※この記事には一部PRが含まれます。

個人事業主として飲食店を開くメリットと節税・成功のコツ!開業の流れも解説

更新日:
個人事業主として飲食店を開くメリットと節税・成功のコツ!開業の流れも解説のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

飲食店を開業する際には、個人事業主から始めるのがおすすめです。個人事業主は開業時の手続きが簡単で、開業初期の節税効果が高いです。個人事業主として飲食店を開くメリットや成功のコツ、インボイス制度への対応などについて、まとめて解説します。

個人事業主として飲食店を開くメリット

はじめて飲食店を開くなら、法人よりも個人事業主がおすすめです。個人事業主の方が開業も店舗の運営もしやすく、売上規模が小さいうちは税金を抑えやすいです。

個人事業主として飲食店を開くメリットを3つ紹介します。

小回りが利く

個人事業主として飲食店を開く1つ目のメリットは、「小回りが利く」ことです。

株式会社や合同会社などの法人と比べて、個人事業主は経営の自由度が高いです。経営判断のスピードや柔軟性が求められる飲食店経営において、これは大きなメリットとなります。

たとえばメニューや営業時間の変更、従業員の採用や解雇など、個人経営の方がスピーディに意思決定できるでしょう。店舗のレイアウトや内装の変更など、お店づくりに関する細かい部分まで、自分の思い通りに決められます。

小回りが利くということは、経営の効率化においても自由なお店づくりにおいても重要です。「一国一城の主として、自分らしいお店をつくりたい」「お客さまの声を反映しながらより良いお店をつくっていきたい」という人にとっては、特に大きなメリットといえます。

手続きが簡単

個人事業主として飲食店を開く2つ目のメリットは、「手続きが簡単」なことです。

個人事業主は開業手続きが簡易化されているため、少ない労力と費用で開業できます。具体的には、次のような手続きが必要です。

  • 開業届の提出
  • 飲食店営業許可の取得
  • 食品衛生責任者の選任
  • 防火管理者の取得(収容人数30人以上の場合)

これらの手続きは自分でも問題なく進められるでしょう。法人のように定款や登記などの手続きが必要ないため、短期間・低コストで開業できます。

節税しやすい

個人事業主として飲食店を開く3つ目のメリットは、「節税しやすい」ことです。

個人事業主は青色申告特別控除により最大65万円の特別控除を受けられます。店舗の形態によっては家事按分により、家賃や光熱費などの経費を計上できることもあります。

何より、所得規模が低いうちは法人よりも個人事業主の方が税率が低いです。

インボイス制度が個人飲食店に与える影響

インボイス制度により免税事業者でいることのデメリットが大きくなり、課税事業者になる個人事業主が増えました。取引先から適格請求書を求められる可能性が高く、節税メリットよりも、取引先減少のデメリットが大きくなりやすいからです。

しかし、個人飲食店の主なお客さまは一般消費者であり、他業種に比べて影響が少ないといえます。

インボイス制度が個人経営の飲食店にどのような影響を与えるのか、免税事業者でいることと課税事業者になることのメリット・デメリットを紹介します。

免税事業者でいるメリット・デメリット

飲食店を運営する個人事業主にとって、「免税事業者でいるメリット・デメリット」として次のようなものが挙げられます。

【メリット】

  • 売上規模が低いうちは消費税の納税義務が免除される
  • 消費税分の利益をそのまま得ることができる
  • 事務手続きが簡単

【デメリット】

  • 事業者からの大口発注が減るリスクがある
  • ビジネス利用のお客さまが減るリスクがある

免税事業者の場合、基準期間の課税売上高が1,000万円以下だと消費税の納税義務が免除されます。消費税分が免除された分、そのまま利益が増えるのです。また、事務手続きも簡素であり、特にオーナーが事務作業をする場合は負担を軽くできるでしょう。インボイス制度への登録が不要です。

その一方で、課税事業者との取引が減るリスクがあります。免税事業者との取引は仕入税額控除の対象外となるため、弁当屋や仕出し屋などの場合、業者からの大口発注が減るかもしれません。ビジネスパーソンが接待や商談の場としてお店を利用しても、経費に計上できないため、このようなお客さまも減るでしょう。

課税事業者になるメリット・デメリット

飲食店を運営する個人事業主にとって、「課税事業者になるメリット・デメリット」として次のようなものが挙げられます。

【メリット】

  • ビジネス利用のお客さまを増やしやすい
  • 取引先の課税事業者との取引がスムーズになる

【デメリット】

  • 消費税の納税義務が生じる
  • 消費税に関する事務手続きが必要になる

適格請求書を発行できる課税事業者の場合、ビジネス利用のお客さまが飲食費を経費として計上できるようになります。オフィス街の飲食店なら、消費税の負担が増えるとしても課税事業者になった方が売上へのダメージを抑えられ、利益が残りやすくなるかもしれません。弁当屋や仕出し屋などの場合、業者からの大口注文も受けやすくなるでしょう。

その一方で、消費税の納税義務が生じたり事務手続きが煩雑になったりとデメリットもあります。軽減税率と標準税率を明確にして適格請求書の発行や保管をしなければならなかったり、経理作業の負担が大きくなるかもしれません。適格請求書発行事業者の登録手続きも必要です。

飲食店を開く前に知っておきたい、節税のコツ

売上規模が小さいうちは、法人よりも個人事業主の方が節税しやすいです。飲食店の節税のコツを紹介するので、お店を開く前に法人化のタイミングを考えておきましょう。

青色申告で確定申告する

個人経営の飲食店が節税するための1つ目のコツは、「青色申告で確定申告する」ことです

青色申告では複式簿記で帳簿を付けなければならず、経理作業の手間が少し大きくなりますが、最大65万円の特別控除を受けられます。家族への給与や30万円未満の固定資産を経費にできる、自宅と店舗が一体となっている場合に家賃や電気代の一部を経費にできるなどのメリットがあります。

経費計上や控除により所得額を抑えることで、所得税や住民税の額を抑えられます。

ビジネスモデルによるが、免税事業者がおすすめ

個人経営の飲食店が節税するための2つ目のコツは、「免税事業者でいる」ことです。ビジネスモデルやターゲット層にもよりますが、飲食店は免税事業者でいるメリットが大きいです。

インボイス制度により免税事業者は対事業者との取引が不利になりましたが、一般消費者との取引に大きな影響はありません。一般消費者が主なターゲット層なら、免税事業者のままでいた方が得でしょう。

売上1,000万円を超えたら法人化しよう

個人経営の飲食店が節税するための3つ目のコツは、「売上1,000万円を目処に法人化する」ことです

「免税事業者は消費税の納税義務を免除される」と先述しましたが、これは売上1,000万円以下の場合です。

税率に関しても、売上1,000万円が境目となります。法人税率が23.2%なのに対し、個人事業主の所得税率は最大45%で、売上規模が大きくなるほど税率は高くなっていきます。

消費税の納税義務や法人・個人事業主の税率を考えると、年間売上1,000万円を越えるタイミングでの法人化がおすすめです。

個人が飲食店で成功するためのコツ

個人が飲食店を開き、成功するためのコツを3つ紹介します。

コンセプトとターゲットを明確にしよう

個人経営の飲食店で成功するための1つ目のコツは、「コンセプトとターゲットを明確にする」ことです。

コンセプトとターゲットが明確になっていないと、お客さまのニーズに応えることができず集客に苦労したり、経営方針がブレてしまい安定した経営が難しくなったりするでしょう。

これらを明確にすることでどんなお店をつくればいいのか、どのような集客施策を取ればいいのかが見えてきます。自分の強みやこだわりを活かすこと、競合店との差別化などを意識して、お店のコンセプトを考えてみましょう。

立地選びでは情報収集が大切

個人経営の飲食店で成功するための2つ目のコツは、「立地を決める前に、丁寧に情報収集をする」ことです。

立地は、飲食店の成功に大きく影響します。次のような観点から慎重に立地を選びましょう。

  • ターゲット顧客の属性
  • 競合店の立地
  • 交通アクセス
  • 周辺環境
  • 賃料 など

ターゲットの年齢や性別、居住エリア、趣味・嗜好など、顧客の属性を細かく設定し、集客できる立地を探しましょう。出店候補地の日中と夜間の人口構成を調べ、お店のコンセプトとターゲットに合う立地か確認するのが大切です。

集客について勉強しよう

個人経営の飲食店で成功するための3つ目のコツは、「集客について勉強する」ことです。

次のように、集客にはさまざまな方法があります。

  • チラシやポスターの配布
  • インターネットやSNSの活用
  • グルメサイトへの掲載
  • イベントやキャンペーンの開催 など

新規獲得とリピート促進では、適した集客方法が異なります。集客について勉強することで、目的やターゲット顧客に合わせた効果的な集客方法が見えてきます。

集客の勉強は書籍やセミナーだけでなく、Webでもできます。集客の基礎知識を身につけたい方には、こちらの記事がおすすめです。

個人が飲食店を開くまでの大まかな流れ

個人が飲食店を開くまでの大まかな流れは次のとおりです。

【開業12ヵ月前】

  • お店のコンセプトを決める
  • 店名を決め商標登録する

【開業11ヵ月前】

  • 事業計画を立てる
  • 事業計画書を作る

【開業8ヵ月前】

  • 出店エリアを決める
  • 内装業者と物件を回る

【開業6ヵ月前】

  • 資金調達

【開業4ヵ月前】

  • メニュー作りや商品選び

【開業3ヵ月前】

  • 内装・設備設計
  • 内装工事
  • 設備の購入

【開業2ヵ月前】

  • 什器や備品の購入
  • 商品の仕入れ
  • スタッフの採用・教育

【開業1ヵ月前】

  • 資格取得・届出
  • 最終確認
  • プレオープン

各工程の詳細はこちらの記事で解説しています。

https://wp-franchise.orend.jp/mag/b0047

個人事業主として飲食店を開く2つの方法

個人事業主として飲食店を開く方法は、大きく「自分でお店を立ち上げる方法」と「フランチャイズへの加盟」に分けられます。

自分でお店を立ち上げる

自分でゼロからお店を立ち上げるのは大変ですが、メニューや内装から人材の採用・教育まで、すべて自分の思うようにできます。こだわりが強い人やお客さまの声を反映してお店を改善していきたい人におすすめです。

ただ、自分でお店を立ち上げる場合、経営や集客などは自力で学び実践しなければなりません。

フランチャイズに加盟する

フランチャイズに加盟することで、チェーンのブランド力を利用して集客できます。フランチャイズ本部がテレビCMやWeb広告などを打つこともあり、コストをかけずに客数を一気に増やせることもあるでしょう。

経営や集客に関するノウハウ、独自の仕入れルートや業務効率化に役立つシステムなどを提供してもらえることも多いです。未経験からの開業はもちろん、経営・集客に対する不安が多い人にもおすすめの方法です。

個人経営に比べて自由度は低くなりますが、安定経営を目指しやすいでしょう。膨大なレシピから自由にメニューを選べるチェーン、オリジナルメニューを開発できるチェーン、好きな店名を掲げられるチェーンもあります。

個人の飲食店開業におすすめのフランチャイズ

個人の飲食店開業におすすめのフランチャイズを紹介します。自由度の高いチェーンや特徴的なビジネスモデルのチェーンも多いので、ぜひ参考にしてください。

21時にアイス

21時にアイス
  • 夜間運営特化型ソフトクリーム店
  • 年間を通して安定した売り上げ
  • マニュアル化された作業と充実のサポート体制

21時にアイスは、夜間運営に特化したソフトクリーム店です。一般的なアイスクリーム屋さんと比較して、16時30分〜24時に営業しています。大阪や奈良など関西圏を中心として展開しています。

