ハンドメイド販売6つの方法|初心者におすすめアプリ&サイト比較17選・選び方・売れるコツ・注意点

この記事のURLとタイトルをコピーする

INDEX

ハンドメイド販売を始める3つの種類・6つの方法

ハンドメイド作品を売る方法はオフライン販売・ハンドメイドサイト販売・自社サイト販売の3つの種類があり、さらに細かく区分していくとイベント・オークションサイト・自社サイト販売など6つの販売方法があります。

オリジナルのハンドメイド作品を作り新しい販売機会の検討・初心者でも売れる方法を探している個人の方も多いのではないでしょうか。

今回はハンドメイド販売の種類・手法のメリットに触れながら、出品サイトの選び方・売れるためのコツを解説し、おすすめの販売サイト・フリマアプリを紹介していきます。

サービス名特徴・ポイントおすすめ業界・強み
Squareオンラインビジネス
月額/初期/販売手数料0円
申込/振込手数料0円
売上が翌日手に入る(翌日入金)
画像・商品登録数が無制限
飲食店:テイクアウト&デリバリー
商品・在庫情報をPOSレジ自動連携
アパレル:SNS連携で販促を強
美容・エステ:継続課金・回数券管理
無料開始のネットショップ
STORES
初期費用0円(無料)
手数料業界最安値
はじめてでも、かんたんサポート
画像登録数 – 無制限
最短10秒!まずは無料開設
無料ではじめられる
無限のデザインバリエーション
instagram販売連携可能
安心の開設サポート
STORESで無料開設
※この記事には一部PRが含まれています

(1)オフライン販売:イベント・業務委託販売

  • イベント出店による販売
  •  業務委託による販売

オフライン販売にはイベントや展示会にショップ出店・販売パートナー企業に業務委託をリアル販売の手法です。

イベント販売は公共施設や場所を間借りし、ブースで作品を見てもらいながら販売する方法です。お客様との対話が生まれたり、反応が見られたりするというメリットがあります。

業務委託はお店などに自分の商品の販売を任せる方法で、レンタルスペースで販売したり、セレクトショップのバイヤーに目が止める場合もあります。

業務委託を利用するパターンはある程度のブランド・コンセプトが固まり、自分で販売する時間がない・効率的に広く広げていきたい方におすすめの手法です。

(2)モール出店販売:ハンドメイド販売サイト・フリマアプリ・オークションサイト

  • ハンドメイド販売サイトへの出店
  • フリマアプリへの出店
  • オークションサイトへの出店

モール出展販売はハンドメイド販売サイトやフリマアプリなどに出品して商品を販売する方法です。

販売が成立した場合のみ販売手数料がかかるだけのため、出品だけでは費用がかかりません。また、サイト自体に集客力があるためユーザーを集められる可能性がありますが、競合商品も多く埋もれてしまうデメリットがあります。

(3)自社サイト販売:ネットショップ作成ソフト・Instagram(SNS)販売

  • ネットショップ作成ソフトによる自社サイト販売
  •  InstagramなどSNSを活用したDM販売

自社サイト販売はネットショップ作成ソフトを用いて自分のサイトを作成して販売、InstagramなどのSNSを活用したDM販売という方法があります。

新たな集客を見出すのが大変ですが、すでにSNSで一定のフォロワーがいる場合など集客の心配がない場合は自分のブランドや世界観を作りやすかったり、販売手数料がかからないというメリットがあります。

ハンドメイド販売の種類別メリット・デメリット・主要サービス

ハンドメイド販売の種類に関してご紹介してまいりましたが、それぞれメリット・デメリット含めた特徴をご紹介します。

販売種別主な販売方法メリット・デメリット主要サービス
オフライン販売イベント
業務委託
・事前に作品を作る必要がある
・出店費用は装飾など数十万円
・対面での顧客の反応が見える
・販売・接客の一任で工数削減
・委託手数料は20~40%と高い
クリーマクラフトパーティ
ハンドメイドインジャパンフェス
デザインフェスタ
モール出店販売ハンドメイド販売サイト
フリマアプリ
オークションサイト
・ブランド認知されづらい
・匿名取引ができる
・サイト集客力が高い
・女性利用者が多い
minne/Creema/Iichi
メルカリ/ラクマ/モバオク
PayPayフリマ/ヤフオク
自社サイト販売ネットショップ作成
SNS(Instagram)販売
・独自ブランディングが可能
・テンプレートが豊富
・月額・初期は0円で開始
・自力での集客が必要
Square
オンラインビジネス

STORES / BASE

中級者向け – イベント・業務委託販売のメリット・デメリット

イベントや業務委託販売は中級者向けの手法です。イベント前に大量に作品を作る必要があり、出展費用だけでなく装飾のためにも費用がかかります。

しかしで顧客の反応が見えるため商品のフィードバックが対面で理解することができます。

業務委託販売は販売や接客を業者に一任できるため手間が省けますが、委託販売手数料が高いというデメリットがあります。

初心者おすすめ – ハンドメイドサイト・フリマ・オークションのメリット・デメリット

初心者におすすめなのがハンドメイド販売サイトの利用で、代表的なサービスとはminne・Creema・メルカリなどがあります。サイト自体に集客力が高く、手数料は高いですが写真・情報を掲載するだけで販売が開始できます。

