※この記事には一部PRが含まれます。

保険代理店を開業する流れや必要な費用は?おすすめフランチャイズも紹介

更新日:
保険代理店を開業する流れや必要な費用は?おすすめフランチャイズも紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

保険代理店の開業は、開業準備から経営まで、幅広い知識やスキルが求められます。本記事では、保険代理店の開業形態や取り扱う保険商品、市場調査や資金調達の方法について解説。保険代理店の開業のデメリットや、成功するために必要な準備についても紹介します。

保険代理店を開業するまでの流れ

保険代理店を開業するまでの流れを、5つのステップに分けて紹介します。

STEP1.市場調査

保険代理店を開業するまでの流れで、最初の工程となる「市場調査」は、保険代理店の開業にあたり、最も重要かつ基本的なものと言えます。

市場調査では、以下の点を明らかにする必要があります。

  • 保険代理店の需要や将来性
  • 競合他社の状況
  • ターゲット顧客のニーズ

これらの情報を把握することで、保険代理店のビジネスモデルや営業戦略を立案することができます。

具体的には、以下の方法で市場調査を行うことができます。

  • 統計資料や業界レポートの収集
  • 競合他社の調査
  • ターゲット顧客へのヒアリング

市場調査は、保険代理店を開業する前に必ず行うべき工程です。市場調査を怠ると、ビジネスモデルや営業戦略が間違ってしまい、開業後に失敗する可能性が高くなります。

STEP2.法律や規制の確認

市場調査を行った上で、保険代理店を開業するまでの流れの2つ目の工程は「法律や規制の確認」です。

保険代理店の開業には、保険業法をはじめとするさまざまな法律や規制が適用されます。これらの法律や規制を遵守しない場合、営業停止や罰金などの行政処分を受ける可能性があります。

具体的には、以下の法律や規制に注意する必要があります。

  • 保険業法
  • 金融商品取引法
  • 消費者契約法
  • 電子帳簿保存法

これらの法律や規制の確認は、保険代理店を開業する前に必ず行うべき工程です。確認を怠ると、営業許可の取得や営業活動に支障をきたす可能性があります。

STEP3.保険会社の選定・承認

保険代理店を開業するまでの流れの3つ目の工程は「保険会社の選定・承認」です。

保険代理店は、複数の保険会社の商品を取り扱う「乗合代理店」と、特定の保険会社の商品のみを取り扱う「一社専属代理店」の2種類があります。

乗合代理店は、顧客のニーズに合わせて、さまざまな保険会社の商品を提案することができます。一方、一社専属代理店は、特定の保険会社の商品に特化した知識やノウハウを身につけることができます。

STEP4.店舗の取得・内装工事

保険代理店を開業するまでの流れの4つ目の工程は「店舗の取得・内装工事」です。

店舗は、保険代理店の顔であり、顧客とのコミュニケーションの場です。そのため、顧客のニーズやターゲット層に合った店舗を選ぶことが重要です。店舗の取得方法には、賃貸と購入の2つがあります。

賃貸は、初期費用を抑えることができ、契約期間が定められているため、将来の経営方針に合わせて店舗を変更しやすいというメリットがあります。一方、購入は、所有権を取得できるため、自由に店舗を運営することができます。

内装工事は、店舗の雰囲気や使い勝手を整えるため、重要な工程です。顧客の視線を意識し、商品やサービスの魅力をアピールできるような内装にしましょう。

店舗の取得・内装工事は、保険代理店の開業にかかる費用の中で、大きな割合を占めるため、慎重に検討する必要があります。

STEP5.人員の確保

保険代理店を開業するまでの流れの5つ目の工程は「人員の確保」です。

保険代理店の営業活動を円滑に進めるためには、営業担当者や事務員などの人員を確保することが重要です。

営業担当者は、顧客との接客や保険商品の提案・販売を行う重要な役割を担います。そのため、保険商品に関する知識や顧客対応のスキルを身につけた人材を採用する必要があります。

事務員は、営業担当者のサポートや店舗運営などの業務を担当します。そのため、保険業務に関する知識や事務作業のスキルを身につけた人材を採用する必要があります。人員の確保の際には、スキルや経験はもちろん、人柄にも注目しましょう。スキルや経験は、営業活動を円滑に進めるために重要です。人柄は、顧客との信頼関係を築くために重要です。

保険代理店の種類

保険代理店には、複数の保険会社の商品を取り扱う「乗合代理店」と、特定の保険会社の商品のみを取り扱う「専属代理店」の2種類があります。

専属代理店と乗合代理店の違いは、取り扱う保険会社の数です。専属代理店は1社、乗合代理店は複数の保険会社の商品を取り扱います。

専属代理店は、保険会社の商品に特化した知識やノウハウを身につけることができます。一方、乗合代理店は、複数の保険会社の商品を取り扱うため、顧客のニーズに幅広く応えることができます。

どちらのタイプが適しているかは、保険代理店のビジネスモデルや顧客のニーズによって異なります。

専属代理店

専属代理店とは、1社の保険会社の商品のみを取り扱う保険代理店です。保険会社と直接契約を締結し、保険商品の販売や保険金の請求手続きなどの業務を行います。

【専属代理店のメリット】

  • 保険会社の商品に特化した知識やノウハウを身につけることができる。
  • 保険会社からのサポートを受けやすい。

【専属代理店のデメリット】

  • 取り扱う商品が限られるため、顧客のニーズに応えられない可能性がある。
  • 保険会社の方針に左右される可能性がある。

専属代理店は、保険会社との密接な関係を築きたい場合に適しています。また、特定の保険会社の商品に特化した知識やノウハウを身につけたい場合にも適しています。

乗合代理店

乗合代理店とは、複数の保険会社の商品を取り扱う保険代理店です。保険会社ごとに契約を締結し、保険商品の販売や保険金の請求手続きなどの業務を行います。

【乗合代理店のメリット】

  • 複数の保険会社の商品を取り扱うため、顧客のニーズに応えやすい。
  • 保険会社の方針に左右されにくい。

【乗合代理店のデメリット】

  • 取り扱う商品が多いため、保険会社の商品に特化した知識やノウハウを身につけにくい。
  • 保険会社からのサポートが受けにくい可能性がある。

乗合代理店は、顧客のニーズに幅広く応えたい場合、保険会社の方針に左右されずに自社のビジネスモデルを構築したい場合などに適しています。

保険代理店を開業するために必要な資格

保険代理店を開業するためには、保険業法に基づく「保険募集人資格試験」に合格する必要があります。この試験には、一般過程と専門課程の2種類があります。

保険代理店を開業するためには、どちらの課程を受講しても構いません。ただし、専門課程を修了すると、保険募集人資格(専門)を取得することができます。保険募集人資格(専門)は、保険募集人資格(一般)よりも信頼性が高いため、顧客からの信頼を得やすいというメリットがあります。

また、専門課程では、保険法規や保険商品の種類ごとの専門知識を学ぶことができます。これらの知識は、保険代理店として業務を行う上で、必要不可欠なものです。

一般過程

一般過程は、保険代理店を開業するために必要な基礎的な知識やスキルを身につけるための課程です。試験に合格すると、保険募集人資格(一般)を取得することができます。

一般過程の試験科目は、以下のとおりです。

【保険の基礎知識】

  • 保険の種類
  • 保険商品
  • 保険契約
  • 保険金請求 など

【保険販売実務】

  • 保険商品の提案
  • 契約締結
  • 保険金請求の受付 など

専門課程

専門課程は、保険代理店としてより専門的な知識やスキルを身につけるための課程です。試験に合格すると、保険募集人資格(専門)を取得することができます。

専門課程の試験科目は、以下のとおりです。

  • 保険の基礎知識(一般過程と同様)
  • 保険販売実務(一般過程と同様)
  • 保険法規(保険業法、金融商品取引法など)
  • 保険商品の種類ごとの専門知識(生命保険、損害保険、少額短期保険など)

保険代理店の開業にかかる費用

保険代理店の開業にかかる初期費用と運転資金の合計は、一般的に100万円〜500万円程度です。保険代理店は、他業種に比べて低コストで開業・運営できるというメリットがありますが、それでも一定の資金が必要となります。

初期費用

初期費用の総額は、保険代理店の規模や立地、営業戦略によって大きく異なります。一般的には800万円程度かかるとされています。

項目費用の目安
保険募集人資格試験の受験料1万円〜1.5万円
保険会社との委託契約手数料数万円〜十数万円
店舗の取得・内装工事費600万円
備品・什器の購入費200万円
広告宣伝費数万円〜十数万円
保険代理店の初期費用

運転資金

運転資金の総額は、保険代理店の規模や営業戦略によって大きく異なります。一般的には、月額100万円程度かかるとされています。

項目費用の目安
人件費数十万円
賃貸料10万~20万円
水道光熱費~1万円
消耗品費15万円
広告宣伝費2万円
保険代理店の運転資金

保険代理店を開業するメリット

保険代理店は他業種に比べてコストやリスクを抑えて運営できます。その理由を、他業態と比べた保険代理店のメリットと併せて紹介します。

開業・運営のコストが低い

保険代理店は、店舗の規模や立地にこだわる必要がなく、保険商品は保険会社が提供するため、自社で商品開発や販売促進を行う必要がありません。そのため、初期費用やランニングコストを抑えて開業・運営することができます。

他業種の開業・運営コストと比べると、保険代理店は大幅に低コストで済みます。例えば、飲食店の開業・運営コストは、初期費用で1,000万円〜2,000万円、運転資金で月額50万円〜100万円程度かかると言われています。

在庫リスクがない

保険代理店は、商品を仕入れて販売するのではなく、保険会社の代理として保険商品を販売します。保険商品は無形商材のため、物理的な仕入れが必要なく、在庫リスクを回避することができます。

在庫リスクとは、商品を仕入れて販売する際に、商品が売れ残って在庫を抱えてしまうリスクです。在庫を抱えると、保管費や廃棄費などのコストが発生します。また、売れ残った商品が陳腐化して価値が下がってしまうこともあります。

保険代理店は、在庫リスクを回避することができるため、資金繰りが安定し、経営のリスクを軽減することができます。

自由度が高い

保険代理店は、保険会社から委託契約を締結することで、保険商品の販売を行うことができます。そのため、取り扱う保険商品を自由に選ぶことができます。

また、会社員のようにノルマを課されたり、お客さまにおすすめする商品を指定されたりすることもありません。そのため、自分の考えや信念に基づいて、顧客に最適な保険商品を提案することができます。

この自由度の高さは、保険代理店の大きなメリットと言えます。

具体的には、次のことができると言えます。

  • 自分の得意な分野や顧客層に合わせて、保険商品を選ぶ
  • 顧客のニーズを的確に把握し、最適な保険商品を提案する
  • 顧客の満足度を高めるために、新しい営業方法やサービスを積極的に導入する

保険代理店を開業するデメリット

保険代理店は他業態と比べて経営が難しいかもしれません。その理由を、保険代理店を開業する3つのデメリットと併せて紹介します。

法律の影響を受けやすい

保険代理店は、保険業法などの法律によって、業務や営業活動が厳しく規制されています。そのため、法律の改正や解釈の変更によって、業務や営業活動に大きな影響を受ける可能性があります。

例えば、2016年には、保険業法の改正により、「意向把握義務」や「情報提供義務」などの新たな規制が導入されました。これらの規制により、保険代理店は、顧客のニーズや状況をより深く把握し、適切な保険商品を提案することが必要になりました。

経営が安定するまで時間がかかる

保険商品を扱えるようになるためには、その商品を提供する保険会社の承認が必要となります。承認を得るためには、保険会社との話し合いをしたり、審査を受けたりする必要があります。そのため、保険商品を扱えるようになるまでに、一般的に数週間から数ヶ月程度かかります。

さらに、保険商品を販売するためには、顧客のニーズを把握して、適切な保険商品を提案する必要があります。そのため、保険に関する知識やスキル、営業スキルが必要となります。

このようなことから、保険代理店を開業してすぐに、経営が安定するわけではありません。まずは、扱いたい保険商品の保険会社に問い合わせて、承認を得るための手続きを進めることが重要です。また、保険に関する知識やスキルを身につけて、顧客のニーズを把握できるようにしておくことが大切です。

資金調達の方法が限られる

保険代理店は、日本政策金融公庫の「融資対象外業種」と、信用保証協会の「保証対象外業種」に含まれることが多いため、資金調達の方法が限られるというデメリットがあります。

日本政策金融公庫は、中小企業や小規模事業者を対象に融資を行う公的な金融機関です。信用保証協会は、中小企業や小規模事業者が金融機関から融資を受ける際に、保証人となる公的機関です。

これらの機関から融資を受けることができないため、保険代理店は、銀行や民間の金融機関からの融資、自己資金、出資者からの資金調達など、他の方法で資金調達を行う必要があります。

保険代理店が利用できる資金調達の方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 銀行や民間の金融機関からの融資
  • 自己資金
  • 出資者からの資金調達
  • クラウドファンディング
  • 補助金や助成金

保険代理店を開業する3つの方法

保険代理店を開業する方法を3つ紹介します。

個人事業主

【個人事業主として保険代理店を開業するメリット】

  • 開業・運営のコストが低い
  • 自由度が高い
  • 手続きが簡易

【個人事業主として保険代理店を開業するデメリット】

  • 経営のリスクが高い
  • 社会的信用が低い
  • 社会保険に加入できない

個人事業主として保険代理店を開業する最大のメリットは、開業・運営のコストが低いことです。個人事業主の場合は、法人設立に必要な費用や、従業員の給与や社会保険料などの費用を抑えることができます。

また、個人事業主は、自由度が高いというメリットもあります。取り扱う保険商品や営業方法を自由に決めることができます。また、ノルマを課されたり、お客さまにおすすめする商品を指定されたりすることもありません。

一方、個人事業主として保険代理店を開業する最大のデメリットとして、経営のリスクが高いことが挙げられます。個人事業主は、法人と比べて社会的信用が低いため、銀行からの融資を受けづらいかもしれません。

また、個人事業主は、社会保険に加入することができません。そのため、病気やケガで働けなくなった場合、収入が途絶えてしまう可能性があります。

法人

【法人として保険代理店を開業するメリット】

  • 経営のリスクが低い
  • 社会的信用が高まる
  • 社会保険に加入できる

【法人として保険代理店を開業するデメリット】

  • 開業・運営のコストが高い
  • 自由度が低い
  • 手続きが複雑

法人として保険代理店を開業する最大のメリットは、経営のリスクが低いことです。法人は、個人事業主と比べて社会的信用が高いため、銀行からの融資を受けやすく、事業資金を調達しやすくなります。また、法人は、個人事業主と比べて税制上の優遇措置を受けることができるため、経営上の負担を軽減することができます。

また、法人として保険代理店を開業すると、社会的信用が高まるというメリットもあります。そのため、取引先や顧客からの信頼を得やすくなり、事業拡大につながる可能性があります。

さらに、法人として保険代理店を開業すると、社会保険に加入することができます。そのため、病気やケガで働けなくなった場合でも、収入が途絶えてしまうリスクを軽減することができます。

その一方で、法人として保険代理店を開業する場合、個人事業主として開業するよりも開業・運営のコストが高くなります。法人設立に必要な費用や、従業員の給与や社会保険料などの費用を負担する必要があるからです。

また、法人として保険代理店を開業すると、自由度が低くなるというデメリットもあります。法人は、会社法などの法律によって規制されているため、取り扱う保険商品や営業方法を自由に決めることができません。

フランチャイズ

【フランチャイズに加盟して保険代理店を開業するメリット】

  • 開業・運営のコストが抑えられる
  • ノウハウやサポートが受けられる
  • ブランド力や知名度を活用できる

【フランチャイズに加盟して保険代理店を開業するデメリット】

  • ロイヤリティを支払う必要がある
  • 本部の方針に従う必要がある
  • 自由度が低い

フランチャイズに加盟して保険代理店を開業する最大のメリットは、開業・運営のコストが抑えられることです。フランチャイズ本部から店舗のデザインや内装、営業ツールなどを提供されるため、初期費用を抑えて開業することができます。また、フランチャイズ本部から経営ノウハウやサポートを受けられるため、経営のノウハウがない人でも開業しやすくなります。

また、フランチャイズに加盟して保険代理店を開業すると、フランチャイズ本部のブランド力や知名度を活用することができます。そのため、顧客からの信頼を得やすく、事業拡大につながる可能性があります。

フランチャイズに加盟して保険代理店を開業する最大のデメリットは、ロイヤリティを支払う必要があることです。ロイヤリティは、月額や年額で支払われるもので、その金額はフランチャイズ本部によって異なります。

また、フランチャイズに加盟して保険代理店を開業すると、本部の方針に従う必要があります。例えば、商品やサービスの種類、営業方法、販促活動など、本部が定めた方針に従わなければなりません。

さらに、フランチャイズに加盟して保険代理店を開業すると、自由度が低くなるというデメリットもあります。フランチャイズ本部は、ブランドイメージを統一するために、加盟店の自由度を制限する場合があります。

保険代理店の開業におすすめのフランチャイズ

保険代理店の開業におすすめのフランチャイズを紹介します。集客スキルや経営経験に不安がある人、開業のリスクを抑えたい人はぜひ参考にしてください。

ソニー生命

ソニー生命
  • 開業資金0円
  • ビジネス成功・永続のための徹底サポート体制
  • 質の高いセールスパーソンの養成支援

ソニー生命は、お客様の人生に寄り添う保険を提供しています。ライフプランナーがコンサルティングによりオーダーメイドの生命保険をご提案しています。

代理店営業担当社員であるサポーターが質の高いサービスの提供ができるよう、加盟店のサポートをしています。サポート内容は幅広く、ビジネスサポート、教育、セールスサポート、コンベンションなど質の高いサポート体制があります。

ソニー生命では、お客様に質の高い価値を提供することを目的としてプロフェッショナル・エージェント制度を実施しています。2023年において184名の認定者がおり、お客様のライフプランニングに関わっています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:0円
保証金:0円
0円要問い合わせ要問い合わせ
ソニー生命開業資金

ソニー生命公式サイト

インシュアランス・コミュニティ

インシュアランス・コミュニテ
  • 多様な規模、運営形態、得意分野で参画可能
  • 本部は加盟代理店とお客様のつなぎ役として全面サポート
  • ローコストで出店できる

インシュアランス・コミュニティは、ライフステージに合わせた保険選びを提供している保険代理店です。保険を熟知したカウンセラーのもと、無理な勧誘や強引な契約はせずご相談できるところが魅力です。

本部は直営店舗を持たないため、加盟店とお客様、保険会社とのつなぎ役として運営をサポートします。また、加盟代理店との経営方針を尊重し、独立性・独自性を持った運営を後押しします。

加盟金は新設代理店であれば44万円と例を見ない条件で加盟が可能です。低コストで予算を抑えた出店が実現できます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金・新設代理店:44万円・既存代理店:33万円6万6千円(月額)要問い合わせ要問い合わせ
インシュアランス・コミュニティ開業資金

インシュアランス・コミュニティ公式サイト

保険クリニック

保険クリニック
  • 日本初の来店型乗合保険ショップチェーン
  • 開店前の長期研修あり
  • 独自の保険分析・検索システム導入

保険クリニックは、日本初の来店型乗合保険ショップチェーンを開業した保険代理店です。開業で培ったノウハウがあるため、集客手法や教育研修、店舗運営のサポートが充実しています。異業種企業からの参入も増えていますが、安心して事業を進めることが可能です。

保険クリニックでは、独自開発した保険分析・検索システムの「保険IQシステム」を活用し、お客様に最適な保険選びができるようサポートする仕組みがあります。これから必要なお金やかかるリスクがブラフで分かりやすく解説され、加入中の保険を分析できるため、本当にお客様に合った適切な保険を提案できます。

事業には在庫が不要で、ストックビジネスという安定した運営ができます。また、初期投資を抑えられ、投資資金を早く回収できるといった特徴があります。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
保険クリニック開業資金

保険クリニック公式サイト

保険申請支援事業

保険申請支援事業
  • 現場調査・お客様対応・代理店報酬に強みを持つ
  • 加盟金・ロイヤリティ0円
  • 新規顧客を獲得できるノウハウを伝授できる

保険申請支援事業は、お客様の新しいマイホームの守り方を提案する保険代理店です。保険の申請に係るステップを点検から申請まで適切にサポートします。ノウハウを活かしたコンサルティング力・提案力とお客様との信頼を築く対応力・誠実さが特徴です。

災害の多い日本だからこそお客様のマイホームを守る火災保険を適切に提案しています。お客様に代わって現地調査をはじめ、申請手続きをサポートしています。近年も自然災害が増加していますが、火災保険を申請されていない方は少なく、市場拡大に伴い需要の増加が見込まれる事業です。

開業前は疑問点やお困りごとに個別対応しています。開業後も販促物の無料提供や研修の開催、お客様の進捗管理シートの共有など安心して開業できるサポート体制があります。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:0円0円1年要問い合わせ
保険申請支援事業開業資金

保険申請支援事業公式サイト

楽天生命

楽天生命
  • 楽天グループの圧倒的知名度
  • 保険契約期間による安定収入
  • 研修・サポートにより安心して開業できる 

楽天生命は、楽天グループの生命保険会社です。知名度を生かした活動ができ、幅広い楽天の商材を扱うことも可能です。副業や兼業、リモートワークで働くこともできるため、縛られない働き方で安定した副収入が得られます。

代理店契約料は0円で開業にかかるリスクは一切ありません。保険契約が続く限り、毎月安定した収入を得ることができます。また、育成代理店になることで育成手数料を得られる独自のシステムがあります。

開業前の研修は自宅で受講も選択できます。開業後は、先輩代理店から支援を受けられる育成代理店制度があり、全国の営業拠点の社員によるサポートも受けられます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
代理店登録料:1万5千円
生命保険募集人(受験料):2,500円
0円1年要問い合わせ
楽天生命開業資金

楽天生命公式サイト

保険代理店の開業では準備が大切!早めに進め、安定経営を目指そう

保険代理店の開業は、開業準備から経営まで、幅広い知識やスキルが求められます。開業を検討する際には、早めに準備を進めることが大切です。

保険代理店として成功するためには、しっかりとした準備と経営ノウハウが欠かせません。早めに準備を進め、安定経営を目指しましょう。

準備をスムーズに進めるためにも、ノウハウ不足を補うためにもおすすめなのが、フランチャイズへの加盟です。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

保険代理店を開業する流れや必要な費用は?おすすめフランチャイズも紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved