請求代行サービス比較9選|メリット・手数料・おすすめ会社と導入時の注意点・選定のポイント

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2020/03/07

請求代行サービスとは

請求代行サービスとは、企業間取引で発生する請求書作成・入金管理・督促といった一連の請求業務を代行してくれるサービスです。

毎月の経理業務で多忙を極める担当者も多いのではないでしょうか。今回は請求業務を効率化してくれるBtoBの掛け払い決済代行・請求代行サービスの仕組みやメリットを解説。後半ではおすすめの代行サービスを紹介していきます。

請求代行サービスの仕組み

請求代行サービスの仕組みは上図のように、企業の間に代行会社が入ることで、請求作成から入金管理・督促といった一連の業務を代行します。

請求から督促作業まで代行を行うため未回収のリスクも下がり、なおかつ既存業務の大幅な削減につながります。

請求代行の主な3つのサービス内容

  • 請求書作成・発行
  • 代金の回収・消込作業
  • 未払いリスクの保証・与信管理

請求代行サービスでは上記のように大きく3つの業務を代行し、企業に代わって行ってくれます。

毎月行う代金回収や消込作業といった手間のかかる業務も代行するため、業務のコストを大きく削減できます。加えて未払いリスクを保証していたり、与信管理も行うサービスもあり、これまで取引ができなかった企業の開拓にもつながるでしょう。

請求代行サービスの3つのメリット

(1)請求業務の効率化でコア業務に集中できる

多くの企業で請求業務のに手間を取られてしまい、負担がかかっていることが多いと思います。しかし経営を維持する上では必要な業務となっており、請求代行サービスと契約をすることでコア業務に集中することが可能です。

(2)代金の未払いリスクを軽減できる

請求代行サービスでは代金の未払い回収も保証しており、経理や営業担当に代わって代金回収を行ってくれます。代行サービスの中に100%保証をするサービスがあり、安心して販売を行うことが可能です。

(3)取引顧客を増やし販売機会を拡大できる

請求代行サービス会社と契約を結べば、与信審査を最短5分で終わらせることが可能です。また未払いリスクを保証することができれば、これまでは取引ができなかった企業と契約が可能な場合もあり、販売機会を拡大することにもつながります。

後払いにおすすめの請求代行サービス比較9選

BtoB請求業務を削減・未回収リスクをゼロに「掛払い.com」

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.43.09-1024x443.png です
  • BtoB取引の新規開拓を劇的に加速
  • 業務負担・ストレスを削減する
  • リスクゼロで掛売り対応が可能

掛払い決済代行サービス 掛払い.comも同様にお問い合わせする必要があります。BtoB取引の新規開拓を劇的に加速させるため、売上を向上させることができます。さらに業務負担・ストレスを削減することができます。またリスクゼロで掛売り対応が可能です。

月額費用手数料請求書発行料金
無料1.2~3.6%190円※PDFは無料

BtoB決済・請求効率化におすすめの掛払い.comの詳細はこちら

NP掛け払い

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.42.15-1024x452.png です
  • 時間的・心理的な負荷を軽減
  • あらゆるタイプの法人を顧客化できる
  • コストを最小限にした上で、請求書払いを提供できる

NP掛け払いは導入費用が12,000円からかかります。手数料は1.2%~3.6%で1取引に対して190円の請求書発行料金がかかります。NP掛け払いの特徴は時間的・心理的な負荷を軽減することが可能で、あらゆるタイプの法人を顧客化することができます。またコストを最小限にした上で、請求書払いを提供できるため、おすすめです。

月額費用手数料請求書発行料金
12,000円~1.2%~3.6%190円/1取引

詳細はこちら:https://np-kakebarai.com/

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.42.40-1024x323.png です
  • 大手企業も導入できるセキュリティ水準
  • 誰にでも簡単に操作
  • 最適な導入方法を提案

Paid(ペイド)は月額料金は無料で、手数料はお問い合わせする必要があります。請求書発行料金も合わせてお問い合わせください。特徴は大手企業も導入できるセキュリティ水準で、誰にでも簡単に操作することが可能です。また最適な導入方法を提案してくれるため、安心して利用することができます。

月額費用手数料請求書発行料金
無料お問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://paid.jp/

MF KESSAI(MF決済)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.42.49-1024x408.png です
  • 自動与信で与信業務が不要
  • 督促・消込などの面倒な業務が全て不要
  • 新規取引でもリスクを恐れず掛売りが可能

MF KESSAI(MF決済)は月額料金・手数料・請求書発行料金全てお問い合わせする必要があります。特徴は自動与信で与信業務が不要なので、コア業務に集中することが可能です。また督促・消込などの面倒な業務が全て不要なので業務負担を削減することができます。さらに新規取引でもリスクを恐れず掛売りが可能です。

月額費用手数料請求書発行料金
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://mfkessai.co.jp/

クロネコ掛け払い

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-16.42.56-1024x411.png です
  • 買い手企業への与信から請求書発行、集金などを代行
  • 請求業務の効率化と未回収リスクゼロ
  • 1,200社以上の導入実績

クロネコ掛け払いは月額料金・手数料・請求書発行料金全てお問い合わせする必要があります。特徴は買い手企業への与信から請求書発行、集金などを代行してもらえるため、集中して業務に取り掛かることが可能です。また請求業務の効率化と未回収リスクゼロで安心して導入することが可能です。既に1,200社以上の導入実績があるため、検討してみてください。

月額費用手数料請求書発行料金
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://www.yamato-b2b-pay.com/

SAGAWA B2B決済サービス®

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2020-01-25-18.49.15-1024x243.png です
  • 信用調査の代行
  • ビジネスチャンスを逃すことなく新規取引先を拡大
  • 販売機会を逃さない

SAGAWA B2B決済サービス®では月額費用は無料で、手数料・請求書発行料金はお問い合わせしなければいけません。SAGAWA B2B決済サービス®の特徴は信用調査の代行してくれる点やビジネスチャンスを逃すことなく新規取引先を拡大することができるため、販売機会を逃さずに売上を伸ばすことができます。

月額費用手数料請求書発行料金
無料お問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://www.sg-financial.co.jp/service/sagawab2b.html

請求管理ロボ

  • 請求・集金・消込・催促の作業を全て自動化
  • 経理業務の負担を減らすことが可能
  • 4つの決済手段を一元管理

請求管理ロボは月額料金が80,000円~250,000円と高いです。しかし請求・集金・消込・催促の作業を全て自動化することが可能で、経理業務の負担を減らすことができます。さらに4つの決済手段を一元管理することが可能なため、シンプルな操作のみで対応することができるのが魅力です。

月額費用手数料請求書発行料金
80,000円~250,000円100円~300円お問い合わせ

詳細はこちら:https://www.robotpayment.co.jp/service/mikata/

Billing System(ビリングシステム)

  • 多様な入金方法が存在
  • 請求・入金消込事務を合理化、コストダウン
  • 金融機関からの融資を円滑化することも可能

Billing System(ビリングシステム)は全てお問い合わせしなければいけませんが、多様な入金方法が存在しており、顧客も利用しやすいのが特徴です。さらに請求・入金消込事務を合理化、コストダウンすることが可能で、金融機関からの融資を円滑化することも可能なため、検討してみてはいかがでしょうか。

月額費用手数料請求書発行料金
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://www.billingsystem.co.jp/service/agent.html

AWSが安くなるcloudpack 

  • あらゆるAWSサービスの利用料金が3%OFF
  • AWS導入実績トップクラス
  • cloudpackサポートが無料

AWSが安くなるcloudpackではその名の通り、AWSを利用する企業におすすめの請求代行サービスです。あらゆるAWSサービスの利用料金が3%OFFで利用することが可能で、AWS導入実績トップクラスです。またcloudpackサポートが無料で利用することが可能なため、導入を検討してみてください。

月額費用手数料請求書発行料金
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://cloudpack.jp/service/spin-off/invoice.html

請求代行サービス導入時の注意点

請求代行サービスを導入する際に気を付けなければいけないポイントが2つあります。導入を検討している企業は導入する前に必ず確認を行うようにしてください。

導入する際は既存の取引顧客への説明

請求代行サービスを導入する際は既存の取引顧客への説明に注意をしてください。利用する請求代行サービスによってフォーマットが指定されている場合もあるため、取引顧客には事前に説明を行いましょう。

取引顧客に影響を与えることはありませんが、事前に連絡をしておかなければトラブルの元になってしまう可能性もあります。

メリットにとらわれず支払いは確認

取引顧客の未払いを100%保証してくれるため、リスクゼロにすることは可能です。しかし、任せるが故に取引顧客がきちんと支払いをしているか確認は行いましょう。

請求代行サービス選定の3つのポイント

与信審査のタイミング

1つ目のポイントは与信審査のタイミングが異なる点です。与信審査のタイミングは顧客と取引を行う前に行う審査と顧客と取引を行う前ではなく注文によって行う審査の2種類に分かれています。

タイミングによって、継続的な取引先の場合は新規顧客との取引前に行う与信審査がおすすめです。単発の場合は注文によって行う与信審査を選んだほうが良いため、与信審査のタイミングに合わせて請求代行サービスを選ぶ必要があります。

与信上限の枠を確認

請求代行サービス会社によって予め決まっていることが多く、与信上限枠が異なります。取引量が多い場合は、与信上限枠が多くなければ業務が滞ってしまう可能性もあるため、導入する前に確認をしてください。

月次の利用料金

3つ目に月額料金の確認が重要です。料金体系も請求代行サービスによって異なり、初期費用・月額費用が必要になることもあれば、全て無料で利用できる請求代行サービスもあります。

保証料なども取引金額や販売方法などによって異なることも多いため、事前に請求代行サービスにお問い合わせをしておく必要があります。

この記事にはタグがありません。