※この記事には一部PRが含まれます。

フランチャイズと個人経営の違いを5つの観点から徹底比較!どんな人にどちらがおすすめかも紹介

更新日:
フランチャイズと個人経営の違いを5つの観点から徹底比較!どんな人にどちらがおすすめかも紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

フランチャイズと個人経営の違い1.集客力

フランチャイズと個人経営の違いを集客力の観点から見ていきましょう。

フランチャイズは知名度や本部の資金力を活かした集客ができる

フランチャイズは、親会社が築いたブランドの知名度を活かし、多店舗展開による広告や宣伝の一環として集客できます。これにより、新規の加盟店は既存の知名度に頼りつつ、比較的早い段階から顧客を引き寄せやすい環境が整います。本部の資金力によって展開される大規模なキャンペーンやマーケティングも、個人経営と比較して力強く展開できる利点があります。

個人経営は集客施策の幅が広い

個人経営は柔軟性があり、独自の集客施策を展開しやすい特長があります。地域やターゲットに応じて、個別の広告やイベントなどを計画・実行することが可能です。これにより、地域社会に密着したアプローチや特定のニーズに合わせた施策を展開しやすいです

フランチャイズと個人経営の違い2.自由度

フランチャイズと個人経営の違いを自由度の観点から見ていきましょう。

フランチャイズにはマニュアルがある

フランチャイズは、親会社が運営の基本方針やマニュアルを提供することが一般的です。これにより、各加盟店は一定の経営スタイルやサービス提供方法に基づいて事業を展開します。一方で、この統一性は一定の自由度の制約を意味します。加盟者は本部が定めたガイドラインに従いつつ、自身のアイディアやクリエイティビティを発揮する余地が制限される傾向があります。

個人経営は自由度が高く、顧客の声も取り入れやすい

個人経営では、事業主自身が全ての経営判断を行うため、自由度が非常に高いです。経営方針やサービス提供方法、広告戦略など、あらゆる側面での自己決定が可能です。また、顧客の声や地域の特性に柔軟に対応することができ、迅速かつ効果的な改善や変更が行いやすい環境が整っています。

フランチャイズと個人経営の違い3.成功しやすさ

フランチャイズと個人経営の違いを成功しやすさの観点から見ていきましょう。

フランチャイズは成功率の高いノウハウを活用できる

フランチャイズは、親会社が過去の成功と失敗から得たノウハウを提供します。これにより、加盟店は成功が期待されるなビジネスモデルを採用することができます。親会社のサポートや統一された運営方法によって、失敗リスクが低減され、成功への近道が拓けます。特に経験が浅い事業者にとっては、この成功事例の共有が大きな利点となります。

個人経営はニッチなニーズを狙いやすい

個人経営は柔軟性が高く、独自のアイディアや特定のニーズに対応することが得意です。地域やターゲット層に合わせて、個性的なサービスや商品を提供することで、競合他社に差別化を図りやすいです。この個性的なアプローチが、一部の特定の顧客層に強いアピールを生むことがあり、成功を収めやすい状況が生まれます。

フランチャイズと個人経営の違い4.かかる費用

フランチャイズと個人経営の違いをかかる費用の観点から見ていきましょう。

フランチャイズは加盟金とロイヤリティがかかる

フランチャイズに参加するためには、通常、一定の加盟金が必要です。この加盟金は、親会社から提供されるブランドやノウハウを活用する権利の対価となります。また、加盟店は売上に対してロイヤリティを親会社に支払うことも一般的です。これらの費用は、成功時には親会社のサポートやブランド力を活かすことができる代わりに、初期の経営においては一定の負担となります。

個人経営は利益率を出しやすいが、売上が伸び悩みやすい

個人経営は特に初期段階ではフランチャイズと比較してかかる費用が相対的に低いことがあります。そのため、利益率を高めやすいというメリットがあります。しかし、その分広告や集客施策などへの投資が必要であり、売上が伸び悩みやすい側面も考慮しなければなりません。また、成功には独自のビジネス戦略や集客施策を展開する必要があり、そのためのコストもかかります。

フランチャイズと個人経営の違い5.リスク

フランチャイズと個人経営の違いをリスクの観点から見ていきましょう。

フランチャイズは赤字でも事業を畳みづらい

フランチャイズは、親会社のブランド力や統一された運営ノウハウを活かしやすい反面、赤字状態が続いた場合でも事業を畳みにくい傾向があります。親会社はブランド価値を損なわないため、失敗した加盟店に対しても一定のサポートを継続することが求められます。このため、フランチャイズ参加者は比較的長期的な視野での経営が要求され、事業の継続性が重要となります。

個人経営は資金や知識の面でリスクが高い

個人経営は、事業主自身が全ての経営判断を行うため、資金や知識の面でのリスクが高まります。資金調達や経営に関する知識が不足している場合、予測せざるを得ないリスクが生まれます。また、市場の変化や競合状況に柔軟に対応できない場合もあり、これらがリスクとして影響を及ぼす可能性があります。個人経営者は、リスクヘッジのために綿密な事業計画と戦略を持つことが不可欠です。

フランチャイズでの開業がおすすめな人の特徴

フランチャイズでの開業は次のような人におすすめです。

【安定志向の人】

フランチャイズは親会社が提供する安定したビジネスモデルを採用するため、安定志向のある人に適しています。リスクを最小限に抑えつつ、確立された成功事例に基づいて経営を行いたい人にとって魅力的です。

【業界・業種の経験がない人】

親会社が提供する成功事例やノウハウを活用することで、事業の成功が期待されます。事業のプロセスや運営方法に詳しくない初心者でも、成功に近づく手助けが期待できます。

【早期に収益を上げたい人】

フランチャイズは知名度やブランド力を活かしやすいため、比較的早い段階から収益を上げやすいです。早期に事業を軌道に乗せ、安定的な経営を目指したい人にとって魅力的です。

個人経営での開業がおすすめな人の特徴

個人経営での開業は次のような人におすすめです。

【独自のアイディアを活かしたい人】

個人経営は自由度が高いため、独自のアイディアやクリエイティビティを活かして事業を展開したい人に適しています。自分のビジョンを具現化したいという志向がある方に向いています。

【柔軟に経営を進めたい人】

個人経営は柔軟性があり、即座に経営方針やサービスを変更できます。市場の変化に迅速かつ柔軟に対応し、自らの経営手腕を発揮したい人にとって魅力的です。

【リスクを取りながら挑戦したい人】

個人経営は資金や知識のリスクが伴いますが、その分挑戦の余地が大きいです。新しいアイディアやニーズに挑戦し、自らの手で事業を築き上げたいというアントレプレナーシップを持つ人に適しています。

未経験の業界・業種で開業するならフランチャイズがおすすめ

「本部のサポートを受けられる」「成功例がいくつも出ているビジネスモデルで開業できる」などのメリットから、フランチャイズでの開業は未経験の業界・業種での開業におすすめできます。

「自由度が低い」「ロイヤリティがかかる」などのデメリットはありますが、たとえばオリジナルメニューの開発もできる飲食店、ロイヤリティー不要のキッチンカーなど、フランチャイズならではのデメリットをカバーしたチェーンもあります。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

フランチャイズと個人経営の違いを5つの観点から徹底比較!どんな人にどちらがおすすめかも紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved