タペストリー印刷&制作比較11選|おすすめ横断幕&垂れ幕作成・安くて早い大判対応会社の料金一覧

この記事のURLとタイトルをコピーする
最終更新日:
2020/04/30

タペストリー・横断幕(垂れ幕)印刷とは

タペストリーとは、部屋のインテリアや店の販促物に使う布製の広告物を指します。土産屋などで見かけることも多いので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

タペストリーや横断幕を使うメリットは紙の広告物と違って、雨にぬれても絵や字がにじまないことです。

また丸めればコンパクトに収められるので、場所を取らず、また折癖がつきにくいので長持ちしやすいというメリットもあります。カフェやモールでも良く見かけるタペストリーですが、おしゃれで可愛いものから、かっこいいものなど趣味や希望に応じて作成してくれる会社があります。

大手ネット印刷のラクスル などでもタペストリー印刷には対応しており、専門の会社も存在します。

今回は、安くて即日対応、また大判にも対応している店の料金一覧をご紹介します。

店舗・飲食店・イベントの商品紹介におすすめのタペストリー

店舗や飲食店、イベントなどに使えるタペストリーは、使う素材によっても価格が違ってきます。素材は店やイベントの雰囲気を決める大切な要素なので、選ぶ時には注意が必要です。

の雰囲気を決める大切な要素なので、選ぶ時には注意が必要です。

素材名1枚当たりの単価最安値
ビニール素材(ターポリン)3,580円から2,675円
紙素材(合成紙)3,000円から2,241.6円
布地素材(トロマット)3,990円から2,981.3円

素材の特徴はそれぞれ次のようになっています。

  • ターポリンの特徴:耐久性が高く、防炎ラベルが付くものもある
  • 合成紙の特徴:発色が綺麗
  • トロマットの特徴:厚みがあり持ちやすいのがメリット

タペストリー・横断幕(垂れ幕)の活用場面・業界

タペストリーを活用できる場面は業界によっても違いますが、活用する場面が多いのは飲食店です。

実際に飲食店では良くタペストリーが使われており、おすすめの料理などがタペストリーになっていると、メニュー広告や店舗外へのPRにもつながります。

また飲食店以外でもタペストリーは活用されており、小売店や美容院などにタペストリーがあればそれだけで店内が華やかになり、店舗のイメージも変わります。

タペストリー・横断幕(垂れ幕)印刷おすすめ業者・料金比較表一覧・ネット印刷6選

 b3料金送料サポート支払い方法
ラクスル 3,580円~
(納期と部数によって変動)
全国1カ所無料
2回目から1,380円
平日 9:00~22:00
土日 12:00~18:00
クレジット決済
請求書払い
銀行振込
コンビニ支払い
グラフィック1,070円~
(納期と部数によって変動)
2,000円以上
で送料無料
平日9:00~21:00
土日:年末年始休業
代金引換
銀行振込
クレジット決済
コンビニ支払い
パプリ637円~
(納期と部数で変動)
1,000円以上
で送料無料
平日9:00~18:00
土日 休業
口座振込
コンビニ支払い
クレジット決済
自動引き落とし
東京カラー印刷5,700円~
(納期と部数で変動)
1ヶ所は送料無料
2回以降1,220円
平日8:00~20:00
土日 8:00~17:00
銀行振込
クレジット決済
ペイジー支払い
NP掛け払い
代金引換
店頭支払い
クロネコ掛け払い
プリントネット5,400円~
(納期と部数で変動)
1ヶ所は送料無料
(※離島や沖縄は別料金)
平日9:00~23:00
土曜9:00~19:00
日祝9:00~17:00
クレジット決済
銀行振込
代金引換
後払い
店頭支払い
ビットコイン
請求書払い
プリントパック910円~
(納期と部数で変動)
全国送料無料平日 9:00~24:00
土日 9:00~12:00
13:00~17:00
銀行振込
代金引換
ペイジー支払い
クレジット決済
コンビニ支払い

1,000円からチラシ印刷・短納期ネット印刷のラクスル

  • 最短翌々日に出荷可能の早い対応が可能
  • 付属品同梱ですぐに使える安心のサービス
  • ネットでのお問い合わせは年末以外無休で対応
  • 実際の店舗を持っており、直接やり取りも可能

タペストリー注文大手のラクスル では、1部3,580円から発注が可能です。
生地の種類は3種類あり、ターポリンやトロマット、合成紙などから選ぶことができます。

取扱いサイズは、最小でB3サイズ、最大で900×1800mmのワイドまで対応しているので、どんな用途にも使えるのがメリットです。またサポート体制が充実しており、現在現物がどうなっているのかまですぐ分かる体制を取っており発注側としては安心できる。

b3料金(1部)送料サポート時間
6営業日:3,580円
4営業日:3,900円
2営業日:5,370円
全国1カ所無料
2回目から1,380円
平日:9:00〜22:00
土日:12:00〜18:00

最安2,000円から可能なタペストリー印刷|ラクスルの詳細はこちら

グラフィック

  • ダイレクト入稿だから、手軽に注文できる
  • 24時間注文・入稿OKだから、いつでも注文可能
  • 2,000円以上注文で全国送料無料だから、大口注文がおすすめ
  • officeデータからも発注可能

グラフィックでは、タペストリーのネット印刷は行っていませんが、代わりにB3 サイズのポスターのオンデマンド印刷が可能です。

注文や入稿は24時間受け付けているので、サポート時間対象外でも安心です。
価格据え置きの納期短縮サービスを使えば、最大で4日間の納期短縮ができます。

顧客満足度1位に輝いた実績の通り、顧客が満足するように充実したオプションの数々がありますので始めて依頼する場合でも安心です。

b3料金(1部)送料サポート時間
5営業日:1,070円
3営業日:1,190円
1営業日:1,310円翌日:1,790円
2,000円以上で
送料無料
平日:9:00~21:00
土日:年末年始休業

詳細はこちら:https://www.graphic.jp/

パプリ(アスクル)

  • 最短で翌日お届けだから、即手に入る
  • キャラクターものにも対応しているから、女性にも人気
  • ノベルティグッズも作れるので、ニッチな需要にも対応
  • 季節やイベントに合わせたものも作ることができ

パプリでは主に印鑑や名前入りのノベルティグッズを取り扱っています。
ハローキティやサンリオの可愛いキャラクターにも対応しており、女の子向けのグッズを探すなら、パプリがおすすめです。

業者のみでなく一般の方の利用も行いやすくなっています。サイト内に口コミもあり5つ星評価で、4,5つ星が全体の半分以上と多くの評価があります。

b3料金(1部)送料サポート時間
9営業日:6,650円
7営業日:6,710円
5営業日:6,900円
3営業日:8,100円
1,000円以上で
送料無料
平日:9:00~18:00
土日:休業

詳細はこちら:https://spc.askul.co.jp/

東京カラー印刷 

  • 高精細プレミアムカラー印刷だから、高クオリティ
  • 日本一のはやさ、安さ、きれいに挑戦
  • 24時間フル稼働で入稿可能だから、注文時間も自由
  • 特定地域であれば最短で3時間でも受け取り可能

東京カラー印刷は高精細なプレミアムカラーが魅力の会社です。東京近郊を中心に高品質で低価格なポスターやノベルティグッズを販売しています。

入稿も24時間受け付けています。特にチラシやフライヤーは、業界最安値となっており、タペストリーはないもののポスターの印刷など、魅力的な印刷物がそろっています。また都市圏内であれば即日受け取りも可能なスピード感も魅力的です。

b3料金(10部)送料サポート時間
4営業日:7,200円
3営業日:7,300円
2営業日:8,070円
1営業日:10,790円
当日仕上:12,320円
1ヶ所は送料無料
2回目から1,220円
平日:8:00~20:00
土日:8:00~17:00

詳細はこちら:https://www.tcpc.co.jp/

プリントネット 

  • お試しを使えば0円で利用可能なのでおすすめ
  • 学校やPTA・官公庁などの印刷物にも対応で実績あり
  • 24時間入稿可能だから、いつでも注文可能

プリントネットは、お試しを使えば、無料で利用可能なオンデマンド印刷会社です。支払い方法は7種類用意されており、またスピーディな対応がポイントで、日本全国翌日にお届けも可能になっています。

北海道や沖縄の離島を除いて、1ヶ所なら送料無料なのも嬉しいサービスです。
B3 サイズのポスターを1部から注文できます。 

b3料金(1部)送料サポート時間
3営業日:5,140円1ヶ所は送料無料
(※離島や沖縄は別料金)
平日:9:00~23:00
土曜:9:00~19:00
日祝:9:00~17:00

詳細はこちら:https://odahara.jp/

プリントパック 

  • 追加料金不要のコミコミ価格だから安い
  • 24時まで受け付けOKで土日も休まず営業
  • Officeのデータも無料で変換サービス

プリントパックは、フォトアルバム印刷やフォトポスター印刷など、全て追加料金なしのコミコミ価格で利用できます。平日なら24時まで受け付けてくれますし、土日も休まず営業しているので、急にポスターが必要になった時などにも便利です。

全国送料無料なので、遠くからの注文でも安心して注文できます。

b3料金(10部)送料サポート時間
7営業日:3,200円~6,891円
6営業日:4,073円~10,628円
5営業日:4,273円~10,791円
4営業日:4,328円~10,973円
3営業日:4,500円~11,137円
2営業日:5,701円~13,791円
1営業日:7,755円~15,591円
当日発送:9,073円~18,146円
全国送料無料平日:9:00~24:00
土日:9:00~12:00
13:00~17:00

詳細はこちら:https://www.printpac.co.jp/

【専門】タペストリー印刷・横断幕(垂れ幕)作成おすすめ会社の料金・価格比較5選

24時間総合印刷サービス|東京リスマチック

  • イベント集客アイテムが多数そろっている人気サイト
  • ノボリや看板にも対応してくれるので安心
  • オンライン入稿もOKなので、いつでも注文可能
  • 実績多数でサポートが充実している

東京リスマチックは、スポーツイベントやライブコンサート、ビジネスシーンなどさまざまなイベント集客アイテムの印刷を行っています。

タペストリーももちろん印刷可能で、似たような印刷には看板もあり、おしゃれなタペストリーを探しているなら、東京リスマチックがおすすめです。

オンライン入稿にも対応しているので、ネットが通じる環境であれば、いつでも入稿が可能です。

~450mm料金(1部)送料サポート時間
天地袋タイプ:3,000円
ステンレスパイプ+紐:4,500円
アルミタイプ+紐:10,500円
ABS樹脂パイプ+紐:2,000円 
関東圏:770円
関西圏:880円
東北圏:880円
四国:1,100円
九州:1,210円
北海道:1,210円
平日:9:00~17:00
土日:休業日

詳細はこちら:https://www.lithmatic.net/service/outdoor_sign/outdoor_sign/tapestry.html

タペストリー印刷のサイビッグネット 

  • 高発色のタペストリーを1部から注文可能
  • 素材が3種類あるので、目的に応じて注文可能
  • RGBとCMYKも入稿可能なので面倒な変換作業も不要

サイビッグネットは、タペストリーの専門ショップで、高発色のタペストリーを1部から注文可能です。また入稿データは、Photoshop、Illustrator、Wordなど幅広く対応しているので、好きなデータで注文ができます。

納期も早いのが特徴で午前中に入稿を済ませれば、最短2日で出荷も可能です。
またオプションとして、大きなサイズのタペストリーの前に少し小さいサイズでお試し印刷も可能なので、まずはどんな感じになるのかを試してからの注文がおすすめです。

b2 料金(1部)送料サポート時間
クロス:5,250円~
防炎クロス:5,850円~
フィルム:6,950円~
全国一律1,000円平日:8:30~17:30
土曜:9:00~12:00

詳細はこちら:https://www.cybig.net/product/cybigtapestory.html

ポスター印刷・等身大パネル・大判出力のプリオ

  • 口コミ件数3万超の人気店
  • タペストリーは10種類と豊富で選ぶのも楽しい
  • 大判出力に特化した納期保証のサイト
  • 最短で注文した当日の受け取りが可能

プリオは口コミ数が3万件と非常に多く、従業員のブログが満載の見ているだけで楽しいサイトです。大判出力に特化しており、タペストリーも種類豊富な10種類が展開されています。

送料も大型の商品だけは1,500円かかりますが、クロネコヤマトの配送ルートにあれば全国一律送料無料となっているので安心です。

b2料金(1部)送料サポート時間
ターポリン:4,050円
耐水紙:3,870円
マット紙:3,090円
光沢紙:3,435円
マット合成紙:3,870円
布ポスター:3,870円
合成布:4,320円
パールフォト紙:4,395円
メッシュターポリン:4,695円パワー合成紙:4,395円
全国送料無料
大型だけ、1,500円
平日:10:00~19:00
土日:年中無休

詳細はこちら:https://www.oleshop.net/blog/

タペストリー制作の激安専門店-TAPESTORY-タペストーリー 

  • ターポリン印刷の専門店だから安心
  • 社工場生産だから納期厳守
  • イベントの横断幕などでも実績あり

タペストーリーはターポリン印刷の専門店として、タペストリーも専門に扱っており、かつ横断幕などにも活用実績が豊富です。デザイン料に始まり、送料や代引き手数料、施工サポート、データの修正、代行発送など、全てがコミコミ価格になっており、安いと評判です。

専門ということもあり、ターポリン印刷の種類も「エコ」「一般」「圧手」などがそろっており、他にもトロマット印刷やゲーフラ製作も扱っています。

b2 料金(1部)送料サポート時間
エコターポリン印刷のみ:2,750円
エコ+タペストリー加工セット:4,730円
圧手ターポリン印刷のみ:3,300円
圧手+タペストリー加工セット:5,610円
地域限定送料無料
代引き手数料無料
月曜~土曜:9:00~18:00
日祝:休業日

詳細はこちら:http://tapestory.main.jp/

ACCEA(アクセア)

  • 1枚からでも1個からでも注文OKなので個別注文がしやすい
  • 当日発送または当日お渡しで早く手にできる
  • ビジネスサポートも豊富で実績も豊富

ACCEAは屋内や屋外で使えるタペストリー、サインディスプレイやポスターの印刷・製本・ラミネートなど幅広いニーズに応えてくれます。特にコミケなどに使うグッズやサッシの印刷や製本加工サービスは、ニッチな需要を生んでいます。

1枚からでも1個からでも注文OKなので、気軽に利用できます。

b3料金(1部)送料サポート時間
プラスティック樹脂(縦):2,980円
プラスティック樹脂(横):3,480円
アルミ(横):3,880円
全国一律900円
時間帯指定は、1,500円
平日:8:00~22:00
土日:10:00~19:00

詳細はこちら:https://www.accea.co.jp/boardmounting/tapestry.html

タペストリー印刷・横断幕(垂れ幕)制作会社の選び方

タペストリー印刷の会社の選び方のコツは、まず、以下のポイントを確認してみましょう。

無料サンプルの送付があるか

タペストリーの注文会社を確認する時には、無料サンプルの送付がある会社の方がお得感も増します。特に無料会員になると、無料サンプルをもらえる会社も多いので、ぜひ情報を入力して会員になってみるのがおすすめです。

無料サンプルがあれば、素材の質などを手に取って確認できるため、思っていたのと違ったというトラブルも防げます。そのため、タペストリー印刷会社を選ぶ時には、無料サンプルの有無を確認しておくと安心です。

両面印刷やターポリンの対応

通販会社によっても違いますが中には両面印刷やターポリン印刷に対応している会社もあります。

例えばタペストリーの後ろが真っ白な場合は、暖簾(のれん)などに使うと違和感が出てしまうため、両面印刷は必須です。もしタペストリーの配置場所が入り口にある場合などは、両面印刷のターポリンの方が目につきやすく、お客の関心を引くこともできます。

お店のイメージをがらりと変えてしまうこともあるタペストリーですから、店舗のデザインに合わせて、状況に合わせて両面印刷やターポリン印刷に対応しているかを確認することが大切です。

価格や発送までのタイミングが間に合うかどうか

タペストリーを注文する際には価格も大切ですが、時間が迫っている時などはタイミングが間に合うかどうかも重要なポイントです。

納期が早い方が良いように見えますが、その分価格は高くなりますし、いくら安くても納期までに発送されないのでは困ってしまいます。価格と発送のタイミングは大切で、出来れば時間に余裕をもって、注文をした方が安く仕上がる可能性も高くなります。

会社によっては、即納でも他の会社よりも安く済むこともありますので、まずは納期に間に合うかを第一に考え、その上で価格が安く済む会社を選んでみましょう。

価格に見合った品質を担保できているか

値段だけを見て決めてしまうことがあると思います。個人であれば少しの注文の損だけで済むかもしれませんが企業のように大口だとそうはいかないでしょう

いざ商品が届いたけど、イメージと違っていた場合などに保障サービスがある会社もあるためそういった所を選びましょう。

もしくは最初から値段は高くつきますが、品質が保障されている会社があるのでそういったところで注文するのがいいでしょう。

どんなデザインが可能なのか、またデータは何であれば使用可能か

キャラクターやイベント、もしくは会社オリジナルのデザインを作りたいのかによって選ぶ会社が変わってきます。

またデザインが苦手であれば相手にデザインまで依頼できるかどうか確認しましょう。そこまでサポートしてくれる会社もあります。また注文した後にそのデータは使えませんとなると時間が無駄になるため事前に相手の会社に確認するようにしましょう。

この記事にはタグがありません。