※この記事には一部PRが含まれます。

【10ステップ】焼き鳥屋で開業するまでの流れと成功のコツ!必要な資金や資格、おすすめフランチャイズも紹介

更新日:
【10ステップ】焼き鳥屋で開業するまでの流れと成功のコツ!必要な資金や資格、おすすめフランチャイズも紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする
【10ステップ】焼き鳥屋を開業するまでの流れ
STEP1.市場調査と大まかな立地決め
STEP2.ターゲットとコンセプトを決めよう
STEP3.資金計画を立て、事業計画書を作ろう
STEP4.内装業者と物件を探そう
STEP5.必要に応じて資金調達しよう
STEP6.仕入先を選ぼう
STEP7.集客を勉強し、具体的な施策を考えよう
STEP8.スタッフの採用・教育をしよう
STEP9.必要な資格の取得、届出をしよう
STEP10.いよいよオープン!
焼き鳥屋はコンセプト・ターゲットを軸に立地を選ぼう
ファミリー向けなら住宅街の路面店
飲み会需要を狙うならオフィス街
昼飲み需要を狙うなら繁華街
隠れ家・二件目需要を狙うなら空中階もあり
焼き鳥屋の開業に必要な資金
個人経営の場合
フランチャイズの場合
開業後にかかる運営費
運営費とは別に1年分の生活資金を用意
焼き鳥屋の開業に必要な資格
飲食店営業許可
食品衛生責任者
収容人数30人超えなら防火管理者も必要
他業態と比べた焼き鳥屋のメリット
根強い人気がある
コストを抑えて開業・運営できる
未経験でも始めやすい
他業態と比べた焼き鳥屋のデメリット
売上が立地に左右されやすい
ライバルが多い
仕込みが大変
焼き鳥屋で成功するための4つのアイデア
支払い方法を充実させる
コンセプトを明確にする
ターゲットに合わせた集客施策を取る
未経験ならフランチャイズへの加盟もおすすめ
焼き鳥屋の開業におすすめのフランチャイズ
やきとり屋すみれ
やきとり大吉
やきとり竜鳳
炭火串焼千串屋
炭焼トリのすけ
開業しやすい焼き鳥屋だからこそ、慎重に準備を進めよう

焼き鳥屋を開業する際に押さえておきたいポイントを解説します。ターゲット層やコンセプトの明確化、立地やメニューの検討、支払い方法や集客施策の充実など、成功するためのヒントが満載です。開業のハードルを下げ成功確率を高めるアイデアとして、おすすめフランチャイズも紹介します。

【10ステップ】焼き鳥屋を開業するまでの流れ

焼き鳥屋を開業するまでの流れを10のステップに分けて紹介します。

  1. 市場調査と大まかな立地決め
  2. ターゲットとコンセプトを決めよう
  3. 資金計画を立て、事業計画書を作ろう
  4. 内装業者と物件を探そう
  5. 必要に応じて資金調達しよう
  6. 仕入先を選ぼう
  7. 集客を勉強し、具体的な施策を考えよう
  8. スタッフの採用・教育をしよう
  9. 必要な資格の取得、届出をしよう
  10. いよいよオープン!

STEP1.市場調査と大まかな立地決め

焼き鳥屋を開業するにあたって、まずは市場調査と大まかな立地決めを行います。

市場調査では、焼き鳥屋の市場規模や競合状況、顧客ニーズなどを把握します。これにより、自店舗の立ち位置や方向性を明確にすることができます。

立地決めでは、ターゲット顧客の居住エリアや職場エリア、交通アクセスなどを考慮して、出店候補地を絞り込みます。

このステップは、焼き鳥屋開業における基礎となる重要なステップです。十分な調査と検討を行った上で、的確な判断を行うことが大切です。

STEP2.ターゲットとコンセプトを決めよう

次に決めるのがターゲットとコンセプトです。

ターゲットとは、自店舗の主要な顧客層のことです。年齢、性別、職業、居住エリア、予算など、顧客の属性を明確にすることで、マーケティングや商品・サービスの開発に役立ちます。

コンセプトとは、自店舗の理念や方向性を表すものです。焼き鳥の種類や価格帯、雰囲気、サービスなど、自店舗の特徴を明確にすることで、顧客に訴求しやすくなります。

ターゲットとコンセプトは、焼き鳥屋開業において最も重要な要素の1つです。両者をしっかりと決めることで、自店舗の立ち位置や方向性を明確にし、成功確率を高めることができます。

STEP3.資金計画を立て、事業計画書を作ろう

ターゲットとコンセプトが決まったら、次に資金計画を立て、事業計画書を作成します。

資金計画とは、開業に必要な資金を洗い出し、その資金をどのように調達するかを計画するものです。事業計画書とは、自店舗の事業内容や経営戦略、収支見込みなどをまとめた書類です。

資金計画と事業計画書は、焼き鳥屋開業において最も重要な書類の1つです。両者をしっかりと作成することで、開業後の経営をスムーズに進めることができます。

事業計画書は、金融機関からの融資を受ける際にも必要となります。融資を受けることを考えている場合は、融資担当者に相談しながら作成するとよいでしょう。

STEP4.内装業者と物件を探そう

ターゲットとコンセプトが決まり、資金計画と事業計画書を作成したら、次に内装業者と物件を探します。

内装業者は、焼き鳥屋の雰囲気やイメージを形にする重要な役割を担います。複数の内装業者に見積もりを出してもらい、納得のいく業者を選ぶことが大切です。

物件は、立地や広さ、設備、賃料などを考慮して選びます。ターゲット顧客のニーズや予算に合った物件を探しましょう。

内装業者の対応や実績を把握するため、物件の雰囲気や設備を実際に確認するために、内装業者と一緒に物件を見学するのがおすすめです。

STEP5.必要に応じて資金調達しよう

焼き鳥屋を開業するためには、物件取得費、内装工事費、設備費、仕入れ費、運転資金など、多額の資金が必要です。自己資金だけでは足りない場合は、融資や投資などによる資金調達が必要です。

融資を受ける場合は、金融機関の審査に通る必要があります。そのため、事業計画書をしっかりと作成して、融資担当者に納得してもらえるよう説明しましょう。

投資を受ける場合は、出資者に対して一定の割合の株式を譲渡する必要があります。事業計画や将来のビジョンなどをしっかりと説明し、事業の将来性を示しましょう。

STEP6.仕入先を選ぼう

仕入先とは、焼き鳥の鶏肉や野菜、調味料などを仕入れる業者のことです。仕入先の選び方は、焼き鳥屋の経営方針や商品・サービスの方向性によって異なります。仕入先を複数比較して、自店舗に合った仕入先を選ぶことが大切です。

具体的には、以下の点に注目して比較しましょう。

  • 品質(鶏肉の品種、部位、鮮度など)
  • 価格(単価、卸値、割引率など)
  • 納期(納期の柔軟性、欠品リスクなど)
  • 対応(電話対応、メール対応、トラブル対応など)

仕入先は、焼き鳥屋の経営に欠かせない重要な要素です。しっかりと選ぶことで、焼き鳥の品質やコストを維持することができます。

また、仕入先との信頼関係を築くことも大切です。トラブルが発生した際にも迅速に対応してくれる仕入先と付き合うことで、焼き鳥屋の経営を安定させることができます。

STEP7.集客を勉強し、具体的な施策を考えよう

集客を成功させるためには、ターゲット顧客のニーズを把握し、それに合った施策を実施することが大切です。

集客施策には、以下のようなものがあります。

  • 広告(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットなど)
  • イベント(オープン記念イベント、周年記念イベントなど)
  • 口コミ(SNS、クチコミサイトなど)

ターゲット顧客のニーズや予算に合わせて、効果的な集客施策を組み合わせることが大切です。

具体的な集客施策はこちらの記事で紹介しています。

STEP8.スタッフの採用・教育をしよう

スタッフの質は、焼き鳥屋のサービスの質に直結します。スタッフの採用・教育がしっかりできていないと、顧客満足度の低下や経営の悪化につながる可能性があります。

スタッフの採用・教育を行う際には、以下の点に注意しましょう。

  • 採用基準の明確化
  • 採用面接の実施
  • 教育カリキュラムの作成
  • 教育の実施

また、スタッフのモチベーションを高めることも大切です。スタッフのモチベーションが高まることで、顧客満足度の向上や生産性の向上につながります。

モチベーションを高めるためには、以下の点が重要です。

  • 適切な評価・報酬
  • 仕事のやりがい
  • チームワークの醸成

STEP9.必要な資格の取得、届出をしよう

焼き鳥屋を開業するためには、以下の資格と届出が必要です。

  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者(30名以上収容の場合)
  • 営業許可

食品衛生責任者は、飲食店を経営するために必要な資格です。食品衛生に関する知識と技術を身につけて、食中毒などの事故を防止するために取得が義務付けられています。

防火管理者は、30名以上収容の飲食店を経営するために必要な資格です。火災の予防や初期消火に関する知識と技術を身につけて、火災の被害を防止するために取得が義務付けられています。

営業許可は、飲食店を営業するために必要な許可です。食品衛生法に基づいて、店舗の構造や設備、衛生管理などの基準を満たしていることを証明するために取得する必要があります。

STEP10.いよいよオープン!

ここまでの準備をしっかりと進めてきたあなたは、焼き鳥屋の開業に向けて、十分な準備を整えたといえるでしょう。

お客さまに満足していただける焼き鳥を提供すること、スタッフと協力して楽しい雰囲気のお店をつくること、地域に愛されるお店になることなど、具体的な目標を掲げ、常に向上心を持って経営を続けていきましょう。

焼き鳥屋はコンセプト・ターゲットを軸に立地を選ぼう

焼き鳥屋はコンセプト・ターゲットを明確にし、それを軸に立地を選ぶことが大切です。コンセプト・ターゲットごとにおすすめの立地を紹介します。

ファミリー向けなら住宅街の路面店

ファミリー向けの焼き鳥屋を開業する場合、住宅街の路面店がおすすめです。

理由としては、以下が挙げられます。

  • 住宅街は、ファミリー層の人口が多いため、ターゲット層にリーチしやすい
  • 路面店は、車や自転車での来店がしやすいため、ファミリー層の利用に便利
  • 住宅街は、比較的静かな環境であるため、小さな子ども連れでも安心して利用できる

住宅街の路面店は、ファミリー層が気軽に立ち寄れる、アットホームな雰囲気のお店にするのがおすすめです。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • キッズスペースやベビーチェアなどの設備を整える
  • 子ども向けのメニューを用意する
  • 家族で楽しめる雰囲気づくりをする

飲み会需要を狙うならオフィス街

飲み会需要を狙うなら、オフィス街がおすすめです。オフィス街には、飲み会を開催できるお店が集まっているので、競合店との差別化がしやすいでしょう。

オフィス街の焼き鳥屋は、会社員が気軽に立ち寄れる、カジュアルな雰囲気のお店にするのがおすすめです。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 会社帰りに立ち寄りやすいように、営業時間を長めに設定する
  • 会社員向けのメニューを用意する
  • 予約の受付を積極的に行う

予約キャンセルのリスクヘッジとして、キャンセル料も設定しておきましょう。

昼飲み需要を狙うなら繁華街

昼飲み需要を狙うなら、繁華街がおすすめです。繁華街は、昼間も多くの人が行き交うため、昼飲み需要を狙うことができます。繁華街の焼き鳥屋は、昼間でも気軽に立ち寄れる、カジュアルな雰囲気のお店にするのがおすすめです。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • ランチ営業を実施する
  • 昼飲みメニューを用意する
  • 昼間でも楽しめる雰囲気づくりをする

また、繁華街の焼き鳥屋は、ランチタイムの集客も重要です。具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • ランチメニューの価格を抑える
  • ランチメニューのボリュームを充実させる
  • ランチタイム限定のキャンペーンを実施する

隠れ家・二件目需要を狙うなら空中階もあり

隠れ家・二件目需要を狙うなら、空中階もおすすめです。ここでいう空中階とは、「建物の2階以上のフロアのテナント」のことです。

空中階は、地上から離れているため、喧騒から離れて落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。眺望が良いことが多いため、デートや記念日などの特別なシーンにもぴったりです。

空中階の焼き鳥屋は、隠れ家的な雰囲気を演出することで、二件目需要を狙うことができます。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 店内を落ち着いた雰囲気に演出する
  • デートや記念日などの特別なシーンにぴったりなメニューを用意する
  • 空中階ならではの眺望を楽しめる席を用意する

焼き鳥屋の開業に必要な資金

焼き鳥屋の開業に必要な資金として、「開業資金」「運転資金」「生活資金」の3つを紹介します。

個人経営の場合

焼き鳥屋の開業に必要な資金は、個人経営の場合、約500万円〜1,000万円程度が目安です。

具体的には、以下のような費用がかかります。

  • 物件取得費:約100万円〜300万円
  • 内装工事費:約200万円〜500万円
  • 厨房設備費:約100万円〜300万円
  • 備品・消耗品費:約100万円〜200万円
  • 運転資金:約100万円〜300万円

個人経営の場合、物件取得費や内装工事費などの初期費用を抑えるために、居抜き物件を利用するのも一つの方法です。居抜き物件とは、前テナントの設備や内装をそのまま利用する物件のことで、初期費用を大幅に抑えることができます。

また、焼き鳥屋の開業に必要な資金を調達するためには、自己資金と融資を組み合わせるのが一般的です。自己資金をある程度確保しておくことで、融資の審査に通りやすくなるだけでなく、金利負担を抑えることができます。

フランチャイズの場合

フランチャイズに加盟して焼き鳥屋を開業する場合、個人経営の場合にかかる費用に加えて、加盟金がかかります。

加盟金は、フランチャイズ本部によって異なりますが、一般的に数百万円〜数千万円程度です。加盟金には、フランチャイズ本部が提供するノウハウやサポート費用などが含まれています。

開業後にかかる運営費

焼き鳥屋の開業後にかかる運営費の1ヵ月あたりの目安は、150万円〜300万円程度です。

項目費用の目安
人件費約40万円~100万円
食材費約50万円〜100万円
光熱費約20万円〜30万円
水道代約5万円〜10万円
消耗品費約10万円〜20万円
その他約10万円〜20万円
焼き鳥屋の1ヵ月あたりの運営費

フランチャイズの場合は、ロイヤリティがかかることもあります。ロイヤリティは、売上高に応じて支払う費用で、一般的に売上高の5〜10%程度です。

焼き鳥屋の運営費は、店舗の規模や運営スタイルによって大きく異なります。そのため、開業前にしっかりと見積もりを行い、資金計画を立てることが大切です。

運営費とは別に1年分の生活資金を用意

焼き鳥屋の開業には、初期費用や運転資金のほかに、オーナーの生活資金も必要です。

焼き鳥屋の開業後、軌道に乗るまでには、ある程度の期間がかかります。その間、オーナーは給与を受け取ることができないため、生活資金を用意しておく必要があります。万が一のことも考えて、1年分の生活費を用意しておくと良いでしょう。

オーナーの生活費は、個人の状況によって異なります。独身の場合は、家族がいる場合よりも生活費を抑えることができます。年齢や収入によっても、必要な生活費は異なります。自分の状況に合わせて、必要な生活費を計算しておきましょう。

焼き鳥屋の開業に必要な資格

焼き鳥屋の開業に必要な3つの資格について、取得までの期間や費用を含め詳しく紹介します

飲食店営業許可

飲食店営業許可とは、飲食店を営業するために必要な許可です。

取得には、以下の手続きが必要です。

  1. 営業開始日の10日前までに、営業所の所在地を管轄する保健所に申請書を提出
  2. 申請書の審査
  3. 施設の検査
  4. 許可証の交付

審査や検査にかかる期間は、自治体によって異なりますが、一般的に2〜3週間程度かかります。

また、申請書の記載内容に不備があった場合は、再提出が必要になる場合もあります。

申請費用は、自治体によって異なりますが、一般的に16,000〜18,000円程度です。

飲食店営業許可を取得するためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 営業所の所在地を管轄する保健所に届け出を提出する
  • 食品衛生に関する講習を受講し、食品衛生責任者になる
  • 営業所の構造設備が、保健所の基準を満たしている

飲食店営業許可は、焼き鳥屋の開業に必要な最も重要な資格です。必ず取得するようにしましょう。

食品衛生責任者

食品衛生責任者とは、食品衛生法に基づき、飲食店などの食品営業の施設ごとに選任が義務付けられている、食品衛生に関する専門的な知識と技能を有する者です。

取得には、以下の手続きが必要です。

  1. 食品衛生責任者養成講習を受講する
  2. 都道府県知事等に食品衛生責任者の登録を行う

講習は、全国各地の都道府県食品衛生協会や保健所などで実施されています。講習時間は6時間で、費用は自治体によって異なりますが、一般的に5,000〜10,000円程度です。

登録は、講習修了後、都道府県知事等に申請書を提出することで行うことができます。登録費用は、自治体によって異なりますが、一般的に3,000〜5,000円程度です。

収容人数30人超えなら防火管理者も必要

防火管理者とは、消防法に基づき、一定規模の防火対象物の防火管理業務を行う者です。

取得には、以下の手続きが必要です。

  1. 防火管理者講習を受講する
  2. 消防署長に防火管理者選任届を提出する

講習は、全国各地の消防署や消防団などで実施されています。講習時間は10時間で、費用は自治体によって異なりますが、一般的に10,000〜15,000円程度です。

選任届は、講習修了後、消防署長に提出することで行うことができます。選任届の提出費用は無料です。

防火管理者は、店舗の収容人数が30人を超える場合に選任が義務付けられています。

焼き鳥屋の収容人数は、一般的に10〜20人程度です。そのため、防火管理者が必要になるのは、比較的大型の焼き鳥屋に限られます。

他業態と比べた焼き鳥屋のメリット

焼き鳥屋で開業するメリットを、ほかの飲食店と比べながら3つ紹介します。

根強い人気がある

焼き鳥は、子供から大人まで幅広い層に人気のある料理です。そのため、焼き鳥屋は、ほかの飲食店と比べて、安定した売上が見込めます。

また、焼き鳥はお酒のつまみとしても人気があり、アルコール類の注文も入りやすいため、利益率も高くなっています。

このように、焼き鳥は、根強い人気があり、安定した売上と利益率が見込めるため、開業や経営のしやすさが期待できます。

なお、焼き鳥は、季節やトレンドの影響を受けにくいというメリットもあります。多業態と比べて経営を安定させやすいでしょう。

コストを抑えて開業・運営できる

焼き鳥は調理が比較的簡単で、特別な設備や器具を必要としません。食材費も比較的安いです。そんな焼き鳥屋は他の飲食店と比べて、コストを抑えて開業・運営できるというメリットがあります。

未経験でも始めやすい

焼き鳥は調理が比較的簡単で、専門的な知識や技術がなくてもある程度の品質を維持できます。メニューが比較的シンプルで覚えやすいこともあり、焼き鳥屋は未経験でも始めやすいでしょう。

経営ノウハウや独自の仕入れルートなどの提供があるフランチャイズに加盟することで、開業のハードルをさらに下げることもできます。

他業態と比べた焼き鳥屋のデメリット

焼き鳥屋で開業するデメリットを、ほかの飲食店と比べながら3つ紹介します。

売上が立地に左右されやすい

焼き鳥屋は、売上が立地に左右されやすいというデメリットがあります。焼き鳥は、お酒を飲みながら食べる料理であるため、駅前や繁華街などの人通りの多い場所でなければ、客足が伸びにくいです。カウンター席やテーブル席などがメインの焼き鳥屋は座席数をそれほど多く用意できないため、客単価も上げにくいでしょう。

焼き鳥屋の開業・運営を検討している場合は、立地条件を慎重に検討することが大切です。具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 駅前や繁華街などの人通りの多い場所にあるかどうか
  • 周辺に競合店がないか
  • 駐車場や公共交通機関のアクセスが良好かどうか

ライバルが多い

焼き鳥屋は、ライバルが多いというデメリットがあります。焼き鳥は日本人に人気の料理です。調理が比較的簡単なこと、コスト面での開業のハードルが低いこともあり、ライバルは多いです。

ライバルとの差別化は新規集客やリピーター確保において重要です。競合店の分析をしっかりと行い、次のような点を意識して戦略を考えましょう。

  • 周辺にどのような焼き鳥屋があるか
  • 競合店の強みと弱みは何か
  • 自店の強みと弱みは何か

仕込みが大変

焼き鳥は鶏肉や野菜などの食材を串に刺さなければならず、仕込みに手間がかかります。さまざまな部位の鶏肉や野菜を用意する必要があるため、仕込みの種類も多いです。

焼き鳥屋では仕込みの負担を軽減するための工夫をすることが大切です。具体的には効率化のための設備や機材の導入、オペレーションの均一化とわかりやすいマニュアルの作成で、誰でも仕込みができるようにするなどの方法があります。

焼き鳥屋で成功するための4つのアイデア

焼き鳥屋で成功するためのアイデアを4つ紹介します。

支払い方法を充実させる

焼き鳥屋を開業し、成功するためには、支払い方法を充実させることが重要です。

近年、キャッシュレス決済の普及が進んでおり、現金以外の支払い方法に対応していないと、顧客の利便性が損なわれ、集客に支障をきたす可能性があります。最近ではクレジットカードや電子マネーの種類も増えており、幅広い顧客に対応するためには、複数の支払い方法に対応することが求められています。

具体的には、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、交通系ICカードなど、できるだけ多くの支払い方法に対応するようにしましょう。

支払い方法の選択肢を増やすことで、顧客の利便性を高め、リピーター獲得にもつながります。

コンセプトを明確にする

コンセプトが明確になっていないと、経営方針やマーケティング戦略が迷走し、集客や売り上げにつながりにくくなります。

具体的には、以下のポイントを検討しましょう。

  • ターゲット層は誰か
  • 提供したい焼き鳥はどのようなものか
  • 価格帯はどの程度にするのか
  • 雰囲気はどのようなものにするのか

これらのポイントを検討し、自店の特徴やターゲット層を明確にすることで、コンセプトを明確にすることができます。次の例を参考に、自店のコンセプトを考えてみましょう。

  • 地元の食材を使った、本格的な焼き鳥屋
  • 女性やファミリーでも気軽に楽しめる、カジュアルな焼き鳥屋
  • さまざまな創作焼き鳥を提供する、個性的な焼き鳥屋

ターゲットに合わせた集客施策を取る

ターゲット層を明確にすることで、どのような集客施策が有効なのかが見えてきます。

例えば、若者をターゲットとした焼き鳥屋であれば、SNSやインターネット広告を活用した集客が効果的です。また、女性をターゲットとした焼き鳥屋であれば、女性誌やグルメサイトへの掲載が効果的です。

ターゲットに合わせた集客施策を行うことで、効率的に集客し、売上アップにつなげることができます。次の例を参考に、集客施策の見直し・改善を行いましょう。

【若者をターゲットとした焼き鳥屋】

  • SNSやインターネット広告を活用した集客
  • 若者向けのクーポンや割引券の発行

【女性をターゲットとした焼き鳥屋】

  • 女性誌やグルメサイトへの掲載
  • 女性向けのメニューや内装の提供

【ビジネスパーソンをターゲットとした焼き鳥屋】

  • 駅近の立地で帰宅時間に合わせて営業する
  • 飲み会向けのメニューやサービスを提供する

ターゲット層をしっかりと理解したうえで、効果的な集客施策を検討しましょう。

未経験ならフランチャイズへの加盟もおすすめ

焼き鳥屋を開業し、成功するためには、飲食業に関する知識や経験が不可欠です。しかし、飲食業未経験者でも、フランチャイズへの加盟を検討することで、成功の可能性を高めることができます。

フランチャイズとは、本部から商標や商号、ノウハウなどを借りて、自店舗を経営する形態のことです。フランチャイズに加盟することで、以下のようなメリットがあります。

  • 本部から経営ノウハウや技術を習得できる
  • 本部によるマーケティングや販促サポートを受けられる
  • 本部による仕入れや運営の支援を受けられる

これらのメリットにより、飲食業未経験者でも、ある程度のレベルの焼き鳥屋を経営することができます。

もちろん、フランチャイズにもデメリットがあります。

  • 加盟金やロイヤリティなどの費用が発生する
  • 本部から指示されたメニューやサービスを提供しなければならない

加盟する際には、これらのデメリットも理解したうえで、慎重に検討することが大切です。

焼き鳥屋の開業におすすめのフランチャイズ

焼き鳥屋の開業におすすめのフランチャイズを紹介します。どんなお店をつくりたいか、出店エリアやターゲット・コンセプトを意識して、自分の理想に合うフランチャイズを探してみましょう。

やきとり屋すみれ

やきとり屋すみれ
  • 希少銘柄「大山どり」を味わえる焼鳥ブランド
  • イートイン、テイクアウト、デリバリー対応可能
  • 55日間の店長研修あり

やきとり屋すみれは、2009年に創業した大山どり専門焼き鳥店です。豊かな自然環境の中で育った希少銘柄の「大山どり」を使用しており、徹底管理された鶏肉はうま味たっぷりの味わいを提供します。

やきとり屋すみれは、お客様に笑顔になってもらうことをテーマにこだわり抜いた空間デザインと料理の質が魅力です。また、テイクアウト・デリバリーを導入し、幅広いニーズに対応できる環境が整っています。

加盟が決まれば、店長研修を受講しオープン前にはスタートアップ研修を実施するなど、開業支援も充実しています。未経験かつ少人数でも運営できるよう、調理がシステム化され串打ち状態で素材が納品可能です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:300万円
加盟保証金:100万円
開業費:220万円
内装・物件取得・厨房:3210万円
35万円5年62店舗
やきとり屋すみれの開業資金

やきとり屋すみれ公式サイト

やきとり大吉

やきとり大吉
  • 北海道から沖縄まで全国展開
  • 加盟金157万円から独立開業が可能
  • 低コストで運営可能

やきとり大吉は、創業45年の全国展開ブランドを持つやきとり専門店です。安心価格で味わえる手軽さと仕事帰りやお子様連れ家族などが日常使いできるお店として親しまれています。

大吉で永く営業している店舗はカウンター席から埋まるほど、店主の個性と魅力が活かされ、お客様との信頼関係を築ける雰囲気があります。そのため、あえて接客マニュアルは作らず、店主独自の接客で運営できる自由さがあります。

実店舗における3か月の研修から、開業に必要な要素を学び、店主研修の最終テストをもって店舗をオープンします。飲食未経験でも安心できる大吉独自の研修があります。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:157万円~
店舗家賃 12~16万円
店舗使用料 12~16万円
3.3万円2年更新・更新費用あり要問い合わせ
やきとり大吉の開業資金

やきとり大吉公式サイト

やきとり竜鳳

やきとり竜鳳
  • 昭和53年からの焼き鳥屋のノウハウと実績
  • 本部が運営をサポートする体制が整っている
  • 未経験でも短期間でプロに育てる45日間の教育システム

やきとり竜鳳は、全国チェーン竜鳳の新しい柱として展開した焼き鳥専門店です。創業からのメニュー作りのノウハウや運営実績があり安心安全なメニューが提供できます。店内はアットホームな雰囲気で気軽に足を運べる暖かみがあります。さらに、1本からでも注文できるテイクアウト販売を実施し、幅広い年齢層から愛されています。

店内メニューはほぼ完成された商品を納品し、店舗で仕上げ調理をするだけで商品を提供可能です。店舗面積における収益が高く、テイクアウトと店内飲食を併用できる柔軟な販売方法が実現できます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:100万円(税別)
保証金:100万円
設備費用:40~80万円/坪
研修費:20万円から(店舗規模、従業員数によって変動)
売上額の6%~8%/月4年間(その後、4年毎に更新が可能)要問い合わせ
やきとり竜鳳の開業資金

やきとり竜鳳公式サイト

炭火串焼千串屋

炭火串焼千串屋
  • 全国75店舗までに成長したノウハウで開業サポート
  • ブランド開業契約とフリーネーム開業契約の選択が可能
  • 未経験でもおいしい焼き鳥が焼けるようになる25日間の研修カリキュラム

千串屋は、鮮度にこだわりを持ち全国から厳選した鶏肉を提供する焼き鳥屋です。焼き人がお客様のお皿の状況を見ながら最適なタイミングで提供するほど、最高の状態で提供することにこだわりを持っています。

木の風合いを生かした温かみのある店内は酒場のような懐かしさが感じられ、修行を重ねた焼き人の技によって仕上げた本当にうまい焼き鳥をお客様におもてなしします。

あえて三等地・二等地に出店し、おいしさだけでお客さまを虜にする魅力が千串屋にはあります。圧倒的な集客力と低投資開業で高収益を実現できるノウハウをいかして開業することが可能です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:80万円
研修費:20万円
保証金:なし
売上の5%要問い合わせ75店舗
炭火串焼千串屋の開業資金

炭火串焼千串屋公式サイト

炭焼トリのすけ

炭焼トリのすけ
  • 全国約70店舗展開
  • 門外不出のレシピと約500種類の豊富なメニュー
  • 型にはめない店づくり

トリのすけは、各店舗ごとに色を持ち、付加価値を提供すr事が可能な焼き鳥屋です。黒字経営や高い成功率をもつブランドのノウハウを伝授しつつも、店長のやりたいを叶える型にはめないフランチャイズ制度が整っています。

飲食店を開業するための準備から経営のサポートまで充実し、未経験でも一人前に働けるスキルを身につけ独立することが可能です。90日間の研修を受講し、70店舗を成功させてきた経験を仕組化し、失敗しない出店準備を徹底サポートします。

トリのすけは新鮮な鶏のみを直送して使用しています。また、秘密保持契約を結びながら代々伝わってきた秘伝のレシピがあり、お客さまにこだわりの商品を提供しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:200万円(税別)
保証金:なし
店舗内外装費 250万
小道具・備品 70万
不動産取得費 200万
仕入れ代 17万
営業許可手数料 1万6千円
販促・宣伝費など雑費 20万円
50,000円(税別)/月要問い合わせ約70店舗
炭焼トリのすけ

炭焼トリのすけ公式サイト

開業しやすい焼き鳥屋だからこそ、慎重に準備を進めよう

焼き鳥屋は、開業しやすい業態と言われています。しかし、競合店も多いため、成功するためには慎重な準備が必要です。

具体的には、以下のような点に注意しましょう。

  • 立地選び:ターゲット層に適した立地を選ぶことが重要
  • コンセプト:ターゲット層やお店の強み・特徴を踏まえて明確にする
  • 集客施策:ターゲット層に合わせた集客施策を取る
  • 未経験者:フランチャイズへの加盟も検討する

開業後も、定期的に売上や顧客の反応を分析し、必要に応じて改善していくことが大切です。

そんな焼き鳥屋だからこそ、本部からのサポートを受けて経営できるフランチャイズがおすすめです。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

【10ステップ】焼き鳥屋で開業するまでの流れと成功のコツ!必要な資金や資格、おすすめフランチャイズも紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved