※この記事には一部PRが含まれます。

LINEマーケティングとは?重要な理由やメリット・デメリット、成功のコツを紹介

更新日:
LINEマーケティングとは?重要な理由やメリット・デメリット、成功のコツを紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

LINEマーケティングとは

LINEマーケティングは、LINE公式アカウントを通じて、商品やサービスの認知を拡大したり、販売を促進したり、顧客とのコミュニケーションを取るためのマーケティング手法です。

テキストメッセージや画像、動画を使用して情報を発信したり、クーポンやアンケートを送信して顧客との関係を深めたりできます。LINE公式アカウントとECサイトを連携して、購買を促進することもできます。

LINEは、日本国内で月間9200万人以上の利用者がいるコミュニケーションツールです。LINEマーケティングは、これら多くのユーザーに効果的にアプローチする手段として注目されています。

LINEマーケティングが重要な理由

LINEマーケティングは、9200万人を超えるユーザーを持つLINEを活用した、今最も注目されるマーケティング手法です。従来の広告とは異なり、顧客との双方向コミュニケーションを通じて、信頼関係を築き、リピーター獲得やファン育成に大きな効果を発揮します。

LINEはユーザー数・ユーザー層ともに最大のSNS

LINEは、SNSだけでなく、仕事やプライベートで使われる連絡ツールとしても広く使われています。ユーザーは1日に何度もアプリを開いて、メッセージのやり取りを行います。

このように頻繁にアプリを開く特性は、他のSNSと比べて大きな利点です。これにより、顧客との接点を増やし、常に情報に触れる環境を作ることができます。

例えば、企業はLINE公式アカウントを使って、新商品情報やクーポン、イベント情報などを配信することができます。これにより、顧客の購買意欲を高め、コミュニケーションを促進することができます。

LINEは1日に何度も開かれる

LINE公式アカウントには、クーポンやアンケート、リッチメニューなど、マーケティングに使える機能がたくさんあります。これらを使って顧客との関係を深め、購買を促進できます。

さらに、LINEマーケティング専用のツールがいろいろ提供されています。これらを使うと、顧客の分析やメッセージの配信、効果の測定などを効率よく行えます。

マーケティングに活用できる機能、ツールが充実

LINEは、マーケターにとって、他のSNSとは異なる大きな可能性を秘めたプラットフォームです。圧倒的なリーチ数と高い開封率を誇ります。

国内では月間アクティブユーザー数が9200万人を超え、日本の7割以上の人が利用しています。他のSNSと比べてリーチ数が圧倒的であり、メッセージの開封率も高いです。

LINEは1対1のトークやグループトークなど、双方向コミュニケーションが可能なプラットフォームです。顧客との距離を縮め、信頼関係を築きやすい環境を提供しています。

LINEマーケティングのメリット

LINEマーケティングははほかのSNSマーケティングとどのように違うのか、LINEマーケティングの3つのメリットと併せて紹介します。

友だち登録のハードルが低い

LINEは、9200万人以上のユーザーが利用する、日本最大のコミュニケーションツールです。多くの人がすでにアカウントを持っていること、QRコードやURLを共有することで簡単に友だち登録できることから、顧客にとって友だち登録のハードルが低いといえます。

メルマガやオリジナルアプリなどよりも簡単に登録できるため、見込み客・ロイヤルカスタマーとして育成したい顧客をより多く囲い込めるでしょう。

リピーター獲得に強い

LINEマーケティングは、従来のマーケティング手法と比べて、リピーター獲得に非常に強い点があります。その理由は「密なコミュニケーションができること」「クーポンやポイントを配信できること」「マーケティングに役立つ機能が充実していること」の3つです。

顧客との密なコミュニケーションが可能です。LINE公式アカウントを通じて、顧客との双方向コミュニケーションが行えます。新商品情報やクーポンなどをプッシュメッセージやトークで直接顧客に届けることができるため、顧客との距離を縮め、信頼関係を築きやすい環境を提供できます。

LINE公式アカウントでは、簡単にクーポンやポイントを配信できます。魅力的なクーポンやポイントを提供することで、顧客の購買意欲を高め、リピート購入を促進できます。

アンケート機能やリッチメニューを活用することで、顧客のニーズや興味関心を把握することができます。その情報を元に、顧客に適した情報を提供することで、顧客満足度を向上させ、リピーター獲得につなげることができます。

見込み客育成から来店予約、問い合わせ対応にまで活用できる

LINE公式アカウントは、顧客との接点を増やし、購買行動を促進するだけでなく、見込み客の育成からリピーター獲得まで、顧客エンゲージメントを高めるためのツールとして活用できます。

見込み客の育成において、LINE公式アカウントでは、トーク配信やリッチメニューを通じて、見込み客に役立つ情報を提供し、興味関心を高めることができます。また、購買促進においては、クーポンやポイント配信、アンケート機能を活用することで、購買意欲を高め、購入に繋げることが可能です。顧客とのコミュニケーション面では、LINEを通じた双方向コミュニケーションを実現し、顧客の声を収集し商品やサービスの改善に活かすことができます。また、業務効率化においては、LINE予約やLINEミニアプリを活用することで、来店予約や問い合わせ対応などの業務を効率化できます。

LINEマーケティングのデメリット

LINEにはほかのSNSにはないメリットだけでなく、デメリットもあります。マーケティングツールとしてのLINEのデメリットを3つ紹介するので、これらを念頭に置き、ほかのSNSと適切に使い分けましょう。

認知拡大や新規集客には弱い

マーケティングにおいて、LINEは認知拡大や新規集客には弱いというデメリットがあります。ほかのSNSと異なり閉じたプラットフォームであるためです。ユーザーは、知人や企業アカウントを個別に検索する必要があります。他のSNSのように、投稿を簡単に拡散することはできません。そのため、LINEは既存顧客とのコミュニケーションやエンゲージメント向上に適していますが、まだLINEアカウントを持っていない潜在顧客や、自社との接点がない見込み客へのアプローチには不向きと言えます。

認知拡大や新規集客には、他のSNSと組み合わせて活用することが効果的です。InstagramやTwitterで認知度を高め、LINEアカウントへの誘導を行い、LINE公式アカウントでクーポンやキャンペーン情報を配信し、新規顧客の獲得を促進します。

このように、LINEの特性を理解し、他のツールと組み合わせることで、マーケティング効果を最大限に引き出すことができます。

ブロックやイメージダウンのリスクもある

LINEは、多くの人が一日に何度も使う、生活に密着したコミュニケーションツールです。そのため、企業からの過度なメッセージ配信は、ユーザーにとって迷惑になりやすく、ブロックやイメージダウンにつながる可能性があります。

具体的には、不要な情報や宣伝ばかりを送る、短時間に何度もメッセージを送る、顧客の属性や興味関心に関係ない情報を送る、不適切な表現や画像を使用するなどのケースが考えられます。これらの行為は、顧客に不快感を与え、ブロックされるだけでなく、企業やブランドのイメージにも悪影響を与える可能性があります。

LINEマーケティングでは、顧客にとって有益な情報を適切なタイミングで提供することが重要です。顧客のニーズや興味関心を理解し、価値ある情報を提供することで、顧客との信頼関係を築き、ビジネスを成功させることができます。

アカウント停止のリスクとダメージが大きい

LINE公式アカウントは、LINEの規約違反により停止される可能性があります。アカウント停止は、ビジネスに大きな被害をもたらす可能性があります。アカウント停止の理由は、LINEの「利用規約」や「公式アカウント運用ガイドライン」に違反する行為です。これらの規約に違反した場合、アカウント停止が行われることがあります。主な規約違反例は、虚偽の情報や誤解を招く情報の提供、過度な宣伝・広告、スパム行為、違法・有害情報の発信、その他、LINEが不適切と判断した行為です。

アカウント停止には、次のようなリスクがあります。

  • 顧客との接点を失う
  • メッセージ配信が不可能になる
  • クーポンやポイントなどの機能が使用不可になる
  • LINE上の顧客データにアクセスできなくなる
  • ブランドイメージが損なわれる

アカウント停止を防ぐためには、LINEの規約を熟読し、理解し、規約に違反しないように行動すること。定期的にアカウント状況を確認し、疑問点があればLINEに問い合わせることが重要です。LINE公式アカウントは、効果的なマーケティングツールですが、リスクも理解した上で、適切に運用しなければなりません。

LINEマーケティングの手法

LINEマーケティングの手法

LINEマーケティングの具体的な手法を、マーケティングに活用できる機能と併せて紹介します。

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは、企業や店舗が顧客と直接つながるためのツールです。大規模な利用者数を誇るLINE上で運用されるため、国内で月間アクティブユーザー数が9200万人を超える多くの顧客にアプローチできます。

また、LINE公式アカウントは顧客との双方向コミュニケーションを可能にし、これにより顧客との関係性を強化できます。さらに、トークやクーポン配信、アンケート機能など、顧客とのやり取りを活性化するための機能が充実しています。重要な点として、LINE公式アカウントは無料で開設でき、専門知識がなくても簡単に運用できる管理画面が提供されています。

一斉配信

LINE公式アカウントの「一斉配信」機能は、登録しているすべての友だちにメッセージを送信可能です。

お知らせやキャンペーン情報を効率的に伝えることができます。新商品情報やキャンペーン情報、イベント情報など、タイムリーに顧客に情報を伝えたい場合に役立ちます。

テキスト、画像、動画など、多様なコンテンツに対応しています。テキストだけでなく、画像や動画、音声なども組み合わせて送信できます。顧客の興味を引くようなコンテンツを作成することで、開封率やクリック率を向上させることができます。

配信日時を予約できるので、顧客が最もアクティブな時間帯に情報を送信できます。

配信結果を分析することで、開封率やクリック率を確認できます。配信の効果を測定し、次回以降の配信に活かすことができます。

セグメント配信

LINE公式アカウントの「セグメント配信」機能は、顧客の属性や行動履歴に基づいて、配信するメッセージを絞り込むことができる機能です。

この機能を使うことで、顧客に適した情報を送信し、開封率やクリック率を向上させることができます。具体的には、顧客の性別や年代、地域、購入履歴などの情報や、クーポンの使用状況、アンケートの回答内容などの行動履歴に基づいて、送信対象を絞り込むことが可能です。

これにより、顧客のニーズや興味に合った情報を送信することができ、開封率やクリック率を高めることができます。また、購買意欲の高い顧客に対してクーポンを送信するなど、より効果的なマーケティング活動を行うこともできます。

さらに、LINE公式アカウントでは、複数の条件を組み合わせた高度なターゲティング設定が可能です。これにより、顧客に特化した配信を行い、訴求効果を最大化することができます。

最後に、セグメント配信の結果を分析することで、どの属性や行動履歴の顧客にメッセージが効果的なのかを確認できます。分析結果を元に、配信内容やターゲティング設定を改善し、より効果的な情報発信を実現することができます。

ショップカード

LINE公式アカウントの「ショップカード」機能は、顧客がLINE公式アカウントを友だち追加することで、自動的に発行されるデジタル会員証です。この機能は、顧客の利便性向上とリピート促進に役立ちます。

ポイント付与や特典クーポン配信により、顧客エンゲージメントを向上させることができます。顧客が来店や商品購入をするたびにポイントを付与したり、ポイントに応じて特典クーポンを配信したりすることができます。これにより、顧客のエンゲージメントが向上し、リピート購買を促進します。

また、顧客の購買履歴を分析することで、顧客のニーズや好みを把握し、それに合った商品やサービスを提案できます。これにより、顧客満足度の向上と売上の増加に繋げることができます。

ショップカード機能は、顧客とのコミュニケーション活性化にも役立ちます。クーポンやアンケート機能などを組み込むことで、顧客との双方向コミュニケーションを実現できます。また、顧客の属性情報や購買履歴などを管理し、顧客情報を分析することで、より効果的なマーケティング活動を実現できます。

この機能は、従来の紙のポイントカードや会員証をデジタル化することで、顧客の利便性を向上させます。顧客はスマートフォンでポイントの管理や特典の利用が可能になります。さらに、LINE公式アカウントは無料で開設でき、ショップカード機能も無料で利用できるため、導入コストを抑えることができます。

リッチメニュー

LINE公式アカウントの「リッチメニュー」機能は、LINE公式アカウントのプロフィール画面下部に表示されるメニューです。この機能により、顧客がショップカードやクーポン、アンケートなど、さまざまな機能に簡単にアクセスできるようになり、顧客エンゲージメントが向上します。

リッチメニューには、最大6つのボタンを配置できます。ショップカード、クーポン、アンケート、予約、ニュース、その他、さまざまな機能へのリンクを設定できます。顧客は、リッチメニューから必要な機能に簡単にアクセスできるため、顧客導線がスムーズになります。

また、リッチメニューは顧客の利便性を向上させます。顧客は、トーク画面を開くことなく、必要な情報や機能にアクセスできます。

顧客エンゲージメントもリッチメニューにより向上します。クーポンやアンケートなどの機能をリッチメニューに配置することで、顧客の利用促進が可能です。

この機能はデザイン自由度が高く、画像やテキストを自由に配置できます。ブランドイメージに合わせたデザインにすることで、顧客に好印象を与えることができます。

さらに、リッチメニューの各ボタンのタップ数などを分析することができます。分析結果に基づいて、リッチメニューの内容やデザインを改善することで、より効果的な顧客導線を実現できます。

LINE公式アカウントは無料で開設でき、リッチメニュー機能も無料で利用できますので、導入コストを抑えることができます。

LINE広告

LINE広告は、国内で月間活発に利用されるユーザーが9200万人を超えるLINE上で利用できる広告サービスです。

LINE広告は、LINEアプリのさまざまな場所に広告を掲載することができます。これにより、多くの顧客に広告を届け、企業の認知度を高めたり新たな顧客を獲得したりすることができます。

広告は、顧客の属性や興味に基づいてターゲティングできます。年齢、性別、地域など、様々な条件を設定することができ、自社のターゲット層に広告を的確に配信することができます。

LINE広告は、テキスト、画像、動画など、さまざまな形式の広告を配信できます。広告の目的やターゲットに合わせて適切な形式を選択することができ、効果的な広告キャンペーンを展開できます。

さらに、LINE広告は成果報酬型の課金体系を採用しています。クリックや表示回数に応じて広告費用が発生するため、効果のある広告活動に費用をかけることができます。

LINEチラシ

LINEチラシは、LINE上で地域に密着した販促活動ができるサービスです。

紙の新聞折込チラシと同じように、地域や属性に応じたチラシを配信できます。スマートフォンで簡単に操作できるため、手軽に販促活動を始めることができます。

LINEチラシは、紙の新聞折込チラシに比べて費用対効果が高いとされています。印刷費や配送料などのコストを抑えることができ、限られた予算で効果的な販促活動ができます。

顧客との双方向コミュニケーションが可能です。チラシにクーポンやアンケートなどを組み込むことで、顧客との関係を深めることができます。

配信結果を分析することで、どの地域や属性の顧客に効果的かを把握し、次回の配信に役立てることができます。

LINEプロモーションスタンプ

LINEプロモーションスタンプは、企業が無料で提供できるLINEのスタンプです。

企業やキャラクターのオリジナルスタンプをユーザーに提供することで、ブランドの認知度を高めることができます。

ユーザーは、トークの中でプロモーションスタンプを利用することで、企業とのコミュニケーションを活発化させることができます。

スタンプにクーポンやキャンペーン情報を組み込むことで、キャンペーンの告知に効果的に活用できます。

配信結果を分析して、ダウンロード数や利用回数などを確認し、効果を測定することができます。

LINEミニアプリ

顧客は、LINEアプリ内で手軽にサービスを利用できるので、シームレスな体験をすることができます。アプリのインストールや会員登録の手続きが不要なので、利用が容易です。

LINEミニアプリは、顧客との関わりを強化するのに役立ちます。プッシュ通知やクーポン配信などの機能を利用することで、顧客とのやり取りを活発化させることができます。

LINEミニアプリの利用状況を分析することで、効果を測定できます。利用者数や時間などを調べることで、効果を把握することができます。

LINEマーケティングを成功させるコツ

LINEマーケティングを無計画に行っても、大きな成果は期待できません。LINEマーケティングを成功させるポイントを、実践の手順にそって紹介します。

目的を明確にする

LINEマーケティングを成功させるためには、最初に「何を達成したいのか」という目標をはっきりさせることが大切です。目標を定めれば、それに合った計画を立てて、効果的な取り組みを実行できます。

具体的には認知度向上や新規顧客の獲得、リピート率向上などの目的が挙げられます。LINEからの予約やショップカードなどを導入しより良い顧客体験を提供したり、LINEから問い合わせができるようにして顧客の利便性を高めたりすることもできるでしょう。

目的をはっきりさせることによって、その達成に向けた具体的な戦略を立て、その効果を適切に評価できるようになります。目的が具体的で達成度を常に把握できるようになれば、達成に向けたモチベーションも高められるでしょう。

LINEマーケティングを始める前に、じっくり時間をかけて目的を設定しましょう。

ターゲットを決める

LINEマーケティングで成果を上げるためには、まずはっきりさせるのが「誰にアプローチするのか」というターゲットです。ターゲットを絞り込むことで、より効果的なメッセージを届けることができ、成果につながります。ターゲットの年齢や性別、地域、興味や関心、利用状況などを明確にしましょう。

これにより、ターゲットの興味を引ける、ターゲットにとって読みやすいメッセージを送れるようになります。ほかにも広告費用の削減、顧客満足度の向上などのメリットが得られます。

適度な頻度で配信する

LINEマーケティングでは、ターゲットに合わせた「ちょうどいい頻度」でメッセージを送ることが大事です。過度な配信は逆効果です。ユーザーにとってうっとうしいだけでなく、ブロックされる可能性があります。企業のイメージが損なわれ、顧客が離れてしまうこともあります。

適切な配信頻度はターゲットやメッセージ内容によって異なりますが、通常は週に1回から2回ぐらいが良いでしょう。ただし、キャンペーンやセールなどの際は頻度を上げるのも良いでしょう。

配信のタイミングはLINE公式アカウントの「配信設定」を使ったり、メッセージ配信ツールを活用したりして調整できます。ユーザーにとって役立つ情報を提供し、顧客の反応を見ながら配信頻度を調整しましょう。

分析と改善をくり返す

LINEマーケティングで成果を上げるためには、「分析と改善」が不可欠です。PDCAサイクルは次のステップから成り立つ、分析と改善をくり返すサイクルです。

  • Plan:目標を立てて戦略を練る
  • Do:戦略を実行する
  • Check: 成果を評価する
  • Action:改善を行う

まずは目標を立てて戦略を練り、それを実行します。その後、成果を評価し、改善を行います。分析にはLINE公式アカウントの「分析機能」やGoogle Analytics、その他の分析ツールを活用しましょう。重要な分析項目には、メッセージの配信数、開封率、クリック率、コンバージョン率などがあります。分析結果に基づいてメッセージ内容や配信頻度、ターゲティングを改善しましょう。

新しい施策を試してみることも大切です。常に顧客のニーズや行動を把握し、最適な施策を実行しましょう。PDCAサイクルを回し続けることで、LINEマーケティングの効果を最大限に引き出せます。

ツールを活用する

LINEマーケティングを成功させるためには、「ツール」を活用することが大切です。ツールを利用することで、作業効率を向上させ、効果的な施策を実行することができます。

ツールを使えば作業効率が向上し、手作業にかかる時間を削減できます。データに基づいた的確なターゲティングやメッセージ配信が可能であり、効果的な施策を実行できるでしょう。これにより、人件費や広告費の削減も期待できます。

ツールを選ぶときは、まず、必要な機能が揃っているかどうかを確認します。操作が簡単かどうか、料金が予算に合っているかも大切です。ツールにはメッセージ配信ツールや分析ツール、顧客管理ツールなどがあります。これらのツールを活用することで、LINEマーケティングをより効率的に、かつ効果的に実行できるでしょう。

LINEマーケティングには「Lステップ」がおすすめ!

LINEマーケティングは、9200万人を超えるユーザーを抱えるLINEを活用した、効果的なマーケティング手法です。しかし、無計画にLINEマーケティングを行っても、成果は期待できません。

目的とターゲットを明確にすることで、戦略の策定や効果測定が容易になり、LINEマーケティングを成功に導くことができます。

そこでおすすめなのが「Lステップ」です。

初期費用なし、月額2,980円~使えるLINEマーケティングツールで、30日間無料で試せます。

コストを抑えて顧客管理やLTV向上、CRM改善などのさまざまな課題に対応でき、LINEマーケティングツールのなかでも圧倒的な知名度と導入実績を誇ります。

3年連続で累計導入社数No.1のツールを、この機会に無料で試してみてはいかがでしょうか。

無料お試し・ツールの詳細はこちら

この記事にはタグがありません。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

LINEマーケティングとは?重要な理由やメリット・デメリット、成功のコツを紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved