※この記事には一部PRが含まれます。
キャンペーン

口座振替とは?仕組みや必要な手続き、ビジネス上のメリットと代替手段を紹介

更新日:
口座振替とは?仕組みや必要な手続き、ビジネス上のメリットと代替手段を紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

口座振替とは顧客が指定した銀行口座からサービスの利用料を自動で引き落とす決済手段です。クレジットカードを持っていない人、オンライン決済に抵抗のある人にでも安心して利用できます。口座振替の仕組みや手続き、導入メリットなどをまとめて紹介します。

おすすすめの口座振替サービスはこちら

口座振替(自動引き落とし)とは?

口座振替とは毎月決まった日付に、指定した銀行口座から料金を自動引き落としする決済手段で、自動引き落としとも呼ばれます。公共料金をはじめとする月額制のサービスの支払いで古くから使われています。

口座振込との違い

口座振替と口座振込の違い

口座振替と同じく銀行口座を使う決済手段に「口座振込」があります。事業者の指定した銀行口座に、現金もしくは利用者の銀行口座からお金を振り込む方法です。

銀行口座を使うのは口座振替と同じですが、こちらは自動引き落としにはなりません。利用者にとっては都度振り込みに行く手間と手数料がかかり、事業者にとっては振り込み忘れによる未回収リスクがあります。月額制のサービスであれば、やはり口座振替が便利でしょう。

口座振替の仕組み

口座振替の仕組み

口座振替には利用者(顧客)・事業者(加盟店)・金融機関・決済代行会社がかかわっています。事業者が利用者が支払いに使いたい金融機関と契約することで、口座振替ができるようになります。

口座振替の仕組みと、事業者側・顧客側のそれぞれで必要な手続きについて解説します。

事業者側の手続き

サービスを提供する事業者は、利用者の指定した銀行口座から自動引き落としをかけるために、その銀行と契約・手続きをしなければなりません。銀行と契約し、利用者それぞれに口座振替依頼書を提出してもらうことで、引き落としが可能になります。

もちろん、すべての利用者が同じ銀行を使っているわけではありません。仮に100行の口座振替に対応するには100の契約を管理しなければならず、膨大な手間がかかるでしょう。そのため、銀行と直接契約するのではなく、決済代行会社を活用するのが一般的です。

決済代行会社を利用するのが一般的

決済代行会社とは事業者(加盟店)と金融機関や決済機関との間に入り、契約や手続きを代行する会社です。口座振替以外にもクレジットカード電子マネーなど、幅広い決済手段に対応しています。

決済代行会社を利用することで、事業者は決済機関ごとに個別契約をせずに済みます。決済機関それぞれと直接契約する場合、契約に手間がかかるのはもちろん、入金の管理にも膨大な労力がかかるでしょう。

決済代行会社について詳しく知りたい方には、こちらの記事もおすすめです。活用メリットや対応した決済手段、選び方などを解説しています。

決済代行とは?仕組みやメリット・デメリット、選び方を解説

顧客側の手続き

口座振替で料金を支払いたい顧客は、事業者から送られる口座振替依頼書を記入し、提出することで引き落としが可能になります。この手続きには紙書類を郵送でやり取りする方法と、Webから登録する方法があります。

いずれの方法でも、金融機関による確認が必要なため1ヵ月ほどかかるのが普通です。

【顧客側】口座振替のメリット

料金を支払う顧客側にとって、口座振替は決済に手間と手数料がかからないことがメリットです。

支払いに手間がかからない

口座振替は指定した銀行口座から、決まった日程で自動的にお金を引き落とす決済手段です。口座にお金さえ入っていれば、一切の手間をかけずに毎月の支払いが完結します。

手数料がかからない

口座振込と異なり、口座振替には手数料がかかりません。口座振替で支払いをするサービスは、基本的に月額制です。1回の振り込みにかかる手数料はわずかかもしれませんが、毎月となるとかなりの額の節約になるでしょう。

【事業者側】口座振替のメリット

口座振替を導入することで、サービスの継続率の向上や事務コスト・未回収リスクの削減が見込めます。事業者にとっての口座振替のメリットを3つ紹介します。

継続率の向上

口座振替は顧客にとって手間も手数料もかからない、便利でお得な決済手段です。支払いが手間にならないこと、そもそも支払いをしているという意識が頭に浮かびづらいことは、解約を考える機会が減ることにつながります。

口座振替や払込票での支払いに比べ、サービスの継続率向上が見込めるでしょう。

未回収リスクや回収コストの軽減

口座振替では指定した銀行口座にお金さえ入っていれば、決まった日付に自動引き落としがかかります。口座振込や払込票と比べると支払い忘れが起こりづらく、未回収リスクを軽減できます。払込票を郵送する手間もありません。

対象が広くあらゆる顧客に対応できる

口座振替は公共料金の支払いなどで古くから使われてきた決済手段です。銀行を介することもあり、安心感があるでしょう。クレジットカードを持っていない人・持てない人でも問題なく利用できます。

ほとんど誰もが持っている銀行口座を利用するため、顧客の間口を広げられるでしょう。

おすすすめの口座振替サービスはこちら

口座振替のデメリット

口座振替は顧客にとっても事業者にとっても便利な決済手段ですが、デメリットもあります。顧客の間口を広げるための決済手段として、日本で最も普及しているクレジットカード決済と併せて導入するのがいいでしょう。

未回収リスクをゼロにはできない

口座振替は口座振込や払込票などと比べると、未回収リスクの低い決済手段です。しかし、口座にお金が入っていなければ引き落としはかからず、未回収リスクもゼロにはできません。

引き落とし開始の手続きに手間がかかる

口座振替は、引き落とし開始までの手続きに手間と時間がかかります。対象の金融機関に口座振替依頼書を提出しなければならず、記入の漏れや間違いがあれば再度提出となります。一度で正しく提出できたとしても、引き落とし開始までに1ヵ月ほどかかるでしょう。

口座振替の手間を軽くする3つの方法

口座振替は引き落とし開始までに手間がかかる決済手段です。この手間が嫌で、サービスへの申し込みを取りやめてしまう顧客もいるかもしれません。口座振替の手間を軽くする3つの方法を紹介するので、自社のビジネスモデルや顧客層に合ったものを取り入れ、機会損失を減らしましょう。

専用端末で口座振替を受け付ける

口座振替の手間を少なくする1つ目の方法は、「専用端末で口座振替を受け付ける」です。これはフィットネスジムや学習塾などの店舗型のビジネスにおすすめの方法です。

専用端末で銀行のキャッシュカードを読み取り、暗証番号を入力してもらうことで、口座振替依頼書の提出に代えられます。専用端末は決済代行会社が提供し、数万円ほどで買い取れることが多いです。

Webサイトで口座振替を受け付ける

口座振替の手間を少なくする2つ目の方法は、「Webサイトで口座振替を受け付ける」です。引き落としをかけたい金融機関のWebサイトで、顧客に本人確認と情報入力を行ってもらいます。

ただ、手続きがやや複雑で、高齢者やWebに慣れていない人は紙の振替依頼書の方が楽と感じるかもしれません。紙だけ、Webだけとどちらか一方を選ぶのではなく、両方の手続き方法を用意しておくのが顧客に対して親切です。

決済手段の充実した決済代行会社を活用する

口座振替の手間を少なくする3つ目の方法は、「決済手段の充実した決済代行会社を活用する」です。決済代行会社は口座振替だけでなく、クレジットカードやID決済、コンビニ払いなどさまざまな決済手段に対応しています。

自社のビジネスモデルや顧客層に合った決済手段は何かを考え、それに対応した決済代行会社を活用しましょう。口座振替以外の決済手段も用意しておくことで、より多くの顧客を取り込めるはずです。

継続課金ビジネスにおすすめの口座振替以外の決済手段

口座振替は継続課金サブスク決済)のビジネスモデルに合った決済手段です。ほかにも、次のような決済手段を導入しておくことをおすすめします。

決済手段内容
クレジットカード現金以外では最も普及している決済手段。
最低でもクレジットカード決済は導入しておきたい。
デビットカード利用した金額を、紐付けられた銀行口座から即座に引き落とすカード。
口座振替よりも手続きが簡単で、銀行口座を使う点から併せて導入しておきたい。
キャリア決済携帯キャリアのID・パスワードと連携した決済手段。
利用金額は翌月の携帯料金と合算請求される。
ID決済クレジットカードや電子マネーと連携した決済手段。
ID決済に対応した電子マネーは多く、
複数の決済手段を導入するのと近い効果がある。
継続課金のビジネスにおすすめの決済手段

口座振替の導入には決済代行会社が便利!その他の決済手段も充実したサービスを選ぼう

口座振替はクレジットカードを持っていない人・持てない人も、オンライン決済に抵抗感のある人も、安心して利用できる決済手段です。未回収リスクや業務負荷を軽減するためにも、継続課金のビジネスなら支払い方法に口座振替は用意しておきたいです。

ただ、口座振替は引き落とし開始までに手間と時間がかかります。顧客それぞれ指定したい口座(銀行)も異なり、すべての金融機関と直接契約するのは大変でしょう。

顧客・事業者ともにかかる手間を軽くするためにも、より多くの決済手段に対応するためにも、決済代行会社の活用がおすすめです。

決済代行会社を探している方は、こちらの記事もぜひお読みください。決済代行会社ごとの対応した支払い方法やかかる費用などを紹介しています。

おすすすめの口座振替サービスはこちら

この記事にはタグがありません。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

口座振替とは?仕組みや必要な手続き、ビジネス上のメリットと代替手段を紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved