※この記事には一部PRが含まれます。

プレオープンとは?開店後の成功を左右する!メリットと注意点を解説

更新日:
プレオープンとは?開店後の成功を左右する!メリットと注意点を解説のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

飲食店をオープンする際に、オープン日より前にお店を公開する場合があります。プレオープンをするには理由があります。この記事では、プレオープンとは何か、プレオープンをするメリットや注意点をまとめて解説していきます。よくある質問にも回答しますので参考にしてみてください。

プレオープンとは?

プレオープンとは、オープン日より先にお客さんを招いて実際のメニューや商品で調理・接客を試験的にすることをいいます。オープン前に接客の流れ、料理の味や提供スピードなどを最終チェックし、自信を持ってオープンの日を迎えられるようにします。プレオープンの出来は、オープン後の成功を左右するともいわれており、多くの飲食店などで取り入れられています。

グランドオープンとの違い

プレオープンの「プレ」とは「あらかじめ」「〜以前の」という意味を持つのに対し、グランドオープンの「グランド」とは「盛大な」「主要な」という意味があります。そのため、グランドオープンは主要な開店、つまり正式なオープンの日を指し、一般のお客様を迎え入れ通常の営業を開始します。

レセプションとの違い

レセプションには「受付」「歓迎会」といった意味もありますが、飲食店などにおいては「招待会」を意味します。つまり、お店がオープンする前に関係者や家族、友人などを招いてお披露目をする会を指します。オープン前に人を招いて料理を振る舞うという点ではプレオープンと同じですが、実際に接客対応し、通常営業さながらのオペレーションを行い、オープンまでに問題点を洗い出す作業をするという点で違いがあります。

プレオープンを行うメリット

プレオープンを行うメリットとしては次の2点があげられます。

1.グランドオープン前の最終確認・調整ができる

2.宣伝になる

詳しくみていきましょう。

1.グランドオープン前の最終確認・調整ができる

プレオープンを行う1番のメリットは、グランドオープン前にさまざまな最終確認・調整ができることでしょう。

実際にお客さんを入れて接客することで、想定していたオペレーションに問題がないか確認できます。スタッフだけでのシュミレーションだけではわからなかった新たな課題が見つかることもあり、グランドオープンまでに改善できるため、とても重要な役割をします。

また、実際の流れで調理をしてみることで作業導線や手順の見直しができたり、テーブルや備品の配置の改善などもできたりします。さらに、開店前の仕込みや準備にどれくらい時間がかかるのか、閉店後の片付けや掃除の作業の確認もできます。

そして、お客さんから生の声が聞けることは最大の収穫になるでしょう。料理の味や接客、お店の雰囲気についての感想・意見を客観的な立場から知ることができ、新たな気づきを得られる貴重な機会としてグランドオープンまでの調整に活かしましょう。

2.宣伝になる

プレオープンに満足していただければグランドオープン後も来店が期待できる上、SNSや口コミで宣伝してもらえれば集客につながります。

またプレオープンすることで人の目を惹き、「こんなところにこんな店がオープンするんだ」という近隣の方々の興味関心をもたらすでしょう。

さらに、地域の情報誌やテレビ局などのメディア関係者の方を招待することで宣伝効果が期待できます。

プレオープンを行う際の注意点

プレオープンを行うのはメリットばかりのように感じる方も多いかもしれませんが、注意しておくべきこともあります。よく確認し、トラブルなくグランドオープンの日を迎えられるようにしましょう。

プレオープン時の客数や売上をアテにしない

プレオープンの場合、関係者や取引先、友人などを招待している場合もあり、実際に営業する場合とは売上や客数が異なります。そのため、プレオープンを参考にして売上予測を立ててしまうと、大きく外れてしまう場合もあるのでアテにしないようにしましょう。

赤字に気をつける

プレオープンでは準備段階ということで無料にしたり、実際の値段より安く提供する場合もあるでしょう。宣伝費用、必要経費と割り切ってできるだけ多くの人に料理を食べてもらいたいという気持ちもあるかもしれませんが、注文数が多くなると費用の回収が難しくなり、赤字になりかねません。

しっかり準備し逆効果にならないようにする

プレオープンに来てもらう人数が多すぎるとオペレーションが回らなくなり、お客さんを待たせたり、トラブルを招きかねません。ネガティブな印象を与えてしまうと、悪い口コミが広がることも…。そうならないよう招待客の人数や時間配分を管理し、しっかり準備をしておきましょう。

プレオープンに関するよくある質問

ここからはプレオープンに関するよくある質問について回答していきます。

プレオープンの期間は?

プレオープンはグランドオープンの2週間前〜2日前に1回、または複数回行うことが多いようです。複数回行うことで1回目に出た問題点を修正し、2回目のプレオープンで再確認できます。プレオープンの日までにスタッフでオペレーションを確認したり、過不足のないよう食材の発注をしたり万全の準備をしておきましょう。

またプレオープンの営業時間は、終了後、スタッフ同士でフィードバックしたり、問題点を共有する時間が持てるよう通常の営業時間より短めの2〜3時間を想定しておくと良いでしょう。

プレオープン時の料金設定は?

プレオープン時には無料で提供する場合もあれば、有料で提供する場合もあります。有料の場合はプレオープン価格として、通常の料金設定より安くするのが一般的です。

無料の場合、より多くのお客さんが来てくれる可能性があり、その分宣伝効果も高まります。しかし、原価はかかるため複数回の実施は難しく、改善点をグランドオープンまでに再確認できないというデメリットがあります。

有料の場合、より実際の営業に近づけたオペレーションができるため、スタッフも自信を持ってグランドオープンに望めるでしょう。また、料金が発生することで、より本音に近いお客さんの意見を聞き出しやすいというメリットがあります。ただし、有料がゆえに、きちんとした接客や料理を提供できなければクレームや悪評につながりかねないので、事前の準備は入念にしておきましょう。

プレオープンには誰を呼ぶ?

プレオープンには、関係者や取引先、家族や友人、お店の近所や地域の人達を招待することが多いようです。一般のお客さんを呼ぶ場合は、プレオープンの目的をきちんと理解してもらい、マイナスのイメージを与えたり、トラブルにならないよう注意しましょう。

一般客が間違って来てしまったら?

プレオープン時でも、オープンしたものだと思い一般のお客さんが入店することも考えられます。その場合でも、グランドオープン後来店してもらえるよう丁寧に対応するように心がけましょう。

念入りに準備しプレオープンを成功させよう

プレオープンは飲食店をオープンさせる際には必要なプロセスです。オープンに向けて準備してきたことが試される場のため、ここで成功できるよう念入りに準備し、自信を持ってグランドオープンを迎えられるようにしましょう。そして、お客さんからもらった貴重な意見を参考に、良かった点はもちろん、悪かった点もしっかり受け取り、オープン後の店舗運営に活かしていきましょう。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

プレオープンとは?開店後の成功を左右する!メリットと注意点を解説のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved