※この記事には一部PRが含まれます。

脱サラ開業した飲食店の7割が3年以内に廃業!失敗する人の特徴と成功のコツ、おすすめの業態

更新日:
脱サラ開業した飲食店の7割が3年以内に廃業!失敗する人の特徴と成功のコツ、おすすめの業態のアイキャッチ画像
記事のURLとタイトルをコピーする

脱サラして飲食店を開業したいけど、失敗が怖い…。そんな悩みをお持ちの方へ。成功のコツやおすすめの業態、開業までの手順を徹底解説。失敗しやすい人の特徴と、今日から始められる準備・意識改革の方法も紹介します。脱サラ後の安定した生活を手に入れましょう!

飲食店の7割が3年以内に廃業、脱サラの成功率は低い

華やかなイメージとは裏腹に、飲食店は廃業率の高い厳しい業種です。飲食店の3年以内の廃業率は実に70%に達し、5年以内の廃業率は80%を超えるともいわれています。優秀な料理人や接客のプロであっても、経営者としてのスキルがなければ、開業直後に失敗してしまうケースも少なくありません。

脱サラして飲食店を開業することは、多くの人にとって夢であり、憧れです。しかし、甘い夢だけを見て安易に開業してしまうと、厳しい現実が待ち受けています。飲食店経営は、想像以上に体力と精神力を消耗する仕事です。長時間労働は当たり前ですし、顧客からのクレームや従業員のトラブルなど、さまざまな問題に直面することになります。

競争が激しい飲食業界で生き残るためには、確固たる経営理念と戦略が必要です。流行に左右されない独自のコンセプトを打ち出し、ターゲット顧客を明確に設定する必要があります。また、資金繰りの管理や人材育成など、経営に関する知識も不可欠です。

脱サラの飲食店開業で失敗する人の特徴

飲食店開業は、多くの人にとって夢であり、憧れです。しかし、甘い夢だけを見て安易に開業してしまうと、厳しい現実が待ち受けています。

脱サラして飲食店を開業し、成功を掴むためには、どのような特徴を持つ人が失敗しやすいのかを知ることが重要です。

ここでは、脱サラ飲食店で失敗する人の特徴を3つ紹介します。

こだわりが強すぎる

脱サラ飲食店で失敗する人の特徴の1つ目は、「こだわりが強すぎる」ことです。

たしかに、理想を追求し、自分らしさを表現することは大切です。しかし、こだわりが強すぎると、顧客のニーズを無視したり、経営を圧迫したりする可能性があります。

たとえば、メニューにこだわりすぎて顧客にとってわかりにくい構成になってしまうことがあります。また、食材にこだわりすぎて原価が高くなり、利益が出ないというケースもあるでしょう。

顧客にとって重要なのは、必ずしも高級食材や凝った料理ではありません。むしろ、清潔な店内、気持ち良い接客、リーズナブルな価格など、基本的な部分をしっかりと満たすことが大切です。

こだわりを持ちつつも顧客目線で柔軟に考えることが、成功につながる鍵となります。

家族の理解・協力を得ていない

脱サラ飲食店で失敗する人の2つ目の特徴は、「家族の理解・協力を得ていない」ことです。

飲食店経営は、想像以上に時間と労力を必要とする仕事です。開店準備や仕入れ、調理、接客、清掃など、さまざまな業務をこなす必要があります。休日出勤や深夜労働も少なくありません。

家族の理解と協力が得られなければ、仕事と家庭の両立が難しくなり、精神的な負担も大きくなります。場合によっては夫婦関係が悪化したり、家族との時間が確保できなくなったりして、お店を閉める決断をせざるを得ないこともあります。

脱サラして飲食店を開業する前に、家族としっかりと話し合い、協力してもらえるかどうかを確認することが重要です。家族の理解と協力があれば、困難な状況も乗り越え、成功を目指して突き進めるでしょう。

適切な相談相手がいなかった

脱サラ飲食店で失敗する人の3つ目の特徴は、「適切な相談相手がいなかった」ことです。

飲食店経営ではさまざまな問題や課題に直面します。資金繰り、人材確保、メニュー開発、顧客対応など、一人で抱え込むにはあまりにも多くの問題があります。

そのようなときに、相談できる相手がいなければ、不安やストレスを抱え込み、判断を誤ってしまう可能性があります。

適切な相談相手とは、たとえば経験豊富な飲食店経営者、経営面の悩みなら税理士のような専門家などのことです。フランチャイズに加盟し、本部に相談しながら経営ノウハウを身に着けていくのもおすすめです。

脱サラして飲食店を開業する前に、自分が困ったときに相談できる相手をリストアップしておきましょう。そうすることで、問題が発生した際にも迅速に対応でき、失敗を回避できます。

脱サラして飲食店を開業する手順

脱サラして飲食店を開業し、成功するには、綿密な準備と確固たる決意が必要です。ここでは、脱サラから飲食店開業までの具体的な手順を13に分けて紹介します。

これらの手順を一つひとつ丁寧に進めることで、夢の実現に近づけるでしょう。

本当に脱サラすべきなのかよく考える

飲食店経営は、華やかなイメージとは裏腹に、厳しい競争と長時間労働が求められる厳しい仕事です。

脱サラして夢を実現したいという気持ちは素晴らしいですが、その前に、本当に飲食店を開業すべきなのか、じっくり考えてみましょう。

まず、なぜ脱サラしたいのか、その理由を明確にしましょう。現在の仕事への不満なのか、新しい挑戦への意欲なのか、明確な理由を持つことが大切です。

次に、飲食店経営の現実を直視しましょう。長時間労働や体力的な負担、経営者としての責任など、想像以上に厳しい側面があることを理解しておく必要があります。

資金繰りについても慎重に検討しましょう。開業資金だけでなく、運転資金や生活資金まで、十分な資金を確保できる見通しがあるか確認しましょう。

そして、家族の理解と協力は不可欠です。脱サラと開業は、あなただけでなく家族の生活にも影響を与える決断です。家族があなたの夢を理解し、応援してくれるか確認しましょう。

最後に、リスクヘッジも忘れずに行いましょう。いざというときは前の会社に戻れるようにしたり再就職の準備を整えておいたり、経営がうまくいかない場合の対策を事前に考えておくことで、万が一の事態にも対応できます。

これらの点をしっかりと考えたうえで、それでもなお脱サラして飲食店を開業したいという強い意志があれば、次のステップへと進むべきでしょう。

開業する業種や業態を選ぶ

一口に飲食店といっても、業種や業態はさまざまです。ラーメン店、居酒屋、カフェ、レストランなど、それぞれ異なる客層、メニュー、設備、経営ノウハウが必要となります。

まずは、自分が得意なことや好きなこと、ターゲットとなる客層などを考慮しながら、開業する業種や業態を絞り込みましょう。

ターゲット層は年齢層や性別、家族構成、ライフスタイルなどを考慮し考えましょう。競合店の状況も重要です。出店予定エリアにおける競合店の状況を調査し、差別化できる業種や業態を選びましょう。

開業資金も忘れてはいけません。業種や業態によって、必要な開業資金が大きく異なります。資金計画を立てながら、現実的に実現可能な業種や業態を選びましょう。

開業する方法を選ぶ

脱サラして飲食店を開業する方法は、大きく分けて独立開業・フランチャイズ加盟・暖簾分けの3つがあります。

独立開業はすべてを自分で決めて開業する最も一般的な方法です。自由度が高く、自分の理想のお店を作ることができます。しかし、資金調達や経営の勉強など、すべてを自分でしなければなりません。

フランチャイズ加盟は、知名度のあるブランドのフランチャイズに加盟する方法です。ノウハウやサポートが充実しており、比較的成功しやすいといわれています。しかし、本部へのロイヤリティや制約がある点は覚えておきましょう。

暖簾分けは既存の飲食店で修行を積み、暖簾分けさせてもらう方法です。経験やノウハウを学べる一方、独立開業よりも選択肢が限られます。

お店のコンセプトやターゲットを考える

どんなお店にするのか、誰に来てもらいたいのかを明確にすることは、飲食店経営において非常に重要です。コンセプトやターゲットによって、必要な設備やメニュー、価格帯などが大きく変わってくるからです。

自分の強みや好きなことを活かせるか、ターゲットとなる客層はどんな人で、出店予定地の競合店の状況はどうなのか。これら3つの要素を軸に、お店のコンセプトやターゲット層を考えてみましょう。競合店がすでに囲い込んでいるターゲット層を避けること、その地域でまだ満たせていないニーズを満たすことなどを意識しましょう。

事業計画書を作る

事業計画書は、飲食店経営において非常に重要な役割を果たします。開業資金の調達、物件探し、人材採用など、さまざまな場面で必要となります。また、事業計画書を作成することで、自分のビジネスプランを整理し、客観的に評価できます。

ただし、事業計画書はあくまでも現時点での計画書です。このことを忘れずに、経営状況に応じて柔軟に修正していくことが大切です。

物件を探す

立地は客足に大きく影響するため、物件探しの際には慎重に検討しましょう。考慮すべきポイントは、ターゲットとなる客層、競合店の状況、アクセス、広さ、設備、賃料などです。

ターゲットとなる客層がどこに多く住んでいるのか、どこに集まるのかをよく調べましょう。たとえば、ファミリー層をターゲットにする場合は、駅から近く、駐車場がある場所が理想的です。その一方で、ビジネスパーソンをターゲットにする場合は、オフィス街に近い場所がおすすめです。

競合店の状況も確認します。競合店が近くにないか、少ない場所を選びましょう。競合店が多い場合は、差別化できるコンセプトやメニューで勝負する必要があります。

もちろん、アクセスしやすさも大切です。駅やバス停から近い、車でのアクセスがしやすい場所を選びましょう。アクセスが悪いと、客足に大きく影響します。

資金調達をする

開業資金や運転資金が足りなさそうなら、資金調達を考えましょう。脱サラして飲食店を開く場合、融資と助成金・補助金が主な選択肢となります。

銀行や日本政策金融公庫などから融資を受ける方法は多額の資金調達に適していますが、返済のリスクがあることや事業計画書の提出が必要なことなど、デメリットも多いです。

まずは活用できる助成金・補助金がないか探してみるといいでしょう。これらは国や自治体からの事業支援金で、返済不要であるためリスクがありません。 すべての業態が対象となるわけではありませんが、条件を満たせば申請できます。

ただ、いずれにしても自己資金はなるべく多めに用意しましょう。 融資の審査は自己資金が少ないと通りづらくなり、補助金・助成金は基本的に後払いのため、まずは自己資金で経費の支払いを済ませなければなりません。

内装工事

内装工事は店舗のイメージを形作る重要なステップです。コンセプトやターゲットに合った空間をつくり上げることで、顧客に魅力的な印象を与え、集客や売上向上につなげられます。

お店のコンセプトを明確にし、それに合ったデザインを検討しましょう。厨房や客席の動線を考慮し、機能的な空間を作ることも意識したいです。これらの要素に加え予算も明確にし、それに合ったプランを立てましょう。

仕入れ先の確保

飲食店にとって、食材や酒類などの仕入れ先は、安定した経営を左右する重要な要素です。品質や価格、納期などを総合的に判断し、信頼できるパートナーを見つけることが求められます。

適正な価格で仕入れられるかどうかは、利益率に直結します。複数の業者から見積もりを取り、比較検討しましょう。ただし、価格の安さだけにとらわれず、品質とのバランスも重要です。

注文した商品を確実に、そして必要なタイミングで納品してくれる業者を選びましょう。特に、鮮度が重要な食材の場合は、納期が厳守されるかどうかが重要になります。

人材の採用と教育

飲食店にとって、人材は味やサービスと並んで顧客満足度を左右する重要な要素です。優秀な人材を採用し、適切な教育を施すことで、お店の魅力を高め、売上向上につなげられます。

お店のコンセプトやメニューに合った「求める人物像」を明確にしましょう。経験やスキルだけでなく、人柄やホスピタリティも重要なポイントです。採用方法は求人広告や求人エージェント、紹介などさまざまな方法を検討し、自分に合った方法を選びましょう。

しっかりと面接を行い、応募者のスキルや経験だけでなく、人柄や熱意もしっかりと見極めましょう。

各種届出

飲食店を開業するには、保健所への「飲食店営業許可申請」をはじめ、消防署への届出など、さまざまな手続きが必要です。

開業する地域や業態によって必要な届出は異なります。事前にしっかり確認し、漏れのないように手続きを進めましょう。必要な届出と手続きの流れはこちらの記事で解説しています。

プレオープン

プレオープンはグランドオープン前に関係者や友人などを招き、本番さながらの営業を行うことです。オペレーションやサービスの確認、料理の味や提供時間のチェックなど、最終的な調整を行います。グランドオープンに向けて、課題を見つけ改善することで、スムーズなスタートを切れます。

オープン

いよいよ迎えるグランドオープン。これまでの準備の集大成です。

オープン初日は、特に宣伝やプロモーションに力を入れることで、多くの来店客を集めましょう。オープン後も利用客の声に耳を傾け、改善を続けながら、地域に愛されるお店を目指しましょう。

脱サラして飲食店で成功するためのポイント

会社員として忙しい日々を送る中で、今すぐにでも脱サラしたいと願う人もいるでしょう。しかし、「急がば回れ」ということわざがあるように、脱サラを成功させるには事前準備が大切です。

脱サラして飲食店を開業し、成功するにはどうすればよいのか。今日から始められる準備と心がけを紹介します。ここまで紹介してきた失敗する人の特徴や開業までの手順を念頭に置きながら、読み進めてください。

しっかり貯金する

脱サラして飲食店を開業するには、まとまった資金が必要です。貯金は多ければ多いほど、開業後の経営を安定させ、万が一の事態にも対応できます。

開業資金は、自己資金と借入金のバランスが重要です。自己資金が少ないと、借入金の返済負担が大きくなり、経営を圧迫する可能性があります。

十分な貯金があれば、借入金を減らし、金利負担を軽減できます。また、運転資金に余裕を持たせることで、売上低迷時にも対応できるようになります。

さらに、生活費として少なくとも6ヵ月分の貯金があると、開業後の生活も安心です。脱サラしてすぐにビジネスが軌道に乗ることは少ないため、せっかく開いたお店を続けるためにも家族を不安にさせないためにも、生活費はしっかり貯めておきましょう。

十分な貯金は精神的な余裕にもつながり、経営判断を冷静に行うためにも重要です。

スモールスタートする

飲食店を開業する際は、最初から大規模な店舗を構えるのではなく、スモールスタートでリスクを抑えることが大切です。

小規模な店舗や移動販売など、初期投資を抑えられる業態を選ぶことで、開業資金の負担を軽減できます。小規模な店舗であれば、オペレーションや経営のノウハウを学びながら、徐々に規模を拡大していくことも可能です。

スモールスタートはリスクを抑えながら経験を積み、経営の基礎を固めるための有効な手段です。

会社員のうちから、キッチンカーのような業種を土日のみの副業として始めるのもいいでしょう。脱サラ前に経験を積み、開業後のイメージを具体的にすることで、成功の可能性を高められます。

経営について学ぶ

飲食店を経営するには、料理のスキルだけでなく、経営に関する知識も必要です。

簿記や会計、労務管理、マーケティングなど、幅広い知識を身につけることで、経営の安定化を図れます。経営に関する書籍を読んだり、セミナーに参加したり、専門家のアドバイスを受けるなど、さまざまな方法で学べます。

また、実際に飲食店でアルバイトや社員として働くことで、現場の経験を積むことも有効です。

経営に関する知識を深めることは、リスクを最小限に抑え、脱サラを成功へと導くための重要なステップです。

マーケティングを学び実践する

飲食店を成功させるためには、マーケティングが欠かせません。ターゲット顧客を設定し、効果的な宣伝・広報活動を行うことで、集客力を高められます。

SNSを活用した情報発信や、クーポンやキャンペーンの実施など、さまざまなマーケティング手法があります。

ターゲット顧客のニーズを把握し、それに合わせたマーケティング戦略を立てることが重要です。

また、マーケティングの効果測定を行い、改善を繰り返すことで、より効果的な集客につなげられます。

開業前にしっかり情報収集する

飲食店を開業する前に、徹底的な情報収集を行いましょう。

競合店の調査、市場動向の分析、顧客ニーズの把握など、さまざまな情報を収集することで、開業後の戦略を立てることができます。インターネットや書籍、セミナーなど、さまざまな情報源を活用しましょう。

また、実際に飲食店に足を運び、雰囲気やサービス、客層などを観察することも大切です。

フランチャイズに加盟する場合は、各チェーンの情報を比較検討することも欠かせません。

開業資金やロイヤリティ、サポート体制、経営ノウハウなど、さまざまな情報を収集し、自分に合ったフランチャイズを選びましょう。

情報収集は、開業後の成功を左右する重要な要素です。時間をかけて、多角的な視点から情報を集めましょう。

脱サラで飲食店を開きたい人におすすめの業種・業態

脱サラして飲食店を開業する場合、どのような業種・業態を選ぶかが成功の鍵を握ります。初期費用を抑えたい、自分のペースで働きたいなど、脱サラ後の働き方は人それぞれです。

ここでは、脱サラ後のライフスタイルに合わせ、おすすめの業種・業態を紹介します。

キッチンカー

キッチンカーは、初期費用を抑え、自分のペースで働きたい人におすすめの業態です。店舗を構える必要がないため、家賃や内装費などの固定費を大幅に削減できます。また、出店場所を自由に選べるため、イベントやオフィス街、住宅地など、さまざまな場所で営業できます。

SNSなどを活用して、出店場所やメニューを発信することで、集客効果を高めることも可能です。自分の得意な料理やこだわりの食材を生かし、オリジナリティあふれるお店づくりに挑戦できます。

最近はフランチャイズの募集も多いです。キッチンカーのフランチャイズにはロイヤリティが不要なチェーン、出店場所を紹介してもらえるチェーンなども多く、加盟するメリットは大きいです。

キッチンカーのフランチャイズが気になる方にはこちらの記事もおすすめです。

弁当屋

弁当屋は安定した需要が見込めるため、脱サラ後の安定収入を求める人におすすめの業態です。

最近の社会情勢を見るに、飲み会の減少、タイパ(タイムパフォーマンス)や健康を重視する人が増えていることなど、コンビニではなく「弁当屋の弁当」に対するニーズが高まっています。

これらのニーズを踏まえ、オフィス街や学校、病院など、さまざまな場所に固定客を獲得できる可能性があります。メニューのバリエーションを増やしたり、ターゲット層とコンセプトを明確にしてメニューを限定したり、戦略の幅も広いです。

配達サービスを導入すれば、さらに販路を拡大できます。

広い店舗が必要ないため初期費用を比較的抑えられ、調理スキルを生かせるため、脱サラ後のキャリアチェンジとしても魅力的な選択肢です。

弁当屋のフランチャイズが気になる方にはこちらの記事もおすすめです。

テイクアウト・デリバリー専門店

テイクアウト・デリバリー専門店は、コロナ禍で需要が急増し、今後も成長が見込まれる業態です。

店舗を持たない、もしくは小規模な店舗で運営できるため、初期費用やランニングコストを抑えられます。また、デリバリーサービスと提携することで、集客の幅を広げられます。

人気のメニューに特化したり、ヘルシー志向のメニューを提供したりと、ターゲットを絞った専門店として差別化を図ることもできます。SNSやWebサイトを活用した情報発信で、効果的な集客も可能です。

時代のニーズに合わせた柔軟な対応で、新たなビジネスチャンスを掴めるでしょう。

脱サラでの飲食店開業にはスモールスタートがおすすめ!

脱サラして飲食店を開業する夢を叶えるには、入念な準備と計画が必要です。

開業資金の確保、業種・業態の選択、マーケティング戦略の立案など、さまざまな課題を乗り越えなければなりません。

しかし、最初から完璧を求める必要はありません。スモールスタートで始め、経験を積みながら徐々に規模を拡大していくことも可能です。

キッチンカーや弁当屋、テイクアウト・デリバリー専門店など、初期費用を抑えて開業できる業態もあります。まずは、自分のスキルや経験、資金に合わせて、無理のない範囲で始めましょう。

リスクヘッジを考えるなら、フランチャイズへの加盟もおすすめです。

記事後半の「脱サラで飲食店を開きたい人におすすめの業種・業態」には、各業態のおすすめフランチャイズを紹介している記事へのリンクを入れています。

フランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

この記事がよかったらシェアをお願いします!

脱サラ開業した飲食店の7割が3年以内に廃業!失敗する人の特徴と成功のコツ、おすすめの業態のアイキャッチ画像
この記事の監修
中島 崚
中島 崚
慶応義塾大学商学部卒業。新卒でフロンティア・マネジメント株式会社に入社し、メーカーの中期経営計画や百貨店の再生計画策定に従事。その後、スマートキャンプ株式会社に入社し、事業企画として業務を担う。また、兼務でグループ会社であるマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社に出向し、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」でキャピタリスト業務に携わる。2022年7月よりこれまで副業で経営していたステップ・アラウンド株式会社を独立させる。
orend-stock

© 2024 STEP AROUND .Inc All Right Reserved