テイクアウト・事前注文アプリ比較10選|店舗のコロナ対策で注目、おすすめ・市場規模・メリット

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2020/05/26

テイクアウト・事前注文アプリとは

テイクアウト・事前注文アプリとは、来店しなくてもテイクアウトの注文を予約したり、決済をすることが出来るアプリです。モバイルオーダーアプリとも呼ばれています。

テイクアウトアプリを利用することで、顧客と店のやり取りは商品の受け渡しだけとなります。そのため、注文してから待つ時間がないなど消費者にとって便利なサービスであることはもちろん、店側にとっても注文のやり取りやお会計のやり取りなどを削減することが可能です。

また新たな顧客を開拓するチャンネルともなります。このように客側、店側どちらにもメリットがあり現在注目されています。

導入費・手数料0円のmenu3つのポイント限定キャンペーン
・0円から利用可能
・席数に縛られず売上UP
・事前注文&決済で効率化
>>テイクアウトを無料導入
・初期費用、サービス料が0円
・タブレット端末も0円
・カード決済手数料0円
>>テイクアウトを無料導入

テイクアウト・事前注文アプリの3つのメリット

店舗がテイクアウト・事前注文アプリを導入するメリットに関してご紹介します。

  • 掲載料金0円・手数料のみで開始

店舗にとっての悩みとして、どのように集客を行うかがあるかと思います。

集客には、WEB広告を行ったり、フリーペーパーに掲載するなどの方法がありますが、先行投資となってしまうためコストとなってしまいます。

しかし、テイクアウト・事前注文アプリでは条件が合えば、掲載料金0円で、手数料のみで開始できます。そのため、注文がなければ費用は発生しないため負担なく開始できます。

  • デリバリー・テイクアウトニーズに対応

ライフスタイルの変化により、現在中食やテイクアウトの需要が増えています。今までデリバリー・テイクアウトが出来る店舗は限られていました。しかし、テイクアウトアプリを活用することで、消費者のデリバリー・テイクアウトニーズに対応ができます。

  • 新たな店舗ビジネスの集客チャネルに

上記で触れたように、店舗にとって集客は大きな課題です。リアルの場で呼びかけやWEB広告などさまざまな手法を活用しているかと思います。

テイクアウトアプリは、ただ新たな注文を得られるだけではありません。アプリで店舗が紹介される事により、店舗の認知拡大にもつながり、新たな集客チャネルとしても活用できます。

テイクアウト・事前注文アプリが注目される理由と背景

なぜ、ここまでテイクアウト・事前注文アプリが注目されているのかその背景をご紹介します。

2023年には2.4兆円市場規模へ、高まる中食・デリバリー需要

まず一点目は市場規模の拡大です。少子高齢化などに伴い現在食関連のし上は全体的に縮小傾向です。

出典:矢野経済研究所 – 食品宅配市場規模推移

しかしなかでも宅配市場だけは堅調に伸長しております。矢野経済の宅配食品市場調査によると、2018年時点で市場規模は2兆1,339億円と推定されており、今後2,023年までに2兆4億円規模と113%新調されていると予想されています。

市場が伸長している理由としては、女性の社会進出などライフスタイルの多様化の影響だと見られています。

Uberを中心としたフードシェアリングサービスの増加

店舗にとって今までネックだったのが、デリバリーの人員をかかえたり、システムを作ることでした。

しかし、Uber Eatsやファインダインなどのフードシェアリングサービスが進出してきたことにより、デリバリー業務を全てアウトソース出来るようになりました。このようなフードシェアリングサービスは、オンラインプラットフォームが一般的です。

そのため、お客は気軽にオンラインでオーダーをして、お店でのメニューを手軽に家やオフィスで楽しめるようになりました。また、店舗側もリソースがなくてもデリバリービジネスに参画できるようになりました。このようなビジネスの発展に伴い、デリバリーがより普及するようになりました。

新型コロナによる外出自粛・店舗の経営維持対策としても検討

また、最も大きな影響とも言えるのが新型コロナウィルスの影響での外出自粛です。その影響で多くの飲食店の売上が打撃を受けています。

飲食店.comの調査では、8割以上の店舗がすでに前年の売上より減っていると答えており、2割は半減しているとも答えています。緊急事態宣言が取り下げられてもしばらくこの影響は継続すると見られ、多くの店舗は対策として取り入れているのがテイクアウトです。

出典:Googlet Trends – 「テイクアウト」検索推移

実際GoogleTrendでも緊急事態宣言が発令された4月6日以降急上昇しており、消費者側のニーズも高まっており、店舗側はそれに答える形で展開を余儀なくされています。

このように大きなトレンドとしてもテイクアウトが注目されはじめていましたが、新型コロナウィルスの影響もあり、店舗側も急速な変化が求められています。そのような背景でテイクアウト・事前注文アプリが注目を浴びております。

店舗のコロナ対策・集客におすすめのテイクアウト・事前注文アプリ比較10選

ここから具体的なテイクアウト・事前注文アプリをご紹介します。

期間限定導入0円・TVCM放映中のテイクアウトアプリmenu

  • 期間限定で初期費用・サービス料・手数料が0円
  • 事前注文・事前決済で店舗を効率化
  • テイクアウト導入で席数に縛られずに売上アップ

menu は全国でのTVCM放映も開始している無料のテイクアウト・デリバリーサービスです。全国の飲食店での掲載登録が可能になっており、今なら期間限定で初期費用・サービス料・カード手数料が0円とおすすめです。

また決済システムもセットになっているため、店舗のコスト削減にもつながります。たとえクレジットカード決済額が1,000円の場合は30〜70万円の手数料が発生しますが、menuでは現在手数料が0円とお得です。

ぜひ、この機会に飲食店のテイクアウトをはじめましょう。

初期・手数料すべてが無料、menuの申込みはこちら

LINEポケオ

LINEポケオは、2019年4月よりスタートしたLINEが提供しているテイクアウトサービスです。LINEアプリ内で事前注文を行い、出来上がり時間にピックアップする仕組みです。エリアとして全国をカバーしており、利用手数料のみで利用できます、またLINEユーザーという膨大のユーザーにコミュニケーションが出来るというのが強みです。

詳細はこちら:https://pockeo.line.me/

楽天デリバリー

楽天が提供するのが楽天デリバリーです。楽天が提供すため、楽天市場など他のサービスを利用しているユーザーに宣伝が可能です。ドミノ・ピザ、ケンタッキー、バーミヤンなど大手も利用しており安心感を持って利用できます。また、申込みから最短で2週間という短期間で開始できます。

詳細はこちら:https://delivery.rakuten.co.jp/?module=Default&action=Shiryoentryform&l-id=top_header_Shiryoentry

COTOL(コトル)

予約管理システムを提供しチエル株式会社リザーブリンクが提供するサービスがCOTOLです。通常のメニューだけでなく、ギフトなどの包装やカスタムオーダーにも対応し可能なオーダーが出来るといった特徴があります。

詳細はこちら:https://cotol.jp/

食べログテイクアウト

食べログが提供しているサービスが食べログテイクアウトです。食べログのサービスと連携しているため、店舗の評価などが閲覧可能というメリットがあります。現在地検索が800m圏内などと少し狭いという特徴があります。

詳細はこちら:https://tabelog.com/takeout_feature

PICKS(ピックス)

PICKSはDIRIGIOが提供しているテイクアウトに特化したアプリです。各店舗の現在地の時間や営業時間などを表示してくれ、メニューも写真を表示してくれるなど、お客様のユーザービリティーがいいサービスです。

詳細はこちら:https://picks.fun/PicksforPartners

EPARKテイクアウト

医療からエステ、駐車場などのな予約ができるサービスEPARKが提供するのがEPARKテイクアウトです。指定した店舗にポイントがたまるといったことや子育て割などさまざまな割匹サービスを提供しています。

詳細はこちら:https://takeout.epark.jp/contents/contact/?referrer=PRlinkPC_contents_contact

ClickDishes

ClickDishes(クリックディッシュズ)は、カナダ発のテイクアウトアプリで現在Alipayなどと連携することで注目を浴びております。2020年4月より日本でローンチされ、年内には2000店舗の加盟を目指しています。

詳細はこちら:https://www.clickdishes.jp/partners

iToGo [アイ トゥ ゴー]

iToGo[アイトゥゴー」は、サン電子株式会社が提供するサービスです。ワンストップでの注文から決済ができるだけでなく、クーポンやポイントなども提供しており、お客様にさまざま様々なメリットを提供しています。

詳細はこちら:https://itogo.jp/about.html

POTLOCK

POTLOCKは新規掲載費用が0円で店舗集客が可能な、定額制テイクアウトアプリです。月額費用などは発生せず、注文分の手数料として費用が発生します。

ランチに特化しているため、オフィスエリアに構える店舗にはおすすめのサービスです。

詳細はこちら:https://www.pot-luck.jp/shopentry

コロナで変わる消費者の購買行動

新型コロナウィルスの契機に、今後消費者の購買行動は大きく変わっていくと考えられています。今まで同様では、飲食店の経営も難しくなってくるでしょう。

その対策として現在注目されているのがテイクアウトです。今までテイクアウトは、集客をどうするのか、デリバリーをどうするのかなどの悩みがありました。しかし、デリバリーシェアリングサービスやテイクアウトアプリなどが登場したことにより、容易にテイクアウトをはじめられるようになっています。店舗の対策として、テイクアウトも検討してみてはいかがでしょうか。

この記事にはタグがありません。