらっしゃると思いますので紹介します。

店舗管理システムの機能

店舗管理システムの主な業務

主な機能としては次のようなものがあります。

  • 売上管理
  • 経費管理
  • 在庫管理
  • 業績管理
  • 従業員管理
  • 勤怠管理

とくに売上管理と経費管理などは間違いが許されない項目となりますのでシステムに任せてしまうのがベストと言えます。

また店舗管理システムには完全初心者でも簡単に使用できるようなシステムもあり、労働力の削減や残業の緩和など導入した際の効果は大きいでしょう。

リアルタイムにデータを一元管理・本部側の3つのメリット

次に本部側のメリットについて紹介します。

  • スピーディーな売上管理
  • 店舗がどのような指示をしているかわかる
  • リアルタイムに店舗の情報が把握できる

上記のものは全てリアルタイムで行える点もあり管理が非常に楽になります。

とくに指示がどのようになっているかなどは業務改善の材料となりますので大変ありがたいですね。

管理業務を効率化・店舗側の3つのメリット

続いて店舗側のメリットについて見ていきます。

  • 店舗管理が楽になる
  • 他の業務に力を入れられる(サービス面など)
  • システムが使いやすく誰でも使用できる

システムの種類によっても変わりますので上記以外のメリットも多数あるでしょう。

店舗の各種管理業務が楽になるということはその分、接客向上やメニュー企画、スタッフ育成といった店長が行うべき業務にに力を入れることができます。

またシステムが扱いやすいものでしたらm経験の浅い人でも使えますので業務の負担を減らせるでしょう。

端末1台で注文予約を一元管理/無料おすすめテイクアウト&デリバリー一括管理システム初期/月額/手数料比較4選

システム/アプリ名初期費用月額費用手数料機能無料トライアル
Camel無料お問い合わせ無料デリバリーサービス公式連携/
POSレジ連携/キッチンプリンター連携/
ゴーストレストラン対応/24時間365日の電話対応
お問い合わせ
Hubster0円 ※無料BM:1,000円
スタンダード:5,980円
プレミアム:9,400円
お問合せ店舗一括管理/複数店舗管理/商品一括停止
注文自動受付/キャンセル通知設定
あり
beepデリバリー0円 ※無料1,100円/台注文サイト:33円+0.825%
自社デリバリー:55円+0.825%
デリバリー/テイクアウトサイト作成
クーポン発行/GPS配送管理
外部配送スタッフ代行
店内オーダー/最低金額設定
なし
Orderlyお問合せお問合せお問合せPOSレジ/キッチンプリンター連携
複数店舗/ブランド管理/品切れ設定
なし
delicoお問合せお問合せお問合せPOSレジ/キッチンプリンター連携
複数店舗管理
なし
Ordeeお問合せお問合せお問合せPOSレジ/キッチンプリンター連携
複数店舗管理/品切れ停止設定
契約後に1週間~お試し可能

Camel(キャメル)

  • 1店舗の個人店~1,000店舗以上の大手チェーン企業まで導入実績あり
  • 2022年4月時点で国内のほぼすべてのデリバリーサービスとAPI連携済み
  • 多店舗運営もまとめて管理が可能なダッシュボード

Camelはデリバリー一元化サービスとして国内最多導入数6,500店舗以上の、デリバリー・テイクアウト注文一元管理サービスです。連携する全てのデリバリー・テイクアウトサービスからの注文を1枚のタブレットで一括受注が可能です。

デリバリー業務に必要な店舗側の一連のオペレーションが簡潔化、新しくデリバリーサービスに出店時もオペレーションが煩雑化することなく、管理コストの削減・売り上げの最大化が実現できます。

初期費用月額費用手数料・オプションなど無料トライアル
無料お問い合わせ手数料無料/デリバリーサービス公式連携/
POSレジ連携/キッチンプリンター連携/
ゴーストレストラン対応/24時間365日の電話対応
お問い合わせ

詳細はこちら:https://www.camel-delivery.com/

Hubster(ハブスター)

  • テイクアウト/デリバリー注文を一元管理
  • デリバリー利益・収益を最大化
  • プリンターでチケットも簡単印刷

Hubsterはレストランのデリバリー注文・テイクアウト予約を一括管理できるシステムです。POSレジやキッチンプリンターとも連携しておりバックオフィス業務も効率化できます。

1台のタブレットで様々な注文を管理できるので個人店でも業務効率化を実感できるのが特徴です。

初期費用月額費用手数料・オプションなど無料トライアル
0円 ※無料BM:1,000円
スタンダード:5,980円
プレミアム:9,400円
店舗一括管理/複数店舗管理/商品一括停止
注文自動受付/キャンセル通知設定
あり

詳細はこちら:https://www.tryhubster.jp/

delico(デリコ)

  • デリバリー注文/テイクアウト予約サービスの売上を一元管理
  • データドリブンな飲食店経営
  • デリバリー伝票を自動プリント

delicoはデリバリー・テイクアウト予約サイトの注文を一元管理し、タブレット端末1台で閲覧・データドリブンな飲食店軽経営を実現する業務管理システムです。

キッチンプリンターとも連携しているため、注文と同時に自動で伝票印刷も可能で手書きの必要がなく店舗スタッフの業務も効率化ができます。

初期費用月額費用手数料・オプションなど無料トライアル
お問合せお問合せPOSレジ/キッチンプリンター連携
複数店舗管理
なし

詳細はこちら:https://delico.co.jp/

Ordee(オーディー)

  • デリバリー・テイクアウト注文をタブレット端末1台で管理
  • ゴーストレストラン店舗に
  • ハンディー不要で自動伝票印刷

Ordeeはデリバリー・テイクアウト注文を端末1つで複数のサイト予約を一元管理が可能なシステムです。

プリンターと連携しているためハンディ打ち込みも不要で伝票を自動出力が可能で、品切れ・受付停止も一括管理ができます。

初期費用月額費用手数料・オプションなど無料トライアル
お問合せお問合せPOSレジ/キッチンプリンター連携
複数店舗管理/品切れ停止設定
契約後に1週間~お試し可能

詳細はこちら:https://ordee.io/

多店舗&複数の本社/スタッフ/マネージャーおすすめ小売業界向け店舗管理システム比較3選

RegiGrow

●特徴

  • 部門別売上
  • 在庫のリアルタイム更新
  • 売上分析

RegiGlowは部門別の売上や単品管理、棚卸しの管理まで行うことができるオールラウンダーなシステムとなっています。

1つのシステムでかゆいところまで手が届きますので大変ありがたいシステムとなりますね。

他にも売上分析が簡単に行えるなど、リアルタイムで在庫の管理をできることが特徴としてあげられます。

詳細はこちら:https://www.necplatforms.co.jp/solution/retail/product/regigrow/hq/

Tenp Visor(テンポバイザー)

●特徴

  • スマホアプリで売上チェック
  • ローコスト
  • クラウドで一元管理

テンポバイザーは専用の無料アプリで売り上げを簡単にチェックすることができ、出張などの外出先でも安心して最新情報を確認できます。

またローコストでありクラウドで大量の店舗情報を一元管理することができる店舗管理システムとなります。

5,600店舗に導入されており、実績も申し分ないので安心して使うことができるでしょう。

詳細はこちら:https://www.tenpovisor.com/

スゴ腕

●特徴

  • ポイント管理
  • スタッフ管理
  • 様々なパッケージ

ポイント管理やスタッフ管理を簡単に行うことができ業務の改善や、どのスタッフが仕事に適しているかなどを把握することができます。

また様々なパッケージからベストプランを選ぶことができますので必要な機能だけ導入することができるでしょう。

導入実績も1,200件と高くなっておりいずれも高評価をつけております。

詳細はこちら:http://www.ndatacom.co.jp/

飲食業界向け複数・多店舗おすすめ管理システム比較3選

続いては飲食業界向けの店舗管理システムとなります。

Gulf CSM(ガルフ チェーンストアマネジメント)

●特徴

  • 長い経験と実績
  • 豊富な機能
  • あらゆる経営数値を見える化

聞いたことのある方が多いかもしれませんがガルフチェーンストアマネジメントは店舗が欲しいと思える機能を幅広く扱っています。

また様々な経営数値を視覚的にわかりやすいよう見える化をしており一目で何かわからないことでも理解しやすくしています。

吉野家などの大手チェーン会社も導入しており実績も多数あります。

詳細はこちら:https://www.gulfnet.co.jp/csm/

まかせてネットEX

●特徴

  • 24時間365日サポート
  • 様々なシリーズ
  • 集計分析の自動化

飲食店への導入が多いシステムとなりますがシリーズによっては百貨店などにも対応できる会社となります。

手厚いサポートをいつでも受けることができますので夜遅い時間でも気軽に相談することができます。

ほかにも集計分析の自動化などがありますので業務改善に大いに役立つでしょう。

詳細はこちら:https://www.justweb.co.jp/makasetenetex/

MAIDO SYSTEM

●特徴

  • ローコスト
  • オールインワンシステム
  • 独自のキャッシュレス決済装置

ユニークな名前をしており親しみやすさを感じるMAIDO SYSTEMはローコストでありながらあったらいいなと思う機能を詰め込んでおります。

値段相応では?と思う心配はありませんので安心して使用できるでしょう。

またMAIDO PAYという独自のキャッシュレス決済装置を展開していますので同時に導入することも可能となります。

詳細はこちら:https://www.maido-system.net

アパレル業界向け複数・多店舗管理システム比較3選

続いてはアパレル業界向けの店舗管理システムの紹介です。

アラジンオフィスfor fashion

●特徴

  • 免税販売に標準対応
  • ライセンスフリー
  • 一元管理によるオムニチャネルの実現

アラジンオフィスは柔軟なシステムに定評があり様々な問題を簡単に解決するポテンシャルをもっています。

とくに免税販売を簡単に行えることが強みであり、POSシステムレシートプリンタから直接発行することが可能となります。

また場所を問わず情報共有ができたり、一元管理によりウェブとリアルを簡単に管理することができます。

詳細はこちら:https://aladdin-office.com/fashion/type/retail/cloudpos/

FashionManagerWW

●特徴

  • オールインワンサポート
  • リアルタイムでの在庫管理
  • 海外展開にも対応

アパレルは幅広い業務がありそれぞれで管理を行わなければいけないので多少の面倒くささを感じますがFashionManagerWWですとその悩みの全てを解決できるかもしれません。

理由としてはオールインワンサポートなので多数の業務を対応することができ、リアルタイムでの在庫管理ができますので効率化もできます。

また多言語対応ですので海外で展開したいという場合でも使用することができます。

詳細はこちら:https://www.jmode.co.jp/product/fmww/

POSCM NEO

●特徴

  • 様々なパターンに対応
  • 見やすく操作をしやすい
  • 365日サポート対応

POSCM NEOは様々なパターンに柔軟に対応することができ公式サイトでも事例や特徴をわかりやすく書いている会社となります。

誰でも見やすく操作をしやすい画面を意識しており一見POSシステムではないように感じるところもアパレル業界では嬉しいですね。

また365日サポートをしていますので何か傷害が起こった際はすぐに相談をすることができます。

詳細はこちら:https://www.web-base.co.jp/poscm_plus/

EC業界向け複数・多店舗管理システム比較3選

続いてはEC業界向けの店舗管理システムとなります。

CROSSMALL

●特徴

  • 導入から運営までサポート
  • 定期的な仕様更新
  • 分析が簡単

CROSSMALLは導入から運営までをサポートしてくれますのでその過程でつまずくことがあってもすぐに相談することができます。

とくに導入の段階などでは問題が起こりやすいですのでありがたいですね。

また定期的な仕様の更新もありますので常に使いやすい環境を手に入れることが可能となります。

注文分析なども簡単に行えますので業務の効率化に役立つでしょう。

詳細はこちら:https://cross-mall.jp

ネクストエンジン

●特徴

  • 手厚いサポート
  • 現役のネットショップが運営
  • 要望に応じた料金設定

現役ネットショップであるHameeが開発・運営をしているシステムであり、現場を経験している方が運営や開発に多いため希望に近い機能を用意しています。

また現場を知っているということは的確なサポート、提案などを提供できる能力があるということになりますので信頼度が高いでしょう。

料金も要望の機能に応じて10,000円~となっており親切な金額になっています。

詳細はこちら:https://next-engine.net/

TEMPOSTAR(テンポスター)

●特徴

  • 個別にカスタマイズ
  • 様々な業務の効率化
  • 随時新サービスをリリース

テンポスターはあらゆる業務の効率化の他に個別にカスタマイズできる点があり、欲しい機能だけを持ち合わせた独自のシステムを作成することが可能となります。

店舗管理システムの中にはいらない機能が入っている場合もありますので独自に組み合わせて使用できる点はありがたいですね。

また新サービスを定期的に配信していますので相性が良いと更なる業務の効率化を実現することができます。

詳細はこちら:https://commerce-star.com/tempostar/

店舗管理システムで顧客データ・売上管理を一元管理しよう

店舗管理システムは様々な業務を効率化することが可能で、今までは面倒だったという管理面の問題を解決してくれるシステムです。

アナログの方法で十分だという店舗もあるかもしれませんが、少しでも業務の効率化を目指すのであれば顧客データ・売上管理を一元管理は必須となります。

現在の状況と照らし合わせてどのような機能を導入すれば効率化につながるかなどを考えていきましょう。

【番外編】自社のメニューをデリバリー展開するには!

【PR】Uber Eatsレストランパートナー – 飲食店の販路拡大に

Uber Eatsレストランパートナー
  • フードデリバリー最大級のプラットフォームに自店を掲載
  • 自社配達・テイクアウト販売も可能
  • 出店サポートを受けながら受注増を目指せる

Uber EatasレストランパートナーとはUber Eatsの加盟店のことです。Webで完結する手続きを済ませることでレストランパートナーに登録でき、世界最大級のフードデリバリー・モバイルオーダーのプラットフォーム「Uber Eats」に自店のメニューを掲載できます。

Uber Eatsでは配達パートナーによる配送のほか、自社スタッフによる配達、テイクアウト注文の受付も可能。かかる費用は基本的に手数料のみで、いずれの販売方法でも持ち出しの費用はかかりません(※)。

Uber Eatsレストランパートナーの費用について

※2024年6月時点で初期費用・月額料金無料ですが、予告なしで終了する可能性があります。また、料理の写真撮影やUber Eats用のタブレット貸与などのサポートには費用がかかります。

【PR】

最小限のコストと手間で圧倒的な知名度を誇るプラットフォームに自店のメニューを掲載し、デリバリー・テイクアウトの間口を広げられます。詳しい登録方法や出店条件、加盟メリットはこちらの記事で紹介しています。

この記事にはタグがありません。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

店舗管理システム比較16選|業種別ツールのメリット・複数店舗のクラウド管理で本部と店長業務の効率化のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved