※この記事には一部PRが含まれます。

Squareの新サービス「Tap to Pay」で、AndroidがPOSレジに!費用や使い方、導入事例を紹介

更新日:
Squareの新サービス「Tap to Pay」で、AndroidがPOSレジに!費用や使い方、導入事例を紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

Androidスマートフォンでキャッシュレス決済の受付ができる「Tap to Pay」について、費用や対応した支払い方法をまとめて解説します。本記事を読みながらTap to Payを導入・設定し、キャッシュレス決済を無料で取り入れられます。

Squareの新サービス「Tap to Pay」とは

Squareの新サービス「Tap to Pay」とは、Androidスマートフォンにアプリをインストールすることで、そのスマートフォンからキャッシュレス決済を受け付けられるサービスです。

NFC搭載のカードやスマホをTap to PayをインストールしたAndroidにかざすだけで決済が完了します。NFC搭載のAndroidをそのまま決済端末として使えるため、新しく決済端末を購入・レンタルする必要はありません。

「キャッシュレス決済を導入してみたいが、費用はあまりかけたくない」「移動が多く、コンパクトな決済端末を探していた」という人にお勧めのサービスです。

Tap to Payのメリット

Tap to Payはキャッシュレス決済を気軽に試してみたい人、タクシーやイベント会場などで使いやすいコンパクトで持ち歩きできる決済端末を探している人におすすめです。その理由を、Tap to Payの3つのメリットと併せて解説します。

簡単に導入できる

Tap to Payの1つ目のメリットは「簡単に導入できる」ことです。

NFC搭載のAndroidスマートフォンがあれば、そのスマホにアプリをインストールするだけで導入できます。Squareへの利用申し込みは必要ですが、大きな手間はかかりません。アカウント登録が完了すればVISA、Mastercard、American Expressでの決済を受け付けられるようになるため、すぐに利用し始められるでしょう。

AndroidはiPhoneよりも安価なため、持っていない場合も購入しやすいです。Tap to Pay以外にもビジネスに役立つアプリはたくさんあるので、この機会に購入するのもいいかもしれません。

持ち運びやすい

Tap to Payの2つ目のメリットは「持ち運びやすい」ことです。

Androidスマートフォンでキャッシュレス決済を受け付けるTap to Payなら、決済用の端末を別途持ち歩く必要がありません。Tap to Pay用に別途スマホを用意するとしても、ポケットに入れて簡単に持ち歩けます。

Androidは充電が長持ちするうえ、モバイルバッテリーでいつでも充電できます。サイズ・充電の両面から、持ち運びしやすく利用しやすいです。

万全のセキュリティ

Tap to Payの3つ目のメリットは「万全のセキュリティ」です。

Tap to PayはSquareのセキュリティ規格に準拠していて、安全に利用できます。キャッシュレス決済を受け付ける方法には「タッチ決済」「PayPayのQRコード」「リンク決済」「カード情報の手入力」がありますが、どの方法でもお客さまのカード情報は決済を受け付けた端末に保存されません。

不正利用の防止や加盟店アカウントの保護、チャージバックの管理、PCI(※)準拠のサポートなど、安心して利用できる仕組みが整っています。

※PCIとは?

PCI(PCI DSS:Payment Card Industry Data Security Standard)は国際カードブランド5社により策定された、クレジットカードの情報セキュリティ基準です。この認証を得るには認定機関による訪問審査をクリアしなければなりません。

Tap to Payで利用できる支払い方法

Tap to Payでは次の支払い方法を利用できます。

  • タッチ決済クレジットカード
  • Apple Pay
  • その他スマートフォン決済
  • PayPayのQRコード決済

なお、Tap to Payで利用できるのはクレジットカード・デビットカード、Apple Payやその他モバイルウォレットに登録されたカードのみです。電子マネーは利用できません。

Tap to Payで支払いを受け付ける方法

Tap to Payで支払いを受け付ける方法は「タッチ決済」「PayPayのQRコード」「リンク決済」「カード情報の手入力」の4つです。

カードやスマホのタッチ決済

出典:Tap to Pay on Androidの利用をはじめる | Squareヘルプセンター – JP

画像のような電波マークがついたクレジットカード、Apple Payをはじめとするデジタルウォレットを使う方法です。Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover、JCBのロゴが入ったタッチ決済式クレジットカードでの支払いを受け付けられます。

Visa、Mastercard、American Expressの3種はアカウント登録が済めば利用できます。Diners Club、Discover、JCBは別途審査の申し込みが必要です。

Diners Club、Discover、JCBの申し込み方法はこちら

PayPayのQRコード決済

Androidの画面にPayPayのQRコードを表示し、お客さまのスマホで読み込んでもらうことで支払いができます。PayPayのQRコード決済を有効化するには審査・設定が必要で、15~30日ほどかかります。早めに審査を申請しておきましょう。

QRコード決済の導入方法はこちら

リンク決済

お客さまに支払い用のWebページへアクセスしてもらい、支払いを受け付ける方法です。支払い用ページへのリンクをメールやSMSなどでお客さまに送れるので、オンラインビジネスでも使いやすいでしょう。

支払い用ページはSquareの決済プラットフォーム上で動作するため、自社ページでクレジットカード情報を保有することなく支払いを済ませられます。

支払い用Webページのリンクを送信する方法はこちら

カード情報の手入力

支払いに使うクレジットカードの情報をSquare POSレジアプリ上で手入力する方法です。手入力で支払いを受け付けるには「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード(CVV)」が必要です。

手入力による支払い受付方法はこちら

Tap to Payにかかる費用

Tap to Payの導入・利用にかかる費用は「決済ごとに発生する決済手数料3.25%」のみです。

初期費用、月額料金は0円

Tap to PayはAndroidスマートフォンに「Square POSレジアプリ」をインストールし、Squareのアカウントを作成するだけで利用できます。アプリのインストールやアカウント作成などには一切費用がかかりません。

NFC機能とAndroid9以上が搭載されているスマホをそのまま決済端末として使えるため、Squareから決済端末を購入・レンタルする必要もありません。

初期費用も月額料金もなしで利用できるので、なるべく費用をかけたくない人、まずはお試しで使ってみたい人におすすめです。

決済手数料は一律3.25%

Tap to Payでの決済ごとに3.25%の決済手数料がかかります。たとえば1,000円の支払いをTap to Payで受け付けると手数料は32円、1万円の支払いを受け付けると手数料は325円です。

Tap to Payの決済手数料は一律3.25%、ほかにかかる費用も支払い方法ごとに決済手数料が変動することもないため、安心して利用できるでしょう。

Tap to Payの導入・設定方法

Tap to Payの導入・設定方法を4つのステップに分けて解説します。

STEP1.AndroidのバージョンとNFC機能を確認する

まずはAndroidのバージョンとNFC機能を確認しましょう。バージョンはAndroid9以上、NFC機能搭載のAndroidでTap to Payを利用できます。

バージョンの確認方法

  1. ホーム画面の「設定」アプリをタップ
  2. 設定画面の「システム」をタップ
  3. システムの「端末情報」をタップ
  4. 「Androidバージョン」に書かれた数字が9以上であることを確認

バージョンが9未満の場合、次の手順でアップデートできます。

  1. システムの「更新センター」をタップ
  2. 「システムアップデート」をタップ
  3. 「アップデートをチェック」をタップ
  4. 画面の指示に従いアップデートする
  5. アップデート後、自動でスマホが再起動される
  6. 自動で再起動されなかった場合、強制終了し電源を入れなおす

NFC機能の確認方法

NFCマークの例

AndroidにNFC機能が搭載されているかは、「設定アプリ>接続・無線とネットワーク・接続機器(機種により名前が違います)」からNFCマークが表示されているか、スマホ本体の背面にNFCマークがあるかで確認できます。メーカーの公式サイトでAndroidのスペックから確認する方法もあります。

STEP2.AndroidにSquare POSレジアプリをインストール

AndroidでGoogle Playから「Square POSレジアプリ」をインストールします。「Square 予約アプリ」「Square 請求書アプリ」でもTap to Payは使えるので、目的に合うものを選びましょう。

Square POSレジアプリのインストールはこちらから。

STEP3.Androidの設定からNFC機能をオンにする

Androidの設定アプリから、次の手順でNFC機能をオンにしましょう(Androidの機種により操作手順が異なることがあります)。

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 設定画面で「接続」をタップ
    ※機種により「無線とネットワーク」「接続機器」など名称が異なります
  3. 「NFCタッチ決済」をタップ
  4. 「NFC」をオンに切り替える
  5. 「開発者オプション」がオフになっていることを確認する

STEP4.SquareアプリでTap to Payの設定をする

Squareの各種アプリ(POSレジ、予約、請求書)を開き、次の手順でTap to Payの機能を有効化しましょう。

  1. 画面下部のナビゲーションバーの、「≡その他」をタップ
  2. 「設定」>「周辺機器」の順にタップ
  3. 「Tap to Pay」をタップし、オンに切り替えて有効化
    ※「Tap to Pay」をオフに切り替えると無効化できます

Tap to Payで支払いを受け付ける方法

Tap to PayはSquareの「POSレジアプリ」「予約アプリ」「請求書アプリ」から支払いを受け付けられます。各アプリでの支払い受付方法を解説します。

Square POSレジアプリからの支払い受付

  1. お会計画面にアクセスして、商品ライブラリから商品を追加するか、キーパッドを使用して任意の金額を入力します。
  2. [売上の確認] > [お会計] の順にタップします。
  3. [Tap to Pay] を選択します。

Tap to Payの決済オプションが表示されない場合、[Tap to Payを有効化] を選択するか、スマートフォンの設定でNFCが有効になっていることを確認してください。

  1. お会計画面に、リーダーのアニメーションとともに「カードをスマホ背面にタッチ」というメッセージが表示されます。
  2. お使いのスマートフォンをお客さまの近くに置き、スマートフォンの背面にお客さまのタッチ決済式カードまたはNFC端末(Apple PayやApple Watchなど)をタッチします。

決済受付が終わると、取引が無事完了したことを知らせる音が鳴ります。

  1. 決済が完了したら、お客さまがご希望のレシート発行方法を選択します。
出典:Tap to Pay on Androidの利用をはじめる | Squareヘルプセンター – JP

Square 予約アプリからの支払い受付

  1. [お会計] > [予約] > [カレンダーに進む] の順に進み、対象の予約を選択します。
    または、商品ライブラリから商品・サービスを追加するか、キーパッドを使用して任意の金額を入力します。
  2. [確認して支払い] (または [売上の確認] )をタップしてから、[お会計] をタップします。
  3. [Tap to Pay] を選択します。
  4. お会計画面に、リーダーのアニメーションとともに「カードをスマホ背面にタッチ」というメッセージが表示されます。
  5. お使いのスマートフォンをお客さまの近くに置き、スマートフォンの背面にお客さまのタッチ決済式カードまたはNFC端末(Apple PayやApple Watchなど)をタッチします。
    決済受付が終わると、取引が無事完了したことを知らせる音が鳴ります。
  6. 決済が完了したら、お客さまがご希望のレシート発行方法を選択します。
出典:Tap to Pay on Androidの利用をはじめる | Squareヘルプセンター – JP

Square 請求書アプリからの支払い受付

ご注意:請求書の作成が完了している場合は、手順5からはじめてください。

  1. [請求書] にアクセスして [+] をタップし、請求書を新規作成します。
  2. 請求書に顧客情報と商品を追加します。
  3. [プレビューと送信] > [請求書を送信] の順にタップします。
  4. 確認画面の [X] をタップします。
  5. [請求書] タブから、作成済みの請求書をタップします。
  6. [決済を追加] をタップして金額を入力し、[次へ] をタップします。
  7. [Tap to Pay] を選択します。
  8. 画面に表示される手順に沿って決済を完了します。
出典:Tap to Pay on Androidの利用をはじめる | Squareヘルプセンター – JP

Tap to Payの活用イメージ

Tap to Payはどんな業界・業種に適しているのか、おすすめの利用シーンや便利な活用法を紹介します。

適した業界・業種

コンパクトで充電が長持ちするAndroidスマートフォンがキャッシュレス決済端末になるTap to Payは、「外出先での会計が多い」「店舗がない」「キッチンカーのように店舗が移動式」などの事情がある業界・業種におすすめです。

【Tap to Payが適した業界・業種の一例】

  • 住宅リフォーム、修理
  • コンサルティング
  • 配達サービス
  • 美容院、サロン
  • タクシー
  • キッチンカー
  • 訪問販売 など

イベント会場での利用

キャッシュレス端末を別途用意する必要がなく、持ち運びしやすいTap to Payは、イベント出店時にもおすすめです。

「普段は店舗の据え置き型の端末でキャッシュレス決済に対応している」「端末の持ち運びができないので、イベント出店時は現金払いのみ受け付けている」という場合、AndroidにTap to Payをインストールするだけでイベント会場でもキャッシュレス決済を受け付けられるようになります。

決済端末のバックアップとして

すでにキャッシュレス決済端末を利用している場合も、AndroidにTap to Payをインストールしておくのがおすすめです。決済端末が急に故障してしまったときも、Tap to PayをインストールしておけばAndroidからキャッシュレス決済を受け付けられます。

ただし、Tap to Payで受け付けられるのは次の支払い方法のみです。電子マネーの支払いは受け付けられないので、決済端末は早めに修理しましょう。

  • タッチ決済クレジットカード
  • Apple Pay
  • その他スマートフォン決済
  • PayPayのQRコード決済

まずは無料でSquareを使ってみたいときに

手元にAndroid9以上とNFCを搭載したスマートフォンがあれば、アプリのインストールと無料アカウント作成だけでSquareのキャッシュレス決済サービスを利用できます。

「決済代行サービスを導入したいが、いきなり数万円の決済端末を購入するのは不安」「いくつかの決済代行サービスで迷っていて、とりあえず試しに使ってみたい」というときのお試しモデル・エントリーモデルとしておすすめです。

Tap to Payを導入した「えびす屋人力車」の事例

出典:Square Tap to Pay on Android 新登場 – YouTube

京都で人力車を使った観光ガイドサービスを提供する「えびす屋人力車」ではTap to Payを導入しています。人力車はタクシーと異なり、天候の影響を受けやすいです。雨や風の強い日はお札が濡れたり吹き飛ばされたり、現金払いが大変です。

キャッシュレス決済なら天候の影響を受けずに簡単に支払いを済ませられます。Tap to PayはAndroidがそのまま決済端末になるので、重くて大きな専用端末を持ち歩く必要もありません。

使い慣れたスマートフォンからキャッシュレス決済の受付ができるので、機械が苦手なスタッフでもすぐに扱えるようになるでしょう。お客さま満足度の向上はもちろん、事業拡大にともなうスタッフ教育の課題も解決できるサービスです。

Tap to PayでSquareのキャッシュレス決済を試してみよう!

手元のAndroidスマートフォンがそのまま決済端末になる「Tap to Pay」は、キャッシュレス決済のお試し・エントリーモデルに最適です。Android9以上・NFC搭載のスマホがあれば、完全無料で導入・運用できます。端末がない場合も、iPhoneよりも安価なAndroidは購入しやすいでしょう。

「キャッシュレス決済を取り入れたいが、費用がネックになっている」というなら、まずはTap to Payを試してみましょう。

この記事にはタグがありません。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

Squareの新サービス「Tap to Pay」で、AndroidがPOSレジに!費用や使い方、導入事例を紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved