POP広告とは|種類・デザイン作りの7つのポイント・コツ・5つのステップ・参考事例

この記事のURLとタイトルをコピーする

POP広告とは

POP広告とは「Point of purchase advertising」の略称で、店舗やイベントなどで利用される販売促進を目的とした広告媒体です。

POP広告に明確な決まりごとはありませんが、1つの商品に対して宣伝するのが通例であり一般的です。

今回は自由なPOP広告について作り方のポイントやコツを紹介していきましょう。

サービス3つのポイント利用シーン・おすすめ機能
プロ並みのデザインを簡単作成
OREND限定45日間無料お試しCanva
7,500万以上のおしゃれな写真・素材
42万以上のチラシ・POPテンプレート
フォント数3,000種以上が使い放題
初心者も簡単写真加工/デザイン作成
面倒な背景画像も1クリック削除
1ボタンでデザインサイズ変更
メニュー表/ポスター/バナー/SNS/動画
飲食店・ECサイト運営におすすめ
※キャンペーン:通常30日間の無料トライアルがOREND限定で45日間無料で利用できます

※ORENDでも上記で触れたデザイン作成ツール「Canva」を活用して、記事のアイキャッチ・作図を行なっています。

POP広告の目的・役割

POP広告は、商品を売り込むことだけが目的とされがちですが、別の視点での役割もあります。

販売促進の為にPOPが存在することは間違いありませんが、商品の情報を単に宣伝するだけではなく店舗全体に雰囲気を作る効果もあります。

  • 商品の情報・魅力を訴求

POP広告が持つ顧客への訴求力は、商品の情報や魅力を「いかにして直感的に伝えることができのか」です。

どんな商品かは店員さんに聞けば一発でわかりますが、興味がないとそこまでの行動は起こさないものです。

  • 店内の雰囲気作り

POP広告が設置されている店舗は、入っただけで活気付いていることが感覚としてわかります。

一つの商品に対してPOPを設置していても、特に宣伝していない商品を手に取ってみたりと言った光景は実は珍しいことではありません。POPは店内の雰囲気作りに活躍するため、広告と装飾の両方の役割を果たしています。

  • 安心感を与え顧客との距離を縮める

POP広告の中には、つい足を止めて見てしまうユニークなものもあります。

思わずクスッと笑ってしまうようなPOP広告もあり、店員さんにも聞きやすい雰囲気を作ってくれます。

POPに注目している顧客を見ると、店員さんも商品を紹介しやすいタイミングが増えるのでより販売促進に繋げることが可能です。

POP広告の種類

POP広告にはさまざまな種類がありますが、大きく屋外と店内のPOPに分かれます。

屋外POPは顧客を店舗に引き入れる為の誘引役であり、目にした人がPOP広告によって気になる商品を探しに入ることで集客効果を獲得することが可能です。

一方で店内POPは、商品の情報や魅力をPOPの中で端的に表現し購買意欲を高める効果があります。

  • テーブル・卓上スタンド

テーブルに設置される卓上スタンド型のPOPは、居酒屋や定食屋などの飲食店に多いと言えます。

居酒屋ではまず先にビールなどのお酒が注文され、その後も一通りメニューが注文されますが、ひと段落ついた時に珍しいお酒やスイーツなどのPOPが目に入り注文するケースが少なくありません。

  • 大型パネル

大型パネルは店内の壁に設置されることが多く、誰の目にもインパクトの強いPOP広告です。

大型パネルは卓上POPのようなピンポイントの訴求ではなく「セール」や「キャンペーン」など全体的な購買意欲に働きかけるものも多くあります。

  • プライスカード

プライスカードは、1つの商品に対して値段が記載されているカードで文字装飾やちょっとしたイラストを施しているPOPです。

金額だけでなく、商品の魅力を一言二言で表現したキャッチコピーを記載し顧客の購買意欲をピンポイントに促す効果があります。

  • 吊り・天吊り

POPの中には天井から吊られている広告もあり、つい気になってみてしまうオブジェクト的なものまで存在します。吊り型のPOPは、商品紹介と言うよりは店内に活気を与える効果があり雰囲気を明るくさせる為のツールです。

