食べログ×ホットペッパー×ぐるなび×Retty徹底比較|グルメ予約サイト4強の料金・評判・シェア

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2020/04/25

INDEX

食べログ×ホットペッパー×ぐるなび×Retty・グルメサイト4強の掲載料金・利用率シェアを比較

飲食店の集客は来店時の評判や詳細な料金の公開など、ユーザーが求めているものを提供できれば自然と来店数は上がるものです。

しかし人気店舗として店舗を紹介するためには、多くの利用者に自分の店舗の宣伝をしなければなりません。グルメ予約サイトでは、店舗の雰囲気や料金、予約など必要な情報を発信し、売り上げを伸ばすための手助けをしてくれます。

今回はグルメ予約サイトの4強を紹介しながら、店舗集客のポイント・選び方を解説しています。

食べログとは

食べログの基本情報・概要

  • 運営会社:カカクコム
  • サービス提供開始時期:2005年3月
  • 月間PV数:約19億2000万PV
  • 掲載店舗数:約87万店舗

食べログは知名度も高く、口コミ情報が豊富で利用者も多いグルメサイトです。Googleの検索結果にレビューが表示されていることもあり、印象が強い方も多いでしょう。

2005年からサービス開始を行っており、月間のPV数も約20億と圧倒的な数値を誇り、掲載店舗数も87万とこちらもトップクラスの数値です。(シミラーウェブ:2020年4月時点)

詳細はこちら:https://owner.tabelog.com/owner_info/top?lid=ownerinfo_rsttop_footer

食べログのメリット・強み

  • 気になっている店舗が登録店だった場合に評価を知れる
  • 人気メニューの写真や店舗の雰囲気が写真でわかる
  • ネット予約へと簡単につながる

食べログは登録店舗の最新情報などをいち早く知れる検索機能があり、今すぐいきたい店舗を細かく調べられます。利用者の基本料金も無料なため、気軽に登録できるところも選ばれるメリットです。

ユーザー目線で作られた視認性の高い検索ページのため、必要な情報を的確に調べられます。

食べログの掲載料金・プラン

  • プレミアム プラン10S 100,000円(税別)
  • プレミアム プラン5S 50,000円(税別)
  • ベーシック プランS 25,000円(税別)
  • ライト プランS 10,000円(税別)

プランごとの大きな違いは、時間帯に応じて表示される一覧ページへの掲載誘導・トップページバナーなど露出効果です。

それぞれの共通機能として、表現力アップのための編集ページやネット予約機能、お客さんに優しいTポイント付与のサービスがあるため、どのプランでも必要最低限の機能を持っています。

ホットペッパーグルメとは

ホットペッパーグルメの基本情報・概要

  • 運営会社:リクルートライフスタイル
  • サービス提供開始時期:2018年6月
  • 月間PV数:約3億1800万PV
  • 掲載店舗数:約10万店舗

食べログの次に利用店舗数、月間PVが高いのがホットペッパーグルメです。

サイト内検索が非常に強く、1訪問者のページ閲覧数とページ滞在時間が他の口コミサイトに比べて高いのが特徴です。

ホットペッパーグルメの詳細はこちら:https://www.hotpepper.jp/keisai/

ホットペッパーグルメのメリット・強み

  • ユーザーが見やすいページを意識していることから必要な情報を得やすい
  • ネット予約に力を入れていることから、満足度も高い
  • 近隣のお店と情報を比較しやすい

予約システムに力を入れており、一度訪問に来たユーザーがまたすぐに戻ってくるように近くのお店の検索など、ユーザーが使いやすいと思うようなページをしています。

また、簡単な操作と見た目の良さから一度訪問したユーザーが離れにくいなど集客率も高いです。

ホットペッパーグルメの掲載料金・プラン

  • SSP 180,000円(税別)
  • SS 120,000円(税別)
  • A 64,000〜69,000円(税別)
  • B 32,000〜40,000円(税別)

それぞれのプランの違いは、記事に特集される本数とクーポンの数、検索掲載順序の違いです。クーポンなど、ユーザーが求めているサービスを導入することで多くの顧客を増やすことにつながります。

ぐるなびとは

ぐるなびの基本情報・概要

  • 運営会社:株式会社ぐるなび
  • サービス提供開始時期:1996年6月
  • 月間PV数:約6100万PV
  • 掲載店舗数:約14万店舗

上記2つのサイトより掲載店舗数、月間PV数は少ないですが、今でも多くのユーザーを保持したまま運営しているのがぐるなびです。

予約方法が上記2つとは違い、主にランディングページでの販促を行っているため、予約へとつながりやすいです。

ぐるなびの詳細はこちら:https://pro.gnavi.co.jp/kamei/

ぐるなびのメリット・強み

  • 24時間365日の予約に対応
  • 多言語対応により、観光客にも手厚くフォロー
  • 楽天ポイントと連携可能
  • 豊富なプランから適切なものを選べる

ぐるなびでは掲載後の店舗フォローにも力をいれており、申込み完了後もWeb販促に関するコンサルティングを提供しています。

年間の販促計画相談や集客メール配信の支援、店舗ページの分析なども行ってくれます。

ぐるなびの掲載料金・プラン

  • ビギナープランは月額10,000円〜
  • 正会員プラン50,000円〜
  • エントリー会員は基本無料

まずはお試しで掲載する場合でも、無料のエントリープランから始めることができます。

エントリープランで検索上位に上がることはなかなか難しいため、より検索上位に上げるならビギナープランで登録することがおすすめです。

ビギナープランからさらに新着情報や特集ページを上げる場合、最大5万円までの費用が必要です。

正会員プランは検索上位に上げるためには必須のプランで、店舗のPRをする際に利用をおすすめします。

Retty(レッティ)とは

Retty(レッティ)の基本情報・概要

  • 運営会社:Retty株式会社
  • サービス提供開始時期:2011年5月
  • 月間PV数:4000万人
  • 掲載店舗数:約4万店舗

Rettyの特徴は実名での会員登録が必要である点です。実名公開が前提となるためデタラメ情報などが掲載されにくく、店舗・ユーザーともに信頼のあるグルメサイトです。

ユーザーがもとめている人気店舗のメニューや開店時間情報など、正確な情報を伝えるための工夫がされています。またSNSなどに実装されているタイムライン機能により、さまざまな情報が目に触れるように工夫されています。

Rettyの詳細はこちら:https://retty.me/campaign/omise/

Retty(レッティ)メリット・強み

  • 低価格で広告掲載が可能
  • ユーザーの安心と信頼を獲得できる
  • 集客力アップを期待できる

Rettyは登録店舗のメニュー・雰囲気など必要な情報を豊富に掲載することが可能です。店舗の写真や、初めてでも行きたくなるような情報を低価格で発信できるのが特徴です。

また掲載の広告プランも安くスタートすることが可能で、他の広告施策よりもスモールに開始ができます。

Retty(レッティ)の掲載料金・プラン

  • ブロンズ 19,000円(税別)/月
  • シルバー 28,000円(税別)/月
  • ゴールド 48,000円(税別)/月

Rettyの有料プランの大きな違いは、こちらも食べログなどと同様に人気店ページの表示枠です。ブロンズは7本、シルバーは9本、ゴールドは14本とそれぞれ月額で広告を掲載できます。

食べログ×Retty×ホットペッパー×ぐるなび・グルメサイトの注目度を検索数で比較

4サイトの基本情報や料金プランについて紹介してきました。ここからは4サイトの検索トレンドや注目度を比較していきます。

食べログ×Retty×ホットペッパー×ぐるなびを検索上昇率・トレンドで比較

上記グラフはGoogleトレンドという検索上昇率を計測するツールで4サイトを比較したものです。

2015年頃までは食べログの検索が多かったですが、2016年以降はホットペッパーの検索が増えています。ホットペッパーについては、ビューティーの美容向け検索需要も含むため、一概にはいえませんが全体傾向としては伸びていることがわかります。

またホットペッパーに関しては近年TVCMも放映しているため、注目度も増していることがうかがえます。

食べログ×ホットペッパー×ぐるなび×Rettyを検索回数で比較

※検索ニーズが店舗予約の「ホットペッパーグルメ」であるため「ホットペッパー」もカウントし、ビューティーなどのサロン・美容に関するワードは除外し集計

全体的な傾向としては検索数は上昇しており、依然としてグルメサイトが店舗集客に必要なことがグラフから想像がつきます。

月間の検索回数でもホットペッパーが114万回/月と2019年11月以降に、大きく上昇していることがわかります。これは2000年頃に放映されていたアフレコTVCMが復活し放送開始したためでしょう。

約10年ぶりのアフレコCMに懐かしさを感じた方も多いのではないでしょうか。

レッティについては後発のため、検索数は小さいですが着実に増加しています。

食べログ×ホットペッパー×ぐるなび×Retty・グルメサイト4強の掲載料金・ユーザー数比較表

食べログホットペッパーぐるなびRetty
登録店舗数87万店舗10万店舗14万店舗4万店舗
利用ユーザー数約7000万人約4500万人約3000万人約6800万人
ユーザー属性オールラウンダー20代女性40代男性30代男性&40代女性
アクティブ率60%48%25%78%
クーポン機能ありありありあり
主な掲載プラン有料有料有料有料

利用ユーザー数で選ぶなら食べログ

現在でも多くの利用ユーザー数を持っている食べログは、シェア率も高く店舗紹介には十分な期待ができます。掲載プランによっても変動しますが、アクセス数も多く閲覧機会を増やすなら食べログがおすすめでしょう。

20〜30代の店舗集客がターゲットならRetty(レッティ)

比較的若年層をターゲットにしている場合であれば、属性情報を比較した際にレッティがおすすめといえます。

20〜30代で約半数以上をしめており、スマホユーザーも多いことからオシャレなカフェやレストランには向いているでしょう。

食べログ×ホットペッパー×ぐるなび×Retty・グルメサイト4強のアクセス数・利用率の比較表

次に4サイトの認知度やメディア規模をはかるために、月間のアクセス数や利用経験率を比較していきます。

食べログホットペッパーぐるなびRetty
利用経験率48.4%38.8%32.4%10.8%
利用経験率
(男女)
男性:43.9%
女性:53.0% 
男性:30.4%
女性:47.5% 
男性:30.2%
女性:34.7% 
男性:10.1%
女性:11.5% 
利用経験率
(年代別)
10代:36.3%
20代:61.9%
30代以上:52.6%
10代:26.8%
20代:53.6%
30代以上:42.6%
10代:19.0%
20代:40.5%
30代以上:42.6%
10代:7.7%
20代:15.4%
30代以上:10.8%
訪問数/月9,400万人6,100万人3,600万人3,164万人
平均滞在時間04:0704:0702:5302:31

※アクセス数に関するデータは「similarweb」より調査

利用率が最も高い食べログ

2019年1月にテスティーが調査した結果によると、利用経験率が1番高いのは食べログでした。2019年までは食べログの検索数も高く、月間訪問数も4サイトの中ではトップとなっています。

属性毎の利用経験率も概ねアクセス数と比例した数値となっています。

アプリ利用率が高くモバイル集客に強いホットペッパー

全体的な傾向としてはWeb版での利用が多いことがわかります。利用するデバイスの比率については、ホットペッパーがアプリの利用率が40%を超えスマホ利用者への販促に力をいれる店舗にはおすすめといえます。

食べログ×ホットペッパー×ぐるなび×Retty・グルメサイト4強の口コミ・評判を比較

次に4サイトの口コミや評判について、SNS上の声などを参考にみていきます。実際の利用者の情報をぜひチェックしてみてください。

食べログの良い評判・悪い口コミ・集客効果

地方での集客効果は薄いという反応がある一方で、店舗の集客には効果的であるといった声が複数ありました。

知名度も高い食べログは店舗ビジネスのマーケティングには非常に重要といえます。

ホットペッパーの良い評判・悪い口コミ・集客効果

こちらも店舗集客に高い効果を体感しているという声が複数あり、中には食べログよりも安くて効果があるといった方もいました。

Retty(レッティ)の良い評判・悪い口コミ・集客効果

レッティについても店舗ページを開設してから、すぐに予約がはいった・口コミが登録されたという声もあり、飲食店の効果があることがわかります。

ぐるなびの良い評判・悪い口コミ・集客効果

グルメ・レストラン予約サイトの選定方法・飲食店の集客効果を高める方法

利用目的とターゲット顧客を絞り込む

一番は日頃の統計から、経験している店舗がどういった客層が多いかを分析し、ターゲットとなる顧客を選定することが大切です。

それぞれの利用目的にあった強みを持ったグルメサイトを選ぶことで集客率は大きく上がります。

掲載ページの内観・メニューなど写真の撮り方を工夫する

利用ユーザーが興味を持つために重要なのは実際の店舗の雰囲気や、メニューの写真は最も大切なポイントです。

ただ綺麗な写真にするのではなく、メニューに合わせて角度や光の調整などで工夫をすることで、より際立って集客率に大きく影響します。

リピーター・新規集客にクーポン配布の検討

クーポンの配布を検討することで、お客さんに対して好印象をもたらすことができます。

新規のお客さんやリピーターでも何回店舗に訪問があったかをカウントしてクーポンの配布を検討することも新規顧客、リピーターを増やすためのポイントです。

この記事にはタグがありません。