BASE×STORES徹底比較|無料EC・ネットショップ作成ソフトの評判・販売手数料・集客の違い

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2020/03/07

BASE(ベイス)×STORES(ストアーズ)無料ECサイト作成ソフトの基本情報を比較

近年TVCMなどでも話題のECサイトを簡単に無料構築できるネットショップ作成ソフト。初期費用・月額ともに0円で簡単にショッピングサイトが作れることで、ここ数年でショップ開業を行う企業が急激に増加しています。

今回はCM放映でも知名度が高い有名ネットショップ作成ソフト「BASE(ベイス) 」と「STORES(ストアーズ) 」の2つについて、料金体系や機能などを徹底比較していきます。

90万店舗突破のBASE毎月1万店舗利用STORES

・初期費用:0円
・月額費用:0円
・販売手数料:3.6%+注文毎3%
ネットショップの無料開設
・初期費用:0円
・月額費用:0円
・販売手数料:5%
今すぐ無料作成

小嶋陽菜CM出演でも話題、90万ショップ突破のBASE(ベイス)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-11-10-14.04.19-1024x558.png です
  • 提供会社名:BASE株式会社
  • 本社所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー37F
  • サービス提供開始時期:2012年11月
  • 導入実績(ショップ開設数):90万ショップ(2020年2月時点)

BASE(ベイス) は2012年にリリースされた無料のネットショップ作成ソフトで、2012年のリリース依頼、大きく導入数を伸ばし90万ショップ以上に導入されています。

これまでの構築手法といえばカートシステムなどを利用し、HTMLやCSSでカスタマイズをすることが一般的でした。

ネットショップ開設はデザイン作成や商品登録、ドメイン取得などさまざまな時間と費用が必要でした。BASEを活用することで豊富なデザインテンプレートで簡単作成、オンライン決済にも対応し、すぐにネットショップ開設ができるようになりました。

600万人のショップファンを集客、無料ネットショップ開設BASEの詳細はこちら

CM放映中の無料ネットショップ作成ソフトSTORES

  • 提供会社名:ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社
  • 本社所在地:東京都渋谷区東3-16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル4階
  • サービス提供開始時期:2012年8月
  • 導入実績(ショップ開設数):80万ショップ以上(2016年時点)

STORES (旧STORES.jp)はもともとEC事業を行っていた企業で、オンラインで靴のオーダーメイドができる「Shoes of Prey」やオンラインでワンピースのオーダーメイドができる「Private Robe Plus」などを提供しており、ECノウハウを持っている会社です。

ショップ開設数は2016年時点で80万ショップ以上。現在は毎月1万以上がショップ開設をしており、BASEよりもショップ開設数は多いことが予想できます。

CM放映中の初期費・手数料無料のSTORESの詳細はこちら

BASE(ベイス)×STORES(ストアーズ)の注目度を検索回数で比較

2012年にサービス提供を開始している2社。BASE(ベイス) は2019年に元AKB48の小嶋陽菜をTVCM起用し、2020年にはSTORES(ストアーズ) もCM放映をスタートし知名度も高くなり、知っている方も多いのではないでしょうか。

次は2社の注目度について、月間の検索回数や検索トレンドをみながら比較していきます。

BASE(ベイス)×STORES(ストアーズ)の月間検索数で比較

次のグラフはBASE(ベイス) STORES(ストアーズ) の直近1年の月間検索回数を数値化したものです。

※カタカナ・ローマ字表記の複合ワードを抽出条件とし、SOTRESについては旧名称「stores.jp」も含む検索回数

2020年1月時点での月間検索回数は、BASE(ベイス) が20万回・STORES(ストアーズ) が6.2万回とBASEのほうが優勢のようです。

BASEは2019年9月CM放映をスタートしているため、そのタイミングで大きく検索が増加していることがわかります。STORESは2020年2月のCM放映のため、上記の結果には反映されていませんが、今後は大きく増加しているかもしれません。

600万人のショップファンを集客、無料ネットショップ開設BASEの詳細はこちら

BASE(ベイス)×STORES(ストアーズ)の検索推移・上昇トレンド比較

次の図はGoogleトレンドで直近5年間の検索推移をグラフ化したものです。

両者の検索推移比較でもややBASE(ベイス) のほうが優勢のようです。Googleトレンドの場合は最新の検索も反映されているため、2月以降に大きくSTORES(ストアーズ) が上昇している部分を見ると、TVCMの効果が現れていることがわかります。

初期費・手数料無料のSTORESの詳細はこちら

BASE(ベイス)×STORES(ストアーズ)の手数料・料金プラン比較表

次の表はBASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)の主な費用項目を比較表にしたものです。


BASE(ベイス) STORES(ストアーズ)
初期費用無料無料
月額費用無料無料(スタンダード1,980円/月)
決済手数料手数料3.6%+40円
サービス料3%/注文合計
フリープラン:5%
スタンダード:3.6%
対応決済方法クレジットカード決済/コンビニ決済
銀行振込/キャリア決済
PayPal決済/後払い決済
クレジット決済/キャリア決済
コンビニ決済/銀行振込/後払い/
PayPal/
対応クレジットVISA/MasterCard/AMEX/JCBVISA/Master/AMEX/JCB/Diners
サービスロゴ非表示500円/月スタンダードプランのみ
独自ドメイン利用スタンダードプランのみ
1商品の画像枚数20枚15枚

BASE(ベイス)無料プランの特徴・メリット

BASE(ベイス) には無料プランしかなく基本的には販売手数料だけで、ロゴ非表示オプションの場合のみ月額500円で発生します。

また商品登録の件数も無制限に掲載することが可能で、1商品の画像設置枚数はSTORESよりも多くなっています。

おしゃれな商品画像を多く掲載したいアパレル・ファッションECの場合はおすすめといえます。

600万人のショップファンを集客、無料ネットショップ開設BASEの詳細はこちら

販売手数料の安いSTORES無料プランの特徴・メリット

STORES(ストアーズ) の場合はフリープラン5%、BASE(ベイス) は(3.6%+40)+(システム利用料3%)となっており、販売手数料だけに限ってみるとSTORESのほうが安くなります。

利用料だけにフォーカスして利用検討する場合はSTORESがおすすめですが、ロゴ非表示はスタンダードプラン(3.6%)が必要です。

ECモールなどですでに販売開始をし、商品数が多く月間売上が20万以上見込める場合はスタンダードプランでの利用が安くなります。

初期費・手数料無料のSTORESの詳細はこちら

BASE(ベイス)×STORES(ストアーズ)のカスタマイズ・テンプレート機能比較表

次は両者のカスタマイズ性やテンプレート数といった各種機能面を比較してきます。


BASE(ベイス) STORES(ストアーズ)
デザインテンプレート数1148
有料デザインテンプレート
HTML編集
ロゴ変更
文字色・背景変更
商品登録数無制限無制限
スマホ対応
海外販売対応(越境EC
シークレット販売

おしゃれなデザインテンプレートが豊富なBASE

BASE(ベイス) の場合は無料でのデザインテンプレートが11種類ですが、おしゃれなデザインは5,000円〜10,000円前後利用することが可能です。

階層やデザイン枚数によりますが、通常HP制作会社へ依頼する場合は30〜50万円前後はかかります。デザイン会社依頼と比較すると1/10以下ほどの価格でおしゃれなデザインが使えるため、非常に安く利用できるといえます。

600万人のショップファンを集客、無料ネットショップ開設BASEの詳細はこちら

無料デザインテンプレートが豊富なSTORES

STORES(ストアーズ) の場合はデザインテンプレートは全て無料で利用が可能で、テンプレート枚数も約50枚とBASEと比較するとこちらも価格面では少し優勢です。

また動画の埋め込みや、ランキング・新着表示といったシール機能でデザインのカスタマイズも可能でオリジナルアレンジができるようになっています。

初期費・手数料無料のSTORESの詳細はこちら

BASE(ベイス)×STORES(ストアーズ)を集客・分析機能で比較

次は実際にショッピングサイトを開設後に必要になってくる、SNS連携・アクセス解析といった集客機能面について比較していきます。


BASE(ベイス) STORES(ストアーズ)
SEO対策
独自アクセス解析
GoogleAnalytics
メルマガ配信
クーポン発行
レビュー機能
アプリユーザー数600万人
プッシュ通知
SNS連携
定期購入

600万人のアプリ会員・集客連携が強みのBASE

BASE(ベイス) は600万人のアプリユーザー利用するショッピングプラットフォームを持っているのが強みです。

BASE上で登録された商品がアプリモール内に自動で表示され、購入者がお気に入り登録することでフォローワー(ファン)を増やしていくことができます。

また外部集客を行う際に一般的なリスティング(検索連動型)広告の運用を簡単にするLisketというサービスともAPI連携しており、ショップ情報を自動で読み取り検索ワード・広告文章を自動生成してくれます。

GoogleAnalyticsとも連携しているため、立ち上げ初期段階が終わり分析・集客を本格的に実施していく場合は、BASEがおすすめです。

600万人のショップファンを集客、無料ネットショップ開設BASEの詳細はこちら

各種SNS連携・クーポンなどリピート機能があるSTORES

STORES(ストアーズ) の場合は価格が安く提供されていることもあり、高度な分析機能などは強くありません。しかし、SNS連携やメルマガ・クーポン配信といったリピート向け機能はそろっています。

自社のブログやTwitter・Instagramなどの公式アカウントもうまく活用することで、大きく集客していくことができます。

初期費・手数料無料のSTORESの詳細はこちら

BASE(ベイス)×STORES(ストアーズ)の評判・口コミを比較

TVCMも放映し2社合わせて約20万ショップが利用しているBASE・STORESについて、実際の利用者の評判や口コミはどのようなものがあるのでしょうか。

Twitter上でBASEを活用した方の実際の声が出ていたので、いくつかピックアップして紹介していきます。

BASE(ベイス)の評判・口コミ

BASE(ベイス) 口コミや評判を見ていると、やはり簡単に出店ができるといった声が多くあがっています。また紹介したようにショップランキングというものが存在し、上位に入るほど露出効果も高くなり集客に反映されるようです。

EC×SNS活用も大きな効果を上げているようで、SNSフォロワー1〜2万人ほどなど多いほど集客にもつながっています。

600万人のショップファンを集客、無料ネットショップ開設BASEの詳細はこちら

STORES(ストアーズ)の評判・口コミ

STORES(ストアーズ) の場合はTwitter上での口コミは少し少なめでしたが、実際に売れているといった利用者の声も多くありました。

またSTORESについては担当者が良いという声もあがっていました。サポート面や担当がしっかりと課題に向き合ってくれる点もポイントです。

初期費・手数料無料のSTORESの詳細はこちら

BASE×STORES無料EC・ネットショップ作成ソフト徹底比較のまとめ

販売手数料や利用料のみだけで比較すると、STORESのほうがやや優勢といった印象です。しかし、ネットショップを運営する際はTwitter上の口コミにもあった通りショップ作成サービスだけで集客できる部分は限られているかもしれません。

ショップ開設後は利用料だけでなく、デザインや集客といった今後の運用方法も検討しながら売上を作れるようにしていきましょう。

初期費・手数料無料のSTORESの詳細はこちら

この記事にはタグがありません。