  • 屋外POP・のぼり

コンビニの駐車場などで見られるのぼりは、車を運転している人からも見えるようなPOPデザインになっていることが多いです。

細かな商品情報ではなく「おでん」や「ラーメン」など顧客側の想像力が必要なPOPになっているので、先ずは店内へ誘引する為のきっかけ的な販促ツールです。

POP広告の作り方・5つのステップ

種類や役割を紹介しました。ここからは具体的な作成の方法やステップを解説します。

(1)ターゲット・目的の明確化

どんなに商品が優れていても、売り方が下手だと全く売れません。

売り方が上手ければどこにでもある商品でも飛ぶように売れるため、商品を売れるようなPOPを作るには、顧客ターゲットと目的を明確化することが重要です。

(2)訴求ポイントを列挙

商品に対する訴求ポイントを整理することも大切です。「この商品が欲しいと思うポイントは?」、「何を言われたら買いたくなるか?」など直感に訴えかけるようなポイントを洗い出すのもPOP広告では必要です。

(3)ターゲットと訴求ポイントの絞り込み

ターゲットを幅広くすることで、販売促進は難しくなっていきます。ターゲットはできるだけ小さく絞って、特定のターゲットにだけ響くような訴求ポイントを見出すことが大切です。

(4)デザイン・キャッチコピーの作成

ターゲットと訴求ポイントが決まれば、あとはデザインとキャッチコピーです。

デザインはターゲットの年齢層を考えた上で、できるだけ色の種類を少なくすることがポイントです。色が多いと注目ポイントが分散してしまい逆効果になります。

キャッチコピーについては、訴求ポイントを基にして語呂が良いものを選ぶと良いでしょう。少し遊び心があった方がPOP広告としては成功しやすくなります。

(5)店頭設置・効果検証でPDCA

POPを設置したら終わりではなく、その効果について検証する必要があります。

宣伝した商品の売れ行きはもちろんですが、店舗全体の売上も分析する方が良いでしょう。

POPの効果は、宣伝した商品に止まらず他の商品に波及する可能性が十分にあるツールです。改善を重ねることで販売効果の向上も期待できます。

POP広告作成の7つのポイント・コツ

絵が苦手であったりデザイン的に自信がない方もいるかもしれませんが、POP作成は必ずしも絵心は必要ではありません。

POP広告作成に関して7つのポイントとコツを紹介していきましょう。

注目させる色を使用する

POP広告に使う色の選択は、商品をイメージさせる為に大切なポイントです。

カレーであれば「黄色」、抹茶であれば「緑」、クリスマスであれば「赤」など直感的に働きかけるような色を選択して、効果的に伝わるようにすることが重要です。

色は2〜3色、手書きで書く

POP作成となると、なるべく多くの色を使って鮮やかなデザインを考えがちですが、注目ポイントが分散するので色はなるべく少ない方が良いでしょう。

完成度の高いPOPを見てみると少ない色で表現しているものが多く、黒のマジックのみで作っているPOPも目立ちます。色はメイン・サブカラー・アクセントカラーの3色程度に留めましょう。

わかりやすく、訴求ポイントの文字は大きく

訴求ポイントは短く分かりやすく、購買意欲をかきて立てるきっかけになるよう心がけましょう。

文字も大きくして、少し離れてもポイントだけが読み取れるようなPOPが効果的に働きかけます。

写真やイラストを効果的に使う

写真やイラストはPOP作成において全体的なデザインを担う部分になり、視覚的な効果を与える武器にもなります。

飲食店のメニューで材料に関する卓上POPであれば、材料の仕入れ先に関する写真やイラストを載せることも顧客に対して十分な訴求ポイントです。

雑貨店などでも、実際に商品を使っている写真をPOPとして扱っている店舗は数多くあります。写真やイラストを上手く使うことで、感覚的な訴求を与えることが可能なため非常に効果的です。

「◯%カット!」など具体的なメッセージや数値を使う

定量的な表現は、商品のジャンルに関わらず効果の高い訴求ポイントになります。「数量限定〇〇台まで」や「○%カット」などの表記は、数字で明確に表現されている為、顧客にとってもわかりやすくイメージしやすいです。

貼りすぎはNG、POPは貼りすぎない

店内を明るくする為に、より多くのPOPを設置したい所ですがやり過ぎてしまうと逆効果になることもあります。POPはピンポイントに設置されていることで、注目を集める販促ツールです。数が多くなるとどれが1番良い商品なのかわからなくなり、注目度が分散してしまいます。商品のターゲットはできるだけ絞って、POPを設置するようにしましょう。

季節・イベントに合わせた情報で作る

1年間の中で季節ごとのイベントや風物詩があるように、POP広告もそれに合わせたデザインやキャッチコピーがあります。季節やイベントに関連する商品であれば、さらに販促ツールとしての効果が高まる可能性が高いです。

参考になるPOP広告・事例

実際に使われているPOP広告は、これから作成しようとする人にとっては非常に参考になるため、事例をみていきましょう。

一般社団法人日本POPサミット協会 – 「バッチリPOP作品集」

日本POPサミット協会のサイトで紹介されている「バッチリPOP作品集」では、ブラックボードを基調としたデザインが多数紹介されています。

ブラックを基調とすることで、白ペンによる手書きデザインが上手くマッチし、印象的なPOPを作ることが可能です。

詳細はこちら:https://www.jpopsa.info/popバーチャルスクール/バッチリpop作品集/

【画像】三省堂書店 – 手書きPOPがおもしろい!

三省堂書店のPOPでは、漫画を紹介する切り口が独特と言うことで話題になっています。

中には黒マジックのみで作っているPOPもあり、印象付けるには色のバリエーションが少なくても効果的である良い例です。

詳細はこちら:https://matome.naver.jp/odai/2133430030556152301

道の駅 – 1枚で売上倍増のPOP事例

「においますか?」のキャッチコピーでお茶の販売実績が倍増した例もあります。この言葉だけ見ても、どんな訴求ポイントがあるのか聞いただけでは分かりませんが、お店の前を通った顧客は足を止めてしまいますね。

道の駅で販売されている「トチナ茶」は薬草から作っている為、何とも言えない良い香りがするお茶です。

全員がお茶の匂いに気づきますが、そのことについて触れる方は多くありません。皆が心の中で「何の匂いだろう?」と疑問に思うに止まります。しかし「においますか?」のPOPを見た瞬間に顧客の興味は一気に「トチナ茶」へ向かいます。「ただよわせている」と言う表現を敢えて使い、さらに興味を誘っていることが分かりますよね。ここまでくれば「一度買ってみようかな」と言う気になることが想像できます。

詳細はこちら:https://hansokuclub.com/archives/12403

手書きPOPでおしゃれな雰囲気を作り、顧客の背中を押そう

手書きPOPは、PCフォントでは表すことのできない「ポップさ」があり、おしゃれな雰囲気を作り出すには最適なツールです。

POPは単なる商品紹介ではなく、直接的に顧客へのアプローチをかけるもので、売上に最も早く効果が出やすい販促ツールです。

作ったことがない人でも、ポイントを押さえることで簡単にコツを掴むことが可能です。是非一度手書きPOPを作ってみてください。

Canva – 無料で42万テンプレート・8,000種の写真素材からプロ並みのデザイン作成

  • POP・ポスター・チラシメニュー表・バナー素材をPC・スマホで簡単作成
  • 毎日更新される42万以上のおしゃれなテンプレート素材
  • 面倒な背景画像も1クリックで削除
  • 動画・画像・印刷も簡単に出力可能

Canvaは豊富な42万以上のデザインテンプレート・8,000種の写真素材を備えたオンラインのデザイン作成ツールです。POP・ポスター・メニュー表・アニメーションなど目的に合わせた素材が数多く用意され、デザイン経験がない個人の飲食店の方でもプロのような仕上がりになります。

アイコンや写真も豊富な素材から作成が可能で、面倒な背景画像の切り取りもワンボタン・フォントも多種多様でお店や目的に合わせてイメージ通りのデザインが作れます。

パワーポイントや無料ソフトでは手間の多い作業も月額300円/1人で使い放題で、メニューやチラシ作成に時間がかかっている人にはおすすめのアプリです。

※画面右下の歯車ボタンより再生速度を調整できます

また年支払いの場合には月額支払いよりも安くなり、OREND限定申込みで通常30日間無料トライアルが45日間無料利用ができるため、まずは使いやすさを試してみましょう。

初期費用月額費用(月払い)月額費用(年払い)無料お試し
無料月額300円/1人
※利用人数:5人
12,000円/年
※1ヶ月あたり1,000円/月
あり(30日間)
※OREND限定45日間

Visme – チラシ/SNS/POP・豊富なテンプレで1億人利用・初心者~プロにもおすすめ

  • 個人から大企業まで多くの企業で利用実績:IBM・チューリッヒ・ユニリーバ
  • 豊富なテンプレートで初心者でも簡単デザイン作成
  • ドラッグ&ドロップの直感的な操作でチラシ/バナー以外にも動画作成も可能
  • 世界1億人以上が利用する総合デザインプラットフォーム

Visme個人・初心者でも簡単にデザイン・グラフィック作成ができる無料ツールです。対応OSもWindows・Macなどネット接続ができればどこでも利用が可能で、ソフトをダウンロードすればオフライン環境でもデザインができます。

豊富なテンプレート素材からチラシ・バナー・パンフレットに加えて、InstagramやFacebookなどのストーリー・動画作成も簡単です。

海外製品ですが日本でも有名なIBM・ユニリーバなど様々な大手企業から個人の方にも利用されており、世界1億人以上が使いIT製品のレビューサイトの評判も非常に高く評価されています。


何が一番すきですか?
非常に豊富な機能を備えているのが好きです。最もプロフェッショナルなプレゼンテーション/スライド/インフォグラフィック/チャートをすぐに作成できます。Visme内にある専門的に設計されたテンプレートのおかげで、私の必要な作業はコンテンツをアップし、適切なフォーマット選択、クリックして使用できます。

Vismeでブランドの色を簡単に変更できるのが大好きです。事前にデザインした色を使用でき、テーマを変更するのはクリックするだけです。

また、私が作成したものはすべて、PDF、PNG、MP4、GIF、HTLM5、さらにはPowerpointから、選択したすべてのお気に入りの形式に簡単にエクスポートできることにも感心しています。
これにより、作業が非常に簡単になります。 また、Vismeスライドのプレゼンテーションが非常に柔軟であることにも感謝します。

ページング/アウトライン/スライドナビゲーションは、オンラインプレゼンテーションに便利な一流です。また、すべてのアニメーション/トランジションエフェクトをデザインすることもできます。

Powerpointよりもはるかに優れています。プレゼンターノートもあり、プレゼンテーションをWebサイトに簡単に埋め込んだり、PPTにエクスポートしてオフラインでプレゼンテーションしたりできます。 また、頻繁に更新されることもありがたいです。ちょうど昨日、私は新機能であるアニメーションへの招待状を受け取りました、そしてそれは本当に息をのむようなものです。

何が嫌いですか?
実際、私がVismeについて嫌いなことを本当に言うのは非常に難しいです。私はVismeのすべてが大好きです(確かにあなたはビジネス/プレミアムサブスクリプションでこの経験しか持っていないかもしれません)。
しかしそれは完全に価値があります。

どのような課題を解決し、どんなメリットを実感しましたか?
Vismeの前は、Powerpointを使用してプレゼンテーションを行うことができました。しかし、Vismeは私にとってまったく新しい可能性の世界を開きます。

私はVismeでPowerpointよりも優れた簡単なプレゼンテーションを作成できます-ワンクリックでいつでも変更できるすべての可能なアニメーション/トランジション/テーマ(Powerpointよりもさらに豊富です)を使用します。

プロがデザインしたブロックがすべて目の前にあるときのスライドデザインを想像してみてください。選択してクリックするだけでブームになります。 インフォグラフィック(アニメーション)をデザインして、自分のWebサイトや任意のWebページに簡単に埋め込むことができます

また優れたフォーマットでデータを視覚化し、Webサイトに表示または埋め込むこともできます。 すべてのビデオエフェクト/オーディオナレーションを含むビデオプレゼンテーションを簡単に作成できます。

プレゼンテーションを、オンラインまたはオフラインの任意の形式にエクスポートできます。 テンプレートや、Vismeが頻繁に開催するコースからも素晴らしいデザインを学ぶことができます。絶対に価値があります!
ソフトウェアレビューサイト – Vismeのレビュー・口コミより

日本語には対応していませんが直感的な操作が可能で、Googleの翻訳拡張アプリを無料インストールすれば、自動的にページを翻訳してくれるため操作性にも問題はありません。

無料プランでの利用も可能ですが、5枚までのデザイン作成・ファイル容量100MB・ダウンロード形式も画質がPNGと比較してやや低いJPGとなるため無料プランで操作性を確認後に、スタンダード・ビジネスプランの利用がおすすめです。

プラン名初期・月額費用機能詳細
0円0円(無料)デザイン作成:5枚 / ストレージ:100MB
テンプレート制限:あり /ダウンロード形式:JGP
Vismeロゴ表示:あり
スタンダード約1,650円 ※15$デザイン作成:15枚 / ストレージ:250MB
プレミアテンプレート制限:なし / Vismeロゴ表示:なし
ダウンロード形式:JGP/PDF / サポート:24時間チャット/メール対応
ビジネス約3,190円 ※29$デザイン作成:無制限 / ストレージ:10GB
プレミアテンプレート制限:なし / Vismeロゴ表示:なし
ダウンロード形式:JGP/PDF/PPT/HTML5/動画
サポート:24時間チャット/メール対応 / リードの収集・保存
動画・音声のアップロード/ フォルダ管理 / ブランドキット

個人からプロデザイナーにおすすめ – Google FacebookアカウントでVismeに無料登録

Crello – 100万以上の素材を無料利用・チラシ/POP/SNS動画・写真加工&編集ソフト

  • 100万以上の素材・テンプレートを無料で使える
  • 背景画像削除・切り抜き・ぼかし・透過度調整など豊富な画像加工機能
  • アニメーション効果・動画トリミング・画像への音声追加も可能

Crelloは100万以上の素材・テンプレートからさまざまなデザインが作れる、画像編集・写真加工・アニメーション作成ができる無料グラフィックデザインです。

クラウド型のデザイン作成ツールのためインストールも不要で、PCだけでなくiPhone・Android端末などスマホからでも利用ができます。また豊富な画像加工・動画・音声編集機能がついており、個人や初心者の方でも簡単にオリジナルのチラシ・ポスターなどが簡単に作れます。

さまざまなテンプレートが用意されていているため、専門知識がなくても誰でも簡単にクオリティの高い画像・動画作成ができFacebook・InstagramなどのSNSストーリー・バナーやSNS広告・パンフレット作成も可能です。

またこちらも海外IT製品レビューサイトの評判は平均4.5と高く、SNS投稿の画像作成に利用するユーザーが多いようです。


何が一番すきですか?
Crelloはソーシャルメディアやフリーランス目的でポスターを作成するために使用した中で、最高のデザインツールです。

私がクレロで一番好きな機能は
1)Instagram、Linkedin、Facebook、Twitter、Youtubeなどのソーシャルメディアに適したディメンションを持つソーシャルメディア投稿テンプレートのさまざまな定義済みカテゴリを提供します。
2)テンプレートは高度にパーソナライズされ、カスタマイズ可能であるため、クリックで目的に再利用できます。Crelloを使用して、イベントのポスターと証明書をすばやく作成しました。
3)png、jpg、mp4などのさまざまな形式でデザインをインポートします。

何が嫌いですか?
私はCrelloで何も嫌いではありませんが、crelloがマーケティングのニーズに最適なグラフィックを作成するためにこのツールを効率的に使用するため、すべてのユーザーを支援するチュートリアル・ビデオ掲載があれば素晴らしいと思います。

製品を検討している他の人へのおすすめポイント
写真、ベクター、ビデオなどで構成されるストックメディアなどの素晴らしい機能を提供してます。
crelloが提供するブランドキット機能は、さまざまなブランドスタイルに応じたグラフィックデザインを簡単に作成できるようにすることで、多くの時間を節約しました。

どのような課題を解決し、どんなメリットを実感しましたか?
Crelloを使用して実現したメリットは多くあります。

1)マーケティング目的でクリエイティブで魅力的なポスターを大幅に速く簡単にデザインするのに役立ちます
2)他のビジュアルデザインツールの最良の代替手段として機能し、人目を引くコンテンツを作成する際の時間のかかるプロセスとして機能することにより、グラフィックデザインの労力と費用を大幅に節約します。
ソフトウェアレビューサイト – Crelloのレビュー・口コミより

フリープランは無料で利用できますが、月間5枚までのダウンロード制限・チーム招待・背景削除機能が使えないため機能を全て使えるProプランの無料トライアルがおすすめです。

プラン名初期・月額費用機能詳細
フリー初期・月額:0円(無料)月間ダウンロード数:5枚 / 背景削除機能:なし
チーム招待機能:なし / テンプレート制限:なし
プロ初期:0円(無料)
月額:約880円 ※7.99$
※月払いは約1,100円 9.99$
月間ダウンロード数:無制限 / 背景削除機能:あり
チーム招待機能:あり / 100万以上のプレミアテンプレート利用:あり
フルHD動画・アニメーション:あり

月880円で100万以上の素材を利用し放題 – Googleアカウントで簡単に無料お試し申込み

Stencil – 800万以上の写真/素材&無料テンプレート利用/直感操作でスピードデザイン

  • おしゃれな超高解像度500万枚の写真・300万以上の無料テンプレートを利用
  • 直感的な操作で初心者・個人ブロガー・SNS投稿動画の作成におすすめ
  • WordPressプラグイン・GoogleChrome拡張機能などツール連携でスピードデザイン作成

Stencil(ステンシル)超高解像度500万枚の写真・300万以上のプレミアムアイコンを活用して、オリジナルのチラシ・バナー・InstagramやFacebookなどのSNS画像・動画作成ができる無料グラフィックデザインツールです。

WordPress連携・Google Chrome拡張機能によりスピーディーなデザイン作成が特徴のアプリです。

24種の画像編集・写真加工機能に加えて、豊富なデザインテンプレート・素材を組み合わせて直感的な操作で初心者・個人の店舗やネットショップの広告・バナー作成におすすめです。

海外ツールですが日本語フォント特にも対応しており、特に漢字が多く使えるデザインツールは珍しく、ひらがな、カタカナもおしゃれなステンシル書体でデザインの幅が大きく広がります。(フォントのダウンロードは会員登録が必要で、無料利用できますが使い方についてはこちらを確認しましょう)

こちらも直感的な操作ができるため大きなデメリットではりませんが日本語には対応していないため、不安がある方はGoogleの翻訳拡張アプリを無料インストールし自動ページ翻訳の設定を行いましょう。

Stencilの国内利用は現状少ないですが、IT製品レビューサイトの評判は高く5点満点で4.6の高評価を得ています。


何が一番すきですか?
さてこの画像グラフィック編集ソフトウェアは素晴らしいです。画像、テンプレート、フォントの膨大なライブラリが組み込まれているほか、独自のフォント、画像をアップロードすることもできます。

ワークスペースキャンバスには、ほとんどの追加タイプ、Webサイトのブログ、ソーシャルメディアプラットフォームに適した事前定義されたサイズがいくつかあります。

またカスタムキャンバスサイズを設定することもできます。ブラウザベースのソフトウェアは高構成のPC /ラップトップを必要としません。ユーザーインターフェイスはナビゲートと画像の作成が簡単です。

何が嫌いですか?
私はこのソフトウェアを嫌う理由はありませんでした。

どのような課題を解決し、どんなメリットを実感しましたか?
ステンシルを使用すると画像とバナーのデザインがとても簡単になりました。 私は複数のクライアントWebサイトを管理し、マーケティングも担当しています。

ここでステンシルは重要な役割を果たす1つのツールです。 ソーシャルメディアの広告バナーはステンシルのライブラリで利用可能なテンプレートを使用して、非常に簡単にデザインできるようになりました。
ソフトウェアレビューサイト – Stencilのレビュー・口コミより

こちらもフリープランの場合は無料利用が可能ですが、画像保存数は10枚/月・アイコン・プレミアム写真の利用は制限があります。上位のProプラン・無制限プランでは7日間の無料トライアル(返金保証)があるため、Proプランでの使用感を試すのがおすすめです。

プラン名初期・月額費用機能詳細
フリー初期・月額:0円(無料)月間画像保存数:10枚 / 限定写真・アイコン制限:あり
Instagram SMSセキュリティコード認証:10件/月
プロ初期:0円(無料)
月額:約990円 ※9$
※月払いは約1,650円 15$
月間画像保存数:50枚 / 500万枚の限定写真利用
310万以上のアイコン利用 / 1,300以上の無料テンプレート利用
フォントアップロード・ロゴ/透かし表示可能
100件テンプレブックマーク / 3,500以上のフォント+Googleフォント
Instagram SMSセキュリティコード認証:25件/月
無制限初期:0円(無料)
月額:約1,320円 ※12$
※月払いは約2,200円 20$
月間画像保存数:無制限 / 500万枚の限定写真利用
310万以上のアイコン利用 / 1,300以上の無料テンプレート利用
フォント&画像アップロード無制限ロゴ/透かし表示可能
無制限のテンプレブックマーク / 3,500以上のフォント+Googleフォント
Instagram SMSセキュリティコード認証:100件/月

Proプランも無料お試し&返金保証 990円/月で800万の限定写真&素材で無料デザイン作成