※この記事には一部PRが含まれます。

飲食店に強いコンサルティング会社10選!業務内容や必要性、費用相場

更新日:
飲食店に強いコンサルティング会社10選!業務内容や必要性、費用相場のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする
飲食店コンサルタントとは
飲食店コンサルタントの主な業務
ビジネスモデルの立案
出店計画の立案
内外装の提案
店舗・経営の分析
仕入れ先の仲介
メニュー開発
POP・集客の企画
従業員の教育
業務効率化の提案
飲食店コンサルタントが必要なケース
売上が低迷している
新規開店を検討している
顧客満足度が低い
人手不足に悩んでいる
効率的な経営を実現したい
飲食店コンサルタントの選び方
サポート内容
提案力
コスト
実績
飲食店コンサルタントの費用相場
飲食店コンサルタント10選
株式会社八芳園ヒューマンリソースマネジメント
ActsDesignHaus株式会社
株式会社スーパーソニック
株式会社レストランドクターJ
株式会社オペレーションファクトリー
CSコンサルティング株式会社
飲食店健全化経営コンサルティング
株式会社 ジャックとまめの木
株式会社エスト.フードコンサルティング
株式会社デリシャスノーツ
飲食店コンサルタントを利用するメリット
客観的な視点を得られる
不足しているノウハウや人材を補える
ノウハウを効率よく蓄積できる
飲食店コンサルタントを利用するデメリット
継続的にコストがかかる
費用対効果を可視化しづらい
相性が悪いと効果が出づらい
飲食店コンサルタントを活用し、効率よく店舗改善を進めよう

飲食店コンサルタントは、売上向上や顧客満足度向上に役立つ存在ですが、費用や相性などデメリットも理解しておく必要があります。本記事では、コンサルタントのメリット・デメリット、選び方、成功の秘訣などを詳しく解説します。

飲食店コンサルタントとは

飲食店コンサルタントは、飲食店経営に関する専門知識と経験を持つ専門家です。店舗運営、メニュー開発、マーケティング、人事労務、財務など、幅広い分野でコンサルティングを提供し、飲食店経営者に対してさまざまな課題解決をサポートします。

近年、飲食業界は競争が激化しており、多くの経営者が売上低迷や顧客離れなどの課題に直面しています。飲食店コンサルタントは、客観的な視点から課題を分析し、具体的な解決策を提案することで、経営者の悩みを解決に導きます。

また、最新の経営ノウハウやトレンドなどの情報も提供するため、経営者にとっては心強い存在です。

飲食店コンサルタントの利用は、経営の改善や成功への近道となるでしょう。

飲食店コンサルタントの主な業務

飲食店業界は競争が激しく、解決しなければならない課題も多いです。売上低迷、顧客離れ、人材不足など、一人で解決するのは困難な問題も少なくありません。

そんなとき、心強いのが飲食店コンサルタントです。彼らは専門知識と経験に基づき、多岐にわたる業務で課題解決をサポートし、繁盛店への道を示してくれます。

ここでは、飲食店コンサルタントの主な業務を詳しく紹介します。

ビジネスモデルの立案

ビジネスモデルの立案は、飲食店経営の基盤となる戦略を構築する重要な業務です。コンサルタントは市場調査や競合店分析、ターゲット顧客分析などを行い、クライアントの店舗に最適なビジネスモデルを提案します。

たとえばどのような顧客層をターゲットにするのか、彼らにはどんな商品やサービスがウケるのか。集客しやすさと利益率のバランスの取れた価格設定、お店のコンセプトや強みにあった販促活動など、さまざまな要素を明確にすることで、クライアントの店舗を差別化し、成功を収めるための土台を築きます。

特に、新規開店や業態転換を検討している飲食店にとって、緻密なビジネスモデルの構築は不可欠です。

出店計画の立案

出店計画の立案は、新規出店や移転を成功させるために欠かせない業務です。コンサルタントは立地選定や店舗設計、資金調達、開店準備など、出店に関する幅広い作業と手続きをサポートします。

たとえば立地選定では、先述の「ビジネスモデルの立案」で決めたコンセプトやターゲット層を踏まえ、顧客や競合店を考慮した最適な場所を選びます。そのうえで、クライアントのコンセプトに合った店舗デザインやレイアウトを提案。必要に応じて資金調達の計画を立てたり、開店時に必要な許可申請やスタッフの採用なども行います。

特に、初めて飲食店を開業する人や立地選びに迷っている人にとって、出店計画の立案は非常に役立ちます。

内外装の提案

内外装の提案は、クライアントの店舗コンセプトを形にする重要な業務です。コンサルタントは、店舗の雰囲気やターゲット層を踏まえ、魅力的な内外装デザインを提案します。

居心地の良い空間づくりや動線設計、雰囲気や商品の見え方を考えた照明計画など、プロならではのお店づくりが可能です。店舗コンセプトに合った家具や什器を選んでもらえるのもうれしいです。

これらの要素を踏まえて丁寧に設計することで、飲食店は顧客にとって魅力的な空間となり、売上や顧客満足度、来店率などの向上につながります。

店舗・経営の分析

店舗・経営の分析ではビジネスの現状を把握し、課題を特定することで、経営改善を目指します。コンサルタントは客単価や客数、顧客属性などの売上データ、スタッフの勤務状況など、さまざまなデータを分析して課題を可視化します。

売上分析では売上の推移や客単価、利益率などを分析し、課題を特定。顧客の属性や来店頻度、購買単価などを分析する顧客分析と合わせ、課題をより明確にします。スタッフや競合店の分析も欠かせません。

これらの分析結果に基づき、コンサルタントは具体的な改善策を提案します。

仕入れ先の仲介

仕入れ先の仲介は、高品質な食材を安定的に調達するための業務です。コンサルタントは豊富な経験と人脈を活用し、クライアントのニーズに合った最適な仕入れ先を紹介・仲介します。

品質、価格、納品までのスピードなどを考慮して仕入れ先を紹介し、クライアントにとって有利な価格で仕入れられるよう交渉してくれることもあります。これらのサポートにより、高品質な食材を安定的に調達できるようになり、食材ロスやコスト削減にもつながります。

特に、食材にこだわりたい飲食店や、安定した食材調達に課題を感じている飲食店にとって、仕入れ先の仲介は重要なサポートです。

メニュー開発

メニュー開発はお店のコンセプトやビジネスモデルを形にし、顧客満足度や売上を高めるための重要な業務です。コンサルタントは、クライアントのコンセプトやターゲット層、競合店分析などを基に、魅力的なメニューを提案します。

具体的にはコンセプトに合致したメニュー構成、ターゲットのニーズに合わせた商品開発、季節感を取り入れた限定メニューの提案などです。原価率と利益率のバランス、競合店との差別化なども踏まえ、店舗に最適なメニューを提案します。

POP・集客の企画

POP・集客の企画は、顧客の購買意欲を高め、来店を促すための重要な業務です。コンサルタントは、クライアントのコンセプトやターゲット層、店舗の雰囲気などを踏まえ、魅力的なPOPや集客企画を提案します。

たとえば購買意欲を高めるキャッチコピーを考えたり、季節感を取り入れたPOPをデザインしたり、SNSを活用した集客を提案したりです。認知・集客層の拡大のためのイベントを企画をしてくれるコンサルタントもあります。

従業員の教育

従業員の教育は、質の高いサービスを提供し、顧客満足度と再来店率を高めるための重要な業務です。コンサルタントは接客マナーや商品知識、衛生管理など、業務に必要な知識やスキルを従業員に教育します。

利用客に気持ち良い接客を提供したり、メニューや食材に関する知識を習得したりするための研修はもちろん、衛生管理研修や業務スキル研修など、トラブルを未然に防ぐための研修・マニュアル提供も行われます。

業務効率化の提案

業務効率化の提案は、ムダをなくし、生産性を向上させるための業務です。コンサルタントは店舗の業務内容を分析し、ムダな作業や非効率な点を洗い出し、改善策を提案します。

まずは業務フローを分析してムダな作業や非効率な点を洗い出し、作業手順を見直し、効率化を図ります。業務を自動化できるITツールの導入、スタッフ教育の効率化や業務品質の標準化に役立つマニュアルの作成なども提案してくれるでしょう。

これらのサポートにより、従業員の負担軽減、作業時間の短縮、コスト削減などが実現できます。

飲食店コンサルタントが必要なケース

コンサルタントは豊富な経験と専門知識に基づき、客観的な視点から課題を分析し、解決策を提案します。また、最新のトレンドやノウハウを取り入れることで、競争力強化にも貢献できます。

コンサルタントの利用には費用がかかりますが、売上向上やコスト削減など、さまざまなメリットが期待できます。具体的には次のようなケースで、コンサルタントの利用がおすすめです。

売上が低迷している

客単価が低い、顧客単価が下がっている、原価率が高すぎるなど、売上や利益が低迷している店舗にはコンサルタントによる分析が効果的です。特に、十分な集客ができているのに売上が上がらないようなケースでは、プロによる客観的な分析が必要といえます。

新規開店を検討している

立地選びに迷っている、店舗ごとのメニュー開発に困っているなどのケースでは、コンサルタントによる市場調査や競合分析が役立つでしょう。

顧客満足度が低い

クレームが多い、リピーターが少ない、客席が空いていることが多いなどの課題を抱えている飲食店は、一度コンサルタントに相談してみるといいでしょう。最近はSNSや口コミサイトでの評価が集客に直結するようになり、顧客満足度の重要性が高まり続けています。

人手不足に悩んでいる

採用がうまくいかない、従業員の離職率が高いなど、飲食業界は慢性的な人手不足を抱えています。従業員のモチベーションが低い、人材育成に時間をかけられていないなどの課題を抱えている店舗もあるでしょう。これらの課題は顧客満足度にも直結するため、なるべく早めに解決したいです。

効率的な経営を実現したい

業務フローにムダが多い、経費がかかりすぎている、時間管理がうまくいかないなど、リソース不足を感じている飲食店は少なくありません。コンサルタントに相談することで最新の経営ノウハウを取り入れたり、効率化に役立つツールを導入したり、経営改善につながる具体的なアドバイスを得られます。

飲食店コンサルタントの選び方

飲食店コンサルタントは売上向上や顧客満足度向上など、さまざまな課題解決をサポートしてくれる頼もしい存在です。しかし、コンサルティング会社は玉石混交で、自社に合うコンサルタントを選ぶのは容易ではありません。

ここでは、後悔しない飲食店コンサルタント選びのポイントを5つ紹介します。

サポート内容

まずは各コンサルティング会社が提供するサポート内容を確認し、お店の課題を本当に解決できるのか考えてみましょう。公式HPや資料をチェックするだけでなく、問い合わせをしてみることも大切です。具体的な課題を明確に伝え、解決できるかどうかを丁寧に確認しましょう。

売上向上、顧客満足度向上、人材育成など、必要なサポート内容をすべて網羅しているかどうか。専門分野や得意分野について詳しく確認し、お店の課題にマッチしているかどうかを判断しましょう。店舗の課題やコンセプト、ビジネスモデルに合う提案をしてくれるかも重要です。

これらの要素を意識し、複数のコンサルタントと比較検討しながら、自社に合うパートナーを見極めるのです。

提案力

飲食店コンサルタントを選ぶうえで、提案力は非常に重要な要素です。単に課題を指摘するだけでなく、具体的な解決策を提案し、実行できるプランを提示してくれるコンサルタントこそが、飲食店を成功に導いてくれる存在といえます。

提案された解決策が、なぜその課題を解決できるのか、明確なロジックに基づいていることを確認しましょう。表面的な提案ではなく、深い洞察に基づいた論理的な提案であることが重要です。店舗の個性や強みを活かした、斬新なアイデアを出せるかどうかも確認したいです。

提案された解決策が、実際に実行可能かどうかを評価することも忘れてはいけません。時間、コスト、人員などの制約を考慮した、現実的なプランであることが重要です。

提案力を確認するためには過去の成功事例を聞いてみたり、複数のコンサルタントに相談し、提案内容を比較検討するといいでしょう。実際にコンサルタントに相談し、課題解決に対する提案を受けてみるのもおすすめです。

コスト

飲食店コンサルタントの費用は選ぶ業者や依頼内容により変わってきます。費用に見合うだけの価値のあるコンサルタントを選ぶことが重要です。

まずは複数のコンサルタントから見積もりを取り、費用の額や内訳を比較しましょう。見積もりには、コンサルティング内容、期間、費用などが明記されていることを確認します。

金額ではなく、費用対効果を意識することも大切です。コンサルティングによって得られる成果を考え、費用対効果の高いコンサルタントを選びましょう。具体的な目標を設定し、その目標達成に対してどの程度の費用がかかるのかを考えたいです。

一時的な費用や成果だけでなく、長期的な視点で考えることも重要です。コンサルティングによって得られる成果が、将来の売上向上やコスト削減につながるかどうかを評価しましょう。

賢くコストを節約することで、費用に見合うだけの価値のあるコンサルタントを見つけ、投資した費用以上の成果を得られます。

実績

飲食店コンサルタントを選ぶうえで、実績は重要な判断材料のひとつです。過去の成功事例から、コンサルタントの能力や経験、得意・不得意を推測できます。

まずは検討しているコンサルタントが、自社の店舗と同じ業種・業態の支援経験があるかどうかを確認しましょう。業種・業態によって課題や解決策は異なるため、専門知識を持つコンサルタントを選ぶことが重要です。

単に成功事例が多いだけでなく、具体的な成果が示されていることも確認しましょう。売上向上、顧客満足度向上、コスト削減など、定量的な指標で成果が示されていることが望ましいです。

成功事例が事実であることを証明する客観的な証拠があるかどうかを確認しましょう。顧客の声、記事、メディア掲載など、さまざまな証拠を提示してくれるコンサルタントが信頼できます。過去のクライアントからの評価を確認したり、SNSや口コミサイトで評判を調べたりできるとなお良いでしょう。

飲食店コンサルタントの費用相場

飲食店コンサルタントの費用形態は、大きく4つに分類されます。それぞれの特徴と費用相場は以下の通りです。

費用形態仕組み費用相場メリットデメリット適しているケース
月額制(固定型)毎月一定額の料金を支払う10万円〜30万円予算管理がしやすい、定期的なサポートを受けられる成果が出るまで時間がかかる場合がある売上アップや顧客満足度向上など、長期的な課題解決を目指す場合
月額制(成果報酬型)成果に応じて料金を支払う成功報酬: 売上の数%〜成果が出れば費用を抑えられる成果が出ない場合は費用がかからない短期的な課題解決を目指す場合、成果に自信がある場合
プロジェクト制特定のプロジェクトに対して料金を支払う30万円〜100万円明確な目標に対して集中的なサポートを受けられる費用が高額になる場合がある新規開店、改装、メニュー開発など、具体的な目標がある場合
時間制コンサルタントの作業時間に応じて料金を支払う5,000円〜1万円/時間必要な時に必要なだけサポートを受けられる費用がかかりやすい具体的な課題があるが、予算を抑えたい場合
飲食店コンサルタントの費用形態と金額目安

自社に合う費用形態とコンサルタントを選ぶことで、費用対効果の高いコンサルティングを受けられます。

月額制は売上アップ、顧客満足度向上、従業員教育など、長期的な課題解決を目指す場合に適しています。特に成果報酬型は、成果が小さければコストも低いためリスクヘッジになるでしょう。

プロジェクト制は新規開店、改装、メニュー開発など、具体的な目標がある場合におすすめです。時間制は経営に関する個別相談、書類作成代行など、必要な時に必要なだけサポートを受けたい場合に利用できます。

自社に合うコンサルタントを見つけるために、複数のコンサルタントに相談することをおすすめします。

飲食店コンサルタント10選

株式会社八芳園ヒューマンリソースマネジメント

株式会社八芳園
  • 80年のノウハウを活かし飲食店のさまざまな問題を解決
  • 特化型コンサルティングと総合型コンサルティング
  • 調理スタッフを派遣

八芳園では長年の経営ノウハウや実績を活かして飲食業に特化したコンサルティングを行います。既存店はもちろん新規出店や商品開発、Web/SNS事業、空間デザインなど多角的にサポートします。

各事業で経験豊富なスタッフが揃っているため、地方創生や地域活性化など総合的なサポートも可能です。

飲食業界に特化した人材派遣を行っており、基本の調理スキルの研修を受けたスタッフをアサインできます。

株式会社八芳園公式サイト

ActsDesignHaus株式会社

ActsDesignHaus株式会社
  • 店舗サポート、Webサポート、デザインサポートなど多岐にわたりサポート
  • さまざまな分野から集客やお店の評判に対する悩みや不安を解決
  • 飲食店のトータルプロデュース

ActsDesignHausは飲食店を対象にWebサポート業務をはじめ、店舗サポート、デザインサポートなど多岐にわたるサポートを行っています。

大手飲料メーカーやコーヒーチェーン店などをクライアントに持ち、SNS運用をメインにお店の魅力をお客様に的確に伝えます。

ITやアート、デザインや文章などを駆使し、飲食店のトータルプロデュースなどを手掛けています。

ActsDesignHaus公式サイト

株式会社スーパーソニック

株式会社スーパーソニック
  • 「地域創生・地域活性化」と「外食産業・飲食店経営」の2つの分野に精通
  • 新たな飲食マーケティング戦略を提案
  • M&Aや店舗売却などにおいて全国で対応

株式会社スーパーソニックは、「地域創生・地域活性化」と「外食産業・飲食店経営」の2つの分野の知識・経験を活かして、総合的かつ実践的なプロデュースを行います。

新たなマーケティングとブランディング手法を取り入れて、独自の経営分析メソッドで強い飲食店経営につながる提案をします。

全国各地の売り手・買い手情報から、M&Aや事業事業売却、店舗売却、造作譲渡に対応します。

株式会社スーパーソニック公式サイト

株式会社レストランドクターJ

株式会社レストランドクターJ
  • 創業27年、1,000社以上の飲食店支援実績
  • 数字データをベースにスピード感をもって改革的にサポート
  • 時代に合わせたオンリーワンのコンセプトで店舗をプロデュース

レストランドクターJでは、創業27年のノウハウを駆使して、新規店舗オープンの支援だけでなく、飲食店再生・活性化、店舗プロデュースなどを行います。

数字データをベースに革新的なスピードと低投資のプロジェクトを提案することで、繁盛する店作りをサポートします。

「アンチエイジング・女性集客」など時代に合ったキーワードから、オンリーワンのコンセプトでマスコミにも取り上げられる店舗をプロデュースしています。

株式会社レストランドクターJ公式サイト

株式会社オペレーションファクトリー

株式会社オペレーションファクトリー
  • オーダーメイドスタイルで総合的にサポート
  • さまざまな企業とコラボレーションやプロモーション企画を実施
  • クリエイティブチームによるデザイン事業

オペレーションファクトリーでは、多様な直営店の経験実績とノウハウをもとに、新規参入や今までと違うアプローチ手法を求める飲食店に対して、顧客の要望に沿ったオーダーメイドスタイルでコンサルティングしていきます。

自社ブランドとさまざまな企業とのコラボレーションやプロモーションをしたり、東京・大阪に拠点を構えるクリエイティブチームが飲食に関わるCI・VI制作などクリエイティブに関わる業務を受け持ったりします。

株式会社オペレーションファクトリー公式サイト

CSコンサルティング株式会社

CSコンサルティング株式会社
  • ラーメン屋FC本部の運営
  • コストパフォーマンスの高い開業支援を提案
  • 飲食特化型コンサルティング会社

CSコンサルティングは、「希望軒」「みそ吟」のラーメン屋フランチャイズ本部の運営経験をもとに、飲食店開業支援・経営支援を行っています。

飲食店オーナー側の立場に立って、ビジネスモデルの構築から事業計画・運営計画の立案やメニュー・レイアウトの提案をします。

また、販促計画の立案をしたり、備品・食材・内装業者の紹介・選定をしたりして、事業が成功するようコンサルティングしていきます。

CSコンサルティング株式会社公式サイト

飲食店健全化経営コンサルティング

飲食店健全化経営コンサルティング
  • 月商50万〜200万円の売上アップを実現
  • 飲食店のコンセプトや立地に関係なく売上アップを実現
  • 自立支援型のサービス

飲食店健全化経営コンサルティングでは、質の高いサポートの提供のため年間20件を上限に売上アップや新規開業の支援を行い、98.1%のクライアントから満足の声をもらっています。

独自の分析手法を用いて、飲食店のコンセプトや立地に関係なく、最低限のコストで月商50万〜200万円の売上アップを実現します。

多店舗展開を考えるオーナーには組織を仕組み化することで、次の出店をスムーズにするサポートをします。

飲食店健全化経営コンサルティング公式サイト

株式会社 ジャックとまめの木

株式会社 ジャックとまめの木
  • 飲食・小売業に特化した広島市の会計デザイン会社
  • 税理士とデザインプランナーによるワントップサービスで店舗経営・広告販促をトータルサポート
  • 安心のアフターフォロー体制

株式会社ジャックと豆の木は、飲食・小売業に特化した広島市の会計デザイン会社です。税理士とデザインプランナーによるワントップサービスで、開業・経営改善、会計業務から広告制作・業者紹介までトータルでサポートします。

「感動を創造すること」をポリシーに、顧客の「できない」「わからない」をロジカルに、クリエイティブに解決します。

豊富なコンサルティング・デザイン・補助金サポート実績をもとに「お店のおけいこ」や「お店の勉強会」を開催し、飲食小売店経営のノウハウを提供しています。

株式会社 ジャックとまめの木公式サイト

株式会社エスト.フードコンサルティング

株式会社エスト.フードコンサルティング
  • 「1商圏に同業種1企業」の支援契約
  • 1企業1担当制
  • 手厚い支援体制

エスト.フードコンサルティングは、「おいしさ感」と「期待値の法則」を2大柱とし、売上利益を上げることを最大の目的とした飲食専門のコンサルティング会社です。

契約先企業を守るため「1商圏内に同業種のコンサルティング契約は1企業」の規定を設けています。また、「1企業1担当制」で担当者が変わることなくサポートします。

毎月一度の訪問打ち合わせの他に、突然のトラブルにもその日のうちに対応できる体制をとっています。

株式会社エスト.フードコンサルティング公式サイト

株式会社デリシャスノーツ

株式会社デリシャスノーツ
  • 集客DXを提案
  • 飲食店経営・店舗経営に必要なDX化をサポート
  • ロボット・厨房機器の提案

デリシャスノーツは、IT・loT・AIを駆使して飲食店の効率化を追求し、さまざまな問題を解決します。

30以上の媒体を一括管理する「Uberall」、飲食店の情報を集めたWebサイト「ぐるなび」など集客に欠かせないDXを提案します。また、飲食店に必要なホームページの作成・運用や「ぐるなび」などのグルメサイトの提案、求人運用まで、飲食店経営・店舗運営に必要なDX化をサポートします。

他業種に比べ長時間労働になりやすい飲食業界の生産性向上や働き方改革のため、ロボット・厨房機器の提案をします。

株式会社デリシャスノーツ公式サイト

飲食店コンサルタントを利用するメリット

飲食店経営は、努力だけでは解決できない課題に直面することも少なくありません。コンサルタントを依頼することで、客観的な視点と豊富な経験に基づいた的確なアドバイスとサポートを受け、課題を解決できるでしょう。

ここでは、飲食店コンサルタントを利用する3つのメリットを紹介します。

客観的な視点を得られる

日々忙しく業務に取り組む経営者やスタッフにとって、自店の課題を冷静に分析することは難しいものです。そこで、飲食店コンサルタントの力が必要となります。コンサルタントは、豊富な経験と専門知識に基づき、客観的な視点から課題を分析し、解決策を導き出せます。

彼らは思い込みや固定観念にとらわれず、新たな視点で課題を発見します。データに基づいた論理的な解決策の提案、業界全体の動向や競合店の状況を踏まえた戦略的なアドバイスが可能です。

開店当初や新規事業立ち上げなど経営経験が少ない場合、業績が低迷している、顧客満足度が低いなどの課題を抱えている場合は特に有効でしょう。

不足しているノウハウや人材を補える

飲食店経営では、接客、調理、マーケティング、経理など、さまざまな専門知識や経験が必要となります。しかし、すべての分野を完璧にこなせる人材を揃えることは現実的に難しいものです。そこで、飲食店コンサルタントの力を借りることで、不足しているノウハウや人材を補い、経営の戦力を強化できます。

外部の人材を雇用するよりも、低コストで必要なスキルを補えるでしょう。人材不足による業務負担の軽減にもつながり、離職率の低下やモチベーションアップも期待できます。

特定の分野に専門的な知識や経験が必要な場合、人材不足で業務が滞っている場合などには、コンサルタントの利用を考えてみましょう。

ノウハウを効率よく蓄積できる

飲食店経営で成功するためには、常に新しい知識やノウハウを学び続けることが重要です。しかし、日々の業務に追われるなかで、体系的に学ぶ時間を取るのは難しいものです。そこで、飲食店コンサルタントを活用することで、効率的にノウハウを蓄積できます。

コンサルタントを依頼することで、実際に多くの飲食店を成功に導いてきた経験や知識を直接学べます。実践的なノウハウを習得できること、不明点はすぐに質問できることも大きいです。

ただし、コンサルタントからノウハウを蓄積するには、積極的な姿勢が必要です。分析や計画、集客施策の実施などをコンサルタントに任せきりにするのではなく、アドバイスを受けながら実践してみることをおすすめします。

飲食店コンサルタントを利用するデメリット

飲食店コンサルタントには費用がかかる、効果の可視化が難しいなどデメリットもあります。デメリット理解したうえでコンサルタントを利用するのか、どう活用すればいいのかを考えましょう。

継続的にコストがかかる

基本的に、コンサルタントを利用すると継続的にコストがかかります。コンサルティングの内容や期間によって費用は異なりますが、一般的には月額数万円から数十万円程度の料金がかかります。

月々のコンサルティング費用とは別に、初期費用がかかる場合もあり、このようなサービスは利用のハードルが高いです。

契約期間途中で解約すると解約金が発生する場合もあり、長期目線で資金計画を立てなければなりません。

コンサルティングにかける予算を明確にしておくことが、複数のコンサルタントを比較検討することが重要です。

成果報酬型のコンサルタントであれば、成果が出なければ費用がかからないため、リスクを抑えられます。時間制のコンサルタントを必要なときだけ利用するのもいいでしょう。

費用対効果を可視化しづらい

一般的に、コンサルティングは成果が出るまで時間がかかります。成果が出た後も、それがコンサルティングによるものなのか、ほかの要因によるものなのかの判断が難しく、費用対効果を可視化しづらいです。

コンサルティングの効果は、売上や顧客満足度などさまざまな指標で評価できます。しかし、これらの指標が必ずしもコンサルティングによるものとは限らないため、客観的に判断することが難しいのです。

コンサルティングを始める前に、具体的な目標を設定することが重要です。目標がなければ、効果を測定できません。売上や顧客満足度など、定量的な指標で効果を測定することで、費用対効果を見極めましょう。

相性が悪いと効果が出づらい

コンサルティング会社や担当者との相性が悪いと、コンサルティングの効果は出づらいです。コンサルティングを受ける際は、信頼関係、価値観、担当者のコミュニケーション能力などが重要となります。

コンサルタントと十分なコミュニケーションが取れないと、お互いの考えや意図を理解できず、効果的なコンサルティングが難しくなります。価値観が合わない場合、意見が対立したり、提案内容に納得できないかもしれません。

複数のコンサルタントに話を聞いてみることで、自社に合うコンサルタントを見つけられます。コンサルタントの経歴や実績を確認することで、信頼できるコンサルタントかどうか判断できるでしょう。

コンサルタントに具体的な目標や希望を伝えることで、お互いの理解を深めることも大切です。

飲食店コンサルタントを活用し、効率よく店舗改善を進めよう

飲食店コンサルタントは、専門的な知識や経験を持つプロフェッショナルが、さまざまな課題解決をサポートしてくれるサービスです。不足しているノウハウや人材を補い、効率的に店舗改善を進められます。

しかし、飲食店コンサルタントには費用対効果を可視化しづらい、相性が悪いと効果が出づらいなどのデメリットも存在します。これらのデメリットを理解したうえで、上手に活用することが重要です。

コンサルタントを選ぶ際には実績や費用、相性などをしっかり確認し、各サービスを比較検討しましょう。

本記事で紹介したサービスのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。初期費用や月額料金、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのサービスの情報を集め、自社にとって費用対効果が高いものを選ぶことが大切です。

この記事にはタグがありません。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

飲食店に強いコンサルティング会社10選!業務内容や必要性、費用相場のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved