店舗アプリ・無料集客&販促アプリ比較15選|メリット・効果・料金・事例・売れるお店の集客サービス

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2019/12/22

店舗アプリとは

店舗アプリとは飲食店などの店舗が集客を行うためにスマートフォンのアプリを用いた販促ツールです。

スマートフォンの普及が進んだ現代では効果的な手法であり、店舗サイトなどよりも集客が望めることから、多くの店舗で導入されています。

店舗アプリの主な機能

店舗アプリではどのような機能があるのでしょうか。

  • クーポン、来店に応じてスタンプなどの発行
  • お得な情報のプッシュ通知
  • 会員証の登録

店舗アプリにはアプリ登録ユーザーに対して、プッシュ通知機能がありクーポンやキャンペーン案内を送付が可能です。

また他にもSNSとの連携などの機能がある場合もありますのでリピーターの獲得を効率的にできるようになっています。

店舗アプリが注目される理由・背景

一体なぜ店舗アプリが注目されているのでしょうか。考えられる理由が2つありますので確認していきましょう。

(1)スマホ普及によるアプリ利用の増加

まずはスマホがかなり普及したという理由があげられます。

今やスマホの普及率は80%を超えており幅広い年齢層で利用されるようになってきています。そうなると同時にアプリの需要も高まっていくため、インストールする人は増えていきます。

また、これからも普及率は伸びていくと考えられるため店舗アプリの需要は伸び続けいくと思われます。

(2)多様化する集客手法

ひと昔前と違い集客手法が多様化しているのも理由としてあげられます。

以前はwebサイトから店舗の情報を得るという方法が主なものでしたが、現在は手元に情報を所有し、すぐに閲覧ができるアプリがないか調べる人が増えていることでしょう。

そうなると店舗側もアプリを出せば集客につながることは容易に想像がつき、さまざまな顧客に効果的にアプローチをすることができます。

店舗アプリの3つのメリット

店舗アプリの具体的なメリットを3つ紹介していきます。

(1)様々な集客手法を一元管理できる

店舗アプリを活用することによりクーポンの発行、お得情報の通知、新メニューの追加などの情報を一元管理できるようになります。

1つのアプリで様々な集客手法を実施することができるのは、管理などの点で便利です。

(2)リピーター獲得で効果的に売上アップ

アプリをインストールしてもらうことにより、普段は気づかないような情報でも通知することができるため集客がしやすくなります。

また普段は気づかないような情報を効率的に通知できるということは、必然的にリピーターの獲得にもつながっていきますので売上アップが期待できます。

リピーター獲得のためには普通は様々な手法を用いらなければいけませんが、店舗アプリの活用でそうした負担も軽減することができるでしょう。

(3)開封率4倍!メルマガより優れたアプリ・Webプッシュ

一番のメリットはメルマガなどと違い通知の開封が圧倒的に高いことです。

メルマガの場合は開封率は、HTMLメールが弾かれるなど、読まれずにそのままゴミ箱いきということもあります。アプリ通知ではなんと開封率は4倍をという情報もあり、普段は読まれないような情報も届きやすくなります。

無料店舗アプリツール3選

普通店舗アプリは利用する際にある程度の金額がかかってしまいますが、ここでは無料で使える店舗アプリツール3選を紹介します。

みせめぐ

●特徴

  • GPS機能装備
  • POSシステム連動
  • 会員証機能

みせめぐはPOSシステムを扱っているビジコム社が提供している店舗アプリ開発ツールです。

無料でありながらPOSシステム連動という魅力的な機能をもっており、集客もそうですが売り上げの確認なども行うことができます。

また電子レシートの発行、スマホ自体が会員証になるなどの機能もありますので本当に無料でいいのか?と思えるサービスとなっています。

詳細はこちら:https://www.busicom.co.jp/misemeg/

P+KACHIFREE

●特徴

  • クーポン発行
  • ポイントカード
  • アンケート

次はP+KACHIFREE(ピーカチフリー)となりますが、こちらは無料以外に有料のプランもあります。

P+KACHIFREEはポイントサービスを手軽に始めてみたいという店舗に最適な店舗アプリ開発ツールであり、お試しでやってみることができます。

無料で使える機能は制限があるため、活用できそうであれば有料プラン移行の検討がおすすめです。

詳細はこちら:https://p-kachifree.jp

sunny good shops

●特徴

  • クーポン発行
  • スタンプカード
  • GPS機能

sunny good shopsは飲食店、広告店を長年経験してきた社長が考案した店舗アプリ開発ツールとなり実践的なものとなります。

業界の知見者が開発しているため、どのようなサービスを提供すれば新規の顧客、リピーターの獲得につながるかというのがわかっています。

詳細はこちら:https://sunny-good-shops.com

おすすめの店舗アプリツール10選

続いて有料の店舗アプリツール10選を紹介します。

GMOおみせアプリ

●特徴

  • 2000弱の実績
  • 顧客独自に育てることができる
  • モバイル会員証

●初期費用0円、月額12500円~37600円、サーバー費用2500円

GMOお店アプリはGMOデジタルラボ社が提供する店舗アプリ開発ツールです。

多くの実績をほこっている店舗アプリでありクーポン、スタンプカードはもちろん来店に応じてのランクアップなども行うことができます。

また美容、サロン系の女性向けのアプリによく活用されています。

詳細はこちらhttps://gmo-app.jp

アプスタ

●特徴

  • フォトギャラリー
  • ダイレクトトーク
  • 商品販売

●初期費用100000円、月額29000円~50000円

アプスタは株式会社ドリームネッツが提供している店舗アプリ開発ツールです。800以上の実績をほこっており様々なサービスを提供することができます。

またオリジナルデザインがありますので独自のアプリを制作可能です。

詳細はこちら:https://www.appsta.jp

みせぷり

●特徴

  • 豊富なプラン
  • 簡単スタンプ
  • 多言語対応

●初期費用30000円~200000円、月額4980円~50000円

みせぷりは株式会社フォルクスウェアが運用する店舗アプリです。

4つの豊富なプランを用意しており店舗に合わせてプランを選ぶことができます。

ただしダウンロード制限が100件までなどのプランがあるため、大々的にアプリを活用していきたいという場合は高めのプランが必要となります。。

詳細はこちら:http://misepuri.com/index.html

店舗アプリ

●特徴

  • 圧倒的な実績
  • 簡単に作成
  • オリジナルデザイン

●月額6000円~15000円

店舗アプリはトランスメディアGP社が提供している店舗アプリ開発ツールです。

圧倒的なシェアをほこっているものであり、店舗アプリと検索すると公式サイトが上位に出てくるほど人気のツールとなっています。

オリジナルデザインができたり手厚いサポートがついていますので、迷ったらここをオススメするほどのクオリティです。

詳細はこちら:http://tenpoapp.com

UPLink

●特徴

  • 広告業界での経営経験
  • 大学などでも導入
  • 予約機能

●初期費用100000円、月額19800円

UPLinkはUSENが提供している店舗アプリ開発ツールです。

広告業界での経験が15年ありどのようなアプローチが効果的なのかを理解しているツールとなり、わからない点もしっかりとサポートしてくれます。

また飲食店以外にも17種という多くの業種を扱っていますので意外な店舗でも活用することができます。

詳細はこちら:http://www.uplink-app.com

アプリメンバーズ

●特徴

  • オリジナルアプリアイコン
  • I-Beacon機能
  • 運用サポート

●初期費用30000円、月額19800円(ダウンロード数10000件毎に5000円追加)

アプリメンバーズはアイユー社が提供する店舗アプリ開発ツールです。

オリジナルアイコンなどを作成できますのでこだわったアイコンにして、トレードマークのように扱うことが可能です。

またビーコン機能がありますので店舗の近くを通った際に効率よく通知を送ることができます。

詳細はこちら:http://www.mmbs.jp/lp_app/

アプリーチ

●特徴

  • 低コスト
  • 提供までのスピードが速い
  • 無料キャンペーン

●初期費用100000円、月額2980円~59800円

アプリーチはAGクルー社が提供する店舗アプリ開発ツールです。

業界の中でもかなり安価で利用できる開発ツールであり最安値だと月額2980円から契約することができます。

また初期費用の無料キャンペーンなども行っており、アプリは導入したいけどお金もあまりかけたくないという場合にオススメです

詳細はこちら:https://appreach.net

オニオンアプリ2.0

●特徴

  • フリーエリアモジュール
  • セグメントプッシュ通知
  • カタログモジュール

●初期費用15000円~40000円、月額10000円~25000円

オニオンアプリ2.0はオニオン新聞社が提供する店舗アプリ開発ツールです。

豊富なプランを用意しておりユーザーも無制限でダウンロード可能という嬉しい機能をたくさんもった開発ツールとなります。

また他に何でも紹介できるフリーのエリアも提供しています。

詳細はこちら:http://apps.onionnews.co.jp

常連さん

●特徴

  • シンプル機能
  • 簡単操作
  • 集客の自動化

●初期費用30000円、月額3000円

常連さんは株式会社イー・ビジョンが提供する店舗アプリツールです。

シンプルな機能と簡単操作が特徴となっており、うまく活用できるか不安だという方でも問題なく利用できると思います。

また配信の設定なども簡単ですので困ることが少ないでしょう。

詳細はこちら:https://jorensan.com

Piece

●特徴

  • 必要な機能だけ選べる
  • 独自機能に強い
  • チャットボット機能

●初期費用40000円、月額10000円

Pieceはジョーカーピース社が提供する店舗アプリ開発ツールです。

豊富な機能があるうえに高いカスタマイズ性をもっており、他のアプリとは違い独自性の高いアプリを作成することが可能です。

またチャットボットなどの他では見ないような機能もあります。

詳細はこちら:https://jokapi.jp

店舗アプリの導入・活用事例

実際に店舗アプリの導入をしている店舗はどのように運営をしているのかを紹介します。

事例1:mon Lapin(モンラパン)

mon Lapin(モンラパン)は北海道にあるうさぎ専門店です。

うさぎ専門のペットショップ、カフェ、ホテルという複数の事業を組み合わせた店舗となります。

この店舗は運用開始から半年でインストール数が3000件弱という実績を残しており効率良くリピーターの獲得をしています。

スタンプカードなどは紙で持ち歩くよりも圧倒的にスマホの方が便利であり、メルマガなどよりもアプリの方がやはり開封率が高いと語っています。

事例2:油そば一二三

油そば一二三は油そば専門店の店舗で仙台と山形で展開をしています。

来店に応じてランクが決まっていく制度を導入しておりまた定期的なクーポン発行によりリピーターの獲得に成功しています。

利用者も来店客の6~7割となっておりSNSなどともうまく組み合わせて使っていくのが理想と語っています。

事例3:株式会社のぼる場

株式会社のぼる場は神奈川県茅ケ崎市にあるボルダリングジムを運営している会社となります。

イベントを定期的に開催しているジムなのでその旨をプッシュ通知することによりリピーターの獲得につなげています。

減殺は1600弱の人にインストールをされています。

店舗ビジネスの集客を効率化する店舗アプリ

店舗アプリは集客を効率化する1つの販促ツールであり、うまく活用することができると大きく売上アップをできるかもしれません。

また単体で使うのではなくwebサイトやSNSなどと連動させていくとさらに効率的に集客できるので導入したあとも改善の余地はたくさんあります。

これからもスマホの普及率は伸びていき同じくアプリの需要も増えていくと考えるられるため、実際に利用してみてはいかがでしょうか。

この記事にはタグがありません。