ショッピングカートシステム比較15選|ECサイト運営におすすめのASPカートの価格・無料ソフト

最終更新日:
2020/02/16

ショッピングカートシステムとは

ショッピングカートシステムとはネットショップ運営に必要な商品選択〜注文、決済機能を有したECサイト構築のシステムです。

ショッピングカートシステムを契約するだけでECサイト構築を行うことが可能で、ショッピングカートシステムは初心者でも簡単に運用ができます。

今回はショップカートシステムの機能や種類を解説しながら、おすすめ有料・無料カート、定期購入向きの単品通販システムを紹介していきます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bgt です

単品通販のメリットや総合通販の違いについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ECモールとショッピングカート(ASP)の違い

ECサイトの運営をはじめる際、ECモールとASPカートシステムを検討する方も多いのではないでしょうか。まずは両者の違いやメリットを比較してみます。

  • ECモールの特徴

ECモールは「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」など、既にインターネット上に存在しているショッピングモールに出店をすることができます。

既に知名度があるため、集客力が高く、初心者の方でも簡単に商品を販売することが可能です。しかし、類似商品であれば価格競争に巻き込まれてしまう可能性があります。またカスタマイズ性が低く、外部リンクもできないのがデメリットです。

  • ショッピングカート(ASP)の特徴

ショッピングカート(ASP)の特徴は、独自のドメインを取得してネットショップを運営することが可能です。

ECモールとは違い規制・ルールがなく、オリジナル性の高いサイトを作成することが可能です。決済方法も増加しており、クレジットカード決済・電子マネー決済、銀行振込、コンビニ支払いなど、顧客に合わせた支払い方法を選択することが可能です。

利益率も高くSNS連携など連携することで、ネットショップの自体の集客力を高めていけるのが特徴です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bgt です

ECサイト構築・ショッピングカートの種類・費用比較表一覧

サイト構築の方法は複数ありますが、基本的にはビジネスの規模によって利用するシステムはかわります。ここからはECサイトの構築手法やショッピングカートの種類を比較していきます。

構築手法ビジネス規模初期/月額費用特徴
無料ASPカート・ネットショップ作成ソフト個人〜1億前後・初期/月額:無料
・料金:決済手数料3%~
・0円からスタート
・カスタマイズ性は低い
有料ASP・ショッピングカートシステム個人〜1億前後・初期〜10万程度
・初期〜10万程度/月
・費用が安い
・カスタマイズが可能
オープンソースソフト1億〜20億前後・初期:10〜30万程度
・月額:10万~
・開発コストがかかる
・連携、カスタマイズ可能
ECパッケージ1億〜30億前後・初期:100万〜
・月額:10〜30万/月
・開発コストがかかる
・カスタマイズ性が高い

ECモール以外にも価格を抑えて運営する方法としては、無料版のASPカートシステムがあります。カスタマイズ性は低いですが、各種決済にも対応しておりスピード立ち上げを行う際は向いています。

無料ASPカートを卒業しビジネス規模大きくなってくると、必要な機能や要件もさまざまなものが出てきます。

規模が大きくなり求める機能や拡張性のレベルが高くなってくる場合は、有料ASPカートやECパッケージなどを検討するタイミングといえます。

ECパッケージやオープンソースソフトの詳細はこちらで紹介しています。

無料版・有料版ショッピングカートの違いを比較

次は無料版・有料版ショッピングカートの違いを比較してきます。


サービスレベルの明示デザインカスタマイズ顧客管理
無料ショッピングカート明らかではないことが多いHTMLやCSSなどの編集ができず、テンプレート選定会員・ポイント管理、メルマガなどが複雑なことはできない
有料ショッピングカート規模に応じてプラン選定編集可能で自由にカスタマイズ可能会員向け機能が充実で、マーケティングが可能

無料ショッピングカートではサービスレベルの明示、デザインカスタマイズ、顧客の管理が不十分であることが多いです。一方で有料ショッピングカートは、ショップの規模に応じてプランを変更できて、デザイン性が高く顧客の管理を行いやすいのが特徴です。

ショッピングカートの選定基準は売上規模

無料版・有料版のショッピングカートの選定基準は売上規模を参考にした方が良いです。ショッピングカートにもさまざまなタイプがあり、機能数はショッピングカートのプラン料金に比例します。

Amazonや楽天市場に出店をしている場合は、ショッピングカートを利用して店舗を持つことは良いですが、初心者でモールに出店をしたことがない場合は会員制やメルマガなどの機能は一切必要ありません。最初にするべきことはネットショップの運営に慣れることです。

既にネットショップを運営しており、さらに売上を拡大せたい場合は高機能が付いているタイプをおすすめします。そのため、下記では無料版・有料版ASPショッピングカートでおすすめシステムを紹介します。

小規模におすすめの無料版ASPショッピングカート比較一覧

小嶋陽菜CM出演でも話題、無料ショップ作成「BASE」

●特徴

  • 無料でネットショップを開設できる
  • 簡単操作だから初心者でも作成できる
  • クレジットカード決済の導入

BASEは誰でも簡単にネットショップを開設することが可能です。無料で開設することができるため、資金不足で開設できないことがありません。また初心者の方でも簡単に操作することができるため、ECサイトを簡単に作成することが可能で、決済方法もクレジットカード決済が導入できます。

CMでも話題、無料ネットショップ開設BASEの詳細はこちら

CM放映中・20,000円キャッシュバック中の無料ネットショップ作成ソフトSTORES

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-02-16-23.35.27-1024x380.png です

●特徴

  • さまざまなプランがある
  • カスタマイズ性が高く、オリジナルのECサイトを作成可能
  • 初月無料

STORESの特徴は、フリープランと有料プランに分かれており、無料プランは完全無料で利用をすることが可能です。初めての構築で試しに利用をしたいという方には非常におすすめです。

また現在CM放送記念として、3月1日までの申込み限定で4ヶ月間5,000円をキャッシュバック、売上が10万円/月未満の場合は手数料が0円のキャンペーンも実施中です。

期間限定20,000円キャッシュバック・初期費・手数料無料のSTORESの詳細はこちら

無料出店で簡単にショップ開業イージーマイショップ

●特徴

  • 60日間無料トライアルが可能
  • オーダーメイド商品に長けている
  • テンプレートが豊富でオリジナルのECサイトが作成できる

イージーマイショップは有料プランを60日間、無料トライアルが可能なため、十分に利用した後に、このショッピングカートシステムを利用するか判断することができます。また、オーダーメイド商品や、セット販売に長けており、デザインのテンプレートが豊富なのでオリジナル性が高いECサイトを作成できます。

無料出店でかんたんネットショップ開業easy myShopはこちら

ワイズカートZERO

●特徴

  • 初期費用・月額費用が無料
  • 電話サポート付き
  • 24時間以内にネットショップ構築可能

ワイズカートZEROは初期費用・月額費用が無料で利用することが可能です。また無料なのに電話サポート付きです。さらにワイズカートZEROでアカウントを作れば、即時アカウントが発行されるため、24時間以内にネットショップを構築することが可能です。

詳細はこちら:http://promotion.wisecart.ne.jp/zero/

FC2ショッピングカート

●特徴

  • 無料でネットショップ構築可能
  • クレジット決済などさまざまな決済方法に対応
  • セキュリティが万全

FC2ショッピングカートはフリープランを含め3つのプランがあります。またクレジットカードの決済を含め、さまざまな決済方法に対応しており、セキュリティも万全です。さらにさまざまなデザインがあり、カスタマイズが自由で、スマートフォンでも表示することが可能です。

詳細はこちら:https://cart.fc2.com/

小~中規模におすすめの有料版ASPカート比較一覧

MakeShop

●特徴

  • 受発注機能付きで業務効率化が可能
  • スマホに最適なECサイトを構築可能
  • 充実したサポートに対応

MakeShopはネットショップに必要な受発注機能が付いているため、業務効率化ができます。さらにスマホに最適なECサイトを構築することが可能なので、顧客のニーズに合わせて対応することが可能で、集客力も業界随一です。

初期費用月額費用無料トライアル
10,000円~7,000円~15日間

詳細はこちら:https://www.makeshop.jp/

shopify

●特徴

  • ビジネス展開を世界的にしている
  • 連携アプリ数2,500種類以上
  • 多国語に対応有りサポート

shopifyは世界中でビジネス展開をしています。そのため、さまざまアプリとの連携が可能で機能性も豊富です。さらに日本語にも対応しているため、サポートにお問い合わせをする際は日本語でも問題ありません。無料トライアルも14日間あるので、是非試してみては如何でしょうか。

初期費用月額費用無料トライアル
無料3,200円~32,400円14日間

詳細はこちら:https://www.shopify.jp/pricing

shopserve(ショップサーブ)

●特徴

  • 豊富な機能性にも関わらず最小価格で提供
  • 担当者が徹底サポート
  • 月商1,000万円狙える仕組み

shopserve(ショップサーブ)は20年間培ったノウハウがあるため、運営する際の負担を最小限におさえています。さらに月商1,000万円を狙うことができる仕組みが満載で、担当者が徹底サポートをしてくれるという特徴を持っています。

初期費用月額費用無料トライアル
15,000円11,400円~50,000円14日間

詳細はこちら:https://sps.estore.jp/

futureshop

●特徴

  • デザインの自由度が高い
  • 多彩な外部サービスと連携している
  • 経験豊富なサポート

futureshopはデザイン性が高いため、自由自在にカスタマイズすることが可能です。さらに多数の外部サービスと連携をしているため新しいサービスが登場した際に、導入に手間をかけずに利用することが可能です。また、経験豊富なサポートがあるため、安心して利用することができます。

初期費用月額費用無料トライアル
22,000円~22,000円~無し

詳細はこちら:https://www.future-shop.jp/

らくうるカート

●特徴

  • クロネコヤマトのネットショップサービス
  • スマホ完全対応
  • 開業から運用までのサポート

らくうるカートハヤマトグループのヤマトフィナンシャルが提供をしているため、ネットショップの開業から運用までサポートがしています。さらに初期費用を安価で利用することができて、ライトプランであれば月額300円で利用できます。

初期費用月額費用無料トライアル
3,000円~10,000円300円~13,000円30日間

詳細はこちら:https://www.yamatofinancial.jp/cart/

定期購入に特化のリピート通販カートシステム比較一覧

ここからは単品通販におすすめの定期購入カートシステムを紹介します。単一のブランド商品での販売戦略を展開する企業はぜひ活用しましょう。

たまごリピート

●特徴

  • 定期購入完全対応
  • 注文・お問い合わせ一括管理
  • 分析機能搭載

たまごリピートはリピート通販企業におすすめのクラウド型通販システムです。5日単位、1週間単位、1ヶ月単位で定期コースを実現することが可能で、コールセンターやステップメールなども一括管理することが可能です。また、分析機能が搭載されているため、リピート通販の強化を実現することができます。

初期費用月額費用無料トライアル
69,800円~99,800円49,800円~79,800円無し

詳細はこちら:http://tamago.temonalab.com/

リピートPLUS ONE

●特徴

  • マーケティングツール標準搭載
  • 60%コスト削減を実現したオペレーションツール
  • 事業規模に合わせた4つのプラン

リピートPLUS ONEは4つのプランがあるため、ビジネス規模によってプランを選ぶことが可能です。さらにマーケティングツールが標準搭載されており、売上354%アップしている実績があります。さらに60%のコスト削減を実現したオペレーションツールで、受注処理を一括で自動処理できます。

初期費用月額費用無料トライアル
9,800円~79,800円+開発費9,800円~79,800円+保守費無し

詳細はこちら:https://www.w2solution.co.jp/cp/repeatplus_cp/

RPST(リピスト)

●特徴

  • 商品ページ一体型
  • 簡単操作の管理画面
  • 広告効果を徹底的に表示

RPST(リピスト)は月額14,800円から運営することができて、商品ページが一体型なので顧客を逃がしません。また管理画面が簡単操作なので、ストレスなく利用することが可能です。また広告によって、どれだけの影響を与えたのか徹底的に表示されます。

初期費用月額費用無料トライアル
29,800円~14,800円~なし

詳細はこちら:https://rpst.jp/

侍カート

●特徴

  • 定期購入のECサイトを簡単に構築可能
  • 運営コストを最大限削減
  • 豊富なマーケティングツールで購入率・売上UP

侍カートは豊富な機能性を持っており、定期購入のECサイトを簡単に構築可能です。さらに運営コストを最大限削減しており、豊富なマーケティングツールによって、購入率・売上をUPすることが可能です。さらにさまざまな決済方法に対応しています。

初期費用月額費用無料トライアル
100,000円~70,000円~無し

詳細はこちら:https://www.samuraicart.jp/

カラーミーリピート

●特徴

  • 簡単に通販ページを作成可能
  • 各種ホームページと連携可能
  • 決済の審査手続きが不要、後払い決済も利用可能

カラーミーリピートはどこのショッピングカートシステムよりも簡単に通販ページを作成することが可能です。さらに各種ホームページと連携が可能なので、リンクタグに埋め込んで通販を行うことができます。また、決済方法が豊富でクレジットカード以外にも、後払い決済も可能です。

初期費用月額費用無料トライアル
0円9,800円~無し

詳細はこちら:https://colorme-repeat.jp/

ショッピングカートの主な機能

次にショッピングカートの主な機能について、ショッピングカートを選ぶ上で大切な機能を下記で1つずつ紹介します。

レスポンシブ・スマートデバイス対応

近年はスマホユーザーも増えていますが、スマホ画面のサイズにも自動的に対応するレスポンシブ機能もシステムには付随しています。

製品によってはオプション料金の場合もあるため、プランなどは確認するようにしましょう。

ECモール連携による集客

ECモールの場合はサイトへの集客は運営会社が行っていますが、自社の場合は何かしらの施策が必要です。ECモールに出店してる場合には、モール連携や各種SNSとの連携も可能です。

対応しているモールはこちらもシステム毎にことなるため、出店しているサイトに対応しているかは確認しましょう。

各種決済サービス対応

ネットショップでは決済方法が豊富の方が顧客にとってもメリットです。基本的にはクレジットカード・コンビニ支払い・銀行振り込み・代金引換が多いですが、決済サービスが多く対応している方を選んだ方が良いです。

顧客管理・自動メール機能

ネットショップだけではなく実店舗がある場合に、店舗によって顧客管理が別々だとわかりにくくなることが多いです。

顧客管理を一括管理できる場合は、時間やコスト削減にも繋がります。さらに新商品の情報やキャンペーンなどのメールを自動的に送る機能が付いていることによって、手間を省くことが可能です。

ショッピングカート選定の3つのポイント

ショップのコンセプト・イメージを固める

選定の前にすすめておく必要があるのが、理想のイメージです。デザインイメージを実現できるかは、カスタマイズ性によっても変わってきます。

また、ある程度構築スキルがあるメンバーがいる場合には、オープンソースの検討も可能になるでしょう。

規模に合わせたシステムの検討

自社の規模にあっているかもポイントです。上記で紹介したとおりビジネス規模によって、パッケージ型・オープンソース型・クラウド型などが異なってきます。

大企業であれば、パッケージ型を購入した方が良いですが、収益の見込みであったり、上記のコンセプトなどがはっきりせずに販売をしたい方などはクラウド型がおすすめです。クラウド型であれば無料でネットショップを構築できる所もあります。

店舗への集客を考える

ネットショップで売上を上げるためには、集客力を上げなければいけません。そのため、自社のECサイトにアクセスを稼ぐことも重要です。

ECサイトの集客力を高めるためには、担当者にサポートをしてもらうことや、セミナーなどがあるため、サポートを受けながらアクセス数を増やさなければいけません。

また、それ以外にも店舗への集客を考える上で、分析機能などが付いているかを確認してください。分析機能があることにより、より集客力を高めることが可能です。

目的や規模、今後の成長も考えたカートシステムを検討

いかがでしたでしょうかソフトフェアによって、無料・有料で利用できるものがありますが、企業によって選択した方が良いソフトも異なってきます。

上記で紹介したショッピングカートシステムの機能性や、特徴を確認したうえで導入検討をおこないましょう。

この記事にはタグがありません。