※この記事には一部PRが含まれます。
キャンペーン

事前決済とは?おすすめの業種やメリット、導入を売上アップにつなげるコツ

更新日:
事前決済とは?おすすめの業種やメリット、導入を売上アップにつなげるコツのアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

事前決済とは

事前決済とは、商品やサービスの提供前に顧客から支払いを受ける仕組みです。顧客は来店前に、主にキャッシュレス決済で支払いを済ませておきます。

たとえばビジネスホテルであれば、事前決済で支払いを済ませた顧客はフロントで氏名や連絡先を記入するだけで、そのままチェックインできます。大きな荷物を抱えたまま財布を取り出し、支払いのやり取りをする必要はありません。

この方式は近年、さまざまな業種で導入されており、顧客の利便性や店舗の売上アップに貢献しています。

事前決済の導入がおすすめな業種

事前決済は来店前に支払い額が決まっている業種に適しています。特に次のような業種において効果的でしょう。

【宿泊施設】

ホテルや旅館では宿泊日の数日前に事前決済を受けることで、予約確定を促進し、無断キャンセルや売り逃しを防ぎやすくなります。

【レジャー施設】

テーマパークや観光施設では、入場チケットの事前販売や予約制の導入によって、入場時の混雑緩和やスムーズな受付を実現できるでしょう。

【サービス業】

美容室やエステサロンなどの予約型サービス業では、事前の支払いによってキャンセルを防ぎ、効率的な予約管理を行うことができます。

もちろん、これ以外にも事前決済の導入が効果的な業種・業態はあります。ここからは事前決済のメリットや導入時の注意点、活用のコツを解説するので、自社で活用できないかチェックしてみましょう。

事前決済のメリット

事前決済の導入で集客や業務の効率化などさまざまな効果が期待でき、無断キャンセルなどに対するリスクヘッジとしても機能します。

事前決済を導入する5つのメリットを紹介するので、自社の場合はどんな恩恵を受けられそうか考えてみましょう。

無断キャンセルを防ぎやすくなる

事前決済を導入する1つ目のメリットは、「無断キャンセルを防ぎやすくなる」ことです。

事前に支払いを受けることで、顧客が予約や注文を取り消すことが少なくなります。キャンセルによる収益の損失を防ぎ、予約枠や在庫を有効に活用できるでしょう。

外国人旅行客を集めやすくなる

事前決済を導入する2つ目のメリットは、「外国人旅行客を集めやすくなる」ことです。いわば「インバウンド需要の獲得」に、事前決済の導入は貢献します。

外国人旅行客が増える中で、事前決済は外国人旅行客にとって便利な支払い方法です。クレジットカードやオンライン決済などで事前に決済を済ませておくことで、現地でのやり取りを減らし、レジャーそのものに使える時間を増やせるでしょう。

また、外国人旅行客は現地の現金を持たないことも多く、キャッシュレス決済で支払いを済ませておけるのは安心感があります。

機会損失を防ぎやすくなる

事前決済を導入する3つ目のメリットは、「機会損失を防ぎやすくなる」ことです。

先述の通り、事前決済は予約キャンセルの防止につながります。事前に支払いを受けることで、在庫や予約枠の確保がしやすくなり、需要が高まるピーク時でも機会損失を最小限に抑えられるでしょう。

また、現地で支払いのやり取りをすることを面倒に感じる人もいます。事前決済を導入しないことは、このような層の取りこぼしにもつながりかねません。

カウンター業務の効率化

事前決済を導入する4つ目のメリットは、「カウンター業務の効率化」です。

事前決済により、カウンターでの現金授受や支払い処理が不要になります。これにより、店舗や施設のカウンター業務が効率化され、スタッフの負担軽減や接客時間の増加につながります。

ひいてはスタッフ数の削減による人件費削減、カウンター混雑の解消による機会損失の防止も期待できるでしょう。

活用方法によっては売上アップが見込める

事前決済を導入する5つ目のメリットは、「活用方法によっては売上アップが見込める」ことです。

詳しくは後述しますが、事前決済を活用した特典や割引、ポイント還元などの施策を行うことで顧客の購買意欲を高めることもできます。

また、売上が事前に確定するため、資金繰りの改善や事業拡大にもつながるでしょう。

事前決済を導入し、売上アップを図るには?

事前決済をうまく活用することで、店舗の売上アップを図ることもできます。事前決済をなるべく多くの顧客に使ってもらうためにも、このような工夫は大切です。

事前決済を導入し売上アップを図るにはどうすればいいのか、3つのアイデアを提案します。

事前決済のメリットをアピールする

事前決済を売上アップにつなげる1つ目のアイデアは、「事前決済のメリットをアピールする」ことです。

売上アップ以前に、まずは顧客に事前決済ができることを知ってもらい、利用してもらうことからはじめましょう。事前決済の利用率が上がれば、カウンター業務の効率化や混雑解消、無断キャンセル防止などのメリットを享受できるためです。

現地でのチェックインがスムーズになること、持ち歩く現金を少なくして紛失や盗難に備えられることなど、ひとまずは「事前決済の普遍的なメリット」をアピールしましょう。

そのうえで次に紹介する「事前決済向けのキャンペーン」をつくり、顧客にアピールすることで、事前決済の利用率をさらに高められるはずです。

事前決済向けのキャンペーンを実施

事前決済を売上アップにつなげる2つ目のアイデアは、「事前決済向けのキャンペーンを実施する」ことです。

利用促進のために、事前決済限定での割引や特典、ポイント還元などのキャンペーンを実施しましょう。これらの取り組みにより顧客の興味を引き、事前決済を試してもらうきっかけをつくれます。

支払い方法を充実させる

事前決済を売上アップにつなげる3つ目のアイデアは、「支払い方法を充実させる」ことです。

現地での決済と同じく、事前決済でも、顧客にとって利用しやすい支払い方法を提供することが大切です。クレジットカードはもちろん、電子マネーや銀行振込など、幅広い選択肢を用意しましょう。

特に最近はポイ活ブームもあり、支払い方法を固定している消費者も少なくありません。

クレジットカードなら主要な国際ブランドに対応するのはもちろん、外国人旅行客が多い地域なら銀聯カードにも対応しておきたいです。電子マネーなら交通系やWAONはもちろん、PayPayあと払いやメルペイスマート払いなどの後払いタイプにも対応しましょう。

事前決済を導入する際の注意点

事前決済はうまく活用することで集客強化や売上アップにつながります。しかし、導入・運用に関する注意点もあり、これらを把握しておかないと思わぬトラブルにつながりかねません。

事前決済を導入する際の注意点を3つ紹介するので、きちんと対策を取ったうえで活用しましょう。

キャンセルポリシーを明確にする

事前決済を導入する際の1つ目の注意点は、「キャンセルポリシーを明確にする」ことです。

事前決済は無断キャンセルの抑止力にはなりますが、完全に防げるわけではありません。キャンセルポリシーを明確に定めておかないと、事前決済をした顧客が無断キャンセルする可能性が高くなるだけでなく、返金をしなければならないことにもなりかねません。

もちろん、高額なキャンセル料を設定したり、無料でキャンセルできる期間を短くしすぎたりするのもよくありません。このようなキャンセルポリシーは顧客に予約を躊躇させてしまいます。

顧客に対して事前にキャンセル料や返金規定などを明示し、トラブルや不満を最小限に抑えることが重要です。

システムの仕組みを踏まえ、キャンセル時の対応を決める

事前決済を導入する際の2つ目の注意点は、「システムの仕組みを踏まえ、キャンセル時の対応を決める」ことです。

事前決済を導入する前に、システムの仕組みや顧客対応のフローを見直しましょう。予約キャンセルの場合、各決済手段での支払いに対してどう返金するのか、予約システム上のデータをスムーズに処理できるのかなどを確認します。

極端な例ですが、キャンセルに対して現金や口座振込で返金するような仕組みになってしまうと、手間もコストも増えてしまうでしょう。

万全のセキュリティ対策を取る

事前決済を導入する際の3つ目の注意点は、「万全のセキュリティ対策を取る」ことです。

事前決済には顧客の個人情報や支払い情報が関わるため、セキュリティ対策は欠かせません。

事前決済の導入は決済代行サービスを介して進めるのが一般的ですが、どのようなセキュリティ対策が取られているのか、どんな会社が運営しているのかなど、安心して利用できるサービスであることを確認しましょう。

事前決済の導入には決済代行サービスがおすすめ!売上アップと効率化を図る選び方

事前決済を導入するには、信頼できる決済代行サービスを活用するのがおすすめです。決済代行サービスはセキュリティ面やサポート面など、さまざまな面で優れたサービスを提供しています。

どんな決済代行サービスが適しているかはビジネスモデルやターゲット層により異なります。次のようなポイントを考慮し、自社に合った決済代行サービスを選びましょう。

  • 対応可能な決済手段
  • 決済機関との手数料交渉ができるか
  • 決済端末の機能や使いやすさ(現地決済を受ける際に重要)
  • リアルタイムの売上管理
  • セキュリティ対策 など

こちらの記事ではおすすめの決済代行サービスをタイプ別に紹介しています。選び方も解説しているので、自社に合ったサービスを導入し、コスト削減・業務負荷の軽減などのメリットを最大化できるでしょう。

オンライン決済サービスおすすめ比較24選|導入費用・手数料・タイプ別の選び方・メリット

この記事にはタグがありません。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

事前決済とは?おすすめの業種やメリット、導入を売上アップにつなげるコツのアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved