プリントパック×ラクスル徹底比較|2大ネット印刷通販会社の評判・料金比較・市場規模

最終更新日:
2020/01/27

CMでも話題の早くて便利な2大ネット印刷サービス。法人・個人の利用を問わず利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなネット印刷サービスについて、市場動向やトレンドについて紹介しながら、プリントパック・ラクスルの特徴や料金について比較していきます。

1000円からのお試しチラシ印刷|短納期のネット印刷ならラクスル

話題の2社以外のネット印刷会社まとめ詳細はこちら。

市場拡大が見込まれるネット通販印刷市場

次のデータは、矢野経済研究所が2013年に印刷通販市場を対象に実施した調査結果です。

少し前の市場予測ですが2018年までに920億円を見込み、2012年から2018年までの年平均成長率は11%前後で推移し、低価格を中心とした潜在需要と共に緩やかに伸びることが予測されています。

年平均成長率を考えると、2020年には1,000億円超まで市場が拡大していることでしょう。

引用:印刷通販市場に関する調査結果 2013 – 矢野経済研究所

気軽に依頼ができて「早くて、安い」をメリットにしたネット印刷サービスは、こうした潜在ニーズをうまく捉え大きく成長したといえます。

約70%が複数サイト利用、価格重視は30%とサービス品質を重視

また、2016年の 印刷業界専門紙「印刷ジャーナル」のアンケート結果によると、発注している印刷通販サイトを複数利用するユーザーは約70%という実態になっています。

引用: 印刷通販サイト構築|印刷通販サイト制作株式会社より

印刷通販会社の選定ポイントでは、価格を理由にしているユーザーは30%弱に留まる結果が出ています。

「安さ」を売りに成長してきた印刷通販ですが、今後は価格面だけでなくサポート体制やサービス品質も重要になることが予想されます。

CMでも話題のプリントパック×ラクスルの特徴・基本情報を比較

そんな潜在ニーズに応え、大きく市場成長を加速させてきた話題の2社。まずはプリントパック・ラクスルの基本情報をみていきます。

プリントパックの特徴・基本情報

  • 会社名:株式会社 プリントパック
  • 本社:京都府向日市
  • 売上実績: 308億円(2018年4月期)
  • 設立年:1970年6月
  • ネット印刷サービス開始時期:2002年
  • 事業所:4支店・7工場

プリントパックは1970年にオフセット印刷の焼付で京都に創業し、2002年にWebを窓口とした印刷通販事業をスタートしています。

2005年には全国送料無料実施。2009年には「ネットで印刷」のフレーズが印象的な第一弾TVCMの放送を開始しています。歴史のある老舗印刷会社ですが、着実に顧客のニーズに応えて成長しています。

ラクスルの特徴・基本情報

  • 会社名:ラクスル株式会社
  • 本社:東京都品川区
  • 売上実績:111億7424万円(2018年7月)
  • 設立年:2009年9月
  • ネット印刷サービス開始時期:2013年3月
  • 事業所:3支店(オフィス)

ラクスルは2009年設立で、当初の事業は「印刷比較.com」という印刷通販の価格比較サイトとして立ち上がっています。

その後に現在の社名であるラクスルに変更し、2012年には1億円以上の資金調達を2回、2014年には15.5億を調達しTVCMを開始しています。

プリントパックと比較すると会社の成り立ちが異なっており、成長スピードも対称的でスタートアップベンチャーといった印象ですね。その後も二桁億を超える資金調達を実施しながら、2018年にマザーズ上場となっています。

プリントパック×ラクスルの注目度を検索数・伸び率で比較

次は両者の注目度の参考として、Googleの月間検索回数と検索上昇の推移を見ていきます。

プリントパック・ラクスルの検索回数を比較

次の図は単体ワード(プリントパック・ラクスル)だけでなく、関連フレーズとして出てくる複合ワード(プリントパック 名刺・プリントパック 納期など)も含めた検索のトータル数です。

2002年に通販印刷をスタートし、2009年からTVCMを放送しているプリントパックの知名度の方が高いようですね。

一方で2009年に創業し、2014年のTVCM開始のラクスルの検索数も非常に大きいことがわかります。

通販印刷事業の年数でいえば7年のギャップがありますが、直近1年の検索上昇率はプリントパック+21%、ラクスル+37%とラクスルが高めの結果です。事業年数や上昇率を考えると、スタートアップだからこその広報・宣伝力の高さが伺えます。

直近1年(2018年7月~2019年6月の平均検索数)の単体ワードの検索数でも下記のように、現状はプリントパックの方が多い結果となりました。

  • プリントパック:301,000回
  • ラクスル:165,000回

因みに余談ですが、よく似た名前であるオフィス通販の「アスクル」と間違えて検索されることもあるようで「ラスクル」の検索数は9,900回/月もありました。

※因みに情報を調べていて、「あれ、検索数が減ったぞ」と思ったら私も間違ってました(笑)

TVCMでも話題の早くて安いネット印刷のラクスルの注文はこちら

プリントパック・ラクスルの検索上昇の推移を比較

次の図はGoogleトレンドでのプリントパック・ラクスルの検索増加推移で、2004年からさかのぼった検索上昇データです。

赤のプリントパックのグラフを見ると、2009年以降でグッと上昇していることがわかります。やはりTVCMの効果は大きいことが伺えますね。

青のラクスルについてもプリントパックと同様に、TVCMを開始した2014年から非常に大きく伸びていることがわかります。

2018年5月に大きく伸びている部分は、マザーズ上場を果たした時期です。その後もTVCMも定期的に打っている効果といえるでしょう。上昇の推移としてはプリントパックよりも短いスパンで大きな検索数となっており、ラクスルの注目度の高さがわかります。

プリントパック×ラクスルの料金表比較・選定ポイント

続いては両社の提供サービスの価格について比較していきます。

下の料金比較表は次の条件で発注する際の料金表です。(2019年8月時点)

  • メニュー:チラシ・フライヤー印刷
  • 用紙サイズ:A4
  • 用紙の種類:普通紙(上質紙)
  • 用紙の厚さ:標準(90kg)
  • 印刷種別:両面カラー印刷
  • 納期:3営業日以内発送

3営業日発送/両面カラープリントパックラクスル
100部1,796円1,940円
200部2,388円2,900円
500部3,305円5,000円
1,000部4,138円7,130円
1,500部5,064円9,090円
2,000部5,995円11,960円
3,000部7,787円12,880円

料金体系の比較としては、プリントパックが少し安めという結果になりました。

今回は3営業日以内の発送で指定しましたが、それ以降の遅いタイミング(5営業日など)にすると両社ともに上記より安い費用で印刷することができます。

因みにフライヤーの場合は送料に関しては、両者ともに無料のようです。

ラクスルの料金表・メリットは豊富なテンプレート

下記は先ほど紹介した条件での価格表です。上述のとおり価格ではプリントパックの方が安めの料金ですが、ラクスルの活用メリットは価格以外の部分にあります。

ネット・チラシ印刷のラクスルの注文はこちら

ベンチャー企業や中小企業の場合は、社内にデザイナー担当が居ないといったこともあるのではないでしょうか。そうなると、依頼をする前にどんなデザインにするか検討する必要があります。

しかしラクスルの場合は、大量のデザインテンプレートが公開されており、気に入ったデザインから名刺やフライヤー・ダイレクトメールなどの作成が可能です。

テンプレートページ・デザイン作成はこちら: https://raksul.com/lp/online-design/

おしゃれなテンプレートがたくさんありますね。日常的に見かけたり、利用することの多い不動産向け・店舗向けチラシ・キャンペーン、セミナー案内など多くのデザインが公開されています。

発注費用だけで見ると少し高い印象を受けるラクスルですが、作成からの手間なども含めると利用するユーザーが増えていることも納得ですね。

テンプレートが豊富なチラシ印刷の注目はこちら

プリントパックの料金表

ご紹介したとおり、価格で勝るプリントパック。下記は先ほど紹介した条件での価格表です。

料金詳細はこちら: https://www.printpac.co.jp/contents/order_guide/index.html#top

両面カラー印刷で1,000部発注しても4,000円前後、3,000部での8,000円弱で利用できるため、やはり価格面だけで見ると選定のポイントになりそうですね。

プリントパック×ラクスルの口コミ・評判を比較

実際に両社を利用したユーザーの反応は、どのような声があるのでしょうか。「みんなの評判ランキング」にいくつか口コミ・評判を参考にみていきましょう。

プリントパックの口コミ・評判

総口コミ数は163件と次に紹介するプリントパックよりも、少し多めの投稿がありました。サービス運営の歴史も長いため多くに投稿があるようです。

口コミ詳細はこちら: https://minhyo.jp/printpac

  • 良い評判・口コミ
・連絡がなかなかつかないので、どんなものかと思っていましたが、とても丁寧に対応でした。迅速に一番届け先から近い工場で印刷を手配してくださり、無事に納品が間に合いました。
・ミス対応はどうかなと思い調べてたらここにたどり着き、うわ~ミス対応ヤバイなぁ~と思っていたけど、全然良かったですよ。
・電話したらそれもすぐにつながり、即対応してもらえてスムーズに話が進みました。電話がつながらないというクチコミが多数ありますが、改善されているのかもしれません。
  • 悪い評判・口コミ
・原稿を制作するのに、ちょっと質問したいと思い入力したけど数日経っても返事なし。督促しても反応なし。
・メールの対応は遅い、電話はどこも通じない。

発注量が多いせいなのか、サポートセンターにつながらない、問い合わせの返信が遅いといった投稿が多いようでした。

一方で既にサポートセンターに繋がりにくいといった部分は、改善されたのではという声もあり、丁寧に対応してもらい納品も無事に間に合ったという口コミもあります。

ラクスルの口コミ・評判

ラクスルの口コミは16件と運営歴史が短いため少ない投稿数でした。

口コミ詳細はこちら: https://minhyo.jp/raksul

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bgt です
  • 良い評判・口コミ
・A4チラシ・フライヤー印刷のコースで400部の印刷を依頼させていただきましたが、他社のサービスと比較して料金がとても安く、また納期にきちんと納入していただけたので助かりました。
・色々な印刷会社を転々と利用していましたが、ラクスルを利用するようになってからは不満は一切なくなりました。今までの苦労はなんだったのか?というぐらいに印刷を業者に頼むのが便利になりました。もちろん品質も完璧です。
・通常の印刷会社に依頼するよりも、はるかに安く仕上げてもらいコストを大幅に削減する事に感激しました。

  • 悪い評判・口コミ
・前の2回とほぼ同じ内容なのに、印刷のクオリティが落ちており、残念でした。
・急いでいたのに、データチェックに時間がかかり納期が遅れた

ラクスルの口コミとしては、良い評判の数が多くありました。ただ一方で印刷時のチェックに時間を要したという声もあったため、早めの手配が理想ですね。

2大ネット印刷通販比較のまとめ

印刷コスト・業務効率化を実現するネット印刷通販サービス

印刷通販の2社についてさまざまな面から比較してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ネットで依頼ができるため、データテンプレートを利用し再依頼の場合でも手間なく発注をかけることができます。

また法人企業の場合は、社内にデザイナー担当がいなくてもテンプレートからチラシや名刺作成・依頼まで完結する点も効率アップのポイントといえます。

両社の成り立ちの点ではそもそものスタートが異なっており、ネットベンチャーのラクスル・老舗印刷のプリントパックといったところでしょうか。

ラクスルの場合はネット印刷だけでなく、CM作成プランや新聞折込といったようにサービスラインナップも増えており、印刷だけに留まらない展開に注目です。

1000円からのお試しチラシ印刷|短納期のネット印刷ラクスルの詳細はこちら

この記事にはタグがありません。