ウェイティング・待ち時間表示システム&アプリ無料12選|飲食・病院おすすめスマホ・iPadで自動案内

この記事のURLとタイトルをコピーする

INDEX

ウェイティング・待ち時間表示システムとは|機能/活用業界/規模別アプリ比較

ウェイティングシステム・待ち時間表示アプリとはスマホやタブレット端末を活用して飲食店・病院などで必要な整理券発券・順番待ち予約・番号呼び出しが可能なシステムを指します。順番受付以外にもクーポンやメルマガ配信などリピーター育成の機能も備わっています。

今回はウェイティングシステム・待ち時間表示アプリの機能や規模別のおすすめツール・導入メリットを解説しながら、おすすめのシステムを紹介していきます。

ウェイティング・待ち時間表示システム&アプリの機能 – 日時指定予約/整理券印刷

ウェイティング・待ち時間表示システムには整理券発行・音声呼出・一括呼出など順番管理に加えて、スマホ上で待ち状況表示や事前呼出機能も付いています。

主要機能機能詳細
整理券/呼び出し整理券印刷/発券/事前呼び出し/発券エリア制限
一括呼び出し/日時指定予約/数量限定整理券発行
メッセージ/リマインドクーポン配信/オリジナルメッセージカスタム
LINE公式アカウント連携LINEアカウント連携/ミニアプリへの誘導
外部機器連携レシートプリンター/呼出ディスプレイ/サイネージ
iPad・タブレット端末/整理券発券機

また近年のスマホでウェイティング・待ち時間表示システムでは上記加えて、利用者の多いLINEアプリ上で再来店を促す限定メッセージやクーポン配信も可能です。

また飲食店や病院・クリニック向け機能だけでなく数量を限定した整理券発行も可能なため、イベントや商業施設でも活用が可能です。

ウェイティング・待ち時間表示システム&アプリの活用シーン・業界別に種類を比較

ウェイティング・待ち時間表示システムは主に次のように飲食店や大型商業施設・病院やクリニックの番号受付として活用されています。

システム/アプリ区分活用業界/用途発券機/表示システム
iPad/スマホアプリ型飲食店/居酒屋チェーン
病院/薬局/クリニック
Air Wait/EPARK/matoka
Medical革命/Bee診察予約
タッチパネル
ボタン型
病院/薬局/クリニック
雑貨/小売店/公共施設
Air Wait/LineManager@NS3
Medifo-SCナンバーコール
JTVシリーズ/シルボード
ディスプレイ番号呼出
サイネージ表示
フードコート/商業施設
公共施設/アミューズメント
IP_STUDIO/EPARK/
アメイジングポケット
Number Viewer

スマホやタブレット端末で順番管理・待ち時間表示が可能なものは小規模な店舗で利用ができるため、飲食店や居酒屋・クリニックに向いています。

ボタン式の番号呼出発券機器の場合は一定のスペースがあるような病院や小売・公共施設で利用されることが多く、ディスプレイ型は大型の観光施設・アミューズメント施設・フードコートでの導入がおすすめです。

ウェイティング・待ち時間表示システム&アプリ3つの種類を規模別に比較

次は利用する規模別にウェイティング・待ち時間表示システムの種類を比較してきます。

導入規模区分/タイプ特徴主要システム
個人~小規模店舗
1~30名前後
スマホアプリ型タブレット/iPadで専門機器不要
QRコード読取りでスマホに待合表示
LINE連携でアプリ上に順番通知
Air Wait/EPARK/matoka
Medical革命/Bee診察予約
中小規模店舗
30~100面前後
タッチパネル
ボタン型
プリンター設置で整理券発券
画面・ボタン操作で簡単
Air Wait/LineManager@NS3
Medifo-SCナンバーコール
JTVシリーズ/シルボード
大規模施設
100名以上
ディスプレイ番号呼出
サイネージ表示型
商業施設やフードコート向き
入場制限/音声呼出/スマホ通知
IP_STUDIO/EPARK/
アメイジングポケット
Number Viewer

個人事業主や小規模な店舗ではクラウド型で利用ができ、整理券発券が不要なスマホアプリ型がおすすめです。ハードウェアが不要でQRコードで読み込むだけで順番管理・呼出が可能です。

中小規模の場合は整理券発券を受付カウンター前に設置する置き型のボタン型・タッチパネル型がおすすめです。パネル操作・ボタンを押すだけで整理が発行され音声呼出がされます。

さらに大規模な商業施設や大型飲食店のあるフードコードではディスプレイ・サイネージ表示型のシステムがおすすめです。

QRコード読込み・スマホ通知に加えて、音声呼出・入場整理券の上限設定で限定整理券の発行も可能です。

ウェイティング・待ち時間表示システム&アプリ4つの最新トレンド

近年店舗向けシステムのトレンドとなっているのがLINE公式アカウントの連携や新しい業務効率化システムとの連携です。

次はウェイティング・待ち時間表示システムのトレンドについてみてきます。

LINE公式アカウント連携 – iPadやタブレット端末でQRコード読取/デジタル整理券発行

LINE連携を行うことで普段利用しているLINE上で待ち状況・呼び出しがメッセージ通知されるためストレスなく利用できます。

またQRコードで読取りを行うだけで順番受付ができ、その際に自動的に友だち登録され会員登録のハードルも下げ顧客数を増やすことができます。

LINE連携待ち時間表示アプリ・順番待ちシステムの詳細はこちらで解説しています。

クラウド型でプリンター不要 – スマホ上で待ち時間表示&メッセージ通知・呼び出し

また紙での整理券発行や名簿リストの記入も管理に手間がかかりますが、オンライン上で発券~順番受付・呼び出しも全て完結ができるためプリンター設置も不要で、店舗側の手間も削減できます。

これまでの整理券発券型の順番受付管理の方法では音声呼出を行うため待合室での待機する必要がありましたが、アプリを活用したデジタル化でスマホ上にメッセージで呼出通知が可能です。

そのためユーザーは待ち時間内に近くの店舗で購入や用事を済ませるなど、順番待ち時間の有効活用ができます。

事前呼出通知・取得データを活用し友達にクーポン配信でリピート獲得も可能

またLINEミニアプリと連携しているツールであれば注文や購入・来店履歴のデータを活用して、クーポンの自動送付や登録された友達に対してセグメント配信で再来店を促すリピーター施策も活用できます。

そのため受付管理としての機能だけでなく顧客管理・マーケティング施策にも活かすことができます。LINE顧客管理・拡張アプリの詳細はこちらの記事で解説しています。

病院・クリニック向けシステムはPOSレジ/自動釣銭機連動で会計業務も自動化

ウェイティング・待ち時間表示システム&アプリ5つのメリット”整理券をデジタル化”

受付業務の効率化 – スタッフの不可軽減・待ち時間/行列解消でユーザー満足度アップ

これまで紙の名簿リスト管理や整理券発行で行っていた順番管理は、手間も多くスタッフが行列整理など手間も多くありましたが、ウェイティングシステム・待ち時間表示アプリの導入は受付業務の効率化をはかることができます。

システムやアプリを導入すれば顧客側も待ち状況が一目でわかり、並ぶ必要がないため3密をさけることにもつながり満足度のアップにも期待ができるでしょう。

デジタル整理券発行 – 専用機器不要・スマホ/iPadからQRコードで待ち時間表示&呼出

また上述で触れたように近年のLINE連携アプリやiPad対応のウェイティングシステム・待ち時間表示アプリは専用端末が不要で紙ではなくデジタル整理券発行がスマホ上で可能です。

呼出もスマホ上で行うことができるためユーザー側も紙の整理券を無くす心配がなく、簡単に順番受付・管理ができるようになります。

顧客情報の活用で混雑分析/クーポン/メルマガ/ステップ配信など販促施策に活かせる

加えて上述で触れたように顧客管理の機能も有しているため、ユーザー情報を蓄積し今後のマーケティング・販促活動に活かすことができます。

またステップ配信の設定を行えば来店回数や広告接触の回数・メッセージ開封などのアクションを起点に、ステップメールでのクーポン送付もできます。

またLINE連携型のウェイティング・待ち時間システムの場合はアプリ上に通知ができ、メルマガの6倍と開封率が高いため効果的に情報発信ができます。

LINEステップ配信の詳細はこちらの記事で解説しています。

限定整理券発行で入場制限 – 人的コスト削減・接触頻度を軽減し3密回避

また飲食店や病院・クリニック向け機能だけでなく数量を限定した整理券発行も可能なため、イベントや商業施設でも活用が可能です。

発行枚数やエリア制限をかけた状態で整理券発券ができるため、観光施設の入場制限やイベント時の枚数限定の整理券ができます。

そのためこれまで順番管理に割いていたスタッフの人的コストも削減し、接触頻度の軽減にもつながります。

病院やクリニック・大規模な商業施設やフードコート向け番号呼出システムはこちらの記事で解説しています。

専用アプリのダウンロード不要 – 手間になる登録がなく機会損失防止

自社開発システム・アプリを利用している場合はユーザー側に専用アプリのダウンロードやメールアドレス入力が必要になります。

その際にアドレス入力忘れ・面倒に感じてダウンロードをしない場合は、来店しても順番待ちにカウントされない状況になり結果的に来店しない可能性もあります。

しかしLINE連携ウェイティングシステム・待ち時間表示アプリであればQRコードで簡単に順番受付ができ、上記のような面倒な作業も不要なため機会損失の防止にもつながることでしょう。

iPad/スマホ対応無料おすすめウェイティング・待ち時間表示システム&アプリ初期/月額比較7選

アプリ/システム名初期費用月額費用QRコード発券LINE連携モニター接続
Air Wait0円 ※無料フリー:0円 ※無料
ベーシック:11,000円
スタンダード:22,000円
EPARK問合せ問合せ問合せ
My junban0円 ※無料トライアル:0円 ※30日無料
有料プラン:5,980円
matoca問合せ問合せ
ネコの目システム問合せ問合せ

Airウェイト 初期月額0円~LINE/電話呼出/iPadで順番受付管理&待ち時間表示/クーポン

  • 初期/月額0円から利用可能/有料プランの契約期間縛りなし/iPadで順番受付管理
  • LINE/電話/SMS/メールで呼出/外部ディスプレイに待ち時間表示も可能
  • 小規模な飲食店/病院&クリニック自治体/大手企業/チェーン店豊富な導入実績
  • シンプル操作でアプリ・システムに詳しくなくても簡単利用
  • 整理券/クーポン/自動呼出/多言語対応/QRコードで呼出状況をリアルタイム表示

Airウェイトはリクルートが提供する初期費用/月額0円から利用できる受付・順番待ち管理アプリで、LINEや電話/SMSなど多様な呼出が可能です。iPadとプリンターがあれば紙台帳や高価な専用端末不要で導入ができます。

伊勢丹などの大型商業施設・資生堂パーラー・ステーキガストなどの人気飲食店やココカラファインなどの調剤薬局・クリニックまで幅広い業種で導入されています。

簡単な操作で受付・呼出も可能です。呼び出しはLINEやSMS・電話など様々な方法で行えます。受付業務を効率化でき、受付データの分析で業務改善・顧客満足度の向上にも貢献します。

またオンライン順番受付の機能ではお客様は来店せずにスマホからWeb上で混雑状況の確認・呼出状況が確認できます。混雑を解消して案内をシステム化することで、店内や待合室でお客様を待たせることがなくなるため、感染症対策にも役立ちます。

そのほかにも豊富な機能の利用が可能で、外部モニター出力や多言語対応・電子カルテ連携・番号発券時にクーポン発行も可能です。

導入店舗からは「受付スタッフ1人分の人件費を削減できた・前年比大幅客数増で120%売上アップした・混雑の不満や不安が軽減して顧客満足度が向上した」といった声が挙がっています。

問い合わせフォームも6つほどの入力項目で1分で完了するため、まずは営業担当者に無料相談をしてみましょう。

初期費用月額費用機能/オプション
0円 ※無料フリー:0円 ※無料
ベーシック:11,000円
ベーシック:22,000円
受付管理/整理券発行/メール呼出
LINE/電話/SNS呼出/Web順番受付/クーポン発行
多言語対応/API/外部ディスプレイ表示
窓口毎の呼出/窓口での音声呼出
※プリンター・iPadは別売り

EPARK(イーパーク)

  • 大手飲食チェーン・自治体など大規模施設での実績が豊富
  • スマホから事前予約・呼び出し通知機能で待ち時間を大幅短縮
  • 行列回避で受付業務の効率化・メルマガ配信で再来店促進
  • 飲食店・美容室・病院・携帯ショップなどさまざまな店舗ビジネスで利用

EPARKは順番待ち・予約受付システムとして人気の高いツールで、くら寿司・大戸屋・餃子の王将などの大手飲食チェーン店に加えて、三井ショッピングパークといった大型商業施設でも導入されています。

順番受付からポイント付与・顧客情報の管理・メルマガ配信など予約受け付けからリピーター獲得までを実現し、コールセンターも24時間サポートのため安心して利用できます。

またSNSでは国内アクティブユーザー数トップのLINE@連携も可能なため、気軽に利用ができるため順番待ち・予約のハードルを下げ集客効率のアップにも期待できます。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

詳細はこちら:https://epark.mbtn.jp/

My junban – ウェイティング・順番待ち予約システム

●特徴

  • iPad・iPhoneでの操作が可能
  • 受付はお客様セルフ
  • 管理側は自由にカスタマイズ可能

「My junban」は、飲食店だけでなくクリニックやカット専門店などの混雑時に最適な順番待ちシステムです。iPadやiPhoneに対応していて、お客様セルフ受付を導入することもできます。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
無料5,980円あり

詳細はこちら:https://myjunban.com

LINEで順番待ち matoca(マトカ)

  • LINEで予約受付が可能
  • さまざまな業態に対応が可能
  • 日時指定予約やメッセージ配信などさまざまな機能搭載

LINEで順番待ちの特徴はLINEで予約受付が可能なため、顧客も利用しやすく別のアプリを入れる必要がありません。

そのため、さまざまな業態に対応することが可能で、日時指定予約やメッセージ配信など、さまざまな機能が搭載されています。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
お問い合わせ要問い合わせなし

詳細はこちら:https://junbanmachi.jp

ネコの目システム – ウェイティング・行列回避システム

●特徴

  • 官公庁や公共施設でも利用
  • 無料デモがある
  • クレーム防止に繋がる

ネコの目システムは、他の順番待ちシステムとは一味違う特徴を持っています。「ネコの目.com」へ各店舗が登録することで、待ち時間の間に立ち寄れる施設や店舗へ顧客を誘導します。

登録された店舗の混雑状況が「ネコの目.com」上で公開されることで、すぐに入れるお店を登録ユーザーへ提供する仕組みです。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
要問い合わせ要問い合わせあり

詳細はこちら:https://neco.riprice.co.jp

SMAQ – ウェイティング・行列回避の順番待ちシステム

●特徴

  • シンプル操作性
  • 低コストの運用
  • 待ち時間のイライラ解消

簡単操作で受付業務の負担を軽減してくれるのが「SMAQ」です。このシステムは運用機器の選択が自由自在で、既に機器を所持している場合でもシステムに合わせたカスタマイズ導入が可能です。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
50,000円3,800円〜10,000円なし

詳細はこちら:https://www.technoveins.co.jp/t/products/system/junbanmachi/index.html

MyTurn

●特徴

  • スマホで受付・スマホで予約
  • 音声による「まもなくコール機能」搭載
  • モニターによる順番表示

順番待ちを自由にストレスなく待つことをモットーに、順番の見える化を徹底したシステムです。

待っている間も自由に行動して、近づけば通知をする仕組みになっているため、待つ時間によって顧客へ不満を与えないようにしています。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
0円1,300円〜なし

詳細はこちら:https://myturn.jp

病院/クリニックおすすめウェイティング・待ち時間表示システム&アプリ初期/月額比較8選

Air Wait – iPadでウェイティング・順番受付管理アプリ

  • スマートな受付でおもてなし
  • 再来店を促す機能
  • 優れた分析レポート

待っている不満を解決するアプリで有名なのが、今話題の「Air Wait」です。特徴はスマートな受付とPepperくんとの連携活用です。

Pepperくんが一連の受付をサポートし丁寧に対応してくれるので、スマートな印象と話題性を店舗に与えることが可能です。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
無料フリー:0円 ※無料
ベーシック:11,000円
スタンダード:22,000円
あり 

詳細はこちら:https://airregi.jp/wait/

EPARK(イーパーク)

  • 大手飲食チェーン・自治体など大規模施設での実績が豊富
  • スマホから事前予約・呼び出し通知機能で待ち時間を大幅短縮
  • 行列回避で受付業務の効率化・メルマガ配信で再来店促進
  • 飲食店・美容室・病院・携帯ショップなどさまざまな店舗ビジネスで利用

EPARKは順番待ち・予約受付システムとして人気の高いツールで、くら寿司・大戸屋・餃子の王将などの大手飲食チェーン店に加えて、三井ショッピングパークといった大型商業施設でも導入されています。

順番受付からポイント付与・顧客情報の管理・メルマガ配信など予約受け付けからリピーター獲得までを実現し、コールセンターも24時間サポートのため安心して利用できます。

またSNSでは国内アクティブユーザー数トップのLINE@連携も可能なため、気軽に利用ができるため順番待ち・予約のハードルを下げ集客効率のアップにも期待できます。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

詳細はこちら:https://epark.mbtn.jp/

メディカル革命 – GMO提供のLINE順番待ち・予約管理システム

  • LINEでの順番待ち機能搭載
  • 医療向けの電子カルテとの連携可能オプションあり
  • 院内での呼び出しパネルやレシートプリンタとの連携も可能

メディカル革命はGMOが提供している医療向けのLINEシステムです。LINEで順番待ちができるため、医院内での密を避けることも出来ます。また、院内の呼び出しパネルやレシートプリンターとも連携も可能なオプションもあります。

初期費用料金プラン/月予約可能数/月無料プラン
200,000円  20,000円8,000件

詳細はこちら: https://medical-reserve.co.jp/products/linejunban

ネコの目システム – ウェイティング・行列回避システム

  • 官公庁や公共施設でも利用
  • 無料デモがある
  • クレーム防止に繋がる

ネコの目システムは、他の順番待ちシステムとは一味違う特徴を持っています。「ネコの目.com」へ各店舗が登録することで、待ち時間の間に立ち寄れる施設や店舗へ顧客を誘導します。

登録された店舗の混雑状況が「ネコの目.com」上で公開されることで、すぐに入れるお店を登録ユーザーへ提供する仕組みです。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
要問い合わせ要問い合わせあり

詳細はこちら:https://neco.riprice.co.jp

ilist(アイリスト) – クリニック向けLINE番号呼出・入場整理券システム

  • 低コストのクラウドシステム
  • プラットフォーム対応可能
  • 自動音声による呼び出し機能

アイリストは低コストで導入できるクラウドシステムで、整理券の発行も可能です。予約受付はもちろんですが、予約状況の確認や集計機能まで搭載されている本格的なシステムです。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

詳細はこちら:https://www.ilist.jp/web/

順番くん – 医療機関向け順番予約受付システム

●特徴

  • 小児科医院の支持率がNo1
  • 導入設定が簡単
  • 二次感染の防止

医療機関向けの「順番くん」は、小児科医院から人気を集めるシステムです。導入設定が簡単な上に患者数をコントロールすることが可能です。

このシステムを導入することで、待合室での長時間待機が減少し、二次感染予防にもなるとの声が医院から寄せられています。

初期費用月額費用無料トライアルの有無
無料9,800円あり

詳細はこちら:http://www.jyunbanmachi.com

amazing pocket – 大規模向けデジタルサイネージ呼び出し番号表示システム

デジタルサイネージ呼び出し番号表示システムは飲食店以外にも大規模な商業施設やフードコート・アミューズメント施設での入場制限が可能なサイネージ表示型の番号呼出システムです。

シンプルな操作性でスマホでの呼出や音声呼出にも対応しており、コロナ対策として大型店舗におすすめです。

詳細はこちら:https://www.amazing-pocket.com/digital-signage/system/callnumber.html

Vango(バンゴ)ナンバー呼出表示システム – 診療所/薬局/公共施設窓口

Vango(バンゴ)ナンバー呼出表示システムはモニターやサイネージに表示が可能で、タブレットやPCから操作するだけで待合表示番号の表示切替が可能です。

診療所や薬局の待合室・サービスカウンター・公共施設の窓口・セルフ型飲食店・テイクアウトなど、来訪者を番号で呼び出す場所で活用できます。

詳細はこちら:https://www.ratocsystems.com/products/subpage/vansw1.html