多店舗展開の出店戦略|成功の秘訣とメリット&デメリット・FCと直営の違いを比較

最終更新日:
2019/09/09

多店舗展開とは?

多店舗展開とは店舗ビジネスで複数の店を構える経営戦略手法です。主にフランチャイズ展開と直営店展開の2つの手法があ、複数店舗を構えることで全体売上の増加や認知度アップ、仕入れコストの削減といったメリットがあります。

本記事では多店舗展開の種類やメリット・デメリットをまとまながら、成功のポイントについて解説していきます。

直営店方式とフランチャイズ方式の違いを比較

店舗展開の方法として大き2つの手法があります。フランチャイズ・直営で違いを比較してみましょう。

直営方式FC方式
店舗開業資金自身で調達が必要加盟店が調達
スタッフの雇用自身で雇用が必要加盟店が雇用
店舗オペレーション自身で実施加盟店が実施
販促費用自由に配分できる売上比率に応じて配分される
主な利益店舗の売上加盟店からのロイヤリティ

直営方式とフランチャイズ方式ではそもそもビジネス構造が違ってきます。直営の場合は自社のノウハウを活かし複数店舗を展開することで売上拡大を図ります。一方フランチャイズの場合は人材や集客手法、接客といったノウハウを自社以外に利用してもらい、ロイヤリティという形で売上を立てていきます。

フランチャイズの場合は、加盟店ビジネスと言えるためノウハウやアセットを展開することで売上が作られて行きます。

多店舗展開の3つのメリット

知名度UP・店舗全体の売上上限を引き上げる

特定の地域で複数の店を構えている地域密着型の店舗を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

1つの地域で何度も目にすることが増えれば、認知度も高まるため純粋想起され足を運ぶ顧客も増えるものです。

また、単純に1つの店舗だけでは来店数も限りがあるため売上という面では伸ばしずらくなります。複数店舗を構えることで、知名度もあがり売上の上限も引き上げることが可能です。

コスト圧縮・経営効率が高まる

複数の店舗を持つことで業績や店舗メニューなどを比較ができます。例えばテスト的に実施するメニュー施策やマーケティング施策は1店舗だけでは難しい場合もありますが、複数で実施することでデータが蓄積されたり、課題別の改善にもメリットがあります。

また、仕入れという点では一度に大量発注し生産活動を行う方が圧倒的にコスト削減に繋がります。原価率を下げることで、利益率を向上させることができます。

キャリパス形成と人材育成でスタッフのモチベーションが上がる

多店舗で展開していく際には必然的に店長やエリアマネージャー、出店責任者といったマネジメント職が必要になります。優秀な社員にとってポジションが用意されていることは、モチベーションにも繋がり、接客品質やリピーター獲得にもなるため結果として売上にも寄与するでしょう。

多店舗展開で考慮すべきデメリット・リスク

単一店舗よりも経費が一時的に増える

多店舗展開は売上げアップのメリットもある一方で、人件費や家賃といった固定費もつきまといます。売上が順調に伸びていれば問題はありませんが、売上減少の場合には経営を圧迫するため留意が必要です。

見るべき範囲が増え経営管理が複雑化

管理する店舗や人数が増えるほど、勤怠・売上管理・仕入れ管理といった経営管理の手間が増えて行きます。細かなマニュアルや全体売上の管理フォーマットを統一しなければ効率的な管理はできず、売上げアップの施策も見えにくくなります。

スタッフ採用とマネジメント人材不足

店舗運営をするには、現場で働くスタッフの採用に加えて店長などのマネジメントレイヤーの育成も重要です。全員が優秀なスタッフであれば良いですが、そう上手く採用することはできません。そのため、店舗オペレーションを管理しある一定水準で店舗運営を回していく店長やエリアマネージャーの育成が重要です。

新規出店を検討すべきタイミング・3つの条件

(1)資金面:店舗が繁盛し利益が出ている

新規出店を検討する際にまずは、店舗として利益が出ていることが重要です。次の店舗が確実に上手くいくということは想定できないため、会社としてのキャシュが安定していることが望ましいです。また、店舗面積の大小はさまざまですが、ピーク時に満席となっていることも1つの目安といえます。

(2)人材面:店舗を任せられる人間がいる

これまで解説してきた通り、店舗展開を考えるにあたっては人材の成長もポイントです。最低でも1つ目の店舗で開業者がいなくてもある程度任せていける人材がいなくては、2店舗目以降のことを考えることができません。

(3)再現性:成功パターンと分析ができている

また、売上が安定している理由をしっかりと理解できているか、成功の要因分析が出来ているかも重要です。これまでの店舗運営で経験したノウハウを活かしていくことが、売上げアップの最短ルートといえるため、成功パターンを分析し横展開していけるかどうかを考えましょう。

新規出店時のポイントとステップ

資金調達の方法を確認する

成功パターンに再現性をもたせることができれば、必要な資金を調達するステップに移行できます。
資金調達の方法としは支援者などに声をかける方法もありますが、助成金や補助金といった形で国が支援をしていることもあります。必要な資金の項目を整理し、受けられる支援を確認しましょう。

出店エリアの検討

新規出店にあたってどこに出すのかも重要です。客層があっているか、集客数は見込めるかといった部分に加えて、既存店とも競合しないよう近すぎず遠すぎない立地がポイントです。

また店を出すにあたって競合の存在も重要ですが、飲食店自体がすくない、人通りが少ないといった場合はそもそも飲食需要がないこともありえます。現地調査も行い出店エリアの見極めも行いましょう。

マニュアルに沿った店舗運営の徹底

新たな店舗が出来た際にはこれまでと違った人間がお店を見ることになります。そうした時に起こるのがノウハウをまとめているマニュアルを無視した店舗運営です。

これまでの成功パターンをしっかりと横展開できるよう、スタッフマニュアルや運営マニュアルは徹底するように意識しましょう。

多店舗展開のカギは人材育成と仕組み化

店舗展開を進めるにあたってのポイントを解説してきましたが、重要なポイントは業務をある程度型化してノウハウの横展開・店舗回していく人材の育成の2つといえます。

また、実際の店舗業務だけでなく集客手法やメニューの改善なども売上を上げていくには重要といえます。業務のマニュアル化が整ったら、SNSやポータルサイトの活用も意識しながら来店数の最大化を行っていきましょう。

この記事にはタグがありません。