※この記事には一部PRが含まれます。

カフェの開業準備ですべきこと、オープン前に考えておきたい集客施策を紹介

更新日:
カフェの開業準備ですべきこと、オープン前に考えておきたい集客施策を紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

カフェの開業準備ですべきこと、準備段階で考えておくべき集客戦略について解説します。各工程の進め方や具体的な集客施策も紹介するので、開業前に戦略を練り、スムーズなスタートを切るための参考にしてください。

カフェと喫茶店の違い

カフェと喫茶店は名称が違うだけではありません。営業区分が異なり、提供できるメニューも違います。

カフェは提供できるメニューが多い

カフェの魅力は多彩なメニューにあります。コーヒーや紅茶だけでなく、新鮮なサンドイッチ、季節のスイーツ、ヘルシーなランチメニューまで提供できるため、さまざまな層がターゲットになるでしょう。

喫茶店は酒類の提供と調理全般がNG

喫茶店は、基本的にはアルコールや調理は提供されません。その代わり、焼き菓子やクッキー、軽食などがメインとなります。静かな環境で本を読んだり、友達とくつろいだりする場所として重宝されます。

カフェの開業準備のチェックリスト

カフェの開業準備で必要なことを紹介します。

事業計画を立てる

事業計画はカフェの開業において重要なステップです。事業計画をしっかりと立てることで、お店のターゲット層やコンセプトが明確になり、効果的な集客や店舗運営ができるようになるでしょう。

無理のない資金計画を立てるうえでも、資金調達を成功させるためにも、事業計画の策定と事業計画書の作成は欠かせません。

マーケティング戦略も事業計画の重要な要素です。出店エリアの分析や競合店の調査を通じて、カフェの差別化ポイントを見つけ、競争力を高めるための戦略を練りましょう。顧客のニーズやトレンドに敏感に対応することで、地域での存在感を強められます。

資金調達を考える

事業計画が完成したら、次は資金調達の計画を立てます。自己資金、銀行融資、クラウドファンディングなど、さまざまな手段がありますが、それぞれの特性を理解し、最適な組み合わせを見つけることが重要です。銀行融資を考える場合は、返済計画や金利などを検討し、リスクを最小限に抑えながら資金調達を進めましょう。

コンセプトを考える

カフェの成功には独自性が欠かせません。コンセプトを考える際は、まずターゲット層を明確にし、そのニーズに合わせた魅力的な要素を組み込むことが重要です。例えば、地域の特産品を使用したメニューや、居心地の良い空間づくりにこだわるなど、他と差別化できる点を見つけましょう。

コンセプトはブランディングやマーケティングの基盤となり、お客様に強烈な印象を残す要素となります。

物件選び

カフェを成功させるためには、適切な物件を選ばなければなりません。まず、目を引く立地や周辺環境を考慮しましょう。繁華街やオフィス街、学生街など、ターゲットとする顧客層に適した場所を選ぶことが重要です。

また、競合店や他の飲食店についても確認し、差別化が図れる場所を見つけることが成功の鍵となります。将来の事業拡大や改装の可能性も考慮して、慎重に物件を選びましょう。

インテリア・内装工事

カフェの魅力はその内装にも大きく左右されます。おしゃれで心地よい空間を作り上げるために、デザインやカラースキーム、家具の選定に注意を払いましょう。カフェのコンセプトに合ったインテリアを取り入れ、お客様が快適に過ごせる雰囲気をつくるのです。

また、内装工事は計画的に進め、オープン前に仕上げておくことが重要です。顧客に良い印象を与え、リピーターを増やすために、内装にこだわりましょう。

メニュー開発

メニューはカフェの顔であり、成功を大きく左右します。ターゲット層の好みや地域の特性を踏まえ、バリエーション豊かで美味しいメニューを開発しましょう。健康志向のメニューや特定の食材にこだわったオリジナル料理も人気を呼び込む要素となります。メニュー開発は試行錯誤の連続ですが、お客様に満足してもらえるメニューを提供することがカフェの成功につながります。

スタッフの採用・教育

カフェの成功には優れたスタッフが不可欠です。スタッフの採用は慎重に行い、お店の雰囲気やコンセプトに合った人材を見つけましょう。一度採用したスタッフには研修を通じて、カフェの理念やサービスの基準についてしっかり教えます。お客様とのコミュニケーションやトラブル時の対応も含め、高いホスピタリティを持ったスタッフを育て上げることが、リピーター獲得や口コミでの評判向上につながります。

設備を整える

カフェのスムーズな運営には、適切な設備が欠かせません。まず、エスプレッソマシンやコーヒーグラインダーなどのカフェメニューに必要な調理機器を検討しましょう。POSシステムやクラウドベースの注文管理システムの導入も効果的です。

フリーWi-Fiや充実した電源設備など、お客様が快適に過ごせるような環境整備も重要です。計画的な設備導入により、オープン時からスムーズな運営が可能となります。

カフェの開業で必要な資格

カフェを開業する際に最低限必要になるのが「食品衛生責任者」の資格です。店舗規模によっては「防火管理者」の資格も必要になります。

食品衛生責任者

カフェの運営において、食品衛生に関する法令を遵守しなければなりません。食品衛生責任者の資格はカフェ開業における必須資格です。資格をただ取るのではなく、資格取得を通して得た知識を活かし、食材の管理や調理、清掃などの衛生基準を守りましょう。

防火管理者

収容人数30人以上の場合、防火管理者の資格が必要です。防火管理者の資格は店舗の延べ面積により2つに分かれています。

延べ面積が300平方メートル以上では2日間の講習を受ける「甲種講習」を、300平方メートル未満では1日のみの講習「乙種講習」を受けなければなりません

開業準備の段階で考えておきたい、カフェの集客戦略

インターネットやスマートフォンの普及により、現代の集客戦略は複雑になりました。カフェの開業準備の段階で、集客戦略についても考えておきましょう。

最低でもGoogleビジネスプロフィールに登録しよう

最低でもGoogleビジネスプロフィールへの登録はしておきましょう。Googleビジネスプロフィールに登録することで、Google ChromeやGoogleマップでの検索結果にお店の基本情報が表示されるようになります。これにより、地元のユーザーや来店確度の高いユーザーの集客がしやすくなるでしょう。

気軽に始められるSNS公式アカウントでファンを増やそう

SNSはコストをかけずに手軽にはじめられる集客方法です。FacebookやInstagram、Xなど、ターゲット層が利用するSNSで公式アカウントを開設しましょう。美味しいメニューやおしゃれな空間、スタッフの日常などを発信することで、フォロワーが増え、お店のファンを増やせます。イベントやキャンペーンの告知も行い、SNSを通じてコミュニケーションを深めましょう。

画像多め、ページ少なめのわかりやすい店舗HPを作ろう

わかりやすい店舗のWebサイトを構築しましょう。特に画像を多用し、お店の雰囲気や料理の魅力を伝えることが重要です。シンプルで、どこに何が書いてあるのかわかりやすい構成にすることを意識しましょう。営業時間やアクセス情報などの基本的な情報も明確に掲載します。

オリジナル商品をネットショップで販売するのもあり

カフェのオリジナリティを高め、収益の多角化を図る手段として、ネットショップでオリジナル商品を販売するのもおすすめです。カフェのロゴやキャラクターを使ったマグカップやTシャツ、限定商品の販売など、ファンにとって特別感のあるアイテムを提供しましょう。

オンライン販売は地域を超えて商品を届けることができ、お店のブランド拡大にも寄与します。SNSやWebサイトを活用して、ユーザーに商品の魅力をアピールし、ネットショップを通じて新たな収益源を開拓しましょう。

看板やチラシなどのアナログな方法は、地域住民の集客に強い

デジタルマーケティングが一般的になる中で、看板やチラシなどのアナログな方法も依然として有効です。特に地域住民への集客においては、目に留まりやすく効果的な広告手段といえます。

地元のコミュニティイベントや地域新聞に広告を掲載し、お店の特徴やイベントを地域住民にアピールしましょう。看板や配布するチラシのデザインにも工夫を凝らし、視覚的な訴求力を高めることが大切です。

カフェを開くためにすべきこと、考えることは多い!開業準備は早めに始めよう

カフェを開業する際にはさまざまな要素を考慮する必要があります。事業計画や資金調達、コンセプトの構築からスタッフの採用、集客戦略まで多岐にわたります。

成功のためには綿密な計画を立て、それに沿って着実に準備を進めることが欠かせません。早めに準備を始めることで余裕がうまれ、開業後も安定的な運営ができるでしょう。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

カフェの開業準備ですべきこと、オープン前に考えておきたい集客施策を紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved