ネットショップ・EC運営代行比較29選|料金相場・発送~受注、越境EC・運用種類別の選び方

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2020/07/04

INDEX

ネットショップ・EC運営代行とは

ネットショップ運営代行とは、ECサイト・ネットショップの運営で発生する作業を委託するサービスです。ネットショップを運営するためにはサイト制作や受発注処理、商品登録や撮影などさまざまな業務が発生しますが、専門業者に外注することも可能です。

今回はショップ運営の業務を整理しながら、種類別のおすすめ代行会社を紹介していきます。

ネットショップ・EC運営代行のメリット

  • 運営ノウハウの補完
  • リソース不足の解消
  • ビジネスグロースのヒントがわかる

ネットショップ運営代行のメリットは、EC事業へ新規参入したり、集客力・売上に悩んでいる際に利用することでノウハウやリソース不足を補える点です。

EC運営のノウハウがなくても、実際にEC代行やコンサル会社のスタッフが教えてくれるため、企業の社員も学ぶことができます。また小規模ビジネスの企業はスタッフが足りないこともありますが、そういったリソース不足の解消も可能で、ビジネスグロースのヒントを得ることもできるでしょう。

ネットショップ・EC運営代行の料金体系・費用相場

ショップ代行の料金体系は成果報酬・月額・複合型の3つの種類があります。


成果報酬型月額固定型複合型
特徴・メリット売上に対して○%を支払う変動はなく固定で費用が発生売上×○%に加えて、月額や初期費用が発生
費用相場売上の5〜10%1〜10万円5万〜10万円

成果報酬型は、企業の売上に対して運営代行会社に対して○%を支払います。費用相場は5%から10%が多く、成果が出なければ費用を支払う必要がないのがポイントです。逆に言えば、EC運営代行会社も、企業の売上を出すためにノウハウであったり、集客力を高めるといったさまざまなことをします。

月額固定型は毎月決まった額支払う必要性があり、費用相場は1万円から10万円が多いです。さまざまなことを任せることができて、自社の社員を育成することが可能です。

複合型は月額費用や初期費用だけではなく、売上の%を支払わなければいけないのが特徴です。その分低めに設定されていて、企業によっておすすめなEC運営代行会社が違うため良い関係を築ける会社を選びましょう。



ネットショップ代行の種類・業務内容

ここではネットショップ代行の種類と業務内容について紹介をします。代行会社には4種類の型があり戦略や費用なども異なってくるため、自社の事業に合う物を選ぶようにしてください。

代行会社の4種類をマッピング

  • 総合ショップ支援型
  • 戦略支援・戦術実行型
  • 運営作業処理型
  • 細分化作業型

規模に応じて向いているタイプに違いがあり、運営特化型は戦略内容が高いのが特徴です。総合ショップ支援型は大企業に向いており戦略・組織体制ともに高いですが、その分費用も高くなり、自社の事業がどこに合っているのかを選ぶ必要があります。

ネット運営代行サービスの主な業務内容

ネットショップ運営代行サービスの主な業務内容は上記のように「フロント業務」と「バックエンド業務」に分かれています。これらの業務を代わりに運営してもらうことが可能です。下記ではさらに詳しく紹介します。

フロント業務(戦略・企画)

  • 戦略立案
  • 商品企画
  • ECサイト制作
  • サイト改善
  • キャンペーン・集客

フロント業務は5種類に分かれており、実際にECサイトを制作する前に、どういった戦略で行くのかを決める必要があります。ネットショップ運営代行サービスを利用する際に新規参入の場合はどういった商品を売るのかといったECサイトコンサルティングを行います。

また売上を向上させたい企業はサイトの改善やキャンペーン・集客を代行してもらうことが可能で、企業はバックエンド業務に専念することも可能です。

EC・通販コンサル会社の詳細はこちらの記事で紹介しています。

バックエンド業務(運営作業)

  • 受発注
  • 在庫管理
  • 商品登録・撮影
  • 発送・物流業務
  • アフターフォロー・サービス

バックエンド業務は受発注や在庫管理など、裏方での仕事がメインです。受発注や在庫管理はシンプルですが、間違えてしまうとクレームにもつながるほど大切な仕事です。在庫管理は注文数に対して、どれだけの在庫があれば良いのかを見極めなければいけません。

また商品登録や撮影は、顧客が購入をしたいと思えるような購入促進をする必要があり、発送や物流業務もする必要があります。もちろん、これらを代行サービスでしてもらうことも可能です。

戦略、企画型のネットショップ・EC運営代行会社5選

まずは戦略、企画型のネットショップの運営代行会社を5選で紹介します。どういう商品を販売すればいいのか悩んでいる方はぜひ検討してみましょう。

株式会社いつも.

●特徴

  • 9,000社の導入実績 
  • 業界No.1
  • さまざまなサービスを展開

株式会社いつも.はECサイト支援実績がNo.1です。さまざまなサービスを展開しており、運営確立後もしっかりバックアップ体制を取ってくれているため、安心することができます。ECサイト制作からECコンサルティングまで全てサポートしてくれるため、売上UPに貢献してくれます。

詳細はこちら:https://itsumo365.co.jp/

サヴァリ株式会社

●特徴

  • 広告費用対効果を実現
  • 対面打ち合わせで即時解決
  • 利益率重視の運営支援

サヴァリ株式会社の特徴は広告費用対効果を実現しており、集客力を高めることができます。さらに、運営代行をすることで、企業の社員はノウハウを学び、育成に力を入れることができます。それだけではなく対面打ち合わせで問題を即時解決することが可能で、利益率重視の運営支援を行ってくれます。

詳細はこちら:https://savari.jp/

株式会社ネットショップ総研

●特徴

  • 2,000社を超える販売データを基に立案
  • EC支援BEST100社
  • 運営特化型

株式会社ネットショップ総研の最大の特徴は運営特化型という所です。戦略をしっかり立て、売上UPに貢献をすることが可能で、2,000社を超える販売実績を持っています。さらにEC支援BEST100社に選ばれており、評価も高い運営代行会社です。

詳細はこちら:http://www.netshop-soken.co.jp/

株式会社ワンプルーフ

●特徴

  • EC多店舗展開支援
  • 運絵代行のノウハウを生かしたECサイトを展開
  • EC関係業務全てに対応

株式会社ワンプルーフはEC事業について、戦略立案から運営代行まで全てに対応をしてもらうことが可能です。さらにEC多店舗支援展開を行い、販促や集客力を高める方法を提案してもらうことができます。またバックエンド業務にも力を入れていて、業務の効率を上げることが可能です。

詳細はこちら:https://www.one-proof.co.jp/

株式会社スタイリスト

●特徴

  • EC転換率を熟知したデザイナー多数
  • 豊富な実績を基に支援
  • 成果報酬型

株式会社スタイリストの特徴は、2016年に設立している会社で、EC事業発展のサポートが可能です。さらに、トップコンサルタントやEC転換率を熟知したデザイナー、コーダーのみで構成をしているため、確実に売上をUPさせることができます。豊富な実績を基に支援をしてくれるため、事業に貢献をすることが可能です。

詳細はこちら:https://stylist-ec.com/

総合支援型のネットショップ・EC運営代行会社5選

次に総合支援型のネットショップ運営代行会社を5選で紹介します。戦略だけではなく、バックエンド業務など、さまざまな所で悩んでいる方は下記を利用してみてください。

アートトレーディング株式会社

●特徴

  • 10年以上蓄積したノウハウで軌道に乗せる
  • Shopifyエキスパートとして認定
  • 最先端ツールを駆使したプロモーションが可能

アートトレーディング株式会社の特徴は、長期的に企業と連携を取り、実績を確実に出します。そのため、全体的に見れば実績は少なく見えますが、確実にともに歩んできた企業の売上には貢献をしています。またEC運営総合支援サービスで、ECサイト制作から運営まで全ての業務を支援してもらうことができます。

詳細はこちら:https://art-trading.co.jp/

株式会社イーシーモリモト

●特徴

  • 成果型報酬
  • 楽天市場専用パッケージ
  • オンリーワンECコンサルティング

株式会社イーシーモリモトの特徴は、ECサイト制作だけではなく、運営委託サービスなど企業のニーズに合わせて利用することができます。さらに成果型報酬なので、基本料は5万円で売上が50万円を超えると成果報酬のみの料金になるため、比較的安価で利用することができるのが特徴です。

詳細はこちら:http://e-c-morimoto.jp/index.htm

株式会社ECホールディングス

●特徴

  • 500社以上の実績
  • 継続率90%超
  • EC運営全てに対応

株式会社ECホールディングスの特徴は500社以上の実績を持っていて、継続率も90%を超えています。また総合支援サービスで、ECサイト制作だけではなく運営やバックエンド業務など全てを任せることができます。さらに培ったノウハウを社員育成に当てることも可能です。

詳細はこちら:https://www.echoldings.co.jp/management-agency/

Hamee株式会社

●特徴

  • コンサル指揮で効果的サポート
  • 高品質サービス
  • 多くのカテゴリで実績

 Hamee株式会社は多くのカテゴリで実績を持っており、月額25,000円で利用することができます。さらに高品質サービスで多くのノウハウを学ぶことができるのがポイントです。さらにコンサル指揮で効果的にサポートを受けることができて、確実に売上をUPすることができます。

詳細はこちら:https://hamee-consulting.co.jp/ライト運営代行/

ネットショップ制作会社・株式会社302

●特徴

  • 格安固定費+歩合制
  • 売上400%UPの運営実績
  • 年間5億円売り上げたスタッフがサポート

ネットショップ制作会社・株式会社302の特徴は年間5億円売り上げたスタッフがサポートに付きます。売上400%UPの運営実績を持っており、格安固定費+歩合制なのが特徴です。人手が足りなかったり、売上が上がらないという悩みを持っている企業はぜひ利用をしてみてください。

詳細はこちら:http://302inc.jp/

EC発送・物流代行会社5選

人手不足で発送や物流に悩んでいる企業におすすめのEC発送・物流代行会社にを紹介します。

株式会社いつも. – コネクトロジ365

●特徴

  • 倉庫の外まで見直し
  • 徹底したコンサルティング
  • EC物販物流に特化したサービス

株式会社いつも. – コネクトロジ365の特徴は、EC物販物流に特化したサービスで、EC物販の目に見える問題だけではなく、倉庫の外まで全て見直すサービスが特徴です。また無料でコンサルティングを行い、課題を見つけ徹底的に課題を解決します。

詳細はこちら:http://connect-logi.com/pro/

株式会社共栄物流サービス – EC物流ドットコム

●特徴

  • 契約からサービス開始まで最短2週間
  • 25名のスタッフが対応
  • 万全の保障対策

株式会社共栄物流サービス – EC物流ドットコムはEC物流継続率が97と非常に高く、品質にこだわっているのが特徴です。さらに万全の警備体制で継続的な保守に力を入れていて、サービスの内容に見直しが可能なのが最大の特徴です。また25名のスタッフが対応をしているため、安心して任せることが可能です。

詳細はこちら:https://www.ec-butsuryu.com/

株式会社ロジスティクスウェーブジャパン – ECレスキュー

●特徴

  • 初期費用無料で利用可能
  • 3種類のパックに分かれている
  • 倉庫管理自社システムを導入

株式会社ロジスティクスウェーブジャパンの特徴は初期費用無料で利用することが可能です。3種類のパックに分かれており、1回あたり500円弱で利用することができて、事業の規模に合わせてパックを選ぶことができます。さらに倉庫管理自社システムを導入しており、物流を全て任せることが可能です。

詳細はこちら:http://www.ec-rescue.net/

株式会社レーベル

●特徴

  • 効率の良い発送作業が可能
  • 出荷状況を「見える化」
  • バーコードで正確な在庫管理

株式会社レーベルの特徴は、他の物流代行会社とは違い、出荷状況を見えるようにしています。ECシステムと連携をすることで、出荷状況をWEB上で確認することが可能で、バーコードで正確な在庫管理を行うことができます。さらに効率の良い発送作業を行ってくれるため、コストを削減することが可能です。

詳細はこちら:http://www.labeldm.com/logistics/

株式会社ダイワコーポレーション – EC-CREATOR

●特徴

  • EC領域を拡大化したい企業におすすめ
  • 受注処理代行
  • 独自性の高いサービスを提供

株式会社ダイワコーポレーション – EC-CREATORの特徴は企業のビジネス規模に合わせたプランを提供してもらうことが可能です。さらに独自性の高いサービスを提供しており、ECサイトの領域を拡大化したいと思っている企業はぜひ一度利用をしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら:http://www.ec-creator.com/

EC撮影代行会社3選

商品の撮影で売上をUPすることができる程重要な役割を持っていますが、どういう撮影が良いのか分からない企業も多いと思います。そういった企業は下記で紹介するEC撮影代行会社を利用してみてはいかがでしょうか。

株式会社fleston

●特徴

  • さまざまなプランが用意されている
  • 業界最安値
  • 4,000店舗以上と契約

株式会社flestonの特徴は、他の撮影代行会社よりも安い料金で代行を行ってくれます。さらにさまざまなプランが用意されており、企業に合わせたプランを選択することができるのがポイントで、4,000店舗以上と契約を結んでいるため、実績も十分あります。

詳細はこちら:https://ec.omakaseweb.com/

株式会社バーチャルイン

●特徴

  • お試し撮影無料
  • 企業に合わせたプランを提供

さまざまな要望にお応え

株式会社バーチャルインの特徴はお試し撮影が無料でできます。そのため、どういった撮影が可能なのか分からない方は、一度お問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。また企業に合わせたプランを提供しておりさまざまな要望をお応えしているため、おすすめです。

詳細はこちら:https://photo-o.com/photo/

スナップマート株式会社

●特徴

  • SNS写真のプロが在籍
  • 一括依頼が可能
  • 受け取った写真の使い方は自由

スナップマート株式会社の特徴は、SNS写真のプロが在籍しており、ネットショップに載せる写真は企業の要望に応えた写真を作ることができます。さらに撮影からモデル手配など全ての依頼を一括で行うことができます。さらに受け取った写真の使い方は自由で文字を入れたとしても追加料金はありません。

詳細はこちら:https://snapmart.jp/butsudori

EC受注処理代行会社3選

受注処理に人材をさけないという企業も多いのではないでしょうか。そういった際にEC受注処理代行会社を利用することで問題を解決することができます。ここでは3選でおすすめなEC受注処理代行会社を紹介します。

株式会社ECホールディングス – 受注処理代行

●特徴

  • 運営実績10年
  • 企業のための運営チームを作成
  • 個人情報管理も安心

株式会社ECホールディングス – 受注処理代行の特徴は、運営業務に10年間こだわり続けた実績があります。さらに個人情報管理が万全で、独自のセキュリティなので安心して任せることができます。さらに、企業にための運営チームを作り、有能な人材を作り上げることが可能です。

詳細はこちら:https://www.echoldings.co.jp/order-received/

株式会社関通

●特徴

  • 集客力・販売力UP
  • 業務のコストカット
  • 受発注のスピードUP

株式会社関通の特徴は集客力や販売力など、手間のかかる受注を気にすることなく運営の業務に力を入れることができる点です。さらに業務にかかる時間のコストカットが可能で、受発注のスピードを請け負ってくれるため、スピードを格段にUPさせることができます。

詳細はこちら:https://www.kantsu.com/service/ec/

株式会社ネットロジスティクス

●特徴

  • ネット通販に特化した代行サービス
  • ネット通販のプロがチーム制で担当
  • バックアップ体制で対応

株式会社ネットロジスティクスの最大の特徴はネット通販に特化した代行サービスで、ネット通販のプロがチーム制で担当をしてくれるため、確実に売上をUPすることが可能です。さらにバックアップ体制で対応をしてくれるため、安心して業務に専念することができます。

詳細はこちら:http://net-logistics.jp/customercenter/

EC商品登録代行会社3選

ECサイトでは商品登録が大切です。商品登録をする際に記載をする説明文で顧客が商品を購入する可能性が高くなると言われています。そんなEC商品登録代行会社を3選で紹介しますのでぜひ利用をしてみてください。

株式会社U-turn

●特徴

  • ECに関わる全ての業務に対応
  • 成果報酬型
  • 業務は全て社内完結

株式会社U-turnではECに関わる全ての業務に対応することが可能です。さらに安心の成果報酬型で、業務は全て社内完結なので、外注をすることがなく安心して任せることが可能です。また株式会社U-turnは売上500万円以下の企業におすすめです。

詳細はこちら:http://u-turn.tokyo/

株式会社アプロ総研

●特徴

  • 企業の負担を限りなくゼロに
  • 12年の実績だから信頼できる
  • 最短2週間でスタート可能

株式会社アプロ総研の特徴は、企業の負担を限りなくゼロにすることが可能で、予算が少ない企業でも依頼をすることが可能です。さらに12年の実績を持っているので、信頼して任せることができます。また最短2週間でスタートすることが可能なので、早急に任せたい企業は株式会社アプロ総研を利用してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら:https://apro-soken.co.jp/order/

株式会社ラスホート – 商品登録代行ドットコム

●特徴

  • 1商品200円で安さNo.1
  • お試し商品登録が可能
  • 安心の1ヶ月保証

株式会社ラスホート – 商品登録代行ドットコムは1商品200円で、業界No.1の激安価格で案内をしています。契約前にお試し商品登録が可能なので、納得した上で契約をすることが可能です。さらに1カ月間の保証が付いていて、納品後に変えたいという場合でも修正が可能です。

詳細はこちら:http://syouhintourokudaikou.com/

越境EC代行会社5選

日本だけではなく海外にも販売を行いたいという企業もいるのではないでしょうか。ここからは越境EC代行会社を紹介します。

株式会社飛躍

●特徴

  • IT導入補助金を活用したECサイト構築
  • 集客力・分析マーケティング
  • さまざまなプランが用意されている

株式会社飛躍の特徴は、IT導入補助金を活用したECサイト構築が可能で、他の代行会社とは違い費用をかなり抑えることが可能です。さらに集客力・分析マーケティングで売上を確実にUPさせることができます。また海外に向けたさまざまなプランが用意をされているため、ぜひ一度利用をしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら:https://hiyaku-inc.com/service/cross-border-ec/

株式会社unbot

●特徴

  • EC運用チームが企業に最適な提案を行う
  • SNSを活用したランディングが可能
  • 中国のECサイトが強い

株式会社unbotは中国に強いECサイトを制作することが可能です。日本だけではなく中国や国外に販売をしようと考えている企業は株式会社unbotがおすすめです。EC運用チームを編成し、企業に最適な提案を行います。またSNSを活用したランディングが可能で、悩んでいる企業に向いています。

詳細はこちら:http://unbot.co.jp/

株式会社ブランジスタ

●特徴

  • 初期費用・固定費用が無料
  • 世界20ヵ国へ対応
  • さまざまな工程をワンストップで提供

株式会社ブランジスタは初期費用・固定費用が無料です。また世界20ヵ国の言語に対応をしており、さまざまな工程をワンストップで提供しています。さらに越境ECサイトで問題となる決済や物流などを全て行ってくれるため、安心して運営をすることが可能です。

詳細はこちら:https://www.brangista.com/transboundary/

NHN SAVAWAY株式会社

●特徴

  • 韓国のEC市場に強い
  • 物流・決済全て任せられる
  • 韓国ならではの注意点をサポート

NHN SAVAWAY株式会社は韓国のEC市場に強いのが特徴です。韓国はEC市場の中で1番ネット普及率が高く、規模も大きいです。そのため、韓国に販売することで売上をUPすることができます。そんな韓国ならではの注意点をサポートしているため、ぜひ韓国に商品を販売したいと考えている企業は利用してみてください。

詳細はこちら:https://commerce-star.com/crossborder/

株式会社エスプールロジスティクス

●特徴

  • Amazonお任せ安心パック
  • FDAサービスに特化
  • 多様なマーケティングメニュー

株式会社エスプールロジスティクスの特徴は、ECサイトを制作する際にECモールを構築手法とした企業に対して「Amazonお任せ安心パック」というのを販売しています。さらに、多様なマーケティングメニューでサポートをしてもらうことが可能です。

詳細はこちら:https://www.spool.co.jp/service/logi/overseas/

ネットショップ代行会社選定の3つのポイント

最後にネットショップの代行会社を選ぶ前に確認しておきたい3つのポイントについて紹介します。

上記で紹介した運営代行会社でもさまざまな特徴があり、自社の事業に合う会社を選ぶのは難しいと思います。しかし、ポイントだけ抑えて比較をすればどこが良いのかわかるので参考にしてください。

(1)モール型 or 自社運営型

ECサイトを運営する方法として「Amazon」や「楽天市場 」などのサイトに出店をするモール型ECと、自社でECサイトを制作し運営する自社運営型の2つに分かれます。

モール型では集客力が出店する段階で高いのが特徴です。しかし、他店舗との価格競争に巻き込まれやすく「独自性」のある商品はモール型で販売するよりも自社運営型で販売をした方が良いです。

(2)どの業務を依頼するかを明確にする

ECサイトの業務を依頼する前に、どこの部分を依頼するのかを明確にしましょう。戦略立案やECサイト制作、物流などフロント業務とバックエンド業務に分かれています。業務内容によっては代行会社の強みも異なってくるため、選択する前に明確にした上で選択してください。

(3)完全アウトソース or 自社ノウハウを蓄積

企業によってビジネス規模が異なり、ノウハウを自社の社員に身につけたいと思うのか、それとも完全に代行会社に任せるのかによって業務の量は異なります。

自社でノウハウを蓄積したいのであれば、サポートがしっかりしている会社、もしくは運営ノウハウを持っている会社を選んだ方が良いです。逆に運営代行会社に完全に任せるのであれば、人手不足になっている所を完全に任せて、負担を減らすといった方法がおすすめです。

業務に合わせた代行会社の選定を

ECサイトの運営業務といってもさまざまな業務があります。ビジネス規模によって、予算があまりない企業も多くあると思いますが、そういった場合でも依頼をすることができる会社は多くあります。

業務内容によって選択すべき代行会社も異なってくるため、今回紹介したように業務に合わせた代行会社を選定しましょう。

この記事にはタグがありません。