※この記事には一部PRが含まれます。

民泊におすすめの宿泊予約システム比較5選|民泊にとってのメリット、主な機能も紹介

更新日:
民泊におすすめの宿泊予約システム比較5選|民泊にとってのメリット、主な機能も紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

宿泊予約システムとは?

宿泊予約システムとは、ホテルや旅館、民泊などの宿泊予約の受付・管理に役立つ機能を搭載したシステムです。民泊のような小規模施設に特化したシステムもあり、必要な機能だけをコンパクトにまとめた、低コストで利用できるものもあります。

宿泊予約システムを活用することで、民泊の公式サイトに予約機能を簡単に組み込めます。公式サイトからの直接予約を増やしたい民泊にとっては、必須ともいえるシステムです。サイトコントローラーと連携させることで、直接予約とOTAからの予約を容易に管理できるようになるでしょう。

直接予約を増やすためだけでなく、リピーター獲得や会員登録の促進など、宿泊予約システムはさまざまな目的に役立ちます。

宿泊予約システムの主な機能

宿泊予約システムには予約関連以外にも、民泊の運営に役立つさまざまな機能を搭載しています。

予約の受付・管理

公式サイトから予約を自動で受け付けたり、予約を一元管理したりする機能です。公式サイトに予約カレンダーや予約機能を埋め込み、スマホやPCから、24時間365日予約を受け付けられるようになります。

予約カレンダーは空室状況を視覚的に把握できるため、お客さまにとって使いやすく、直接予約の促進につながるでしょう。

Webから受け付けた予約は空室状況にリアルタイムで自動反映されるため、オーバーブッキングやダブルブッキングの心配はありません。予約業務の効率化はもちろん、人的ミスの防止にもつながります。

顧客管理

宿泊者・宿泊予約者などの情報を自動で登録・管理できる機能です。宿泊者名簿の電子化にも役立つ機能で、旅館業法の定める「宿泊者名簿の3年以上の保管」への対応もできます。宿泊者名簿の電子化は、物理的な保管スペースの限られる民泊にとっては特に重要でしょう。

顧客情報の抽出や検索もできます。顧客一人ひとりに合った情報を配信したり、宿泊履歴やメモをチェックして顧客との会話のタネにしたり、何かと役立つ機能です。

プランの作成・管理

宿泊プランの作成・管理ができる機能です。複数の宿泊プランの作成や管理ができるのはもちろん、シーズンに応じた料金設定や、会員割引・限定プランの提供などもできます。

柔軟な料金設定により宿泊単価アップを目指したり、魅力的なプラン作りで新規・リピーター獲得を強化したり、売上アップに欠かせない機能です。

オンライン決済・事前決済

公式サイトの予約画面からオンライン決済を受け付ける機能です。オンラインでの事前決済はノーショーやキャンセル料の不払いへの対策になります。

インバウンド需要や若い客層の確保にも、事前決済は有効です。外国人旅行客には現地の現金をなるべく持ち歩かないという人も多く、宿泊施設の支払いは事前決済で済ませておきたいという人も多いです。

若い客層はキャッシュレス決済に慣れており、現金払いよりも、クレジット払いや電子マネー決済を好む傾向があります。

タイパ(タイムパフォーマンス。時間あたりの満足度の高さ)を重視する傾向もあり、事前決済で支払いを済ませ、当日のチェックイン/アウトをスムーズに済ませたいと考える人も多いです。

サイトコントローラー連携

OTAからの予約を一元管理するサイトコントローラーと連携できる機能です。

宿泊予約システムで直接予約を、サイトコントローラーでOTAからの予約を管理することになりますが、これらが連携できないと直接予約とOTAからの予約を別々に管理しなければなりません。

管理が煩雑になり業務工数が多くなるだけでなく、人的ミスも起こりやすくなるでしょう。

会員機能

会員登録の促進や会員情報の管理ができる機能です。「予約画面から手軽に会員登録ができる」「会員専用プランを作成・管理できる」「会員ポイントを付与できる」など、会員登録の促進につながる機能が揃ったシステムがおすすめです。

民泊が宿泊予約システムを導入するメリット

宿泊予約システムを導入することで、民泊運営に関する業務の効率化やミス防止、集客強化などが期待できます。その理由を、宿泊予約システムを導入する3つのメリットと併せて解説します。

機会損失の防止

民泊が宿泊予約システムを導入する1つ目のメリットは、「機会損失の防止」です。

宿泊予約システムを導入することで、民泊の公式サイトにWeb予約機能を組み込めます。Web予約に対応できるようになれば、お客さまは24時間365日好きなタイミングで、PCやスマホから予約ができます。

特に民泊には年間180日までの営業日数の制限があり、サイドビジネスとして運営している人も多いでしょう。電話に出られず予約を取り逃したり、予約電話が本業や睡眠の妨げになったりという人も少なくありません。

Web予約の導入は外国人旅行客の取り込みにも有効です。日本語での会話ができない・億劫で予約を躊躇っていた外国人旅行客も、Webからなら機械翻訳を使い、気軽に予約ができるでしょう。

OTAや仲介サービスの手数料削減

民泊が宿泊予約システムを導入する2つ目のメリットは、「OTAや仲介サービスの手数料削減」です。

じゃらんや楽天トラベルなどのOTA、Airbnbをはじめとする民泊の仲介サービスは、たしかに集客に役立ちます。しかし、これらのサービスからの予約には手数料が生じるため、利益率が下がってしまいます。

一方、公式サイトからの直接予約には手数料はかかりません。公式サイトに予約機能を組み込み、直接予約を増やすことで、利益率を高められるでしょう。

特に視覚的に空室状況を把握できる予約カレンダーの埋め込みは重要です。OTAは便利なものの、予約カレンダーがないサービスも多いです。

顧客にとっては「複数の民泊を比較できるのは便利だけで、一つひとつの施設の空室状況はわかりづらい」という状況があります。公式サイトに予約カレンダーを埋め込むことで、OTAよりも空室状況がわかりやすくなり、直接予約を増やせるでしょう。

予約業務の効率化とミス防止

民泊が宿泊予約システムを導入する3つ目のメリットは、「予約業務の効率化とミス防止」です。

公式サイトからの直接予約は宿泊予約システムに自動登録され、空室状況にリアルタイムで反映されます。これにより予約業務の大きな効率化と、オーバーブッキングやダブルブッキング、予約日時の入力間違いなどのミス防止が期待できます。

もちろん、電話予約もある程度は残るでしょう。お客さまの中には「スマホやWebの操作が苦手」「予約を入れる前に、電話でいくつか確認したいことがある」など、電話予約を好む人もいます。

しかし、宿泊予約システムを活用しWeb予約を自動化することで、予約関連の業務工数を大きく削減できるのは間違いありません。

民泊の宿泊予約システムの選び方

宿泊予約システムの中には民泊に特化したもの、民泊やゲストハウスなどの小規模施設向けに、機能をコンパクトにまとめたものもあります。必要な機能だけが揃ったコンパクトなシステムを選ぶことで、宿泊予約システムの利用料を抑えられるでしょう。

しかし、利用料を抑えるために使いづらいシステムを選んでしまっては元も子もありません。必要な機能が揃った、従業員にとってもお客さまにとっても使いやすいシステムを選ぶことで、業務効率化や売上アップなどのメリット最大化されます。

民泊は宿泊予約システムをどう選べばいいのか、6つの選定ポイントを紹介します。

既存のシステムや予約サイトとの連携

民泊が宿泊予約システムを選ぶ1つ目のポイントは、「既存のシステムや予約サイトとの連携」です。

OTAを利用している場合、利用中のOTAを網羅したサイトコントローラーは必須です。宿泊予約システムも、サイトコントローラーと連携できるものを選びましょう。これらが連携できないと、直接予約とOTAからの予約を別々に管理しなければなりません。

また、スマートロックやセルフチェックイン機などを導入している場合、これらと連携できるシステム・併用しやすいシステムを選びたいです。

画面の見やすさ・使いやすさ

民泊が宿泊予約システムを選ぶ2つ目のポイントは、「画面の見やすさ・使いやすさ」です。

オーナーや従業員にとって使いやすいシステムでなければ、業務効率化は果たせません。使いづらいシステムを導入しても、結局あまり活用されず、利用料が無駄になってしまうということもありえます。

お客さまにとっての予約画面の見やすさ・使いやすさはより重要です。予約完了までが長いシステムや、予約画面が見づらくわかりづらいシステムでは、予約完了率が下がってしまうでしょう。

予約増につながる機能

民泊が宿泊予約システムを選ぶ3つ目のポイントは、「予約増につながる機能」です。

顧客管理や予約カレンダーの埋め込み、事前決済や多言語対応などの機能は予約増加に役立ちます。

顧客情報の管理・共有がしやすいシステムは、シーズンごとの傾向分析やマーケティング施策の強化に役立つでしょう。予約カレンダーは視覚的に空室状況を把握できるため、お客さまの手間を減らし、予約のハードルを下げてくれます。

事前決済への対応

民泊が宿泊予約システムを選ぶ4つ目のポイントは、「事前決済への対応」です。先述の通り、事前決済への対応は予約増加につながります。

事前決済に対応することで、「支払いを事前に済ませ、当日のチェックインやチェックアウトをスムーズにしたい」と考える層を取り込みやすくなるでしょう。

インバウンド需要の多い地域では、現地の現金を持ち歩きたくない外国人旅行客の取り込みに役立ちます。外国人旅行客(特に中国人旅行客)の獲得には、銀聯を含むクレジットカード、PayPalを含む電子マネーに対応したシステムがおすすめです。

多言語への対応

民泊が宿泊予約システムを選ぶ5つ目のポイントは、「多言語への対応」です。

外国人旅行客が多い地域、インバウンド需要の獲得には、多言語対応のシステムが役立ちます。どんな国からの旅行客が多いのか、彼らはどの言語を使っているのかを把握し、それに対応したシステムを選びましょう。

セキュリティ対策

民泊が宿泊予約システムを選ぶ6つ目のポイントは、「セキュリティ対策」です。

宿泊予約システムはお客さまの個人情報を扱うシステムです。事前決済に対応したシステムでは、クレジットカード情報も扱います。これらの情報を万が一にでも漏えいさせてしまっては、信用失墜や損害賠償は避けられないでしょう。

どんなセキュリティ対策を取っているのか、信頼できる企業が提供するシステムなのかを確認し、安心して利用できるものを選びましょう。

民泊におすすめの宿泊予約システム5選

民宿・ペンション予約システム

民宿・ペンション予約システム
  • 豊富なテンプレートから用途に合ってものを選べる
  • 無料あり!選べる7つのプラン
  • 予約台帳としての活用も

民宿・ペンション予約システムは、予約可能な部屋情報を的確に案内できる予約システムです。

豊富な予約フォームテンプレートから用途にあったものを選べます。プランは無料のフリープランから全ての機能が揃ったパッケージプランまで全7種類、低コストで宿泊予約の自動受付システムの運用が可能です。

担当者機能は、予約管理をするためのサブアカウントを作成、スタッフごとにアカウントを用意して全員で情報管理ができます。電話や口頭での受付情報を代行登録することもでき、スタッフ共有の予約台帳としても活用可能です。

初期費用月額料金主な機能
フリープラン要問い合わせ0円予約フォーム作成可能数:10個まで/予約受付期間:7日後まで/時刻の最小単位:15分
イベント作成可能範囲:7日後まで/イベント作成可能数:3個まで/イベントタイムライン作成可能数:1個まで
予約履歴保管件数:直近100件まで/保管できるお客様情報:100人まで/会員(メンバー)システム など
ベーシックプラン要問い合わせ1,500円フリープランの全ての機能/Googleカレンダー連携/メールマガジン配信/500件(月)など
プロフェッショナルプラン要問い合わせ3,000円ベーシックプランの全ての機能
プレミアムプラン要問い合わせ10,000円プロフェッショナルプランの全ての機能/多言語(5言語)/ファイル提出機能(Googleドライブ連携)
広告表示なし
ベーシックパッケージ要問い合わせ3,000円全てのベーシックプランの機能
プレミアムパッケージ要問い合わせ5,000円全てのプロフェッショナルプランの機能
プレミアムパッケージ要問い合わせ15,000円全てのプレミアムプランの機能
民宿・ペンション予約システムの料金・主な機能

民宿・ペンション予約システム公式サイト 

minpakuIN

minpakuIN
  •  IT導入補助金で実質6ヶ月間無料(0円)・決済機能で現地支払い
  • 電子署名でオンライン契約締結・宿泊予約サイトと自動連携
  • パスポート情報取得で条例クリア・リモートロックで鍵の受け渡し不要

minpakuIN(民泊イン)は  日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語に対応した、民泊・ホテル向けのオンライン受付システムです。

特区民泊・民泊新法・旅館業の無人営業にも対応しており、パスポート情報・宿泊台帳・本人確認も1つで完結します。

またオンラインでの電子契約も可能で宿泊者のサインも遠隔締結、部屋割機能・24時間ビデオチャットで本人確認もトータルで支援をしてくれます。
今なら期間限定で実質6ヶ月間無料(0円)で利用が可能なため、今後の旅行客が増える時期に備えてぜひ無料導入を実施しておきましょう。

初期費用月額費用無料トライアル
一棟プラン:10万円
戸建・一室のみ:10万円
ドミトリー:10万円
一棟プラン:5,000円~
戸建・一室のみ:5,000円~
ドミトリー:5,000円~
実質6ヶ月無料
minpakuINの料金・主な機能

minpakuIN公式サイト

宿OH!

宿OH!
  • 簡単操作
  • 各種税金なども一括対応
  • ペンタブレット、パスポート連携なども可能

宿OH!は民宿・ペンション向けの予約管理システムです。必要最低限の機能で高機能予約管理システムと同等のデータ管理が可能です。また、宿泊税や入湯税などにも簡単対応できます。その他ペンタブレットとの連携やパスポートリーダーとの連携も可能です。

初期費用月額料金無料トライアル
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ
宿OH!の料金・主な機能

宿OH!公式サイト

小規模宿泊施設向けシステム

小規模宿泊施設向けシステム
  • 小規模宿泊施設特化型
  • 宿泊業界専門のノウハウ
  • 運用中の困りごともしっかりサポート

小規模宿泊施設向けシステムは、小規模(50室数以下)宿泊施設に特化したクラウド型宿泊管理システムで、宿泊業界専門の企業が開発しています。ホテルだけでなく、旅館やペンションなど小規模宿泊施設に必要な機能を集約させ、操作性にもこだわった設計です。

自社WEB予約システムと宿泊管理システムが一体化しており、簡単な設定で予約機能を自社ホームページに追加できます。サイトコントローラーで宿泊管理システムに自動連携が可能です。日本語のほか、英語・中国語・韓国語の4か国語に対応しています。

設定から稼働後も、24時間365日の無料サポートで安心して運用を実現します。

初期費用月額料金主な機能
プランA0円宿泊賞金の1%(最低料金3.000円)フロント機能/会計機能/予約管理機能
各種帳票類/食事集計表/食事集計表
リピーター検索機能/宿泊者カード機能 など
プランB0円25,000円フロント機能/会計機能/予約管理機能
各種帳票類/食事集計表/食事集計表
リピーター検索機能/宿泊者カード機能 など
小規模宿泊施設向けシステムの料金・主な機能

小規模宿泊施設向けシステム公式サイト 

HMS Light

HMS Light
  • 簡単さにこだわった仕様
  • 豊富な機能でもリーズナブル
  • 最適なオペレーション方法を提案してくれる

HMS Lightは、ホテル業務に徹底的に合わせた操作性で業務率を向上させる小規模施設向けのホテルマネジメントシステムです。

約1時間で基本操作が取得できたり、予約からチェックアウトまでを一画面で操作できたり「簡単さ」に特化したシンプル設計です。サイトコントローラー連携で予約登録業務と管理の負担を軽減します。予約管理、フロント業務、顧客管理など豊富な機能を備えています。

オペレーションに合わせたカスタマイズや外部連携で、宿泊施設ごとの理想のオペレーションを実現できるでしょう。導入後も宿泊業務に精通したエンジニアがサポートを行うので安心して運用できます。

初期費用月額料金主な機能
要問い合わせ要問い合わせ予約管理/フロント業務/帳票出力
顧客管理/施設管理 など
HMS Lightの料金・主な機能

HMS Light  

宿泊予約システムを活用し、民泊の稼動効率を高めよう

宿泊予約システムを活用することで、民泊運営にまつわる業務の効率化、集客強化や売上アップなどを目指しやすくなります。

ただ、これらのメリットを最大化するには自社に合ったシステムを選ばなくてはなりません。必要な機能が揃った使いやすそうなシステムの中から、無駄な機能がなくコストの低い、コンパクトなものを選びましょう。

本記事で紹介したシステムの中に気になるものがあったら、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。公式サイトを見てわからないことがあったら問い合わせをして、不明点や疑問点をなくしてから導入するかどうかを決めてください。

この記事にはタグがありません。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

民泊におすすめの宿泊予約システム比較5選|民泊にとってのメリット、主な機能も紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved