※この記事には一部PRが含まれます。

Instagramのビジネスアカウントとは?個人アカウントとの違いや作り方、運用のコツをまとめて解説

更新日:
Instagramのビジネスアカウントとは?個人アカウントとの違いや作り方、運用のコツをまとめて解説のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

Instagramのビジネスアカウントとは?

Instagramのビジネスアカウントとは、事業用のアカウントのことです。

お店や企業に向けたInstagramのサービスで、美容室や飲食店などのお店の宣伝や商品を紹介するときに利用されています。

無料で簡単に利用できるため、ホームページ代わりに使っているお店も多いです。

個人アカウントとの違い、ビジネスアカウントのメリット

ビジネスアカウントには、個人アカウントでは利用できないサービスがあります。

お店や会社のアカウントとしてInstagramを利用するのであれば、ビジネスアカウントで始めることをおすすめします。

プロフィールに企業情報を掲載できる

ビジネスアカウントでは、企業やお店の情報をプロフィールに掲載することができます。

メールアドレス、住所、電話番号を明記しておけば、お客さまがすぐに問い合わせをすることができるようになります。

お店への予約や商品購入がスムーズにできるため、売上にもつながりやすくなるでしょう。

インサイトの確認・分析ができる

ビジネスアカウントに備わっている「インサイト」という機能で、分析ができます。

フォロワーの推移・男女比・閲覧数・反応が良かった投稿などが分かるため、それを元に多くの人に投稿やアカウントを見てもらうための工夫がしやすくなります。

Instagram広告を出稿できる

ビジネスアカウントで、Instagramで広告を出せるようになります。

予算や目的、ターゲットにするユーザー層や性別、広告を出す時間帯など細かく設定することができるため、効率的なマーケティングができるでしょう。

簡単3ステップ!Instagramのビジネスアカウントを作る手順

「ビジネスアカウントってなんだか難しそう」と感じるかもしれませんが、基本的な使い方は個人アカウントと同じで簡単に利用できます。

ビジネスアカウントの作り方も簡単3ステップで作ることができるので、一緒に開設していきましょう。

Step1.個人アカウントを開設する

まずは、Instagramの個人アカウントを開設しましょう。

ビジネスアカウントは個人アカウントとして開設してから、ビジネスアカウントに切り替えて利用できるようになります。

Step2.ビジネスアカウントに切り替える

個人アカウントができたら、ビジネスアカウントに切り替えましょう。

プロフィール画面の「プロフィールを編集」>「プロアカウントに切り替える」をタップして切り替え操作ができます。

または、設定の「設定とプライバシー」>「アカウントの種類とツール」>「プロアカウントに切り替える」という手順からでも切り替えることができます。

Step3.プロフィールを設定する

ビジネスアカウントへの切り替えができたら、お店や会社の情報や、公式アカウントであることが分かるようにプロフィールを充実させていきましょう。

会社やお店のホームページを持っている場合は、ウェブサイトリンクを入れておくことをおすすめします。

Instagramでは、投稿のキャプション(文章を入れられるところ)にURLを入れてもリンクとして機能しないためです。

お客さまとなり得るユーザーが、簡単にウェブサイトにアクセスできるような準備が大切です。

プラスアルファ1.詳細設定をする

詳細設定では、セキュリティ強化やスパム対策ができます。

お店の大切なアカウントが乗っ取られないように二段階認証を設定できたり、スパム(迷惑行為)対策で、関連性のないユーザーからのフォローや迷惑コメントがされないような設定をしておくことで、安心してアカウント運用ができるでしょう。

プラスアルファ2.認証バッジを申請する

Instagramには運用しているアカウントが、「本物のアカウントですよ」と証明するための認証バッジ機能があります。氏名や本人確認書類、公的ビジネス文書と合わせて申請します。

信ぴょう性のある証明マークがついていることで、公式アカウントだと簡単にアピールができるようになるでしょう。

ビジネスアカウントをマーケティングに活かす13のコツ

ビジネスアカウントを開設して、なんとなく運用してみても、期待しているような反響は見込めません。

Instagramの運用にも、事前準備や分析が重要です。会社やお店の事業のマーケティングに活かすための、ビジネスアカウントの13のコツを確認していきましょう。

まずは目的を明確にする

一番最初に決めるべきことは「何のためにInstagramの運用をするのか?」と、目的を明確にすることです。

商品やサービスの紹介を多くの人にしたい場合は、フォロワーを増やすことや投稿を多くのユーザーに見てもらうための対策が重要です。

プロフィールから自社サイトへのアクセス数を上げたい場合は、行動を促すような投稿をするなどの工夫が大切です。目的に合わせて運用が変わるため、明確にさせておきましょう。

ターゲットを定める

「どんな人をターゲットにしたアカウントなのか?」を定めましょう。

お店を開業するときにも必要なように、アカウントを運用するためにもターゲットを決めることが大切です。ターゲットを決めることで、アカウントのコンセプトや投稿の内容やビジュアルを決めやすくなります。

アカウントのコンセプトを決める

ターゲットが決まったら、アカウントのコンセプトを決めましょう。

コンセプトや運用の方針ができていると、フォロワーが増えやすくなったり、多くのユーザーから認知されやすくなったりします。

プロフィールにCTAを設置する

CTAとはCall To Actionの略で、「行動を促すような工夫をしましょう」ということです。

たとえば、「投稿を見る」「プロフィールを確認する」「お店に予約する」というような一連の行動がしやすいようにしてあげると、お店やサービスの利用がスムーズにできるようになります。

フィード・リール・ストーリーについて理解する

あまり聞き慣れないワードで分かりにくいような感じもしますが、活用方法が異なるためよく理解しておきましょう。

フィード:

Instagramのホーム画面に表示される場所のことで、ユーザーの好きなものや興味があるものが表示されやすくなっています。

フィード投稿とは、一般的な投稿のことを指し「フィード」に表示されます。

リール:

最長90秒の動画を作成・発見できる機能のことです。

投稿してからずっと残しておくことができるため、投稿をプロフィールに残しておきたいときにおすすめです。

ストーリー:

最長60秒の動画で、フォロワーに表示されます。

投稿から24時間経過すると、自動的にきえてしまいます。フォロワーに向けてのお知らせや、ユーザーとコミュニケーションを取りたいときに活用できます。

コンセプトに沿って投稿を続ける

アカウント運用を開始後、1ヶ月間はできるだけ短いスパンで投稿することが大切です。

Instagramのアルゴリズムが公開されているわけではありませんが、アカウント運用の1ヶ月目は多くのユーザーに投稿が表示されやすいといわれています。

投稿にメンション(@)を付け、プロフィールに誘導する

Instagramの投稿では、写真と一緒にキャプション(文章)も入れることができます。

キャプションの一行目に、メンション(@)+アカウントIDをつけておくと、タップするだけで簡単にプロフィールを表示させることができるようになります。

「メンションのタップで、プロフィールを表示」の流れができるようになっていると、フォロワーされやすくなるため、投稿には忘れずにメンションを付けるようにしましょう。

宣伝・広告感が出過ぎないように気をつける

Instagramはユーザー同士の交流を大切にしているため、宣伝や広告感が出過ぎていると敬遠されてしまいがちです。

そのため、画像や動画を工夫して、広告感の少ない自然な投稿でユーザーにアピールできるようにしましょう。

ハイライトを活用する

ハイライトとは、ストーリーをプロフィールに固定しておく機能です。

前述したとおり、ストーリーは基本的に24時間で消えてしまいます。「せっかく投稿したストーリーも残しておきたい!」という場合はハイライト機能で、ユーザーがいつでも見れるようにしておきましょう。

商品やカテゴリーごとに分けることもでき、宣伝としても活用できます。

オリジナルのハッシュタグを作る

商品やサービスを多くのユーザーに知ってもらうために、オリジナルの「#(ハッシュタグ)」を作るのがおすすめです。

ハッシュタグで魅力が拡散されると、人気も高まりやすくなるでしょう。

ユーザーにハッシュタグを付けて投稿してもらうように促すことで、投稿数が増えて多くのユーザーのフィードに表示されやすくなります。

ユーザーが参加しやすいキャンペーンを行う

キャンペーンを実施すれば、それをきっかけにフォロワーが増えたり、アカウントやサービスの認知が高まったりという効果が期待できます。プレゼントを用意したり、参加しやすい条件など工夫することがポイントです。

「このハッシュタグを付けて投稿してね」「アカウントのフォロー+いいね!を押してね」とユーザーにキャンペーンの参加を促しましょう。

他チャネルとInstagramを連動させる

TwitterやFacebookなど、他チャネルがあればInstagramと連動させましょう。

他のチャネルからの流入でアクセス数がアップしたり、異なるユーザー層への認知が高まったりと大きなプラスになります。

インサイトを分析し、運用を改善し続ける

ある程度の期間投稿をすると、インサイト機能でユーザーからの反応が数字となって表れます。

何人のユーザーに投稿が見られたのか、そこから何人のユーザーがプロフィールをチェックしたのかなどが分かるため、ユーザーの行動を分析してさらに良い運用ができるように改善と工夫を繰り返していきましょう。

Instagramで集客するならビジネスアカウントは必須!インサイトを見ながら分析・改善を続けよう

Instagramの運用で集客をするなら、会社やお店が利用するのに最適な「ビジネスアカウント」を活用しましょう。

ビジネスアカウントでは、フィードやリール投稿に対してユーザーからの反応を数字で確認することができるインサイト機能が付いています。

インサイトを見ながら分析することで、フォロワーを増やすための改善や、キャンペーンなどで認知を高める工夫をしやすくなります。

将来のお客さまとなり得るInstagramのユーザーに、商品やサービスの魅力を発信できるアカウントを運用していきましょう。

この記事にはタグがありません。
orend-stock

© 2023 STEP AROUND .Inc All Right Reserved