※この記事には一部PRが含まれます。

開業年数ごとの飲食店が潰れる確率は?必要資金や失敗しないためのアイデアも紹介

更新日:
開業年数ごとの飲食店が潰れる確率は?必要資金や失敗しないためのアイデアも紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

飲食店は開業から3年以内の廃業率が50%近い、潰れる確率が高い業種です。本記事では潰れる確率を低くするためのアイデアや飲食店を開業するために必要な資金について解説。低コスト・低リスクで開業できる飲食店フランチャイズも紹介します。

開業年数ごとの飲食店が潰れる確率

開業年数ごとの飲食店が潰れる確率

出典:【閉店店舗のデータから分析】閉店しやすい飲食店の傾向とは 飲食店ドットコム 居抜き売却

飲食店ドットコムを運営する株式会社シンクロ・フードの調査によると、飲食店の約半数が開業から2年以内に潰れていることがわかります。これはほかの業種と比較しても非常に高い水準です。

飲食店は、流行やトレンドの影響を大きく受けやすい業界です。新しく流行ったメニューや業態が登場すれば、それまで繁盛していたお店もあっという間に客足が途絶えてしまうかもしれません。

業態がさまざまであり経営が難しいことも、飲食店の潰れる確率が高い一因でしょう。飲食店の業態は居酒屋、カフェ、レストラン、ファストフード、弁当屋など多岐にわたります。それぞれの業態には異なる経営ノウハウや需要があります。適切な業態とそれに合う立地を選べないと、経営が立ち行かなくなる可能性が高くなります。

何より、飲食業界は競争が激しいです。常に新しいお店が参入・撤退をくり返す飲食業界で生き残るためには、常に高いレベルのサービスを提供できなければなりません。

3年続いた飲食店はなかなか潰れない

裏を返せば、3年続いた飲食店はなかなか潰れないといえます。3年続けるうちに周りのライバル店は減り、常連客は増えているでしょう。地域の特性やニーズへの理解も深まっているはずで、それに合わせてお店を改善していくこともできます。

この間に経営ノウハウを蓄積できていれば、売上やコストなどの経営状況を把握し、改善策を講じることができるようになっているはずです。金融機関の信頼が得やすくなり、融資の審査にも通りやすくなるでしょう。これらは赤字や経営難に対するリスクヘッジとなります。

飲食店の潰れる確率が高い5つの理由

飲食店は他業態と比べても潰れる確率が高いです。その理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

理由1.利益率が低いから

飲食店の潰れる確率が高い1つ目の理由は、「利益率が低いから」です。飲食店の利益率は一般的に10%ほどといわれ、他業種と比べて低いです。

飲食店では、原材料費と人件費が大きなコストを占めます。食材や調味料などの原材料費、アルバイトやパートにかかる人件費が大きく、利益率が圧迫されます。

理由2.開業・運営のコストが高いから

飲食店の潰れる確率が高い2つ目の理由は、「開業・運営のコストが高いから」です。

飲食店は開業のための初期費用が大きく、固定費も多いのも経営が圧迫される大きな要因でしょう。飲食店を開業するためには、店舗の賃貸料や内装費用、厨房設備の購入費などの初期投資が必要です。その後にかかる家賃や水光熱費などの固定費も、他業種と比べて割高です。

飲食店は開業費で予算が圧迫されやすく、十分な運転資金を残せずに開業せざるを得ないことも多いでしょう。他業種と比べ水光熱費がかさみやすいため、残った運転資金が減るスピードも早いです。

理由3.計画不足で開業する人も多いから

飲食店の潰れる確率が高い3つ目の理由は、「計画不足で開業する人も多いから」です。飲食店を開業するためには、次のように、さまざまな計画を立てなければなりません。

  • 事業計画
  • 資金計画
  • 人材計画
  • マーケティングの計画
  • リスクマネジメント

これらの計画をしっかりと立てなければ、経営がうまくいかず、廃業に追い込まれる可能性が高くなります。しかし、考えるべきことが多すぎて、一つひとつの計画を入念に立てられない人も少なくありません。

理由4.集客の知識が足りない人も多いから

飲食店の潰れる確率が高い4つ目の理由は、「集客の知識が足りない人も多いから」です。

飲食店経営において、集客は最も重要な要素とすらいえます。集客がうまくいかなければ売上が立たず、経営が成り立ちません。

しかし、飲食店を開業する際に、集客の知識をしっかりと身につけている人はあまり多くありません。中には、集客の方法を全く知らないまま、開業してしまう人もいます。飲食店を開きたいと考える人の多くは料理が好きな人やシェフなどであり、集客・マーケティングに関しては専門外だからです。

理由5.こだわりが強すぎる人も多いから

飲食店の潰れる確率が高い5つ目の理由は、「こだわりが強すぎる人も多いから」です。

飲食店経営において、こだわりは大切なものです。しかし、こだわりが強すぎるあまり、お客さまのニーズを無視してしまうことも考えられます。

たとえば味や雰囲気にこだわりすぎて、価格が高くなりすぎると、お客さまにとって気軽に行けないお店になってしまうかもしれません。また、自分の好きな料理やサービスを提供することにこだわりすぎて、ターゲット顧客を明確にしないことも集客の妨げになります。

こだわりは、あくまでもお客さまのニーズを満たすための手段であり、目的ではありません。こだわりを持ちつつも、お客さまのニーズをしっかりと把握し、バランスの取れた経営を目指しましょう。

飲食店の開業に必要な資金

飲食店の開業に必要な資金は、大きく分けて「開業資金」と「運転資金」の2つがあります。それぞれの目安額を紹介します。

開業資金

開業資金とは、店舗の取得や内装、設備、備品などにかかる費用です。具体的には次のようなものが挙げられます。

  • 店舗取得費(家賃、保証金、仲介手数料など)
  • 内装費(工事費、設備費など)
  • 厨房設備費(調理器具、食器、食材など)
  • 備品費(什器、消耗品など)

開業資金は店舗の規模や立地、内装のグレードなどによって大きく異なります。一般的に、飲食店の開業資金は1,000万円前後といわれています。

運転資金

運転資金とは、開業後の営業に必要な資金のことです。具体的には次のようなものが挙げられます。

  • 家賃
  • 食材費
  • 人件費
  • 光熱費
  • 水道費
  • 広告宣伝費

開業前に少なくとも半年分の運転資金を用意しておきたいですが、その後は売上から賄う必要があります。開業後すぐに売上が立たないと、資金繰りが悪化し、経営が難しくなるでしょう。

なお、飲食店のランニングコストは売上の65~70%ほどが目安といわれています。次の内訳を参考に、

  • 家賃:月商の10%ほど
  • 食材費:月商の20~30%
  • 人件費:月商の20~30%
  • 光熱費:月商の5~10%
  • 水道費:月商の2~5%
  • 広告宣伝費:月商の3%ほど

運転資金とは別に1年分の生活資金を用意しよう

お店の開業・運転資金とは別に、自分の生活資金も1年分は用意しておきたいです。

開業後すぐに売上が立つとは限りません。経営が軌道に乗るまで時間がかかることも考えられます。飲食店の売上から十分な生活資金を確保できなかった場合、アルバイトや副業をしなければならないかもしれません。

ライターやデザイナーのような時間の融通がきく仕事なら副業もしやすいですが、営業時間の縛りがある飲食店では、副業をするのが難しいです。時間が足りず仕込みが追いつかなかったり、睡眠不足で接客態度が悪くなったりなどのリスクも考えられます。

飲食店で失敗しないための6つのアイデア

飲食店は他業種と比べても開業・運転資金が高く、お店同士の競争も激しいです。潰れる確率が高い飲食店だからこそ、失敗しないために創意工夫を凝らさなければなりません。

飲食店で失敗しないためのアイデアを6つ紹介します。

アイデア1.ターゲットとコンセプトを明確にする

飲食店で失敗しないための1つ目のアイデアは、「ターゲットとコンセプトを明確にする」ことです。

ターゲットとはお店を利用する顧客層のことです。ターゲットを明確にすることでお客さまのニーズも明確になり、それに合ったニーズに合ったメニューやサービスを提供できるでしょう。

ターゲットのニーズや特徴を踏まえ、コンセプトを考えることも大切です。競合店と差別化したり効果的な集客施策を打ったりするためにも、まずはターゲットとコンセプトを明確にしましょう。

アイデア2.立地選びの肝は情報収集

飲食店で失敗しないための2つ目のアイデアは、「情報を集めて立地を選ぶ」ことです。

立地は飲食店の成功を左右する重要な要素です。立地が悪いと集客が難しくなり、経営難のリスクが高くなります。

ターゲットの居住エリアや職場エリアを把握すること、出店候補地の人口構成を調べることが大切です。人口構成は日中と夜間の両方について調べましょう。極端な例ですが、バーを開きたいのに夜間人口が少ないエリアを選んでも仕方がありません。

ほかにも交通アクセスや駐車場の確保、競合店の立地なども意識して出店場所を決めましょう。

アイデア3.お客さまのニーズを大切にする

飲食店で失敗しないための3つ目のアイデアは、「お客さまのニーズを大切にする」ことです。

しつこいようですが、集客においてお客さまのニーズを満たすことは大切です。お客さまのニーズに合ったメニューやサービスを提供することで、再来店を促したりポジティブな口コミを増やしたりできます。

簡単に答えられるアンケートを作ったり、SNSやレビューサイトでお店の口コミを調べたり、わずかな手間でお客さまからの評価やニーズを確認できます。顔なじみのお客さまに直接ヒアリングしたり、スタッフを観察したりするのもおすすめです。

特に、SNSや口コミサイトで店名を検索する「エゴサーチ」を定期的に行いましょう。匿名性の高いこれらのメディアでは、お客さまの本音がわかります。ポジティブな口コミだけでなくネガティブな口コミにも目を向け、店舗改善の糸口として役立てましょう。

ただ、エゴサーチのしすぎは精神衛生上よくありません。「毎月第2、第4水曜日」のようにタイミングを決め、まとまった時間を取るといいでしょう。

アイデア4.集客について勉強する

飲食店で失敗しないための4つ目のアイデアは、「集客について勉強する」ことです。

立地が良いだけでは集客はできません。はじめのうちは良いかもしれませんが、集客の努力を怠ると客足は少しずつ減っていくでしょう。新規獲得のためにもリピート率アップのためにも、集客の勉強は欠かせません。

飲食店の集客方法には次のようなものがあります。

マストでやるべき集客方法

【Googleビジネスプロフィール】

お店の基本情報はもちろん、店内やメニューの写真を載せたり口コミを投稿したりできる、Google提供のプラットフォーム。ChromeやGoogleMapに表示されるため人目につきやすく、来店確度の高い人にアプローチしやすいです。

【店頭の看板・のぼり】

看板はお店の存在を知らせるための欠かせないアイテムです。そのお店がどんなお店なのかわかる、目を引くデザインの看板を掲げましょう。簡単に作成・入れ替えができるのぼりは、限定メニューやキャンペーンの訴求に効果的。季節や時間帯ごとに入れ替えるのがおすすめです。

低コストで効果的な集客方法

【チラシ・ポスティング】

周辺住民にお店の存在をアピールできるチラシ・ポスティングは、来店につながりやすい集客方法といえます。コストや手間はかかりますが、費用対効果が高いです。コストを抑えるために、開業前にオーナー自らポスティングをするのも良いでしょう。

【SNS運用】

お店のSNSアカウントを作り、こまめに投稿しましょう。店舗HPやブログよりも始めやすく続けやすく、コストもかかりません。宣伝のための投稿は控えめに、コミュニケーション重視で運用するのが効果的です。空や景色の写真を添えて毎朝「おはよう投稿」をしたり、リプライやお店の口コミに返信したりしてみましょう。

飲食店におすすめの集客方法はほかにもたくさんあります。興味のある方は、こちらの記事で集客を勉強してみてください。

アイデア5.コストやリスクを抑えられる業態を選ぶ

飲食店で失敗しないための5つ目のアイデアは、「コストやリスクを抑えられる業態を選ぶ」ことです。

テイクアウトやデリバリーの専門店は客席不要で、その分省スペースで運営でき、テナント代を抑えられます。必要な人員数も少なく、人件費も抑えられるでしょう。

固定の店舗がいらないキッチンカーなら、さらに低いコストで開業できるでしょう。キッチンカーの開業費用は150万~200万円ほどと、飲食業のなかでも低いです。立地選びが原因で経営難に追い込まれるリスクはなく、イベント出店をメインに土日のみの副業として始めることもできます。

アイデア6.フランチャイズを活用する

飲食店で失敗しないための6つ目のアイデアは、「フランチャイズを活用する」ことです。

フランチャイズに加盟することで、チェーンのブランド力を活かして集客できます。テレビCMやチェーンのSNS公式アカウントなど、本部の集客施策に乗って効率よく売上を伸ばせるでしょう。

集客面だけでなく、店舗経営や人材の採用・教育に関するノウハウも提供してもらえます。経営経験がない人、集客に自信がない人には特におすすめの方法です。

安定経営が強みの飲食店フランチャイズはここ!

フランチャイズに加盟すれば集客から経営、人材の採用・育成まで、さまざまなサポートを受けながら飲食店を経営できます。集客や経営の知識がないためにお店が潰れることも多いです。

潰れる確率を少しでも低くしたい人におすすめな、安定経営が強みの飲食店フランチャイズを紹介します。

ライフデリ

ライフデリ
  • 安定したストックビジネス
  • 開業資金は業界で最安値
  • 開業前の不安は納得がいくまで問い合わせ可能

ライフデリは、高齢のお客様にお弁当の配食サービスを行っています。農作物の8割以上が国産の食材を使用しており、糖尿病や腎臓病、透析治療中の方向けのムース食のお弁当も取り扱っています。

お弁当を利用される方は高齢や持病を持った方が多く、定期的な注文がほとんどであるため、継続的なお客様が積み重なっていくストックビジネスとなります。そのため、将来を見越した仕入れや人材確保が可能になり、安定したビジネスが展開できます。

また、加盟金や保証金、さらにはロイヤリティもゼロと、開業資金が業界でも最安値となります。ライフデリは、既存の高齢者配食フランチャイズを研究し、売上を伸ばせば伸ばした分だけ還元される仕組みを整えています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:0円
保証金:0円
研修費:10万円
会費:3万円(月額)
(新規店舗の場合)暖房機器費:295,000円容器・備品・販促物:143,000円事務機器・事務用品:41,500円
(居抜きや既存店舗併設の場合)厨房機器費(冷蔵・冷凍庫等):133,000円容器・備品・販促物:115,000円事務機器・事務用品:0円
0円3年要問い合わせ
ライフデリ開業資金

ライフデリ公式サイト

コメダ珈琲

コメダ珈琲
  • 幅広い客層に支持される長期安定ビジネス
  • 席数に応じた定額のロイヤリティ制度
  • 効率化されたオペレーションで負担が少ない運営 

コメダ珈琲は、1968年に創業し名古屋を中心に展開してきた喫茶店です。現在では全国各地に968店舗のコメダ珈琲店を展開しており、幅広い客層に指示され続けています。

一般的なフランチャイズ店舗では、売上が上がるごとにロイヤリティが増加しますが、コメダのフランチャイズでは、店舗の売り上げではなく席数に応じた定額のロイヤリティ制度を採用しています。そのため、努力した分だけ店舗が利益を獲得でき、初期投資を5~7年で回収するオーナーもいます。

コメダでは、社員から初めてオーナーの独立を目指す個人支援制度や新規店舗の建築費と内装費を一時的に負担する建築支援制度を採用しています。また、開業までの研修プログラムは約3か月と長期間設定しており、開業後も本部スーパーバイザーが常にサポートしてくれるという安心できる体制があります。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:300万円
加盟保証金・300万円(連帯保証人2名以上)・600万円(連帯保証人1名)・900万円(連帯保証人なし)
研修費用:50万円
店舗施工指導料・350万円(独立店)・200万円(ビルイン)
1,500円(1席あたり/月額)10年833店舗
コメダの開業資金

コメダ公式サイト

からみそラーメンふくろう

からみそラーメンふくろう
  • 食べログや究極のラーメンなど数々の賞を獲得
  • 居抜き物件を活用し低投資で出店可能
  • 事前調理済みの食材を使用するため、安定したクオリティが実現できる

からみそラーメンふくろうは、山形生まれのからみそラーメンを名古屋の地に合わせて工夫を取り入れたラーメン店です。特製の太ちぢれ麵を使用しており、ほのかに魚介の出汁が効いた黄金の味噌スープが特徴です。

店舗は1.5〜3等立地で展開しており、居抜き物件を活用しています。それでも数々の賞を受けたブランド力で熱狂的ファンがいます。そのため、低投資で開業し堅実な売上を狙うことが可能です。

開業前は1か月の研修があり、物件や融資のサポートも充実しています。開業後は定期的な臨店指導が実施され、継続的なフォローで安定した売上を狙えます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:200万円
加盟保証金:50万円
研修費:50万円
デザイン費・居抜き:30万円~・スケルトン坪:4万円~
現地調査費・契約前:1回5万円・契約後:5回まで無料
売上の5%要問い合わせ25店舗
からみそラーメンふくろうの開業資金

からみそラーメンふくろう公式サイト

立地選びで潰れるのが不安なら、キッチンカーのフランチャイズがおすすめ

飲食店の成否は立地選びで決まるといっても過言ではありません。立地が悪いとそもそもお客さまに認知してもらえず、たった一度の盛り上がりもなくお店が潰れてしまうこともあるでしょう。

立地選びで潰れるのが不安なら、固定の飲食店よりもキッチンカーを選んだ方がいいかもしれません。

特におすすめなのがフランチャイズへの加盟です。フランチャイズに加盟することで、キッチンカーならではの集客ができます。集客が期待できるイベント会場を紹介してくれるフランチャイズも多いです。

立地選びでお店が潰れるのが不安な人におすすめな、キッチンカーのフランチャイズを紹介します。

空とぶ唐揚げ

空とぶ唐揚げ
  • からあげグランプリ金賞受賞
  • スーパー・イベント会場の実績多数
  • メディア露出が多く知名度が高い

空とぶ唐揚げはからあげグランプリ金賞受賞のからあげ専門店です。メディアに何度も取り上げられているため知名度が高く、看板を掲げているだけでも集客できるでしょう。

ドンキホーテやドコモショップ、各種スーパーへの出店はもちろん、イベント会場への出店実績も抱負です。保育園や町内会のお祭りなど、地域密着型のイベントにも多数出店しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
195万円なし要問い合わせ要問い合わせ
空とぶ唐揚げの概要 ※開業資金は一例です

空とぶ唐揚げ公式サイト

黄金鯛焼き

黄金鯛焼き
  • スーパー・プラザへの出店実績多数
  • 100店舗以上の飲食店を支援してきたコンサルティングを提供
  • 固定店舗にも対応

黄金鯛焼きはTSUTAYAやマックスバリュー、各種スーパーなど、有名店やプラザへの出店実績が豊富な鯛焼き専門店です。フランチャイズは100店舗以上の飲食店を支援してきたコンサルティング会社です。そのノウハウを活かして「成功する店舗」をつくるためにさまざまなサポートを提供してくれます。

キッチンカーはもちろん、固定の店舗を開くこともできます。固定店舗の場合も立地・テナント選びからサポートしてもらえるので、立地選びのリスクは低いでしょう。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
215万円~月5万円24ヵ月80店舗以上
黄金鯛焼きの概要

黄金鯛焼き公式サイト

丸果じゅ屋

丸果じゅ屋
  • 新鮮なフルーツを使ったフルーツジュース専門店
  • フルーツをそのまま容器にしたSNS映えする商品
  • 3日間の研修でスピード開業

丸果じゅ屋は大阪生まれのフレッシュジュース専門店です。フルーツをそのまま容器にしてジュースを提供する、SNS映えする商品を展開しています。お客さまがSNSでお店の宣伝をしてくれるだけでなく、街でたまたま見かけた人の興味を引ける、インパクトのある商品です。

3日間の研修でスピード開業できるのも魅力的です。保健所の営業許可を取るためのフォロー、経営に関する悩みを相談できるオンラインミーティングなど、手厚いサポートを受けられます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせなし要問い合わせ要問い合わせ
丸果じゅ屋の概要

丸果じゅ屋公式サイト

COLOR CAFE

COLOR CAFE
  • クレープ・スイーツ専門のキッチンカー
  • かわいい商品とキッチンカーは集客力抜群
  • 本部による手厚いサポートと集客・宣伝

COLOR CAFEクレープ・スイーツ専門のキッチンカーです。SNS映えする商品と、目を引く黄色のトラックで、抜群の集客力を誇ります。

本部が集客・宣伝に力を入れているのも特徴です。メディアへの出店実績が多数あり、フランチャイズ加盟からオープンまでの密着動画や現役オーナーの取材動画などを放送。公式サイトからこれらの番組を視聴することもできます。

イベント会場向けの「出店依頼フォーム」を公式HPに設置したり、YouTubeチャンネルの運営に力を入れたり、出店依頼を集めるためにさまざまな取り組みをしています。

公式HPからは先輩オーナーへのインタビューを視聴でき、デザインもきれいなので、一度チェックしてみましょう。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
290万円~なし要問い合わせ要問い合わせ
COLOR CAFEの概要 ※軽BOXFC開業パックプランの場合

COLOR CAFE公式サイト

潰れる確率が高い飲食店だからこそ、儲かる仕組みのあるフランチャイズがおすすめ

飲食店は開業から3年以内の廃業率が50%近くもある、潰れる確率が高い業種です。ターゲットとコンセプトを明確にする、立地を慎重に選ぶ、お客さまのニーズを大切にするなど、失敗を避けるための工夫が必要です。

特に経営経験や集客の知識が足りない場合、味やサービスがどんなに良くても潰れる確率が高くなります。これらの不足を補うために、フランチャイズを活用するのもいいでしょう。

ただし、フランチャイズにも「ロイヤリティを支払わなければならない」「本部の方針に沿って運営しなければならない」などのデメリットがあります。契約を結ぶ前に、メリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが重要です。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

開業年数ごとの飲食店が潰れる確率は?必要資金や失敗しないためのアイデアも紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved