※この記事には一部PRが含まれます。

脱サラ起業に必要な5つの力とは?おすすめの仕事や失敗する人の特徴も紹介

更新日:
脱サラ起業に必要な5つの力とは?おすすめの仕事や失敗する人の特徴も紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

脱サラ起業に興味がある方必見!会社員を続けながら事業を安定させられる副業から始める方法や、おすすめの業種・業態、フランチャイズのメリット・デメリットなどを解説します。

脱サラして起業するメリット

脱サラして起業することで、より自分らしく働けるようになり、人生の満足度が高まるかもしれません。その理由を。脱サラして起業する3つのメリットを併せて紹介します。

やりたい仕事ができる

会社員として働いていると、自分のやりたい仕事ができるとは限りません。会社や上司の都合で、やりたくない仕事を任されたり、自分のスキルや興味とは関係のない仕事をやらざるを得なかったりすることもあるでしょう。

しかし、脱サラして起業すれば、自分のやりたい仕事だけに集中することができます。自分が好きなことや得意なことを仕事にすることで、仕事へのモチベーションが上がり、やりがいや充実感を感じられるでしょう。

また、やりたい仕事に取り組むことで、自分のスキルや経験をさらに磨くことができます。それが、収入アップや事業の拡大につながる可能性もあります。

例えば、絵を描くことが好きな人が、会社員として事務の仕事をしていたとします。その人が脱サラして起業し、絵の仕事を始めれば、自分の好きなことを仕事にすることができ、やりがいや充実感を感じられるでしょう。また、絵のスキルを磨き、作品を販売できるようになれば、収入アップも期待できます。

ワークライフバランスが取りやすい

会社員として働いていると、残業や休日出勤が当たり前になっていることもあります。また、就業時間内でも、仕事に追われてプライベートの時間を十分に確保できないこともあるでしょう。

しかし、脱サラして起業すれば、自分の裁量で働き方を選択することができます。自分のペースで仕事を進めることができれば、ワークライフバランスを保ちやすくなるでしょう。

例えば、朝早く起きて仕事をし、夕方には仕事を切り上げてプライベートの時間を過ごすという働き方を選ぶこともできます。また、仕事とプライベートの時間を明確に分け、仕事に集中する時間とプライベートを充実させる時間に分けて過ごすこともできます。

もちろん、起業したばかりの頃は、仕事に追われてワークライフバランスを崩してしまうこともあるでしょう。しかし、事業が軌道に乗ってきたら、自分のペースで働き方を調整しやすくなるでしょう。

収入が上がりやすく上限も高い

会社員として働いていると、仕事で成果を出してもすぐに昇給に結びつかないことがあります。また、昇給の幅も限られているため、収入アップのスピードは遅い傾向にあります。

しかし、脱サラして起業すれば、売上アップやコスト削減がそのまま自分の収入に反映されます。そのため、会社員よりも収入アップのスピードが早いと言えるでしょう。

また、従業員を雇用したり業務を仕組み化したりすることで、収入の上限を高くすることができます。従業員を雇用すれば、自分が直接仕事をしなくても収入を得ることができるようになります。また、業務を仕組み化すれば、効率化を図ることができ、収入アップにつながります。

脱サラして起業するデメリット

脱サラして起業すると、会社員だった頃に比べて生活が不安定になったり、心身の負担が大きくなったりすることもあります。その理由を、脱サラして起業する3つのデメリットと併せて紹介します。

収入が不安定になる

会社員として働いていると、毎月決まった給料をもらうことができます。しかし、脱サラして起業すると、仕事がなければ収入がゼロになります。また、仕事があっても、売上や利益によって収入が変動するため、収入が不安定になる可能性があります。

特に、起業したばかりの頃は、事業が軌道に乗るまで、収入が不安定になることが多いでしょう。また、事業が軌道に乗ったとしても、市場の変化や競合他社の動向などによって、収入が変動する可能性もあります。

例えば、フリーランスのWebデザイナーが、脱サラして起業したとします。そのWebデザイナーが、最初は仕事がなかなか見つからず、収入がゼロになる期間が続くかもしれません。また、仕事が見つかったとしても、仕事量や単価によって、収入が変動する可能性があります。

公私の境目が曖昧になる

会社員として働いていると、仕事とプライベートの時間は明確に分けることができます。しかし、脱サラして起業すると、仕事とプライベートの境目が曖昧になる可能性があります。

例えば、自宅で仕事をする場合、仕事とプライベートの場所が同じになるため、仕事モードとプライベートモードの切り替えが難しくなります。また、仕事に追われると、プライベートの時間を十分に確保できず、仕事とプライベートのバランスを崩してしまう可能性もあります。

本業だけに集中できない

会社員として働いていると、本業に集中することができます。しかし、脱サラして起業すると、本業以外にも、以下のような業務をこなす必要があります。

  • 営業やマーケティング
  • 顧客対応
  • 経理や財務
  • 人事や労務
  • 法務

これらの業務をこなすために、本業に集中する時間が少なくなってしまう可能性があります。また、本業以外の業務に追われて、本業に支障をきたす可能性もあります。

例えば、フリーランスのWebデザイナーが、脱サラして起業したとします。そのWebデザイナーが、営業やマーケティング、顧客対応、経理や財務などの業務も自分でこなす必要があるため、本業に集中する時間が少なくなってしまう可能性があります。

脱サラ起業に必要な5つの力

脱サラ起業に必要な力、起業家として求められる本質的な資質を5つ紹介します。これらの資質は後天的に身につけられるので、今日から意識して育んでいきましょう。

本業とその関連スキル

起業するためには、まず本業のスキルを磨くことが大切です。本業のスキルがなければ、事業を成功させることは難しいでしょう。そのうえで、次のような関連スキルも求められます。

  • 専門知識や技術
  • コミュニケーション能力
  • 問題解決能力
  • リーダーシップ

これらのスキルを身につけることで、事業を立ち上げる際の戦略や計画の立案、顧客のニーズを把握した商品やサービスの開発、事業の運営や管理などをスムーズに行うことができるようになります。

例えば、Webデザイナーとして起業する場合、Webデザインのスキルはもちろん、顧客の要望をヒアリングして、それに応じたデザインを制作するスキルも必要です。また、営業やマーケティングのスキルも身につけておけば、顧客を獲得し、事業を拡大しやすくなります。

愛し愛される力

起業するためには、仕事を愛する力も大切です。仕事を愛する力があれば、仕事に熱意を持って取り組み、次のように仕事の品質や態度に結びつきます。

  • 仕事を楽しみ、やりがいを感じられる
  • 仕事に対して高いレベルの責任感を持っている
  • 仕事に対して常に向上心を持って取り組んでいる

このような態度で仕事に取り組むことで顧客から愛され、仕事が集まりやすくなるでしょう。次のような好循環に入ることができれば、加速度的に売上を伸ばせるはずです。

  1. 仕事を愛する力があれば、仕事に打ち込むことができる
  2. 仕事に打ち込むことができれば、仕事の成果も上がってくる
  3. 仕事の成果が上がれば、顧客からの信頼も高まってくる
  4. 成果が出ることと信頼されることがうれしくて、仕事がさらに好きになる

自己管理力

起業するためには、自己管理力も大切です。自己管理力があれば、時間やスケジュール、体調などを自分でコントロールすることができ、事業を成功させていくことができます。

具体的には、次のような自己管理力が必要です。

  • 自分の目標や計画を立て、それを達成するための行動を実行できる
  • 自分の時間やスケジュールを効率的に管理できる
  • 自分の体調やメンタルを整えることができる

起業家は孤独なものです。挫折したり苦境に立たされたりすることも多いです。心身の健康を保てなければ、パフォーマンスを維持できないでしょう。

自己管理力を高めるための訓練として、毎日20~30分ほどの運動を習慣化することをおすすめします。運動をすることで、体調や気分が改善され、集中力やモチベーションの向上にもつながります。

また、運動は時間管理の訓練にも、苦境に耐える力を養うことにもつながります。運動するためには毎日決まった時間に起きて、決まった時間に運動をする必要があります。これを習慣化することで、時間管理能力を高めることができます。

少しきついくらいの運動を続けることで、「苦しい、やめたい」「でもがんばろう」という精神的な習慣が身につき、自分に打ち勝てるようになるでしょう。

高い主体性

起業するためには、高い主体性も大切です。主体性があれば、自分で考え、自分で行動することができ、事業を成功させていくことができます。失敗を恐れずに新しいことに挑戦したり、自分の意見を持ちそれを周囲に伝えたりすることは、ビジネスオーナーに欠かせない資質です。

主体性が高い人は、指示を待つのではなく、自ら考えて行動することができます。上司がいない起業家にとって、これはとても大切なことです。

試行錯誤を繰り返すことで、事業をより良くしていくことができます。それだけでなく、自ら主体的に動く姿勢は、顧客にも好印象を与えます。顧客は、主体的に動く姿勢に信頼感を抱き、継続的に利用・発注してくれる可能性が高くなります。

必要なリスクをとる力

起業するためには、必要なリスクをとる力も大切です。リスクをとることで、事業を拡大したり、新しいことに挑戦したりすることができます。

リスクをとる際には、そのリスクが本当に必要なリスクなのか、それとも避けるべきリスクなのかを見極める力が必要です。

必要なリスクとは、事業の成功につながるリスクです。例えば新しい商品やサービスを開発するために、資金や時間などのリスクをとることは、必要なリスクといえるでしょう。

その一方、避けるべきリスクとは、事業の成功につながらないリスクです。例えば事業の規模を拡大するために、無理な借金をするようなリスクは、避けるべきリスクといえるでしょう。

必要なリスクだと判断できた場合、恐れを乗り越えリスクをとる精神力も大切です。リスクをとることで失敗する可能性もあります。失敗を恐れてリスクをとることができなければ、事業を成功させることは難しいでしょう。

リスクをとる際には、失敗を恐れずに、前向きに挑戦する精神力が必要です。

脱サラ起業に失敗する人の特徴

脱サラ起業に失敗する人の特徴を3つ紹介します。当てはまるものがないかチェックし、もしあれば、早めになおしましょう。

本業のスキルだけで成功できると思っている

脱サラ起業に成功するためには、本業のスキルに加えて、以下のスキルや能力も必要です。

  • 起業に関する知識やノウハウ
  • マーケティングや営業のスキル
  • 財務や会計のスキル
  • 法務や税務に関する知識
  • 経営に関するスキル

しかし、これらのスキルや能力を身につけることをせずに、本業のスキルだけで成功できると思っている人は、失敗する可能性が高いでしょう。

例えば、Webデザイナーとして起業する場合、Webデザインのスキルはもちろん、マーケティングや営業のスキルも身につけておかなければ、顧客を獲得して事業を成功させることは難しいでしょう。

また、脱サラ起業は、会社員として働いていたときとは全く異なる環境で仕事をすることになります。そのため、経営に関するスキルやマネジメント能力も必要です。

情報収集が足りていない

脱サラ起業は、会社員として働いていたときとは全く異なる環境で仕事をすることになります。そのため、さまざまな情報収集を行い、事業を成功させるための準備をすることが大切です。

しかし、情報収集が足りていない人は、事業の立ち上げや運営でさまざまな問題に直面し、失敗する可能性が高いでしょう。

例えば、事業のターゲットや市場規模、競合他社の状況などを十分に調査せずに事業を立ち上げてしまうと、顧客が獲得できず、事業が失敗に終わる可能性があります。

また、財務や会計に関する知識や、法務や税務に関する知識が不足していると、事業運営に支障をきたす可能性があります。

いきなり大きく始めてしまう

脱サラ起業は、会社員として働いていたときとは全く異なる環境で仕事をすることになります。そのため、いきなり大きく始めてしまうと、さまざまな問題に直面し、失敗する可能性が高いでしょう。

例えば、いきなり大きなオフィスを借りたり、大量の在庫を仕入れたりしてしまうと、資金が不足したり、事業が軌道に乗るまでの期間が長くなったりする可能性があります。

また、いきなり多くの顧客を獲得しようとすると、顧客のニーズを満たすことができず、顧客離れにつながる可能性があります。

脱サラ起業にはスモールスタートできる仕事が向いている

脱サラ起業に成功するためには、まずは小さく始めて、事業の成功を確実なものにしてから、徐々に規模を拡大していくことが大切です。具体的にどんな仕事が脱サラ起業に適しているのか、どうすればリスクを抑えてスモールスタートできるのかを紹介します。

なお、これらに当てはまる具体的な職種は記事後半で紹介します。

副業で始められる仕事

脱サラ起業に向いている仕事の1つは、副業で始められる仕事です。副業で始めることで、資金をかけずに事業をスタートさせることができます。また、副業として事業を運営しながら、本業で安定した収入を得ることができるため、生活が苦しくなるリスクを低くすることができます。

店舗が必要ない仕事

脱サラ起業に向いている仕事の2つ目は、店舗が必要ない仕事です。店舗を借りると、初期費用や固定費がかかるため、資金がかさみます。また、店舗の維持管理にも手間がかかります。

特別な道具が必要ない仕事

脱サラ起業に向いている仕事の3つ目は、特別な道具が必要ない仕事です。特別な道具が必要になると、初期費用や固定費がかかるため、資金がかさみます。また、道具の維持管理にも手間がかかります。

すでに所有しているパソコンやスマートフォンをそのまま活用できる仕事、安価なソフトウェアのインストールだけではじめられる仕事がおすすめです。

在庫リスクが低い仕事

脱サラ起業に向いている仕事の4つ目は、在庫リスクが低い仕事です。在庫を抱えると、資金がかさむだけでなく、売れ残った場合の損失も大きくなります。

脱サラ起業におすすめの仕事7選

脱サラ起業におすすめの仕事を7つ紹介します。

ライター

ライターは、文章を執筆する仕事です。Webサイトやブログ、雑誌、書籍など、さまざまな媒体で活躍しています。

【メリット】

  • AI活用による効率化がしやすい
  • 本業やプライベートの文章コミュニケーションにも役立つ
  • ディレクター職へのキャリアアップで収入アップを狙いやすい

【デメリット】

  • 単価が安い場合が多い
  • 簡単そうに見えて慣れるまで大変
  • ずっと同じ姿勢でいるため身体が痛くなりやすい

【向いている人】

  • 文章を書くことが好きな人
  • 自分の考えやアイデアを人に伝えることが好きな人
  • 新しいことを学ぶ意欲がある人

【ライターになるには】

ライターになるための資格や学歴は必要ありません。しかし、ライティングスキルを身につけることは大切です。

ライティングスキルを身につけるには、以下の方法があります。

  • 書籍やWebサイトなどでライティングの基礎を学ぶ
  • いろいろな本を、文章に注目しながら読んでみる
  • 実際に文章を書いて練習する

ライターは、スキルや経験を積み重ねることで、高収入も可能になる仕事です。また、場所や時間にとらわれず、自由に働けるというメリットもあります。

もし、文章を書くことが好きで、自分の考えやアイデアを人に伝えることに興味があるなら、ライターはおすすめの仕事です。

動画編集

動画編集は、動画の映像や音声を編集する仕事です。YouTubeやSNSなどの動画コンテンツの制作や、企業の広告やプロモーション動画の制作など、さまざまな分野で活躍しています。

【メリット】

  • 動画のニーズが高まり続けているため仕事が多い
  • 自分のクリエイティビティが明確な形になるため楽しい
  • 結婚披露宴や忘年会などのムービー制作にも活かせる

【デメリット】

  • 単価が安い場合が多い
  • 初心者は仕事が取りにくい
  • 編集ソフトが必要なため、ライターよりはコストがかかる

【向いている人】

  • 動画を観るのが好きな人
  • クリエイティブな仕事がしたい人
  • 新しいことを学ぶ意欲がある人

【動画編集者になるには】

動画編集になるための資格や学歴は必要ありません。簡単な仕事ならフリーソフトでも十分に対応できます。

動画編集スキルを身につけるには、以下の方法があります。

  • 書籍やWebサイトなどで動画編集の基礎を学ぶ
  • いろいろな動画を観て、表現や編集のコツを盗む
  • 実際に動画を編集して練習する

動画編集は、スキルや経験を積み重ねることで、高収入も可能になる仕事です。また、場所や時間にとらわれず、自由に働けるというメリットもあります。

もし、映像や音声に興味があり、クリエイティブな仕事がしたいなら、動画編集はおすすめの仕事です。

ネットショップ運営

ネットショップ運営とは、インターネット上で商品やサービスを販売する仕事です。

【メリット】

  • 初期費用や固定費を抑えて始められる
  • 店舗を構える必要がないため、場所を選ばず事業を展開できる
  • 24時間365日、世界中の人に商品やサービスを販売できる

【デメリット】

  • 競争が激しい
  • 集客やマーケティングのスキルが必要
  • 商品やサービスの品質管理が重要

【向いている人】

  • インターネットやマーケティングに興味がある人
  • 自分の好きな商品やサービスを販売したい人
  • 新しいことにチャレンジするのが好きな人

【ネットショップを運営するには】

ネットショップを運営するために必要な資格や学歴はありません。しかし、商品知識やマーケティングスキルを身につけることは大切です。

ネットショップ運営に関する知識やスキルを身につけるには、以下の方法があります。

  • 書籍やWebサイトなどでネットショップ運営の基礎を学ぶ
  • 身近な商品やサービスについて、それがどうして売れているのか考えてみる
  • 実際にネットショップを運営して経験を積む

ネットショップ運営は、初期費用や固定費を抑えて始められるため、脱サラ起業にも向いている仕事です。

また、24時間365日、世界中の人に商品やサービスを販売できるため、自分の好きな商品やサービスを多くの人に届けたい人におすすめです。

ただし、競争が激しく、集客やマーケティングのスキルが必要になるため、しっかりとした準備と努力が必要になります。

営業代行

営業代行とは、企業の営業活動を代行する仕事です。テレアポや訪問営業、セミナーや展示会の運営など、さまざまな営業活動を請け負っています。

【メリット】

  • 営業の経験やスキルを活かして、高収入を得ることができる
  • 自分のペースで仕事ができる
  • さまざまな企業の営業活動に関わることができる

【デメリット】

  • 営業先や営業内容を把握するのが難しい
  • 営業成果が自分の評価に直結する
  • プレッシャーがかかりやすい

【向いている人】

  • 営業の経験やスキルがある人
  • 自分のペースで仕事がしたい人
  • さまざまなことにチャレンジするのが好きな人

【営業代行の仕事をするには】

  • 営業の経験やスキルを身につける
  • 営業代行会社に就職・独立する

営業代行会社に就職する場合は、営業の経験やスキルを評価して採用されます。また、独立する場合は、営業代行会社に登録して、案件を獲得することになります。

営業代行は、脱サラ起業にも向いている仕事です。営業の経験やスキルがあれば、高収入を得ることも可能です。また、自分のペースで仕事ができるため、ワークライフバランスを重視する人にもおすすめです。

キッチンカー

キッチンカーは移動式の販売車両で、クレープやホットドッグ、お惣菜など、さまざまな料理を販売しています。

【メリット】

  • 初期費用や固定費が抑えられる
  • 場所を選ばず営業できる
  • 自分の好きな料理を販売できる

【デメリット】

  • 競争が激しい
  • 天候やイベントの開催状況によって売り上げが左右される
  • 営業許可や保健所の許可が必要

【向いている人】

  • 料理が好きな人
  • 自分の好きな料理を多くの人に食べてもらいたい人
  • 新しいことにチャレンジするのが好きな人

【キッチンカーを始めるには】

キッチンカーを始めるまでの大まかな流れは次のとおりです。

  1. キッチンカーの購入またはリース
  2. 営業許可の取得
  3. 保健所の許可の取得

キッチンカーの購入またはリースには、数百万円ほどの費用がかかります。フランチャイズへの加盟なら、150万~200万円ほどで開業できるでしょう。営業許可や保健所の許可は、自治体によって異なるため、事前に確認してください。

キッチンカーは初期費用や固定費が抑えられるため、脱サラ起業にも向いている仕事です。出店を集客が期待できるイベント会場に絞り込み、土日祝日のみの副業として取り組むこともできます。

ただし、競争が激しく、天候やイベントの開催状況によって売り上げが左右されるため、しっかりとした準備と努力が必要になります。

キッチンカーで成功するためには、美味しい料理を提供することはもちろん、接客や清掃といった基本的なことも大切です。また、SNSやWebサイトを活用して、集客や宣伝を行うことも効果的でしょう。

便利屋

便利屋とは、家事全般から引越し作業、不用品回収など、さまざまな困りごとを解決するサービスを提供する仕事です。

【メリット】

  • さまざまな困りごとを解決でき、人に喜んでもらえる
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 未経験でも始めやすい

【デメリット】

  • 仕事内容が幅広いため、スキルや知識が求められる
  • 単価が安い場合が多い
  • 体力仕事が多い

【向いている人】

  • 人のために何かをするのが好きな人
  • 自分のペースで仕事がしたい人
  • 体力に自信がある人

【便利屋になるには】

便利屋になるために資格や学歴は必要ありません。しかし、さまざまな困りごとを解決するためには、ある程度のスキルや知識が必要です。

便利屋で仕事をするためには、以下の方法があります。

  • 便利屋会社に就職する
  • 独立する
  • フランチャイズに加盟する

便利屋会社に就職する場合は、未経験でも採用されるケースがありますが、ある程度のスキルや知識があれば、より有利になるでしょう。独立する場合は、営業力や経営力が求められます。

便利屋は、さまざまな困りごとを解決できるため、自分のスキルや経験を活かしたい人におすすめです。また、未経験でも始めやすいため、チャレンジしたい人にも向いています。

具体的な仕事内容としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 部屋の掃除や洗濯
  • 家具の移動や組み立て
  • 買い物の代行、並び屋
  • 引越し作業
  • 不用品の処分
  • 送迎
  • 生活家電の修理
  • 害虫駆除

便利屋で成功するためには、さまざまなスキルや知識を身につけることが大切です。これらを補うために、フランチャイズに加盟する人も多いです。

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングの仕事は、プロの技術と洗剤でお客さまの住まいをきれいに掃除することです。

【メリット】

  • 自分の技術や知識を活かせる
  • お客さまの笑顔や感謝の言葉がもらえる
  • 高齢者の一人暮らしや共働き世帯の増加によりニーズが高まっている

【デメリット】

  • 体力仕事が多い
  • それなりの知識が必要
  • 客先に移動する時間がかかる

【向いている人】

  • 掃除が好きな人
  • 体力に自信がある人
  • コミュニケーション能力が高い人

【ハウスクリーニングを始めるには】

  • ハウスクリーニングの講習やセミナーを受講する
  • ハウスクリーニング会社で研修を受ける
  • フランチャイズに加盟する

ハウスクリーニングの講習やセミナーを受講することで、掃除の基本的な知識や技術を身につけることができます。ハウスクリーニング会社に就職したりフランチャイズに加盟したりして研修を受けるのも、実践的なスキルを身につけるためにおすすめできます。

ハウスクリーニングは、掃除のスキルや知識を身につけることで、独立や起業も目指すことができる仕事です。本業の休日に取り組む副業としても始めやすいです。自分のスキルや経験を活かして、やりがいのある仕事をしたい人におすすめの仕事といえるでしょう。

脱サラ起業にはフランチャイズもおすすめ

脱サラ起業には、フランチャイズもおすすめです。フランチャイズは、既存のビジネスモデルやブランドを活用して起業できるため、未経験でも比較的簡単に始めることができます。また、本部からのサポートを受けられるため、経営や営業のノウハウを身につけることができます。

キッチンカーや便利屋、ハウスクリーニングなど、スモールスタートでの起業におすすめのフランチャイズを紹介します。

クレープショップSARU

クレープショップSARU
  • 撤退数ゼロの安心経営
  • 予算に合わせたパッケージが選択できる
  • クレープ作りのノウハウを研修で学べる

クレープショップSARUは、店舗やキッチンカーでもちもち食感の生地でつくるクレープを提供しています。飽きの来ないもちもちした生地は、リピート客が続出し他社との差別化を図っています。

出店方法は路面店、商業施設、キッチンカーを様々な携帯から選ぶことが可能です。それぞれの出店方法のメリットやデメリットも担当者が分かりやすく説明してくれるため、自分に合った方法で出店できます。

開業がはじめての方やクレープ作り未経験の方でも安心して始められるようなサポート体制も充実しています。利益率の多いイベントに呼んでもらえるシステム作りをしており、クレープショップサルが運営する「クレープの学校」で独立・開業を2日間で支援する学校を実施しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:100万円
1.5tトラックタイプ・1.5tクレープ仕様車両代:380万円
軽四BOXタイプ・軽四クレープ仕様車両代:290万円
テナントタイプ・テナント敷金・礼金:50万円・テナント工事費:250万円・設備費:100万円
販売促進費:25万円
本部デザイン費:15万円
オープン材料費:30万円
2万円(月額)3年
クレープショップSARU開業資金

クレープショップSARU公式サイト

OLOR CAFE

COLOR CAFE
  • クレープ・スイーツ専門のキッチンカー
  • かわいい商品とキッチンカーは集客力抜群
  • 本部による手厚いサポートと集客・宣伝

COLOR CAFEクレープ・スイーツ専門のキッチンカーです。SNS映えする商品と、目を引く黄色のトラックで、抜群の集客力を誇ります。

本部が集客・宣伝に力を入れているのも特徴です。メディアへの出店実績が多数あり、フランチャイズ加盟からオープンまでの密着動画や現役オーナーの取材動画などを放送。公式サイトからこれらの番組を視聴することもできます。

イベント会場向けの「出店依頼フォーム」を公式HPに設置したり、YouTubeチャンネルの運営に力を入れたり、出店依頼を集めるためにさまざまな取り組みをしています。

公式HPからは先輩オーナーへのインタビューを視聴でき、デザインもきれいなので、一度チェックしてみましょう。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
290万円~なし要問い合わせ要問い合わせ
COLOR CAFEの概要 ※軽BOXFC開業パックプランの場合

COLOR CAFE公式サイト

空とぶ唐揚げ

空とぶ唐揚げ
  • からあげグランプリ金賞受賞
  • スーパー・イベント会場の実績多数
  • メディア露出が多く知名度が高い

空とぶ唐揚げはからあげグランプリ金賞受賞のからあげ専門店です。メディアに何度も取り上げられているため知名度が高く、看板を掲げているだけでも集客できるでしょう。

ドンキホーテやドコモショップ、各種スーパーへの出店はもちろん、イベント会場への出店実績も抱負です。保育園や町内会のお祭りなど、地域密着型のイベントにも多数出店しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
195万円なし要問い合わせ要問い合わせ
空とぶ唐揚げの概要 ※開業資金は一例です

空とぶ唐揚げ公式サイト

おそうじ本舗

おそうじ本舗
  • 平均月商約110万円
  • 1年を通してニーズがあり、市場拡大で店舗数業界No.1
  • 無店舗・無在庫・一人で開業OK

おそうじ本舗は、全国チェーンの安心と信頼の実績を持ち、お客様のご要望に合わせたプロのお掃除を提供しています。全国に1,701店舗を展開していますが、ハウスクリーニング業界は今後も授業が見込まれるサービスでもあり、年感を通してニーズがある業種です。

おそうじ本舗は、無店舗・一人で開業スタートが可能です。開業資金も抑えてスタートができるため、自分のペースで開業したい方に最適のビジネスです。

業界店舗数No.1を誇り、全国規模でテレビCMを放送するなど企業のブランド力があります。加えて、総客支援や開業後のサポート体制が充実しているため、未経験でも安定収益を目指すことが可能です。また、本部のコールセンターから加盟店への紹介制度もあり、集客のサポートも安心です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:30万円
保証金:20万円
初期研修開業準備費:100万円
機材費:190万円
システム導入費:15万円
オープン販促費:18万円
フリーダイヤル初期費用:3千円
プリンター代:8万5千円
要問い合わせ要問い合わせ1,701店舗 ※2021年9月時点
おそうじ本舗開業資金

おそうじ本舗公式サイト

レンスぺ本舗

  • 低投資で開業できる
  • 市場規模が急拡大中の事業
  • 手厚いサポート体制

レンスぺ本舗は、市場規模15兆円と急成長しているレンタルスペースビジネスです。カーシェアやシェアハウスのように部屋をレンタルする需要も急拡大中です。

開業は、賃貸物件を借り、内装を整えてポータルサイトに登録するだけのシンプルな手順で完了します。特別な資格や経験は不要で、少ない自己資金で開業が可能な点が特徴です。利益率50%超や1日30分の仕事量で月30万円以上の収入も可能です。

100時間以上の研修動画や24時間の問い合わせ窓口を設置するなど手厚いサポート体制があります。また、インテリアコーディネート代行やHP制作など、未経験でも安心して開業できる充実したコンテンツも揃えています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
0円~100万円前後0円1年要問い合わせ
おうちの御用聞き家工房
開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:143万円
研修費:44万円
開業パック:99万円
スタートダッシュパック:36万3千円
保証金:30万円
4万4千円(月額)要問い合わせ147店舗 ※2021年12月時点
レンスぺ本舗開業資金

おうちの御用聞き家工房

おうちの御用聞き家工房
  • 御用聞きメニューは電球交換の100円から
  • 独立未経験者も安心して開業できるサポート体制
  • 低資金でスタートできる

おうちの御用聞き家工房は、小さなお手伝いから大きな困りごとまで解決する便利屋です。対象エリア内であれば、ちょっとしたご相談も出張費は頂かずに受けられる気軽さがあります。

家工房は加盟店オーナーとの共存共栄を目指しているため、開業前の準備から開業後の経営を力強くサポートする体制が整っています。現場のオーナー同士が集える場所づくりをするため、1年に一回全加盟店を集めた全国大会を開催しています。

店舗は不要で一人で開業できるため、低投資で始めることが可能です。約8割の方は融資を受けて開業しているため、自己資金100万円からでも開業可能です。家工房のメニューはタンか100円からご用意していますが、継続してお付き合いにつながる仕事であるため、永く事業が続けられます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:143万円
研修費:44万円
開業パック:99万円
スタートダッシュパック:36万3千円
保証金:30万円
4万4千円(月額)要問い合わせ147店舗 ※2021年12月時点
おうちの御用聞き家工房開業資金

おうちの御用聞き家工房公式サイト

ダスキン

ダスキン
  • 成功を支える手厚いバックアップ
  • 60年間積み上げてきた集客力と運営力
  • ストックビジネスで安定経営

ダスキンは、日本で初めてフランチャイズシステムを導入したクリーンサービス事業を展開する会社です。60年という長い歴史の中で積み上げた集客力と運営力で加盟店の事業運営を支えます。

ダスキンは人の生涯をテーマにした幅広い事業展開をしています。お掃除や家事代行だけでなく、害虫駆除やお庭のお手入れなどお客様に寄り添ったサポートをしています。

システム化・標準化されたプログラムとマニュアルで充実した研修を受けることができます。開業後も店舗運営に必要な情報やサポートを受けられバックアップが手厚いのが特徴です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
例)サービスマスター事業加盟金:85万円
研修費:37万円
初期キット:165万円
看板等:9万円
資器材ラック:14万円
売上の8%要問い合わせ7,300店
ダスキン開業資金

ダスキン公式サイト

脱サラ起業は副業から始めよう!会社員を続けながら事業を安定させるのがおすすめ

脱サラ起業に成功するためには、しっかりとした準備と実行が必要です。

まずは、副業から始めることで、リスクを抑えながら事業を安定させることができます。副業で実績を積み、経営や営業のノウハウを身につけることで、脱サラ起業の成功率を高められるでしょう。

脱サラ起業に適した業種には、キッチンカーや便利屋、ハウスクリーニングなどがあります。自分に合った業種・業態を選ぶことで、成功の可能性が高まります。

フランチャイズも脱サラ起業におすすめの選択肢です。未経験でも始めやすく、経営や営業のノウハウを身につけやすいというメリットがあります。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

脱サラ起業に必要な5つの力とは?おすすめの仕事や失敗する人の特徴も紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved