※この記事には一部PRが含まれます。

準備不足で開業すると、優秀な人でも失敗する!上手くいかない原因とリスクヘッジの方法

更新日:
準備不足で開業すると、優秀な人でも失敗する!上手くいかない原因とリスクヘッジの方法のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

開業で失敗する原因の多くは「準備不足」です。本記事では開業でよくある失敗の原因や開業準備の重要ポイントを紹介します。経験不足で不安な場合はフランチャイズを活用するのもおすすめです。

優秀な人でも開業した途端に失敗してしまうのはなぜか?よくある5つの原因

優秀な人でも開業した途端に失敗することがあります。調理師や営業担当者、販売員などのプレイヤーと経営者では、求められるスキルが異なるからです。

開業でよくある失敗の原因を5つ紹介するので、当てはまるものがないか探してみてください。もしも当てはまるものがあれば、開業する前に改善しましょう。

技術や経験だけで成功できると思っていた

開業を成功させるためには、技術や経験だけでなく、経営やマーケティングの知識やスキルも必要です。

技術や経験は、顧客に提供する商品やサービスの品質を高めるために重要です。しかし、顧客のニーズを正しく把握できていなければ、顧客満足度を高めることは難しいです。また、競合他社との差別化ができなければ、顧客に選んでもらうことは難しいです。

経営やマーケティングの知識やスキルは、事業計画を立てたり、マーケティング施策を実行したりするために必要です。事業計画は、事業の目標や計画、実行方法などを明確にするために欠かせません。また、マーケティング施策は、顧客のニーズを把握し、競合他社との差別化を図るために必要です。

商品やサービスの魅力だけで勝負していた

開業を成功させるためには、商品やサービスの魅力だけでなく、顧客のニーズや競合他社との差別化、経営やマーケティングの知識やスキル、資金繰りの計画など、さまざまな要素が重要です。

その中でも、「商品やサービスの魅力だけで勝負していた」ことが原因で失敗するケースは少なくありません。

商品やサービスが魅力的であれば、顧客に選ばれる可能性は高くなります。しかし、それだけでは成功につながるとは限りません。

なぜなら、顧客のニーズを把握できていないと、顧客が本当に求めている商品やサービスとは異なるものを提供してしまう可能性があるからです。また、競合他社との差別化ができていないと、顧客に選んでもらえない可能性があります。

市場や競合の調査が足りなかった

開業を成功させるためには、市場調査や競合調査を十分に行うことが重要です。

市場調査とは、ターゲットとなる顧客のニーズや、市場の規模や成長性などを把握するための調査です。競合調査とは、競合他社の商品やサービス、マーケティング施策などを把握するための調査です。

これらの調査を十分に行わないと、顧客のニーズを把握できず、競合他社との差別化ができず、マーケティング施策が効果的でなく、失敗につながる可能性があります。

したがって、開業を成功させるためには、市場調査や競合調査を十分に行い、自社の商品やサービスが本当に顧客に求められているのか、競合他社と比べてどのような優位性があるのかを明確にしておくことが大切です。

コンセプトやターゲットが曖昧だった

開業を成功させるためには、明確なコンセプトとターゲット設定が重要です。

コンセプトとは、自社の商品やサービス、事業の方向性などを示すものです。ターゲットとは、自社の商品やサービスを購入する顧客層のことです。

これらの要素が曖昧だと、「顧客満足度を高められず再来店につながらない」「マーケティング施策が効果的でなく顧客に認知されない」などの問題につながります。経営方針も定まらず、方針転換のたびに費用がかかり、事業継続が難しくなることも多いです。

資金計画や収支管理がずさんだった

開業を成功させるためには、十分な資金計画と収支管理が不可欠です。

資金計画とは、開業に必要な資金と、その資金をどのように調達するか、どのように運用するかを計画することです。収支管理とは、事業活動によって得られる収入と、事業活動に必要な費用を把握し、経営状況を把握することです。

これらの計画や管理がずさんだと、開業に必要な資金が不足し、売り上げが予想よりも少なく、経営状況が把握できず、経営判断が誤ってしまうなどの問題が生じる可能性があります。

開業で失敗しないためには「スモールスタート」と「準備」が大切

開業は、多くの人にとって夢であり、挑戦です。しかし、実際には多くの人が開業に失敗してしまうのです。

開業で失敗する原因はさまざまありますが、その代表的な原因としては、以下の3つが挙げられます。

  • 市場や競合の調査が足りなかった
  • コンセプトやターゲットが曖昧だった
  • 資金計画や収支管理がずさんだった

これらを防ぐためには、開業前に十分な準備を行うことが大切です。

なるべく資金をかけずにスモールスタートすることもリスクヘッジになるでしょう。いきなり大きな規模で事業を始めると、資金繰りが悪化し、失敗につながる可能性があります。まずは、小さな規模で事業を始め、徐々に規模を拡大していくことで、リスクを抑えられるでしょう。

開業資金を抑えることには、事業を早く始められるメリットもあります。スモールスタートし、小さいながらも事業を続けていくことで、市場の変化や顧客のニーズをより正確に把握できるでしょう。経営戦略を見直しながら、少しずつかけるコストを増やしていけばいいのです。

【業種別】事業をスモールスタートするアイデア

コストを抑えてスモールスタートすることで、事業が失敗するリスクを低くできます。しかし、店舗系のビジネスではスモールスタートが難しいと感じるかもしれません。

そこで、事業をスモールスタートするアイデアを業種ごとに紹介します。

飲食業

飲食業では「キッチンカー」や「宅食サービス」などでスモールスタートできるでしょう。キッチンカーは150万~200万円ほどで開業できることが多いです。宅食サービスでは客席が不要なため、省スペースで開業できるでしょう。

どちらも大きな土地や建物を必要とせず、立地にこだわる必要もありません。特にキッチンカーには「立地をいつでも変えられる」「集客しやすいイベントに絞って出店することもできる」などのメリットがあります。

こちらの記事では、キッチンカーの詳細や、スモールスタートにおすすめのチェーンを紹介しています。

小売業

小売業ならまずは店舗を持たず、ネットショップを始めてみるといいでしょう。最近は無料で出店できるECモール、無料で自分のショップを開けるネットショップ開設サービスも増えました。

将来的に、実店舗とネットショップを連動させた「オムニチャネル展開」をすることもできます。ネットショップと実店舗の連動に興味がある方には、こちらの記事がおすすめです。

サービス業・教育関連

エステやマッサージ、習い事教室などの業種なら、自宅を店舗や教室として活用するといいでしょう。店舗を持たずに出張式にする方法もあります。

教室やスクール系の事業なら、ビデオ通話やチャットツールを使ってオンライン展開するのもおすすめです。セミナー形式で動画を取り、デジタルコンテンツとして販売するのもいいでしょう。

失敗しないために必要な開業準備とは?

ビジネスで失敗しないためには、ビジネスを起こす前の開業準備が大切です。失敗を避けるためにどんな準備をすべきなのか、最低限必要な5つのことを紹介します。

コンセプトをしっかり固める

自社の商品やサービス、事業の特徴や強みの分析、ターゲットとなる顧客の属性やニーズの調査などを行い、事業のコンセプトを固めていきましょう。コンセプトを言語化し、具体的な行動指針に落とし込むのです。

これらの取り組みを行うことで、自社の立ち位置を明確にし、事業計画やマーケティング施策を立案しやすくなります。

具体的にはどんな顧客のどのようなニーズを満たすのか、自社は競合他社とどのような違いがあるのかを考えます。

コンセプトを固める際には、以下の点に注意しましょう。

  • 抽象的すぎず、具体的にイメージできるか
  • 自社の強みや特徴を活かせるか
  • 顧客のニーズに合致するか

情報収集を徹底する

開業を成功させるためには、情報収集を徹底することが大切です。その業種に関する法律や規制、かかる費用の目安、競合他社や市場動向などについてよく調べましょう。

開業エリアに関する情報収集も大切です。その地域の人口構成や特性、ライバル店などの情報を集めましょう。人口構成は夜間と日中の両方を調べ、お店のコンセプトやターゲット層とマッチするのかも検討します。

開業費は経費に計上する

開業費とは、開業のために支払った費用のことです。開業費を経費に計上することでその後の税負担を軽くし、財務状況も把握しやすくなります。

開業費として計上できる具体的な費用としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 事務所や店舗の賃貸料
  • 内装工事費
  • 備品や什器の購入費
  • 広告宣伝費
  • 営業活動に必要な旅費交通費
  • 事業開始に必要な研修費

開業費の経費計上について、詳しくはこちらの記事で解説しています。

https://wp-franchise.orend.jp/mag/b0050

事業計画書を作りこむ

開業を成功させるためには、事業計画書を作りこむことが大切です。事業計画書とは、事業の目標や戦略、実行計画をまとめたものです。事業の方向性や目標を明確にしたり、その実現可能性について判断したりするために役立ちます。融資を受け資金調達するなら、審査資料としても必要になります。

事業計画書を作りこむことで資金調達に成功する可能性が高くなり、事業方針も定まりやすくなるでしょう。柔軟な方向転換もしやすくなるため、経営難に陥るリスクを軽減できます。

スタッフ教育を徹底する

開業を成功させるためには、スタッフ教育を徹底することが大切です。スタッフの教育に力を入れることで、顧客満足度や業務効率を高められるでしょう。人材の定着率も高くなり、採用や教育にかかるコストや労力も抑えられます。

定期的に研修を開いたり、わかりやすいマニュアルを作ったり、スタッフ教育のための工夫を行いましょう。

経験不足を補うためにフランチャイズを活用するのもあり!

開業を成功させるためには、事前の準備が重要です。特に、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • コンセプトをしっかり固める
  • 情報収集を徹底する
  • 開業費は経費に計上する
  • 事業計画書を作りこむ
  • 資金調達は慎重に
  • スタッフ教育を徹底する

これらのポイントを押さえることで、開業の成功確率を高めることができます。

また、経験不足で不安な場合は、フランチャイズを活用するのも一つの方法です。フランチャイズでは、本部からノウハウやサポートを受けることができるため、経験豊富な経営者と同じ土俵でスタートすることができます。

ただし、フランチャイズにもメリットとデメリットがあるため、慎重に検討することが大切です。詳しくはこちらの記事で解説しているので、フランチャイズについてきちんと理解し、自分にあった方法を選びましょう。

https://wp-franchise.orend.jp/mag/b0053

この記事がよかったらシェアをお願いします!

準備不足で開業すると、優秀な人でも失敗する!上手くいかない原因とリスクヘッジの方法のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved