※この記事には一部PRが含まれます。

フランチャイズで起業するメリット・デメリットは?独立までの流れやおすすめの業種も紹介

更新日:
フランチャイズで起業するメリット・デメリットは?独立までの流れやおすすめの業種も紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

フランチャイズで起業するメリット・デメリット、開業する業種選びからフランチャイズ契約を結ぶまでの流れについて解説します。フランチャイズのメリットを活かしやすい業種も紹介するので、チェーン選び・業種選びの参考にしてみてください。

フランチャイズとは?

フランチャイズは、親会社(フランチャイザー)が自らのビジネスモデルやブランドを他の事業者(フランチャイジー)に提供し、その事業者が同じ形態で独立して経営する仕組みです。フランチャイジーはフランチャイザーのサポートを受けながら、自らの店舗を展開し、商品やサービスを提供します。この仕組みにより、ブランド力や経営ノウハウを持つフランチャイザーが新規事業者にビジネスを提供し、共に成功を目指す形態が成り立っています。

フランチャイズで起業するメリット

フランチャイズで起業する4つのメリットを紹介します。

チェーンの知名度や集客戦略を活用できる

フランチャイズを選ぶ最大のメリットの一つは、チェーン全体の知名度や集客戦略を利用できる点です。既に確立されたブランドやロゴを持つことで、顧客は初めてその店舗を訪れても安心感を抱きやすくなります。また、フランチャイズ本部が展開している広告やキャンペーンなどの集客施策を活用することで、地域の競合店に比べて注目されやすく、初期から安定した集客を期待できます。

未経験でもサポートを受けながら経営できる

フランチャイズを選ぶ際、経営未経験者でもサポートを受けながら経営できる点が大きな魅力です。フランチャイザーは加盟店のオーナーが成功するために様々なトレーニングプログラムやマニュアルを提供し、開業前から丁寧な指導を行います。これにより、初めて経営に携わる人でもビジネスのノウハウや成功の秘訣を効率的に身につけることができます。

業種や加盟チェーンによっては開業資金を抑えられる

フランチャイズには業種や加盟チェーンによっては、開業資金を抑えるメリットがあります。一部のフランチャイズは、初期投資の一部をフランチャイザーが負担する場合があります。これにより、起業初期における資金調達の負担が軽減され、リスクヘッジが可能です。しかし、注意が必要で、契約条件やサポート内容をよく確認することが重要です。

多店舗展開しやすい

フランチャイズのビジネスモデルは、多店舗展開に非常に適しています。

フランチャイズは、親会社から提供される統一された運営ノウハウが各加盟店で共有されます。これにより、どの店舗も同じクオリティやサービスが提供され、ブランド全体の信頼性が向上します。

多店舗展開を志すフランチャイザーは、加盟店全体の成功を目指して綿密なサポート体制を整備しています。集中的なマーケティングや広告戦略、営業支援などが展開され、各店舗が共通の目標に向かって協力できる環境が整います。

フランチャイズで起業するデメリット

フランチャイズで起業するデメリットを4つ紹介します。

経営の自由度が低い

フランチャイズを選ぶことで経営の自由度が低くなるというデメリットも考えられます。親会社の経営方針に基づき、商品の提供方法や価格設定、営業時間などに制約が生じることがあります。これにより、独自性や柔軟性を発揮することが難しくなり、地域のニーズに直接応えることが制約される一因となります。

ロイヤリティの分利益率が下がる

フランチャイズ契約においては、売上の一定割合を親会社に支払うロイヤリティが発生します。このロイヤリティは、親会社が提供するブランドやサポートを使用する代償となりますが、これが利益率を圧迫する要因となります。特に売上が伸び悩む場合や競争が激化する状況では、利益の確保が難しくなることがあります。

赤字でも解約しづらい

一度フランチャイズ契約を締結すると、契約期間中は基本的に一定期間を守る必要があります。このため、開業後に予想外の経営難が生じた場合でも、簡単に契約解除することが難しいデメリットがあります。赤字経営が続いた場合でも契約を継続しなければならないことから、リスクマネジメントが求められます。事前に契約条件を検討し、将来の経営リスクに備えることが重要です。

同じチェーンで顧客の取り合いが起こることも

同じフランチャイズチェーン内での競争が発生する可能性もあります。同じブランドを持つ複数のフランチャイズ店が近くに存在する場合、顧客層を巡って競争が生じ、結果として顧客の取り合いが発生することがあります。これにより、売上を伸ばすためには他の店舗との差別化や効果的な集客施策が求められます。

フランチャイズで起業するまでの流れ

フランチャイズで起業するまでの流れを5つのステップに分けて解説します。

STEP1.起業する業界・業種を選ぶ

フランチャイズでの起業を検討する際、最初に行うべきステップは起業する業界や業種を選ぶことです。自身の興味やスキル、経験を考慮し、将来のビジョンとの整合性を図ります。また、市場調査やトレンド分析を行い、需要が見込まれる分野を選ぶことが成功の鍵となります。

STEP2.加盟候補を洗い出し比較する

選定した業界や業種に基づき、複数の加盟候補を洗い出し比較検討します。候補となるフランチャイズチェーンの特徴や条件、サポート体制を詳細に確認し、自身のビジョンや経営スタイルに合致するかどうかを検討します。また、契約条件やロイヤリティなども注意深く比較します。

STEP3.説明会に参加する

候補に絞られたフランチャイズチェーンの説明会に積極的に参加しましょう。ここでは会社の理念やビジョン、契約条件、サポート内容などが詳細に説明されます。その際、自分の疑問や質問をフランチャイザーに直接ぶつけ、理解を深めます。

STEP4.個別相談会に参加する

説明会を通じて興味深いフランチャイズチェーンが見つかれば、その後は個別相談会に参加します。この場で契約に関する細かな条件やサポート内容、開業までのスケジュールなどを詳細にヒアリングし、納得感を得ましょう。また、他のフランチャイゼーとも交流することで、現場の実情や成功事例を知ることができます。

STEP5.フランチャイズ契約を結ぶ

最終的に選定したフランチャイズチェーンとの合意が取れれば、フランチャイズ契約を結びます。契約内容や条件、取り決めには慎重に目を通し、不明点や疑問点があればきちんと確認しましょう。契約が完了したら、開業に向けての具体的なスケジュールやトレーニングをスタートさせます。

フランチャイズでの起業におすすめの業種

フランチャイズでの起業におすすめの5つの業種を紹介します。

キッチンカー

キッチンカーは比較的低い初期投資で起業できるため、フランチャイズでの展開が注目されています。知名度のあるフランチャイザーを選べば、そのブランド力を借りながら、新規の顧客を引き寄せることが可能です。また、移動販売の特性上、需要の高いエリアに出店することで、収益を上げやすい点も魅力です。

キッチンカーの起業におすすめのフランチャイズはこちらの記事で紹介しています。

ハウスクリーニング

清掃サービスは、特に都市部で需要が高まっている事業の一つです。フランチャイズによっては、初期の営業支援やマーケティングが充実しており、営業活動においても効果的なサポートを受けられます。清掃のプロフェッショナルとしての信頼性を高めるために、フランチャイザーのノウハウを活かしてサービスの質を向上させましょう。

ハウスクリーニングで起業する流れや必要な資金、成功のポイントはこちらの記事で解説しています。

配食サービス

近年、外食需要の変化やライフスタイルの多様化に伴い、配食サービスの需要が拡大しています。特にフランチャイズは、知名度や運営ノウハウを提供されるため、初めての起業者でも比較的安心して展開できます。地域の特性や需要に合わせたメニュー開発やサービスの工夫が求められますが、適切なフランチャイザーとの連携で成功の可能性が高まります。

コインランドリー

コインランドリー事業は、比較的単純な運営が可能であり、需要が安定しています。フランチャイズで展開する場合、洗濯機やドライヤーなどの設備投資が必要ですが、その分比較的低い初期投資で事業をスタートできます。地域の需要を確認し、効果的なプロモーションやサービスを提供することで、集客力を高めましょう。

コインランドリーのフランチャイズの選び方やかかる費用については、こちらの記事で解説しています。

学習塾

教育サービスは安定した需要が見込めるため、学習塾のフランチャイズも一つの選択肢となります。知名度のある教育法やプログラムを提供するフランチャイザーを選ぶことで、生徒の集客や信頼性向上につながります。地域の教育需要や競合状況を調査し、質の高い教育プログラムを提供することが重要です。

学習塾の起業におすすめのフランチャイズはこちらの記事で紹介しています。

フランチャイズを活用すれば未経験でも起業できる!

本部からのサポートを受けて実務の進め方や経営のコツを学び、すぐに実践できるフランチャイズは、未経験の業界・業種での起業に向いています。わからないことや不安なことはすぐにSVに相談する、マニュアルを手に取りやすい位置に置きスタッフ教育に活用するなど、フランチャイズ本部から提供されるサポートを最大限に活用しましょう。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

フランチャイズで起業するメリット・デメリットは?独立までの流れやおすすめの業種も紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved