オフィス・業務用Wi-Fi(無線LAN)比較12選|導入メリット・料金・メーカー・選定ポイント

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2020/06/28

オフィス・業務用Wi-Fi(無線LAN)とは

テレワークなどの影響で、ネットワーク環境を整える必要がある方も多いのではないでしょうか。本稿では、オフィス・業務用Wi-Fi(無線LAN)の導入メリット、料金などについてご紹介します。オフィス・業務用Wi-Fiは、利用人数が複数人になったり、テレビ会議などを安定させたい、ゲストに社内Wi-Fiパスワードを教えたくないときなどに有効です。

法人向け・家庭用Wi-Fiの違い

それでは、具体的に法人向けと家庭用Wi-Fiの違いをご紹介します。Wi-Fiルーターと呼ばれる商品には、アクセスポイントとルーター機能があります。法人向けWi-Fiの特徴はアクセスポイントに特化したWi-Fiアクセスポイント機能を搭載していることです。

  • アクセスポイント:ケーブルを使用せずに無線通信できる機能
  • ルーター機能:インターネットを使用する複数機器を整理する機能
家庭用Wi-Fi法人オフィス用Wi-FiWi-Fiアクセスポイント
メリットメーカーや機種が豊富同時接続台数、通信量の増加に強い拡張性が高い
広範囲の場合でも安く済む
使用用途家庭・娯楽用
2−3人のオフィス
来客スペースがないオフィス
10席以下の飲食店
来客スペースなどがあるオフィス
複数階にまたがるオフィス
同時接続台数1−10台〜50台〜100台
使用人数1−3人〜20人〜50人
フロアの広さ〜15m2〜80m2〜300m2
ゲストWi-Fi
壁・天井設置

オフィス・業務用Wi-Fi(無線LAN)の3つの選定ポイント

  • 初期・月額費用
  • 使用する人数・フロアの広さ
  • セキュリティ

オフィス・業務用Wi-Fiを導入するときの選ぶポイントは3つです。1点目は、費用です。設置するための初期費用、毎月利用するための月額費用などをチェックしましょう。2点目は、使用人数、フロアの広さです。同時接続台数やフロアの広さに応じて最も適切なWi-Fiルーターを使用しましょう。また、3点目は、セキュリティです。外部からのアクセスなどセキュリティ対策がしっかりしているものを選びましょう。

オフィス・業務用Wi-Fi(無線LAN)のメリット

  • 会議室でのPC操作・フリーアドレス
  • 配線を気にせずオフィスレイアウト
  • 店舗の集客効果に期待できる
  • ネット環境が必要なPOSシステムの導入が可能

オフィス・業務用Wi-Fiを導入するメリットをご紹介します。まず、配線がいらないためオフィスレイアウトを自由に決定できたり、会議室でもPC操作ができるなどフリーアドレス性が取れます。また、飲食店の場合は、Wi-FIをきっかけとした集客効果にもつながる可能性があります。その他、ネット環境が必要なPOSシステムの導入も可能となるといったメリットがあります。

おすすめオフィス・業務用Wi-Fi(無線LAN)メーカー比較5選

それでは、具体的な業務用Wi-Fiメーカーをご紹介します。

BUFFALO(バッフォロー)

  • 縦置き、壁掛けなど自由な配置が可能なラインアップ
  • オフィス環境に最適化できるアンテナ
  • ビームフォーミング対応

BUFFALOは家庭用から法人向け用の幅広いラインアップを取りそろえています。例えWXR-2533DHP2では、壁掛け、縦置きなど自由に配置が可能でオフィスのレイアウトの影響がありません。また、端末の場所を把握して通信を安定化するビームフォーミングにも対応しています。

詳細はこちら:https://www.buffalo.jp/product/child_category/ap.html

ELECOM(エレコム)

  • インテル® Home Wi-Fi チップセット
  • 初期設定簡単
  • 豊富なサポートシステム

ELECOM(エレコム)ははPC周辺機器などを提供しているメーカーです。業務用Wi-Fiも幅広いラインアップを提供しています。初期設定も簡単で、電話のサポート、ホームページ以外に訪問サポートなどの業界一の豊富なシステムを提供しています。

詳細はこちら:https://www2.elecom.co.jp/network/wireless-lan/router/?category=client-business

I-O DATA(アイオーデータ)

  • 天井・壁など簡単取り付け設定
  • ネットワーク内機器を監視するサービス
  • 次世代規格IEEE802.11acに正式対応

I-O DATAは周辺機器やネットワーク関連アプリなどを提供しているメーカーです。次世代の通信規格IEEE802.11acに正式対応しています。また、ネットワーク内の機器を監視するサービスなど法人向けのサービスが充実しています。

詳細はこちら:https://www.iodata.jp/product/network/

NEC

  • 法人向けの実績多数
  • 通信の安定性が高い
  • アンテナ内蔵のスッキリとしたデザイン

NECは法人向けの実績があり、小規模オフィス向けにもAtermシリーズを展開しています。通信の安定性の評価が高く、複数の端末を接続しても安心です。また、デザインもアンテナ内蔵のスッキリしたデザインが多くオフィスにマッチします。

詳細はこちら:https://www.aterm.jp/product/atermstation/product/warpstar/wx6000hp/

ASUS(エイスース)

  • 高い通信機能
  • ランサムウェアなどウイルスからの感染対策対応
  • 広範囲をカバーするAiRadar

ASUSは、台湾のPC、タブレット、周辺機器メーカーです。タブレットのNEXUS7などでご存知かもしれません。ASUSの無線ルーターは高機能として知られており、ウィルス対策や広範囲をカバーするAiRadarなどを搭載しています。また、高い通信機能で高速な通信を実現しています。

詳細はこちら:http://www.asus-event.com/pdf/event/nw/index.html

オフィス・店舗事業者におすすめのWi-Fi(無線LAN)サービス料金比較7選

ここからは、その他のおすすめWi-Fiサービスをご紹介します。

ギガらくWi-Fi 

  • 簡単設定
  • Facebookとの連動可能
  • 導入・運用までのトータルサポート

ギガらくWi-FIはNTT東日本が提供する無料Wi-Fiサービスです。アクセスポイント装置に電源コードとLANケーブルを挿すだけで簡単に使用できます。また、Facebook-WiFiサービスで、FacebookでいいねすることでWi-Fiを利用する設定です。このようにSNSと連携することでお店のPRにもつながります。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
0円3,630円〜1.3Gbps最大50台

詳細はこちら:https://business.ntt-east.co.jp/service/gigarakuwifi/

Wi2 Freeキット

  • リーズナブルな価格
  • 6言語の多言語対応
  • 365日のサービス体制

Wi2Freeキットは、Wi2が提供する無料Wi-Fiサービスです。初期費用を支払えば、月額費用500円から利用できるため手軽に利用できます。また、訪日外国人対応として、英語、タイ語、中国語含めた6言語対応しています。同時接続台数は最大100台と中小規模店舗なら余裕持って利用できます。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
29,800円500円IEEE802.11acを含む最大100台

詳細はこちら:https://wi2.co.jp/jp/business/wi2freekit/

DoSPOT

  • 西日本エリアNo1の導入率
  • お店のPRが可能
  • 初期費用無料

NTTメディアサプライ社が提供しているのがDoSPOTです。DoSPOTを導入することで西日本エリアNo1のサービスです。導入するとNTT西日本のホームページにも掲載されるので集客につながります。また、NTT光に契約している人であれば、月額費用550円〜使用できるため低価格で利用できます。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
無料550円〜最大1300Mbps最大122台

詳細はこちら:https://flets-w.com/opt/dospot/

Wi-FiNex

  • 店舗に合わせた豊富なラインアップ
  • 新規顧客開拓や販促に活用可能
  • 4ヶ国語対応

ファイバーゲートが提供しているサービスがWi-Fi Nexです。商業施設、ホテル、自動販売機など導入実績は6,000件以上超えています。ケーブルがとおっていない場所でも柔軟に対応できる豊富なラインアップを取りそろえています。訪日外国人にも対応できる4ヶ国語対応です。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
お問合せお問合せお問合せお問合せ

詳細はこちら:https://www.wifinex.com/

Fonショップ Wi-Fi

  • グローバルでの高い知名度
  • 初期費用だけで始められる安心価格
  • 誰でも簡単に設置可能

Fonは全世界3億人が利用するWi-Fiサービスであり、初期費用だけで利用できる安心価格のサービスです。全世界で多くの方が利用しているため、訪日外国人へのニーズも高いです。もし、今別のWi-Fiサービスを使っていても設置するだけで利用可能なため、誰でも利用開始できます。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
16,280円〜0円866Mbps最大30台〜

詳細はこちら:https://shopwifi.fonjapan.co.jp/

FREE SPOT

  • 5ヶ国語対応
  • 簡単接続設定
  • 複数台設置可能

FREESPOTは初期費用の設置費用だけで利用できるWi-Fiサービスです。指定ポートにケーブルをさすだけで簡単に設置できます。部屋をまたいだり、階をまたいだ、広いエリアでも設置することが可能です。5ヶ国語対応しているため、訪日外国人のニーズにも答えられます。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
23,800円〜0円866Mbps64台〜

詳細はこちら:https://www.freespot.com/owners/flow.html

USEN SPOT

  • メールやSNS認証などを必要としない簡単接続
  • 業務機器とのネットワークを完全分離できる最適なセキュリティ
  • 24時間365日のトータルサポート

USEN SPOTは、USENを提供する無料Wi-Fiスポットサービスです。設置工事から電波チェックなども含めた充実なサポート体制があります。また、現在キャンペーンを実施中で、初期費用実質無料、月額費用2,480円から開始できます。

初期費用月額費用通信速度同時接続数
20,000円3,480円Max 867Mbps最大126台

詳細はこちら:https://www.usen.com/portal/support/uspot/

この記事にはタグがありません。