LINE×レシート応募キャンペーンシステム比較20選|費用・機能・事例・5つの導入メリット・選び方

この記事のURLとタイトルをコピーする

INDEX

LINEレシート応募キャンペーンシステム・ツールとは

LINEレシート応募キャンペーンシステム・ツールとは、消費者が商品を購入したレシートを撮影し、キャンペーンへの参加をLINE上で実施できるシステムやツールのことです。レシートを読み取るOCR機能・自動で審査を行う自動抽選機能などがついています。

今回はSNSの月間アクティブユーザーではトップのLINEを活用した、レシート応募キャンペーンの機能や導入メリット・選び方を解説しながら、おすすめのキャンペーンシステムを種類別に紹介していきます。

サービス名特徴効果事例利用実績
デジタル販促キャンペーンにおすすめ

アマギフ・電子マネー・人気ポイント交換
月額&初期費用0円・1円からギフト交換
Twitter・LINE・マストバイレシート対応
6,000種類以上のポイント交換
無料API連携で送付自動化
キャンペーン効果150%UP
CPF10円実績以下
大手メーカー利用多数
最短2日でギフト納品

OCRで自動読み取り – レシート応募キャンペーンシステムの代表的な機能

まずはレシート応募キャンペーンシステムやツールの代表的な機能に関して解説していきます。

機能名機能詳細特徴
OCR画像認識・レシート審査レシート画像を個別審査
自動テキスト検出
手間になるキャンペーン条件を
レシートから自動検出し自動審査
応募フォーム・ページ作成レシート送付・応募ページ作成
アンケートフォーム作成
アンケート・レシートキャンペーンページ作成を
1つのツールで完結
ユーザー情報管理画面ユーザー別キャンペーン履歴
LINEアカウントステータス
ユーザー属性分析
ユーザー毎のキャンペーン履歴や
ステータス・参加者属性の分析が可能
自動抽選・当選抽選条件の設定
自動当選メッセージ送信
あらかじめ抽選条件を設定することで
当選メッセージ送付も自働化
個別セグメントメッセージ配信タグ毎・キャンペーン履歴
をもとにセグメント配信
過去のキャンペーン参加者を対象に
セグメント配信で開封率アップ
プッシュ通知配信アンケート結果をもとに
キャンペーン案内
自動メッセージ配信
キャンペーン参加者のタグ管理で
リピーター向け抽選を自動配信
インスタントウィンデジタルギフトとの連携
リアルタイム抽選・当選
デジタルギフトとも連携が可能で
様々な懸賞の送付・リアルタイム抽選連絡が可能
質問対応・チャットボットよくある質問の事前設定
チャットボットによる自動応答
自動応答機能でキャンペーンへの
質問対応の時間を削減

レシート応募キャンペーン機能で最も重要なのが、OCR画像認識です。従来手入力などで行っていたキャンペーン条件を自動検出し、検出内容から参加条件・キャンペーンを自動で審査ができるため、大きなコスト削減となります。

また応募フォーム・ページ作成も可能で、応募者に情報を入力してもらうためのフォーム作成をツール内で行なうことが出来ます。取得したユーザーもデータベースに蓄積され、キャンペーンへの参加履歴やユーザーのステータス、属性分析などを行うことが出来ます。

抽選条件を設定し自動抽選をツールで行いユーザーに当選メッセージ・デジタルギフトの送付などもリアルタイムで配信が可能です。

またマーケティング機能もあり個別セグメントメッセージ配信による特定の参加者を対象としたユーザーへのメッセージを配信・チャットボットによる「よくある質問」の設定で自動応対もできるようになります。

その場で当たる – LINEレシート応募キャンペーンシステムの抽選~当選の流れ

LINEレシート応募キャンペーンシステムの大きな流れをご紹介します。

  1. 対象商品の購入・LINEで友達登録
  2. レシート画像をLINEで撮影して送信
  3. 運営事務局でのレシート審査・抽選
  4. LINE上で抽選・当選結果の連絡

消費者は対象となる商品を購入し企業のLINE公式アカウントを友だち登録後、レシート画像をを撮影しLINEトークに送信します。

運営事務局で送信されたレシートを抽選条件に適しているのかを自動審査・抽選を行います。その後、当選連絡をLINE上で通知しデジタルギフトを送付・プレゼントの送付先の入力フォームなどを案内します。

レシート応募キャンペーンの種類・LINE&Twitter販促の特徴を比較

レシート応募キャンペーンの種類大きく「紙媒体・ネット応募・SNS参加」の3つの種類があります。紙媒体の応募はレシートを添付し住所あてに送付する一般的な手法です。

ネット応募はQRコードやシリアルコードを経由して、キャンペーンサイトに必要情報を入力して応募するもので、パソコンやスマホアプリから参加します。

そして近年、OCR(画像解析)技術・電子レシートのIT化で増えてきているが、レシート応募キャンペーンです。

キャンペーン種別応募方法特徴
はがきレシートを添付して宛先住所へ送付PCを持たない高年齢層をターゲットにできる
応募はがきの購入が必要
応募から当選まで時間がかかる
パソコンキャンペーンサイトへ住所
氏名などを入力し送信
一般的な応募方法で幅広い客層をターゲットにできる
PC利用のためwi-fi・ネット回線など通信環境に依存
スマホキャンペーンサイトから送信
専用アプリでのレシート応募
利用者が増えるスマホで時間・場所を選ばず簡単送付が可能
フォーム入力に時間がかかり離脱される可能性がある
LINEレシート応募で自動抽選OCR機能で自動解析・自動抽選が可能
ユーザー参加ハードルも低く多く参加を期待できる
Twitter投稿のリツイート・いいね自社アカウントのフォロワー増加が期待できる
拡散性が高くスロット型・リツイートなど
豊富なキャンペーン手法が選べる

LINEキャンペーンはLINEアカウントを持っていれば誰にでも応募が可能で、応募から当選までがえLINE上で完結するため、ユーザーの参加ハードルが低いという特徴があります。

また月間アクティブユーザーは8,400万人いわえれているLINEユーザーをターゲットにできる・OCR機能で自動解析・自動抽選が可能になり抽選管理の手間を削減できます。

Twitterキャンペーンはインスタントウィンとも呼ばれ、購入レシートをTwitterアカウントのDMで送付するという流れで、応募の抽選結果もTwitterで自動返信が可能です。

Twitterで応募が完結できるため、キャンペーン拡散・自社アカウントのフォロワー増加が見込めます。また、DM送付以外にもスロット形式やリツイート型など豊富なキャンペーン手法が選べるのも特徴です。

LINE×レシート応募キャンペーンシステム導入5メリット・注目される理由

LINEのレシート応募キャンペーンシステムを導入することの5つの注目されている理由をご紹介します。

(1)普及率80% – 2022年には8,200万人を超えるSNS利用者の増加

1点目はSNSの利用率の増加です。下記のグラフは株式会社ICT総研が調査したSNSの利用動向に関する調査結果です。現在SNSの利用者は約8,000万人といわており、2022年には8,200万人になると推進されています。

出典:株式会社ICT総研 – 2020年度 SNS利用動向に関する調査

その中でも特に利用率が高いのはLINEで、Twitter・Instagramと続きます。スマホの普及と合わせてSNS利用者は今後も増加を見込まれております。

(2)2023年に2,500億市場へ、拡大するSNS×ソーシャルギフトによるデジタル販促

2つ目はSNSを活用したギフト市場の成長です。矢野経済研究所が2019年に調査した結果によると、2023年にはSNSを活用して電子ギフトを送るソーシャルギフト市場は約2500億円市場に成長すると言われています。

従来は商品券などが主流でしたがネット上で気軽に送付ができ最低発注単価も安く、金券以外にも商品ギフトやクーポン券も配布できるため幅広い利用が可能です。

2019年にはソーシャルギフトサービスを展開するgifteeが上場し、近年はソフトバンクグループが提供するSBギフト・ボヤージュマーケティングが提供するデジコなどさまざまな企業が参入しています。

同時にSNSの利用者は年々増加傾向にあり、気軽に活用できるデジタルギフトは今後も市場成長が期待されています。

(3)LINE+Twitterの月間利用者は12万人以上、スマホ×レシート応募のメリット

3点目は上記ご触れたようにSNSでの利用率が高いLINEを活用してレシート応募キャンペーンが実施できるという点です。

下記グラフはガイアックス社が取りまとめた主要SNSのMAU(月間アクティブユーザー)の推移です。Twitterについては発表がされてないため数値は2017年移行の数値は不明ですが、LINE・Twitterを合計すると月間12.7万人以上が利用しています。

出典:株式会社ガイアックス – 国内主要SNS|MAU数の推移

LINEレシート応募キャンペーンシステムの5つのメリット

レシートキャンペーンのメリットは大きく5つあります

  1. はがき・切手・個人情報入力など準備が不要
  2. 日常的に利用するスマホ・SNSからレシートアップロードで気軽に参加
  3. OCR(文字解析)技術の進歩で自動解析が可能
  4. キャンペーンシステムの導入で抽選・運用コストの削減が可能
  5. 応募者の属性情報・キャンペーン商品の購入傾向などの分析ができる

これまで主流であった応募方法はハードルがやや高く「はがき・切手・個人情報入力」が必要でした。

スマホで写真を取るだけで応募できる気軽さ、またOCR技術の進化により審査条件も自動解析することが可能になりました。また、キャンペーンシステムを導入することでキャンペーン運用のコストが抑え、キャンペーン応募者の購入傾向や属性などをマーケティング分析も簡単に可能です。

(4)SNSキャンペーンの参加理由で多いのは”リアルタイム性・参加のしやすさ”

4点目はSNSキャンペーンが従来のキャンペーンと違いリアルタイムが性あり、参加しやすい点です。

下記のデータはSNS運用代行を支援する株式会社コムニコが調査したSNSキャンペーンに関するアンケート結果です。参加意欲が高いものはその場すぐに当選/落選がわかるキャンペーンで、SNSキャンペーンでは直ぐに結果がわかるリアルタイム性が重要視されています。

またキャンペーンに参加しない理由として多いのはキャンペーン応募への手間・当選確率が低いと感じるキャンペーンという回答結果となっています。

LINEやTwitterを活用したキャンペーンは余計な入力を行う必要なく「参加がしやすい」ことに加えて、当選確率も設定が可能なため自社で柔軟なキャンペーン運営が可能になります。

(5)6種類のSNSキャンペーンに対応 – レシート抽選システム・ツール導入の活用方法

レシート応募キャンペーンシステムが対応しているSNSキャンペーンには大きく6種類があります。ここでそれぞれの概要をご紹介します。

キャンペーン種別特徴・目的活用業界主なツール・システム
リツート&フォローTwitterとギフトを活用した
認知度・フォロワー獲得
食品・飲料メーカー
映画などコンテンツ業界
Giftee
デジコ
dgift
カンバセーショナルカード投稿ツイート+ハッシュタグがついた
ボタン型広告カード
アンケートやブランディングに利用
化粧品・飲料・食品など
消費財メーカー
キャンつく
InstantWin
echoes
ゲーム抽選投稿ツイートにスロット・ルーレット
を埋め込み抽選キャンペーンを実施
化粧品・飲料メーカー


begame.jp
Campaign Box
Smartくじ
クーポン配布リツイート後に消化型クーポンを配布し
来店促進や通販購入に利用
小売・飲食店
EC・通販業界
SMARTCROSS
echoes
Atatter
レシート応募キャンペーンLINE・QRコードをOCRで読取りギフト送付
店舗・ECの対象商品の販促施策として利用
化粧品・飲料・食品など
消費財メーカー
デジコ dgift
SmartReceico
レシプロ
GEPPY
i-gift
マストバイキャンペーン
(シリアルナンバー応募)
対象商品を購入後Web上で
シリアルナンバーをユーザーが送付し
抽選後にギフト送付
化粧品・飲料・食品など
消費財メーカー
SMARTCROSS
Messenger Plus
Groobo

リツイート&フォローキャンペーンはTwitter上でアカウントのフォロー・指定ハッシュタグの投稿で応募可能なキャンペーンです。主に食品や飲料・映画などのコンテンツ業界で活用されており、認知拡大やフォロワー獲得に有効です。

カンバセーショナルカードとは、投稿ツイート内の広告型カードでアンケートなどを行うことでキャンペーンに回答することで応募できるキャンペーンです。化粧品や食品メーカーで活用され、ブランディングなどに有効です。

ゲーム抽選は投稿ツイート内でスロットやルーレットを埋め込んだ抽選キャンペーンで、その場で抽選結果もわかるため化粧品や飲料メーカーにおすすめです。

またSNSの月間アクティブユーザー数がトップのLINEなど活用した電子レシート応募キャンペーンは、対象商品の購入後にQRコードを読み取ることで抽選に参加できる手法です。店舗だけでなく、ECサイトで注力プロモーション等を行う際にも効果的でしょう。

マストバイキャンペーンの場合も商品を購入後にシリアルナンバーを入力することで参加ができるキャンペーンです。こちらもECサイトや化粧品などのメーカーが活用し、売上アップ・ブランド体験の手法として利用されています。

レシート応募キャンペーン成功の7つコツ・検討事項・ツールの選び方 

(1)プロモーション目的の整理 – 購買ファネル×キャンペーンのターゲット・KPI指標

1点目はプロモーションの目的を整理することです。目的により活用するキャンペーン手法は変わってきます。例えばブランド認知拡大が目的であればフォロー&リツイートキャンペーンがおすすめですが、ブランド理解・促進の場合はハッシュタグキャンペーンやアンケート配信など消費者とコミュニケーションをとれる施策が有効です。

どのような目的でキャンペーンを実施するのかを明確にし、目的達成にもっとも効果的なキャンペーンを行いましょう。またキャンペーンのターゲットやKPI指標の検討もセットで検討しましょう。

(2)目的に合わせたギフト・懸賞選定 – 顧客層に最適な当選賞品の検討

2点目は設定した目的やターゲットに合わせたギフト・懸賞を検討です。フォロワーを獲得するためであれば、具体的なギフトでなくても診断結果などでも多くのユーザーに参加してもらえる可能性があります。

一方で来店促進が目的であれば、クーポンや商品引換券など来店につながるようなギフトが適しています。また、ターゲットがどのようなものを求めているのかも含めて検討しましょう。

(3)参加条件を下げ応募数の担保 – 不参加の理由は応募の手間・当選確率

3点目は当選確率を担保することです。先ほど紹介したようにキャンペーンへの不参加の理由で多いのは「応募の手間がかかる」、「当選確率が低そうだった」という理由です。

当選確率が低いと参加前から応募しても当たらないと諦めてしまう人も多く発生します。そのため、ある程度当たりそうと思われるような当選確率を担保することが重要です。

(4)企画・クリエイティブの工夫 – 思わず参加したくなるキャンペーンを作る

4点目は参加したくなるような企画やクリエティブを工夫することです。事例でご紹介したようなきのこの山とたけのこの里総選挙などのように常日頃から話題になりそうな内容・参加しやすいコンテンツの企画は重要です。

また他ブランド・異業種とのコラボキャンペーンなどユーザーが関心持ちやすいテーマで、思わず参加したくなるクリエイティブをつくっていくことで効果も変わるでしょう。

無料デザインツールCanvaではLINE公式アカウント用のおしゃれなテンプレートがいくつも用意されています。ぜひ、Canvaのテンプレートも活用してみてください。

(5)機能要件の確認 – 実施キャンペーン・みたい効果指標が取得できるか

5点目はインスタントウィンキャンペーンツールを導入するときに、今までの実施キャンペーンや見たい効果指標がみれるのかなどの機能要件を確認しましょう。

チェックすべき点は、実施したいキャンペーンを過去にやっているのかや同じような業種での経験があるのかです。

企業によっては複数のSNS(Facebook・Instagram・Twitter)を活用し、部門や商材毎に異なるアカウントを持っている場合もあります。横断的な分析・波及効果が測定できるかは事前に確認しましょう。

(6)契約期間・料金プラン – 短期利用・継続利用が可能なのか

6点目は契約プラン・料金体系です。キャンペーンで効果を出すためには1度だけでなく繰り返すことでより効果が広がっていきます。

そのため一度だけの利用するのではなく一定期間の継続利用ができるのか・その際どのような料金プランなのかなどを確認しましょう。

(7)API連携:会員基盤・データベースとのキャンペーン連携

7点目は既存システムとの連携・API機能の確認です。他に利用しているデータベースや会員基盤と連携することが可能なのかなどを確認しましょう。外部サービスと連携することで顧客情報を分析したりなどが可能になりマーケティング施策の効果効率を高めることが出来ます。

LINEレシート応募キャンペーンおすすめ – SNS抽選システム初期・月額費用比較8選 

ツール・システム名初期費用月額費用オプション機能レシート応募ゲーム抽選TwitterLINEInstagram
デジコ0円0円デジタルギフト連携:0円
API連携:0円
デジコ レシート応募
キャンペーン
0円
OCR利用:50万円~
0円デジタルギフト連携:0円
API連携:0円
dgiftSNSお問合せお問合せギフト配布/プロモツイート
Twitter認証バッジ不要
giftee for Businessお問合せお問合せデジタルギフト連携
C-SO(シーソー)30万円10万円初期設定代行:10万円
カスタムドメイン:5万円
SSL認証設定:8万円
レシプロ標準:50万円
ASP版:30万円
LINE版:50万円
10万円~LP/画像作成/SNS認証
カスタムドメイン/LINE設定
SmartReceicoシングル応募:60万円~
マイレージ応募:80万円~
シングル応募:6万円~
マイレージ応募:8万円~
キャンペーンLP作成:30万円~
インスタントウィン:初期20万円+2万円~
SMARTCROSSライト:お問合せ
スタンダード:お問合せ
オリジナル:お問合せ
お問合せ独自ドメイン/SSL対応
OCR/アンケート追加
シリアル/シール発行
QUOカードPay連携
Messenger Plus15万円8万円デザインスキン:5万円

デジコレシート応募キャンペーン – API連携0円&抽選対応/3.5億PVの会員にメール配信

  • 6,000種以上のギフト&ポイントからターゲットに合わせたSNSキャンペーン
  • 会員DBとのAPI連携も無料で送付を自動化
  • 埼玉県 オリンピック・パラリンピック課でも利用実績
  • クリエイティブ作成~キャンペーン事務局運営も代行・当選者連絡も無料
  • グループ会社が運営 3.5億PVの会員メディアECナビへメルマガ・バナー広告配信

デジコ レシート応募・OCRキャンペーンはデジタルギフトサービス「デジコ」が提供しているレシート応募・OCRキャンペーンシステムです。

もともとギフト事業を行っていることもあり、Amazonギフト券・iTunesカード・Google Play・ANA/JALポイントなど6,000種以上のライナップから企画に合わせたキャンペーン訴求ができます。

またデジコはVOYAGE MARKETINGが提供しており、グループ会社が運営する月間3.5億PVの会員メディア「ECナビ」へのメルマガ・バナー広告配信も可能で集客もトータルで支援してくれます。

OCR機能によるレシートの自動読み込みで対象者の目視確認の必要もなく、シンプルな機能に特化しているため、ギフトも短納期・他社よりも低価格でレシート応募キャンペーンが実現できます。

デジコ-レシートOCR・応募キャンペーン・事務局代行

問い合わせ対応なども運営事務局をデジコが全て代行してくれるためキャンペーン施策の開始から抽選・当選者への連絡も不要で、プロモーション運営にかかる手間・コストの削減にもつながります。

ギフトキャンペーンの活用から相談を受け付けているため、ぜひ担当者に連絡してみましょう。

月額・初期費用API連携最低発行額交換先支払い方法
初期/月額:0円
ツール利用:50万円~
0円(無料)1円~Amazonギフト/楽天Edy
iTunes/Google Play//WAON
ANA/JALマイルなど6,000種以上
後払い

レシプロ – LINE連携のWebレシート応募キャンペーンシステム

  • LINEトーク内で完結するLINE連携機能
  • 2日から1ヶ月で公開可能
  • シンプルで高クオリティのデザインテンプレートあり

レシプロはレシートを撮影することで応募ができるキャンペーンを運用できるシステムです。OCR解析機能やAIは学習機能を用いることで重複レシートなどを判定してくれます。また、LINEと連携することでLINEとトーク内ですべてが完結するキャンペーンも設計可能です。また最短2日から公開可能です。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
10万円〜標準版:50万円
ASP版:30万円
LINE版:50万円
お問い合わせなし

詳細はこちら:https://www.dline.co.jp/service/receipt.html 

C-SO(シーソー) – レシート応募型キャンペーンASPシステム

  • 年間100件以上の実績あり
  • 最短5営業日で立ち上げ可能
  • アンケート項目の無料追加

C-SOはレシート応募型キャンペーンシステムを提供しているサービスです。申込みから最短で5日でキャンペーン開始できます。またアンケート項目を追加し、キャンペーンに参加した顧客を理解するなどマーケティングとしても活用可能です。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
10万円30万円初回設定代行:10万円
ドメイン取得・設定:5万円
月額運用:6.5万円
SSL取得・設定:8万円
なし

詳細はこちら:https://c-so.jp/receipt/

AI-OCR(エーアイオーシーアル) – AI×レシート抽選キャンペーン管理システム

  • メーカー販促担当選ぶレシート系サービスNO.1などを取得
  • レシート情報を読み取り、販促データとしても活用可能
  • サッポロビール、ニッポンハム、キリンなど大手企業で導入実績あり

AI-OCRは、レシート特化型の文字認識AIと連携し、購入日時、購入店舗、購入金額など今までOCRでは対応でいなかった条件も判別可能なシステムです。レシート情報をキャンペーンへの参加だけでなく、販促データとしても活用可能です。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
お問い合わせお問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://service.campaigns.jp/

SmartReceico(スマートレシコ) – LINE×レシート特化OCR キャンペーンシステム

  • 120万人以上の人が一度利用
  • レシートキャンペーンだけでなく、マイレージスタンプラリー、シリアルナンバーなどにも対応
  • 複雑な応募条件にも自動で検査

SmartReceicoは、レシートキャンペーン、マイレージスタンプラリー、シリアルナンバーなどに対応しているキャンペーンシステムです。店舗や金額指定など複雑な応募条件も自動で検閲できます。カスタマイズの実績も豊富なためデザインな度にも柔軟に対応可能です。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
シングル応募版:6万円
マイレージ応募版:8万円
シングル応募版:60万円
マイレージ応募版:80万円
レシート・シリアルインスタントウィン
初期費用+20万円 月額費用+2万円
なし

詳細はこちら:https://receico.smartpr.jp/ 

SMARTCROSS(スマートクロス)- レシート応募・マストバイキャンペーンシステム

  • 最短で5営業日で提供可能
  • P&G、UCCなど大手企業での実績あり
  • レスポンシブデザインでマルチデバイスに対応可能

SmartCrossは、レシートやマストバイキャンペーン管理ツールです。サイト制作費も不要であり、レスポンシブデザインでマルチデバイスで対応可能です。P&G、UCCなどの大手企業にも多数の導入実績があります。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
お問い合わせお問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://www.smartcross.jp/content/service/receipt/

Messenger Plus(メッセンジャープラス)- LINE@×レシートキャンペーン作成ツール

  • 最短3日で開催できる
  • 選べる複数のデザインスキン
  • レシートキャンペーン・2択/4択キャンペーンを開催

Messenger Plusは、LINE公式アカウントで簡単にキャンペーン作成が行えるシステムです。キャンペーンは、レシートキャンペーン・写真投稿キャンペーンや2択/4択キャンペーンが行えます。最安15万円、最短で3日で開始できるため、手軽に開始できます。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
8万円〜15万円〜デザインスキン:5万円〜
企画支援:10万円〜
画像作成:8万円〜
事務局代行:10万円〜
なし

詳細はこちら:https://line.messengerplus.jp/ 

AI NeSot – 「AI-OCR×人のチカラ」で 高速/高精度なレシート応募キャンペーンを実現

  • 「AI-OCR」と「人のチカラ」の組み合わせで、高精度なデータ化を低コストで実現
  • 通常であれば数日かかる「人のチカラ」でのデータ化が最短5分で完了
  • 年間200件以上のキャンペーン事務局実績、ハガキ・シール形式と併用可能

AI NeSotでは「AI-OCR」と「人のチカラ」を組み合わせて、「AI-OCR」のみでは実現ができない高精度なキャンペーン実施を高速かつ低コストで可能にするレシートキャンペーンシステムです。

ソリューションとして人のチカラを組み合わせることで、対象者判定の精度が重要な応募者全員当選型インスタントウィンなど高精度なキャンペーンが実施可能となります。

無料トライアルも受付中のため、ぜひ性能を試してみましょう。

初期費用月額費用オプション費用無料トライアル
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ お問い合わせ  

詳細はこちら:https://www.uluru-bpo.jp/ainesot/index.html

無料おすすめデジタルギフト×レシート応募キャンペーンシステム初期・月額比較7選

デジコ – 月額&初期無料・6,000種のデジタルギフト×インスタントウィンツール

  • Amazonギフトを中心に6,000以上のサービス引換ランナップ
  • 森永製菓・ベルーナなど大手企業での導入実績
  • SNSキャンペーン効果が150%アップ事例
  • 無料API連携でデジタルギフトを自動送付

デジコは各種ポイント・現金など6,000種類以上のサービスと交換ができるデジタルギフトで、月額・初期費用は0円・最短2日で導入が可能で、金額も1円単位で送付できるため自由度も高いサービスです。

アンケート謝礼や集客イベントなど販促キャンペーンとしてベンチャー企業・大手EC・通販会社・メーカーで利用実績があり、デジコ活用でキャンペーン効果が150%アップの事例もあります。

また手動送付では手間もかかるギフト送付も無料APIも公開されているため、自社の会員データベースと連携することでメールやSNSでギフトURLの自動送付が可能です。

また販促キャンペーン以外にも活用方法はさまざまで、社内向けでは福利厚生や社内インセンティブとして、従業員満足度のアップに利用・販促ではLINEやTwitterと連携したインスタントウィン・レシート応募キャンペーンにも対応。

加えてVOYAGE MARKETINGではポイントサービスも運営しており、バナーやクリエイティブ作成~広告運用などプロモーションまでトータルでサポートしています。

月額・初期費用API連携最低発行額交換先支払い方法
0円(無料)0円(無料)1円~Amazonギフト
iTunes/Google Play
ANA・JALマイル
楽天Edy/WAON
後払い

デジコ LINEキャンペーン – オリンピック課で1万人の友だち登録/事務局運営も代行

  • 6,000種以上のギフト&ポイントからターゲットに合わせたSNSキャンペーン
  • 会員DBとのAPI連携も無料で送付を自動化
  • 埼玉県 オリンピック課も利用・2日友だち登録1万人越えを実現
  • クリエイティブ作成~キャンペーン事務局運営も代行・当選者連絡も無料
  • グループ会社が運営 3.5億PVの会員メディアECナビへメルマガ・バナー広告配信

デジコ LINEインスタントウィンはデジタルギフトサービス「デジコ」が提供しているLINEギフトキャンペーンツールです。

もともとギフト事業を行っていることもあり、Amazonギフト券・iTunesカード・Google Play・ANA/JALポイントなど6,000種以上のライナップから企画に合わせたキャンペーン訴求ができます。

また実績も豊富で一般法人だけでなく自治体でも支援実績があり、埼玉県 オリンピック・パラリンピック課ではたった2日間で1万人以上の友だち登録に成功した事例もあります。

運営事務局もデジコが全て代行してくれるためキャンペーン施策の開始から抽選・当選者への連絡も不要で、プロモーション運営にかかる手間・コストの削減にもつながります。

国内でもSNSのアクティブユーザー数はNo.1のLINEの友だち登録を増やすことで、利用率の高いユーザーへ継続的に様々なキャンペーン・リピート施策ができるようになります。

デジコはVOYAGE MARKETINGが提供しており、グループ会社が運営する月間3.5億PVの会員メディア「ECナビ」へのメルマガ・バナー広告配信も可能で集客もトータルで支援してくれます。

LINEでのギフトキャンペーン活用から相談を受け付けているため、ぜひ担当者に連絡してみましょう。

月額・初期費用API連携最低発行額交換先支払い方法
初期/月額:0円
インスタントウィン:30万円~
0円(無料)1円~Amazonギフト/楽天Edy
iTunes/Google Play//WAON
ANA/JALマイルなど6,000種以上
後払い

i-gift(アイギフト) – 配送費用0円/100円から使えるギフト×SNSキャンペーンツール

  • ミニマムギフト100円から利用可能
  • 受取状況や配信数などをステータス管理
  • 配送コスト0円&梱包費用なし

i-giftは、キャンペーンのデジタルプレゼントを手軽に送れるサービスです。配送コストも梱包も在庫管理も不要で、ミニマム100円から利用可能です。また、ユーザーのギフトの受取状況や配信数などのステータス管理が行なえます。

月額費用初期費用オプション最低発注金額
 お問い合わせ  お問い合わせ  お問い合わせ 15万円〜

詳細はこちら:https://lp.scala-com.jp/i-gift/

First-Reciri(ファーストレシリ)- LINE×シリアルID・レシート応募SNS販促システム

  • 立案から設定まで一切不要
  • キャンペーンLPの雛形があり、最速で実施
  • 最短2週間から1ヶ月実施可能

First-Reciriは、LINEで実施するレシート応募、シリアルID、インスタントウィンキャンペーンを実施できるシステムです。立案から設定まで一切不要であり、多数な雛形もあるため余計な設定する必要なく実施可能です。

月額費用初期費用オプション最低発注金額
 お問い合わせ  お問い合わせ  お問い合わせ  お問い合わせ

詳細はこちら:https://sanyo-fast.com/reciri-web/

giftee for Business – レシート不要でその場で当たるLINE×デジタルギフト

  • 共通URL配信のみで連携開発が不要
  • 500種類以上の商品から選べる
  • 継続的なキャンペーンを実施しブロックを防止

Giftee for Businessは新たな連携開発も不要で共通URL配信するだけでキャンペーンを実施できるシステムです。デジタルギフトは、500種類以上の商品からも選べるため、ターゲットユーザーに合わせて対応可能です。

月額費用初期費用オプション最低発注金額
 お問い合わせ  お問い合わせ  お問い合わせ  お問い合わせ

詳細はこちら:https://giftee.biz/purposes/line/ 

LINEギフト – 広告配信・ブランドリフトまで測定可能なソーシャルギフトサービス

  • ブランドリフト効果などを行えるリサーチも実施可能
  • キャンペーンページ、ギフトメッセージなどブランドメッセージを納品
  • サンクスギフト・ペアギフトなどの手法を利用可能

LINEギフトは相手にギフトを送れるサンクスギフトや自分にも同じてギフトが送れるペアギフトが利用できるプラットフォームです。ギフト送信するだけでなく、ブランドリフトなどを測定できるリサーチなどを実施できるため、マーケティングにも活用できます。

月額費用初期費用オプション最低発注金額
 お問い合わせ  お問い合わせ  お問い合わせ  お問い合わせ

詳細はこちら:https://www.linebiz.com/jp/service/media-service/line-gift/ 

dgiftSNS(ディーギフト)- 業界最安値のギフト付きSNSインスタントウィンシステム

  • 6,000種以上のギフト×インスタントウィンキャンペーン
  • 業界最安値のギフトキャンペーンツール
  • CPF20円以下実績・手厚いサポート体制

dgiftSNS(ディーギフトSNS)はもともとデジタルギフトを提供している会社で、ギフト送付×インスタントウィンキャンペーンが業界最安値の導入費用で実施できるシステムです。

当選上限数の設定・キャンペーンレポート・当選確率の調整で小ロットでの実施が可能です。また拡散性の低いLINEキャンペーンでもLINE広告と組み合わせた広告ソリューションとしても支援を行っています。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
お問い合わせ問い合わせLINE広告配信なし

詳細はこちら:https://www.dgift.jp/purpose/sns

ゲーム抽選におすすめのレシート応募キャンペーンツール&アプリ月額・初期比較5選

WebCAN(ウェブキャン) – オープン&クローズド対応のWeb抽選キャンペーンツール

  • 「スロット」「スクラッチカード」「ガチャガチャ」の3種類から選べる
  • 1ヶ月の短期間で利用可能
  • 初期費無料キャンペーン実施中

WebCANは、スロット・スクラッチカード・ガチャガチャの3種類のゲームから選べるキャンペーンシステムです。1ヶ月の短期間から利用可能なため、柔軟なマーケティングで利用出来ます。また、現在先着5社で初期費無料キャンペーン実施中です。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
 5万円20万円オリジナル背景:3万円
オリジナルタイトルロゴ:5,000円
なし

詳細はこちら:https://www.dream-v.co.jp/webcan/ 

パルなび応募 – スマホで簡単キャンペーン応募アプリ

  • 年間900本以上誇るパルディアが運営
  • 専用の応募ページ&フローを用意
  • 導入費用無料で利用可能

パルなび応募は、年間900本以上誇るパルティアが運営しているアプリです。誰でも応募可能なオープンやレシートを購買証明となるクローズドキャンペーンなどを実施できます。また、応募ページやQRコードなど専用ページを準備します。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
 0円 35万円 問い合わせなし

詳細はこちら:https://tento-promotion.com/palnavi/ 

Smart Kiji(スマートくじ)- QRコード参加のゲーム型レシートキャンペーンシステム

  • SmartReceicoと連携して、レシートインスタントウィン応募
  • ECサイトなどの外部システムと連携可能
  • 店舗毎にあたりを設定可能
  • 総勢10万人以上が参加する大規模キャンペーンに対応可能

Smart Kujiは、QRコードやシリアルコード、メールアドレスなどから参加できるキャンペーンを実施できるキャンペーンシステムです。ECサイトなどとの外部サイトと連携できたり、店舗ごとにあたり設定を出来たり柔軟な運用が出来ます。また、総勢10万人以上が参加する大規模キャンペーンにも対応可能です。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
シングル:10万円~
マルチ:10万円~
シングル:30万円~
(システム20万円+サーバー10万円)
マルチ:50万円
(システム40万円+サーバー10万円)
 お問い合わせなし

詳細はこちら:https://kuji.smartpr.jp/ 

Pashatto(パシャっと)- 即時抽選インスタントウィン&レシート応募システム

  • キャンペーン告知からレポートまで一気通貫で対応可能
  • 低コストで利用可能
  • オリジナルグッズの企画も可能

Pashatto(パシャっと)は、インスタントウィンやレシート応募キャンペーンを運営するためのキャンペーンシステムです。キャンペーン告知から実施後のレポート作成まで一気通貫で対応可能です。また、オリジナルグッズの企画までも提案可能です。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
 お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ

詳細はこちら:https://www.trans.co.jp/campaign-system/pashatto/ 

Smart Hash(スマートハッシュ) – Instagram×レシート・ゲーム抽選システム

  • Instagram投稿のコメントキャンペーンをサポート
  • 応募・当選回数表示などを簡単に見れる管理画面
  • 担当サポート体制

Smart Hash(スマートハッシュ)はInstagramのコメントキャンペーンを効率化できるキャンペーンツールです。ハッシュタグキャンペーンだけでなく、コメントなども分析してキャンペーンを運用することが出来ます。また、応募回数表示や複数キャンペーンの管理などの管理画面やサポート体制もしっかりしています。

月額費用初期費用オプション無料トライアル
 2万円 14.8万円 お問い合わせあり(7日間)

詳細はこちら:https://insta-comment.smartpr.jp/

レシート応募キャンペーンシステムの活用事例3選

最後にレシート応募キャンペーンのシステムの活用事例を3つご紹介します。

Twitter×レシート – 吉野家のレシート抽選キャンペーン事例

最初の事例は吉野家のキャンペーン事例です。吉野家はTwitterを利用して、ポケモンとコラボしたポケ盛りのキャンペーンを実施しました。

吉野家でポケ盛りを購入した場合のレシートを公式アカウントへのDM送付後、Twitter上で当落がわかるためユーザーの負担がなく参加できます。

商品を1食と10食購入で差別化し、希少価値を生んだことがキャンペーンの成功につながった事例といえます。

LINE×レシート – マルマンのデジタルギフト”QUOカードPay”キャンペーン事例

ルーズリーフやバインダー製品を提供しているマルマンがLINEを活用したキャンペーンで、LINE公式アカウントに購入レシートを送ることで応募ができる抽選企画です。

応募期間を2回に分けることで、キャンペーンに参加するチャンスを増やし長期間な関係を構築した事例です。

複数回購入のレシートキャンペーン – サントリーのマイレージ型キャンペーン事例

最後に紹介するのがサントリーの事例です。サントリーのザ・プレミアム・モルツをセイコーマートで12本以上購入することで応募条件をみたし、神泡サーバーが貰えるというレシートキャンペーンです。

一度の購入ではなく、複数回の購入でも応募できるため、購買機会の継続にも繋がります。またプレゼントを応募者全員にプレゼントで展開したため、企業ブランディングにも繋がりました。