アルバイト採用サイトおすすめ比較11選|【飲食・アパレル・小売別】募集のポイント解説!

この記事のURLとタイトルをコピーする

アルバイト採用サイト・サービスとは|採用媒体7種類/特徴/費用/比較一覧表

アルバイト採用サイト・サービスには求人広告や人材紹介、人材派遣、自社サイトなど複数の種類があります。それぞれユーザー層は異なるため、アルバイトの募集時は自社の求める人材が利用するサイト・サービスの選定が大切です。

今回はアルバイトの募集・採用を考えている人へ向けて、採用サイト・サービスの種類と特徴、自店舗に合うサイトの選び方、採用の効率化に役立つ募集のノウハウ、おすすめサイト・サービスを紹介します。

求人広告(紙媒体)

「タウンワーク」や「求人ジャーナル」「ジョブアイデム」など、求人誌に広告を掲載して人材を募集する方法です。求人の対象は全職種から専門職まで、求人誌によって異なります。求人誌はエリア別に配布されるため、自店舗の近くに住んでいる人材を採用しやすいのが特徴です。

<費用の目安>

求人誌への広告掲載費は媒体や原稿サイズ、写真の有無などによって変動します。通常は数万円から掲載できますが、条件によっては数百万円かかる場合もあるようです。

求人サイト

求人サイトは求人誌のWEB版です。人材の募集方法は求人誌と同じですが、インターネット上という利点を活かし、自店舗のホームページや各種SNSへ誘導しやすいのが特徴です。興味を持った人材に対し、求人サイトの広告枠だけでは伝えきれない内容や魅力を訴求できます。

<費用の目安>

求人サイトへの掲載費は無料と有料に分かれます。有料の場合は掲載期間や料金形態によって費用は異なりますが、アルバイト募集の場合は数万円から、社員募集の場合は数十万からが目安です。

人材紹介

人材紹介とは、会社に登録している求職者の中から企業にマッチした人材を紹介してくれるサービスです。単なる仲介サイトではなく、コンサルタントが自店舗にマッチする人材を見つけ、各種連絡・面談・選考・内定までトータルでサポートします。

<費用の目安>

人材紹介の料金体系は成功報酬型が一般的です。採用した人材に支払う年収の30%前後を報酬として支払います。

人材派遣

人材派遣は、会社に登録しているスタッフを企業に派遣するサービスです。スタッフと企業ではなく、派遣会社と企業が労働者派遣契約を結びます。派遣は契約時に定めた期間内のみ働く仕組みのため、オープニング時や繁忙期など、特定の時期に人材が必要なときにも適しています。

<費用の目安>

派遣されるスタッフの報酬(時給×稼働時間)に、人材紹介会社へのマージンを上乗せして支払います。マージンの割合は会社やスタッフの専門性などによって異なりますが、20~30%が目安です。

自社サイト

自社のホームページに求人情報を掲載する、もしくは採用サイトを作る方法です。他社に頼む方法とは違い、文字数やレイアウト、掲載内容を自由に決められます。

自社サイトは企業理念や社風、スタッフが働いている様子など、自社の魅力を存分に伝えられるため、採用のミスマッチを防ぎやすいのが特徴です。

<費用の目安>

自社ホームページに求人情報を掲載する場合、費用は発生しません。採用サイトの構築を依頼する場合は数十万円ほどの制作費が発生します。

ハローワーク

公共職業安定所、通称ハローワークは国が運営する行政機関です。出張所も含めると全国に500ヵ所以上あり、職員が求職者に合う仕事を紹介しています。

ハローワークには、インターネット上に求人情報を掲載できる「ハローワークインターネットサービス」もあります。ただ、初めて掲載する場合はハローワークでの手続きが必要です。

<費用の目安>

ハローワークの求人掲載費は無料で、採用後の費用発生もありません。掲載期間は約3ヵ月と長く、更新すると1ヵ月延長できます。

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングとは、サービスに登録している人材を企業が直接スカウトする手法です。人材からの応募やマッチングを「待つ」のではなく、企業自らが動くことから「攻め」の採用手法と表現されます。採用活動を自社で完結するため工数はかかるものの、マッチ度の高い人材を採用しやすい点が特徴です。

<費用の目安>

ダイレクトリクルーティングの料金体系は、大きく分けて成功報酬型と定額制の2種類です。どちらの場合も数十万円の費用が発生します。

アルバイト採用サイト・サービス – 特徴/費用比較一覧表

ここまで見てきたアルバイト採用サイト・サービスの、特徴と費用を比較してみましょう。

採用サイト/サービス特徴費用の目安
求人広告(紙媒体)エリアごとに配布される/自店舗の近くに住む人材の目に留まりやすい・通常:数万円・その他:数百万円※掲載の条件による
求人サイト多くの人材の目に留まりやすい/数多くの応募に期待できる・アルバイト募集:数万円~・社員募集:数十万~※無料もあり
人材紹介自社にマッチする人材を紹介してもらえる/採用の工数を削減できる・成功報酬型・人材の年収の30%前後を報酬として支払う
人材派遣特定の期間のみ働く人材を確保できる/専門性の高い人材を確保できる・スタッフの報酬(時給×稼働時間)にマージンを上乗せして支払う・マージンの割合:20~30%ほど
自社サイト求人情報や自社の魅力を自由に発信できる/自社にマッチする人材からの応募が集まりやすい・掲載:無料・採用サイトの構築:数十万円ほど
ハローワーク求人の掲載費用が完全無料/インターネットサービスも利用できる・無料
ダイレクトリクルーティング自社が求める人材にアプローチできる/マッチ度の高い人材を採用しやすい・成功報酬型と定額制の2種類・成功報酬型:30万円~・定額制:60万円~
アルバイト採用サイト・サービス – 特徴/費用比較一覧表

このように、採用サイト・サービスによって特徴や費用は異なります。どの方法が自社に適しているのか、よく考えてから申し込みをしましょう。

自店舗に合うアルバイト採用/募集/仲介サイトの選び方

ここまで見てきたように、アルバイト採用サイト・サービスの種類は豊富です。どれを利用すれば良いのか分からない人へ向けて、自店舗に合うサイトの選び方を紹介します。

予算に合うプランを選ぶ

アルバイト採用サイト・サービスの料金プランには、掲載課金型と成功報酬型があります。採用コストを抑えたい場合は、予算に合うプランを選びましょう。

<掲載課金型>

求人広告を掲載する時点で費用が発生する料金プランです。何人採用しても一定の費用で済む一方で、仮に採用に至らなかった場合でも掲載費用がかかります。

<成功報酬型>

求人誌や求人サイト、人材紹介会社を利用した際に、人材の採用が決まった段階で費用が発生する料金プランです。広告の掲載は無料のため初期費用は抑えられますが、採用人数が増えるとその分コストはかさみます。

なかには無料で利用できる採用サイト・サービスもありますが、ユーザーの目に留まりづらい、他の求人広告に埋もれやすい点に注意が必要です。

採用の緊急度で選ぶ

店舗の新規オープン時や突然の人員不足など、人材をなるべく早く確保したい場面では、掲載から採用までに時間を要する求人誌や求人サイトは不向きです。

採用までの時間を削減したい時は、ダイレクトリクルーティング、もしくは人材派遣が適しています。ダイレクトリクルーティングは、スカウトした人材とマッチングすれば早急な採用が可能です。

一方、人材派遣では人員を早急に確保したい旨を伝えれば、自社にマッチするスタッフをすぐに派遣してもらえるでしょう。

採用の効率化を優先する場合は仲介サイトを選ぶ

アルバイト採用の負担を減らしたい場合は、人材紹介の利用がおすすめです。

求人誌や求人サイト、ハローワークへの掲載は手間と時間がかかります。また、人材へ送るスカウトメールの作成や連絡を自社で行うダイレクトリクルーティングでは、工数の増加が難点です。

その点、人材紹介を利用すれば面談から内定までの工程をコンサルタントが代行するため、採用にかかる工数を大幅に削減できます。

アルバイト募集のノウハウ│採用を効率化する3つのコツ

求人広告をやみくもに出していても、アルバイト募集・採用の効率化にはつながりません。効率化のカギは、求人情報を掲載する前の工程にあります。アルバイト採用を効率化する3つのコツを見ていきましょう。

1. 採用するターゲット層を明確化する

アルバイトの募集を決めたら、まずはターゲット層を明確にしましょう。「どんな人材が必要なのか」を具体的に考えることが、採用活動の成否を左右します。

<具体的に考えるポイント>

  • 性別
  • 年齢・年代
  • 居住地
  • 保有スキル
  • 経験
  • 働ける時間帯
  • 出勤できる曜日・日数 など

ターゲット層を明確にすることで、最適な採用手法や訴求ポイントが見えてきます。

2. ターゲット層が集まるサイトを選ぶ

採用サイト・サービスの種類は複数あり、それぞれユーザー層が異なります。求める人材が若年層であれば求人サイトやダイレクトリクルーティング、専門的なスキルの保有者であれば人材紹介と、ターゲット層が多く存在しているサイト・サービスを選びましょう。

3. 求人内容は明確に記載する

アルバイトの採用では、「このお店で働きたい」と思わせることが重要です。仕事内容や勤務時間、給与、福利厚生といった基本情報は明確に記載しましょう。そのうえで自店舗の魅力や働くメリットも訴求すると、より多くの応募が集まりやすくなります。

全職種向け│おすすめアルバイト求人サイト5選

アルバイト採用サイト・サービスについて理解を深めたところで、続いては実際のサービスを見ていきましょう。まずは全職種向け、かつ知名度の高い求人サイトから紹介します。

1. マイナビバイト

※画像出典元:「マイナビバイト」公式HP

【特徴】

  • ブランド力・知名度が高い
  • 最短で当日に掲載スタート
  • 専門求人サイト、専用アプリに無料で掲載
  • 原稿修正は無料で何度でも対応可能
  • エリア担当者による手厚いサポート
料金特徴・実績公開求人数
8,000円~/12週間最短2営業日で求人を掲載できる約30万件
マイナビバイト特徴

詳細はこちら

2. バイトル

※画像出典元:「バイトル」公式HP

【特徴】

  • テレビCMやWEB広告によるプロモーション
  • 申し込み当日から掲載スタート
  • メール対応の自動化
  • 「しごと体験・職場見学」の実施
  • 専任の採用コンサルタントによるフォロー
料金特徴・実績公開求人数
8,500円~/1週間(首都圏)※エリアによって異なる充実した情報掲載でミスマッチを防ぐ約220万件
バイトル特徴

詳細はこちら

3. タウンワーク

※画像出典元:「タウンワーク」公式HP

【特徴】

  • 北海道から沖縄まで全国に対応
  • 幅広い年代をターゲットにした募集が可能
  • プラン・掲載方法は選べる2種類
  • 求人誌と求人サイトからのアプローチ
  • 担当営業による原稿作成のサポート
料金特徴・実績公開求人数
10,000円~/1週間※プラン・エリアによって異なる圧倒的な知名度約80万件
タウンワーク特徴

詳細はこちら

4. しゅふJOB

※画像出典元:「しゅふJOB」公式HP

【特徴】

  • 主婦(夫)の採用に特化
  • 導入実績23,000社以上
  • 約80%が正社員経験あり
  • 掲載プランは選べる3種類
  • 専任チームが随時サポート
料金特徴・実績公開求人数
<応募課金プラン>1応募:5,500円~

<掲載課金プラン>1週間:12,000円~

<採用課金プラン>月額:3,000円1採用:37,000円~

※エリア・職種によって異なる
正社員経験ありの主婦に強い約14万件
しゅふJOB特徴

詳細はこちら

5. Timee

※画像出典元:「Timee」公式HP

【特徴】

  • 人手がほしい時、短時間のみの募集が可能
  • 300万人を超えるワーカーが登録
  • 募集時にスキルの設定が可能
  • 直前キャンセルしたワーカーにはペナルティポイントが発生
  • マッチングしなかった場合は料金の発生なし
料金特徴・実績公開求人数
掲載:無料

システム手数料:ワーカーの報酬金額の30% (税別)
単発バイトのマッチング率90%お問い合わせ
Timee特徴

詳細はこちら

美容院/サロン/エステ向け│おすすめアルバイト求人サイト3選

美容院やサロン、エステがアルバイトを募集する際は、業種に特化したサイトを利用すると効率的に採用できます。美容業界に特化したおすすめサイトを3つ紹介します。

1. リジョブ

※画像出典元:「リジョブ」公式HP

【特徴】

  • 美容師・ネイリスト・エステティシャン・セラピストなど美容・ヘルスケアに特化
  • 美容・ヘルスケア業界で利用者満足度No.1
  • 総会員数550,000人以上
  • スカウトメールで攻めのアプローチも可能
  • 料金体系は安価な掲載料金+成果報酬の組み合わせ
料金特徴・実績公開求人数
要問い合わせ美容・ヘルスケア業界満足度No.1約3万件
リジョブ特徴

詳細はこちら

2. BeAle(ビアーレ)

※画像出典元:「BeAle(ビアーレ)」公式HP

【特徴】

  • エステ・コスメ・美容業界の専門求人サイト
  • 10代後半~20代の応募が約80%
  • アパレル求人に特化した姉妹サイトにも求人情報が掲載
  • 申し込みから最短1日で掲載スタート
  • 料金プランは選べる3種類
料金特徴・実績公開求人数
<採用課金プラン>
掲載基本料金:無料
課金単価:1名採用110,000円~

<応募課金プラン>
掲載基本料金:77,000円/月
課金単価:1応募5,500円~

<1店舗プラン>
掲載基本料金:43,780円/月
課金単価:無料
美容と接客への意欲が高い人材が集まる約2,000件
BeAle特徴

詳細はこちら

3. サロンdeジョブ

※画像出典元:「サロンdeジョブ」公式HP

【特徴】

  • 美容師・ネイリスト・アイリスト・エステティシャン・整体師の求人掲載が可能
  • 入社お祝い金、友達紹介などの就業を促す工夫
  • 登録者の就業決定率76.8%(2015年度実績)
  • 早期退職率3.8%(2015年度実績)
  • 返金保証期間3ヵ月を担保
料金特徴・実績公開求人数
要問い合わせ専任コンサルタントによる連絡代行約1万件
サロンdeジョブ特徴

詳細はこちら

飲食向け│おすすめアルバイト求人サイト3選

求人サイトの中には飲食業界に特化したサービスもあります。数あるサイトの中から厳選した3つのサイトを紹介します。

1. クックビズ

※画像出典元:「クックビズ」公式HP

【特徴】

  • 飲食業界に特化
  • 個人店から大手チェーン店まで幅広く対応できる料金プラン
  • 求人広告の他に人材紹介も利用可能
  • 求人は日本全国、海外勤務も対応
料金特徴・実績公開求人数
要問い合わせ飲食業に特化したさまざまなサービスを用意約3万件
クックビズ特徴

詳細はこちら

2. 求人@飲食店.COM

※画像出典元:「飲食店ドットコム」公式HP

【特徴】

  • 飲食店に特化
  • 利用者の70%以上が20代~30代前半
  • 最短で当日に掲載スタート
  • 個人店から大手チェーン店まで幅広く掲載
  • PC・スマホ・アプリの3メディアに同時掲載
料金特徴・実績公開求人数
19,800円~/1ヵ月プロによる採用サポート約5万件
飲食店ドットコム特徴

詳細はこちら

3. グルメキャリー

※画像出典元:「グルメキャリー」公式HP

【特徴】

  • 飲食業界専門求人メディアとして約30年の実績
  • 個人店からチェーン店、学校給食、社員食堂など幅広いジャンルに対応
  • 掲載プランは選べる3種類
  • 正社員採用サイト、人材紹介サービスも利用可能
料金特徴・実績公開求人数
<単発プラン/4週間掲載>
55,000円~

<月額定額割引プラン/連続掲載>
3ヵ月:定価より20%割引
6ヵ月:定価より30%割引
12ヵ月:定価より35%割引

<回数チケット割引プラン/無期限>
3回:定価より10%割引
5回:定価より15%割引
10回:定価より20%割引
飲食業に特化した高スキル人材採用約3万件
グルメキャリー特徴

詳細はこちら

アルバイト採用サイトで自店舗が求める人材の獲得を

アルバイト採用サイト・サービスと一口に言っても、求人サイトや人材紹介、ダイレクトリクルーティングなど種類は豊富です。ターゲット層の利用が多いサイトで募集することで、自社の求める人材を獲得できるでしょう。どんな人材がほしいのか、採用にかかるコスト面と工数のどちらを優先するのかなど、具体的に考え始めてはいかがでしょうか。

この記事にはタグがありません。