競合商品も多くモール購入の場合は、ブランド認知されづらいというデメリットがあります。またサービスによっては匿名取引も可能なため、プライベートを確保して販売することが出来ます。

無料開始で初心者におすすめ – ネットショップ作成・SNS販売のメリット・デメリット

同じく初心者におすすめなのがネットショップ作成ソフト・SNSを利用した販売方法です。TVCMなどでも知名度の高いBASE・STORES・Squareオンラインビジネスなどは無料で作成できます。

すでにSNSでフォロワーがいる場合は、ネットショップ作成ソフトでオリジナルのサイトを作り、SNSとも連携できるためアセットを活かした販売ができます。

ネットショップ作成ソフトではすでにテンプレート等が多く用意しているため、必要情報を入力するだけ簡単に自社サイトを持つことが可能です。

初心者もハンドメイド販売・フリマアプリで売れる6つコツ・おすすめポイント

ハンドメイド販売サイトやフリマアプリで売上をアップさせるための6つのポイントをご紹介します。

(1)コンセプトや作品出店の競合少ないカテゴリーで勝負

1点目のポイントはどのカテゴリーで出品するかです。例えばピアスなどアクセサリー類は販売している出品者が多く、出品しても競合商品に埋もれてしまう可能性があります。

こうした既に競合作品の多いレッドオーシャンカテゴリーでの場合は、下記を踏まえる必要があります。

作品コンセプトが同じような商品であれば実績がある商品のほうが購入される可能性が高いです。競合が少ないカテゴリーの見極め、自分なりのコンセプトを打ち出すことなどを検討しましょう。

(2)見栄えを重視した写真の掲載・無料加工ツール利用

2点目のポイントは写真のクオリティです。実店舗と違いハンドメイド販売サイトやフリマサイトは説明することが出来ず、写真と文章のみが判断基準です。

商品にピントが合っているのか、画質は良いのか、サイズ感がいいのか、影ができていないのかなど写真のクオリティを高めることを意識しましょう。

無料の写真・素材加工ツールも現在提供されているため、Canvaのような背景画像を1クリック削除・70万以上素材やテンプレートがあるデザインツールはおすすめです。

(3)ターゲットに刺さる明確な説明テキスト

3点目のポイントは完結で訴求が明確な作品タイトル・説明テキストです。

上述したようにハンドメイド販売サイトで消費者が判断するポイントは、写真とテキストです。

テキストでは、商品のおすすめポイントはなにか、サイズ感、素材の雰囲気などを丁寧に説明するためのテキストを作成しましょう。

(4)作品の品質・独自のこだわりコンセプトや世界観を意識する

4点目のポイントはコンセプトやクオリティです。ハンドメイド製品であったとしても質が高ければ、数万円でも取引される場合があります。

ハンドメイド製品は一つ一つが違う点が価値でもありますが、丁寧に作られていることは顧客満足度にも大きく影響します。

また顧客満足度を上げるため、競合との違いを明確にするために自分ならではのこだわりやコンセプト・ターゲットへの世界観を意識するようにしましょう。

(5)原価・材料費などを加味した適正な価格設定

5点目のポイントは適正な価格設定です。ハンドメイド製品でも意識しないと材料費や原価が高くなってしまうということがあります。

ハンドメイドは趣味の延長線なので利益は出なくてもいいという方もいるでしょう。しかし、出店費用・材料費などを踏まえた上で利益がでるかどうを検討しましょう。

(6)SNS集客・写真やテキストなどの修正を繰り返し継続していく

6つ目は繰り返し改善していくことです。ハンドメイド販売サイトやフリマアプリに出品したとしてもすぐ売れない可能性があるでしょう。

そのため一回でやめずに常に情報を検証しながら、テキストや写真を変更してみたり、サイト毎の反応を継続的に観察し常に検証・改善を意識しましょう。

ハンドメイドサイト・フリマアプリの5つの選び方・ 注意点+おすすめ無料販売方法

続いて、ハンドメイド販売サイトやフリマアプリをどのように選べばいいのかのポイントや注意点をご紹介します。

(1)サイト上の取扱い商品の特徴・テイスト ※ハンドメイド・フリマアプリ

1点目はサイト自体の取扱商品・テイスト・雰囲気です。ハンドメイドサイトによりアクセサリーが多いものから、家具まで幅広く対応しているものや利用ユーザーも大きく異なります。

自分が出品したい商品やカテゴリーがあるか・商品のテイストを確認するようにしましょう。

(2)評価・レビューなど口コミ機能があるか ※ハンドメイド・フリマアプリ

2点目は口コミ機能です。ハンドメイドサイトやフリマアプリでは、ユーザーの判断基準が少ないため過去の口コミや評価が大きな検討要素の一つです。

またレビューなどがあることで購入者とのコミュニケーションを取ることができるため、求められている作品のアイディアが得られることもあります。

(3)サービスの使いやすさ・機能性 ※ハンドメイド・フリマアプリ

3点目はサービスの使いやすさや機能性です。サービスによってカテゴリー検索ができない・アップロード写真の枚数に制限がある・お気に入り登録ができるなど機能や使いやすさが異なります。

自分が消費者の視点でサイトを見てみて利便性や使いやすさを検証しましょう。

(4)出店時の初期・月額費用・販売手数料の確認 ※共通項目

4点目は出店に関する費用です。店舗やアカウントを作成するのに初期費用・月額利用料・販売手数料はマスト項目です。

例えばハンドメイド販売サイトでもminneは10.56%・Iichiは20%と大きく差があります。両者は出店作品の価格帯もことなりますが、料金体系も含めて出品時は検討しましょう。

(5)振込手数料・入金サイクルの確認 ※共通項目

5点目は振込手数料や入金サイクルです。商品を販売した後に口座に入金されななければ売上にはなりません。そのため確認しておくべきなのが、振込手数料や入金サイクルです。売上の何%が手数料なのか、どれくらいの頻度で入金してもらえるのかを確認しましょう。

振込手数料が0円のサイト・金サイクルが最短翌日など、個人で始める初心者の方にとってはうれしい価格設定になっているサービスもあります。

詳細は次の章で紹介する比較表一覧でぜひ確認しましょう。

(6)初心者におすすめはどれ?個人的な一押しはSNS×メール決済の無料DM販売 

  • (A)ブランド・ターゲットが定まっている:ショップ作成ソフト×SNS販売 
  • (B)気軽に販路拡大を試したい場合:フリマアプリ・ハンドメイド販売サイト 

(A)の場合は具体的なハンドメイド販売サイトで売っていくことはできますが、ECモールのような出店型の場合は、サイトで購入するためブランド認知がされづらいデメリットがあります。 

ネットショップ作成ソフトはSNS(Instagram)連携機能が備わっていることが多く、集客チャネルはある程度自力で広げる必要がありますが、InstagramなどのSNSでフォロワーが居る場合はコアファンを広げつつ、リピーター獲得にもいかすことができます。

Squareオンラインビジネスの場合は、初期・月額・振込手数料も無料でショップ作成が可能です。加えてメールリンク型の決済を送ることもできるためInstagramを活用したDM販売とも相性がよく、最短翌日入金のため個人の方にもおすすめです。 

決済方法が難点となりますが、Squareメールリンク決済を利用すれば会員・サイトを持っていなくても、DM上でメールリンクを送付するだけで支払いができるため0円で販売開始が可能です。

またSTORESについても初期・月額無料で販売手数料もBASEと比較すると安く、無料で48種のテンプレートを利用できるため、こちらもおすすめです。 

(B)の場合には知名度も高く、流通総額も大きなサイトを利用するのがおすすめです。販売サイトの場合は圧倒的な集客力があるため、写真やテキストを工夫していくことで消費者の反応をみていくことができます。 

ショップ作成ソフトよりも機能面では劣りますが、簡単に出品が可能なためGMOが提供しているminneがおすすめです。minneはハンドメイドマーケットで4年連続年間流通総額が1位・累計流通総額は600億を突破しており、アクセサリーや生活雑貨など幅広いジャンルでの出店が可能です。

初心者におすすめハンドメイド販売サイト・アプリの手数料ランキング比較10選

【図解】ハンドメイド販売サイト・フリマアプリ・ショップ作成ソフトをマッピング

主要10サービスの月額・初期費用・手数料を比較していく前に、それぞれのサービス種別と販売料金のポジショニングを見ていきます。

ネット上で販売する場合は上記の3つのサイトを利用するかと思いますが、発生する費用・手数料は種別により異なります。

  • ネットショップ作成:3〜6%
  • ハンドメイド販売サイト:10〜20%
  • フリマ・オークションサイト:5〜15%

ハンドメイド販売専門サイトは出品・初期・月額無料の変わりに手数料が高く設定されていることが多く、自社で構築するネットショップ作成ソフトは安めに設定されています。

主要ハンドメイド販売サイト・フリマアプリの販売手数料ランキング比較10選

ハンドメイド販売で手数料が最も安いのが自社サイト作成型のSquareオンラインビジネスで、無料プランの場合でも手数料3.6%のみです。

STORESやPaypayフリマが5%・ラクマは6%・BASEが6.6%と続きます。ハンドメイドに特化しているサイトは、minneが10.56%・Creamaが作品・素材販売11%・Iichiでは20%と販売手数料が高めです。

順位サービス名決済・販売手数料出店・初期費用月額費用振込手数料
1位Square
オンラインビジネス
フリー:3.6%
プレミアム:3.3%
0円フリー:0円
プロ:1,200円
パフォーマンス:2,200円
プレミアム:6,800円
 0円(無料)  
2位STORESフリー:5%
スタンダード:3.6%
0円フリー:0円
スタンダード:1,980円
1万円以上:275円
1万円以下:上記+275円
3位PayPayフリマ5%0円0円 100円
4位ラクマ6%0円0円 216円
5位BASE6.6%+40円0円0円 250円
6位ヤフオク一般会員:10%
プレミアム会員:8.8%
0円0円 0円
(Yahooウォレット)
7位メルカリ10%0円0円 210円
8位minne10.56%0円0円 172円
9位Creema  作品・素材販売:11%
フード販売:14%
台湾・香港サイト販売:20%
0円0円 172円~270円
10位Iichi個人販売:20%
代理販売:15%
0円0円176円~275円

ショップ作成ソフトの場合は手数料が低めに設定されていますが、自力集客が必要なためSNSフォロワーも重要です。またプランによっては月額費用も発生するため、利益がどれくらいでるのかもシュミレーションをしておきましょう。

ネットショップ作成ソフトの手数料・利益シュミレーションはSquare×BASE徹底比較の記事で紹介しています。

初心者も無料開始でおすすめハンドメイド販売サイト&アプリ料金・手数料比較5選

サービス名種別初期費用月額費用決済・販売手数料振込手数料利用者属性・業界
minneハンドメイドサイト0円0円10%172円男女比:女性70%・男性30%
年齢:20~40代
Creema   ハンドメイドサイト0円0円8~12%172円~270円男女比:女性69%・男性31%
年齢:20~40代
Iichiハンドメイドサイト0円0円20%176円~275円男女比:女性73%・男性27%
年齢:20~40代
メルカリフリマアプリ0円0円10%210円男女比:女性63%・男性37%
年齢:20~40代
ラクマフリマアプリ0円0円3.5%216円男女比:女性48%・男性52%
年齢:20~40代
ヤフオクフリマアプリ0円0円10%0円
(Yahooウォレット)
男女比:女性46%・男性54%
年齢:30~50代
STORESネットショップ作成0円フリー:0円
スタンダード:1,980円
 0%1万円以上:275円
1万円以下:上記+275円 
アパレル
小売・雑貨
BASEネットショップ作成0円  0円(無料)  6.6%+40円250円アパレル
小売・雑貨
Square
オンラインビジネス
ネットショップ作成0円フリー:0円
プロ:1,200円
パフォーマンス:2,200円
プレミアム:6,800円
3.6%
プレミアム:3.3%
0円(無料)  アパレル・飲食
小売・雑貨
カラーミーショップネットショップ作成0円フリー:0円
レギュラー:3,300円
ラージ:7,945円
決済手数料4.0%~
販売手数料0円
1.50%アパレル・飲食
小売
雑貨・食品

minne(ミンネ)- GMOグループ提供・月額&初期0円・食べ物・手作り作品販売サイト

  • 20代の顧客中心でアクセサリーや小物を販売
  • 販売手数料10%
  • 送り状自動印刷機能あり

minne(ミンネ)はGMOグループが提要している総額600億超のハンドメイド販売サイトです。顧客は20代中心であり、アクセサリーや小物を販売が主です。また、送り状の自動印刷機能など出品者も気軽に利用できるなどのメリットがあります。

またパン・焼き菓子・チョコレート・ドライフードなどの食品ジャンルでの出店は、販売手数料が実質0円になるキャンペーンも実施しています。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円10%172円

販売手数料0円&月額無料・minneの無料登録で食べ物販売をスタート

月額無料でハンドメイド作品を販売・minneの無料登録はこちら

Creema(クリーマ) – 月間100万人が利用するハンドメイドプラットフォーム

  • 海外販売にも対応
  • 2010年から開催して長い経験
  • アクセサリーから家具まで幅広い対応

Creema(クリーマ)は、2010年から運営しており、月間100万人が利用している老舗のハンドメイドプラットフォームです。ホームページ上で作品だけでなく、作家のコメントや生の声も見れるとメリットがあります。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円8~12%172円~270円

詳細はこちら:https://www.creema.jp/

Iichi(イイチ) – 本格テイスト・高品質なハンドメイド販売サイト

  • 台湾Pinkoiと連携し海外に展開可能
  • 高価格帯商品も販売されている
  • プロの職人や作家が多い

Iichiは、プロの職人や作家が多く高品質のハンドメイド販売サイトです。アクセサリーから家具まで販売しており、数十万円までの商品も販売しております。また台湾のマーケットプレイスのPinkoiとも資本連携しているため海外での販売も可能です。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円20%176円〜275円

詳細はこちら:https://www.iichi.com/

Etsy(エッツィー) – ビンテージ・オーダーメイドのユニーク商品販売サイト

  • 約3700万人が利用
  • アメリカ発の販売サイトで世界中に販売可能
  • 商品だけでなく、ハンドメイド商材なども購入可能

Etsyはアメリカ発のハンドメイドやビンテージの商品や商材を販売しているマーケットプレイスです。アメリカ発のため、日本内だけでなく、海外に向けての販売が可能です。また、利用者も3700万人近いためニーズも大きいです。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円5%3〜4%

詳細はこちら:https://www.etsy.com/jp/sell?ref=ftr

BOOTH(ブース)- クリエイターの総合マーケットプレイス

  • 漫画からアクセサリーまで幅広いコンテンツを販売
  • 購入者がクリエイターに価格の上乗せができる支援制度あり
  • WEB即売会などを提供

BOOTHはアクセサリーやぬいぐるみなど様々なコンテンツやプロダクトを販売できるクリエイターのための総合プラットフォームです。決済手数料が安く、購入者が購入価格に支援金を上乗せできる制度などもあるのが特徴です。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円5.6%+22円月末締め翌月20日から5営業以内

詳細はこちら:https://booth.pm/ja 

初期無料のおすすめフリマアプリ&オークションサイト料金・手数料比較6選

メルカリ – 日本最大級のフリマアプリサイト

  • 出品時・購入時に手数料0円
  • 月間1,100万人以上
  • 匿名配送可能

メルカリは、日本最大級のフリマアプリサイトであり、月間1,100万人以上が利用しているフリマアプリサイトです。出品時や購入時には手数料がかからず、販売が成立したときのみで費用が発生するため気軽に利用できます。また、匿名配送も可能なため余計な負担もなく利用できるというメリットがあります。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円10%210円

詳細はこちら:https://www.mercari.com/jp/guide/beginner/ 

ラクマ – フリルの買収で流通総額上位・楽天が運営するCM放映中のフリマアプリ

  • 2,500万DL達成
  • 楽天ペイ、楽天市場などで売上金を利用可能
  • 日本郵便で匿名配送が可能

ラクマは、楽天株式会社が提供するフリーマーケットアプリです。2500万ダウンロードを達成しております、楽天株式会社が提供しているため、楽天ペイや楽天市場などで売上連携をすることなど楽天関連企業のです。また、日本郵便を利用することでこちらも匿名配送を行う事ができます。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円3.5%210円

詳細はこちら:https://fril.jp/ 

SUMALLY(サマリー) – 海外販売もおすすめ・写真をメインのフリマ版Instagram

  • SNS機能付き販売サイト
  • 欲しい商品やプロダクトを登録できる
  • 月額料金もかからない

SUMALLY(サマリー)はモノのSNSとも言われており、販売ができるような百科事典を目指しているサイトです。現状販売手数料も無料で利用できるため気軽に利用できます。海外で特に人気があるサイトです。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円0円216円

詳細はこちら:https://sumally.com/ 

ヤフオク – Yahooが運営する老舗ネットオークションサイト

  • フリマ形式とオークション形式を選べる
  • 出品マニュアルがあるため安心して利用できる
  • 30〜50代まで幅広い年齢におすすめ

ヤフオクは株式会社Yahoo!Japanが運営しているフリマ・オークションサイトです。出品者がどのように販売したいかによりフリマやオークション形式などが選べます。96%以上がいい取引だと答えており、また出品のマニュアルがあるため安心安全に利用することが出来ます。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円10%0円
(Yahooウォレット

詳細はこちら:https://auctions.yahoo.co.jp/topic/promo/seller/entry/ 

フリマJP – スマオで簡単無料出品のフリマアプリ

  • 3分で出品可能
  • 平日毎日振込申請可能
  • 出品手数料無料

善意のフリマJPは、『ニセモノ商品販売の撲滅』と『世の中で足らないものを安価に販売』、『かんたん出品・安心購入』をコンセプトにしているフリマアプリです。出品料は無料で利用でき、平日いつでも振込申請ができるというメリットがあります。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
0円0円8%210円

フリマJPの詳細はこちら

PayPayフリマ – 業界最安値の販売手数料5%・簡単・安心フリマアプリ

  • 業界最安値の販売手数料5%
  • CM放映でも集客力に期待
  • 振込手数料がPayPay(スマホ決済)なら0円

PayPayフリマは以前までは手数料が10%でしたが、2021年1月20日から半額の5%に大幅値下げをしたことでも話題になりました。

QR決済端末PayPayの中にはモール・タクシー配車などさまざまなアプリケーションが用意されており、多くのユーザーがいる決済プラットフォームと言えます。

初期・出店費用月額費用販売手数料振込手数料
 0円0円
 
 5%100円
スマホ決済0円

詳細はこちら:https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/

初期&月額無料・手数料も安いおすすめネットショップ作成ソフト料金比較7選

サービス名初期費用月額費用決済手数料販売手数料振込手数料入金サイクル
BASE0円(無料)0円(無料)3.60%注文毎3%+40円250円
2万円未満:事務手数料500円
10営業日
※追加手数料1.5%で
最短翌日
Square
オンラインビジネス
0円(無料)フリー:0円
プロ:1,200円
パフォーマンス:2,200円
プレミアム:6,800円
3.6%
プレミアム:3.3%
0円(無料)0円(無料)最短翌日
水曜日締め
STORES0円(無料)フリー:0円
スタンダード:1,980円
フリー:5%
スタンダード:3.6%
0円(無料)1万円以上:275円
1万円以下:上記+275円
月末締め翌月末払い
カラーミーショップ0円(無料)フリー:0円
レギュラー:3,300円
ラージ:7,945円
フリー:6.6%+30
→9末まで4.0%~
レギュラー:4.0%~
ラージ:4.0%~
0円(無料)1.50%月末締めの翌々月20日払い
Shopify
(ショピファイ)
0円(無料)ベーシック:約3,200円
スタンダード:約8,600円
プレミアム:約21,800円
3.25~3.9%0.5~2%
Shopifyペイメント0%
0円(Shopify ペイメント利用)翌週金曜日
※最短5日
Make Shop1万円プレミアム:1万円
エンタープラズ:5万円~
3.14%~0円(無料)250円/件
最大4件無料 ※
月末締め翌月20日払い
※GMOイプシロン契約時の金額となり指定の金融機関や入金額により所定の手数料が発生

Square オンラインビジネス – 個人おすすめ/月額/初期/販売手数料0円でショップ開業

  • 月額・初期費用・販売手数料0円でネットショップ作成
  • Instagram連携でアパレル販売/飲食店/レッスンスクールなど豊富なテンプレート
  • 個人もおすすめ/決済機能付きで最短翌日売が上手に入る(追加手数料なし)
  • 事前決済・継続課金(サブスク)・チケット管理など幅広い支払いに対応
  • POSレジ・キャッシュレス・顧客管理までアカウント1つで完結

Squareオンラインビジネス月額・初期費用・販売手数料が無料でネットショップ作成ができるサービスです。BASEやSTORESなどの場合は決済手数料が5%・別途で販売手数料3%が発生しますが、Squareは安く利用ができ年間で5~20万円ほどお得になります。

※シュミレーションの詳細はBASE×Square徹底比較の記事で解説しています。

また0円でショップ開設が可能なことに加えてInstagram連携も簡単設定で、美容室/サロン/アパレルやハンドメイド販売などにもおすすめで、3ステップでインスタ販売ができるようになります。

また飲食店向けのテイクアウト・デリバリー予約といった事前決済やカレンダー予約も可能です。継続課金にも対応しているためレッスンスクールや教室など月額費用の回収も効率化できます。

Squareオンラインビジネス-無料ネットショップの機能

加えてSquareでは無料POSレジやキャッシュレス端末も提供しているため、顧客管理・在庫管理・ギフトカード送付など1つのアカウントで完結します。

個人事業主におすすめのポイントとしては、他のサービスで翌日入金にする場合は別途追加手数料が発生しますが、Squareの場合は追加0円なしで最短翌日入金のためキャッシュフローの安定が期待できます。

無料プランプロフェッショナルパフォーマンス
月額:0円
販売手数料:0円
振込手数料:0円
注文キャンセル手数料:0円
商品・画像登録:無制限

決済手数料:3.6%
月額:1,200円
販売手数料:0円
振込手数料:0円
注文キャンセル手数料:0円
商品・画像登録:無制限

決済手数料:3.6%
月額:2,200円
販売手数料:0円
振込手数料:0円
注文キャンセル手数料:0円
商品・画像登録:無制限

決済手数料:3.6%

BASE×Squareの徹底比較はこちらの記事で解説しています。

STORES – 初期/月額/販売手数料0円/48テンプレートで無料開業/個人インスタ販売OK

  • 初期/月額/販売手数料0円で最短10秒で無料登録
  • おしゃれな48種の無料テンプレートで物販/アパレル/食品/ハンドメイドにも
  • Instagram連携で音楽/動画/画像などデジタルコンテンツ販売
  • 30以上の機能で商品登録は無制限/定期&予約販売/クーポン/購入ボタン設置
  • 個人おすすめショップ不要でSNS×決済URL送付で無料ネット販売

STORESはTVCMでも知名度の高い初期/月額/販売手数料0円で48種のおしゃれなテンプレートから最短10秒登録、毎月1万件のショップが開設されている、無料のネットショップ作成サービスです。

他社との違いはおしゃれなテンプレートが無料プランで全て使い放題、拡張機能で商品登録は無制限/シール機能/ランキング/動画・購入ボタン設置でオリジナルショップを初心者でも簡単に作れます。

テンプレートが豊富なためアパレル・ハンドメイド・動画/画像などのダウンロード販売・テイクアウト&デリバリー受付にも活用できます。

また30以上の豊富な機能がありショップ編集/定期・予約販売/クーポン/LINE&Instagram連携など、さまざまな集客・販売方法ができるようになっています。

個人におすすめのSTORES請求書決済を使えばInstagramなどSNSの投稿画像・フォロワー・プロフィール欄に決済リンク設置・DMで決済URLを送るだけで無料でオンライン販売の開始も可能です。

利用料は無料で費用は決済手数料の3.24%のみのため、誰でも簡単にネット販売のスタートができます。

また他社と比較してサポート体制も強化しており、ネットショップの構築がはじめての方でも丁寧に支援しながらショップ構築が可能です。

月額費用決済手数料販売手数料特徴
フリープラン:0円
スタンダード:1,980円
フリープラン:5%
スタンダード:3.6%
0円登録画像無制限/クレカ決済・後払い決済
キャリア決済対応/48テンプレートが無料

初期/月額/手数料0円で個人おすすめ・おしゃれな48テンプレートで無料ショップ開設

ジンドゥー – KDDI提供 無料でネットショップ&ECコーポーレートサイトが3分で完成!

  • 自社のECサイトをアピールするのにコーポレートサイトは必要不可欠
  • パワーポイント感覚でホームページ・ネットショップを簡単作成
  • 最短3分でコーポーレートサイトが完成「ジンドゥー AI ビルダー」
  • 月額・初期費用無料プランから、ビジネスに最適な有料プランまで完備

ジンドゥーは株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが提供する月額・初期費用が無料のWebサイト作成ツールです。

商品販売のECサイトとは違いコーポレートサイトでは会社のブランディング・求人情報・メディアからのお問い合わせ窓口といった目的で開設されます。この2つはターゲットや目的が異なるため、分けて作られることが多いです。

個人・小規模企業では時間・人的リソースの問題でコーポレートサイトをイチから作るのは難しいという方も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめなのが、無料で簡単にホームページを作成できる「ジンドゥー」。

月額・初期費用は無料から利用でWeb上で直感的に簡単編集が可能で、まるでパワーポイントの資料を作成するような感覚でホームページを作成することができます。

特にジンドゥー AI ビルダーではAIからの質問に回答し、簡単に写真・テキスト編集・問い合わせフォームもワンクリック設置で会社のブランディングのために必要なコーポレートサイトが最短3分で完成します。

またジンドゥークリエイターは少し難易度は上がりますが簡単にネットショップ作成ができ、個人の方でハンドメイド商品・インスタ販売を試したい方にもおすすで、出店費・販売手数料も無料のため気軽にスタートできます

※クレジットカード決済の場合は、決済システムの手数料がかかります。

大手KDDIグループが運営しているためサポートも充実で技術的なメールサポート・操作方法や使い方に関するセミナーを毎週開催しており、「初めてホームページを作る」という方でも安心してご利用できます。

全てのプランが無料で利用開始できるため、ぜひ登録してみましょう。

初期費用月額費用手数料・オプションなど無料トライアル
0円AI ビルダー
・PLAY:0円(永年無料)
・START:990円
・GROW:1,590円
有料プラン契約時 /独自ドメイン初年度無料
ドメインアドレス取得/問い合わせフォーム
モバイル最適化
無料プランあり
0円ジンドゥークリエイター
・FREE:0円(永年無料)
・PRO:965円
・BUSINESS:2,470円
・SEO PLUS:4,110円
・PLATINUM:5,190円
有料プラン契約時 /独自ドメイン初年度無料
ドメインアドレス取得/ショップ機能
モバイル最適化/アクセス解析/常時SSL対応
無料プランあり

カラーミーショップ – GMO提供/月額/初期0円/おしゃれなデザインでアパレルに強い

カラーミーショップ-月額・初期0円で80種のデザインテンプレートからおしゃんれネットショップを無料作成
  • おしゃれなデザインテンプレート・カスタム編集でアパレル/美容/食品におすすめ
  • 月額/初期/販売手数料0円で簡単ショップ開業
  • アプリ機能でECモール在庫連携・インスタ販売・スマホで受発注管理
  • 大手GMOグループが初心者も安心の電話開業サポート
  • 公式YouTube・自社メディアで売れるための実践的な運営・集客ノウハウを提供

カラーミーショップは東証一部上場企業のGMOペパボが提供している、月額・初期・販売手数料0円・おしゃれなデザインテンプレート・カスタム編集が魅力の無料ネットショップ開業サービスです。

2021年5月に月額0円プランをリリースし、現在は9月末までの期間限定で割引になるキャンペーンも実施しています。

通常の無料ネットショップ作成ソフトではテンプレート編集は有料オプションの場合が多いですが、無料でテンプレートをカスタム編集・おしゃれなショップ作成でアパレル・美容・食品業界に人気です。

そのため初めてのショップ立ち上げから売上・集客強化まで成長に合わせて利用できるのが強みといえます。

大手ネット企業のGMOが運営していることもあり上記のノウハウコンテンツに加えて、電話サポート・メールサポートの体制も強く、開店準備も支援してくれるため初めての人でも利用におすすめです。

また「カラーミーショップch.」ではSNS運用・SEO対策など実践的な内容を紹介し、自社メディアの「よむよむカラーミー」では事例インタビュー・集客ノウハウ・セミナー情報も公開されており、作成して終わりではなく売れるショップに向けたコンテンツが数多く提供されています。

月額費用販売手数料決済手数料無料トライアル
フリー:0円
レギュラー:3,300円
ラージ:7,945円
0円フリー:6.6%+30円 → 6.6% ※9月末まで
※Amazon Pay / GMO後払い:4.0%

レギュラー・ラージ:4%~
レギュラー・ラージ:30日

月額・初期・販売手数料0円・おしゃなデザイン&電話サポートで無料ショップ開設

MakeShop – 流通額9年連続1位=1番売れるサイト・販売手数料0円・モール連携・自由デザイン

GMO-Makeshop_使いやすくて売れやすい・流通額・ショップ数No.1_キャプチャ
  • 流通額9年連続No.1:使いやすさ×650の機能で1番売れるEC開業サービス
  • 上場企業が万全のサポート:初心者利用が68.9%でダントツの安心利用
  • 無料カートにはない“おしゃれで豊富なテンプレート×自由なデザイン編集が0円
  • 販売手数料0円・月額のみ:月商10万円以上ならトータルコストが安くなる

MakeShop 東証一部上場のGMOグループが提供している販売手数料0円・月額料金のみの日本で1番売れているネットショップ開業サービスです。

メイクショップの1番の特徴は使いやすさ・カスタマイズ性のデザインです。オリジナルテンプレートは全て0円で利用が可能で、Yahoo!AmazonなどのECモール一元管理定期購入・予約販売Instagram連携など650以上の機能を利用が可能で、多店舗運営の方にもおすすめです。

makeshop(メイクショップ)のおすすめ理由・料金・デザイン・650の機能

支払い方法も幅広く対応しており、後払い・コンビニ決済・PayPay/LINE Payなどのスマホ決済にも対応しています。

また決済手数料は3.14%~(MakeShopペイメント)と再安値販売手数料が0円のため売上が増え、ショップが成長していっても利益率は高い状態を維持できるのもポイントです。

月額費用が発生しますが、BASE・cafe24などの無料ネットショップ作成ソフト・Shpify・FutureShopといった有料カートと比較しても、トータルコストは安くなることがわかります。これはGMOメイクショップが大切している思想からも料金体系・流通額No.1を取得している理由がわかります。


創業以来、事業をする上で最も大事なことは“ショップ様の売上”、すなわち「流通総額」と考えてきました。

makeshop_大事にしている考え方

当社が最も大事にしていることは、「流通総額」です。なぜなら、売上を上げることこそが、ショップ様と我々の事業繁栄と継続の唯一の道だと考えるからです。また、売上をあげることは、ネットショップ運営を続ける楽しみや喜びとなり、さらなるショップの発展を志す原動力にもなります。

私たちは、そんなショップ様を一店舗でも多く世に生み出し、ショップ様の笑顔、さらにはその先にいる購入者様の笑顔を増やし続けたいと考えています。

GMOメイクショップ – 代表取締役 向畑 憲良 MakeShopが大事にしている考え方・取り組み

15日間の無料トライアル中は全ての機能を利用することができるため、使用感やデザインを体感してみましょう。

初期費用月額費用決済手数料無料トライアル
プレミアム:1万円
エンタープライズ:10万円~
プレミアム:7,000円~
(長期契約で最大30%割引)
エンタープライズ:50,000円~
プレミアム:3.19%~
エンタープライズ:3.14%~
あり
15日間無料
※全機能開放

1番売れてるネットショップ・全機能が使える無料トライアル申し込みの詳細はこちら

BASE – 小嶋陽菜CM出演でも話題・90万ショップ突破の

●特徴

  • 無料でネットショップを開業できる
  • PC初心者でも簡単操作で作成できる
  • クレジット決済を導入可能

BASE は小嶋陽菜CM出演でも注目の、3年連続ネットショップ開設数NO.1の無料サービスです。90万以上のショップオーナーが利用し、豊富なデザインテンプレートからECサイト作成が可能です。

クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・キャリア決済などさまざまな決済方法に対応し、600万人が利用するショッピングアプリの利用ユーザーに集客が可能です。

月額費用決済・販売手数料無料トライアル
無料6.6%+40円無し

600万人のショップファンを集客、無料ネットショップ開設BASEの詳細はこちら

shop by(ショップバイ) – 月額・初期無料・3,000円クーポン付き

  • 月額・初期費用が無料で簡単開設
  • 期間限定3,000円クーポン
  • SNSマーケティングもセットで支援

shop by(ショップバイ) は2020年9月にリリースされた月額・初期費用が無料でECサイト開設ができる簡単ネットショップ作成ツールです。

無料のデザインテンプレート・メール自動配信などショップ運営に必要な機能がそろっており、個人で運営する小さなショップから中小企業におすすめです。

また2021年3月末までの期間限定で3,000円分のクーポン提供キャンペーンも実施しています。

限定キャンペーン中のshop by無料登録はこちら

初心者におすすめのハンドメイド販売の売上増加・5つのステップ

最後にハンドメイド販売初心者におすすめな売上増加やステップアップを行うためのポイントをご紹介します。

(1)無料開始:SNSフォロワーに向けてネットショップ作成ソフト×Instagram販売

まずは費用をかけずに始めてみましょう。もし、SNSフォロワーがすでにいる場合は、集客力は必要ありません。そのため、Instagramでハンドメイドプロダクトをフォロワー向けに発信して、販売用にネットショップ作成ソフトを活用することで売上げアップを狙いましょう。

(2)サイト出店:集客力の高いハンドメイド販売サイト・フリマアプリへ複数出店

もし、SNSフォロワーがいない場合は、ハンドメイド販売サイトやフリマアプリに複数出店しましょう。手数料はかかりますがプラットフォームの集客力を活用することで、多くの顧客に向けて自分の商品を展開しましょう。

(3)絞り込む:コンセプトや顧客傾向が見えたら掲載サイトの減らし管理工数を削減

出品や販売を重ねながら、サイトのコンセプトや顧客傾向でどのようなものが好まれているのかを把握しましょう。顧客傾向や全体の流れが見えてきたら、自身の商品の方向性に近いものを見つけ出し、掲載サイトを絞りこみましょう。複数サイトに登録すると多くの顧客を集客できますが、その分負担がかかるため、掲載サイトを絞り、管理工数を削減しましょう。

(4)引き込む:世界観・コンセプトの伝わる自社サイトに有料カートでカスタマイズ

掲載サイトを絞り込みながら、自分の商品の顧客層や自分の作品のコンセプトが見えてきたら、自身の世界観やコンセプトがより伝わりやすいように自社サイトを作成したり、販売サイトの中での有料ショッププランを用いて、より自身の世界観を表現し、顧客の引き込みを狙いましょう。

(5)広告開始:Instagram広告・イベント・サイト訪問者へリタゲ広告で集客拡大

自分の世界観が表現できた自社サイトを作成できたら、集客に力を入れます。PinterestやInstagram広告、イベント、サイト訪問者へのリターゲティングなど広告施策に力を入れ、新たな顧客層の開拓を狙いましょう。