※この記事には一部PRが含まれます。

BNPLとは?最新の後払い決済の仕組みやメリット、おすすめアプリ

更新日:
BNPLとは?最新の後払い決済の仕組みやメリット、おすすめアプリのアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

BNPLとは?

BNPL(Buy Now, Pay Later)は、商品やサービスの購入時に支払いを分割して後日返済する仕組みです。クレジットカードをはじめとする従来の支払い方法と比べ、誰でも手軽に後払い決済ができるサービスとして、オンラインショップや実店舗で幅広く利用されています。特にオンラインではECサイトだけでなく、ダウンロードコンテンツや限定商品の販売などでも広く使われています。申し込み期限のある限定商品・受注生産品などの購入にも利用でき、クレジットカードが利用できない人でも、後払い決済でこれらの商品を買い逃すことなく購入できます。

BNPLは特に若い世代や購買力の低い人々にとって魅力的です。新しいキャッシュレス決済の形態として急速に普及しています。

BNPLとクレジットカードの違い

BNPLとクレジットカードの仕組みと違いは以下の通りです。手数料や利用枠に違いがあります。

BNPLは、原則手数料が無料なのに対し、クレジットカードは3回払いやリボ払いで手数料が発生します。加盟店側の立場では、BNPLの手数料はクレジット決済時よりも多くかかるため注意しましょう。

消費者にとってのBNPLのメリット

消費者にとってのBNPLのメリットを3つ紹介します。

セキュリティに関するリスクが低い

BNPLを利用する際、個人の支払い情報は安全に管理されます。クレジットカードと異なり、カード情報を入力する必要がないため、不正利用や情報漏えいのリスクが低いです。支払い情報は暗号化され、セキュリティ対策が厳重に施されたプラットフォームを介して処理されるため、消費者は安心して取引ができます。

クレジットカードが使えなくても利用できる

BNPLは、特にクレジットカードを持っていない人にとって便利です。クレジットカードを持っていない人、いわゆるブラックリスト状態でクレジットカードを作れない人でも、BNPLは審査が緩やかで利用できることがあります。

「今すぐ買いたいものがあるけど、クレジットカードも現金もないから買えない」「Webマネーの購入や口座振込のために、コンビニや銀行まで行くのが面倒」という購入者にとって、BNPLは新しい支払い方法として注目されています。

手数料がかからない

BNPLは手数料なしで後払い決済や分割払いができることが多いです。余計なコストがかからないこと、一度に大きな支払いをする必要がないことから、予算内での買い物が容易になります。

事業者がBNPLに対応するメリット

事業者がBNPLに対応するメリットを3つ紹介します。

客層が広がる

BNPLを導入することで、事業者は顧客層を広げられます。クレジットカードや電子マネーなどの従来の支払い方法に比べて、BNPLは特に若い世代や購買力の低い人々に人気があります。このような顧客層は、一度に大きな支払いをすることが難しい場合がありますが、分割払いができるBNPLに対応することで、彼らの購買意欲を高められます。

機会損失を防げる

BNPLを導入することで、事業者は機会損失を防ぎやすくなります。たとえばチャージ式の電子マネーや現金払いなどの支払い方法では、購買意欲の高い顧客であっても、予算の兼ね合いで買い物をためらうことがあります。

しかし、BNPLに対応し支払いの柔軟性を高めることで、顧客は資金計画を立てやすくなり商品を購入しやすくなります。BNPLを利用することで、特に高額の商品やサービスの販売機会の損失を防ぎやすいシステムをつくれるでしょう。

客単価アップが期待できる

BNPLの導入は客単価アップにつながります。人間には「目先の支出に比べて将来の支出を過小評価する」という心理傾向があります。現金の支払いを将来に先延ばしするBNPLではこの心理が働きやすく、客単価が大きくなりやすいです。