ソフトクリームは季節や気温に売上が左右されやすい印象ですが、自分へのご褒美として年間を通して買い求める人も少なくありません。また、2023年12月時点でInstagramのフォロワー数は3.7万人とSNSの集客に強いです。

開業資金は700万円~800万円と飲食業界では比較的低資金で開業が可能です。また、アルバイトスタッフでも店舗を回せる作業のマニュアル化が施されているため、安心して運営できます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
開業資金:700~800万円4~6%3年要問い合わせ
21時にアイス開業資金

21時にアイス公式サイト

お酒の美術館

お酒の美術館
  • お酒がワンコインから楽しめる
  • サクッと立ち寄れる日本初のコンビニバー
  • 圧倒的な仕入れ力と卸価格による低コスト高利益率

お酒の美術館は、世界中のお酒を取り揃えており、希少なウイスキーやオリジナルブレンドのウイスキーを使ったハイボールが楽しめるバーです。オールドボトルの品揃えは業界随一であり、リーズナブルで楽しめる価格設定で、幅広いお客様に楽しんでいただけます。

特別な方法を使った仕入れにより、一般の酒屋には真似できない品揃えと卸価格を実現しています。いっぱいあたりの原価率は5%でフード提供もないことから、低コストで高利益率な運営が可能です。

店舗はコンビニや駅構内で出店できるため、流動的にお客様を集客可能です。また、コンビニが集客のきっかけとなり、宣伝広告費も不要になります。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:150万円
研修費:150万円
什器備品:45万円
初回仕入:75万円
保証金:50万円
10万円/月要問い合わせ要問い合わせ
お酒の美術館開業資金

お酒の美術館公式サイト

Café Hanamori

Café Hanamori
  • 低投資で開業可能
  • カフェ・バル・テイクアウト・デリバリーと様々な需要に対応
  • 店舗デザインやオペレーションから顧客満足度を徹底追及

Café Hanamoriは、花守り(はなもり)という言葉からゆっくりと過ごせる穏やかな空間を提供しているカフェです。おひとりさまでも気軽に立ち寄れる魅力があり、幅広いシーンで利用できます。

モーニングやランチはカフェとして、夕方以降はバルとして営業でき、テイクアウトやデリバリーなどお客様の需要に合わせた営業が可能です。さらに、営業時間やメニュー、店舗の内装に至るまで自由に設計することが可能であるため、自分のオリジナル店を目指せます。

飲食業界の中でも低資金で開業でき、お客様に足を運んでいただける仕組みがあるため、安定した収益を得られます。また、本部からの開業前後のサポートも充実しており、顧客満足度の高い店舗を作り上げることが可能です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:100万円
データ支給費:50万円
物件取得費:100万円
開業費:50万円
売上の3%5年30店舗
Café Hanamori開業資金

Café Hanamori公式サイト

低リスクで飲食業を始めたいならキッチンカーもおすすめ

低リスクで飲食業を始めたいなら、固定の店舗を構えるのではなくキッチンカーで開業するのも良いでしょう。キッチンカーは150万~200万円ほどで開業できることが多く、1~2人でも十分に運営できるので人件費も抑えられます。

出店をイベント会場に絞り、土日のみの副業として始めるのもリスクヘッジになるでしょう。

そんな低コスト・低リスクで開業できるキッチンカーのフランチャイズを紹介します。

空とぶ唐揚げ

空とぶ唐揚げ
  • からあげグランプリ金賞受賞
  • スーパー・イベント会場の実績多数
  • メディア露出が多く知名度が高い

空とぶ唐揚げはからあげグランプリ金賞受賞のからあげ専門店です。メディアに何度も取り上げられているため知名度が高く、看板を掲げているだけでも集客できるでしょう。

ドンキホーテやドコモショップ、各種スーパーへの出店はもちろん、イベント会場への出店実績も抱負です。保育園や町内会のお祭りなど、地域密着型のイベントにも多数出店しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
195万円なし要問い合わせ要問い合わせ
空とぶ唐揚げの概要 ※開業資金は一例です

空とぶ唐揚げ公式サイト

黄金鯛焼き

黄金鯛焼き
  • スーパー・プラザへの出店実績多数
  • 100店舗以上の飲食店を支援してきたコンサルティングを提供
  • 固定店舗にも対応

黄金鯛焼きはTSUTAYAやマックスバリュー、各種スーパーなど、有名店やプラザへの出店実績が豊富な鯛焼き専門店です。フランチャイズは100店舗以上の飲食店を支援してきたコンサルティング会社です。そのノウハウを活かして「成功する店舗」をつくるためにさまざまなサポートを提供してくれます。

キッチンカーはもちろん、固定の店舗を開くこともできます。固定店舗の場合も立地・テナント選びからサポートしてもらえるので、立地選びのリスクは低いでしょう。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
215万円~月5万円24ヵ月80店舗以上
黄金鯛焼きの概要

黄金鯛焼き公式サイト

丸果じゅ屋

丸果じゅ屋
  • 新鮮なフルーツを使ったフルーツジュース専門店
  • フルーツをそのまま容器にしたSNS映えする商品
  • 3日間の研修でスピード開業

丸果じゅ屋は大阪生まれのフレッシュジュース専門店です。フルーツをそのまま容器にしてジュースを提供する、SNS映えする商品を展開しています。お客さまがSNSでお店の宣伝をしてくれるだけでなく、街でたまたま見かけた人の興味を引ける、インパクトのある商品です。

3日間の研修でスピード開業できるのも魅力的です。保健所の営業許可を取るためのフォロー、経営に関する悩みを相談できるオンラインミーティングなど、手厚いサポートを受けられます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせなし要問い合わせ要問い合わせ
丸果じゅ屋の概要

丸果じゅ屋公式サイト

COLOR CAFE

COLOR CAFE
  • クレープ・スイーツ専門のキッチンカー
  • かわいい商品とキッチンカーは集客力抜群
  • 本部による手厚いサポートと集客・宣伝

COLOR CAFEクレープ・スイーツ専門のキッチンカーです。SNS映えする商品と、目を引く黄色のトラックで、抜群の集客力を誇ります。

本部が集客・宣伝に力を入れているのも特徴です。メディアへの出店実績が多数あり、フランチャイズ加盟からオープンまでの密着動画や現役オーナーの取材動画などを放送。公式サイトからこれらの番組を視聴することもできます。

イベント会場向けの「出店依頼フォーム」を公式HPに設置したり、YouTubeチャンネルの運営に力を入れたり、出店依頼を集めるためにさまざまな取り組みをしています。

公式HPからは先輩オーナーへのインタビューを視聴でき、デザインもきれいなので、一度チェックしてみましょう。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
290万円~なし要問い合わせ要問い合わせ
COLOR CAFEの概要 ※軽BOXFC開業パックプランの場合

COLOR CAFE公式サイト

飲食店は個人事業主から始めるのがお得!

飲食店を開業する際には、個人事業主から始めるのがおすすめです。個人事業主は法人比べて開業時の手続きが簡単で、費用も抑えられます。消費税の納税義務が免除されるため、初期費用を抑えることもできます。

開業初期の節税効果が大きく、経営が安定しやすいでしょう。売上1,000万円を目安に法人化することで、効果的な節税ができます。

安定経営を重視するなら、フランチャイズへの加盟もおすすめです。フランチャイズへの加盟は集客面でのメリットが大きく、経営の経験不足も補えます。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

個人事業主として飲食店を開くメリットと節税・成功のコツ!開業の流れも解説のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved