※この記事には一部PRが含まれます。

便利屋フランチャイズのおすすめ5社を厳選!FC加盟のメリット・デメリットや必要資金も紹介

更新日:
便利屋フランチャイズのおすすめ5社を厳選!FC加盟のメリット・デメリットや必要資金も紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

少子高齢化や共働き世帯の増加など、便利屋業界は追い風が吹いています。フランチャイズに加盟すれば、未経験でもスムーズに便利屋を開業・運営していけるでしょう。本記事では便利屋のフランチャイズの選び方やおすすめチェーンを紹介します。

便利屋フランチャイズの主な仕事内容

フランチャイズの便利屋の仕事内容は、以下の通りです。

【家事全般】

  • 掃除
  • 洗濯
  • 買い物
  • ゴミ出し
  • 料理 など

【生活サポート】

  • 引越し
  • 不用品処分
  • 害虫駆除
  • 庭木の剪定
  • 電気・水道のトラブル
  • パソコン・スマホの修理 など

これらの業務は、フランチャイズ本部から提供されるマニュアルに沿って、スタッフが作業を行います。また、本部からは、宣伝広告や人材募集、資材・機材の調達、技術指導などのサポートを受けることができるため、開業後も安心して事業を展開することができます。

具体的な業務内容は、フランチャイズによって異なります。また、開業する地域のニーズに合わせて、業務内容を調整することも可能です。

便利屋をフランチャイズで開業するために必要な資金

フランチャイズの便利屋を開業するために必要な開業資金は、大きく分けて「初期費用」と「運営資金」の2つに分けられます。

開業資金

初期費用は、開業に必要な設備や備品、広告宣伝費など、開業前に一度に支払う費用です。

  • 加盟金:フランチャイズ本部に支払う費用で、ブランドの使用権や研修、サポートなどの対価
  • 車両費:業務に使用する車両の購入やリース費用
  • 資機材費:作業に必要な道具や機器の購入費用
  • 研修費:フランチャイズ本部が提供する研修を受けるための費用
  • 広告宣伝費:開業前に、チラシや看板などの広告宣伝を行うための費用

これらの費用の合計金額は、フランチャイズ本部や開業する地域によって異なりますが、一般的には100万円から300万円程度が目安となります。

運転資金

フランチャイズで便利屋を営むために必要な運転資金は、以下のとおりです。

  • 材料費:作業に使用する材料の購入費用
  • 人件費:従業員を雇用する場合の人件費
  • 光熱費:店舗や事務所の光熱費
  • 通信費:電話やインターネットなどの通信費
  • 保険料:火災保険や賠償保険などの保険料
  • その他:車両費や広告宣伝費など、上記以外の費用

これらの費用の合計金額は、開業する規模や地域によって異なりますが、月額で50万円から100万円程度が目安となります。

また、フランチャイズ本部によっては、ロイヤリティを支払う必要があります。ロイヤリティは、フランチャイズ本部に支払う、毎月の定額の費用です。金額はフランチャイズ本部によって異なりますが、月額で数万円から十数万円程度が一般的です。

そのため、フランチャイズで便利屋を営むために必要な1ヵ月あたりの運転資金は、最低でも50万円から150万円程度となります。

便利屋をフランチャイズで開業するメリット

便利屋をフランチャイズで開業する6つのメリットを紹介します。

ブランド力を活かせる

便利屋をフランチャイズで開業するメリットとして、ブランド力を活かせることは大きなポイントです。

チェーンの看板を掲げることで、顧客に信頼感や安心感を与えることができます。また、看板を目にしたことがある顧客が、自店舗を訪れる可能性も高まります。

具体的には、以下のメリットが挙げられます。

  • 顧客の信頼度や認知度が高まる
  • 新規顧客の獲得率が上がる
  • 競合他社との差別化が図れる

便利屋は、未経験者でも開業しやすい業種ですが、ブランド力を活かせることで、開業後の成功率を高めることができます。

本部の集客施策に乗れる

本部では、テレビCMやインターネット広告、SNS広告など、さまざまな集客施策を実施しています。これらの施策に加盟店が参加することで、自店舗の知名度や認知度を高め、新規顧客の獲得を図ることができます。

具体的には、以下のメリットが挙げられます。

  • 広告宣伝費を抑えられる
  • 効率的な集客が可能になる
  • 競合他社との差別化が図れる

便利屋は、未経験者でも開業しやすい業種ですが、集客施策を実施することは、開業後の成功に欠かせません。本部の集客施策に乗ることで、集客の負担を軽減し、効率的に顧客を獲得することができます。

知識や技術の面でサポートを受けられる

本部では、便利屋の業務に必要な知識や技術を学べる研修を実施しています。また、開業後にも、営業ノウハウやクレーム対応など、さまざまなサポートを受けることができます。

具体的には、以下のメリットが挙げられます。

  • 未経験でも安心して開業できる
  • 業務効率化や売上アップが図れる
  • トラブルを未然に防ぐことができる

便利屋は、未経験でも開業しやすい業種ですが、知識や技術がないと、業務に支障をきたす可能性があります。本部のサポートを受けることで、未経験でも安心して開業することができます。

必要な道具を提供してくれる

本部では、便利屋の業務に必要な道具を用意しています。加盟店は、本部から道具をレンタルまたはリースすることができます。

ただし、本部によっては、本部指定の道具の購入が必要になることもあります。また、レンタルやリースの料金が発生することもあります。

それでも、自ら道具を選ぶ必要がなく、本部が一括仕入れをすることで大量仕入れが可能になり、仕入れ単価を抑えられることがあるなどのメリットがあります。

営業代行や仕事の斡旋があることも

本部では、公式HPやSNS公式アカウントを運用し、仕事の依頼を集めています。また、その依頼を各加盟店に割り振っています。

この営業代行や仕事の斡旋により、加盟店は、自ら営業活動を行う必要がなく、仕事の獲得にかかる手間と時間を省くことができます。

ただし、このような営業代行や仕事の斡旋は、すべてのフランチャイズにあるわけではありません。加盟を検討する際には、本部がどのような営業代行や仕事の斡旋を行っているか確認しておきましょう。

本部が不用品が買い取ってくれることも

便利屋をフランチャイズで開業するメリットとして、「本部が不用品が買い取ってくれることも」が挙げられます。

便利屋は、個人宅や店舗の片付け・清掃代行などを行うこともあります。その際に改修した不用品は、処分費用がかさむため、廃棄するケースが少なくありません。

しかし、本部が不用品を買い取ってくれる場合、不用品を処分する手間や費用を抑えることができます。不用品から利益を上げることもできるでしょう。

ただし、これは加盟するフランチャイズにより異なるため、加盟を検討する際には、本部が不用品を買い取っているかどうかを確認しておきましょう。

便利屋をフランチャイズで開業するデメリット

便利屋に限らず、フランチャイズでの開業には「加盟金やロイヤリティの支払いがある」「個人経営より自由度が低い」などのデメリットがあります。

加盟金やロイヤリティの支払いがある

便利屋をフランチャイズで開業するデメリットとして、「加盟金やロイヤリティの支払いがあること」が挙げられます。

加盟金は、フランチャイズに加盟する際に支払う初期費用です。金額は、フランチャイズ本部によって異なりますが、100万円から300万円程度が相場です。

ロイヤリティは、毎月本部に支払う継続的な費用です。金額は、フランチャイズ本部によって異なりますが、5万円から10万円程度が相場です。

これらの費用は、本部から提供される集客や経営のサポートの対価です。これらのサポートにより、加盟店は、自力で開業するよりも、開業後の成功率を高めることができます。加盟を検討する際には、かかる費用とその対価を天秤にかけて考えることが大切です。

個人経営より自由度が低い

便利屋をフランチャイズで開業するデメリットとして、個人経営より自由度が低いことが挙げられます。

フランチャイズでは、本部からブランドやノウハウ、仕入れ先などの提供を受けることができます。その一方で、本部からさまざまなルールや規制が課されることもあります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 商号やロゴの使用
  • サービス内容
  • 営業時間
  • 料金設定
  • 広告宣伝
  • 従業員の採用や教育

これらのルールや規制は、本部が統一したブランドイメージや品質を維持するために設けられています。しかし、個人経営であれば自由に決めることができるこれらの事項が、フランチャイズでは制限されるため、自由度が低くなるというデメリットがあります。

ただし、便利屋という業種自体の自由度が高いため、他業種と比べるとあまり気にならないかもしれません。便利屋は、さまざまな作業に対応できるため、本部から提供されるルールや規制に従いながらも、自分なりの工夫やアイデアを活かして経営をすることができます。

また、フランチャイズ本部によっては、加盟店の自由度を高めるために、柔軟なルールや規制を設けているところもあります。そのため、フランチャイズに加盟する際には、本部がどのようなルールや規制を設けているかを事前に確認しておくことが大切です。

便利屋のフランチャイズの選ぶポイント

便利屋のフランチャイズはどのように選べばいいのか、5つの選定ポイントを紹介します。

提供サービスの内容

便利屋は、さまざまな作業に対応できるため、提供サービスの内容はフランチャイズによって異なります。

一般的に、便利屋が提供しているサービスには、以下のようなものが挙げられます。

【家事代行】

家事代行は、掃除や洗濯、料理などの家事を代行するサービスです。子育てや介護、仕事などで忙しい人や、家事を自分でするのが苦手な人などに人気があります。

【リフォーム・修繕】

リフォーム・修繕は、住宅や店舗などの建物を改修するサービスです。壁紙の張り替えや床の張り替え、トイレやキッチンの交換などのほか、水漏れや漏電などの修繕も行います。

【不用品回収】

不用品回収は、不要になった家具や家電などの不用品を回収するサービスです。引っ越しや断捨離などで不用品が出たときに便利です。

【遺品整理】

遺品整理は、故人の遺品や家財道具を整理するサービスです。遺族の負担を軽減するために、遺品整理士などの専門家が対応します。

【その他】

  • 車の洗車や車検
  • 草刈りや庭木の剪定
  • エアコンの掃除や故障修理
  • ピアノの調律
  • ゴミ出し

便利屋を選ぶ際には、自分が提供したいサービスや、ターゲットとする顧客層に合わせて、提供サービスの内容を検討しましょう。

例えば、子育てや介護の家庭をターゲットとするなら、家事代行やリフォーム・修繕などのサービスを充実させるとよいでしょう。

また、高齢者をターゲットとするなら、不用品回収や遺品整理などのサービスを充実させるとよいでしょう。

なお、フランチャイズ本部によっては、提供サービスの内容を自由にカスタマイズできるところもあります。

そのため、自分の希望に合わせて、提供サービスの内容をカスタマイズできるフランチャイズを選ぶことも検討しましょう。

知名度・ブランド力

知名度やブランド力が高いフランチャイズは、すでに多くの顧客から認知されており、集客に有利です。

知名度やブランド力を測るには、以下の指標が挙げられます。

  • フランチャイズ本部の創業年数
  • 加盟店数
  • 広告宣伝費
  • メディア露出

創業年数が長い、加盟店数が多い、広告宣伝費を多く投じている、メディアに多く露出しているフランチャイズは、知名度やブランド力が高く、集客に有利と言えるでしょう。

ただし、知名度やブランド力が高いフランチャイズは、加盟金やロイヤリティが高くなる傾向があることに注意が必要です。

そのため、知名度やブランド力と加盟金やロイヤリティのバランスを考慮して、選ぶようにしましょう。

集客施策

フランチャイズ本部は、広告宣伝やSNS運用など、さまざまな集客施策を行っています。これらの集客施策に便乗することで、自力で集客を行うよりも、効率的に集客することができます。

また、本部によっては、営業代行や仕事の斡旋などのサポートを行っていることもあります。

これらのサポートを利用することで、営業活動の手間を省いたり、仕事の獲得にかかる時間を短縮したりすることができます。

便利屋のフランチャイズを選ぶ際には、本部がどのような集客施策を行っているのか、営業代行や仕事の斡旋などのサポートを行っているのかを、確認しておきましょう。

サポートとロイヤリティのバランス

フランチャイズ本部は、加盟店に対して、さまざまなサポートを提供しています。

これらのサポートは、加盟店の開業や経営を成功させるために、非常に重要なものです。

しかし、サポートには費用がかかるため、ロイヤリティの一部がサポート費用に充てられています。

そのため、本部から加盟店へ提供されるサポートが、ロイヤリティに見合っているかどうかを検討することが大切です。

具体的には、以下の点をチェックしましょう。

  • サポートの内容が、自分の開業や経営に必要か
  • サポートの質や頻度は、十分か
  • サポートの費用は、適切か

サポートの内容が自分の開業や経営に必要かどうかは、自分のビジネスモデルや目標によって異なります。これらの点を総合的に判断して、サポートとロイヤリティのバランスが取れているフランチャイズを選びましょう。

本部のビジョンや理念

便利屋のフランチャイズを選ぶ際には、本部のビジョンや理念も重要なポイントです。

フランチャイズにはそれぞれルールがあり、その縛りの中で営業を行うことになります。

そのため、ビジョンや理念に共感できる本部を選ぶことで、ルールへの納得感やモチベーションを高めることができます。

反対に、価値観の合わないフランチャイズに加盟すると、窮屈に感じ、事業へのモチベーションが下がってしまうかもしれません。

また、本部のビジョンや理念が実現可能なものかどうかも重要です。

実現不可能なビジョンや理念を掲げている本部は、経営が不安定になる可能性もあります。

おすすめの便利屋フランチャイズを比較

便利屋のフランチャイズについて、提供サービスの内容や加盟店が支払う費用などについて比較します。

便利屋!お助け本舗

便利屋!お助け本舗
  • 全国280店舗の業界最大規模
  • 各種メディアに取り上げられたブランド力
  • 低資金・低リスクで開業可能

お助け本舗は、全国で280店舗を展開する業界最大の便利屋です。お客様の様々なお困りごとを全国各地から依頼されており、この10年会で依頼数が10倍にまで増加しました。テレビや雑誌などの各種メディアにおいて取り上げられ、圧倒的な信頼と依頼件数を誇っています。

高齢化に伴って市場や需要は拡大しており、現在でも約60%程の依頼しか対応できていない現状があります。また、開業資金は約99万円であるため、低資金で開業でき、多くの需要がある業界と言えます。

加盟している方のほとんどは未経験で様々な職種の方がいます。資格も経験も必要なく、日常的な作業依頼がほとんどです。これまでの経験を生かして仕事に取り組めるという魅力があります。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟費:約10万円
研修費:約7万円
販促・書類一式:約80万円
約5万円3年280店舗
便利屋!お助け本舗開業資金

便利屋!お助け本舗公式サイト

便利屋お助けマスター

便利屋お助けマスター
  • 自分のペースで安定した収益が確保できる
  • 1店舗あたり月間40件以上のお問い合わせ
  • 高齢者はもちろん、30代からの依頼を受けれる集客ノウハウ

便利屋お助けマスターは、2016年に開業した便利屋です。これまでの集客・リピート戦略を編み出した経験から、月間お問い合わせ数が1店舗につき40件以上にまで昇り詰めました。

集客やリピート戦略のノウハウを受け、スタートアップから急速に収入を伸ばすことが可能です。また、便利屋は自宅開業ができるため、低リスクで始められます。今より収入を増やしたいと考えている人や家族と過ごす時間を増やしたいと考えている人にとっては、自分のペースで進める事ができるため、安定して収益を獲得できる業種です。

開業にあたり、開業資金が必要になりますが、便利屋お助けマスターでは開業前の融資サポートが受けられるほか、開業直後までの技術研修やオーナー面談を実施しています。さらに開業後は開業窓口が設定されており、見積金額を本部に確認することも可能です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:30万円
研修費:21万円
資材費:50万円
保証金:15万円
55,000円要問い合わせ30店舗 ※2023年10月時点
便利屋お助けマスター開業資金

便利屋お助けマスター公式サイト

便利屋七福神

便利屋七福神
  • 年収1000万円も可能
  • 本部からの手厚い研修・サポートが受けられる
  • WEB販促に強みを持つ

便利屋七福神は、顧客満足度No.1を目指すトータルライフサービス業者です。家事代行からハウスクリーニング、改善・修繕といった幅広いお手伝いをサポートしています。一度見つもりした後は追加料金が発生しないため、お客様にとって安心して利用してもらえる仕組みを作っています。

便利屋七福神は、WEB販促に強みを持っているFC本部です。店舗ページの制作やオープン時の販促は本部がバックアップしてくれるため、開業時の強い味方となってくれます。また、3日間にわたる研修は現場レベルまでに落とし込んだ具体的なマニュアルを元に難易度の高い対応についても習得することが可能です。

他の便利屋にはない独自のサービスとして高圧洗浄サービスを導入しています。このように様々なお客様に向けたニーズに対応しながら、全国各地に展開しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:100万円
初期研修費・開業支援:100万円
WEB制作・システム導入費:50万円
保証金:30万円
要問い合わせ77店舗 ※出店予定店舗数
便利屋七福神開業資金

便利屋七福神公式サイト

町の便利屋さんファミリー

町の便利屋さんファミリー
  • 30年以上培ってきた技術・ノウハウを授与
  • 開業資金が全額ローン可能
  • 大手企業と業務提携・協力

町の便利屋さんファミリーは、創業37年を誇る便利屋です。長年の便利屋開業ノウハウでフランチャイズ加盟店をサポートします。これまで培ってきたノウハウは約3週間にわたる研修で学ぶことが可能です。

関東首都圏をはじめ、全国各地で生活救急車(JBR)やホームセンターと提携・協力が行われています。また、作業中に万が一分からないことが起きた場合でも、本部が全てサポートしてくれます。技術や運営に関する全体的なコンサルタントはもちろん、経済面やスタッフの管理、顧客獲得に関しても本部が個別に指導してくれるため、安心して開業が可能です。

開業には加盟店になるコースと加盟店にならず自由開業できるコースがあります。加盟店として開業すると、ノウハウを受けられるだけ出なくサポートが充実しています。さらに、開業資金をローンで全額払うことができるため、開業時に自己資金は0円で始める事ができます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:30万円
研修費:45万円
開業キット:60万円
5万円(月額)要問い合わせ要問い合わせ
町の便利屋さんファミリー開業資金

町の便利屋さんファミリー公式サイト

おうちの御用聞き家工房

おうちの御用聞き家工房
  • 御用聞きメニューは電球交換の100円から
  • 独立未経験者も安心して開業できるサポート体制
  • 低資金でスタートできる

おうちの御用聞き家工房は、小さなお手伝いから大きな困りごとまで解決する便利屋です。対象エリア内であれば、ちょっとしたご相談も出張費は頂かずに受けられる気軽さがあります。

家工房は加盟店オーナーとの共存共栄を目指しているため、開業前の準備から開業後の経営を力強くサポートする体制が整っています。現場のオーナー同士が集える場所づくりをするため、1年に一回全加盟店を集めた全国大会を開催しています。

店舗は不要で一人で開業できるため、低投資で始めることが可能です。約8割の方は融資を受けて開業しているため、自己資金100万円からでも開業可能です。家工房のメニューはタンか100円からご用意していますが、継続してお付き合いにつながる仕事であるため、永く事業が続けられます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:143万円
研修費:44万円
開業パック:99万円
スタートダッシュパック:36万3千円
保証金:30万円
4万4千円(月額)要問い合わせ147店舗 ※2021年12月時点
おうちの御用聞き家工房開業資金

おうちの御用聞き家工房公式サイト

少子高齢化や共働き世帯の増加など、便利屋業界には追い風が吹いている

便利屋業界は、少子高齢化や共働き世帯の増加など、さまざまな社会情勢の変化を背景に、近年成長を続けています。

便利屋は、家事代行やリフォーム・修繕、不用品回収など、さまざまな作業に対応できるため、忙しい人や、家事を自分でするのが苦手な人、高齢者など、幅広い層から需要があります。

便利屋のフランチャイズを選ぶ際には、以下の5つのポイントを押さえることが大切です。

  • 提供サービスの内容
  • 知名度・ブランド力
  • 集客施策
  • サポートとロイヤリティのバランス
  • 本部のビジョンや理念

これらのポイントをしっかりと検討して、自分に合ったフランチャイズを選ぶことで、開業後の成功率を高めることができます。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

便利屋フランチャイズのおすすめ5社を厳選!FC加盟のメリット・デメリットや必要資金も紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved