※この記事には一部PRが含まれます。

キッチンカーのおすすめフランチャイズ5選!費用や選び方、他業界と比べたメリット・デメリットも紹介

更新日:
キッチンカーのおすすめフランチャイズ5選!費用や選び方、他業界と比べたメリット・デメリットも紹介のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

キッチンカーのおすすめフランチャイズや加盟費・ロイヤリティの相場、どんなチェーンを選べばいいのかを解説します。ほかの飲食業と比べたキッチンカーのメリット・デメリットも解説。「フランチャイズ加盟を考えているが、業種に迷いがある」という方は、ぜひ参考にしてください。

キッチンカー業界の現状

キッチンカーとは、フードトラックやケータリングカーなどの移動式の飲食店のことです。食材の保存や調理ができるトラックで、焼き鳥やクレープ、メロンパンなどの簡単なメニューを提供します。

キッチンカーと通常の飲食店の大きな違いは「移動できること」「低コストで開業できること」でしょう。立地選びの失敗がそのまま経営難につながるリスクはありません。基本的に1人でお店を回せるので、人件費も抑えられるでしょう。

総じて、キッチンカーは通常の飲食店と比べて低リスクで開業できるといえます。不況と社会的不安の高まりが続く昨今において、低リスクで開業できるメリットは大きいです。それは、移動販売車の営業許可件数(≒キッチンカーの開業数)に表れています。

出典:本文(「令和元年度土地に関する動向」・「令和2年度土地に関する基本的施策」)第1部第2章 人口減少社会における土地の利用と管理を巡る動向

グラフは東京都における移動販売車(キッチンカー)の営業許可件数の推移です。まれに微減した年度もあるものの、全体としてキッチンカーの営業許可件数は右肩上がりが続いています。

コロナ禍の影響により社会的不安の高まった近年においては、低リスクで開業できるキッチンカーへの注目はさらに高まったでしょう。テイクアウトが社会に浸透したことに加え、密回避のために屋外で食事が取れるキッチンカーはコロナ禍で一躍注目を浴び、コロナ前よりも社会に浸透したといえます。

キッチンカーのフランチャイズにかかる費用

フランチャイズでキッチンカーを開くための費用は「初期費用」と「ロイヤリティ」に分けられます。

初期費用

フランチャイズでキッチンカーを開くための初期費用は、200万~300万円ほどが相場といわれています。加盟するフランチャイズにより異なりますが、費用の内訳はおおむね次の通りです。

  • 加盟費
  • 研修費
  • 車両のレンタル・購入費
  • 備品や食材の仕入費 など

ロイヤリティ

フランチャイズに加盟すると「ロイヤリティ」がかかることがあります。ロイヤリティとは毎月の売上の一部を本部に納めることです。そのチェーンのブランド力やノウハウ、仕入ルートなど、本部から提供されるサポートの対価としてロイヤリティが発生します。

キッチンカーの場合、ロイヤリティは固定制で月3万円ほど、変動制で売上の6%ほどが相場といわれています。

ただ、キッチンカーのフランチャイズには「ロイヤリティなし」のチェーンも多いです。ロイヤリティなしの理由はチェーンにより異なりますが、「加盟店は食材や商品を本部から仕入れるため、ロイヤリティがなくても本部に利益が出る」「本部はイベント業者と契約し、出店場所としてイベント会場を加盟店に紹介することで紹介料を得られる」などが考えられます。

「本部が長い年月をかけて開発・改善を続けてきた商品を仕入れられること」「イベント会場のような集客しやすい出店場所を紹介してもらえること」は加盟店にとってもメリットがあります。ロイヤリティがないうえにこれらのメリットを享受できる仕組みは、本部と加盟店にとってWin-Winの仕組みといえるでしょう。

キッチンカーのフランチャイズの選び方

キッチンカーのフランチャイズを選ぶ4つのポイントを紹介します。どんなお店を開きたいのか、予算はどのくらいなのかを踏まえ、自分に合ったチェーンを選びましょう。

メニュー・商品カテゴリ

キッチンカーのフランチャイズを選ぶ1つ目のポイントは「メニュー・商品カテゴリ」です。キッチンカーは大きく次の3タイプに分けられます。

タイプ商品の例特徴・出店場所
食事系・たこ焼き
・焼き鳥
・から揚げ
・サンドイッチ
・お弁当 など
たこ焼きやから揚げなどはお祭りの屋台に近いニーズがあり、イベント会場への出店に強い。
サンドイッチやお弁当などは朝食・ランチ需要が高く、オフィス街や駅回りでのニーズが高い。
焼き鳥はファミリーの夕食や一人飲みでのニーズが高く、スーパーの近くに出店すると集客を見込みやすい。
スイーツ系・クレープ
・アイスクリーム
・カキ氷
・わたあめ
・メロンパン など
女性人気が高いタイプで、イベント会場や休日の繁華街、夏場の海などでの集客が見込める。
SNS映えする、見た目が華やかな商品は特に人気。
ドリンク系・コーヒー
・紅茶
・ジュース
・スムージー
・アルコール など
全体的にイベント会場や休日の繁華街などでのニーズが高い。
フルーツジュースやスムージーなどは女性からの朝食・ランチ需要が高く、オフィス街や駅回りへの出店もおすすめ。
キッチンカーのタイプと適した出店場所

提供される出店場所

キッチンカーのフランチャイズを選ぶ2つ目のポイントは「提供される出店場所」です。

キッチンカーのフランチャイズのなかにはイベント業者や企業などと契約を結び、イベント会場やオフィスなどの出店場所を紹介してくれるところもあります。このような場所は集客力が高く、キッチンカーへのニーズも安定しています。出店場所を提供・紹介してくれるチェーンを選べば、集客に悩むことはあまりないでしょう。

知名度・ブランド力

キッチンカーのフランチャイズを選ぶ3つ目のポイントは「知名度・ブランド力」です。

キッチンカーに限らず、加盟するチェーンの知名度やブランド力は重要です。「このチェーンが好き」「SNSで気になってたあのキッチンカーが来るらしいから、遊びに行ってみようかな」という人は少なくありません。

キッチンカー業界では、ベリーズカフェや富良野メロンパンなどの知名度が高いです。

初期費用とロイヤリティ

キッチンカーのフランチャイズを選ぶ4つ目のポイントは「加盟費とロイヤリティ」です。

フランチャイズに加盟する際の初期費用と、加盟後に支払うロイヤリティについて、複数のチェーンの情報を集め比較しましょう。複数チェーンの初期費用・ロイヤリティを見比べることで、相場をつかみやすくなります。なるべくコストのかからないチェーンを選ぶことで、経営に余裕が出るはずです

ただ、コストだけで加盟チェーンを選んではいけません。知名度・ブランド力や出店場所の提供、受けられるサポートなどもチェックし、総合的に判断しましょう。

おすすめのキッチンカーフランチャイズ5選

唐揚げやスイーツなど、ジャンル別にキッチンカーのおすすめフランチャイズを5つ紹介します。

空とぶ唐揚げ

空とぶ唐揚げ
  • からあげグランプリ金賞受賞
  • スーパー・イベント会場の実績多数
  • メディア露出が多く知名度が高い

空とぶ唐揚げはからあげグランプリ金賞受賞のからあげ専門店です。メディアに何度も取り上げられているため知名度が高く、看板を掲げているだけでも集客できるでしょう。

ドンキホーテやドコモショップ、各種スーパーへの出店はもちろん、イベント会場への出店実績も抱負です。保育園や町内会のお祭りなど、地域密着型のイベントにも多数出店しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
195万円なし要問い合わせ要問い合わせ
空とぶ唐揚げの概要 ※開業資金は一例です

空とぶ唐揚げ公式サイト

丸果じゅ屋

丸果じゅ屋
  • 新鮮なフルーツを使ったフルーツジュース専門店
  • フルーツをそのまま容器にしたSNS映えする商品
  • 3日間の研修でスピード開業

丸果じゅ屋は大阪生まれのフレッシュジュース専門店です。フルーツをそのまま容器にしてジュースを提供する、SNS映えする商品を展開しています。お客さまがSNSでお店の宣伝をしてくれるだけでなく、街でたまたま見かけた人の興味を引ける、インパクトのある商品です。

3日間の研修でスピード開業できるのも魅力的です。保健所の営業許可を取るためのフォロー、経営に関する悩みを相談できるオンラインミーティングなど、手厚いサポートを受けられます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせなし要問い合わせ要問い合わせ
丸果じゅ屋の概要

丸果じゅ屋公式サイト

黄金鯛焼き

黄金鯛焼き
  • スーパー・プラザへの出店実績多数
  • 100店舗以上の飲食店を支援してきたコンサルティングを提供
  • 固定店舗にも対応

黄金鯛焼きはTSUTAYAやマックスバリュー、各種スーパーなど、有名店やプラザへの出店実績が豊富な鯛焼き専門店です。フランチャイズは100店舗以上の飲食店を支援してきたコンサルティング会社です。そのノウハウを活かして「成功する店舗」をつくるためにさまざまなサポートを提供してくれます。

キッチンカーはもちろん、固定の店舗を開くこともできます。固定店舗の場合も立地・テナント選びからサポートしてもらえるので、立地選びのリスクは低いでしょう。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
215万円~月5万円24ヵ月80店舗以上
黄金鯛焼きの概要

黄金鯛焼き公式サイト

なないろ弁当

なないろ弁当
  • 健康志向のお弁当を配達
  • 屋号を自由に設定できる
  • 飲食店・施設オーナーのサイドビジネスにおすすめ

なないろ弁当は既存の飲食店や介護施設、障がい者施設などの厨房を有効活用できるビジネスです。完全調理済みの食材を既存の厨房で盛り付け、客先まで配達するだけなので、飲食店のアイドルタイムや施設の厨房を使っていない時間帯を活用し、サイドビジネスを始められます。

屋号を自由に設定できるのも特徴です。「なないろ弁当」の屋号はもちろん、既存事業の屋号でビジネスを始めることもできます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
5万円1万円~要問い合わせ要問い合わせ
なないろ弁当の概要

なないろ弁当公式サイト

COLOR CAFE

COLOR CAFE
  • クレープ・スイーツ専門のキッチンカー
  • かわいい商品とキッチンカーは集客力抜群
  • 本部による手厚いサポートと集客・宣伝

COLOR CAFEクレープ・スイーツ専門のキッチンカーです。SNS映えする商品と、目を引く黄色のトラックで、抜群の集客力を誇ります。

本部が集客・宣伝に力を入れているのも特徴です。メディアへの出店実績が多数あり、フランチャイズ加盟からオープンまでの密着動画や現役オーナーの取材動画などを放送。公式サイトからこれらの番組を視聴することもできます。

イベント会場向けの「出店依頼フォーム」を公式HPに設置したり、YouTubeチャンネルの運営に力を入れたり、出店依頼を集めるためにさまざまな取り組みをしています。

公式HPからは先輩オーナーへのインタビューを視聴でき、デザインもきれいなので、一度チェックしてみましょう。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
290万円~なし要問い合わせ要問い合わせ
COLOR CAFEの概要 ※軽BOXFC開業パックプランの場合

COLOR CAFE公式サイト

キッチンカーのフランチャイズに加盟するメリット

キッチンカーのフランチャイズに加盟する6つのメリットを紹介します。

チェーンのブランド力で集客できる

キッチンカーのフランチャイズに加盟する1つ目のメリットは、「チェーンのブランド力で集客できる」ことです。

キッチンカーはイベント会場に出店する機会が多く、有名チェーンの看板を掲げているだけである程度の集客が期待できます。移動しながらお店を運営できるため、「あのチェーンは行ったことがあるからもういいや」と、お客さまに飽きられるリスクも低いです。

本部のノウハウを提供してもらえる

キッチンカーのフランチャイズに加盟する2つ目のメリットは、「本部のノウハウを提供してもらえる」ことです。

フランチャイズ本部には長年の経営で培ってきたノウハウがあります。「どんな場所にお店を出すと集客できるのか」「季節や天候を踏まえて出店場所をどう選べばいいのか」「どこでどんなイベントがあるか」など、キッチンカーの運営において情報・ノウハウは重要です。

他業界・業態に比べてコストを抑えられる

キッチンカーのフランチャイズに加盟する3つ目のメリットは、「他業界・業態に比べてコストを抑えられる」ことです。

キッチンカーは通常の飲食店よりも低コストで開業・運営できます。お店を出すための土地や建物を用意する必要も、たくさんの従業員も必要ありません。

通常の飲食店なら開業費だけで1,000万円近くかかることも珍しくありませんが、キッチンカーなら200万~300万円ほどで開業できます。基本的に1~2人回しなので、オーナー自らが店頭に立てば、人件費もほとんどかかりません。

立地を変えられる

キッチンカーのフランチャイズに加盟する4つ目のメリットは、「立地を変えられる」ことです。

通常の飲食店は一度お店を構えると立地を変えるのが難しいです。「飲食店の集客は立地が命」といっても過言ではありません。しかし、自由に移動できるキッチンカーなら立地をいつでも変えられます。立地選びの失敗がそのまま閉店につながることはありません。

「平日はオフィス街や駅回り」「休日はイベント会場や繁華街」のように、状況に応じて出店場所を変えることもできます。

本部が出店場所を確保してくれることも

キッチンカーのフランチャイズに加盟する5つ目のメリットは、「本部が出店場所を確保してくれることもある」ことです。

キッチンカーチェーンの中にはイベント業者や企業などと契約を結び、加盟店にイベント会場やオフィスなどの出店場所を紹介してくれるところもあります。

キッチンカーの集客力や売上は出店場所に大きく左右されるでしょう。常に集客力の高い場所に出店できることは、キッチンカーの経営を安定させるうえで大きなメリットがあります。

オペレーションが簡単

キッチンカーのフランチャイズに加盟する6つ目のメリットは、「オペレーションが簡単」ことです。

メロンパンやドリンク、焼き鳥など、キッチンカーで提供するのはオペレーションが簡単なメニューばかりです。冷凍した生地や焼き鳥を焼くだけ、フルーツや野菜をミキサーに入れて回すだけというように、飲食業での経験がなくても簡単に提供できます。通常の飲食店と異なり、テーブル管理や座席案内も必要ありません。

オーナー自身はもちろん、新しく採用したアルバイトでもすぐにオペレーションを覚えられるでしょう。注文から商品提供までのスピードも早いので、回転率も高いです。

キッチンカーのフランチャイズに加盟するデメリット

キッチンカーのフランチャイズに加盟するデメリットを3つ紹介します。

ロイヤリティの分利益率が下がる

キッチンカーのフランチャイズに加盟する1つ目のデメリットは、「ロイヤリティの分利益率が下がる」ことです。

ロイヤリティが固定制の場合、毎月決まった額の支払いが発生します。売上が低くても支払うロイヤリティの額は変わらないので、経営が圧迫されるリスクも高いです。変動制の場合は経営難のときのリスクは低いものの、売上が高くなるほどロイヤリティも高くなってしまいます。

ただ、先述の通りキッチンカーはロイヤリティなしのフランチャイズも多いです。

自由度が低い

キッチンカーのフランチャイズに加盟する2つ目のデメリットは、「自由度が低い」ことです。

フランチャイズにはチェーンごとのルール・マニュアルがあり、それに沿って運営しなくてはなりません。オリジナルメニューを開発したり、お客さまの声を取り入れてお店をどんどん改善したりしたい人にとっては窮屈かもしれません。

売上が天候や季節に左右されやすい

キッチンカーのフランチャイズに加盟する3つ目のデメリットは、「売上が天候や季節に左右されやすい」ことです。

キッチンカーは屋外で注文から商品提供まで行うため、雨の日や雪の日、寒い日などは集客しづらくなります。特にアイスクリームやジュースなどの冷たい商品は、冬場はあまり売れないでしょう。

キッチンカーのフランチャイズなら、低コスト・低リスクで開業できる

キッチンカーは飲食業のなかでも低コスト・低リスクで開業できる業態です。フランチャイズで開業する場合、加盟費やロイヤリティがかからないチェーンも珍しくありません。出店場所を紹介してくれるチェーンも多く、他業態よりもフランチャイズに加盟するメリットは大きいといえます。

キッチンカーの運営を成功させるカギは「情報力」と「出店場所」です。季節や天候、平日・祝日などを踏まえてどこに出店すればいいのかアドバイスをくれるチェーン、出店場所を積極的に紹介してくれるチェーンを選びましょう。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

キッチンカーのおすすめフランチャイズ5選!費用や選び方、他業界と比べたメリット・デメリットも紹介のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved