出店分析・店舗売上予測システムおすすめ8選|導入メリット&選び方を解説!

この記事のURLとタイトルをコピーする

出店分析・店舗売上予測システムは、出店計画を立てたり、既存店舗のキャッシュフローを改善したりするために欠かせないツールです。本記事では店舗の売上予測の重要性や方法について解説します。導入メリットや選び方、おすすめシステムも紹介します。

店舗の売上予測の重要性とは

売上予測は、新店舗を出店するときはもちろん、既存店舗を継続するかを考えるのにも重要になってきます。予測ができないと、「ここに出店していいのか?」「失敗しないか?」「売上が見込めるのか?」などがわからず、出店や継続の判断ができません。

また、売上予測には売上に関するさまざまなデータが必要です。データには、昨年度の売上実績や過去数年間の売上実績の推移などがあてはまります。

注意すべきは、売上予測はデータに基づき算出することです。売上予測は売上目標とは違うことを理解し、予想や期待で売上予測を立てないようにしましょう。

たとえば「去年の売上が3,000万円で、今年からはマーケティングを頑張っているから、売上4,000万円は目指せるな」というのは、売上予測とはいえません。この考え方には、「このくらい頑張っているから、このくらいはいくだろう」という期待が含まれています。前年売上に基づいてはいますが、ざっくりとした予想に過ぎず、データに基づく予測とはいえません。

このような数値は売上予測というよりは、売上目標といえます。売上目標は売上予測に基づいて立てられますが、そのうえには経営層の「このくらい頑張ってほしい」「このくらいは目指せるはずだ」という期待が含まれています。

売上予測をするために用いられる計算方法

売上予測をするために用いられる計算方法を3つ紹介します。

重回帰分析

過去の売上データに、店舗を取り巻くさまざまな要因を組み合わせて計算する方法です。「店舗を取り巻く要因」には、商圏人口や店舗の周辺環境、売り場面積、駐車場台数などが挙げられます。

ハフモデル分析

ハフモデル分析は自店舗に消費者が買い物に来る確率(吸引率)から売上を予測する方法です。そのエリアにどんな競合店舗と需要があるのか、エリア内での位置関係はどうなっているかに基づき計算します。吸引率から客数の予測が立てられたら、それに客単価をかけて売上予測とします。

ランダムフォレスト

決定木と呼ばれる予測モデルを使って売上を予測する方法です。決定木は次の図のように、「〇〇ならxxするか?」という選択肢を、ツリー状に何度もくり返していく予測モデルです。いくつかの決定木の中から、多数決で最終的な売上予測を立てます。

決定木のイメージ

店舗売上予測システム(サービス)導入メリット

店舗の売上予測にはさまざまな要因が絡み、人の手で高精度な計算をするのは難しいでしょう。そこで役立つのが「店舗売上予測システム」です。システムを活用する5つのメリットを紹介します。

適切な管理により利益を増やせる

店舗売上予測システムを導入する1つ目のメリットは、「適切な管理により利益を増やせる」ことです。売上や来店数の予測を高精度で立てられれば、在庫の過不足を減らしたり、人員をより適切に配置したりできます。

どの店舗に、どのくらいの在庫と人材が必要なのかの予測を立てることで、限られた経営資源をより有効に使えるようになるでしょう。

キャッシュフローを改善できる

店舗売上予測システムを導入する2つ目のメリットは、「キャッシュフローを改善できる」ことです。売上予測を続けることで、年度ごとの売上と、売上の増減に影響した要因を可視化できます。これによりキャッシュフローが明確になり、改善のためにすべきことも見えてくるでしょう。

適切な売上目標を立てられる

店舗売上予測システムを導入する3つ目のメリットは、「適切な売上目標を立てられる」ことです。売上目標は、売上予測に基づいて立てられます。

精度の低い予測をもとに立てられた目標は適切ではなく、実現不可能な数値になることもあります。「達成できるわけがない」と感じるような目標は、店舗スタッフのモチベーションを下げてしまうかもしれません

適切な売上目標を立てることで、KPIも設定しやすくなるでしょう。

売上予測の精度が高まる

店舗売上予測システムを導入する4つ目のメリットは、「売上予測の精度が高まる」ことです。システムを使い、売上予測を継続して立てていくことで、システムにはデータが蓄積され、運用担当者の知見は深まっていきます。システムを使い続けることで予測精度が高まり、より適切な管理と、出店地の決定ができるようになるでしょう。

出店の候補地を選びやすくなり、成功率が上がる

店舗売上予測システムを導入する5つ目のメリットは、「出店の候補地を選びやすくなり、成功率が上がる」ことです。システムを使えば、どのエリアでどのくらいの売上が上がりそうなのかを高精度で予測できます。

中には出店候補地のリストアップ機能のあるシステムもあり、出店地をより短時間、より高精度で選べるようになるでしょう。

店舗売上予測システム(サービス)の主な機能

店舗売上予測システム(サービス)の主な機能を8つ紹介します。

店舗の売上予測

過去の売上や周辺エリアのデータに基づき、各店舗の売上を予測します。データを蓄積するほど分析精度も向上するため、売上予測システムの必要性を感じたら早めに導入し、しっかり活用しましょう。

商圏分析

国勢調査による統計や顧客データを活用し、各エリアの特性や市場環境を分析・把握する機能です。出店地を決めるうえでも、既存店舗のエリアマーケティングを強化するうえでも、商圏分析は欠かせません。

出店計画の提案

店舗売上予測システム(サービス)の中には、出店候補地や出店計画を提案してくれるものもあります。特に、データ分析だけでなくコンサルティングも提供しているサービスは、データとノウハウに基づく出店戦略が立てやすくおすすめです。

自店、競合店の分析

店舗売上システムの中には自店だけでなく、競合店の分析ができるものもあります。競合店でどんな商品が購入されているのか、自店と競合店の併用状況などを知ることで、各店舗に合った戦略を立てやすくなるでしょう。

消費者の行動分析

お客様の行動や購買データを収集し、分析する機能です。そのエリアではどんな商品が売れているのか、消費者がどのように行動しているのかを分析することで、エリアマーケティングを強化できるでしょう。GPSを活用し、最新の人流データを把握できるシステムもあります。

予測モデル・システムの構築

既存店舗の売上や物件、商圏などのデータを活用し、その企業専用の予測モデルを構築するサービスです。自社にとって使いやすいシステムを構築してくれるサービスもあります。従業員の知識レベルや自社の業務に合ったシステムを使うことで、業務効率を最大限に高められるでしょう。

店舗売上予測システム(サービス)の選び方

店舗売上予測システムを選ぶときは、次のようなポイントを確認しましょう。

  • 予測精度はどのくらいか?
  • 操作しやすいか?
  • 機能の過不足はないか?
  • 自社でどの程度の作業が必要か?
  • サポートは十分か?
  • 機能やサポートと価格のバランスは取れているか?

店舗売上予測システムに限らず、ITツールを選ぶときは、自社に必要な機能がそろったものを選びましょう。このとき気をつけたいのが、「機能が多ければいいわけではない」ということです。

どんなに機能が充実していても、そのほとんどが使わないものでは仕方ありません。機能が増える操作が煩雑になったり、費用が高くなったりすることも考えられます。「機能の多いもの」ではなく、「機能の過不足がないもの」を選ぶことが大切です。

操作のしやすさや自社でしなければならない作業、サポート体制もチェックしましょう。特に個人事業主や規模の小さい会社では、従業員一人あたりの業務の量が多く、範囲も広いです。特別なスキルや知識がなくても扱えるもの、自社の作業負担を抑えられるものを選びましょう。

店舗売上予測システム(サービス)おすすめ比較4選

店舗売上予測や出店分析など、店舗開発全般に役立つシステムを4つ紹介します。

アスシル

アスシル
  • 店舗のビッグデータ分析に強い
  • 複数のデータを組み合わせて可視化できる
  • カスタマーサクセスを軸にした伴走支援

アスシルはAIを用いたデータ分析により、ビジネスの課題を解決するサービスです。主な提供サービスは「データ分析基盤の構築」「データ分析支援」「AIによるビジネス予測支援」です。

商業施設や小売店舗のビッグデータ分析に強く、これらの施設での分析経験は10年以上。長い年月をかけて蓄積したノウハウに基づき、データ分析や売上予測をサポートしてもらえます。

アスシル

ミセシル

ミセシル
  • 小売業に特化したマーケティングソリューション
  • 店舗業務に携わる人の課題を解決
  • 自店と競合店のデータを基にした高度な分析

ミセシルは小売業向けのマーケティングソリューションで、店舗業務をしながら、無理なく分析業務ができます。課題店舗に絞ったトライアル導入ができ、月額30,000円~/1アカウントでスモールスタートできます。

自店だけでなく、お客様の行動・購買データや競合店の分析データまで知ることができ、具体的な改善策を提案してもらえます。

ミセシル

売上予測ソリューション

売上予測ソリューション
  • 企業・店舗を成功に導く3つのサービスを、ワンストップで提供
  • コンサルティングにより、具体的な出店計画の立案をサポート
  • 商圏分析を加味した既存店舗の分析で、不採算店舗を可視化

売上予測ソリューションは、売上予測モデル・システムの構築とコンサルティングにより、企業の戦略を成功に導くサービスです。GIS(地理情報システム)のベンダーとして、20年以上さまざまな業種のシステムを構築してきたノウハウを活かし、企業それぞれに合ったシステムを提供します。

GISとコンサルティングをワンストップで提供することで、ランニングコストを抑えながら、予測モデルや分析データの精度向上に集中できます。

売上予測ソリューション

売上予測AIモデリングサービス

売上予測AIモデリングサービス
  • 最先端のAI分析により、誤差±10%未満の予測を実現
  • 売上予測だけでなく、売上の要因まで特定
  • 自社専用のシミュレーターツールを提供

売上予測AIモデリングサービスは、最先端のAI分析を活用した売上予測システムです。ハフモデルや重回帰分析などの分析手法とは一線を画す分析スキームで、誤差±10%の予測を実現します。売上予測はもちろん、売上の要因まで、高精度で分析できます。

企業それぞれの要望に合わせ、専用の売上予測シミュレータを提供しているのも特徴です。シンプルな構成のシミュレーターは操作しやすく、業務の属人化を防ぎます。

売上予測AIモデリングサービス

Speed ANSWER

Speed ANSWER
  • 出店予測に特化したサービス
  • データが蓄積するほど精度も向上
  • 熟練者のノウハウをモデル化

Speed ANSWERは出店予測に特化したサービスです。データが蓄積されるほど分析精度も高まる成長型のシステムで、GPSを活用した最新データで人流を把握し、その時々に合った出店計画を立てられます。

熟練の店舗開発者のノウハウをモデル化することで、ほかの担当者の能力を底上げすることもできます。業務の属人化を解消し、人材確保のハードルを下げることで、人手不足を解消できるでしょう。

Speed ANSWER

商圏分析に特化した分析システム(サービス)3選

店舗売上予測システム(サービス)の中でも、商圏分析に特に強いものを3つ紹介します。

TerraMap – エリアマーケティングGISで最適な出店エリア分析、販促エリア分析、顧客分析を!

  • 出退店分析・販促エリア分析・顧客データ分析のための機能多数!
  • アドバンスハフモデル、既存店ポジショニングマップ分析など分析サポート機能も
  • 年収・未来人口・時間商圏など、多様なオプションデータも!
  • 1ID 月額3.8万円~|TerraMap はテレワーク利用者多数!

TerraMapシリーズは、出退店分析や販促エリア分析、顧客データ分析などに活用可能なリアル店舗・地域ビジネス向けのマーケティングツールです。

TerraMapの主な利用用途は3つ。

用途1:出退店分析
候補物件周辺の人口や世帯数などを集計し、簡単に商圏分析を行なうことができます。出店可否をジャッジする際など出店計画にお役立ていただけます。

用途2:販売促進
家族構成や物件種別などさまざまな国勢調査データを地図に反映することで、チラシやポスティング配布エリアの最適化を図れます。販促計画や無駄打ちの減少などにお役立ていただけます。

用途3:顧客データ分析
ポイントカードなどの顧客情報を地図に反映することで、自店の強弱エリアを可視化したり、店舗同士のカニバリゼーションを把握することができます。その後の出店計画・統廃合・販促計画に繋がります。貴社のエリア戦略の構築にお役立ていただけます。

選ばれる3つの理由

継続率95%のTerraMapが選ばれる3つの理由

理由1:初心者でも簡単!だからすぐに効果を実感

TerraMapは、設立から自社開発の体制から生まれた操作画面なため、お客様目線での使いやすさを実現しています。

理由2:ハイレベルな要望にも迅速・柔軟に対応

TerraMapを自社開発したノウハウから、クライアントのニーズをくみ取ったツールのカスタマイズやスクラッチ開発も対応しています。

理由3:充実のサポートと安心価格で継続率95%

マップマーケティングは、ツールの導入後のサポートとして、ツール操作支援に特化した”サポートチーム”、ビジネスの成功を支援する”ビジネスパートナーグループ”の体制をとっています。そのため、ツールの投資対効果をあげることはもちろん、クライアントの事業を成功に導くための支援もおこなっています。

初期費用月額費用オプション無料トライアル
TerraMap Web:50,000円~
TerraMap Standard:580,000円~
TerraMap Web:38,000円~
TerraMap Standard:9,000円~
ありあり

MarketPlanner

●特徴

  • スマホ・タブレット・パソコンでの利用に対応
  • 人流データ、年収や貯蓄、将来人口など最新の統計データを利用した商圏判定が可能
  • 長年業界に精通しているパスコ独自の候補物件評価ロジックを搭載

「MarketPlanner」では、初めてGISシステムを利用する企業も安心出来るように、問い合わせに対応する専任のデスクや情報の集まるユーザーサイトが開かれているほか、操作アドバイスをする機能を搭載し、マニュアルがなくても安心して操作が可能です。

価格初期費用無料トライアル
変動(要問合せ)変動(要問合せ)なし

詳細はこちら:https://biz-pasco.jp/service/market-planner/

Market Anlyzer

●特徴

  • 直感的に使える操作性
  • 高い機能の拡張性
  • 豊富なデータラインナップ

「Market Anlyzer」では、直感的なインターフェースによって多様なデータを扱うことが可能です。

「出店余地エリアランキング機能」といった、営業戦略に活かせる機能が多くそろえられているほか、スタンダードな導入版から必要に応じて追加の機能を購入して行けるシステムのため、最適なコストで運用可能です。

価格初期費用無料トライアル
15,000(月額)55,0000円なし

詳細はこちら:https://www.giken.co.jp/products/marketanalyzer/

店舗売上予測システムを導入して出店時のリスクを減らそう

店舗売上予測システムには、分析全般に強いタイプと、商圏分析に特化したタイプがあります。自社にとって役立つシステムを選ぶには、自社の課題を明確にすること、課題や業界・業種に合ったシステムを選ぶことが大切です。

本記事で紹介した売上予測システムはどれも実績があり、ノースキルでも扱いやすいものですが、ベストなツールは企業により異なります。

気になるシステムを見つけたら、まずは資料請求をしてみて、「そのシステムでなにができるのか」を理解しましょう。このような分析ツールは専門性が高く、資料を見てわからない部分もあるかもしれません。そんなときは、ベンダーに問い合わせてみるのがおすすめです。