MEOとは|意味・SEOの違い・メリット・無料Googleマイビジネスで上位表示の集客方法

最終更新日:
2019/10/19

MEOとは

MEOとはMap Engine Optimizationの略称で、Googleマップ向けのローカル検索向け地図エンジンに最適化することを指します。具体的には「地域名+目的」で検索された時に、関連する店舗情報が表示された際に上位表示を狙います。

上位表示の獲得を支援してくれるMEO対策会社の詳細はこちら。

SEOとMEOの違い

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で、検索結果に対する最適化を行うことを指します。具体的にはサイトマップの送信やキーワードを多く使う事でGoogleクローラーの巡回を促し、検索エンジンで上位表示されるための対策をとります。

SEOの場合はHPや記事への誘導を行いますが、MEOの場合は住所や電話番号を利用した仕組みで直接電話や問い合わせといったアクションを誘発させることに期待できます。

SEOよりも上位に表示される

前述でも触れましたが、MEOの1番の特徴は「エリア×目的」といったローカル検索結果の上位表示です。

どれだけ苦労してSEO対策をしてもMEOに敵う事はなく、地域名と目的で検索するとMEOによる検索結果が上位表示されることが多くなっています。店舗を持つビジネスにとっては、何よりも心強い集客導線になるのです。

低コストで実施ができる

MEOとSEO対策での料金相場を比較する際は、業者や依頼内容によって変わるため一概にはいえませんが、上位表示までの時間は短い期間で効果がでるといわえれています。

また、MEOの第一歩としてはGoogleマイビジネスへの登録ですが、こちらは無料で行うことが可能です。

一般的にSEOでの上位表示の効果は短くても半年となりますが、MEOの倍は2〜3週間前後で結果が出ることもあります。

MEOが必要な3つの理由・メリット

地域と関連性が強い情報を優先的に表示し、ユーザー最適を行うMEO。

ここからはMEOが必要になっている背景や理由とメリットについて紹介します。

スマホ利用者の増加

総務省 – 我が国の情報通信機器の保有状況の推移(世帯)

今ではネット情報を閲覧する媒体はPCではなくスマホでの利用が一般的となり、2016年時点ではスマホ利用は70%を超えています。

スマホ利用は移動しながら外で使われることが多く、自分の位置情報と関連した情報の閲覧も少なくありません。

「道に迷った時」「出張先で最寄りの駅を検索する時」「居酒屋の場所を調べる時」など、特に社会人にとってはスマホによるMEO情報は当たり前になっています。

「スマホ=移動」と言う観点から、位置情報が含まれた情報のニーズが高まっている点もMEOを必要とされる理由の一つと言えるでしょう。

CMでも話題、検索結果よりも地図が上位に

上述のとおりGoogle検索結果の順番としては次のようになっています。

●検索結果の表示順位

  • (1)リスティング広告
  • (2)Googleマップの検索結果
  • (3)オーガニック検索結果

最近ではGoogleアプリのCMでもあるように場所の検索を重視しする傾向にあるといえます。

Google アプリ:写真でお店検索「焼肉をさがしたい」 篇

こうした検索は、Googleのヴェニスアップデートと呼ばれるアルゴリズムが元となって情報が提供されています。

ヴェニスアップデートは、検索したユーザーの位置情報を考慮して結果が表示させるため「ラーメン」と検索すれば現在位置から近いラーメン屋がMEOで表示されます。

考えてる見れば当たり前のことではありますが、食べたいものを調べる場合のほとんどは、周辺での飲食店を探していること多いものです。

MEOで「地域名×業種」の上位表示を狙える

MEOの素晴らしい点は、地域名と業種名2つの情報のみで場所までの経路と店舗の概要が即座に分かる所です。

例えば「表参道 ラーメン」で検索すれば、住所はもちろん営業時間やレビュー評価が結果の上位で確認できます。

この様な検索結果で集客効果になる事はもちろんですが、ユーザーにとっても便利で有意義な情報である事からMEOへの需要が高まっていると言えます。

また有料や無料で順位計測を行うMEO対策ツールを利用すると、口コミや順位チェック、アクション率の計測も可能です。

MEOツールの詳細はこちら。

MEO対策の方法・5つの手順とつコツ

MEO対策にはSEOとは違った観点での対策があり、それぞれ手順とコツがあります。ここではMEO対策のための手順や注意すべきポイントについて紹介します。

(1) Googleマイビジネスへ登録する

MEOは、Googleビジネスへの登録によって参加する事が可能です。

Googleビジネスは、Googleアカウントへの登録を行った上で「Googleマイビジネス」へアクセスし、必要項目を入力することで登録が完了します。

Goolgeビジネスへの登録を行う事で、Googleマップと連携した効果的なアプローチが可能です。

(2)各種店舗情報の入力

Googleビジネスへ登録したにも関わらず、トップ表示されなかったり効果がすぐに現れない場合もあります。

3位以内を狙うためには、次の項目を充実させるようにしましょう。

  • 店舗の営業時間と定休日
  • 特別営業時間
  • サービスのアイテム
  • ビジネス情報
  • 開業日
  • 写真・動画

店舗情報として重要になってくるのが、営業時間と定休日です。

飲食店の場合は特に重要になるので、営業時間と定休日を正しく入力するだけでも効果が違います。

営業時間には、もう一つ別の特別営業時間が設けられていて平日と日祝日で営業時間が違う場合などに使う事が可能です。これらの情報が入力できたら、次に充実させておきたいのがサービスに関する情報です。

飲食店であればサービスメニューとして、おすすめメニューや金額を表示されることが可能で、商品ごとに紹介文を記載できます。

その他にもビジネス情報や開業日、写真・動画と言ったコンテを充実させる点も大切なポイントです。

これらの情報は基本的な事業内容やコンセプトなどを記載する場所なので、直接的な宣伝効果はないもののMEO対策における内部的な効果に関わってきます。

(3)MEO対策として「地域名×店舗」のキーワード入力

地域名と店舗情報だけでMEO上位表示を狙うためには、登録時にいくつかのポイントがあります。

Googleマイビジネスに登録を行う際に、店舗名やサービス名を記入する欄があります。

解説してきたようにMEOはGoogleマップで検索したときに、エリアと目的を最適化しユーザーニーズをみたすため、「地域名」と「サービス・目的」を入れるようにしましょう。

また、説明文の記載も上記の地域名・目的を意識しながらキーワードを散りばめながら記載を行っていくこともポイントです。

(4)口コミ・レビューを集める

MEO対策として視認性の面でも効果的なのが、口コミやレビューです。こちらは必ずしもということではありませんが、口コミ情報は有利に働きます。

ユーザー心理にたてば、選定する際に口コミ情報がある店舗とない店舗でどちらを優先するかといえば前者となります。口コミ情報が豊富であれば、それだけ信頼があるという1つのバロメーターにもつながります。

(5)FacebookやTwitterなどSNSから誘導する

口コミやレビューを増やすためには、FacebookやTwitterなどのSNS上での宣伝も効果的です。

特にFacebook では、友達同士の繋がりから口コミを広げやすいためWebやSNSを活用して店舗のGoogleマイビジネスページへ誘導を実践しましょう。

無料施策で店舗集客を増加させよう

Googleマイビジネスを活用した検索結果の最適化は、紹介してきたように基本的には無料で実施することが可能です。

店舗の近隣エリアでの具体的な検索ニーズを広い、顕在化している顧客を獲得することが期待でるため、ぜひ集客施策として実践してみましょう。

この記事にはタグがありません。