分割払いができるBNPLでは、顧客は一度に大きな支払いをする必要がなく、より高額な商品やサービスを選ぶ可能性が高まります。

また、若い世代や購買力の低い人々との接点を早めに持つことで、将来のロイヤルカスタマーを獲得・育成する機会も増やせます。これにより、将来的な客単価アップも期待できるのです。

BNPLで買い物をするときの注意点

消費者がBNPLで買い物をするときの注意点を3つ紹介します。

分割払いはできないものも

BNPLには分割払いに対応していないものもあります。利用するアプリやサービス、購入する商品やサービスによっては、一括払いのみ対応という場合があります。分割払いを希望する場合は、事前に利用規約や条件を確認し、対応しているかどうかを確認することが重要です。

支払いを忘れやすい

商品をすぐに購入し後から支払いをするBNPLでは、支払いを忘れやすいです。口座振替(自動引き落とし)のクレジットカードと異なり、BNPLの支払いはコンビニ決済や口座振込であることが多いです。支払期日が近づくと、アプリのプッシュ通知やSMSなどで支払いを促すメッセージが届きますが、見逃してしまうこともあるでしょう。

支払いを忘れると遅延料やペナルティが発生する場合があります。カレンダーやリマインダーを活用して支払いを管理することが重要です。

支払い額が高額になりやすい

後払い決済であるBNPLには、支払い額が高額になりやすいという注意点があります。先述のとおり、人間には将来の支出を過小評価する心理傾向があります。「今はお金がないけど、来月なら払えるだろう」と、安易に大きな買い物をしてしまうかもしれません。

分割払いができるBNPLを利用するときは特に気をつけなければなりません。分割払いでは一度に大きな支払いをする必要がないため、ついつい高額な商品やサービスを購入してしまうことがあります。ひとつの商品やサービスを分割払いするだけならあまり問題はないかもしれませんが、高額な商品・サービスの分割払いが終わらないうちに新しい商品・サービスを購入し、月々の支払額がどんどん大きくなっていくということも考えられます。

支払い額が高額になりすぎると、返済が困難になる可能性があります。購入の際は自身の経済状況や返済能力を考慮し、節度を持って利用することが大切です。

BNPLを利用できるキャッシュレス決済アプリ

BNPLを利用できるキャッシュレス決済アプリやサービスを紹介します。分割払いへの対応可否や利用に必要な情報なども併せて紹介するので、消費者は自分に合うものを、事業者は自社の客層に合うものを選びましょう。

Paidy

Paidy
  • あと払い決済のため消費者のカゴ落ち防止につながる
  • 初期費用、月額使用料0円
  • 売上金100%保証

Paidyは、メールアドレスと電話番号だけであと払い決済ができるECサイト向けの決済サービスです。クレジットカードを持たない顧客層へもリーチでき、分割手数料無料で3・6・12回に分けてあと払いできるなど、ユーザーのニーズに合った決済ができるため、カゴ落ちを防ぎ売上アップが期待できます。

初期費用や月額使用料は0円で、導入にあたってかかる費用は決済手数料のみです。

売上金は100%保証されており、未払金はPaidyが負担するため、加盟店にリスクはありません。

初期費用月額料金主な機能
0円0円あと払い決済/分割手数料無料で3・6・12回分割払い/売上金100%保証
Paidyの料金・主な機能

Paidy 公式サイト

atone

atone
  • 2つの後払い方法で購入完了率を向上
  • キャンペーンやポイントサービスで新規顧客やリピーターを獲得
  • セキュリティ強化

atoneでは、会員登録をして携帯電話番号とパスワードのみで買い物ができる「翌月後払い」と、会員登録不要で携帯電話番号とメールアドレスの入力、SMS認証で後払いができる「つど後払い」の2つの方法があるため、利用者の購入完了率を高められます。

またメールマガジンやアプリの通知などでキャンペーンの告知をして新規顧客を獲得したり、ポイントサービスを利用してリピーター獲得を狙えたりします。

atoneでは3.9億件を超える取引履歴を分析し、高い精度で不正注文を検知したり、SMS認証や適切な追加認証で不正利用を抑制したりしてセキュリティを強化しています。

初期費用月額料金主な機能
要問い合わせ要問い合わせつど後払い/翌月後払い/ポイントサービス/メルマガ配信
atoneの料金・主な機能

atone 公式サイト

LINEPay

LINEPay
  • LINE公式アカウントとの連携ができる
  • カート離脱率低減に貢献する「LINE Checkout」
  • 月額制サービス向け自動決済サービス

LINE Payでは、PayPay加盟店に申し込むことでコード決済が利用できます。また、オンラインショップの支払い方法にLINE Payの決済を追加することもできます。

LINE Payの決済時にLINE公式アカウントの友だち追加を促すことができるので、ユーザーへメッセージを届けることができ、販売促進に貢献します。

また、LINE Checkoutでは、ユーザーがLINE Profile+に登録した情報を連携できます。そのため、支払いの度に情報を入力する手間を省けるのでスムーズに買い物でき、カート離脱率低減につながります。

さらに、初回の支払時にユーザーが支払い方法を登録することで次回以降ユーザーの任意のタイミングで自動的に支払いがされます。

初期費用月額料金主な機能
0円0円LINE公式アカウントとの連携/LINE Checkout/月額制サービス向け自動決済サービス
LINEPayの料金・主な機能

LINEPay 公式サイト

ポチっとチャージ

ポチっとチャージ
  • スマホ1つでチャージ・支払い
  • リアルカードも発行できる
  • 後払いのポチっとチャージ

バンドルカードは、クレジットカードのように国内外のVisaの加盟店で買い物ができるスマホアプリです。使い方も簡単でアプリをインストールし、電話番号や生年月日を入力すれば、スマホ1つでチャージ・支払いができます。ECサイトでの買い物だけでなく、タッチ決済や交通系IC、スマホ決済アプリにチャージもできます。

バーチャルカードだけでなく、リアルカードとしてVisaのプリペイドカードも発行できます。

チャージ方法は、コンビニや銀行、ポチっとチャージなどがあります。ポチっとチャージは、アプリから金額を入力すると即座にチャージされる後払いサービスです。今お金がなくても買い物ができるため、カゴ落ちを防げるでしょう。

初期費用月額料金主な機能
0円0円ポチっとチャージ/リアルカードも発行できる
ポチっとチャージの料金・主な機能

ポチっとチャージ 公式サイト

アトカラ

アトカラ
  • スマホで利用から請求までWeb完結
  • 加盟店の事務負担軽減
  • 支払い方法の選択肢が豊富

アトカラは、GMOペイメントサービスと三井住友カードが提供する後払いサービスです。クレジットカードは不要で、スマホで利用から請求までWeb完結します。

GMOペイメントサービスが回収業務を行うため、加盟店は事務負担が軽減できます。

ネットでも店舗でも使えて、翌月にまとめて支払ったり、3回〜36回までの分割払いができたり、翌月を待たずすぐ支払いができたりと、ユーザーの支払い方法の選択肢も多く、操作方法も簡単なため、決済方法での離脱を防ぎます。

初期費用月額料金主な機能
要問い合わせ要問い合わせアプリに表示されるQRコードで実店舗でも使える/アプリや専用Webサイトで月々のご利用状況が確認できる/締め払い
3〜36回の分割払い/すぐ払い
アトカラの料金・主な機能

アトカラ 公式サイト

メルペイスマート払い

メルペイスマート払い
  • 初期費用・固定費無料
  • d払いと一緒に使える
  • メルペイスマート払い

メルペイはメルカリアプリに内蔵されているスマホ決済機能です。メルカリは年間利用者数が約2,200万人にも及ぶため、メルペイを導入することでメルカリユーザーを取り込むチャンスが生まれます。

導入時の初期費用・固定費は0円です。QRコードを置くだけで簡単に導入でき、お客さんにスマホで読み込んでもらうだけで会計が完了します。QRコードはd払いと一緒に使えるのでドコモユーザーも取り込めます(2024.3月時点)。

また、メルペイスマート払いという後払い機能による利用の促進も期待できます。メルペイスマート払いは、チャージ不要で、使った分だけを翌月にまとめて支払うサービスです。利用するにはアプリで本人確認が必要ですが、設定は最短30秒で簡単にできます。

初期費用月額料金主な機能
0円0円
加盟店手数料:2.6%
メルペイスマート払い/d払いも一緒に使える
メルペイスマート払いの料金・主な機能

メルペイスマート払い 公式サイト

PayPay

PayPay
  • 圧倒的な登録ユーザー数
  • お店のニーズに合わせて選べるプラン
  • PayPayカードで後払いができる

PayPayは、登録ユーザー数6,200万人以上、QRコード決済利用シェアNO.1を誇ります。QRコード決済やクレジットカード、電子マネーなどあらゆるキャッシュレス決済に対応しており、QRコードを設置するだけで導入できます。

お店に導入する際はニーズに合わせて「マルチ決済端末タイプ」と「PayPay QRコード決済タイプ」から選べます。またPayPayマイストアライトプランに加入することでスタンプカードやクーポンを発行できるので、集客や売上アップにつなげられます。

利用客は、PayPayの後払い機能として、PayPayカードを作ることで事前にチャージすることなくクレジットが利用できます。つまり、PayPayで当月に利用した金額を翌月にまとめて支払えるのです。

初期費用月額料金主な機能
マルチ決済端末タイプ0円1,980円〜スタンプカード/クーポン発行/店舗情報を配信できる
PayPay QRコード決済タイプ0円0円同上
PayPayマイストアライトプラン0円1,980円/店舗
トライアルキャンペーン適用で、2ヵ月0円/店舗
同上
PayPayの料金・主な機能

PayPay 公式サイト

ファミペイ翌月払い

ファミペイ翌月払い
  • ファミペイアプリのバーコード決済
  • ファミペイ翌月払いで支払いの調整ができる
  • 最大5%のポイント還元

ファミペイは、株式会社ファミマデジタルワンが提供するファミマのアプリです。ファミマのレジで現金チャージできたり、クレジットカードや銀行口座、ファミペイ翌月払いでチャージできたりします。

ファミペイ翌月払いは、当月使ったファミペイの支払いを翌月にまとめて一括に支払うサービスです。口座引き落としまたはファミリーマートで支払えます。口座引き落としの場合は手数料はかかりません。

また、支払金額を毎月一定にできる「自動リボ」や支払いを全額繰延できる「スキップ払い」、支払いを回数指定で分割できる「分割払い」が利用可能で、支払いの調整ができます。

さらに、ファミペイ翌月払いで買い物すると、最大5%ファミペイボーナスで還元されます。

初期費用月額料金主な機能
要問い合わせ要問い合わせバーコード決済/ファミペイ翌月払い/ボーナス還元
ファミペイ翌月払いの料金・主な機能

ファミペイ翌月払い 公式サイト

客単価・売上アップを目指すために、BNPLに対応しよう

事業者はBNPLに対応することで、客層を広げ、客単価と売上を増やせるでしょう。BNPLは特に若い世代や購買力の低い層にとって魅力的な支払い方法です。特に受注生産や限定商品など、販売期間が決まっている商品やサービス、コンテンツに対する購買意欲を高められます。

事業者にとってBNPLに対応することは、競争力の強化やビジネスの成長に不可欠です。単に売上アップにつながるだけでなく、より多くの顧客のニーズに応えられることになり、顧客満足度も高められます。より効果的な販売戦略を展開するために、BNPLの導入を検討しましょう。

この記事にはタグがありません。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

BNPLとは?最新の後払い決済の仕組みやメリット、おすすめアプリのアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved