掛け払いとは|後払いの違いと仕組み・メリット・BtoB決済&請求代行サービス比較5選

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2020/03/07

掛け払いとは

掛け払いとはとは主にBtoB(企業間取引)において、サービスや商品の提供を受けた後に代金を支払う方法です。また一定期間で行われた購買に対する支払いを請求書で行うことから、請求書払いともいわれます。

今回はBtoB取引を効率化してくれる掛け払い代行サービスについて、仕組みやメリットを解説しながら、おすすめの代行会社を紹介していきます。

BtoCとBtoBで異なる後払い・掛け払いの違い・手数料相場

上記のとおり一般的にはBtoBにおける後払い精算を「掛け払い」、BtoCの場合は「後払い決済」と呼ばれています。

またBtoCとBtoBでは支払いサイクルや利用上限が異なります。後払い決済では事業者と個人での取引ですが、掛け払いでは事業者同士の取引のため利用上限が1,000万円までの場合もあります。

掛け払い代行サービスの仕組み

掛け払い代行サービスの仕組みは上記の図のように決済代行会社が請求書発行や集金、入金管理などを買い手企業に代わって業務を行います。

売り手企業は決済代行会社と契約を結ぶことで未回収リスクをゼロにすることが可能で、さまざまな業務負荷を軽減し、同時にリスクも解消することが可能です。

ネット上の決済は後で支払う文化が強い

ECサイトを利用する際を浮かべるとイメージがつきやすいですが、ネットを利用している人は6割がクレジットなどのオンライン決済を利用しています。

海外と比較すると日本ではキャッシュレス対応が遅いですが、ネット上の決済では後で支払うことが実は多いのです。

例えば携帯料金などの場合もサービスを利用した翌月に請求が届き、費用を支払うことが一般的です。コンビニなどで後払いやモバイル決済を行う場合も、クレジット会社をとおして精算を行っているため、掛売りの手法の1つでもあります。

サービス提供(売り手)企業の掛け払いの4つのメリット

(1)月次の決済・請求督促業務の効率化

経理部門では毎月請求作成や、異なる支払いサイトの入金確認など多くの業務を行います。しかし四半期毎の決算時期などは締め作業と並行して実施するため、非常に忙しくなります。

掛け払い決済代行では、月次の請求書発行から入金管理、督促といった一連の請求プロセスを代行してくれます。

(2)幅広い企業との取引で新規顧客を取りこぼさなくてすむ

掛け払い決済を導入すると未回収に関するリスクも軽減することができるため、これまで取引をためらっていた企業とも取引が可能になります。

与信チェックなどは社内で行っている場合は、営業事務を配置し調査を行い時間がかかる場合もありますが、代行依頼を行うことでスムーズに実施できます。

(3)人的コストを抑え、アウトソースでコア業務に集中

これまで行っていた経理業務のアウトソーシングが可能になるため、社内で抱えてる人的コストの削減につながります。また外部リソースを使うことで、本来行うべきコア業務に集中できるようになります。

サービス利用(買い手)企業の掛け払いの3つのメリット

(1)当月内の注文はまとめて請求払い

掛け払い決済のサービスを利用する企業は1ヶ月で発生した購買に関しては、まとめて請求払いをすることができるため、決済の効率化につながります。

(2)初回取引でも事前入金や手続きが不要

前払いでの契約形態をとっている場合は、事前に書類や口座開設などの事務作業も発生することが多く、取引開始までに時間がかかる場合もあるでしょう。

掛け払いは入金手続きをサービス提供後に行うため、そうした処理も発生せずスピーディーな取引開始につながり、営業の効率化にもつながります。

(3)個人事業主様でも取引が可能

個人事業主の場合は店名や事務所名などが必要になりますが、個人事業主などの小規模な事業者とも取引が可能です。

BtoBにおすすめの掛け払い決済代行サービス比較6選

紹介してきたように掛け払いは多くのメリットがあり請求業務の代行も行ってくれます。ここからはおすすめの掛け払い代行サービスを紹介していきます。

BtoB請求業務を削減・未回収リスクをゼロに「掛払い.com」

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.43.09-1024x443.png です
  • BtoB取引の新規開拓を劇的に加速
  • 業務負担・ストレスを削減する
  • リスクゼロで掛売り対応が可能

掛払い決済代行サービス 掛払い.comと導入することでBtoB取引の新規開拓を劇的に加速させることができます。また業務負担・ストレスを削減することが可能なため、お問い合わせしてみてください。更にリスクゼロで掛売り対応が可能なのでおすすめです。

月額費用手数料請求書発行料金
無料1.2~3.6%190円※PDFは無料

BtoB決済・請求効率化におすすめの掛払い.comの詳細はこちら

NP掛け払い

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.42.15-1024x452.png です
  • 時間的・心理的な負荷を軽減
  • あらゆるタイプの法人を顧客化できる
  • コストを最小限にした上で、請求書払いを提供できる

NP掛け払いでは月額費用が12,000円以上かかります。あらゆるタイプの法人を顧客化することが可能で、時間的・心理的な負荷を軽減できます。またコストを最小限にした上で、請求書払いを提供できるため、検討してみてください。

月額費用手数料請求書発行料金
12,000円~1.2%~3.6%190円/1取引

詳細はこちら:https://np-kakebarai.com/

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.42.40-1024x323.png です
  • 大手企業も導入できるセキュリティ水準
  • 誰にでも簡単に操作
  • 最適な導入方法を提案

Paid(ペイド)では大手企業も導入できるセキュリティ水準となっており、誰にでも簡単に操作することができます。最適な導入方法を提案しているため、安心して契約をすることが可能です。月額費用は無料なのでおすすめです。

月額費用手数料請求書発行料金
無料お問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://paid.jp/

MF KESSAI(MF決済)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.42.49-1024x408.png です
  • 自動与信で与信業務が一切不要
  • 督促・消込などの面倒な業務が全て不要
  • 新規取引でもリスクを恐れず掛売りが可能

MF KESSAI(MF決済)は自動与信で与信業務が一切不要です。督促・消込などの面倒な業務が全て不要のため、コストを削減することが可能です。また新規取引でもリスクを恐れず掛売りが可能なのでぜひ検討してみてください。

月額費用手数料請求書発行料金
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://mfkessai.co.jp/

クロネコ掛け払い

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.42.56-1024x411.png です
  • 買い手企業への与信から請求書発行、集金などを代行
  • 請求業務の効率化と未回収リスクゼロ
  • 1,200社以上の導入実績

クロネコ掛け払いでは買い手企業への与信から請求書発行、集金などを代行することが可能です。請求業務の効率化と未回収リスクゼロが可能なため、安心して契約が可能です。また1,200社以上の導入実績があるため、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

月額費用手数料請求書発行料金
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://www.yamato-b2b-pay.com/

SAGAWA B2B決済サービス®

  • 信用調査の代行
  • ビジネスチャンスを逃すことなく新規取引先を拡大
  • 販売機会を逃さない

SAGAWA B2B決済サービス®は月額費用は無料です。信用調査の代行してくれるため、業務の手間を省くことが可能です。またビジネスチャンスを逃すことなく新規取引先を拡大することができます。更に販売機会を逃さないようにすることできるため、売上を伸ばせます。

月額費用手数料請求書発行料金
無料お問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://www.sg-financial.co.jp/service/sagawab2b.html

掛け払い決済サービスで効率化・売上をアップ

掛け払い決済サービスを導入で経理業務の効率化だけでなく、新規取引のハードルを下げ営業活動にも効果が期待できます。

請求や入金といった経理業務をアウトソースすることで、コアな業務を行う効率的な組織体制を構築しましょう。

この記事にはタグがありません。